Cisco IPICS トラブルシューティング ガイド Release 2.0(1)
Cisco IPICS ログの概要
Cisco IPICS ログの概要
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco IPICS ログの概要

Cisco IPICS ログ ファイルの概要と特定

PMC ログレベルの生成と変更

PMC Debug Log の情報の概要

デバッグ ログレベルの使用方法

CSA ログの確認

CSA Utility での CSA メッセージの表示

CLI コマンドを使用したセキュリティ イベント ログの表示

Cisco IPICS ログの概要

この章では、Cisco IPICS で使用できるログの概要と、ログに記録された情報を取得して理解する方法について説明します。ログは、Cisco IPICS および PMC に関して発生する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

この章は、次の項で構成されています。

「Cisco IPICS ログ ファイルの概要と特定」

「PMC ログレベルの生成と変更」

「CSA ログの確認」

Cisco IPICS ログ ファイルの概要と特定

Cisco IPICS ログ ファイルには、Cisco IPICS の使用状況の監査または追跡に使用できる情報が記録されます。また、ログ ファイルは、エラーの根本原因を特定するときに役立ちます。

表6-1 に、Cisco IPICS ログを示します。

 

表6-1 Cisco IPICS で使用されるログ

ログ名
説明

Cisco IPICS Activity Log

Cisco IPICS ログには、チャネル、ユーザ、および VTG に関するアクティビティの情報が記録されます。

アクティビティ ログの情報を Microsoft Excel スプレッドシート形式でダウンロードして表示するには、ipics ユーザとして Administration Console にログインし、 Administration > Activity Log Management > Logs タブに移動して、 Download Activity Logs をクリックします。Cisco IPICS がアクティビティ ログに保存する情報を変更するには、 Administration > Activity Log Options に移動します。

アクティビティ ログの詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.0(1) 』の「Performing Cisco IPICS System Administrator Tasks」の章を参照してください。

csalog

csalog ファイルには、CSA に関連するメッセージが記録されます。

csalog ファイルは、 /var/log ディレクトリにあります。

caslog ファイルの詳細については、「CLI コマンドを使用したセキュリティ イベント ログの表示」を参照してください。

db-maintenance.log

db-maintenance.log ファイルには、データベースのバックアップまたは復元操作など、あらゆるデータベース アクションのレコードが記録されます。

db-maintenance.log ファイルをダウンロードして表示するには、ipics ユーザとして Administration Console にログインし、 Administration > Database Management > Log タブに移動して、 Download をクリックします。

db-maintenance.log ファイルは、 /opt/cisco/ipics/database/logs ディレクトリにあります。

db-maintenance.log ファイルの詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.0(1) 』の「Performing Cisco IPICS Database Backup and Restore Operations」の章を参照してください。

diagnostics.log

diagnostics.log ファイルには、データベース サブシステムに関連するメッセージが記録されます。

diagnostics.log ファイルは、 /opt/cisco/ipics/database/logs ディレクトリにあります。

install.log

install.log ファイルには、インストールされたパッケージや、インストール中に発生したエラーなど、Cisco IPICS のインストールに関する詳細が記録されます。

install.log ファイルは、 /root ディレクトリにあります。

ipics.log

ipics.log ファイルには、Cisco IPICS サーバで発生するすべてのトランザクションに関する情報が記録されます。また、TRACE から FATAL までの 7 つの重大度が規定されています。デフォルトでは、ipics.log には、INFO から FATAL レベルまでのロギングがすべて取り込まれます。

最新のシステム ログの表示は、Administration Console の Serviceability > System Logs ウィンドウで行うことができます。ipics.log の情報をダウンロードして表示するには、 Serviceability > System Logs ウィンドウに移動し、 Download をクリックします。

ipics.log ファイルの詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.0(1) 』の「Understanding Cisco IPICS Serviceability and Diagnostic Information」の章を参照してください。

ipics.log ファイルは、 /root/tomcat/current/logs ディレクトリにあります。

ipics_audit.log

ipics_audit.log には、ユーザ アクティビティが記録されます。このアクティビティには、ユーザがサーバへのログイン時に成功および失敗したアクションや、Cisco IPICS ユーザが Administration Console にログインしているときに実行したアクションなどがあります。

ipics_audit.log ファイルは、 /root/tomcat/current/logs ディレクトリにあります。

ipics_rms.log

ipics_rms.log には、Cisco IPICS システムに属する RMS コンポーネントのログ データが収集されます。

ipics_rms.log ファイルは、 /root/tomcat/current/logs ディレクトリにあります。

ログのサイズが約 1 MB に達すると、Cisco IPICS は新しい ipics_rms.log を作成し、以前のログを閉じてアーカイブします。

lmgrd.log

lmgrd.log ファイルには、Cisco IPICS のライセンスに関する情報と、ライセンスを管理するコンポーネント(ライセンス マネージャと呼ばれる)に関する情報が記録されます。Cisco IPICS は、ライセンス マネージャが実行するすべてのアクションを lmgrd.log ファイルに記録します。

lmgrd.log ファイルをダウンロードして表示するには、ipics ユーザとして Administration Console にログインし、 Serviceability > Diagnostics ウィンドウに移動して、 Download Diagnostic Results をクリックします。zip 圧縮されたファイルを受信します。このファイルには、lmgrd.log ファイルと ipics.log ファイルのほか、Diagnostics ウィンドウに表示されている情報が含まれています。

lmgrd.log ファイルは、 /opt/cisco/ipics/license/versions/2.0/logs ディレクトリにあります。

messages

messages ファイルには、次の情報が記録されます。

CSA に関連するメッセージ

SSH を使用して Cisco IPICS サーバにログインしたユーザ

停止または起動したプロセス

messages ファイルは、 /var/log ディレクトリにあります。

7 日経過すると、CSA は新しいログを作成し、以前のログに番号の拡張子を付けてリネームします。その結果、ログには messages.0 messages.1 messages.2 などの名前が付けられます。

ダイヤル エンジン ログ ファイル

Cisco IPICS ダイヤル エンジンは、ポリシー エンジンのダイヤルインおよびダイヤルアウト機能を制御し、次の 2 組のログ ファイルを作成します。

Cisco001MIVR:このログ ファイルには、コール シグナリングと Session Initiation Protocol(SIP)に関する情報が記録されます。

各 Cisco001MIVR ファイルのサイズ、Cisco IPICS が保持するファイルの総数、および Cisco IPICS がこのファイルに記録する情報を設定するには、Administration Console で Policy Engine > Control Center > Tracing に移動し、トレース設定を変更します。

ログ ファイルが設定済みの最大サイズに達すると、Cisco IPICS はそのログ ファイルを閉じ、新しい空のログ ファイルを作成して、新しいログ ファイルの番号を 1 つインクリメントします。

driverManager:driverManager ログには、各コールに関連付けられたメディアに関連する情報が記録されます。

driverManager ログに取り込む詳細のレベルを設定するには、
Administration Console で Policy Engine > Control Center > Tracing に移動し、LIB_MEDIA チェックボックスをオンまたはオフにします。

driverManager ファイルのサイズと総数は、Cisco IPICS によって設定されます。ユーザはこれらの設定を変更できません。

ダイヤル エンジン ログ ファイルは、 /opt/cisco/ippe/log/MIVR ディレクトリにあります。また、このファイルの表示は、Administration Console で Policy Engine > Control Center > Status > Dial Engine に移動して行うこともできます。

各ファイルのサイズ、保持されるファイルの総数、ログレベルを設定するには、Administration Console で Policy Engine > Control Center > Tracing に移動し、トレース設定を変更します。詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.0(1) 』の「Configuring and Managing the Cisco IPICS Policy Engine」の章を参照してください。

PMC ログレベルの生成と変更

PMC アプリケーションは、ユーザ アクティビティの分析に役立つログや、アプリケーションの使用時に発生する問題のトラブルシューティングに役立つログを生成します。PMC は、ログを PMC クライアント マシンのハードディスクに書き込みます。そのため、サーバへの通信が中断した場合でもアプリケーションはロギングを続行できます。

Cisco IPICS は、次のどちらかの条件が満たされた場合に、PMC からログを取得します。

User Management > Users > Username > PMC タブで、 Get Logs from PMC をクリックした場合


) サーバにおいて PMC ユーザからのログをアップロードできないようにするには、PMC アプリケーションで Settings > Channels に移動し、Optimize for low bandwidth チェックボックスをオンにします。PMC を低帯域幅で高遅延のネットワーク環境で使用している場合は、このボックスをオンにする必要があります。オンにしても、PMC は引き続きログを PMC クライアント マシンのハード ドライブに生成します。


PMC ユーザがセッションのログインおよびログアウトを実行したときに自動的にログが Cisco IPICS サーバにアップロードされるように設定されている場合(このイベントはロールオーバーと呼ばれます)

ロールオーバーの対象は Authentication、Channel Statistics、および User Interface ログで、Debug Log は対象ではありません。Debug Log の場合は、サーバがファイルのアップロードを要求するまで、ファイルにデータが継続的に蓄積されます。ロールオーバーの発生の詳細については、『 Cisco IPICS PMC Installation and User Guide, Release 2.0(1) 』の「Using the PMC Application Logs」の章を参照してください。

ユーザは次の方法で PMC ログを変更できます。

PMC ユーザが PMC アプリケーション内で設定を調整する。PMC アプリケーションで設定を調整する方法の詳細については、『 Cisco IPICS PMC Installation and User Guide, Release 2.0(1) 』の「Using the PMC Application Logs」の章を参照してください。

Cisco IPICS オペレータが Administration Console の User Management > Users > Username > PMC タブで、ログ設定を変更する。ログ設定の設定および変更方法の詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.0(1) 』の「Performing Cisco IPICS Operator Tasks」の章を参照してください。

ログ ファイルのリストと説明については、『 Cisco IPICS PMC Installation and User Guide, Release 2.0(1) 』の「Using the PMC Application Logs」の章を参照してください。

PMC ユーザのアクティビティ ログのダウンロードは、Administration Console の Administration > Activity Log Management > Logs タブで行うことができます。ダウンロードする情報には、チャネルと VTG に対するユーザの関連付け、チャネルのアクティブ化に関するアクティビティ、および会議への参加についての詳細が含まれています。 Administration > Activity Log Options ウィンドウで、PMC 情報を取り込むようにアクティビティ ログを設定します。アクティビティ ログについては、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.0(1) 』の「Performing Cisco IPICS System Administrator Tasks」の章を参照してください。

この項では、次のトピックを扱います。

「PMC Debug Log の情報の概要」

「デバッグ ログレベルの使用方法」

「CSA ログの確認」

PMC Debug Log の情報の概要

Cisco IPICS の DebugLog.txt のデータ フィールドは、User Interface、Signaling、および Media の 3 つのカテゴリに分かれています。これらのデータ フィールドは、さらに 3 つのログレベルに分かれています。そのため、必要なデバッグ情報をより正確に取り込むことができます。Debug Log の各カテゴリには、次の情報が含まれます。

User Interface:このカテゴリのフィールドは、PMC のユーザ インターフェイスの機能に関する情報を提供します。このカテゴリには、ボタンやボリューム コントロールなど、PMC アプリケーションに表示できる項目がすべて含まれています。また、User Interface カテゴリには、Cisco IPICS サーバに関する通信の問題をデバッグするための情報も含まれています。

表6-2 は、Cisco IPICS が収集する情報をログレベル別に説明しています。

 

表6-2 User Interface のログレベル

ログレベル
目的

Low

Cisco IPICS は、Low ログレベルでは、次の問題に関する情報を取得します。

ユーザがログインできない

ユーザがチャネルをアクティブにするときに問題が発生する

ユーザが PMC を終了できない

PMC が不意にオフライン モードに移行する

サーバがエラーを報告する

Medium

Cisco IPICS は、サーバからの XML 通信を解釈するときに役立つ情報を報告します。

High

Cisco IPICS は、認証、GUI、および PMC サーバの更新機能に関する情報を収集します。

Signaling:Signaling カテゴリには、音声チャネルの起動と停止に関する情報を提供するフィールドが含まれています。ユーザが PMC チャネルをアクティブまたは非アクティブにできない場合は、Signaling をオンにします。

表6-3 は、Cisco IPICS が Signaling のログレベルに従って報告する情報を説明しています。

 

表6-3 Signaling のログレベル

ログレベル
目的

Low および Medium

これらのログレベルのメッセージは、高レベルのステート マシンに関する問題を報告します。

High

このレベルのメッセージは、SIP メッセージングに関する問題を報告します。

Media:このカテゴリのフィールドには、パケットや、エンドポイント間のデータを処理するコーデックなど、音声ストリームに関連する項目が含まれています。音声品質の問題を診断するには、Media 情報を使用します。

表6-4 は、Media のログレベルに従って収集できる情報のタイプを説明しています。

 

表6-4 Media のログレベル

ログレベル
目的

Low

この情報には、RX および TX ネットワーキング統計情報が含まれます。

Medium

この情報は、チャネルまたは VTG でオーディオ信号が混合する問題など、オーディオ混合の問題を診断するときに役立ちます。

High

この情報には、オーディオ コーデックを使用したオーディオ変換に関する情報が含まれます。

デバッグ ログレベルの使用方法

PMC ユーザのデバッグ情報のロギングを開始する場合は、情報カテゴリを 1 つ以上選択します。各カテゴリには、デバッグ フィールドのリストが含まれています。ログに取り込むフィールドに対応したカテゴリおよびログレベルを選択します。

表6-5 は、各ログレベルに含まれるフィールドを示しています。

各カテゴリのログレベルは、累積型になっています。特定のカテゴリで Medium レベルを選択した場合、PMC は Low レベルと Medium レベルのログを DebugLog.txt ファイルに書き込みます。ロギングを High に設定した場合は、そのカテゴリのフィールドがすべて取り込まれます。


ヒント デバッグを開始するときは、必ず、Low レベルのログ データを収集するようにしてください。Low レベルでも、必要なデータがすべて得られる場合があります。Low ログレベルを使用すると、数日間のログ アクティビティを収集しても、PMC ユーザのハードディスクが満杯になることはありません。問題の原因を特定できなければ、ロギングを Medium または High に設定します。

High レベルの使用は、短期間に限定してください。High レベルを使用する場合は、ユーザのハード ドライブを注意深く監視して、High レベルのログによってクライアントのハード ドライブが満杯になったり、PMC のパフォーマンスが低下したりすることがないようにする必要があります。



注意 すべてのデバッグ オプションを設定すると、システムで収集および生成される情報量が膨大になるため、デバッグ ロギングは、特定の問題を切り分ける場合に限って使用することをお勧めします。デバッグ作業が完了したら、必ず、デバッグ ログをクリアしてデバッグ ロギングをオフにしてください。

表6-5 に、デバッグ カテゴリと、各カテゴリに関連付けられたフィールドおよびログレベルを示します。

 

表6-5 Debug Log のフィールドとログレベル

カテゴリ
フィールド
ログレベル

User Interface

channel-activation-debug

Low

error

exit-debug

sending-source-debug

sock-init-cleanup

xml-events

Medium

xml-post

xml-vars

Auth

High

critical-section-tune-debug

download-debug

gui-debug

server-task-debug

server-verbose

xml-deck

Signaling

cc

Low

fim

fsm

gsm

lsm

multicast-signaling-debug

sip-reg-state

sip-state

vcm

sip-task

Medium

sip-trx

Auth

High

cc-msg

sip-messages

Media

AMuteTrans

Low

AudioSink

AudioSource

MediaStream

OpenALAudioSink

RTPAudioSink

RTPAudioSockets

RTPAudioSource

RTPAudioStream

RTPJitterBuf

sock-init-Cleanup

WaveAudioSource

WaveFileSource

RxStats

TxStats

Media

ACMTrans

Medium

ASL

AudioBufferAndPlayback

dsp

FilePlay

PCMMixer

PCMVolTrans

PCMVolumeMax

RTPAudioStreamMgr

RxDetailStats

VAD

Media

AudioDump

High

AudioSamp

AudioSampLost

AudioSampMgr

AudioTrans

AutomaticGainControl

dtmf

FIRTrans

FSAudioBuf

G7112PCMTrans

G7232PCMTrans

G729A2PCMTrans

Limiter

PCM2G711Trans

PCM2G723Trans

PCM2G729ATrans

RTCPPacket

TimeSample

TimeRxSample

TimeTxSample

CSA ログの確認

CSA がシステム アクションを拒否した場合、プロセスによってメッセージが生成されます。このメッセージには、次のいずれかの方法でアクセスできます。

CSA Utility を開き、Message ペインにメッセージを表示する。

セキュリティ イベント ログを表示する。このログには、システムで発生したセキュリティ イベントがすべて記録されています。

/ var/log ディレクトリに移動し、現在の CSA ログとアーカイブされた CSA ログを表示する。

この項では、次のトピックを扱います。

「CSA Utility での CSA メッセージの表示」

「CLI コマンドを使用したセキュリティ イベント ログの表示」

CSA Utility での CSA メッセージの表示

CSA Utility でステータス メッセージを表示するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 CSA トレイ アイコン(赤色の旗)をダブルクリックして、CSA Utility を開きます。

CSA Utility が表示されます。

ステップ 2 セキュリティ ログにアクセスするには、 Messages をクリックします。

Messages ペインにステータス メッセージが表示されます。

ステップ 3 CSA ログにアクセスするには、 View Log をクリックします。

現在のセキュリティ イベント ログが、テキスト ビューア ウィンドウに表示されます。


 

CLI コマンドを使用したセキュリティ イベント ログの表示

Cisco IPICS サーバの /var/log ディレクトリには、現在の CSA ログとアーカイブされた CSA ログが含まれています。

セキュリティ イベント ログのファイル名は csalog です。7 日経過すると CSA は新しいログを作成し、以前のログに番号の拡張子を付けてリネームします。このプロセスは、7 日ごとに繰り返されます。その結果、ログには csalog.0 csalog.1 csalog.2 などの名前が付けられます。ディレクトリの最も古いログは、拡張子の番号が最大になります。

CLI コマンドを使用してセキュリティ イベント ログを表示するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 ルート ユーザ ID を使用して Cisco IPICS サーバにログインします。

ステップ 2 /var/log ディレクトリに移動するには、次のコマンドを入力します。

ステップ 3 [root] # cd /var/log

ステップ 4 ディレクトリのファイル リストを表示するには、次のコマンドを入力します。

ステップ 5 [root] # ls -al

ディレクトリの内容が表示されます。セキュリティ イベント ログの名前は csalog. x です。 x は、ファイルの番号アーカイブ拡張子です。最新ログの名前は csalog で、番号の拡張子はありません。

ステップ 6 ログ ファイルの内容を表示するには、次のコマンドを入力します。

ステップ 7 [root] # cat csalog [ . x ]

表示の意味は次のとおりです。

x は、表示する csalog ファイルのファイル拡張子です。


 

CSA ログに表示されるメッセージについては、次の URL で CSA のマニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/vpn/ciscosec/index.htm