Cisco IPICS ソリューション リファレンス ネットワーク デザイン(SRND) Release 2.1(1)
索引
A
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

A

ARP コマンド  8-6

Assured Forwarding  4-45

ATM とフレームリレーのサービス インターワーキング(SIW)  7-3

C

Cisco Hoot & Holler

LMR とともに使用  3-1

チャネルの混合  2-16

Cisco IOS

LMR ゲートウェイの設定  3-8

キューイング技術  4-34

調停アルゴリズム  2-16

Cisco IP Interoperability and Collaboration System

「Cisco IPICS」を参照

Cisco IPICS

WAN 配置に関する問題  4-2

概要  1-1

コーデック  4-5

混合のための RMS の設定  2-18

コンポーネント

Cisco IPICS サーバ  1-4

Cisco Unified IP Phone ゲートウェイ  1-5

LMR ゲートウェイ  1-5

PMC  1-4

RMS  1-4, 2-2

概要  1-3

ネットワーク コンポーネント  1-5

サポートされる音声ストリーム  2-11

市場  1-2

単一サイト モデル  7-1

配置モデル  7-1

マルチサイト モデル  7-3

利点  1-2

Cisco IPICS キャパシティ  6-3

Cisco IPICS サーバ  1-4

Cisco Multicast Manager(CMM)  4-52

Cisco Security Agent(CSA)  4-50

Cisco Unified Communications Manager  2-41

Cisco Unified Communications Manager Express  2-41, 2-42

Cisco Unified IP Phone

Cisco Communications Manager Express の設定  2-41

Cisco IPICS での~の設定  2-41

Cisco Unified Communications Manager の設定  2-41

概要  1-5

サービス  2-41

Compressed RTP(cRTP)  4-7

cRTP  4-8

D

dense モード(DM)  4-3

DS0

Sizing に関する考慮事項  6-3

使用状況  6-2

チャネルの混合での使用  2-14

チャネルの最適化  2-11

リソース  2-21

リソースが不要な状況  2-22

リソースの消費  2-8, 2-9, 2-23

リソースの節約  6-3

リソースの割り当て  2-10, 2-25

リモート ロケーションの要件  2-10

ループバック チャネル  2-2

割り当て  2-2

DSCP Per-Hop Behavior(FIB)  4-44

DSP

信号検出  4-9

チャネルの最適化  2-11

dspfarm  2-11

E

E1 インターフェイス  2-13

F

FRF.12 フラグメンテーションおよび再構成技術  4-43

G

G.711  4-5, 7-2

G.729a  4-5

GRE トンネル  7-12

H

hootie

「Cisco Hoot & Holler」を参照

I

Internet Explorer、ブラウザの設定の調整  8-8

IP precedence  4-33

IP RTP Priority  4-33, 4-34

IPSec VPN  7-14

L

LEAF  7-4

LLQ(低遅延キューイング)  4-33, 4-34, 4-36

LMR

Cisco Hoot & Holler とともに使用  3-1

Cisco IPICS とのインターフェイス  3-2

Cisco IPICS との統合  3-1

Cisco IPICS へのオーディオ接続  3-2

エンドポイントとの通信  2-18

ゲートウェイ

Cisco IOS の設定  3-8

概要  3-1

無線インターフェイス  3-2

チャネル  2-18

~内のエンドポイント  2-10

マルチキャスト トラフィックの記録  3-31

M

M1:U12:M2

接続トランク  7-17, 8-3, 8-4

説明  7-14

マルチキャスト特異点での使用  7-23

ユニキャスト接続トランク  4-7, 7-20

MPLS

VPN  7-4

マルチキャスト VPN を使用した  7-4

マルチサイト モデルでの  7-3

Multiprotocol Label Switching

「MPLS」を参照

P

PIM-SSM  7-5

PMC

概要  1-4

帯域幅の消費  4-7

リモート ユーザ  2-24

リモート ロケーション  2-24, 4-2, 4-46

PMC アップロード ロギング、無効化  8-8

Protocol Independent Multicast(PIM)

dense モード(DM)  4-3

sparse モード(SM)  4-3

概要  4-3

双方向  4-3, 4-4

Push-to-Talk Management Center

「PMC」を参照

Q

QoS

LAN での  4-44

WAN エッジでの  4-44

WAN での使用  4-2

影響する要素  4-33

概要  4-33

企業での  4-45

キューイング  4-45

信頼境界  4-45

ネットワークでの推奨事項  4-33

フレームリレー ネットワークでの  4-35

ポイントツーポイント接続での  4-43

ポリシング  4-45

マルチサイト モデルでの  7-3

Quality of Service

「QoS」を参照

R

RADIUS  4-51

Real-time Transport Protocol(RTP)  4-7

Reverse Path Forwarding(RPF)  4-4

RMS

Cisco IPICS における役割  2-8

DS0  2-2, 2-8, 2-10

DS0 リソース  2-22, 2-23

アクティブ  4-11

インストール オプション  2-2

音声ポートの設定  2-16

概要  1-4

機能  2-2

混合  2-16, 2-18

冗長  4-11

スタンバイ  4-11

設定例  2-4

中央サイト配置シナリオの設定  8-6

~に関連付けられる音声ポート  2-14

~に関連付けられるダイヤル ピア  2-14

フェールオーバー  4-11

フォール バック  4-11

ブリッジ  2-16

マルチキャストが使用可能になっていない WAN での  4-7

リソースの消費  2-8, 2-10

リソースの割り当て  2-10

リモート ロケーション配置シナリオの設定  8-6

RMS コンパレータ  8-7

RTP、ヘッダーの圧縮  4-8

S

Secure Sockets Layer(SSL)  4-50

SIP

RMS への~を使用した接続  2-25

シグナリングの流れ  2-27

ユニキャスト コールの確立  2-26

リモート ロケーションでの  4-2

SIP プロバイダー

Cisco IPICS での~の設定  2-38

説明  2-38

ポリシー エンジン  1-4

sparse モード(SM)  4-3

T

T1 インターフェイス  2-13

TACACS+  4-51

U

UDP ポート  4-34

V

VIC2-2E/M インターフェイス カード

概要  3-2

ケーブル  3-2

VoIP トラフィック、伝送レート  4-6

VoIP ベアラ トラフィック  4-46

VPN  7-5

VTG

RMS リソースの消費  2-10

アクセスの制限  2-23

作成  2-12

説明  2-12

チャネル間の通信  2-13

チャネルの混合  2-13

同時に発言する参加者  2-16

~内の LMR エンドポイント  2-10

~に含まれているチャネルの混合  2-17

マルチキャスト アドレス  2-12

マルチキャスト アドレスの要件  2-10

メンバー  2-12

相手先固定接続(PVC)  4-4

アクセス コントロール リスト(ACL)  4-34, 4-50

アグレッシブ VAD  4-9

宛先パターン  5-4

一般電話サービス(POTS)、ユニキャスト接続の  2-26

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)  2-18

衛星リンク  8-1

エンドポイント

~間の通信  2-8, 2-13

重複パケット  2-21

オーディオ品質  4-2

オーバープロビジョニング  4-35

重み付け均等化キューイング(WFQ)  4-34

音声アクティビティ検出(VAD)

LMR とともに使用  3-8, 3-9

アグレッシブ  4-9

概要  4-9

従来の  4-9

有効化  4-9

音声およびビデオ対応 IP Security Protocol(IPSec)  7-3

音声ストリーム、Cisco IPICS でサポートされる  2-11

音声ストリームの混合

「混合」を参照

音声パケット  4-8

音声品質  4-6, 4-9, 4-33, 4-37

音声ペイロード  4-8

音声ポート

IP アドレスと~の関連付け  2-16

設定例  2-25

カスタマー エッジ ルータ(CE)  7-4

仮想インターフェイス(VIF)  2-16

仮想トーク グループ

「VTG」を参照

過度の検出  4-9

キューイング

概要  4-45

技術  4-33, 4-36

キューイング技術  4-34

共有ツリー

PIM SM での  4-3

双方向  4-3

単方向  4-3

トラフィックの転送  4-4

記録

LMR マルチキャスト トラフィック  3-31

タップの Cisco IOS の設定  3-31

緊急転送(EF)  4-33

クラスベース WFQ(CBWFQ)  4-34

ケーブル、VIC2-2E/M インターフェイス カード  3-2

検出数の不足  4-9

高遅延、低帯域幅接続  8-1

コーデック

Cisco IPICS の~の種類  4-5

G.711  4-5

G.729a  4-5

音声品質  4-6

検討事項  4-5

選択  4-5

帯域幅の使用量  4-6

遅延  4-5

コール フロー  2-26

コール レッグ  5-2, 5-4

混合

Cisco Hoot & Holler を使用するチャネルの  2-16

DSP の機能  4-10

VTG に含まれているチャネル  2-13

オーディオ  2-18

音声ストリーム  2-18, 4-10

調停アルゴリズム  2-16

ユニキャスト ストリーム  2-25

例  2-17

サービス アクセス ポイント(SAP)  4-37

市場、Cisco IPICS を使用する  1-2

ジッタ  4-2, 4-33, 4-36

受信と伝送(E&M)

アナログ信号方式タイプ  3-4

インターフェイス  3-1

インターフェイス カード  3-4

タイプ II インターフェイス  3-5

タイプ III インターフェイス  3-5

タイプ V インターフェイス  3-6

ポート  4-38

出力方向シェーピング  4-44

出力方向ポリシング  4-44

冗長 RMS 設定  4-11

シリアル化  4-33

信頼境界  4-45

スパニング ツリー(STP)攻撃の軽減  4-51

セキュリティ

Cisco IPICS の  4-50

Cisco Security Agent(CSA)  4-50

RADIUS  4-51

Secure Sockets Layer(SSL)  4-50

TACACS+  4-51

アクセス コントロール リスト(ACL)  4-50

推奨事項  4-50

スパニング ツリー(STP)攻撃の軽減  4-51

ファイアウォール  4-50

セッション ターゲット  5-4

接続トランク  7-14

専用回線  7-3

相互運用性と連携作業  1-2

双方向 PIM  4-3, 4-4, 4-40

存続可能時間(TTL)  2-29

帯域幅

GRE を利用したマルチキャスト  7-13

PMC による消費  4-7

オーバープロビジョニング  4-35

音声ペイロード  4-8

計画  4-5

検討事項  4-5

コーデックによる~への影響  4-6

消費  4-6, 4-7

消費量の変更  4-8

使用量  4-6, 4-7

専用回線  4-43

プロビジョニング  4-2

ポイントツーポイント回線  4-43

ユニキャスト接続トランクで使用される  7-22

ダイヤル ピア

POTS  5-2

RMS に関連付けられる  2-14

VoATM(Voice over ATM)  5-2

VoFR(Voice over Frame Relay)  5-2

Voice over IP(VoIP)  5-2

宛先パターン  5-4

音声ネットワーク  5-2

概要  5-1

コール レッグ  5-2, 5-4

セッション ターゲット  5-4

設定例  2-25

着信  5-3

着信コール レッグ  5-5

着信コール レッグに一致する~の検索  5-5

発信  5-3

発信コール レッグ  5-5

発信コール レッグに一致する~の検索  5-5

ダイヤル プール  6-5

ダイヤル ポート、使用  6-5

単一サイト モデル

概要  7-1

設計上の特長  7-1

トポロジ  7-2

ベスト プラクティス  7-2

利点  7-2

遅延  4-2, 4-33, 4-36

チャネルのブリッジ

「混合」も参照

中央サイトのサーバ ソリューション  8-1, 8-2

調停アルゴリズム  2-16

重複パケット  2-21

データ MDT  7-5, 7-10

データ マルチキャスト ディストリビューション ツリー(MDT)  7-4

デジタル シグナル プロセッサ(DSP)  4-9

デフォルト MDT  7-4, 7-5

トーン制御

2 ~ 10 の周波数の場合の設定  3-17

2 線式の設定(単一周波数の場合)  3-14

4 線式の設定(単一周波数の場合)  3-15

Cisco IPICS のチャネル設定  3-25

概要  3-1

シグナリング  3-8, 3-12

周波数  3-13

フェーズ  3-12

トポロジ

単一サイト モデル  7-2

マルチキャスト VPN を使用した MPLS  7-4

マルチキャスト アイランド  7-11

マルチサイト モデル  7-3

トランク無線

ハイブリッド設定  3-26

フィードバック トーン  3-26

認定情報レート(CIR)  4-5, 4-35, 4-36

ネットワーク

管理  4-52

~でのセキュリティ  4-50

ネットワーク コンポーネント、概要  1-5

バースト  4-5, 4-35

バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)  7-3

廃棄適正(DE)  4-35, 4-45

配置シナリオ

中央サイトのサーバ ソリューション  8-1, 8-2

リモート PMC のソリューション  8-1

リモート ロケーションのソリューション  8-1, 8-3

ハイレベル データリンク コントロール(HDLC)  4-43

パケット

エラー  4-2

損失  4-2, 4-33, 4-36

遅延  4-33

ドロップ  4-35

廃棄適正(DE)  4-35

バッファリング  4-36

パケット レート  4-37

バッファリング  4-36

搬送波作動スケルチ  3-11

搬送波作動スケルチ(COS)  3-8, 4-9

搬送波作動リレー  3-11

搬送波作動リレー(COR)  3-8, 4-9

非同期転送モード(ATM)  7-3

非同期転送モード ピーク セル レート(ATM PCR)  4-5

ピンポン効果  3-26

ファイアウォール  4-50

フィードバック トーン、トランク無線  3-26

フレーム リレー

E&M ポートを備えた~接続  4-38

IP RTP Priority  4-34

LLQ  4-34

QoS  4-35

WAN での  7-3

~での認定情報レート(CIR)  4-36

ブロードキャスト キュー  4-37

フレームリレー トラフィック シェーピング(FRTS)  4-36

ブロードキャスト キュー  4-37

プロキシ チャネル  7-16

プロバイダー エッジ ルータ(PE)  7-5

プロバイダー ルータ(P)  7-5

平均セル レート  4-5

ポイントツーポイント プロトコル(PPP)  4-43

ポイントツーポイント接続  4-43

保証転送 31(AF31)  4-33

ポリシー エンジン SIP プロバイダー  2-38

ポリシング  4-45

マルチキャスト  2-25, 4-7, 7-3

GRE トンネル  7-24

GRE を利用した~  7-12

M1:U12:M2 接続トランク  7-24

VTG 通信のアドレス  2-12

アイランド

概要  7-11

トポロジ  7-11

アドレス プール  2-3, 2-10

エンドポイント間の通信  2-8

出力ストリーム  2-16

双方向 PIM  4-40

帯域幅  7-13

特異点

GRE トンネル  7-23

M1:U12:M2 接続トランク  7-23

概要  7-22

ユニキャストへのコール フロー  2-28

マルチキャスト VPN(MVPN)  7-5

~のためのプロバイダー ネットワークの設定  7-6

プロバイダー ネットワークの確認  7-7

ルーティング  7-5

マルチキャスト VPN ルーティングおよび転送(MVRF)  7-4

マルチキャスト アドレス、使用ガイドライン  4-49

マルチキャスト ドメイン  7-3, 7-4, 7-5

マルチサイト モデル

概要  7-3

接続オプション  7-3

トポロジ  7-3

マルチリンク ポイントツーポイント プロトコル(MLPPP)  4-43

ユニキャスト

~ストリームの混合  2-25

~接続での POTS の使用  2-26

接続トランク  7-20

~接続の確立  2-27

マルチキャストが使用可能になっていない WAN での  4-7

マルチキャストへのコール フロー  2-28

ライセンス

Cisco IPICS の  6-2

使用状況  6-2

ランデブー ポイント(RP)  4-3, 4-40

陸上移動無線

「LMR ゲートウェイ」を参照

リモート PMC のソリューション  8-1

リモート PMC ユーザ  2-24

リモート ロケーション  2-3, 2-10, 2-24, 4-2, 4-46

リモート ロケーションのソリューション  8-1, 8-3

リンク フラグメンテーション/インターリーブ(LFI)  4-43

ルータ メディア サービス

「RMS」を参照

ループバック  2-2, 2-13

ループバック インターフェイス  4-41