Cisco Network Location Register ユーザ ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/06/28 | 英語版ドキュメント(2012/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 789KB) | フィードバック

目次

はじめに

システムの概要

Network Location Register の説明

プラットフォーム要件

ハードウェア

ソフトウェア

はじめに

この章では、Network Location Register(NLR)について紹介し、システム ハードウェアとソフトウェア プラットフォームの要件について説明します。次のような構成になっています。

「システムの概要」

「Network Location Register の説明」

「プラットフォーム要件」

システムの概要

P25 Network Location Register(NLR)は、単一の無線周波数サブシステム(RFSS)内で動作しているサブスクライバとグループに関するデータを保存します。NLR は、APCO P25 システムのための従来のホーム ロケーション レジスタ(HLR)としてだけでなく、ローミングしているサブスクライバ、つまり、この RFSS で宣言されていない(この RFSS を「ホーム」としていない)サブスクライバのためのビジター ロケーション レジスタ(VLR)として機能します。

Network Location Register の説明

NLR は Commercial Off-The-Shelf(COTS)PC 上で稼動します。インターフェイスはすべて IP ベースであるため、特殊なケーブルやハードウェアは不要です。NLR は、コア ネットワーク内のハイ アベイラビリティやディザスタ リカバリ ノードの一部とすることもできます。

図 1-1 は、1 つ以上のベース ステーションと NLR を備えた中央の RFSS Network Controller で構成されている、複数 RFSS の例を示しています。

図 1-1 標準的なマルチサイト RFSS

 

プラットフォーム要件

ハードウェア

NLR は、あらゆる COTS PC 上で稼動するソフトウェア アプリケーションであるため、インストールのための特別な装置は不要です。通常、NLR は、そのネットワーク インターフェイスのローカル ネットワーク スイッチに直接接続します。NLR が RNC と共同ホストされている場合、RNC にプライマリ IP を割り当て、NIF プロセスにセカンド仮想 IP インターフェイスを割り当てることで、単一の物理ネットワーク接続を共有することができます。

ソフトウェア

NLR でサポートされている単一のオペレーティング システムは、IPICS OS 4.5 です。シスコでは、IPICS OS 上に ISSI ゲートウェイ ソフトウェアをインストールするインストーラを提供しています。NLR は、そのソフトウェア インストールに含まれています。