ルータ : Cisco 2800 シリーズ サービス統合型ルータ

Cisco ISR 2800 シリーズ CompactFlash メモリ カードの取り外しおよび取り付け手順

Cisco ISR 2800 シリーズ CompactFlash メモリ カードの取り外しおよび取り付け手順
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco ISR 2800 シリーズ CompactFlash

静電破壊の防止

CompactFlashメモリ カードの取り外し

CompactFlashメモリ カードの取り付け

Cisco ISR 2800 シリーズ CompactFlash
メモリ カードの取り外しおよび取り付け手順

このマニュアルでは、Cisco Integrated Servise Router(ISR)2800シリーズにおけるCompactFlashメモリ カードの取り付けおよび取り外し方法について説明します。内容は次のとおりです。

「静電破壊の防止」

「CompactFlashメモリ カードの取り外し」

「CompactFlashメモリ カードの取り付け」

静電破壊の防止

CompactFlashメモリ カードはESD(静電気放電)による損傷を受けやすい製品です(静電破壊)。静電破壊は電子カードや電子部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的な障害をもたらします。

ESDによる損傷を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リストまたはアンクル ストラップを肌に密着させて着用してください。

ストラップの装置側をシャーシの塗装されていない面に固定します。

取り外したCompactFlashメモリ カードは、静電気防止用シートに置くか、静電気防止用袋に入れてください。カードを返却する場合は、取り外したあと、ただちに静電気防止用袋に入れてください。

カードと衣服が接触しないように注意してください。リスト ストラップは身体の静電気からカードを保護するだけです。衣服の静電気が、静電破壊の原因になることがあります。

取り付け作業が完了するまでは、リスト ストラップを外さないでください。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。抵抗値は1~10 Mohmでなければなりません。

CompactFlashメモリ カードの取り外し

シャーシからCompactFlashメモリ カードを取り外す手順は、次のとおりです(図1を参照)。


注意 CompactFlashメモリ カードにアクセス中に、シャーシからCompactFlashメモリ カードを取り外さないでください。CF LEDは、フラッシュ メモリへのアクセスを示すために点滅します。フラッシュ メモリにアクセス中に、ルータからCompactFlashメモリ カードを取り外すと、ルータに損傷を与える可能性があります。


ステップ 1 CompactFlashメモリ カードの隣にあるイジェクト ボタンを押します。イジェクト ボタンは外側に動くので、パネルから突き出ます。

ステップ 2 再びイジェクト ボタンを押します。これにより、CompactFlashメモリ カードが一部スロットからはみ出した状態になります。

ステップ 3 スロットからCompactFlashメモリ カードを引き出します。

ステップ 4 イジェクト ボタンがベゼルに揃うまで押し込みます。


注意 イジェクト メカニズムの損傷を防ぐためには、CompactFlashメモリ カードを取り出すために使用していないときは、イジェクト ボタンが完全に(ベゼルに揃うまで)押し込まれた状態にしておく必要があります。

図1 Cisco ISR 2800シリーズのCompactFlashメモリ カード スロット

 


 

CompactFlashメモリ カードの取り付け

CompactFlashメモリ カードを取り付ける手順は、次のとおりです(図1を参照)。


ステップ 1 イジェクト ボタンが完全に押し込まれた状態で、パネルから突き出ていないことを確認します。


) イジェクト ボタンがパネルから突き出ている場合は、ベゼルに揃うまで押し込みます。


ステップ 2 完全に収まるまで、スロットにCompactFlashメモリ カードを挿入します。イジェクト ボタンは、パネルに揃った状態を保ちます。


) CompactFlashメモリ カードを挿入したあとにイジェクト ボタンがパネルから突き出ている場合は、CompactFlashメモリ カードを取り外し、カチッという音がするまでイジェクト ボタンを押し、もう一度CompactFlashメモリ カードを挿入します。



注意 イジェクト メカニズムの損傷を防ぐためには、CompactFlashメモリ カードを取り出すために使用していないときは、イジェクト ボタンが完全に押し込まれた状態にしておく必要があります。