Cisco IPICS Serverインストレーション ガイド Release 2.0(1)
Cisco IPICS のアンインストール
Cisco IPICS のアンインストール
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 798KB) | フィードバック

目次

Cisco IPICS のアンインストール

サーバ上での Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのアンインストール

Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのリモート アンインストール

Cisco IPICS のアンインストール

この章では、Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのアンインストールに必要な手順について説明します。アンインストールは、次のいずれかの方法で実行できます。

コンソール端末を使用して、Cisco IPICS サーバから実行する

SSH Secure Shell Client ソフトウェア(または同等の機能を備えたソフトウェア)を使用して、ネットワーク上のリモート PC から実行する

この章は、次の項で構成されています。

「サーバ上での Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのアンインストール」

「Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのリモート アンインストール」


) Cisco IPICS をアンインストールすると、Cisco IPICS のコンポーネントおよびインストール中に作成されたディレクトリがすべて削除されます。Cisco IPICS を後で再インストールする場合は、アンインストール プロセスを開始する前に、データベースとログ ファイルをバックアップすることをお勧めします。


ファイルのバックアップについては、『 Cisco IPICS Server Administration Guide Release 2.0(1) 』の「Performing Cisco IPICS Backup and Restore Operations」の章を参照してください。


Cisco IPICS ソフトウェアをアンインストールおよび再インストールするときは、通信が一時的に中断します。Cisco IPICS ソフトウェアを再インストールするときは、RMS リソースを使用する VTG と SIP ベース PMC クライアントの接続が解除されます。これは、音声ポートが削除されるためです。


サーバ上での Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのアンインストール

Cisco IPICS を Cisco IPICS サーバ上で直接アンインストールするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 コンソール端末を使用して、Cisco IPICS サーバにアクセスします。

次のメッセージが表示されます。

Cisco IPICS

hostname login:

表示の意味は次のとおりです。

hostname は、Cisco IPICS サーバのホスト名です。

ステップ 2 hostname login: フィールドに root と入力し、 Enter キーを押します。

ルート ユーザのパスワードを入力するように求められます。

ステップ 3 ルート ユーザのパスワードを入力し、 Enter キーを押します。

ステップ 4 アンインストーラ ファイルのあるディレクトリに移動するには、次のコマンドを入力します。

[root]# cd _uninstall_IPICS

ステップ 5 アンインストール プロセスを開始するには、次のコマンドを入力します。

[root]# bash uninstall-ipics

次のメッセージが表示され、アンインストール プロセスを実行するかどうかを確認するように求められます。

Do you want to remove Cisco IPICS software?(YES/NO):
 

ステップ 6 コマンドラインに YES と入力し、 Enter キーを押します。

アンインストール プロセスが開始されます。


) Cisco IPICS のアンインストール プロセスによって、Cisco IPICS ソフトウェアは完全に削除され、サーバに格納した Cisco IPICS の設定データもすべて削除されることに注意してください。データを保管する必要がある場合は、まずデータをリモート ホストにバックアップし、その後でソフトウェアをアンインストールすることをお勧めします。データのバックアップの詳細については、『Cisco IPICS Server Administration Guide Release 2.0(1)』の「Performing Cisco IPICS Backup and Restore Operations」の章を参照してください。

データのコピーを保存後、アンインストール プロセスを再開できます。


アンインストーラによって、Cisco IPICS コンポーネントのアンインストールが開始されます。

ファイルの削除が完了すると、サーバをリブートするように求めるメッセージが表示されます。

ステップ 7 YES と入力して、システムをリブートします。

システムがリブートすると、Cisco IPICS サーバ ソフトウェアの削除が完了します。


 

Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのリモート アンインストール

Cisco IPICS サーバ ソフトウェアをネットワーク上の PC を使用してアンインストールするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Start > Programs > SSH Secure Shell > Secure Shell Client を選択して SSH Secure Shell Client ソフトウェアを使用するか、同等の機能を備えたソフトウェアを使用して、ローカル ワークステーションからサーバに接続します。

SSH Secure Shell Client ソフトウェアのウィンドウが表示されます。PC のデスクトップが左側のペインに表示されます。

ステップ 2 サーバ IP アドレスの入力ウィンドウを開くには、ボタン メニューにある Quick Connect をクリックします。

Connect to Remote Host ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Host フィールドに、Cisco IPICS サーバの IP アドレスまたは DNS 名を入力します。次に、 Tab キーを押します。

ステップ 4 User Name フィールドに root と入力します。次に、 Connect をクリックします。

Enter Password ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 ルートのパスワードを入力し、 OK をクリックします。

SSH Secure Shell Client が Cisco IPICS サーバに接続して、ルート ユーザ用のコマンド プロンプトを表示します。

ステップ 6 ディレクトリを変更するには、次のコマンドを入力します。

[root]# cd _uninstall_IPICS

ステップ 7 アンインストール プロセスを開始するには、次のコマンドを入力します。

[root]# bash uninstall-ipics

次のメッセージが表示され、アンインストール プロセスを実行するかどうかを確認するように求められます。

Do you want to remove Cisco IPICS software?(YES/NO):
 

ステップ 8 コマンドラインに YES と入力します。

アンインストール プロセスが開始されます。


注意 Cisco IPICS のアンインストール プロセスによって、Cisco IPICS ソフトウェアは完全に削除され、サーバに格納した Cisco IPICS の設定データもすべて削除されることに注意してください。データを保管する必要がある場合は、まずデータをリモート ホストにバックアップし、その後でソフトウェアをアンインストールすることをお勧めします。データのバックアップの詳細については、『Cisco IPICS Server Administration Guide Release 2.0(1)』の「Performing Cisco IPICS Backup and Restore Operations」の章を参照してください。

データのコピーを保存後、アンインストール プロセスを再開できます。

アンインストーラによって、Cisco IPICS コンポーネントのアンインストールが開始されます。

ファイルの削除が完了すると、サーバをリブートするように求めるメッセージが表示されます。

ステップ 9 YES と入力して、システムをリブートします。

システムがリブートすると、Cisco IPICS サーバ ソフトウェアの削除が完了します。

ステップ 10 SSH Secure Shell Client ウィンドウを閉じるには、 X をクリックします。