Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータ での CompactFlash メモリ カードの取り付けと 交換
Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータ での CompactFlash メモリ カードの取り付けと交換
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータ での CompactFlash メモリ カードの取り付けと交換

静電破壊の防止

CompactFlash メモリ カードの交換

CompactFlash メモリ カードの取り外し

CompactFlash メモリ カードの取り付け

コンパクト フラッシュ ガードの使用

Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータ での CompactFlash メモリ カードの取り付けと交換

この章では、Cisco 1805 DOCSIS ケーブル ルータ での CompactFlash メモリ カードの取り付けと交換について説明します。この手順は、ルータを使用位置に設置し、電源ケーブルとインターフェイス ケーブルをすべて接続した後に行います。この章で説明する内容は、次のとおりです。

「静電破壊の防止」

「CompactFlash メモリ カードの交換」

静電破壊の防止

CompactFlash メモリ カードは、Electrostatic Discharge(ESD; 静電放電)による損傷を受けやすい製品です。静電破壊は電子部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、断続的または完全な故障につながります。

静電破壊を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リストまたはアンクル ストラップを肌に密着させて着用してください。

ストラップの装置側をシャーシの塗装されていない部分に固定します。

取り外した CompactFlash メモリ カードは、静電気防止用シートの上に置くか、または静電気防止用袋に入れてください。カードを返却する場合には、ただちに静電気防止用袋に入れてください。

カードと衣服が接触しないように注意してください。リスト ストラップは身体の静電気からカードを保護するだけです。衣服の静電気が、静電破壊の原因になることがあります。

取り付け作業が完了するまで、リスト ストラップを外さないでください。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。抵抗値は 1 ~ 10 Mohm でなければなりません。

CompactFlash メモリ カードの交換

このセクションでは、CompactFlash メモリ カードの取り外しと取り付けについて説明します。

CompactFlash メモリ カードの取り外し

CompactFlash メモリ カードを外部スロットから取り外す手順は、次のとおりです。


注意 CF LED が点灯または点滅している場合は、CompactFlash メモリ カードを取り外さないでください。ルータが破損したり、フラッシュ メモリの内容が損なわれる場合があります。


ステップ 1 CompactFlash メモリ カードの隣にあるイジェクト ボタンを押します。イジェクト ボタンは外側に動くので、パネルから突き出ます。

ステップ 2 イジェクト ボタンをもう一度押して、カードを取り外します。

ステップ 3 カードをゆっくりと引き、スロットから取り出します。

ステップ 4 取り外した CompactFlash メモリ カードは、静電気防止用シートの上に置くか、または静電気防止用袋に入れてください。

ステップ 5 カチッという音がするまでイジェクト ボタンを押します。


 


注意 イジェクト メカニズムの損傷を防ぐため、CompactFlash メモリ カードを取り出すとき以外は、イジェクト ボタンは完全に押し込まれた状態にしておく必要があります。

CompactFlash メモリ カードの取り付け

CompactFlash メモリ カードを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 イジェクト ボタンが完全に押し込まれていて、パネルから突き出ていないことを確認します。


) イジェクト ボタンがパネルから突き出ている場合は、カチッという音がするまでイジェクト ボタンを押します。


ステップ 2 ラベルが上向きの状態で、CompactFlash メモリ カードのコネクタをスロットに差し込み、カードをコネクタに取り付けます。カードは正しい向きでしか差し込めない構造になっています。


) CompactFlash メモリ カードを挿入したあとにイジェクト ボタンがパネルから突き出ている場合は、カードを取り外し、カチッという音がするまでイジェクト ボタンを押し、もう一度カードを挿入します。



注意 イジェクト メカニズムの損傷を防ぐため、CompactFlash メモリ カードを取り出すとき以外は、イジェクト ボタンは完全に押し込まれた状態にしておく必要があります。


 

コンパクト フラッシュ ガードの使用

コンパクト フラッシュ ガード(CF-guard)は CompactFlash メモリ スロットを保護するために使用します。


) CF-guard の取り付けには、マイナス ドライバーが必要です。


CF-guard を取り付ける手順は、次のとおりです。

 


ステップ 1 CF-guard を開梱します。

 

 

ステップ 2 CF-guard の爪を、CompactFlash メモリ スロットのノッチに差し込みます。

ステップ 3 CF-guard をネジでネジ穴にとめます。