Cisco IPICS トラブルシューティング ガイド Release 2.1(1)
Cisco IPICS サーバの トラブルシューティング
Cisco IPICS サーバのトラブルシューティング
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco IPICS サーバの

Cisco IPICS のインストールに関する問題のトラブルシューティング

Cisco IPICS Administration Console の問題のトラブルシューティング

ブラウザに関する断続的な問題の解決

Administration Console ブラウザ セッションでサーバへのアクセスが失敗する問題の解決

Administration Console のテキストの拡大

Administration Console のテキストの縮小

Administration Console にアクセスを試みたときの 404 または 500 エラー メッセージの分析

RMS に 12 以上のループバック インターフェイスを設定した場合のブラウザのタイムアウト問題のトラブルシューティング

ログインの問題や障害を解決して Administration Console でのタスクを完了するためのデータベース手順の実行

ディスパッチャによるアクションがなくても VTG がアクティブになる

VTG のアクティブ化に関する問題のトラブルシューティング

ユーザの PMC に VTG が表示されない

ops ビューの保存が失敗する問題のトラブルシューティング

Administration Console 未定義エラーの解決

コマンドが断続的に失敗する

Internet Explorer へのフォントの追加による言語文字の表示問題の解決

データベース復元操作後、ログイン時に PMC ユーザにエラー メッセージが表示される

複数のユーザが Cisco IPICS を設定しているときに設定変更が保存されない

削除済みのシステム管理者ユーザの回復

ユーザ ID とパスワードの問題のトラブルシューティング

忘失または紛失した IPICS ユーザ パスワードのリセット

ipicsadmin または informix ユーザ ID のパスワードのリセット

ルート ユーザのパスワードの変更

ロックされたユーザ アカウントまたは無効になったユーザ アカウントのリセット

ライセンスに関する問題のトラブルシューティング

ライセンス ファイルをアップロードした後に表示される、ベース サーバ ライセンスが無効であることを示すメッセージの解決

複数のライセンス ファイルをアップロードした後、一部の機能が Administration Console に表示されない

サーバの IP アドレスの変更後にホスト名のミスマッチまたはライセンスのインストールの問題が発生する

システムの日付を変更すると、期限付きライセンスが無効になる

新しい期限付きライセンスをインストールした後のサーバ期限切れメッセージの抑制

ポリシー エンジンの問題のトラブルシューティング

プロンプトを含む大きな zip 圧縮ファイルをアップロードするとエラーが発生する

ipics.log ファイル内に IppeAgentImpl ERROR メッセージが表示される

ポリシー エンジンとプロンプト マネージャの間の通信問題の解決

ダイヤルイン発信者が保留機能またはコール ウェイティング機能を使用した後に再接続できない問題の解決

ダイヤルイン コールの接続が失敗する問題のトラブルシューティング

ダイヤルアウト招待が失敗する問題のトラブルシューティング

ダイヤルアウト通知が失敗する問題のトラブルシューティング

異なる ops ビューのユーザ間のダイヤルアウト通知が失敗する問題のトラブルシューティング

ダイヤル エンジンおよびサブシステム マネージャの PARTIAL_SERVICE ステータスについて

SIP サブシステムの SHUTDOWN ステータスの分析

Cisco IPICS のインストールに関する問題のトラブルシューティング

Cisco IPICS のインストール時に発生する可能性のある問題のトラブルシューティングについては、『 Cisco IPICS Server Installation and Upgrade Guide, Release 2.1(1) 』の「Troubleshooting the Installation」の章を参照してください。

Cisco IPICS Administration Console の問題のトラブルシューティング

この項では、Cisco IPICS Administration Console に関して発生する可能性のある問題について説明します。この問題は、ログインの問題から、Administration Console での情報表示に関する問題まで、多岐にわたっています。

この項では、次のトピックを扱います。

「ブラウザに関する断続的な問題の解決」

「Administration Console ブラウザ セッションでサーバへのアクセスが失敗する問題の解決」

「Administration Console のテキストの拡大」

「Administration Console のテキストの縮小」

「Administration Console にアクセスを試みたときの 404 または 500 エラー メッセージの分析」

「RMS に 12 以上のループバック インターフェイスを設定した場合のブラウザのタイムアウト問題のトラブルシューティング」

「ログインの問題や障害を解決して Administration Console でのタスクを完了するためのデータベース手順の実行」

「ディスパッチャによるアクションがなくても VTG がアクティブになる」

「VTG のアクティブ化に関する問題のトラブルシューティング」

「ユーザの PMC に VTG が表示されない」

「ops ビューの保存が失敗する問題のトラブルシューティング」

「Administration Console 未定義エラーの解決」

「コマンドが断続的に失敗する」

「Internet Explorer へのフォントの追加による言語文字の表示問題の解決」

「データベース復元操作後、ログイン時に PMC ユーザにエラー メッセージが表示される」

「複数のユーザが Cisco IPICS を設定しているときに設定変更が保存されない」

「削除済みのシステム管理者ユーザの回復」

ブラウザに関する断続的な問題の解決

問題 ブラウザ ウィンドウに最新の設定変更が反映されません。または、Administration Console に関する断続的な問題が発生します。

解決法 Cisco IPICS では、Internet Explorer バージョン 6.0.2 の使用だけがサポートされています。Cisco IPICS を使用する際は、次に示すブラウザ関連のガイドラインと注意事項に注意してください。

デフォルトでは、Administration Console は、30 分間使用しないとタイムアウトします。タイムアウトすると、ログインし直すように求められます。


Administration > Options ウィンドウにアクセスし、Cisco IPICS Session Timeout Period フィールドに新しい値を入力すると、このセッション タイムアウト時間を異なる長さに設定できます。


最善の方法として、ブラウザ ウィンドウの更新を、サーバ管理タスクの実行前に頻繁に行うことをお勧めします。この方法により、最新の情報に基づいて作業していることが保証されます。最新のデータが表示されていないウィンドウで管理用の更新を実行すると、更新が失敗し、Cisco IPICS がエラーを表示します。このような場合は、ブラウザ ウィンドウを更新して再試行します。

現在のブラウザ ウィンドウに最新の情報が表示されるようにするには、ウィンドウを表示するときに使用したボタンまたはタブをクリックして、ウィンドウをリフレッシュします。Cisco IPICS では、Administration Console でウィンドウをリフレッシュするときにブラウザの Refresh ボタンを使用することはサポートされていません。

Cisco IPICS Administration Console では、機能によってはブラウザのポップアップ ウィンドウが使用されます。ブラウザ ポップアップ ブロッカー ソフトウェアがマシンにインストールされていると、特定のアクションを実行できない場合があります。管理タスクの実行がブロックされないようにするには、Administration Console を使用する前に、マシンにインストールされているポップアップ ブロッカーをすべて無効にします。

Cisco IPICS では、同じマシンで同時に複数のブラウザ セッションから
Administration Console にアクセスすることはサポートされていません。複数のブラウザ セッションを使用して Administration Console にアクセスすると、予期しない結果が生じる場合があります。サーバの正常動作を保証するため、同じマシンで一度に複数のブラウザ セッションを開いて Administration Console 機能を実行することはしないでください。

ブラウザ関連のメモリ問題を回避するため、Cisco IPICS Administration Console を長期間使用している場合は、ブラウザを終了してから再起動します。

Administration Console ブラウザ セッションでサーバへのアクセスが失敗する問題の解決

問題 Cisco IPICS のインストール後、ブラウザ セッションを使用して Cisco IPICS サーバに正常に接続できません。

解決法 この問題は、次のいずれかの問題がある場合に発生することがあります。

入力した Cisco IPICS サーバの IP アドレスまたは DNS 名が誤っている。

Tomcat サービスが実行されていない。

データベース サーバが動作していない。

コンピュータのセキュリティ設定が原因で、必須の JavaScript アドオンが無効になっている。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 次の項目を調べて、入力した URL が正しいことを確認します。

URL に、セキュアな HTTP URL の https:// を使用していることを確認します。

サーバの IP アドレスを入力した場合は、ブラウザの Address フィールドに入力した IP アドレスが正しいことを確認します。

サーバの DNS 名を入力した場合は、DNS 名が正しいこと、およびネットワークが DNS 名を解決できることを確認します。ネットワークが DNS 名を解決できない場合は、ブラウザで IP アドレスを入力します。

ステップ 2 それでも Administration Console にアクセスできない場合は、ルート ユーザ ID を使用してターミナル コンソールから Cisco IPICS サーバに接続します。

ステップ 3 hostname login: フィールドに root と入力し、 Enter キーを押します。

Cisco IPICS により、ルート ユーザ ID のパスワードを入力するように求められます。

ステップ 4 ルート ユーザ ID のパスワードを入力し、 Enter キーを押します。

ステップ 5 Tomcat サービスが実行されていることを確認するために、次のコマンドを入力します。

[root]# service ipics_tomcat status

ステップ 6 表示される出力に応じて、次のいずれかのアクションを実行します。

Tomcat サービスが実行されている場合は、次の例のような出力が表示されます。

[root]# service ipics_tomcat status
Tomcat process (pid: 24025) is running on the system
 

Tomcat サービスが実行されていることを示す出力が表示された場合は、ステップ 12 に進みます。

Tomcat サービスが実行されていない場合は、次の例のような出力が表示されます。

[root]# service ipics_tomcat status
PID_SEARCH_RESULT=
Tomcat is not running on the system.
 

Tomcat サービスが実行されていないことを示す出力が表示された場合は、ステップ 7 に進みます。

ステップ 7 次のコマンドを入力して、Tomcat サービスとポリシー エンジンを再起動します。

[root]# service ipics restart


service ipics restart コマンドを入力した場合、Cisco IPICS はアクティブなダイヤルインまたはダイヤルアウト コールをすべて取り消すことに注意してください。


ステップ 8 Tomcat サービスが再起動しない場合は、次のアクションを実行します。

a. Cisco IPICS によって crontab ファイルがすでにインストールされていることを確認するために、次のコマンドを入力します。

[root]# crontab -l -u ipicsadmin


) crontab ファイルは、Tomcat サービスとデータベースが動作しているかどうかを確認するプロセスを実行し、それらが動作していなければ起動します。


b. 次のようなメッセージが表示された場合、tomcat cron ファイルはすでに存在します。ステップ 12 に進みます。

[root]# crontab -l -u ipicsadmin
#--------------------------------------------------------------
#
# Module: ipicsadmin.cron - Cisco IPICS cron file for user 'ipicsadmin'
#
# Usage: crontab < ipicsadmin.cron
#
# Environment Variables:
#
#---------------------------------------------------------------
SHELL=/bin/sh
MAILTO=root
HOME=/opt/cisco/ipics/tomcat
 
* * * * * /opt/cisco/ipics/bin/check_tomcat >> /opt/cisco/ipics/tomcat/current/logs/ipicsadmin_cron.log 2>&1
 

c. no crontab for ipicsadmin などのメッセージが表示された場合は、ステップ 9 に進みます。

ステップ 9 次のコマンドを入力して、crontab ファイルをインストールします。

[root]# crontab /opt/cisco/ipics/cron/ipicsadmin.cron

Cisco IPICS によって crontab ファイルがインストールされます。

続いて、Cisco IPICS が Tomcat サービスを開始します。ここで、ブラウザを使用して Administration Console にログインします。

Tomcat サービスのステータスの確認については、「Tomcat サービスの手順の実行」を参照してください。

ステップ 10 データベースのステータスを確認するには、次のコマンドを入力します。

[root]# onstat -

データベースがオンラインで動作している場合、コマンドは次の例のような出力を返します。

IBM Informix Dynamic Server Version 10.00.UC1 -- On-Line -- Up 00:16:14 -- 124036 Kbytes

データベースが動作していない場合、コマンドは次の例のような出力を返します。

shared memory not initialized for INFORMIXSERVER 'IPICSDBServer'
 

データベースが動作していないことを示すコマンド出力が表示された場合は、ステップ 11 に進みます。

ステップ 11 データベースが動作していない場合は、次のコマンドを入力して、データベース サーバを手動で起動します。

[root]# service ipics_db start

ステップ 12 ネットワーク接続を確認するには、次のコマンドを入力します。

ping < default gateway IP address >

表示の意味は次のとおりです。

< default gateway IP address >は、ネットワークのデフォルト ゲートウェイのアドレスを表します。

ステップ 13 ping コマンドで正常に応答が返らない場合は、サーバのインターフェイス 1 からネットワーク ケーブルを取り外し、インターフェイス 2 に接続します。


) 一般に、サーバのイーサネット インターフェイスに NIC 1 および NIC 2 のラベルが付いている場合は、イーサネット ケーブルを NIC 1 インターフェイスに接続してください。このインターフェイスは、通常、eth0 インターフェイスです。サーバのイーサネット インターフェイスに 1 および 2 のラベルが付いている場合は、eth0 インターフェイスがインターフェイス 2 にマッピングされている可能性があります。サーバの製品マニュアルを参照して、インターフェイスのマッピングを確認してください。


ステップ 14 ステップ 12 を再試行し、サーバのネットワーク接続を確認します。

ステップ 15 ping コマンドで正常に応答が返された場合は、ネットワーク上の別のサーバにログインし、Cisco IPICS サーバへの ping を試行します。

ping コマンドで正常に応答が返らない場合は、ネットワーク管理者と連携して、ネットワーク接続の問題を解決してください。

ステップ 16 Administration Console へのアクセスに使用する PC のセキュリティ設定を確認します。


) セキュリティを高めるには、『Windows XP Security Guide』に記載されている推奨事項を確認し、それに従うことをお勧めします。このマニュアルを見つけるには、http://support.microsoft.com/ にある Microsoft のサポート サイトを参照し、「Windows XP Security Guide」を検索してください。

『Windows XP Security Guide』に記載されている推奨事項に従って、アドオン リストで明示的に許可されたアドオンを除くすべてのアドオンを拒否した場合、Administration Console にアクセスできないという問題が発生する可能性があります。この問題は、Microsoft Windows XP SP2 を実行する PC で Internet Explorer を使用していて、アドオン リストで JavaScript GUID を有効にしていない場合に発生します。


ステップ 17 次の JavaScript GUID アドオンを PC 上で明示的に有効にして、Internet Explorer から適切な操作を行うことができるようにセキュリティ設定を変更します。

GUID: {F414C260-6AC0-11CF-B6D1-00AA00BBBB58} - JavaScript

このアドオンを有効にする方法の詳細については、 http://support.microsoft.com/ にある Microsoft サポート サイトを参照し、文書番号 555235 を検索してください。

ステップ 18 次のように、IP アドレスまたは DNS 名を入力して、サーバに再度アクセスを試みます。

https:// < ipaddress > | < dnsname >

表示の意味は次のとおりです。

< ipaddress > または < dnsname > は、サーバの IP アドレスまたは DNS 名を表します。

それでもサーバにアクセスできない場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。


 

Administration Console のテキストの拡大

問題 Administration Console に正常にログインしましたが、Administration Console に表示されるテキストが小さすぎます。

解決法 ブラウザが、通常のフォントよりも小さなフォントでテキストを表示するように設定されています。Administration Console のテキストを大きくするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 サポートされているバージョンの Internet Explorer ブラウザを開きます。

ステップ 2 ブラウザのメニューバーで、 View > Text Size を選択します。

ステップ 3 オプションのリストから Medium または Larger を選択して、テキスト サイズを大きくします。

ブラウザ ウィンドウのテキストがより大きなフォントで表示されます。


 

Administration Console のテキストの縮小

問題 Administration Console に正常にログインしましたが、Administration Console に表示されるテキストが大きすぎます。

解決法 ブラウザが、通常のフォントよりも大きなフォントでテキストを表示するように設定されています。Administration Console のテキストを小さくするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 サポートされているバージョンの Internet Explorer ブラウザを開きます。

ステップ 2 ブラウザのメニューバーで、 View > Text Size を選択します。

ステップ 3 オプションのリストから Medium または Smaller を選択して、テキスト サイズを小さくします。

ブラウザ ウィンドウのテキストがより小さなフォントで表示されます。


 

Administration Console にアクセスを試みたときの 404 または 500 エラー メッセージの分析

問題 サーバ ソフトウェアのアップグレード後に Cisco IPICS Administration Console にアクセスするとブラウザに次の例のような 404 または 500 エラー メッセージが表示されます。

HTTP Status 404:
type Status report
message /ipics_server/
description: The requested resource (/ipics_server/) is not available.
 
 
Error: 500
Location: /ipics_server/
Internal Servlet Error:
 

解決法 このようなエラーが発生するのは、サーバ ソフトウェアのアップグレード後も、以前のバージョンで Cisco IPICS が使用していたコンポーネントがシステムにキャッシュされている場合です。キャッシュされたコンポーネントが妨げとなって、新しいバージョンのソフトウェアが正常に動作せず、Web アプリケーションが使用不能になったり、一般的なサーブレット(500)エラーが発生したりする場合があります。その結果、アプリケーションが起動後に不意に終了します。

この問題が発生した場合、システムは、ipics.log 内に次の例のようなエラー メッセージを表示することがあります。

09:10:32,818 ERROR [/ipics_server]:3673 - Exception sending context initialized event to listener instance of class com.domain.ipics.server.core.ServerImpl
java.lang.ClassFormatError: Incompatible magic value 16693950 in class file
 

Administration Console の Serviceability > System Logs ウィンドウにアクセスしないでこれらのログ エントリを表示するには、CLI コマンドを使用して、ログ ファイルに手動でアクセスする必要があります。

次の手順を実行してログ エントリに手動でアクセスし、該当するエラー メッセージを探します。

手順


ステップ 1 SSH Secure Shell クライアント ソフトウェア(または同等のソフトウェア)を使用して、Cisco IPICS サーバに接続します。

ステップ 2 ルート ユーザ特権を使用してサーバにログインします。

ステップ 3 次のコマンドを入力して、ディレクトリを変更します。

[root]# cd tomcat/current/logs

ステップ 4 次のコマンドを入力して、ipics.log ファイルの最後の 25 行を読み取ります。

ステップ 5 [root]# tail -25 ipics.log

ステップ 6 ログで、Web アプリケーションの問題を示すエラーを探します。このようなエラー メッセージには、ドメイン名(yourdomain.com)が含まれている可能性があります。また、404 または 500 エラーに関するメッセージには、「Incompatible magic value」や「Class not found」などのフレーズが含まれています。

ステップ 7 Cisco IPICS Web アプリケーションの破損が確認された場合は、次のコマンドを入力して、webapps ロケーションにある 1 つ以上の ipics_server フォルダを削除します。

[root]# rm -rf /opt/cisco/ipics/tomcat/current/webapps/ipics_server


-rf 引数を指定して rm コマンドを使用すると、警告なくファイルとフォルダが削除されるため、注意してください。


ステップ 8 次のコマンドを入力して、work ロケーションにある ipics_server フォルダを削除します。

[root]# rm -rf /opt/cisco/ipics/tomcat/current/work/Catalina/localhost/ipics_server

ステップ 9 次のコマンドを入力して、Tomcat サービスを再起動します。

[root]# service ipics_tomcat restart

サービスが再起動したかどうかを示すメッセージが表示されます。

Tomcat サービスが再起動すると、新しい ipics_server フォルダが作成されます。

ステップ 10 サポートされているバージョンの Internet Explorer ブラウザを開きます。

ステップ 11 Location or Address フィールドに、次の形式で URL を入力します。

https:// < ipaddress > | < dnsname >

表示の意味は次のとおりです。

< ipaddress > はサーバの IP アドレスで、< dnsname > はサーバに設定したホスト名です。

これで、Administration Console にアクセスできるようになりました。


 

RMS に 12 以上のループバック インターフェイスを設定した場合のブラウザのタイムアウト問題のトラブルシューティング

問題 高遅延で低帯域幅の接続を使用する場合、12 以上のループバック インターフェイスが設定された RMS に関して RMS 設定を更新しようとすると、ブラウザのタイムアウト エラーが発生することがあります。

解決法 この問題を解決するには、PC 上で Internet Explorer の設定を修正して、タイムアウト期間を調整する必要があります。この設定では、ReceiveTimeout データ値を修正して、より長い遅延に対応できるようにします。


注意 レジストリを修正する場合は、細心の注意を払ってください。レジストリの編集に慣れていない場合は、この手順を実行する前に、サポート担当者にご連絡ください。レジストリを誤って修正すると、オペレーティング システムの再インストールが必要になる場合があります。したがって、修正する前に、レジストリをバックアップし、問題が発生した場合のレジストリの復元方法について確認しておいてください。


ヒント レジストリのバックアップ、復元、および修正方法の詳細については、
http://support.microsoft.com にある Microsoft サポート サイトにアクセスし、Microsoft Windows レジストリに関するサポート技術情報を検索してください。


ReceiveTimeout データ値を修正するには、Cisco IPICS Administration Console へのアクセスに使用する PC 上で、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Administration Console へのアクセスに使用する PC 上で、 Start > Run の順に選択します。

ステップ 2 Open ダイアログボックスに、 regedit と入力します。

Registry Editor が表示されます。

ステップ 3 HKEY_CURRENT_USER エントリの横に表示されている + 記号をクリックします。

現在ログインしているユーザのルート設定情報を含むフォルダが表示されます。

ステップ 4 各フォルダ名の横に表示されている + 記号をクリックして、 Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ フォルダに移動します。

ステップ 5 Internet Settings フォルダの横に表示されている + 記号をクリックします。

この時点で、次のフォルダまで移動しています。 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
Internet Settings

ステップ 6 Internet Settings フォルダで、 ReceiveTimeout という名前を探します。

ステップ 7 この設定を修正するには、 ReceiveTimeout 名を右クリックし、 Modify をクリックします。

Edit DWORD Value ダイアログボックスが表示されます。現在の DWORD 値が 16 進形式で表示されます。

一方、 Delete をクリックして、ReceiveTimeout 名を完全に削除することもできます。このアクションを実行する場合は、結果として、サーバが応答するまで無期限に待ち続ける可能性があることに注意してください。

ステップ 8 Decimal オプション ボタンをクリックして、この値を 10 進形式で表示します。

ステップ 9 この値を、高遅延で低帯域幅のリンクに対応させるための推奨値に設定するには、Value dataフィールドに 480000 を入力します。

この修正により、タイムアウト値が 8 分に設定されます。

ステップ 10 OK をクリックして変更を保存します。

ステップ 11 Registry Editor を終了するには、 Registry > Exit の順に選択します。

ステップ 12 変更を有効にするために、PC を再起動します。


 

ログインの問題や障害を解決して Administration Console でのタスクを完了するためのデータベース手順の実行

問題 システムに現在ログインしているユーザがタスクを実行しようとするとエラーが発生します。また、新しいユーザが Administration Console にログインできません。既存の VTG およびチャネル接続は正常に機能します。

解決法 この問題は、次の条件が該当する場合に発生することがあります。

データベースが停止している。

データベースが休止モードになっている。このモードになるのは、復元操作またはデータベース メンテナンスの実行中です。

データベースが停止している場合や、休止モードになっている場合は、次の手順を実行してデータベースを再起動します。

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 次の手順に従って、データベースが動作していることを確認します。

a. SSH Secure Shell クライアント ソフトウェア(または同等のソフトウェア)を使用して、Cisco IPICS サーバに接続します。

b. ルート ユーザ ID を使用してサーバにログインします。

c. 次のコマンドを入力して、データベースが動作しているかどうかを確認します。

[root]# onstat -

データベースがオンラインで動作している場合、コマンドは次の応答を返します。この場合は、ステップ 5 に進みます。

IBM Informix Dynamic Server Version 10.00.UC1 -- On-Line -- Up 00:16:14 -- 124036 Kbytes
 

データベースが休止モードになっている場合、コマンドは次の応答を返します。この場合は、 d に進みます。

IBM Informix Dynamic Server Version 10.00.UC1 -- Quiescent -- Up 00:00:42 -- 124036 Kbytes
 

データベースが動作していない場合、コマンドは次の応答を返します。この場合は、ステップ 2 に進みます。

shared memory not initialized for INFORMIXSERVER 'IPICSDBServer'
 

d. データベースが休止モードで、復元操作が進行中の場合は、操作が完了するまで待ちます。

e. 現在データベースを復元していない場合は、次のコマンドを入力して、データベースをメンテナンス モードからオンライン モードに移行します。

[root] # onmode -m

ステップ 2 データベースが停止している場合は、次のコマンドを入力して起動します。

[root]# service ipics_db start

データベースが正常に起動すると、Cisco IPICS オペレーティング システムが [OK] というメッセージを表示します。

ステップ 3 データベースが正常に起動しない場合は、次のコマンドを入力して、diagnostics.log ファイルを調べます。

[root]# more /opt/cisco/ipics/database/logs/diagnostics.log

ステップ 4 Space バーを押して、ログ ファイルのメッセージをすべて表示します。メッセージ ログ ファイルを閉じるには、 q キーを押します。

diagnostics.log ファイルに表示される情報を使用して問題を解決できない場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。

ステップ 5 データベースが正常に動作せず、Administration Console を使用できない場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。


 

ディスパッチャによるアクションがなくても VTG がアクティブになる

問題 VTG をアクティブにしていないにもかかわらず、Administration Console の VTG Management > VTG Workgroups ウィンドウで VTG がアクティブになっています。

解決法 この状況は、次のいずれかの場合に発生することがあります。

VTG がポリシーによってトリガーされた。Cisco IPICS が最近アクティブにしたポリシーに VTG が含まれているかどうかを確認するには、
Policy Management > Execution Status > Executing/Executed Policy
タブに移動します。

別のディスパッチャが Cisco IPICS システムにログインして、その VTG をアクティブにした。


) 最善の方法として、ブラウザ ウィンドウのリフレッシュを、サーバ管理機能の実行前に頻繁に行うことをお勧めします。この方法により、最新の情報に基づいて作業していることが保証されます。最新のデータが表示されていないウィンドウで管理用のリフレッシュを実行すると、リフレッシュが失敗し、Cisco IPICS がエラーを表示します。このような場合は、ブラウザ ウィンドウをリフレッシュして再試行します。


VTG のアクティブ化に関する問題のトラブルシューティング

問題 ポリシーをアクティブにしても、ポリシー内の VTG のいずれかがアクティブになりません。

解決法 システムのリソースが不足している(たとえば、マルチキャスト アドレスが使用できない)ために、ポリシー全体をアクティブにできない可能性があります。このような場合、Cisco IPICS は可能な限り多くのポリシーをアクティブにします(たとえば、システムで使用できるマルチキャスト アドレスが 2 つだけの場合は、ポリシー内の 3 つの VTG のうち、2 つをアクティブにします)。問題を修正するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Policy Management > Execution Status > Executing/Executed Policy タブに移動します。

ステップ 2 アクティブになっているポリシーを特定します。

ステップ 3 ポリシー名の横の + をクリックして展開します。

ステップ 4 Action Type フィールドに ActivateVTG が含まれているすべての行で、Status フィールドを確認します。

ステップ 5 ステータスが Failed と表示されている場合は、Message フィールドの Details をクリックします。

Message ポップアップ ウィンドウが表示され、アクティブ化の失敗に関する詳細な情報が示されます。

ステップ 6 Message ウィンドウの情報から問題の原因を特定できる場合は、適切なアクションを実行して問題を解決します。

たとえば、次のメッセージは、使用可能なマルチキャスト アドレスの数が不足していることが原因で問題が発生していることを示している可能性があります。

Activate VTG:vtgname has FAILED.Failed to activate talkgroup
 


 

ユーザの PMC に VTG が表示されない

問題 ディスパッチャがユーザを VTG に追加しましたが、ユーザの PMC に VTG が表示されません。ユーザには、オペレータがユーザ プロファイルに関連付けるチャネルが表示されないこともあります。

解決法 この問題が発生するのは、ユーザが 2 つの異なるユーザ ID でデータベースにログインした場合です。ユーザがログインに使用したユーザ ID と、オペレータまたはディスパッチャが使用したそのユーザの ID が異なっている可能性があります。

User Management > Users ウィンドウで、複数のユーザ ID を持つユーザがいるかどうかを確認し、余分な ID を削除します。

ops ビューの保存が失敗する問題のトラブルシューティング

問題 追加した ops ビューを保存しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

Cisco IPICS could not save ops view <opsview name>
 

表示の意味は次のとおりです。

< opsview name> は、保存しようとした ops ビューの名前です。

解決法 Cisco IPICS がこのエラー メッセージを表示する原因としては、データベースの問題や他のシステム コンポーネントの問題など、さまざまな状況が考えられます。このエラーが発生した場合は、次のアクションを実行します。

手順


ステップ 1 IPICS ユーザ ID を使用して、Cisco IPICS Administration Console にログインします。

ステップ 2 Serviceability > System Logs ウィンドウに移動します。

ステップ 3 Recent System Log Entries ペインで、ログを確認します。赤色または青色のテキストで表示されたエラーのうち、ops ビューに関連すると思われるものがあるかどうかを確認します。

ステップ 4 Recent System Log Entries ペインで ops ビューに関連するエラーが見つからない場合は、 Download をクリックして、アクティビティ ログをコンピュータにダウンロードします。

ステップ 5 ipics.zip ファイルを解凍し、ipics.log ファイルをコンピュータに保存します。

ステップ 6 ipics.log ファイルをテキスト ファイルとして開きます。


) ログ ファイルを表示するには、Wordpad など、UNIX の改行文字を認識するテキスト ファイル ビューアを使用する必要があります。Notepad を使用すると、ファイルが適切に表示されません。


ステップ 7 ipics.log ファイルで「ERROR」という単語を検索します。

ipics.log は、失敗の原因を特定して問題を解決するときに役立ちます。

発生したエラーを特定できない場合や、問題を切り分けるのに役立つ情報が ipics.log ファイルに見つからない場合は、ステップ 8 に進みます。

ステップ 8 ルート ユーザ ID を使用して Cisco IPICS サーバにログインし、次のコマンドを入力してデータベースが動作しているかどうかを確認します。

[root]# onstat -

ステップ 9 表示される出力に応じて、次のどちらかのアクションを実行します。

データベースが動作していない場合、コマンドは次の例のようなテキストを表示します。

shared memory not initialized for INFORMIXSERVER 'IPICSDBServer'
 

データベースが動作していないことが確認された場合は、ステップ 10 に進みます。

データベースがオンラインで動作している場合、コマンドは次の例のようなテキストを表示します。

IBM Informix Dynamic Server Version 10.00.UC1 -- On-Line -- Up 00:16:14 -- 124036 Kbytes
 

データベースが動作していることが確認された場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。

ステップ 10 データベースが停止している場合は、次のコマンドを入力して起動します。

[root]# service ipics_db start

データベースが正常に起動すると、システムが [OK] というメッセージを表示します。

データベースが正常に起動しない場合は、次のコマンドを入力して、diagnostics.log ファイルを調べます。

[root]# more /opt/cisco/ipics/database/logs/diagnostics.log

ステップ 11 Space バーを押して、ログ ファイルのメッセージをすべて表示します。メッセージ ログ ファイルを閉じるには、 q キーを押します。

diagnostics.log ファイルに表示される情報を使用して問題を解決できない場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。


 

Administration Console 未定義エラーの解決

問題 Administration Console ユーザが、テーブル形式でデータが表示されるウィンドウを表示できず、Administration Console の要素が未定義であることを示すエラーが表示されます。

解決法 この問題が発生するのは、サードパーティ製ソフトウェアがインストールされているか、設定に問題があるために、ブラウザの JavaScript エンジンが、拡張された動的な機能を処理できない場合です。この問題を解決するには、JavaScript エンジンを再インストールします。インストール スクリプトを PC にダウンロードするには、 http://www.microsoft.com に移動し、Windows Server 2003 用の Windows Script 5.6 を検索します。

コマンドが断続的に失敗する

問題 ディスパッチャが VTG をアクティブまたは非アクティブにする場合や、ユーザが PMC アプリケーションのログインまたはログアウトを行う場合に、「command failed」エラーが断続的に表示されます。

解決法 コマンドまたはアクションを再試行します。エラーの原因の詳細については、Administration Console の Serviceability > System Logs ウィンドウに移動し、 Recent System Log Entries ウィンドウでログを確認してください。ログの内容から、コマンドの失敗に関する詳細を確認できます。

Internet Explorer へのフォントの追加による言語文字の表示問題の解決

問題 ユーザ名やチャネル名などのデータが表示されるときに、一部の言語の文字が誤って表示されます。

解決法 一部の PC の Internet Explorer ブラウザでは、同一ページ上にある複数の言語文字を表示できないことがあります。ブラウザに英語、ヘブライ語、およびアラビア語が表示される場合、一部の言語の文字が誤って表示されることがあります。この問題が発生するのは、Internet Explorer で選択されたフォントが特定の言語だけをサポートしている場合です。

この問題を解決するには、Internet Explorer で Unicode 文字セットをすべてサポートするフォントを選択します。このようなフォントには、Arial Unicode MS(Microsoft Office に付属)があります。

Internet Explorer 用の新しいフォントを選択するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 サポートされているバージョンの Internet Explorer ブラウザを開きます。

ステップ 2 Internet Explorer のメニューで、 Tools > Internet Options を選択します。

Internet Options ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Fonts をクリックします。

Fonts ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 Web page font ペインで、Arial Unicode MS を選択します。

ステップ 5 OK をクリックして、フォント選択を確定します。

ステップ 6 OK をクリックして変更を保存し、Internet Options ウィンドウを閉じます。

これで、Internet Explorer に言語が正しく表示されるようになりました。


 

データベース復元操作後、ログイン時に PMC ユーザにエラー メッセージが表示される

問題 データベースの復元手順の完了後に、PMC ユーザが PMC を起動しようとすると、「unknown response」エラー メッセージが表示されます。このユーザはサーバには接続できませんが、オフライン モードで操作することはできます。

解決法 この問題が発生するのは、復元手順の完了後に Tomcat サービスが再起動していない場合や、Tomcat サービスの再起動プロセスが完了する前に PMC ユーザがシステムにログインしようとした場合です。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 次のコマンドを入力して、Tomcat サービスが実行されているかどうかを確認します。

[root]# service ipics_tomcat status

ステップ 2 表示される出力に応じて、次のいずれかのアクションを実行します。

Tomcat サービスが実行されている場合は、次の例のような出力が表示されます。

[root]# service ipics_tomcat status
Tomcat process (pid: 24025) is running on the system
 

Tomcat サービスが実行されていることを示す出力が表示された場合は、少なくとも 5 分待って、データベースが RMS と情報を同期できるようにします。

Tomcat サービスが実行されていない場合は、次の例のような出力が表示されます。

[root]# service ipics_tomcat status
PID_SEARCH_RESULT=
Tomcat is not running on the system.
 

Tomcat サービスが実行されていないことを示す出力が表示された場合は、次のコマンドを入力して、Tomcat サービスとポリシー エンジンを再起動します。

[root]# service ipics restart


service ipics restart コマンドを入力した場合、Cisco IPICS は、アクティブなダイヤルインまたはダイヤルアウト コールをすべて取り消します。


ステップ 3 問題が引き続き発生する場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。


 

複数のユーザが Cisco IPICS を設定しているときに設定変更が保存されない

問題 複数のユーザが別々のブラウザ セッションで Administration Console に接続されていて、同時に設定を変更しようとしています。あるユーザが設定を変更します。その結果、他のユーザの変更が上書きされるか、保存されません。

解決法 複数のユーザが同時に Cisco IPICS を設定し、同じデータを更新する場合、Cisco IPICS は最後に行われた変更を保持します。Cisco IPICS Administration Console では、最後の設定変更が、それ以前の設定変更よりも優先されます。

削除済みのシステム管理者ユーザの回復

問題 System Administrator ロールまたは All ロールを持つ最後のユーザを削除すると、Administration Console でシステム管理タスクを実行できなくなります。

解決法 すべてのシステム管理者ユーザをシステムから削除した場合は、オペレータとしてログインし、新しいシステム管理者ユーザ ID を作成します。Cisco IPICS には、すべてのオペレータがシステムから削除されることを防止する安全機能が含まれています。


) 削除済みのシステム管理者ユーザを回復するには、オペレータ ロールが割り当てられていること、およびオペレータ ユーザ ID とパスワードを持っていることが必要になります。オペレータの詳細については、『Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1)』の「Performing Cisco IPICS Operator Tasks」の章を参照してください。


System Administrator ロールを回復するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 オペレータ ユーザ ID とパスワードを使用して、サーバにログインします。

ステップ 2 Cisco IPICS Administration Console の User Management 領域で、 Users をクリックします。

ステップ 3 Add をクリックします。

ステップ 4 アスタリスクで示された必須フィールドに、ユーザ情報を入力します。

ステップ 5 Roles ドロップダウン リスト ボックスから、ユーザ ロールとして System Administrator または All を選択します。

SYSTEM ops ビューに新しいユーザが表示されます。これで、このユーザは管理タスクを実行できるようになりました。


 

ユーザ ID とパスワードの問題のトラブルシューティング

次の項では、ユーザ ID とパスワードに関して発生する可能性のある問題のトラブルシューティングを行う方法について説明します。

この項では、次のトピックを扱います。

「忘失または紛失した IPICS ユーザ パスワードのリセット」

「ipicsadmin または informix ユーザ ID のパスワードのリセット」

「ルート ユーザのパスワードの変更」

「ロックされたユーザ アカウントまたは無効になったユーザ アカウントのリセット」

忘失または紛失した IPICS ユーザ パスワードのリセット

問題 IPICS ユーザとして Administration Console へのログインを試みます。しかし、ポップアップ ウィンドウに、入力したユーザ ID またはパスワードが誤っていることを示すメッセージが表示されます。

解決法 入力した IPICS ユーザのパスワードが誤っています。ルート ユーザのアクセス権を持っている場合は、 reset_pw コマンドを入力すると、IPICS ユーザのパスワードをリセットして Administration Console に再度アクセスすることができます。

IPICS ユーザ ID をリセットし、この問題を解決するには、「reset_pw ツールを使用したパスワードのリセット、変更、または作成」で説明されている手順を実行します。

ipicsadmin または informix ユーザ ID のパスワードのリセット

問題 データベース管理タスクを実行するために、ipicsadmin または informix ユーザとしてターミナル コンソールへのログインを試みます。しかし、informix ユーザのパスワードを取得できないか、ipicsadmin ユーザのパスワードを紛失または忘失しています。そのため、システムにログインできません。


) ipicsadmin ユーザのパスワードは、Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのインストール時に作成します。インストール プログラムもランダム アルゴリズムを使用して informix ユーザのパスワードを作成しますが、このパスワードを取得することはできません。


解決法 ルート ユーザのアクセス権を持っている場合は、 su コマンドを入力するか、 reset_pw コマンドを入力して ipicsadmin または informix パスワードをリセットすると、ipicsadmin または informix ユーザ ID を使用してログインできます。

informix または ipicsadmin ユーザとしてログインするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 ルート ユーザ ID を使用して Cisco IPICS サーバにログインします。

ステップ 2 次のどちらかのアクションを実行して、ipicsadmin または informix ユーザとしてログインします。

ipicsadmin ユーザとしてログインするには、次のコマンドを入力します。

[root]# su - ipicsadmin

informix ユーザとしてログインするには、次のコマンドを入力します。

[root]# su - informix

ステップ 3 ipicsadmin または informix ユーザとして目的の作業を完了したら、 exit と入力して、そのユーザとしてログアウトし、ルート ユーザに戻ります。


 

ipicsadmin または informix ユーザのパスワードをリセットするには、「reset_pw ツールを使用したパスワードのリセット、変更、または作成」で説明されている手順を実行します。

ルート ユーザのパスワードの変更

問題 ルート ユーザのパスワードは変更できますか。

解決法 ルート ユーザ ID のパスワードは、必要に応じて変更できます。変更するには、「reset_pw ツールを使用したパスワードのリセット、変更、または作成」で説明されている手順を実行します。

ロックされたユーザ アカウントまたは無効になったユーザ アカウントのリセット

問題 アカウントがロックされたユーザまたは無効になったユーザが、システムにログインできません。

解決法 ユーザ アカウントがロックされた、または無効になった可能性があります。ユーザ アカウントは、次の状況でロックされたり、無効になることがあります。

無効なログインの試行回数が最大試行回数を超えたため、Cisco IPICS がユーザを自動的にロックした。詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Performing Cisco IPICS System Administrator Tasks」の章を参照してください。

Operator 特権または All 特権を持つユーザが、ユーザを手動でロックした、または無効にした。ユーザのロックアウトまたは無効化の詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Performing Cisco IPICS Operator Tasks」の章を参照してください。

ユーザ アカウントが無効になった場合、Cisco IPICS は、すべてのエンドポイント デバイスがシステムにログインできないようにします。PMC、ダイヤルイン、および Administration Console など、既存のログイン セッションはすべて自動的に終了します。

ユーザ アカウントがロックされた場合、Cisco IPICS は、新しいログインをすべて禁止します。ただし、既存のログインは、ユーザがシステムからログアウトするまで引き続き動作します。

ユーザ アカウントのロックを解除する、または有効にするには、次のどちらかのアクションを実行します。

ルート ユーザ ID にアクセスできる場合は、「enableuser ツールを使用したロック済みユーザのロック解除または無効なユーザの有効化」で説明されている手順を実行して、CLI コマンドでユーザのロックを解除するか、または有効にします。

Operator 特権または All 特権を持つユーザ ID で Administration Console にアクセスできる場合は、次のいずれかのアクションを実行して、ユーザ アカウントのロックを解除するか、または有効にします。その後、設定の変更を確認します。

Administration Console でユーザ アカウントのロックを解除するには、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Performing Cisco IPICS Operator Tasks」の章にある「Locking or Unlocking a User」の項の手順に従います。

Administration Console でユーザ アカウントを有効にするには、
Cisco IPICS Server Administration Guide , Release 2.1(1) 』の「Performing Cisco IPICS Operator Tasks」の章にある「Changing User Status」の項の手順に従います。

ライセンスに関する問題のトラブルシューティング

この項では、Cisco IPICS のライセンスに関する問題のトラブルシューティングについて説明します。次のトピックを扱います。

「ライセンス ファイルをアップロードした後に表示される、ベース サーバ ライセンスが無効であることを示すメッセージの解決」

「複数のライセンス ファイルをアップロードした後、一部の機能が Administration Console に表示されない」

「サーバの IP アドレスの変更後にホスト名のミスマッチまたはライセンスのインストールの問題が発生する」

「システムの日付を変更すると、期限付きライセンスが無効になる」

「新しい期限付きライセンスをインストールした後のサーバ期限切れメッセージの抑制」

ライセンス ファイルをアップロードした後に表示される、ベース サーバ ライセンスが無効であることを示すメッセージの解決

問題 Administration > License Management ウィンドウで、Cisco IPICS サーバのライセンスをアップロードします。 Apply をクリックしてライセンスを適用した後、次のメッセージが Administration Console に継続的に表示されます。

Your system does not have a valid base server license; please upload this license file type.
 

Administration Console で、他のウィンドウに移動することができなくなります。

解決法 この状況は、次の状態が1つ以上ある場合に発生することがあります。

ライセンス ファイルが無効である。

ライセンス マネージャがライセンス ファイルを有効なファイルとして認識せず、実行しない。

ライセンス マネージャが起動しなかった。

Cisco IPICS がライセンスを格納しているディレクトリ内に不要なファイルがあるために、ライセンス マネージャの問題が発生している。


) ライセンスに関する問題は、サポートされていない方法でサーバの IP アドレスを変更した場合に発生する可能性があります。サーバの IP アドレスを変更するには、「modify_ip ツールを使用したサーバの IP アドレスの変更」で説明されている手順に従って、modify_ip コマンドを使用します。他の方法でサーバの IP アドレスを変更すると、それが原因でホストのミスマッチの問題が発生し、ライセンスが無効になる可能性があります。


これらの状態を解決するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 有効なライセンスを持っていることを確認するために、次の項目を確認します。

ライセンス ファイルの MAC アドレスが Cisco IPICS サーバの eth0 インターフェイスの MAC アドレスと一致することを確認します。eth0 インターフェイスのハードウェア MAC アドレスを特定するには、ルート ユーザ ID を使用してサーバにログインし、次のコマンドを入力します。コマンド出力の HWaddr フィールドに表示される情報に注目してください。

[root]# ifconfig eth0

ライセンス ファイルのファイル拡張子が .lic であることを確認します。

ライセンス ファイルの名前にスペースまたは特殊文字が使用されていないことを確認します。

ステップ 2 ライセンス ファイルが無効であること、またはファイル名が不適切であることが判明した場合は、有効なライセンス ファイルを購入するか、既存のファイルを新しく入手します。詳細については、『 Cisco IPICS Server Installation and Upgrade Guide, Release 2.1(1) 』の「Installing Cisco IPICS」の章にある「Obtaining Your License File」の項を参照してください。

ステップ 3 Administration Console で Administration > License Management ウィンドウに移動し、 Apply ボタンをクリックして、ライセンス マネージャを再起動します。

ステップ 4 無効なライセンスであることを示すメッセージが表示され続ける場合は、ルート ユーザ ID を使用してサーバにログインします。

ステップ 5 ライセンス ファイルのステータスを確認するには、次のコマンドを入力します。

[root]# service ipics_lm status

ステップ 6 Cisco IPICS によって表示されるメッセージに応じて、次のアクションを実行します。

次のメッセージが表示された場合は、ライセンス マネージャが動作していません。ステップ 7 に進みます。

ipics_lm is not running.
 

次のメッセージが表示された場合は、ライセンス マネージャが動作しています。ステップ 10 に進みます。

ipics_lm is running (PID 24856).
 

) ライセンス マネージャは、有効なライセンス ファイルを検出するまで起動しません。ライセンス ファイルをアップロードしてもライセンス マネージャに動作中のステータスが反映されない場合、ライセンス マネージャが有効なライセンス ファイルを認識していない可能性があります。


ステップ 7 ライセンス マネージャが動作していない場合は、次のコマンドを入力して、ライセンス マネージャを再起動します。

[root]# service ipics_lm restart

ステップ 8 ライセンス マネージャのステータスを再確認するには、次のコマンドを入力します。

[root]# service ipics_lm status

ステップ 9 表示されるメッセージに応じて、次のどちらかのアクションを実行します。

ライセンス マネージャが動作中であることを示すメッセージが表示された場合は、ステップ 10 に進みます。

ライセンス マネージャが動作していないことを示すメッセージが表示された場合は、ステップ 11 に進みます。

ステップ 10 不要なファイルがあるかどうかを確認し、それらのファイルを削除し、ライセンス ファイルをアップロードするには、次の手順を実行します。

a. ルート ユーザ ID を使用して Cisco IPICS サーバにログインします。

b. 次のコマンドを入力して、ライセンス ファイルがあるディレクトリに移動します。

[root]# cd /root/tomcat/current/webapps/license

c. 次のコマンドを入力して、 /root/tomcat/current/webapps/license ディレクトリにあるすべてのライセンス ファイルを削除します。

[root]# rm *.lic

d. 各ライセンス ファイルの削除を確認するように求められたら、 yes と入力します。


) このディレクトリにあるその他のファイルを削除しないように注意してください。このディレクトリにある cisco.opt ファイルは、Cisco IPICS の正常な動作のために必要です。


e. Cisco IPICS Server Installation and Upgrade Guide, Release 2.1(1) 』の「Installing Cisco IPICS」の章にある「Uploading the Cisco IPICS License Files」の項で説明されている手順に従って、ライセンス ファイルをアップロードします。


) 各ファイルをアップロードした後に、必ず Apply をクリックしてください。


ステップ 11 それでもライセンス ファイルをアップロードできない場合は、次の手順を実行します。

a. 次のコマンドを入力して、診断情報とログ情報が記録されたログ ファイルおよび .tar ファイルを作成します。

[root]# /opt/cisco/ipics/bin/diagnosticscript < output-file-name > .log < tar-file-name > .tar

表示の意味は次のとおりです。

< output-file-name > .log はログ ファイルに付ける名前で、< tar-file-name > .tar は .tar ファイルに付ける名前です。

b. Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Understanding Cisco IPICS Serviceability and Diagnostic Information」の章にある「Downloading the Server Diagnostic Information」の項で説明されている手順に従って、ステップ a. で作成した .tar ファイルを PC に保存します。

c. 何かご不明な点があれば、シスコのサポート担当者にご連絡ください。その際、.tar ファイルの提出を求められる場合があります。


 

複数のライセンス ファイルをアップロードした後、一部の機能が Administration Console に表示されない

問題 複数のライセンス ファイルをアップロードしましたが、ライセンスを付与された機能のうち、一部の機能が Administration > License Management ウィンドウの要約に表示されません。

解決法 ライセンス マネージャが各ライセンスを正しく読み取ることができるように、次のアクションを実行して、ライセンス ファイルの名前がサーバの eth0 インターフェイスの MAC アドレスと一致するようにします。

手順


ステップ 1 ルート ユーザ ID を使用して Cisco IPICS サーバにログインします。

ステップ 2 次のコマンドを入力して、ライセンス ファイルがあるディレクトリに移動します。

[root]# cd tomcat/current/webapps/license

ステップ 3 次のコマンドを入力して、 tomcat/current/webapps/license ディレクトリにあるすべてのライセンス ファイルを削除します。

[root]# rm *.lic

ステップ 4 各ライセンス ファイルの削除を確認するように求められたら、 yes と入力します。


) このディレクトリにあるその他のファイルを削除しないでください。


ステップ 5 Administration Console で、 Administration > License Management ウィンドウに移動します。

ステップ 6 Cisco IPICS Server Installation and Upgrade Guide, Release 2.1(1) 』の「Installing Cisco IPICS」の章にある「Uploading the Cisco IPICS License Files」の項で説明されている手順に従って、ライセンス ファイルをアップロードします。


) 各ライセンス ファイルに正しい MAC アドレスがあることを確認してください。



 

サーバの IP アドレスの変更後にホスト名のミスマッチまたはライセンスのインストールの問題が発生する

問題 IP アドレスを変更してサーバをリブートした後に、ライセンス ファイルを適用できません。Administration Console に次のメッセージが継続的に表示されます。さらに、 Administration > License Management ウィンドウを除き、Administration Console のどの領域にも移動できなくなります。

Your system does not have a valid base server license; please upload this license file type.
 

解決法 IP アドレスの変更方法によっては、/etc/hosts ファイルが更新されないことがあります。その結果、ホストのミスマッチなどの IP 接続の問題が発生することがあります。Cisco IPICS ですべての IP アドレスの変更が適切に処理されるようにするには、「modify_ip ツールを使用したサーバの IP アドレスの変更」で説明されている手順に従って、 modify_ip ツールだけを使用して IP アドレスを変更します。

システムの日付を変更すると、期限付きライセンスが無効になる

問題 サーバの日付を変更すると、期限付きライセンスが無効になります。

解決法 オペレーティング システムでシステムの日付をライセンスの開始日より前の日付に変更した場合、Cisco IPICS は期限付きライセンスを無効にすることがあります。ライセンスが無効になると、Cisco IPICS システムが動作不能になります。


) システムの日付の変更を有効にするには、ライセンス マネージャを再起動するか、サーバをリブートする必要があります。


このようなシステムの日付の変更に関する問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 ターミナル ウィンドウを開き、ルート ユーザ ID を使用してログインします。

ステップ 2 次のコマンドを入力して、システムの日付をシステムの開始日より後の日付に変更します。

[root]# date mmddyyyy

表示の意味は次のとおりです。

mmddyyyy は現在の日付です。

ステップ 3 次のコマンドを入力して、ライセンス マネージャを再起動します。

[root]# service ipics_lm restart


 

新しい期限付きライセンスをインストールした後のサーバ期限切れメッセージの抑制

問題 既存の期限付きライセンスがある場合に、新しい期限付きライセンスをサーバにインストールします。インストール後、ライセンスの期限切れが近づいていることを知らせる警告メッセージが継続的に表示されます。

解決法 ライセンス期限切れの警告メッセージは、他の期限付きライセンスをサーバから削除していない場合に表示されることがあります。この警告メッセージを抑制するには、次の手順を実行して、期限切れが近づいている期限付きライセンスを削除します。

手順


ステップ 1 ターミナル ウィンドウを開き、ルート ユーザ ID を使用してログインします。

ステップ 2 次のコマンドを入力して、Cisco IPICS がライセンス ファイルを格納しているディレクトリに移動します。

[root]# cd tomcat/current/webapps/license

ステップ 3 次のコマンドを入力して、ライセンス ファイルを表示します。

[root]# ls -l *.lic

ライセンス ファイルが表示されます。ライセンスが最後に変更された日付と時刻も示されます。

ステップ 4 不要になったライセンスを書き留めます。

ファイル情報とともに表示される日付と時刻は、削除する必要のあるファイルの特定に役立ちます。

ステップ 5 次のコマンドを入力して、不要なライセンス ファイルを削除します。

[root]# rm < licensefilename > .lic

表示の意味は次のとおりです。

< licensefilename > .lic は、削除するライセンス ファイルの名前です。


注意 cisco.opt ファイルを削除しないように注意してください。このファイルは、Cisco IPICS の正常な動作のために必要です。

ステップ 6 削除する必要のあるライセンス ファイルごとにステップ 5 を繰り返します。

ステップ 7 次のコマンドを入力して、サーバを再起動します。

ステップ 8 [root]# service ipics restart

ステップ 9 IPICS ユーザ ID を使用して Administration Console にログインし、 Administration > License Management ウィンドウに移動します。

ステップ 10 ライセンスの削除をシステム設定に適用するために、 Apply をクリックします。

ステップ 11 ライセンスの期限切れが近づいていることを示すメッセージが表示された場合は、 Dismiss Warnings をクリックします。


 

ポリシー エンジンの問題のトラブルシューティング

この項では、ポリシー エンジンの問題のトラブルシューティングについて説明します。次のトピックを扱います。

「プロンプトを含む大きな zip 圧縮ファイルをアップロードするとエラーが発生する」

「ipics.log ファイル内に IppeAgentImpl ERROR メッセージが表示される」

「ポリシー エンジンとプロンプト マネージャの間の通信問題の解決」

「ダイヤルイン発信者が保留機能またはコール ウェイティング機能を使用した後に再接続できない問題の解決」

「ダイヤルイン コールの接続が失敗する問題のトラブルシューティング」

「ダイヤルアウト招待が失敗する問題のトラブルシューティング」

「ダイヤルアウト通知が失敗する問題のトラブルシューティング」

「異なる ops ビューのユーザ間のダイヤルアウト通知が失敗する問題のトラブルシューティング」

「ダイヤル エンジンおよびサブシステム マネージャの PARTIAL_SERVICE ステータスについて」

「SIP サブシステムの SHUTDOWN ステータスの分析」

プロンプトを含む大きな zip 圧縮ファイルをアップロードするとエラーが発生する

問題 Administration Console で、ダイヤル エンジンのプロンプトを含む大きな zip 圧縮ファイルをアップロードしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

The form could not be properly constructed.
 

Serviceability > System Logs ウィンドウでシステム ログを表示すると、次のエラー メッセージが表示されます。

java.lang.IllegalArgumentException: invalid directory: \\CHANNEL\
at com.cisco.file.File.<init>(L885)
at com.cisco.file.File.<init>(L724)
at com.cisco.ivr.config.api.impl.ManageRepositoryAPI.getFileList(L143)
at com.cisco.ivr.config.api.impl.ManagePrompts.getFileList(L383)
at com.cisco.ivr.config.api.impl.ManagePrompts.getPromptList(L369)
at com.cisco.ipics.ippe.dialengine.promptmanagement.handlers.PromptHandler.getPromptList(L215)
at com.cisco.ipics.ippe.dialengine.promptmanagement.actions.PromptAction.doInit(L444)
at com.cisco.ipics.ippe.dialengine.promptmanagement.actions.PromptAction.unspecified(L152)
 

解決法 Cisco IPICS が処理できるサイズより大きい zip 圧縮ファイルをアップロードしようとしました。Cisco IPICS でアップロードできる zip 圧縮ファイルの最大サイズは 1,024 MB(1 GB)です。この問題を解決するには、最大サイズ以下の zip 圧縮ファイルを作成するか、zip 圧縮ファイルを最大サイズ以下の zip 圧縮ファイルに分割してから、アップロード プロセスを再試行します。

ipics.log ファイル内に IppeAgentImpl ERROR メッセージが表示される

問題 Administration Console の Serviceability > System Logs ウィンドウにあるシステム ログを表示すると、次の例のようなエラー メッセージが表示されます。

2007-02-06 21:19:45,000 [http-8443-Processor68] ERROR IppeAgentImpl:200 - com.cisco.ipics.ippe.communicator.subsystem.IppeSubsystemRemoteService
 

解決法 テキスト内の IppeAgentImpl を含むエラー メッセージは、システムが Cisco IPICS ポリシー エンジンに接続できなかったことを示しています。このメッセージが表示されるのは、システムでポリシー エンジンがライセンスされていない場合か、またはポリシー エンジン プロセスが開始しなかった場合です。


) ipics.log ファイルで INFO と表示されているメッセージは、情報提供のみを目的としており、ポリシー エンジンの問題を示すものではありません。


ポリシー エンジンがシステムにライセンスされていない場合、アクションを実行する必要はありません。システムにライセンスされているかどうかを確認し、ポリシー エンジンのステータスを確認するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Administration Console の Server タブで Administration > License Management > Summary ウィンドウに移動して、ポリシー エンジンがシステムにライセンスされていることを確認します。

ステップ 2 Policy Engine Base License フィールドで、ライセンスのステータスを確認します。

フィールドに Not Licensed というステータスが表示された場合、通常は IppeAgentImpl メッセージがログに表示されます。アクションを実行する必要はありません。

フィールドに Licensed というステータスが表示された場合は、ステップ 3 に進みます。

ステップ 3 次の手順を実行して、ポリシー エンジン プロセスが動作しているかどうかを確認し、必要に応じてプロセスを再起動します。

a. ターミナル ウィンドウを開き、ルート ユーザ ID を使用してサーバにログインします。

b. ポリシー エンジン プロセスのステータスを確認するには、次のコマンドを入力します。

[root]# service ippe_dial_engine status

ポリシー エンジン プロセスが動作している場合、Cisco IPICS は次のテキストのような情報を表示します。

CVD process (pid 7606) is running...
Engine process (pid 7714) is running...

ポリシー エンジン プロセスが動作していない場合、Cisco IPICS は次のテキストのような情報を表示します。

CVD process is NOT running...
Engine process is NOT running...
 

c. ポリシー エンジン プロセスが動作していない場合は、次のコマンドを入力してプロセスを起動します。

[root]# service ippe_dial_engine start

各プロセスが起動すると、Cisco IPICS が [OK] というメッセージを表示します。

d. service ippe_dial_engine status コマンドを再度入力して、ポリシー エンジンのステータスを確認します。

e. ポリシー エンジン プロセスが動作していない場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。


 

ポリシー エンジンとプロンプト マネージャの間の通信問題の解決

問題 ポリシー エンジンに関するエラーが発生すると、次に示すようなメッセージが Serviceability > System Logs ウィンドウまたは ipics.log ファイルに表示されます。

2006-08-18 14:20:53,961 [http-8443-Processor25] ERROR PromptUtil:200 - Unable to communicate with prompt manager.
2006-08-18 14:20:53,962 [http-8443-Processor25] ERROR PromptUtil:200 - Unable to communicate with prompt manager.
2006-08-18 14:20:56,747 [http-8443-Processor21] ERROR PromptUtil:200 -
 

解決法 この状況は、ポリシー エンジン プロセスが動作していないことを示しています。ポリシー エンジン プロセスを起動するには、「手動でのダイヤル エンジンの起動」で説明されている手順を実行します。

ダイヤルイン発信者が保留機能またはコール ウェイティング機能を使用した後に再接続できない問題の解決

問題 Cisco Unified IP Phone でチャネルにダイヤルインして接続した後で、別のコールが着信します。次に、ダイヤルイン コールを保留にし、コール ウェイティング機能を使用して着信コールに応答します。チャネルに再接続しようとすると、無音状態がしばらく続いた後、ファースト ビジー トーンが聞こえます。

解決法 Cisco Unified IP Phone で保留またはコール ウェイティング機能を使用するには、Media Termination Point(MTP; メディア ターミネーション ポイント)リソースが必要です。保留またはコール ウェイティング機能の使用後にダイヤルイン コールに正常に再接続するには、MTP リソースが SIP プロバイダー(たとえば、Cisco Unified Communications Manager)内に存在する必要があります。

ダイヤルイン コールに正常に再接続するには、MTP リソースを SIP プロバイダーに追加するか、または MTP リソースを別のソースから割り当てられるように SIP プロバイダーを設定します。SIP プロバイダーの設定方法の詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring and Managing the Cisco IPICS Policy Engine」の章にある「Configuring the SIP Provider」の項を参照してください。

ダイヤルイン コールの接続が失敗する問題のトラブルシューティング

問題 Cisco IPICS ポリシー エンジンにコールしたとき、コールが接続されません。代わりに、ファースト ビジー トーン、またはコールを完了できないことを示すメッセージが聞こえます。

解決法 次の状態が 1 つ以上あると、ダイヤルイン コールが接続されないことがあります。

ダイヤル エンジンまたは ops ビューの設定が誤っている。

SIP 設定の変更を行った後に、ポリシー エンジンを手動で再起動していない。

bind control source-interface Loopback0 コマンドが RMS 設定に正常に適用されていない。

RMS のダイヤル ピア設定が不完全であるか、誤っている。ダイヤルイン コールおよびダイヤルアウト コールに関する問題は、誤ったダイヤル ピアや不適切に設定されたダイヤル ピアが原因で発生する可能性があります。Cisco IPICS 用のダイヤル ピアの設定については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring the Cisco IPICS RMS Component」の章を参照してください。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Server タブの Configuration > Ops Views ウィンドウに移動し、ops ビューの設定を調べて、ダイヤル番号とダイヤル ポートが ops ビューに関連付けられていることを確認します。

Ops Views ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 次の手順を実行して、ops ビューの設定にダイヤルイン番号が存在するかどうかを確認し、存在しない場合は、番号を入力します。

a. ops ビューの名前をクリックします。

Ops Views > < opsviewname > ウィンドウが表示されます。

b. General タブの Dial Number フィールドを調べ、ops ビューの設定にダイヤルイン番号が存在するかどうかを確認します。

c. Dial Number フィールドが空の場合は、このフィールドにダイヤルイン情報を入力します。

ops ビューに対するダイヤルイン番号の追加方法については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring and Managing Cisco IPICS Operational Views」の章にある「Performing Ops Views Tasks」の項を参照してください。

ステップ 3 License Allocation ペインの Dial Ports フィールドを表示して、ダイヤル ポート ライセンスが ops ビューに割り当てられているかどうかを確認します。

ステップ 4 Dial Ports フィールドの数字が 0 の場合は、数を増やして、十分なライセンスを ops ビューのダイヤル ポートに割り当てます。

ダイヤル ポートを ops ビューに割り当てる方法については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring and Managing Cisco IPICS Operational Views」の章にある「Allocating Dial Ports for the Dial-In/Invite and Notification Features」の項を参照してください。

ステップ 5 次のフィールドを表示して、ops ビューにダイヤルイン コール用のダイヤル ポートが十分に存在することを確認します。

Dial ports reserved for dial-in/invite feature

Dial ports reserved for dial-in/invite or notifications

ステップ 6 ステップ 5 でフィールドに表示されたポートの数がゼロの場合は、 Dial ports reserved for notifications フィールド内のポートの数を減らしてから、次のどちらかのアクションを実行します。

削除したポートを Dial ports reserved for dial-in/invite feature フィールドに追加する。

アクションは実行しない。Cisco IPICS は、ユーザが削除したポートを、ダイヤルイン/招待機能および通知用に予約されたポートの総数に追加します。

ステップ 7 Dial Engine > SIP Configuration ウィンドウに移動して、SIP プロバイダーのホスト、ユーザ名、およびパスワードを指定してあることを確認してから、SIP Provider Configuration ペインに表示されるフィールドを確認します。

ステップ 8 SIP Configuration ウィンドウに表示されないフィールドや誤ったフィールドがある場合は、それらのフィールドを追加または変更します。

SIP の設定方法の詳細については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring and Managing the Cisco IPICS Policy Engine」の章にある「Configuring SIP」および「Configuring the SIP Provider」の項を参照してください。

ステップ 9 次の手順を実行して、正しい SIP 設定が RMS に適用されたことを確認します。


) RMS にアクティブなコールまたは固定接続がある間に bind control source-interface Loopback0 コマンドを入力すると、RMS は実行設定にコマンドを適用しません。この状況では、ダイヤル エンジン電話番号にコールすると、ファースト ビジー トーンが聞こえます。また、Cisco IOS SIP デバッグ ログに、ダイヤル エンジンからの SIP 403(禁止)メッセージが表示されます。


a. RMS にログインします。

b. 特権モードで次のコマンドを入力して、RMS の実行設定に bind control source-interface Loopback0 コマンドが適用されたことを確認します。

Router# show running-config | include bind control source-interface

c. 実行設定に bind control source-interface コマンドが存在する場合は、ステップ 10 に進みます。実行設定に bind control source-interface コマンドが存在しない場合は、次のステップに進んでコマンドを追加します。

d. 次のコマンドを入力し、Total call-legs フィールドに表示される出力を調べて、RMS 上にアクティブなコールがあるかどうかを確認します。

Router# show call active voice brief

e. Total call-legs フィールドにゼロが表示された場合は、ステップ g. に進みます。このフィールドにゼロより大きい値が表示された場合は、アクティブなコールの音声ポート コンフィギュレーション モードに移行してから、次のコマンドを入力して、音声ポートをオフラインにし、アクティブな音声コールを取り消します。


) 次のコマンドは、音声ポートをアウト オブ サービスにします。このコマンドを入力するのは、メンテナンスの時間帯またはその他のオフピーク時にしてください。


Router(config-voiceport)# shutdown

f. アクティブなコールがすべてオフラインになるまで、ステップ e を繰り返します。

g. SIP コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力して、SIP シグナリング パケットの送信元アドレスを Loopback0 インターフェイスの IP アドレスにバインドします。

Router(conf-serv-sip)# bind control source-interface Loopback0

h. 音声ポートをオンラインに戻すには、音声ポート コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

Router(config-voiceport)# no shutdown

i. この手順で実行した SIP 設定の変更が出力に反映されることを確認するには、次のコマンドを入力します。

Router# show running-config | include bind control source-interface

j. RMS の設定を更新するには、次のコマンドを入力します。

Router# copy running-config startup-config


) RMS の設定方法の詳細については、『Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1)』の「Configuring the Cisco IPICS RMS Component」の章を参照してください。


ステップ 10 SIP 設定に変更を加えた場合は、次の手順を実行して、ポリシー エンジンと Tomcat サービスを再起動する必要があります。

a. ルート ユーザ ID を使用して Cisco IPICS サーバにログインします。

b. ポリシー エンジンおよび Tomcat サービスを再起動するには、次のコマンドを入力します。

[root]# service ipics restart


service ipics restart コマンドを入力した場合、Cisco IPICS は、アクティブなダイヤルインまたはダイヤルアウト コールをすべて取り消します。


ステップ 11 それでもダイヤルインの失敗の原因を特定できない場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。


 

ダイヤルアウト招待が失敗する問題のトラブルシューティング

問題 Cisco IPICS システムからダイヤルアウト招待を送信できません。

解決法 Cisco IPICS のダイヤルアウト招待またはダイヤルアウト通知に関する設定が誤っている可能性があります。設定を確認し、見つかった問題をすべて修正するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 次の手順を実行して、発信ダイヤル番号が設定されていることを確認します。

a. Policy Engine タブから、 Dial Engine > Dial Engine Parameters ウィンドウに移動します。

b. Outbound Dial Number フィールドを調べ、発信ダイヤル番号が設定されているかどうかを確認します。

c. Outbound Dial Number フィールドに有効な番号が存在しなければ、発信ダイヤル番号を作成します。手順については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring and Managing the Cisco IPICS Policy Engine」の章にある「Configuring Dial Engine Parameters」の項を参照してください。

ステップ 2 ダイヤルアウト招待用に設定されたポートが存在するかどうかを確認するために、Server タブの Configuration > Ops Views > < opsviewname > ウィンドウに移動します。

ステップ 3 ウィンドウ内の次のフィールドを調べ、ダイヤルアウト招待用のポートが存在するかどうかを確認します。

Dial ports reserved for dial-in/invite feature

Dial ports reserved for dial-in/invite or notifications

ステップ 4 両方のフィールドでポートの数がゼロの場合は、次の手順を実行して、ダイヤルイン/招待機能用のポートを追加します。

a. Dial ports reserved for notifications フィールド内のポートの数を減らします。

b. 次のいずれかのアクションを実行します。

削除したポートを Dial ports reserved for dial-in/invite feature フィールドに追加する。

アクションは実行しない。Cisco IPICS は、ユーザが削除したポートを、ダイヤルイン コール、招待、または通知用に予約されたポートの総数に追加します。


 

ダイヤルアウト通知が失敗する問題のトラブルシューティング

問題 ダイヤルアウト通知が完了しません。電子メール、SMS、ポケットベル、または電話機によるメッセージをユーザに送信できません。

解決法 ダイヤルアウト通知に関する設定が誤っている可能性があります。設定を確認し、見つかった問題をすべて修正するには、次の手順を実行します。


) ダイヤルアウト通知を ops ビュー間で実行している場合は、「異なる ops ビューのユーザ間のダイヤルアウト通知が失敗する問題のトラブルシューティング」を参照してください。


手順


ステップ 1 通知がダイヤルアウト通知の場合は、「ダイヤルアウト招待が失敗する問題のトラブルシューティング」ステップ 1 を実行して、発信ダイヤル番号が設定されていることを確認します。

ステップ 2 通知が電子メール、SMS、またはテキストベースのポケットベル通知である場合は、次の手順を実行して、SMTP サーバおよび送信者の電子メール アドレスが設定されていることを確認します。

a. Policy Engine タブから、 Dial Engine > Dial Engine Parameters ウィンドウに移動します。

b. Outbound Dial Number フィールドを調べ、電子メール通知用の SMTP サーバが設定されていることを確認します。

c. Sender Email Address フィールドを調べ、サーバの電子メール アドレスが設定されていることを確認します。

d. 必要に応じて、SMTP サーバまたは送信者の電子メール アドレスを追加します。手順については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring and Managing the Cisco IPICS Policy Engine」の章にある「Configuring Dial Engine Parameters」の項を参照してください。

ステップ 3 ダイヤルアウト通知用のポートが設定されていることを確認するために、Server タブの Configuration > Ops Views > < opsviewname > ウィンドウに移動します。

ステップ 4 ウィンドウ内の次のフィールドを調べ、ダイヤルアウト通知用のポートが設定されていることを確認します。

Dial ports reserved for notifications

Dial ports reserved for dial-in/invite or notifications

ステップ 5 通知用に予約されたダイヤル ポート( Dial ports reserved for notifications フィールドと Dial ports reserved for dial-in/invite or notifications フィールドで指定されたポート)の数がゼロの場合は、次の手順を実行して、通知用のポートを追加します。

a. Dial ports reserved for dial-in/invite feature フィールド内のポートの数を減らします。

b. 次のいずれかのアクションを実行します。

削除したポートを Dial ports reserved for dial-in/invite feature フィールドに追加する。

アクションは実行しない。Cisco IPICS は、ユーザが削除したポートを、ダイヤルイン コール、招待、または通知用に予約されたポートの総数に追加します。


 

異なる ops ビューのユーザ間のダイヤルアウト通知が失敗する問題のトラブルシューティング

問題 異なる ops ビューに属するユーザ間で、ダイヤルアウト招待および通知が完了しません。ダイヤルアウト メッセージの受信側のユーザが認証しようとすると、ユーザ ID または Personal Identification Number(PIN; 個人識別番号)が無効であることを示すエラー メッセージが表示されます。

解決法 ポリシーを ops ビューに関連付けた場合、そのポリシーは、その ops ビューに属するユーザだけに適用されます。ポリシー内のすべてのユーザが同じ ops ビューに属するようにしてください。

異なる ops ビューに属するユーザをポリシーに関連付けることはできません。たとえば、ポリシーを police ops ビューに関連付けた場合は、police ops ビューに属するユーザだけを、ダイヤルアウト招待および通知を含むポリシーに関連付けてください。


) このポリシーと ops ビューとの関連付け情報は、すべてのユーザが属する
SYSTEM ops ビューには適用されません。ops ビューの詳細については、『Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1)』の「Configuring and Managing Cisco IPICS Operational Views」の章を参照してください。


ダイヤル エンジンおよびサブシステム マネージャの PARTIAL_SERVICE ステータスについて

問題 ダイヤル エンジンおよびサブシステム マネージャが
PARTIAL_SERVICE ステータスを表示します。このリリースでは、完全に機能するシステムのステータスが PARTIAL_SERVICE と表示されます。これは、システムが適切に設定されていて、正常に動作していることを示しています。

解決法 SIP サブシステムおよび IPPE サブシステムのステータスが
IN_SERVICE と表示されれば、ダイヤル エンジンおよびサブシステム マネージャは正常に動作しています。Policy Engine タブで Dial Engine > Control Center > Status ウィンドウに移動して、SIP サブシステムおよび IPPE サブシステムのステータスを確認します。


) SIP サブシステムのステータスは、設定するまで、SHUTDOWN と表示されます。


SIP サブシステムの SHUTDOWN ステータスの分析

問題 SIP の設定を更新した後、SIP サブシステムのステータスが SHUTDOWN と表示されます。

解決法 この状況の原因としては、SIP の設定が誤っていること、または SIP の設定に対する変更を保存した後に Cisco IPICS を再起動しなかったことが考えられます。SIP サブシステムが適切に設定されていて動作可能な場合は、IN_SERVICE ステータスが表示されます。

SIP の設定に関する問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Dial Engine > Control Center > Status ウィンドウに移動して、SIP 設定のステータスを確認します。

SIP サブシステムのステータスが SHUTDOWN と表示される場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 Dial Engine > SIP Configuration ウィンドウで、すべての必須フィールドを設定したことを確認します。SIP サブシステムの設定方法については、『 Cisco IPICS Server Administration Guide, Release 2.1(1) 』の「Configuring and Managing the Cisco IPICS Policy Engine」の章にある「Configuring the SIP Provider」の項を参照してください。

ステップ 3 SIP サブシステムのステータスが SHUTDOWN と表示され続ける場合は、次の手順を実行して、ポリシー エンジンと Tomcat サービスを再起動します。

a. ルート ユーザ ID を使用して Cisco IPICS サーバにログインします。

b. ポリシー エンジンおよび Tomcat サービスを再起動するには、次のコマンドを入力します。

[root]# service ipics restart


) SIP サブシステムの設定に変更を加えた後は、IPICS サービスを再起動する必要があります。


ステップ 4 SIP サブシステムのステータスが SHUTDOWN と表示され続ける場合は、シスコのサポート担当者にご連絡ください。