ルータ : Cisco 1800 シリーズ サービス統合型ルータ

Cisco ISR 1800 シリーズ ルータ (モジュール型)の概要

Cisco ISR 1800 シリーズ ルータ(モジュール型)の概要
発行日;2011/12/21 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco ISR 1800 シリーズ ルータ

ハードウェア機能

製品シリアル番号の記載位置

CPIツール

組み込みインターフェイス

着脱および交換可能なモジュール

メモリ

LEDインジケータ

シャーシの換気

リアルタイム クロック

シャーシのセキュリティ

シャーシの図

インターフェイス番号

仕様

適合規格

Cisco ISR 1800 シリーズ ルータ
(モジュール型)の概要

Cisco 1800シリーズCisco Integrated Service Router(ISR)(モジュール型)は、相互に交換できるインターフェイス カードとAdvanced Integration Module(AIM)によって構成可能なLAN接続とWAN接続を備えたモジュール型のルータです。このルータはモジュール方式の設計なので、柔軟性が高く、ニーズに合わせてルータを構成したり、構成を変更したりできます。

Cisco ISR 1800シリーズ(モジュール型)のルータは1種類です。Cisco 1841ルータはデータ専用装置で、卓上または壁面に取り付けて使用できます。

図1に、Cisco 1841ルータを示します。

図1 Cisco 1841ルータ

 

ここでは、ルータの機能および仕様について説明します。具体的な内容は次のとおりです。

「ハードウェア機能」

「シャーシの図」

「インターフェイス番号」

「仕様」

「適合規格」

ハードウェア機能

ここでは、Cisco ISR 1800シリーズ ルータの基本的な機能について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「製品シリアル番号の記載位置」

「組み込みインターフェイス」

「着脱および交換可能なモジュール」

「メモリ」

「LEDインジケータ」

「シャーシの換気」

「リアルタイム クロック」

「シャーシのセキュリティ」

製品シリアル番号の記載位置

Cisco 1841ルータのシリアル番号を記載したラベルは、シャーシ背面、インターフェイス カード スロット0の下にあります(図2を参照)。

図2 シリアル番号の記載位置

 


) Cisco 1841ルータのシリアル番号は11文字の長さです。


CPIツール

Cisco Product Identification(CPI)ツールを利用すると、Cisco製品のシリアル番号ラベル位置を示す詳細な図と説明が得られます。このツールには、次の機能があります。

ツリー構造の製品階層図を使用してモデルを閲覧できる検索オプション

複数の製品を調べる場合に便利な最終結果ページの検索フィールド

結果リストにおける販売終了製品の明示

このツールによって、シリアル番号ラベルを探して製品を識別する作業がスムーズに進みます。シリアル番号情報によって、資格確定プロセスが迅速に完了します。この情報はサポート サービスを利用する場合に重要です。

CPIツールには、次のURLからアクセスできます。

http://tools.cisco.com/Support/CPI/index.do

組み込みインターフェイス

ここでは、Cisco ISR 1800シリーズ ルータで使用できるインターフェイスの概要を示します。

ファスト イーサネット ポート(RJ-45コネクタ)×2

高速コンソール ポートおよびAUXポート(それぞれ最大115.2 Kbps)(RJ-45コネクタ)

USBポート(バージョン1.1)×1 ― 将来用

着脱および交換可能なモジュール

ルータに各種オプションのモジュールを搭載することによって、特定の機能が得られます。これらのモジュールは、シャーシのスロットに差し込むか、またはシャーシを開けて内部のコネクタに差し込むことによって搭載できます。

フラッシュ メモリとインターフェイス カードは、シャーシのスロットに収まるので、シャーシを開けなくても着脱できます。

1800シリーズ モジュール型ルータ用インターフェイス カードは、次の3種類です。

WAN Interface Card(WIC;WANインターフェイス カード)

Voice/WAN Interface Card(VWIC;音声/WANインターフェイス カード ― Cisco 1841ではデータ モード限定)

High-speed WAN Interface Card(HWIC;高速WANインターフェイス カード)

次のコンポーネントは、シャーシ内部のコネクタに差し込むので、取り付けたり取り外したりするには、シャーシを開ける必要があります。

Advanced Integration Module(AIM)

SDRAM SODIMM

表 1 にオプションのモジュールを示します。

 

表 1 Cisco ISR 1800シリーズ着脱および交換可能なモジュールのサマリー

モデル
CompactFlashメモリ
インターフェイス カード
AIM
SDRAM SODIMM

Cisco 1841

1

シングル幅カード×2

1

1

メモリ

Cisco ISR 1800シリーズ ルータには、次のタイプのメモリが搭載されています。

SDRAM ― 2つの機能を果たします。実行コンフィギュレーションとルーティング テーブルを保管するとともに、ネットワーク インターフェイスによってパケット バッファとして使用されます。Cisco IOSソフトウェアはSDRAMから実行されます。

フラッシュ メモリ ― オペレーティング システム ソフトウェア イメージ、コンフィギュレーション ファイル、およびログ ファイルを保管します。外部CompactFlashメモリ カードで実装されます。

ブート/NVRAM ― 2つの機能を果たします。ROMモニタを保管します。ROMモニタによって、フラッシュ メモリからオペレーティング システム ソフトウェア イメージを起動できます。さらに、システム コンフィギュレーション ファイルと仮想コンフィギュレーション レジスタを保管します。

表 2 に、Cisco ISR 1800シリーズ ルータのメモリ仕様を示します。

 

表 2 ルータのメモリ仕様

説明
仕様

SDRAM

128 MB(384 MBまで拡張可能)、デフォルトは128 MB

フラッシュ メモリ

32、64、または128 MB。デフォルトは32 MB

ブート/NVRAM

2/4 MBのフラッシュ メモリ


) SDRAMとフラッシュ メモリはユーザ側で拡張できますが、ブート/NVRAMはルータのマザーボードにはんだ付けされているので、拡張できません。


LEDインジケータ

表 3 に、ルータのベゼルまたはシャーシにあるLEDインジケータの概要を示します。インターフェイス カードのLEDは含まれていません。

インターフェイス カードのLEDについては、『 Cisco Interface Card Installation Guide 』を参照してください。

 

表 3 Cisco ISR 1800シリーズのLEDインジケータ

LED
説明
位置

SYS PWR

ルータは正常に起動しており、ソフトウェアは動作可能です。
起動中またはROMモニタ モードのときにこのLEDが点滅します。

前面

SYS ACT

WANまたはLAN上でパケットが送受信されている間、またはシステム アクティビティのモニタ中に点滅します。

前面

CF

フラッシュ メモリの使用中に点灯します。このLEDが点灯しているときは、CompactFlashメモリ カードを取り外さないでください。

背面

FDX(FE 0/0)

点灯している場合は、全二重動作です。消灯しているときは、半二重動作です。

背面

100(FE 0/0)

点灯している場合は、100 Mbpsリンクです。消灯しているときは、10 Mbpsリンクです。

背面

Link(FE 0/0)

ルータがイーサネット ポート0を介してローカル イーサネットLANに正しく接続されている場合に点灯します。

背面

FDX(FE 0/1)

点灯している場合は、全二重動作です。消灯しているときは、半二重動作です。

背面

100(FE 0/1)

点灯している場合は、100 Mbpsリンクです。消灯しているときは、10 Mbpsリンクです。

背面

Link(FE 0/1)

ルータがイーサネット ポート1を介してローカル イーサネットLANに正しく接続されている場合に点灯します。

背面

AIM

内部AIMスロットにAIMが搭載されている場合に点灯します。

背面

シャーシの換気

3倍速の内蔵ファンがシャーシを冷却します。オンボード温度センサがファンの速度を制御します。このファンは、ルータに電気が供給されているときは、常に動作しています。ほとんどの場合、ファンは最低速で動作し、電気を節約してファンの動作音を抑えます。内部の温度が上昇すると、必要に応じて高速で動作します。

リアルタイム クロック

バッテリ バックアップを装備した内部リアルタイム クロックにより、システムの起動時、時刻がシステム ソフトウェアに提供されます。システムはこの時刻によって、認証局(CA)の証明書の有効性を検証できます。バックアップ バッテリはソケット式のリチウム電池です。このバッテリはルータが規定の動作環境にあるかぎり、ルータの寿命が尽きるまで有効です。現場で交換することはできません。


) Cisco 1841ルータのリチウム電池に問題が生じた場合は、シスコにルータを戻して修理する必要があります。自分で電池を交換しないでください。現場での電池交換は想定されていませんが、安全規格の要件に従って、このマニュアルには次の警告が含まれます。



警告 バッテリの交換手順を誤ると、爆発する危険があります。バッテリを交換する場合は、必ず、製造元が推奨している同タイプまたは同等タイプのバッテリと交換してください。使用済みのバッテリは、製造元の指示に従って廃棄してください。


シャーシのセキュリティ

Cisco 1841ルータのシャーシは、背面パネルにKensingtonTMのセキュリティ スロットが組み込まれています。したがって、KensingtonTMの固定器具を使用して卓上または他の平面に固定することができます。

シャーシの図

ここでは、Cisco ISR 1800シリーズ ルータ前面パネルおよび背面パネルの図を使用して、電源および信号インターフェイス、インターフェイス カード スロット、ステータス インジケータの位置を示します。

図3に、Cisco 1841ルータの前面パネルを示します。図4に背面パネルを示します。

図3 Cisco 1841ルータの前面パネル

 

 

1

システム電源(SYS PWR)LED

2

システム アクティビティ(SYS ACT)LED

図4 Cisco 1841ルータの背面パネル

 

 

1

入力電源コネクタ

8

CompactFlashメモリ カード スロット

2

オン/オフ スイッチ

9

CompactFlash(CF)LED

3

スロット0(WIC、VWIC[データ専用]、またはHWIC)

10

AIM LED

4

コンソール ポート

11

USBポート

5

ファスト イーサネット ポートおよびLED

12

AUXポート

6

KensingtonTMセキュリティ スロット

13

シャーシ アース コネクタ

7

スロット1(WIC、VWIC[データ専用]、またはHWIC)

インターフェイス番号

Cisco 1841ルータ上の各インターフェイス(ポート)は、番号で識別します。Cisco 1841ルータは、次のタイプのWANおよびLANインターフェイスを装備しています。

オンボード ファスト イーサネットLANインターフェイス×2

WIC、VWIC(データ専用)、およびHWICを搭載できるスロット×2

スロットの番号形式は インターフェイス タイプ0/スロット番号 / インターフェイス番号 です。 表 4 に、インターフェイス番号の概要を示します。

 

表 4 インターフェイス番号

スロット番号
スロット タイプ
スロット番号の範囲
1

オンボード ポート

ファスト イーサネット

0/0および0/1

interface fastethernet 0/0

スロット0

HWIC/WIC/VWIC2

0/0/0~0/0/3

interface serial 0/0/0

line async 0/0/0

スロット1

HWIC/WIC/VWIC2

0/1/0~0/1/3

interface serial 0/1/0

line async 0/1/0

1.記載されているインターフェイスは、あくまでも例です。他のインターフェイス タイプも使用できます。

2.Cisco 1841ルータでは、VWICはデータ専用です。


) Cisco 1841ルータ上で非同期インターフェイスを設定する場合、番号形式は0/スロット/ポートです。非同期インターフェイスに対応する回線を設定する場合は、単純にインターフェイス番号を使用して非同期回線を指定します。たとえば、line 0/0/0は、スロット0に搭載されたWIC-2A/S上のinterface serial 0/0/0に対応する回線を指定します。同様に、line 0/1/1は、スロット1に搭載されたWIC-2AM上のinterface async 0/1/1に対応する回線を指定します。


仕様

表 5 に、Cisco ISR 1800シリーズ ルータの仕様を示します。

 

表 5 1841ルータの仕様

説明
仕様

寸法(ゴム製の脚は除外)
(高さ×幅×奥行き)

1.73×13.5×10.8インチ(4.4×34.3×27.4 cm)

ゴム製の脚を含めた高さは1.87インチ(4.75 cm)

重量(モジュール未搭載時)

6.1ポンド(2.77 kg)

入力電圧、AC電源装置周波数

100~240 VAC、オートレンジ
47~63 Hz

消費電力

最大20 W(未搭載時)
WIC×2およびAIM×1を搭載した場合の消費電力は50 W未満

コンソール ポートおよびAUXポート

RJ-45コネクタ

動作時の湿度

5~95%(結露しないこと)

動作時の温度

32~104°F(0~40°C)

非動作時の温度衝撃

9°F(5°C)/分(最小)で-13~158°F(-25~70°C)

ノイズ レベル

通常の動作時の温度(<78°Fまたは26°C):34 dBa
(78°Fまたは26°C)~(104°Fまたは40°C):37 dBa
>104°Fまたは40°C:42 dBa

適合規格

適合規格の詳細については、ルータに付属している『 Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco 1840 Routers 』を参照

電磁適合性

FCC Part 15クラスA

安全規格

UL 60950、CSA 60950、IEC 60950、EN 60950、AS/NZS 3260、NOM-019-SCFI-1998

適合規格

適合性については、ルータに付属している『 Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco 1840 Routers 』を参照してください。