Cisco IPICS ソリューション リファレンス ネットワーク デザイン(SRND) Release 2.1(1)
高遅延および低帯域幅相互接続
高遅延および低帯域幅相互接続
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

高遅延および低帯域幅相互接続

サポートされる配置ソリューション

中央サイトのサーバ ソリューション

リモート ロケーションのソリューション

M1:U12:M2 設定例

要件およびサポート情報

Cisco IPICS サーバで追加の設定を実行

RMS 設定を更新

ARP コマンドの調整

RMS コンパレータの無効化

設定のマージ

PMC アップロード アクティビティ ロギングの無効化

Internet Explorer ブラウザの設定の調整

パフォーマンスに関するガイドライン

高遅延および低帯域幅相互接続

Cisco IPICS は、衛星リンクのように、高遅延帯域幅および低帯域幅または可変帯域幅リンクを含む環境をサポートしています。このようなタイプの環境では、ユーザの地理的位置、気象要素、およびその他の干渉のために、接続が不安定になることがあります。Cisco IPICS は、これらの動的な可変帯域幅シナリオを補い、モバイル オペレーションのサポートを機能強化します。

Cisco IPICS は、次の配置シナリオをサポートします。

中央サイトのサーバ ソリューション:中央サイトにインストールされる Cisco IPICS サーバ、およびリモート サイトにインストールされる分散 Router Media Service(RMS; ルータ メディア サービス)およびエンドユーザ クライアント コンポーネントをサポートします。

リモート ロケーションのソリューション:M1:U12:M2 トンネルによって接続されている 2 つのリモート サイトで、Cisco IPICS サーバ、RMS、およびエンドユーザ クライアントの配置をサポートします。

リモート PMC ソリューション:中央サイトの Cisco IPICS サーバおよび分散 RMS、およびリモート サイトのエンドユーザ PMC クライアントをサポートします。


) この配置シナリオでは、リモート PMC クライアントが、PMC Settings > Channels メニューの「Optimize for low bandwidth」設定値を使用するように設定されている必要があります。この配置シナリオで使用する PMC の設定方法の詳細については、『Cisco IPICS PMC Installation and User Guide, Release 2.1(1)』の「Configuring the PMC Application」の章を参照してください。


M1:U12:M2 トンネル テクノロジーによって、この配置シナリオが可能になります。この配置シナリオの詳細については、「サポートされる配置ソリューション」を参照してください。

この章では、次のトピックについて取り上げます。

「サポートされる配置ソリューション」

「要件およびサポート情報」

「Cisco IPICS サーバで追加の設定を実行」

「パフォーマンスに関するガイドライン」

サポートされる配置ソリューション

Cisco IPICS の機能強化には、次のトピックで説明されている配置ソリューションのサポートが含まれます。

「中央サイトのサーバ ソリューション」

「リモート ロケーションのソリューション」

「M1:U12:M2 設定例」

中央サイトのサーバ ソリューション

中央サイトのサーバ ソリューションでは、Cisco IPICS サーバは中央サイトに配置され、RMS は、高遅延、低帯域幅接続で接続されているリモート サイトの PMC や他のエンドユーザ クライアントに分散しています。この場合、Cisco IPICS サーバが分散 RMS を制御する必要があります。中央サイトのディスパッチャが、現場のリモート PMC クライアントと通信できる必要があります。

この配置ソリューションは、高遅延、低帯域幅リンクで RMS をリモートで制御する機能を提供します。通信は、中央サイトの RMS と、リモートに配置された RMS 間の M1:U12:M2 接続トランクのサポートにより可能になります。

M1:U12:M2 接続トランクは、IP Phone XML サービスと PMC クライアントがサイト間で通信するための機能も提供します。


) M1:U12:M2(Multicast1:Unicast1-Unicast2:Multicast2)は、2 つのマルチキャスト アイランド間のユニキャスト接続パスを提供します。M1:U12:M2 接続トランクは、マルチキャストをネットワークの一方の側のユニキャストにマッピングし、ユニキャスト Voice over IP(VoIP)コールとしてユニキャスト WAN 上を転送し、このコールを接続のもう一方の側のマルチキャストに変換して戻します。この方法により、マルチキャスト 1 はマルチキャスト 1 とマルチキャスト 2 との間のユニキャスト接続を介してマルチキャスト 2 に接続されます。M1:U12:M2 は、すべてのマルチキャスト トラフィックを転送する Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)トンネルとは対照的に、トランクに設定されているマルチキャスト トラフィックだけを転送します。


この配置に適用される追加の設定については、「Cisco IPICS サーバで追加の設定を実行」 を参照してください。

警告

中央サイト サーバ配置ソリューションを使用する場合は、次の警告に注意してください。

すべての RMS コマンドは高遅延、低帯域幅リンクを通過するため、このソリューションでは結果的にスループットが低下し、応答時間が遅くなります。

一部の RMS に関連する操作では、3 分以上かかることがあります。スループットの考慮事項は、VTG に組み込まれているアクティブ チャネル数、RMS で使用される DS0 の数、およびサイト間で通信している PMC ユーザの数などの要素に基づいています。この制限は、高遅延、低帯域幅リンクの TCP/IP に固有の制限事項に起因します。この配置ソリューションを使用する場合の RMS コンフィギュレーションの更新に関する詳細については、「RMS 設定を更新」を参照してください。

中央サイトにローカル ルータがインストールされていない場合、状況によっては ARP タイマー値を増やす Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)コマンドを設定して、RMS を到達可能にしておく必要があります。詳細については、「ARP コマンドの調整」を参照してください。

このシナリオでは、RMS および Cisco IPICS サーバの自動同期メカニズムが無効になっている必要があります。したがって、これらのコンポーネントは手動で同期化する必要があります。実行する必要がある手動設定の詳細については、「RMS コンパレータの無効化」および「設定のマージ」を参照してください。

帯域幅を節約するには、PMC アップロード ロギングを無効にする必要があります。詳細については、「PMC アップロード アクティビティ ロギングの無効化」を参照してください。

M1:U12:M2 接続トランクは、中央サイトとリモート サイト間の専用帯域幅を消費しますが、G.729 コーデックへのトランスコーディングを許可することにより、帯域幅を最適化することができます。

この配置ソリューションでは、リモート ロケーションでの IP Phone XML サービスの使用はサポートされません。IP Phone XML サービスは、中央サイトに限り使用できます。

リモート ロケーションへの直接 PMC アクセスはサポートされません。PMC クライアントの場所はリモート サイトでも中央サイトでもかまいませんが、サイト間をリモートで接続することはできません。

リモート ロケーションのソリューション

リモート ロケーションのソリューションでは、Cisco IPICS サーバ、RMS、PMC、および他のエンドユーザ クライアントは、2 つのリモート サイトに配置されます。これらのリモート サイトを接続する高遅延、低帯域幅リンクによって、通信フローが使用可能になります。

この配置では、リモート サイトの各 RMS がホストとなるチャネル間に設定された固定 M1:U12:M2 トンネルを使用することで、各チャネルが他方のサイトにミラーリングされ通信が可能になります。

M1:U12:M2 接続トランクは、IP Phone XML サービスと PMC クライアントがサイト間で通信するための機能も提供します。

この配置に適用される追加の設定については、「Cisco IPICS サーバで追加の設定を実行」を参照してください。

警告

リモート ロケーション配置ソリューションを使用する場合は、次の警告に注意してください。

M1:U12:M2 接続トランクは、リモート サーバ間の帯域幅を消費しますが、G.729 コーデックへのトランスコーディングを許可することにより、帯域幅を最適化することができます。

それぞれ独自の RMS を制御する複数の Cisco IPICS サーバを使用する場合、チャネルを定義するときに VTG が重複しないように注意する必要があります。各チャネルは他方のリモート サイトにミラーリングされるため、各サイトで同じ VTG を使用すると、サイト間でオーディオ ループが発生することがあります。

この配置では、中央サイトまたはリモート サイトのいずれかで IP Phone XML サービスを使用できます。IP Phone XML サービスは、配置されたサイトでローカルである必要があります。

リモート ロケーションへの直接 PMC アクセスはサポートされません。PMC クライアントの場所はリモート サイトでも中央サイトでもかまいませんが、サイト間をリモートで接続することはできません(PMC クライアントは配置されたサイトでローカルである必要があります)。

M1:U12:M2 設定例

次の表は、M1:U12:M2 接続トランクのマルチキャスト部分の設定例を示しています。

M1:U12:M2 接続トランクのユニキャスト部分の設定方法を示す例の詳細については、「Cisco IPICS の配置モデル」を参照してください。

次の設定例でトンネリングされる 2 つのマルチキャスト アドレスは、239.192.21.3:21000 および 239.192.21.5:21000 です。

表8-1 に、RMS ロケーション #1 の音声ポートとダイヤル ピア エントリを設定して、M1:U12:M2 接続トランクの M1 部分を使用可能にするために必要となる手動コマンドを示します。

 

表8-1 RMS ロケーション #1 の設定

RMS ロケーション #1 の音声ポートの設定
RMS ロケーション #1 のマルチキャスト ダイヤル ピア M1 の設定
voice-port 0/0:1
auto-cut-through
lmr m-lead audio-gate-in
lmr e-lead voice
no echo-cancel enable
playout-delay mode adaptive
playout-delay maximum 250
playout-delay minimum high
playout-delay nominal 100
no comfort-noise
timeouts call-disconnect 3
timing hookflash-in 0
timing hangover 40
connection trunk 2001
dial-peer voice 3 voip
destination-pattern 2001
session protocol multicast
session target
ipv4:239.192.21.3:21000
(RMS M1)
codec g711ulaw vad aggressive

表8-2 に、RMS ロケーション #2 の音声ポートとダイヤル ピア エントリを設定して、M1:U12:M2 接続トランクの M2 部分を使用可能にするために必要となる手動コマンドを示します。

 

表8-2 RMS ロケーション #2 の設定

RMS ロケーション #2 の音声ポートの設定
RMS ロケーション #2 のマルチキャスト ダイヤル ピア M1 の設定
voice-port 0/0:2
auto-cut-through
lmr m-lead audio-gate-in
lmr e-lead voice
no echo-cancel enable
playout-delay mode adaptive
playout-delay maximum 250
playout-delay minimum high
playout-delay nominal 100
no comfort-noise
timeouts call-disconnect 3
timing hookflash-in 0
timing hangover 40
connection trunk 1001
dial-peer voice 3 voip
destination-pattern 1001
session protocol multicast
session target
ipv4:239.192.21.5:21000
(RMS M2)
codec g711ulaw vad aggressive

要件およびサポート情報

Cisco IPICS は、次のレベルのサポートを提供します。

遅延:最大 3 秒のエンドツーエンド遅延をサポートします。

パケット損失:ネットワーク上の最大 10% のパケット損失をサポートします。

ジッタ バッファ:ネットワーク上の最大 250 ms の最大ジッタのサポートを可能にします(バースト遅延をサポート)。

リンク停止:PMC からの接続が中断された場合、接続が再度使用可能になったときに接続を自動的に継続できるように、一時的なリンクの停止をサポートします(PMC ユーザに停止は通知されません)。

帯域幅:M1:U12:M2 接続トランクに設定されているチャネルごとに、64 kbps 帯域幅をサポートします。

警告

PMC が初めてサーバにログインするときは、エラー メッセージが表示され、チャネルが使用不可であることがユーザに通知されます。このエラーは、接続の遅延時間が原因で発生します。このエラーから回復するには、 OK をクリックします。サーバがこのタスクを完了すると、チャネルが PMC に表示されます(このタイミングは、遅延によって異なります)。

Cisco IPICS サーバで追加の設定を実行

次の追加の設定は、中央サイト サーバまたはリモート ロケーション配置ソリューションを使用するときに必要です。

「RMS 設定を更新」

「ARP コマンドの調整」

「RMS コンパレータの無効化」

「設定のマージ」

「PMC アップロード アクティビティ ロギングの無効化」

RMS 設定を更新

中央サイトまたはリモート ロケーション配置ソリューションを使用する場合、Cisco IPICS で設定され、高遅延、低帯域幅接続で使用されるすべての RMS を更新する必要があります。この設定の更新により、接続ごとの最大 TCP 発信キューが変更されます。

最大 TCP 発信キューを変更するには、各 RMS で次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 次のコマンドを入力して、グローバル コンフィギュレーション モードを入力します。

Router# configure terminal

ステップ 2 次のコマンドを入力して、最大 TCP 発信キューを 100000 パケットに設定します。

Router(config)# ip tcp queuemax 100000

ステップ 3 次のコマンドを入力して、設定を保存します。

Router(config)# write mem

ステップ 4 次のコマンドを入力して、ルータ設定モードを終了します。

Router# exit


 

ARP コマンドの調整

中央サイト サーバ ソリューションを使用するが、中央サイトにローカル ルータがインストールされていない場合、状況によってはサーバ内の ARP タイマーの値を増やす必要があります。この調整により、サーバと RMS がイーサネットを経由して接続され、高遅延リンクで分離されている場合に、タイムアウトを防止し、サーバと RMS 間の到達可能性を確保することができます。

ARP タイムアウトおよび ping 応答時間に関する問題が発生した場合は、Cisco Technical Assistance Center に連絡してください。

RMS コンパレータの無効化

RMS コンパレータは、RMS の応答性のチェック、および設定に変更が行われているかどうかのチェックを行うメカニズムです。RMS コンフィギュレーションに変更が加えられており、これらの変更が Cisco IPICS サーバに反映されていない場合、RMS コンパレータは設定を自動的に更新し、2 つのコンポーネントが同期化するようにします。

この同期メカニズムは遅延に影響することがあるので、RMS コンパレータは手動で無効にする必要があります。RMS コンパレータを無効にするには、次の手順を実行します。


) この変更はグローバルな変更であり、サーバに設定されているすべての RMS コンポーネントに影響します。


手順


ステップ 1 システム管理者として Cisco IPICS サーバにログインします。

ステップ 2 Administration Console で、 Administration > Options を選択します。

ステップ 3 General タブの、RMS ペインにある Disable RMS Comparator チェックボックスをオンにします。

この変更によって RMS コンパレータが無効に設定され、動作しなくなります。

ステップ 4 Save をクリックして変更を保存します。

ステップ 5 RMS ペインで、Disable RMS Comparator チェックボックスがオンになっており、RMS Polling Frequency フィールドがグレー表示であることを確認します。


 

設定のマージ

RMS コンパレータを無効にした後、設定をマージして、ルータとサーバが同期化されていることを確認する必要があります。


) ベスト プラクティスとして、RMS を手動で変更したときは、必ず RMS 設定をマージしてください。この処理により、コンポーネントが確実に同期化されます。VTG のアクティブ化など、何らかの設定変更を行う前に、次の手順を実行してください。


設定をマージするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console で、 Configuration > RMS を選択します。

ステップ 2 管理対象の RMS に対応するチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 Configuration ドロップダウン リストから Merge を選択して、RMS 設定をマージします。

この処理が完了するまでしばらく待機します。Cisco IPICS によって、変更内容が Edit Router Details 領域に表示されます。


 

PMC アップロード アクティビティ ロギングの無効化

帯域幅を節約するには、PMC アップロード ロギングを無効にする必要があります。RMS アップロード ロギングを無効にするには、次の手順を実行します。


) この変更がグローバルな変更であり、サーバに接続されるすべての PMC クライアントに影響することに注意してください。


手順


ステップ 1 システム管理者として Cisco IPICS サーバにログインします。

ステップ 2 Cisco IPICS Administration Console で、 Administration > Options を選択します。

ステップ 3 PMC タブをクリックして、PMC 設定オプションにアクセスします。

Configuration ペインで、Disable PMC Activity Log Upload チェックボックスをオンにします。

この変更によって PMC ログ アップロード メカニズムが無効になり、このサーバに接続されている PMC クライアントがサーバにログをアップロードしなくなります。

ステップ 4 Save をクリックして変更を保存します。

ステップ 5 Configuration ペインで、Disable PMC Activity Log Upload チェックボックスがオンになっており、PMC Send Logs on Rollover、PMC Activity Log Update、および PMC Log Upload Frequency フィールドがグレー表示されていることを確認します。


 

Internet Explorer ブラウザの設定の調整

高遅延、低帯域幅接続を使用する場合、12 個以上のループバック インターフェイスが設定されているあらゆる RMS の RMS 設定を更新しようとすると、ブラウザ タイムアウト エラーが発生することがあります。

この問題を解決するには、PC の Internet Explorer 設定を変更し、タイムアウト期間を調整する必要があります。この設定では、ReceiveTimeout データ値が変更され、追加遅延が可能になります。


注意 レジストリを変更する際は特に注意してください。レジストリの編集について熟知していない場合は、この手順を行う前にテクニカル サポートを依頼してください。レジストリを誤って変更すると、場合によってはオペレーティング システムを再インストールする必要があります。したがって、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップし、問題が発生した場合に備えてレジストリの復元方法を確認しておく必要があります。


ヒント レジストリのバックアップ、復元、および変更の詳細については、Microsoft Support サイトにアクセスして、Microsoft Windows レジストリの説明に関する Microsoft Knowledge Base を検索してください。


ReceiveTimeout データ値を変更するには、Cisco IPICS Administration Console へのアクセスに使用する PC で次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Administration Console へのアクセスに使用する PC で、Start > Run を選択します。

ステップ 2 Open ダイアログボックスに regedit と入力します。

Registry Editor が表示されます。

ステップ 3 HKEY_CURRENT_USER エントリの横に表示される + 記号をクリックします。

現在ログインしているユーザのルート設定情報が含まれるフォルダが表示されます。

ステップ 4 各フォルダ名の横に表示される + 記号をクリックして、Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ フォルダに移動します。

ステップ 5 Internet Settings フォルダの横に表示される + 記号をクリックします。

この時点で、次のフォルダに移動しています。HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings

ステップ 6 Internet Settings フォルダで、ReceiveTimeout 名を探します。

ステップ 7 この設定を変更するには、ReceiveTimeout 名を右クリックして、Modify をクリックします。

Edit DWORD Value ダイアログボックスが表示されます。現在の DWORD 値が 16 進数形式で表示されます。

または、Delete をクリックして、ReceiveTimeout 名を削除することもできます。この操作を実行する際、場合によってはサーバが応答するまで待機する必要があることに注意してください。

ステップ 8 この値を 10 進形式で表示するには、Decimal オプション ボタンをクリックします。

ステップ 9 この値を推奨設定値に設定して、高遅延、低帯域幅リンクに対処できるようにするには、Value データ フィールドに 480000 と入力します。

この変更により、タイムアウト値が 8 分に設定されます。

ステップ 10 OK をクリックして変更を保存します。

ステップ 11 Registry > Exit を選択して、Registry Editor を終了します。

ステップ 12 PC を再起動して変更を有効にします。


 

パフォーマンスに関するガイドライン

次のガイドラインに注意してください。

各 RMS は、VTG アクティブ化、VTG 非アクティブ化、および PMC SIP(リモート)接続などのコマンドを、事前に定義された数だけサポートできます。RMS が受信するコマンド数がこのしきい値を超えると、超過したコマンドは失敗します。その場合は、コマンドを再送信する必要があります。

高遅延、低帯域幅環境の場合、3 チャネル/VTG アクティブ化ごとに 1.5 分が許容されます。

5 個のディスパッチャがコマンドを送信するか、または同じディスパッチャが複数のコマンドを送信する場合、新しいコマンド要求を再送信するまで、1.5 分の待ち時間を割り当てる必要があります。

一定ロード条件では、平均で、単一 VTG コマンドあたり約 18 秒のロギングを 2811 ルータ(RMS コンポーネント)に割り当てる必要があります。上記の平均ロード条件をサポートするには、追加の RMS コンポーネントをインストールする必要があります。