Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータ ソフ トウェア コンフィギュレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

概要

注意

ファスト イーサネットのサポート

セキュアMACアドレス

サポートされていない IOS スイッチング機能

FEC

SPAN

音声 VLAN

ハードウェア フロー制御

CGMP

sub-interface のサポート

IOS のサポート

Feature Navigator

IOS ソフトウェア リリース ノート

モバイル IOS の機能

サポートされるRFC

ネットワーク管理のサポート(CiscoView)

ソフトウェア機能

概要

Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータは、動作中のネットワークに対して IP 接続を 常にオン 状態にします。これらのルータは車両への搭載を目的としています。Cisco IOS モバイル ネットワークをサポートし、ネットワーク内の IP ローミングをローカル IP ノードから 隠す ことができます。これにより、モバイル ネットワーク上の IP ホストは、ルータの移動中に透過的に親ネットワークに接続できます。

たとえば、Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータを搭載した航空機は、乗客がインターネットに接続している状態で世界中を飛行できます。クライアント コンピュータは、接続を維持するために、特別なソフトウェアを必要としません。このような透過的な通信は、パケットをモバイル IP にトンネリングするモバイル アクセス ルータ デバイスによって実現します。

Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータには、システム インテグレータが組み立てて設置した、サードパーティ製の電源、ケーブル、格納ラックが搭載されています。このマニュアルでは、Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータの設定に必要な情報を説明しています。

注意

Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータには次の注意が適用されます。

ファスト イーサネットのサポート

FastEthernetのポートMARC 0/0は、10/100 ファスト イーサネット ルータ ポートです。FastEthernetの4 ポート FESMIC 1/0~1/3、2/0~2/3、または 3/0~3/3 ポート(ロータリ スイッチの位置によって異なる)およびFastEthernetの2 ポート FESMIC 1/0~1/1、2/0~2/1、または 3/0~3/1 ポートは、10/100 ファスト イーサネット スイッチ ポートです。スイッチ ポートはすべてのレイヤ2機能をサポートします。MARC でサポートされているルーティング機能は、FESMIC ポートには設定できません。

セキュアMACアドレス

ユーザはデータ トラフィック内で既知の MAC アドレスの送信のみを許可することにより、ポートをセキュアにして、ネットワーク セキュリティを実装できます。セキュアMACアドレスをプロビジョニングすると、FESMIC 10/100 ファスト イーサネット ポート上でセキュア アドレスのみを転送できるようになります。

サポートされていない IOS スイッチング機能

ここに記載されているスイッチング機能は、Cisco 3200 シリーズ ルータでサポートされていません。

FEC

Fast Ether Channel(FEC)。複数の物理ファスト イーサネット リンクを 1 つの論理チャネルに統合する機能です。

SPAN

Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)。この機能はポート ミラーリングまたはポート モニタリングとも呼ばれ、SwitchProbe デバイスまたはその他の Remote Monitoring(RMON)プローブなどのネットワーク アナライザで、分析するネットワーク トラフィックを選択します。

音声 VLAN

音声 VLAN を使用すると、データ ネットワークに接続されたローカル スイッチ ポートを使用して、IP Phone から送信された802.1Qタグ付き音声パケットおよびネイティブ データ パケットを受信できます。VLAN 対応 IP Phone には、スイッチ ポートから直接電力が供給されます。FESMIC はインライン パワーをサポートしません。

ハードウェア フロー制御

フロー制御は、FESMIC の10/100 ファスト イーサネット インターフェイスでは使用できません。

CGMP

Cisco Group Management Protocol(CGMP)は、レイヤ 2 ネットワーク内のマルチキャスト トラフィックを抑制するためにシスコが実装しました。一般的なコードがサポートされていないため、CGMP はサポートされていません。

sub-interface のサポート

sub-interface コマンドは、FESMIC の仮想レイヤ 3 インターフェイスおよびレイヤ 2 インターフェイスではサポートされません。

Switch Virtual Interface(SVI)は仮想インターフェイスです。SVI インターフェイス上でCisco Discovery Protocol(CDP) をイネーブルにはできません。IP アドレスを設定できるのは、FESMIC の仮想レイヤ 3 インターフェイス上のみです。

トラフィック クラスを定義するには、 class-map コマンドを使用します。SVI インターフェイスでは、 match cos traffic コマンドを使用できません。Class of Service(CoS)とDifferentiated Services Code Point(DSCP)のマップを定義するには、 mls qos map グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

MARC の10/100 ファスト イーサネットポートを設定する場合は、 interface vlan xx および vlan dot1q encap コマンドにそれぞれ異なる VLAN ID を使用してください。

現在、SVI インターフェイスでは IP トラフィックのブリッジグループ機能はサポートされていません。

IOS のサポート

Cisco IOS ソフトウェアは、特定のプラットフォームをサポートするソフトウェア イメージで構成されたフィーチャ セットにパッケージ化されています。各プラットフォームで使用できるフィーチャ セットは、リリースに収められている Cisco IOS ソフトウェア イメージによって異なります。個々のリリースで使用できるソフトウェア イメージのセットを特定したり、特定の Cisco IOS ソフトウェア イメージで機能が使用できるかどうかを確認する場合は、 Feature Navigator を使用するか、または『 IOS ソフトウェア リリース ノート 』を参照してください。

Feature Navigator

Feature Navigator は、特定のフィーチャ セットをサポートする IOS ソフトウェア イメージのバージョンや、特定の IOS イメージでサポートされる機能をすばやく見つけることができる Web ベースのツールです。

Feature Navigator は年中無休 24 時間体制でご利用できます。Feature Navigator にアクセスするには、Cisco.com 上のアカウントを持っている必要があります。アカウント情報を忘れた場合や紛失した場合は、Contact Database Administration グループまで電子メール(cdbadmin@cisco.com)でお問い合わせください。Cisco.com 上のアカウントを持っていない場合は、http://www.cisco.com/register にアクセスして、アカウントの設定指示に従ってください。

Feature Navigator を使用する場合は、Netscape 3.0 以降または Internet Explorer 4.0 以降などの JavaScript 対応 Web ブラウザを使用してください。Internet Explorer 4.0 では常に JavaScript が使用できます。Netscape 3.x または Netscape 4.x で JavaScript を使用できるようにするには、Web ブラウザ内の手順に従ってください。その他のブラウザの JavaScript サポートおよび有効化については、ブラウザのベンダーに確認してください。

Feature Navigator は、Cisco IOS ソフトウェアのメジャー リリースと主要な技術変更の際に更新されます。Feature Navigator には、http://www.cisco.com/go/fn からアクセスできます。

IOS ソフトウェア リリース ノート

Cisco IOS ソフトウェア リリースでは、次の情報を収めたリリース ノートが提供されます。

プラットフォームのサポート情報

メモリに関する推奨事項

マイクロコードのサポート情報

フィーチャ セットの表および説明

全プラットフォームの未解決および解決済みの重大度 1 および 2 の注意事項

リリース ノートは、それぞれ最新リリース固有の情報を収めています。

モバイル IOS の機能

表 1-1 モバイル IOS 機能と固定 IOS 機能を比較したものです。

 

表 1-1 モバイル IOS と固定 IOS の機能比較

機能
固定
モバイル

IP アドレッシング IPv4

X

X

IP アドレッシング IPv6

X

IP スイッチング(プロセス、Cisco Express Forwarding(CEF)、ファスト)

X

X

IP ルーティング IPv4(Routing Information Protocol(RIP)バージョン 2、Open Shortest Path First(OSPF)、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP))

X

X

IP ルーティング IPv6(RIPv2)

X

シリアル インターフェイス上のカプセル化(High-Level Data Link Control(HDLC))、Point-to-Point Protocol(PPP)、フレーム リレー、X.25、X.25 over TCP(XOT)

X

X

ブリッジング(トランスペアレント統合ルーティングとブリッジング)

X

DHCP クライアント

X

DHCP リレー

X

X

DHCP サーバ

X

X

Domain Name System(DNS)プロキシおよびスヌーピング

X

Network Address Translation(NAT)およびPort Address Translation(PAT)

X

Network Time Protocol(NTP)クライアント

X

X

Generic Routing Encapsulation(GRE) トンネリング

X

X

Stacker(STAC)データ圧縮

X

X

IP セキュリティ

X

X

IP マルチキャストProtocol Independent Multicast(PIM) sparse(疎)モード

X

Quality of Service(QoS)、Resource Reservation Protocol(RSVP)

X

Quality of Service(QoS)、Weighted Random Early Detection(WRED)、Committed Access Rate(CAR)、Link Fragmentation and Interleaving(LFI)、Low Latency Queuing(LLQ)、Differentiated Services Code Point(DSCP)、Class-based Weighted Fair Queueing(CBWFQ)、Network-Based Application Recognition(NBAR)、クラス ベース パケット マーキング、DSCP 用のクラス ベース ポリサー、クラス ベース イーサネット CoS マッチング、およびマーキング(802.1p CoS)、プライオリティ キューイング(PQ)、トラフィック ポリシング、DiffServ Assured Forwarding(AF)PHB 用のクラス ベース ポリサー、DiffServ 準拠 WRED、フロー ベース WRED、Random Early Detection(RED; ランダム早期検出)、フレーム リレー用 LLQ、カスタム キューイング(CQ)、およびGeneral Traffic Shaping(GTS)

X

X

認証(Password Authentication Protocol(PAP)、Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)、および MS-CHAP)

X

X

非同期トンネリング

X

X

CHAT ダイヤリング スクリプト、DDR

X

X

Cisco Firewall Phase I および Phase II

X

X

Cisco Secure Intrusion Detection

X

X

SA エージェント(サービス保証エージェント)

X

X

IP 名/IP 番号アクセスリスト

X

X

SSH バージョン 1

X

X

RADIUS および TACACS+

X

X

Simple Network Management Protocol(SNMP)

X

X

IPSEC VPN/IKE AES

X

X

Syslog

X

Cisco Discovery Protocol(CDP)

X

Packet Assembler/Disassembler(PAD)

X

サポートされるRFC

次の RFC がサポートされます。

RFC 2002『 IP Mobility Support

RFC 2281『 Cisco Hot Standby Router Protocol

ネットワーク管理のサポート(CiscoView)

CiscoView は、Cisco インターネットワーキング製品(スイッチ、ルータ、ハブ、コンセントレータ、およびアクセス サーバ)に監視および設定機能を提供する Web ベースのグラフィカル デバイス マネジメント アプリケーションです。CiscoView には、デバイス コンポーネントを操作して設定パラメータを変更したり、統計情報を監視したりすることが可能な Cisco デバイスの物理的視点が表示されるため、ネットワーク管理が容易になります。

ソフトウェア機能

 

表 1-2 Cisco 3200 シリーズ モバイル アクセス ルータでサポートされているソフトウェア機能

機能
サポートの有無1
イメージ
説明

AAA サーバ、RADIUS、TACACS

Authentication, Authorization, Accounting(AAA; 認証、許可、アカウンティング)ブロードキャスト アカウンティング

I

IP、IP+

アカウンティング情報を複数の Authentication, Authorization, and Accounting(AAA)サーバに分散させることができます。

RADIUS および TACACS をサポートする場合は、AAA サーバ サブシステムが必要です。

許可用の AAA Dialed Number Information Service(DNIS)マップ

I

IP、IP+

廃止され、Dialed Number Information Service(DNIS)に基づく AAA サーバ グループに置き換えられています。

AAA サーバ グループ

I

IP、IP+

サーバは AAA サーバに設定されたサービスに基づいてグループ化されます。

AAA サーバ グループ デッド タイマー

I

IP、IP+

サーバ グループ内で各 AAA サーバを完全に設定できます。RADIUS とのみ併用できます。

AAA サーバ グループの拡張機能

I

IP、IP+

サーバ グループ内で各 AAA サーバを完全に設定できます。RADIUS とのみ併用できます。

DNIS に基づく AAA サーバ グループ

I

IP、IP+

ルータは DNIS を使用して、特定の AAA サーバ グループを選択できます。

AAA 認証用のメッセージ バナー

I

IP、IP+

カスタムのログイン成功および失敗メッセージを表示します。

AAA 認証およびアカウンティングの名前付き方式リスト

I

IP、IP+

認証の実行方法および順序を定義します。

RADIUS

あり

IP、IP+

TACACS+

あり

IP、IP+

ベンダー独自の追加 RADIUS アトリビュート

I

IP、IP+

ベンダー固有の拡張機能を追加します。RADIUS サブシステムの一部です。

HTTP の認証プロキシ アカウンティング

なし

課金およびセキュリティ監査用のアカウンティング レコード。対象はサービス プロバイダー イメージのみです。

QoS 機能

Generic Traffic Shaping(GTS)

あり

IP、IP+

クラス ベース イーサネット CoS マッチングおよびマーキング(ISL CoS)

あり

IP、IP+

ISL カプセル化はサポートされません。クラスベース パケット マーキングは、すべてのパケット マーキング CoS 機能をサポートします。

クラス ベース イーサネット CoS マッチングおよびマーキング(802.1Q CoS)

あり

IP、IP+

DiffServ AF PHB 用のクラス ベース ポリサー

あり

IP、IP+

CBWFQ

あり

IP、IP+

クラスベース パケット マーキング - DSCP

あり

IP、IP+

クラスベース パケット マーキング - IP precedence ビットの設定

あり

IP、IP+

クラスベース パケット マーキング - QoS グループ値

あり

IP、IP+

クラスベース パケット マーキングは、すべてのパケット マーキング CoS 機能をサポートします。

DSCP 用のクラスベース ポリサー

あり

IP、IP+

DiffServ AF PHB 用のクラスベース ポリサー

あり

IP、IP+

クラスベース イーサネット CoS マッチングおよびマーキング(802.1Q CoS)

あり

IP、IP+

クラスベース パケット マーキング - ATM CLP

あり

IP、IP+

クラスベース パケット マーキングは、すべてのパケット マーキング CoS 機能をサポートします。

CQ

あり

IP、IP+

Committed Access Rate(CAR; 専用アクセス レート)

あり

IP+

Diffserv 準拠 WRED

あり

IP、IP+

フローベース WRED

あり

IP、IP+

GTS

あり

IP、IP+

Low Latency Queueing(LLQ)

あり

IP、IP+

フレーム リレー用の LLQ

あり

IP、IP+

Network-Based Application Recognition(NBAR)

あり

IP+

PQ

あり

IP、IP+

QoSパケット マーキング

あり

IP、IP+

クラスベース マーキング(DSCP、IP precedence)と同じです。

QPPB(BGP による QoS ポリシー伝達)

あり

IP、IP+

Random Early Detection(RED; ランダム早期検出)

あり

IP、IP+

LLQ 用の RSVP
サポート

なし

IP、IP+

フレーム リレー用の RSVP サポート

なし

IP、IP+

フレーム リレー トラフィック シェーピング サブシステムの一部です。

トラフィック ポリ
シング

あり

IP+

Weighted Fair Queuing(WFQ; 均等化キューイング)

あり

IP、IP+

WRED

あり

IP、IP+

LFI

あり

IP、IP+

RSVP

なし

IP+

RSVP 用 COPS

I

IP、IP+

RSVP サブシステムは COPS に依存します。

PPP および関連プロトコル

PPP

あり

IP、IP+

マルチリンク PPP

あり

IP、IP+

PPP over Fast Ethernet 802.1Q

なし

IP、IP+

VPN サブシステムの一部です。

フレーム リレーを介した PPP

あり

IP、IP+

イーサネットでの PPPoE

I

IP、IP+

VPN サブシステムの一部です。

圧縮制御プロトコル

SB

IP、IP+

CHAP

あり

IP、IP+

Bandwidth Allocation Control Protocol(BACP)

SB

IP、IP+

MS コールバック

I

IP、IP+

ダイヤラ サブシステムの一部です。

MS-CHAP のサポート

あり

IP、IP+

PAP

あり

IP、IP+

二重認証

なし

IP、IP+

この機能は Network Access Server(NAS)側で機能します。AAA サーバと連携し、PPP セッションに関して、CHAP/PAP 認証だけでなく、リモート ユーザ認証を行います。この機能は、Hercules-A には適用できません。

Easy IP、DHCP、自動インストール

Easy IP(フェーズ 1)

あり

IP、IP+

DHCP クライアント

あり

IP、IP+

DHCP プロキシ クライアント

I

DHCP クライアント サブシステムの一部
です。

DHCP リレー

あり

IP、IP+

unnumbered インターフェイス用の DHCP リレー エージェントのサポート

あり

IP、IP+

unnumbered インターフェイスに対する Cisco IOS DHCP リレー エージェントのサポート機能を使用すると、設定作業およびコストが削減されます。unnumbered インターフェイスが設定されている場合は、unnumbered インターフェイスを越えるルートのスタティック ホストを手動で設定する必要があります。DHCP リレーの場合、このスタティック ルートは自動的に保持されます。

DHCP サーバ

あり

IP、IP+

インポートおよび自動
設定

あり

IP、IP+

Easy IP(フェーズ 2)

あり

IP、IP+

DHCP を使用した LAN インターフェイスの自動インストール

あり

IP、IP+

HTTP セキュリティ

あり

IP、IP+

NAT

NetMeeting ディレクトリ(Internet Locator Service [ILS])の NAT サポート

あり

IP、IP+

ダイヤラ

ダイヤル バックアップ

あり

IP、IP+

ダイヤル オンデマンド認証の拡張機能

なし

IP、IP+

大規模なダイヤル アウトを行う場合、各宛先の各ネットワーク アクセス サーバにダイヤラ マップを設定する必要はありません。代わりに、AAA サーバ上に発信コール属性(電話番号、サービス タイプなど)を含むリモート サイト プロファイルを作成できます。このプロファイルは、パケット トラフィックがリモート サイトへのコールを必要とする場合に、ネットワーク アクセス サーバ(NAS) によってダウンロードされます。

ダイヤル ピアの拡張
機能

なし

IP、IP+

ダイヤル オンデマンド

あり

IP、IP+

ダイヤラ アイドル タイマー着信トラフィック設定

あり

IP、IP+

ダイヤラ プロファイル

あり

IP、IP+

ダイヤラ ウォッチ

なし

IP、IP+

ダイヤル エリアの Hot Standby Router Protocol(HSRP)機能は、障害回復のために必要です。ダイヤル環境では、HSRP の現在の実装の利点が制限されます。プライマリ ルータおよびリンクがダウンした場合、バックアップ ルータおよびバックアップ リンクをすぐに使用できません。

ファイアウォール

ファイアウォール フィーチャ セット

あり

IP+

ファイアウォール侵入検知システム

あり

IP+

Context-Based Access Control(CBAC; コンテキスト ベースのアクセス制御)

あり

IP+

Port to Application Mapping(PAM)

あり

IP+

フレーム リレー
 
 
 

フレーム リレー

あり

IP、IP+

フレーム リレー ELMI アドレス登録

I

IP、IP+

シスコ製ルータとシスコ製スイッチ間のフレーム リレー QoS パラメータ情報の自動交換をイネーブルにします。

フレーム リレーのカプセル化

あり

IP、IP+

フレーム リレー エンドツーエンド キープアライブ

あり

IP、IP+

フレーム リレー フラグメンテーション(FRF.12)

あり

IP、IP+

ハードウェア圧縮によるフレーム リレー フラグメンテーション

なし

IP、IP+

フレーム リレー FRF.9 ペイロード圧縮

I

IP、IP+

ストリーム型マルチベンダー互換圧縮方式です。

フレーム リレー IP Real-Time Transport Protocol(RTP)プライオリティ

なし

IP、IP+

フレーム リレー IP RTP プライオリティ機能は、音声などの遅延に敏感なデータに対して、フレーム リレー相手先固定接続(PVC)に関する完全優先キューイング方式を提供します。音声トラフィックは RTP ポート番号によって識別され、 frame-relay ip rtp priority コマンドによって設定されたプライオリティ キューに分類されます。その結果、音声はほかの非音声トラフィックよりも優先する完全プライオリティとして処理されます。

フレーム リレー PVC インターフェイス プライオリティ キューイング

I

IP、IP+

パケットの内容でなく、宛先 PVC に基づいてプライオリティを設定する、インターフェイスレベル プライオリティ キューイング方式を提供します。たとえば、フレーム リレー PIPQ を使用すると、PVC トランスポート音声トラフィックを PVC トランスポート信号トラフィックよりも優先させ、PVC トランスポート信号トラフィックを PVC トランスポート データよりも優先させるように設定できます。

フレーム リレー ルータ ForeSight

なし

IP、IP+

Stratacom ForeSight トラフィック管理をルータに拡張して、サービス プロバイダーおよびエンタープライズ フレーム リレー ネットワークでのエンドツーエンド ForeSight トラフィック管理を可能にします。

フレーム リレー スイッチングの診断およびトラブルシューティング

あり

IP、IP+

Frame Relay Traffic Shaping(FRTS)

あり

IP、IP+

フレーム リレー レートの適用

SB

IP、IP+

フレーム リレー プライオリティ/CQ

SB

IP、IP+

フレーム リレーTCP ヘッダー圧縮

SB

IP、IP+

フレーム リレー インバース ARP

SB

IP、IP+

フレーム リレー スイッチング

SB

IP、IP+

フレーム リレー Local Management Interface(LMI; ローカル管理インターフェイス)

SB

IP、IP+

フレーム リレー トンネリング

SB

IP、IP+

IPv6 によるフレーム リレー

SB

IP+

IP およびその他のルーティング プロトコル
 
 
 

IPv4

あり

IP、IP+

IPv6

あり

IP+

IP 名前付き Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)

あり

IP、IP+

IP RTP プライオリティ

I

IP、IP+

RIPv2 の IP サマリー アドレス

あり

IP、IP+

GRE トンネルの IP Precedence

あり

IP、IP+

Type of Service(ToS; サービス タイプ)ビットをトンネル ヘッダーにコピーして、モバイル IP トンネルで使用します。スタティック ノードにおいても、VPN および QoS アプリケーションが導入されている場合は、ルータが GRE を使用してパケットをカプセル化する場合に、ToS ビットもコピーすることを推奨します。トンネル エンドポイント間のルータでは、WFQ や WRED などの QoS 機能を利用できます。

この機能が導入される前は、一般的なルート カプセル化ベース トンネル エンドポイントで、ToS ビット(IP precedence ビットを含む)がトンネル、または内部パケットをカプセル化する GRE IP ヘッダーにコピーされないで、ゼロに設定されていました。

Next Hop Resolution Protocol(NHRP)

I

IP、IP+

ルータ、アクセス サーバ、およびホストは NHRP を使用して、Non-Broadcast Multi-Access(NBMA; 非ブロードキャスト マルチアクセス)ネットワークに接続された他のルータおよびホストのアドレスを検出できました。NHRP を使用すると、NBMA ネットワークに接続されたシステムは、ネットワークに属する他のシステムの NBMA アドレスを動的に学習し、トラフィックに中間ホップを使用しなくても、直接通信できます。

Cisco Discovery Protocol(CDP)

あり

IP、IP+

On Demand Routing(ODR)

SB

IP、IP+

ODR は CDP を使用して、IP プレフィクスを伝播します。

OSPF

あり

IP、IP+

OSPF フラッディングの削減

SB (M)

IP、IP+

変更されていない既知の情報の不要なリフレッシュおよびフラッディングを削減します。この削減を実現するために、Link State Advertise(LSA; リンク ステート アドバタイズ)はより高いビット値が設定されてフラッディングされ、Do Not Age(DNA)LSA になります。

OSPF Not-So-Stubby Areas(NSSA)

あり

IP、IP+

OSPF オンデマンド回路(RFC 1793)

I

OSPF パケット同期

あり

IP、IP+

OSPF 更新パケットを 33 ミリ秒で自動的に同期することにより、更新パケットの消失を防ぐことができます。

RIP

あり

IP、IP+

トリガー RIP

I

IP、IP+

EIGRP

あり

IP、IP+

EIGRP スタブ ルーティング

あり

IP、IP+

Express RTP および TCP ヘッダー圧縮

SB

IP、IP+

ファストスイッチング圧縮 RTP

SB

IP、IP+

ファストスイッチング ポリシー ルーティング

SB

IP、IP+

ファストスイッチング SRTLB

なし

IP、IP+

スナップショット ルーティング

SB

IP、IP+

1 つのルータ インターフェイスは、インターフェイスのライン プロトコルが起動している間(アクティブ期間中)に、他のルータを呼び出すことができます。ルータはこのようなアクティブ期間中に設定されたすべてのロケーションにダイヤルし、すべてのリモート ロケーションからのルートを取得します。

Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)

あり

IP、IP+

HSRP

SB

IP、IP+

ICMP リダイレクトの HSRP サポート

SB

IP、IP+

Integrated Routing and Bridging(IRB)

あり

IP、IP+

Subnetwork Bandwidth Manager(SBM)

I

IP、IP+

RSVP サブシステムの一部です。

Internet Protocol Control Protocol(IPCP)アドレス ネゴシエーション

あり

IP、IP+

Easy IP 機能の一部です。

Policy-Based Routing(PBR)

あり

IP、IP+

RTP ヘッダー圧縮

あり

IP、IP+

STAC 圧縮

あり

IP、IP+

Source-Route Bridge(SRB; ソースルート ブリッジ)

なし

IP、IP+

トランスペアレント ブリッジング

あり

IP、IP+

BGP

あり

IP、IP+

BGP 4

あり

IP、IP+

BGP 4 マルチパスのサポート

あり

IP、IP+

BGP 4 プレフィクス フィルタおよび着信ルート マップ

あり

IP、IP+

BGP 4 ソフト コンフィギュレーション

あり

IP、IP+

BGP ソフト リセット

あり

IP、IP+

Uni-Directional Link Routing(UDLR)トンネル ARP および IGMP プロキシ

あり

IP、IP+

非対称リンクでのモバイル IP をサポートします。トンネル サブシステムの一部です。

UDLR

あり

IP、IP+

非対称リンクでのモバイル IP をサポートします。

IP CEF
 
 
 

IEEE 802.1Q VLAN 間の IP ルーティングの CEF サポート

あり

IP、IP+

Routed Bridge Encapsulation(RBE)の CEF スイッチング

I

IP、IP+

IPFIB サブシステムの一部です。

CEF/dCEF

あり

IP、IP+

スイッチングされた仮想プロファイル CEF

I

IP、IP+

仮想プロファイル

I

IP、IP+

仮想インターフェイス テンプレート サービス

I

IP、IP+

VLAN およびレイヤ 2 プロトコル
 
 
 

Spanning-Tree Protocol(STP; スパニングツリー プロトコル)

あり

IP、IP+

STP の拡張機能

なし

IP、IP+

ポート識別機能を強化し、パス コスト判別機能を改良し、新しい VLAN ブリッジ STP をサポートして、STP 実装を拡張します。

UDP データグラムのターボ フラッディング

なし

IP、IP+

スパニングツリー アルゴリズムを使用して、UDP データグラムのフラッディングを高速化します。

IEEE 802.1Q VLAN のサポート

あり

IP、IP+

レイヤ 2 転送(ファスト スイッチング)

なし

IP、IP+

VPN サブシステムの一部です(NAS サーバ用)。

IP マルチキャスト
 
 
 

PIM バージョン 1

あり

IP、IP+

PIM バージョン 2

あり

IP、IP+

Multicast BGP(MBGP)

なし

IP、IP+

マルチキャスト NAT

SB

IP、IP+

Multicast Routing Monitor(MRM)

I

IP、IP+

IP マルチキャスト サブシステムの一部です。

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)

なし

IP、IP+

BGP を設定する必要があります。

IGMP バージョン 1

あり

IP、IP+

IGMP バージョン 2

あり

IP、IP+

IGMP バージョン 3

I

IP、IP+

IP マルチキャスト サブシステムの一部です。

等価コスト パス間での IP マルチキャスト負荷分散

I

IP、IP+

IP マルチキャスト負荷分散は、すべての物理リンクの使用可能帯域幅を単一のトンネル インターフェイスに統合して、間接的に実現されます。基本的な物理接続では、トンネル(マルチキャスト)トラフィックに既存のユニキャスト負荷分散メカニズムを使用します。IP マルチキャスト サブシステムの一部です。

Source Specific Multicast(SSM)

I

IP、IP+

IP マルチキャスト サブシステムの一部です。

SSM(IGMPv3、IGMP v3lite、および URD)

I

IP、IP+

IP マルチキャスト サブシステムの一部です。

スタブ IP マルチキャスト ルーティング

I

IP、IP+

dense(密)モードのみをサポートします。IP マルチキャスト サブシステムの一部です。

双方向 PIM

I

IP、IP+

IP マルチキャスト サブシステムの一部です。

CGMP

SB

IP、IP+


 

VPN
 
 
 

Virtual Private Dialup Network(VPDN; 仮想私設ダイヤルアップ網)

あり

IP、IP+

.

VPN トンネル管理

あり

IP、IP+

L2TP ダイヤルアウト

あり

IP、IP+

Layer 2 Tunneling Protocol(L2TP; レイヤ 2 トンネル プロトコル)

あり

IP、IP+

IP ToS の L2TP トンネル保護

あり

IP、IP+

IPSec
 
 
 

IPSec ネットワーク セキュリティ

あり

IP+

IPSec Triple DES(3DES)暗号化

あり

IP+

IPSEC VPN/IKE AES

あり

IP+

IKE Extended Authentication(Xauth)

あり

IP+

IKE モード設定

あり

IP+

IKE セキュリティ プロトコル

あり

IP+

AAA サーバを使用する IKE 共有秘密鍵

あり

IP+

Certificatin Authority(CA; 認証局)インターオペラビリティ

あり

IP+

ワイルドカード事前共
有鍵

あり

IP+

ダイナミック クリプト マップ

あり

IP+

トンネル エンドポイント検出

あり

IP+

手動セキュリティ アソシエーション

あり

IP+

SSH バージョン 1
 
 
 

SSH バージョン 1 統合クライアント

あり

IP+

SSH バージョン 1 サーバ サポート

あり

IP+

モバイル IP
 
 
 

モバイル IP

あり

IP、IP+

モバイル ネットワーク

あり

IP、IP+

ホーム エージェント/モバイル ルータの冗長性

あり

IP、IP+

モバイル ルータの優先インターフェイス

あり

IP、IP+

モバイル ルータのリバース トンネリング

あり

IP、IP+

モバイル ルータの非対称リンク

あり

IP、IP+

モバイル ルータのスタティックおよびダイナミック ネットワーク

あり

IP、IP+

スタティック CCOA

あり

IP、IP+

ダイナミック CCOA

あり

IP、IP+

IPCP を通した場合のみ使用可能です。DHCP はサポートされません。

プライオリティ HA 割り当て(ダイナミック HA)

あり

IP、IP+

AAA サーバおよびモバイル IP

あり

IP、IP+

X.25
 
 
 

X.25

あり

IP、IP+

X.25 非公開ユーザ グループ

あり

IP、IP+

X.25 フェールオーバー

あり

IP、IP+

X.25 負荷分散

あり

IP、IP+

X.25 over Frame Relay(Annex G)

あり

IP、IP+

XOT

あり

IP、IP+

X.25 リモート障害検出

あり

IP、IP+

X.25 スイッチのローカル確認応答

あり

IP、IP+

X.28 エミュレーション

あり

IP、IP+

PAD サブアドレッシ
ング

あり

IP、IP+

PT(プロトコル変換)

なし

IP、IP+

PT 用の仮想テンプレート

なし

IP、IP+

CUG 選択ファシリティ抑制オプション

あり

IP、IP+

DNS ベース X.25 ルーティング

SB

IP、IP+

X.25 アドレス挿入

SB

IP、IP+

X.25 と X.121 アドレス/PVC のマッピング

SB

IP、IP+

X.25 スイッチ機能(ルーティング/PVC)

あり

IP、IP+

SA エージェント
 
 
 

SA エージェント

あり

IP、IP+

SA エージェントの拡張機能

なし

IP、IP+

Internet Service Provider(ISP)ネットワークで最も一般的なトラフィック タイプの 1 つである FTP(ファイル転送プロトコル)や、Voice over IP(VoIP)などのアプリケーションに重要なジッタ(一方向遅延)を使用して、ネットワーク パフォーマンスを測定するためのツールを提供します。

RMON イベントおよびアラーム

SB

IP、IP+

さまざまなネットワーク モニタおよびコンソール システムでのネットワークモニタリング データの交換を可能にする標準モニタ仕様です。ネットワーク管理者は RMON を使用することにより、特定のネットワーク要求を満たす機能を備えたネットワークモニタリング プローブおよびコンソールをより自由に選択できるようになります。RMON MIB エージェントを SNMP と組み合わせると、アラームおよびイベントを使用してトラフィックをモニタできます。

Response Time Reporter(RTR)

あり

IP、IP+

RTR の拡張機能

あり

IP、IP+

SNMP
 
 
 

SNMP

あり

IP、IP+

IOS VLAN サブインターフェイスの SNMP サポート

あり

IP、IP+

SNMP バージョン 3

あり

IP、IP+

SNMPv2C

あり

IP、IP+

インターフェイス インデックスの持続性

あり

IP、IP+

デバイスを再起動した場合でも依然として変わらない一意の値を使用して、インターフェイスを識別できます。

その他の機能
 
 
 

非同期ロータリ ライン キューイング

なし

IP、IP+

デマンド回線専用です。ロータリグループに依存します。

Network Time Protocol(NTP)

あり

IP、IP+

ロック/鍵

あり

IP、IP+

再帰アクセス リスト

I

コア IP サブシステムの一部です。

標準 IP アクセス リストのロギング

あり

IP、IP+

時間ベース アクセス リスト

I

IP、IP+

コア IP サブシステムの一部です。

時間範囲を使用する時間ベース アクセス リスト

I

IP、IP+

コア IP サブシステムの一部です。

自動モデム設定

I

IP、IP+

modemcap サブシステムの一部です。AUX ポート モデムをサポートするために必要です。

CLI ストリング検索

あり

IP、IP+

コメント付きの IP アクセス リスト エントリ

あり

IP、IP+

任意の IP アクセス リストにコメントを挿入できます。コメントを付けると、ネットワーク管理者がアクセス リストを理解しやすくなります。

Line Printer Daemon(LPD)

なし

IP+

解析ブックマーク

SB

IP、IP+

パーサ最適化機能

パーサ キャッシュ

あり

IP、IP+

最近のコマンド ラインの解析方法を記録ことにより、Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション コマンド ラインの解析(変換および実行)を最適化します。

ユーザ単位の設定

なし

IP、IP+

多数のダイヤルイン ユーザに、CiscoSecure TACACS ユーザ エントリなど、柔軟でスケーラブルな、メンテナンスしやすいカスタマー向けソリューションを提供します。

選択的な仮想アクセス インターフェイス作成

なし

IP、IP+

手動認証登録

あり

IP+

認証要求を生成し、Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)サーバまたは手動によるカットアンドペースト操作を使用して CA 認証およびルータ認証を受け付けます。

1.あり:イメージに含まれており、テストされています。
なし:イメージに含まれていません。
SB:イメージに含まれていますが、テストされていない可能性があります。
I:これらのサブシステムに依存する機能によってイメージに含まれる場合があります。