Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータの シャーシ取り付け手順
Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータのシャーシ取り付け手順
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータのシャーシ取り付け手順

シャーシのセットアップ

卓上でのシャーシの設置

シャーシのアース

壁面へのシャーシの取り付け

シャーシのアース接続の取り付け

Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータのシャーシ取り付け手順

この章では、Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータを物理的にセットアップする方法について説明します。説明する内容は、次のとおりです。

「シャーシのセットアップ」

「シャーシのアース接続の取り付け」


) システムの設置、操作、修理を行う前に、『Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco 1840 Routers』をお読みの上、安全に関する重要情報とこのガイドに記載されている警告の意味を確認してください。


内部コンポーネント

ルータの内部コンポーネントは次のとおりです。

SDRAM

Advanced Integration Module(AIM)

プラグイン コンポーネント

次のコンポーネントはルータのシャーシに接続します。

Cisco ケーブル モデム High-speed WAN Interface Card(HWIC; 高速 WAN インターフェイス カード)

Cisco 10/100BASE-T イーサネット スイッチ HWIC

CompactFlash メモリ カード

シャーシのセットアップ

Cisco 1805 ケーブル ルータ は卓上または壁に取り付けることができます。ネットワークに最適なセットアップを選択します。

「卓上でのシャーシの設置」

「壁面へのシャーシの取り付け」


注意 前面パネルのベゼルは、Cisco 1805 ケーブル ルータ から取り外さないでください。これは本製品の格納ラックの一部で、外部からの異物がルータに入ることによる損害の防止、電磁波干渉(EMI)からの保護、シャーシ内での冷却用空気の適切な誘導を行うためのものです。

卓上でのシャーシの設置

Cisco 1805 ケーブル ルータは卓上または棚に設置できます。Cisco 1805 ケーブル ルータ の出荷時にはゴム製の脚がシャーシに取り付けられており、空気が循環できるようになっています。


警告 けがやシャーシの破損を防ぐため、モジュール(電源、ファン、カードなど)のハンドルを持ってシャーシを持ち上げたり、傾けたりしないでください。これらのハンドルは、装置の重さを支えるようには設計されていません。ステートメント 1032



注意 ルータの上に 4.5 kg(10 ポンド)を超えるものを乗せないでください。ルータの上に重いものを乗せると、シャーシが損傷することがあります。

シャーシのアース

ルータを設置した後、シャーシを信頼性の高いアースに接続する必要があります。シャーシのアース接続の手順については、「シャーシのアース接続の取り付け」を参照してください。

壁面へのシャーシの取り付け


警告 この装置は、壁に取り付けることを想定したものです。取り付けを開始する前に、壁面への取り付け手順を入念に読んでください。ハードウェアを正しく使用しなかった場合、または正しい手順に従わなかった場合には、大けがをしたり、システムが損傷したりすることがあります。ステートメント 248


Cisco 1805 ケーブル ルータは 6 番の 3/4 インチのネジ 2 本と、ルータ下部のマウント機能で壁面に設置することができます(図 3-1を参照)。ネジはユーザが準備する必要があります。なべネジまたは丸ネジの使用を推奨します。

図 3-1 Cisco 1805 ケーブル ルータの壁面設置機能

 

 

1

壁面設置機能

ルータを壁などの平面に取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ネジ 2 本を横に 15.2 cm(6 インチ)離して壁などの垂直な平面に取り付けます。

ネジは壁面から 0.6 cm(1/4 インチ)出ている必要があります。

ステップ 2 ルータからゴム製の脚を取り外します。

ステップ 3 前面パネルを下向きにして、ルータをネジに掛けます。この向きでの使用が最も安全です(図 3-2 を参照)。

図 3-2 壁への Cisco 1805 ケーブル ルータの取り付け

 

 

1

3

ルータ

2

ネジの取り付け


注意 ネジを乾式壁に取り付ける場合は、中空壁面取り付け用金具(1/8 インチ× 5/16 インチ)を使用してネジを固定します。ネジが正しく固定されていないと、ルータの背面パネルに接続されているケーブルが引っ張られた場合にルータが壁から落ちることがあります。


 

シャーシのアース接続の取り付け


警告 この装置には、アースを施す必要があります。絶対にアース導体を破損させたり、アース線が正しく取り付けられていない装置を稼動させたりしないでください。アースが適切かどうかがはっきりしない場合には、電気検査機関または電気技師に確認してください。ステートメント 1024


シャーシはアース ラグと 14 AWG(2 mm 2 )のワイヤを使用して信頼性の高いアースに接続する必要があります。Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータでアース接続を取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 アース線の一方の端部をはぎ取り、導体を約 20 mm(3/4 インチ)露出させます。

ステップ 2 緑色の 14 AWG アース線を、ルータの背面パネルにある UL 規格/CSA 認証リング端子に圧着します。このリング端子は 6 番の接地ネジに適したサイズとなっています。圧着工具は、リング型ラグ端子メーカーが推奨するものを使用してください。

ステップ 3 シャーシにリング端子を取り付けます。ケーブル ルータでの取り付け位置は 図 3-3 を参照してください。2 番のプラス ドライバーと、アース ラグに付属のネジを使用します。0.9 ~ 1.1 N-m(8 ~ 10 インチ ポンド)のトルクでネジを締めます。

図 3-3 Cisco 1805 ルータでのシャーシのアース接続

 

 

ステップ 4 アース線のもう一方を設置場所の既知の信頼性の高いアース ポイントに接続します。アース接続が適切かどうかについては、資格を持った電気技術者にお問い合わせください。


 

ルータが取り付けられ、アースが適切に施されたら、必要に応じて WAN ケーブルと LAN ケーブルを接続できるようになります。