Cisco 3900 シリーズ、2900 シリーズ、および 1900 シリーズの第 2 世代サービス統合型ルータソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
電力効率管理の設定
電力効率管理の設定
発行日;2013/01/29 | 英語版ドキュメント(2011/08/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

電力効率管理の設定

EnergyWise をサポートするモジュールとインターフェイス

電力効率管理および OIR の制約事項

電力効率管理の設定

Cisco 3900 シリーズ、2900 シリーズ、および 1900 シリーズ サービス統合型ルータ第 2 世代(ISR G2)には、電力消費を抑えるためのハードウェアおよびソフトウェア機能があります。ハードウェア機能としては、高性能 AC 電源および RAM 選択やクロック ゲーティングなど、省電力機能を内蔵した電気部品があります。これらのハードウェア機能の詳細については、ご使用のルータのハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。ソフトウェア機能には、EnergyWise が含まれます。これは電力効率管理機能で、使用されていないモジュールの電源を切り、ルータのモジュールおよび周辺機器への使用されていないクロックをディセーブルにします。EnergyWise をサポートするには、ISR G2 で Cisco IOS Release 15.0(1)M 以降を実行している必要があります。設定手順の詳細については、Cisco.com の『 Cisco EnergyWise Configuration Guide 』に記載されています。

ここでは、ISR G2 で実行中の EnergyWise 機能に関する一般情報について説明します。

「EnergyWise をサポートするモジュールとインターフェイス」

「電力効率管理および OIR の制約事項」

EnergyWise をサポートするモジュールとインターフェイス

表 1 は、この製品のリリース時点の EnergyWise とともに使用できるモジュールおよびインターフェイス カードを示します。

 

表 1 電力効率管理機能をサポートするモジュール

モジュールのタイプ
モジュール名
SM

SM-ES2-16-P

SM-SRE

NM

NM-16-ESW1

NME

NME-16ES-1G-P

HWIC

HWIC-4ESW-POE

HWIC-1G-SFP

HWIC-2FE

ISM

ISM-SRE-300-K9

PVDM3

PVDM3-256

SRE

SM-SRE-700-K9

1.NM-16ESW は Cisco 3945E および Cisco 3925E ではサポートされません。

電力効率管理および OIR の制約事項

電力効率管理機能を使用する場合、次の制約事項が適用されます。

活性挿抜(OIR)コマンドは、モジュールが省電力モードにある場合は使用できません。

OIR コマンドを実行すると、電力効率管理をサービス モジュールで設定することはできません。