Cisco 3200 シリーズ ワイヤレス MIC ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
SSIDの設定
SSIDの設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

SSIDの設定

SSIDの概要

SSIDの設定

SSIDのデフォルト設定

SSIDの作成

SSIDの設定

この章では、WMICにService Set Identifier(SSID)を設定する方法について説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「SSIDの概要」

「SSIDの設定」

SSIDの概要

SSIDは、無線接続を確立して維持するために無線ネットワーキング デバイスが使用する一意のIDです。ネットワークまたはサブネットワークの複数のブリッジで、同じSSIDを使用できます。SSIDには大文字と小文字の区別があり、最大32文字の英数字を指定できます。SSIDにはスペースを含めないでください。WMICは複数のSSIDをサポートします。

SSIDを設定する場合は、SSIDに次の設定を割り当てます。

VLAN(仮想LAN)

SSIDを使用するトラフィックのRADIUSアカウンティング

認証方式


) クライアント認証タイプの詳細については、「認証タイプの設定」を参照してください。


設定内でSSIDが指定されていないブリッジとのアソシエーションをWMICに許可する場合は、SSIDをビーコンに含めることができます。デフォルトのSSIDであるautoinstallは、ビーコンに含まれています。ただし、ネットワークのセキュリティを確保する場合は、ビーコンからSSIDを削除してください。

認証ユーザ名およびパスワードをSSIDに割り当てると、WMICはLEAP認証を使用してネットワークを認証できるようになります。

ネットワークでVLANが使用されている場合は、WMIC SSIDをネットワークのネイティブVLANに割り当てる必要があります。

SSIDの設定

ここでは、SSIDの設定情報について説明します。

「SSIDのデフォルト設定」

「SSIDの作成」

SSIDのデフォルト設定

表 7-1 に、SSIDのデフォルト設定を示します。

 

表 7-1 SSIDのデフォルト設定

機能
デフォルト設定

SSID

autoinstall

ゲスト モードSSID

autoinstall(WMICはビーコン内でこのSSIDをブロードキャストし、SSIDが設定されていないブリッジの対応付けを可能にします)

SSIDの作成

SSIDを作成するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio 0

無線インターフェイスで、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ssid ssid-string

SSIDを作成し、新しいSSIDについてSSIDコンフィギュレーション モードを開始します。SSIDには最大32文字の英数字を指定できます。SSIDでは大文字と小文字が区別されます。


) SSIDにスペースを含めることができますが、誤ってSSIDにスペースが追加されないように注意してください(特に、SSIDの末尾など)。


ステップ 4

authentication client
username username
password password

(任意)WMICがネットワーク認証に使用する認証パスワードおよびパスワードを設定します。

ステップ 5

accounting list-name

(任意)該当するSSIDのRADIUSアカウンティングをイネーブルにします。list-nameには、アカウンティング方式リストを指定します。方式リストの詳細については、次のリンクをクリックしください。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122cgcr/fsecur_c/fsaaa/scfacct.htm#xtocid2

ステップ 6

vlan vlan-id

(任意)ネットワークのVLANにSSIDを割り当てます。WMICでは、ネイティブVLANにSSIDを割り当てる必要があります。

ステップ 7

infrastructure-ssid

SSIDをインフラストラクチャSSIDとして指定します。インフラストラクチャSSIDは、非ルート ブリッジまたはワークグループ ブリッジ無線に対して、該当するSSIDと対応付けるように指示する場合に使用します。

ステップ 8

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。


) SSIDの認証タイプを設定するには、ssidコマンドの認証オプションを使用します。認証タイプの設定手順については、「認証タイプの設定」を参照してください。


SSIDまたはSSID機能をディセーブルにするには、このコマンドのno形式を使用します。

次に、SSIDに以下の操作を実行する例を示します。

SSIDの命名

RADIUSアカウンティング用SSIDの設定

ネイティブVLANへのSSIDの割り当て

SSIDのインフラストラクチャSSIDとしての指定

bridge# configure terminal
bridge(config)# interface dot11radio 0
bridge(config-if)# ssid bridgeman
bridge(config-ssid)# accounting accounting-method-list
bridge(config-ssid)# vlan 1
bridge(config-ssid)# infrastructure-ssid
bridge(config-ssid)# end