Cisco IPICS Server インストレーション アッ プグレード ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

はじめに

はじめに

対象読者

マニュアルの構成

マニュアルの注意事項および表記法

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

はじめに

はじめに

このマニュアルには、Cisco IP Interoperability and Collaboration System(以後「 Cisco IPICS 」と記述)リリース ソフトウェアのインストールに必要な情報が記載されています。システム管理者はこのマニュアルの内容を確認し、Cisco IPICS サーバのソフトウェアをインストールする方法について、またインストール中やインストール後に発生する可能性のあるエラーを回復する方法について学習する必要があります。

対象読者

このマニュアルは、Cisco IPICS オペレーティング システムおよび Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのインストール、設定、操作、および更新を行うシステム管理者を対象とします。

マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

第 1 章「概要」

Cisco IPICS ソフトウェアのインストールの概要について説明します。この章では、Cisco IPICS のシステム要件に関する情報についても説明します。

第 2 章「Cisco IPICS のインストール」

この章では、Cisco IPICS オペレーティング システムおよび Cisco IPICS サーバ ソフトウェアとそのコンポーネントのインストールに必要な手順について説明します。

第 3 章「Cisco IPICS のアップグレード」

この章では、Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのアップグレードに必要な手順について説明します。

第 4 章「Cisco IPICS のアンインストール」

この章では、Cisco IPICS サーバ ソフトウェアのアンインストールに必要な手順について説明します。

第 5 章「Cisco IPICS のインストールにおける問題のトラブルシューティング」

この章には、ユーザが直面する可能性のある、サーバのインストールに関するトラブルシューティングのヒントを収録しています。

マニュアルの注意事項および表記法

このマニュアルは、手順および説明に次の表記法を使用しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

 

表 1 表記法

表記法
説明

太字

コマンドおよびキーワードは、 太字 で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定するコマンド入力は、 イタリック体 で示しています。

[ ]

省略可能なキーワード、およびシステム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

{ x | x | x }

複数の中から選択するキーワード( x で表記)は、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。いずれか 1 つを必ず選択します。

ストリング

引用符を付けない一組の文字。ストリングの前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めてストリングとみなされます。

^、Ctrl

Ctrl キーを表します。たとえば、 ^D または Ctrl+D と表記されている場合は、Ctrl キーを押しながら D キーを押します。

screen フォント

画面に表示される情報の例を表します。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、 太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体の screen フォントで示しています。

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

『What's New in Cisco Product Documentation』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。