Cisco IPICS Mobile Client for Apple iPhone リファレンス ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/04/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 997KB) | フィードバック

目次

はじめに

概要

の入手方法

SSL 証明書の入手方法

SSL 証明書の iPhone へのダウンロード

SSL 証明書の iPhone からの削除

はじめに

この章では、IPICS Mobile Client を初めて使用する際に必要な情報について説明します。この章では、次のトピックについて取り上げます。

「概要」

「IPICS Mobile Client の入手方法」

「SSL 証明書の入手方法」

概要

IPICS Mobile Clientは、iPhone を使って Cisco IP Interoperability and Collaboration System (IPICS) のインシデントの他の参加者とコミュニケーションを取れるようにする Apple iPhone 用アプリケーションです。このアプリケーションを使うと、iPhone で次のようなさまざまな作業を行うことができます。

自分が参加者として設定されているアクティブなインシデントにアクセスする

インシデント内のリソースの最新情報を入手する

インシデントのビデオ クリップ、画像、ジャーナルにアクセスする

インシデントにビデオ クリップ、画像、ジャーナルを追加する

Push-to-Talk (PTT) 機能を使って、インシデントの他の参加者と連絡を取る

IPICS Mobile Client を使用するには、まず iPhone にダウンロードする必要があります。また、Cisco IPICS サーバから SSL 証明書を iPhone にダウンロードする必要があります。この章では、これらの手順について説明します。

また、以下のガイドラインに留意してください。

iPhone は、WiFi ネットワークまたは 3G 接続を使って Cisco IPICS と通信できます。

WiFi 接続の場合、アクセスするインシデントがアクティブになっている Cisco IPICS サーバと同じワイヤレス ネットワーク上に、iPhone が存在する必要があります。3G 接続の場合、Cisco IPICS サーバがパブリックなインターネット上にあり、外部デバイスからのアクセスが可能になっている必要があります。また、iPhone が AT&T 3G ネットワークにアクセスできる必要があります。

iPhone のネットワーク オプションは、[Settings] > [Wi-Fi] をタッチして設定できます。

3G ネットワークでは Voice over IP が制限されているため、PTT 機能は WiFi ネットワークのみでサポートされます。

WiFi ネットワークで IPICS Mobile Client を使用していて音声接続を確立した場合、他のネットワークへ移動すると音声接続は切断されます。たとえば、WiFi ネットワークから 3G ネットワークへ移動すると、音声接続は切断されます。

3G ネットワークで IPICS Mobile Client を使用していて WiFi ネットワークへ移動した場合、IPICS Mobile Client により音声接続の確立が試行されます。

音声通信を使用するには、使用するルータ メディア サービス (RMS) コンポーネントと同じネットワーク上に IPICS Mobile Client があるか、または IPICS Mobile Client と RMS コンポーネントがそれぞれ Voice over IP (VoIP) 通信がブロックされないネットワーク内にある必要があります。

IPICS Mobile Client が実行されている iPhone は、有効な DNS サーバを参照する必要があります。

Cisco IPICS サーバへの接続が 3 分以上切断されると IPICS Mobile Client アプリケーションはタイムアウトし、ログイン画面が表示されます。

着信音声には約 1 秒の遅延があります。

iPhone 3G では、インシデントへのビデオ クリップのアップロードがサポートされていません。iPhone 3GS では、この機能がサポートされています。どちらの iPhone 機種でも、ビデオ クリップの表示は可能です。

インシデントの一覧やインシデントのリソースの一覧を表示する際、画面の情報は自動で更新されます。更新間隔は、Cisco IPCS Administration Console の [Administration] > [Options] > [Client] タブの [Client Update Poll] オプションで指定します。デフォルトの更新間隔は 5 秒です。

IPICS Mobile Client と Cisco IPICS サーバの間のほとんどの通信は Secure Socket Layer(SSL)を使って行われ、暗号化されセキュリティで保護されます。セキュリティで保護される通信に含まれるのは、ログイン、ログアウト、リソースのアップロード、SSL 証明書の取得などです。ただし、音声通信は暗号化されません。

Cisco IPICS サーバでアラートを含むポリシーがトリガーされると、IPICS Mobile Client が実行中の場合、iPhone でアラートがポップアップ画面に表示されます。アラートがトリガーされた際にアーカイブされたビデオを表示していた場合、ビデオの再生が停止したときにアラートが表示されます。[OK] をタッチすると、アラート ポップアップ画面が閉じます。複数のアラートを受信した場合、ポップアップ画面を閉じると次のアラートが表示されます。

IPICS Mobile Client からログイン中にプライマリの Cisco IPCS サーバで障害が発生した場合、IPICS Mobile Client アプリケーションにより再接続が試行されます。3 回試行して再接続できない場合は、ログイン画面が表示されます。

Cisco IPICS サーバで高可用性の設定が行われている場合はプライマリ サーバを指定してログインしなおすことができ、システムによって自動的にセカンダリ サーバへリダイレクトされます。フォールバックが発生すると、IPICS Mobile Client のログイン画面がもう一度表示されます。

iPhone でヘッドフォンを使用する場合は、IPICS Mobile Client を起動する前にヘッドフォンを接続してください。

Cisco IPICS サーバおよびインシデントの関連情報については、Cisco IPICS のマニュアルおよび Cisco Dispatch Console のマニュアルを参照してください。

IPICS Mobile Client の入手方法

IPICS Mobile Client は、Apple App Store から入手できます。アプリケーション名は、Incident <version> です( <version> は、IPICS Mobile Client のバージョン番号です)。Incident <version> アプリケーションを入手して iPhone にインストールするには、次のいずれかの操作を行います。

Apple iTunes アプリケーションを PC にインストールします。次に iTunes を開き、[Store] > [iTunes Store] > [App Store] に移動して、Incident <version> アプリケーションをダウンロードします。その後、iPhone を iTunes と同期できます。詳細については、iPhone のマニュアルを参照してください。

iPhone で App Store アプリケーションを起動し、Incident <version> アプリケーションをダウンロードします。

SSL 証明書の入手方法

Cisco IPICS サーバにログインできるようにするには、iPhone でそのサーバから SSL 証明書をダウンロードする必要があります。iPhone では、接続する Cisco IPICS サーバごとの個別の SSL 証明書が必要です。

SSL 証明書を入手するには、Cisco IPICS サーバから iPhone に証明書をダウンロードします。この手順は、IPICS Mobile Client アプリケーションを iPhone にダウンロードする前または後に実行できます。

SSL 証明書をダウンロードする Cisco IPICS サーバは、iPhone が使用できる DNS 内に存在する完全修飾ホスト名を持つサーバである必要があります。

Cisco IPICS サーバの SSL 証明書の詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide 』の付録「Generating SSL Certificates for the iPhone」を参照してください。

以下の項では、SSL 証明書に関する手順について説明します。

「SSL 証明書の iPhone へのダウンロード」

「SSL 証明書の iPhone からの削除」

SSL 証明書の iPhone へのダウンロード

Cisco IPICS サーバから iPhone に SSL 証明書をダウンロードするには、次の手順を実行します。

この手順では、Cisco IPICS サーバの完全修飾ホスト名を入力する必要があります。完全修飾ホスト名が不明な場合は、Cisco IPICS システム管理者に問い合せてください。

Cisco IPICS 環境で高可用性の設定が行われている場合で、IPICS Mobile Client で高可用性機能のメリットを利用できるようにするには、プライマリ サーバとセカンダリ サーバの両方から証明書をダウンロードする必要があります。

手順


ステップ 1 iPhone で、[Safari] アイコンをタッチして Safari ブラウザを起動します。

ステップ 2 次の URL に移動します。

http:// <host_name> /

<host_name> は、証明書をダウンロードする Cisco IPICS サーバの完全修飾ホスト名に置き換えてください。たとえば、Cisco IPICS サーバの名前が ipics1 の場合、 ipics1.cisco.com のように完全修飾ホスト名を入力します。

ステップ 3 [Go] ボタンをタッチします。

Cisco IPICS のログイン画面が表示されます。画面をピンチすると表示を拡大できます。

ステップ 4 [Log In] ボタンの横の証明書アイコン をタッチします。

高可用性設定が行われている場合は、証明書アイコンが 2 つ表示されます。この場合はどちらか 1 つを選択し、この手順を繰り返した際にもう一方を選択します。

インストールの手順を説明する Apple インストーラ アプリケーションの画面が表示されます。

ステップ 5 [Install] ボタンをタッチします。

ステップ 6 [Install Profile] 画面が表示されたら、[Install Now] ボタンをタッチします。

ステップ 7 iPhone の [Settings] > [General] > [Passcode Lock] でパスコードを設定している場合は、パスコードを入力して、iPhone のロックを解除します。

ステップ 8 [Profile Installed] 画面が表示されたら、[Done] ボタンをタッチします。

これにより、証明書が iPhone にルート証明書としてインストールされます。

ステップ 9 Cisco IPICS サーバで高可用性の設定が行われている場合はこの手順を繰り返し、ステップ 4 で 2 つ目の証明書アイコンを選択します。


 

SSL 証明書の iPhone からの削除

証明書の期限切れなどの理由で Cisco IPICS サーバの既存の SSL 証明書を置き換える必要がある場合は、新しい証明書をダウンロードできます。これを行うには、まず古い証明書を iPhone から削除する必要があります。証明書を削除するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 iPhone で、[Settings] > [General] > [Profiles] をタッチします。

ステップ 2 証明書をタッチし、[Remove] をタッチします。

SSL 証明書の名前は、ダウンロードした Cisco IPICS サーバのホスト名と同じです。

ステップ 3 確認メッセージが表示されたら、[Remove] をタッチします。

これにより、「SSL 証明書の iPhone へのダウンロード」の手順に従って新しい証明書をダウンロードできます。