Cisco IPICS サーバ アドミニストレーション ガイド リリース 4.0
Cisco IPICS オペレータのタスク
Cisco IPICS オペレータのタスク
発行日;2012/02/23 | 英語版ドキュメント(2010/05/03 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco IPICS オペレータのタスク

ユーザの管理

[Users] ウィンドウの概要

ユーザの追加

ユーザ情報の管理

ユーザの一般情報の管理

ユーザのアドレス情報の管理

ユーザのロールの管理

ユーザのダイヤル ログイン情報の管理

ユーザのエンド デバイスの管理

ユーザの通信プリファレンスの管理

ユーザとリソースの関連付け

ユーザと PTT チャネルの関連付け

ユーザとポリシーの関連付け

ユーザと無線の関連付け

ユーザの ops ビューの管理

ユーザが属する ops ビューの選択

ops ビューとユーザの関連付け

ユーザのプロンプトの管理

ユーザが参加する VTG に関する情報の表示

ユーザ ステータスの管理

ユーザ ステータスの変更

ユーザ アカウントのロックまたはロック解除

削除されたシステム管理者ユーザの回復

ユーザの削除

ユーザ グループの管理

[User Groups] ウィンドウの概要

ユーザ グループの追加

ユーザ グループへのメンバの追加

ユーザ グループの ops ビューの管理

ユーザ グループが属する ops ビューの選択

ops ビューとユーザ グループの関連付け

ユーザ グループ名の変更

ユーザ グループが参加する VTG に関する情報の表示

ユーザ グループの削除

Cisco IPICS オペレータのタスク

Cisco IPICS オペレータは、Cisco IPICS ユーザおよびユーザ グループの設定と管理、Cisco IPICS および IDC へのユーザ アクセスの許可、ユーザ チャネル、ロール、操作ビュー(ops ビュー)の割り当てを担当します。

ユーザは、アクティブな VTG に参加し、他の VTG 参加者と通信できます。ユーザ グループは、ユーザの論理グループです。ユーザ グループは、VTG に追加できます。Cisco IPICS ディスパッチャは、この方法で、一度に複数のユーザを VTG に追加できます。

Cisco IPICS オペレータの作業は、Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイから実行します。このトレイにアクセスするには、「Administration Console へのアクセス」の説明に従って Administration Console にログインし、[Server] タブで [User Management] トレイを選択します。[User Management] トレイにアクセスするには、オペレータのロールが割り当てられている必要があります。


) • この章の一部の説明および手順には、ops ビューが有効な場合だけ表示される情報や実行できるタスクが含まれています。ops ビューの詳細については、「Cisco IPICS 操作ビューの設定と管理」を参照してください。

この章の一部の手順では、[User Management] トレイからユーザの情報を表示または更新する方法について説明しています。ユーザは、これらの個人情報に関する手順の多くを、[Home] トレイからも実行できます。詳細については、「Cisco IPICS ユーザのタスク」を参照してください。


 

次の項からは、Cisco IPICS Administration Console から実行できるオペレータの作業について説明します。

「ユーザの管理」

「ユーザ グループの管理」

ユーザの管理

Cisco IPICS ユーザは次の作業を行うことができます。

Cisco IPICS Administration Console の [My Profile] ウィンドウにアクセスし、そのウィンドウで可能なタスクを実行する。

関連付けられているチャネルにアクセスする。

割り当てられている VTG に参加する。

関連付けられたダイヤルイン ユーザと IDC を通して通信する。

IDC インストーラをダウンロードする。

この項では、次のユーザ管理作業について説明します。

「[Users] ウィンドウの概要」

「ユーザの追加」

「ユーザ情報の管理」

「ユーザとリソースの関連付け」

「ユーザの ops ビューの管理」

「ユーザのプロンプトの管理」

「ユーザが参加する VTG に関する情報の表示」

「ユーザ ステータスの管理」

[Users] ウィンドウの概要

[Users] ウィンドウには、Cisco IPICS に追加したユーザに関する情報が表示され、いくつかの管理機能を実行できます。このウィンドウの下部には、Cisco IPICS ユーザのリストと各ユーザの一般情報が表示されます。デフォルトでは、この領域にはすべてのユーザが表示されますが、ウィンドウの上部で指定した検索条件と一致するユーザだけを表示することもできます。

[Users] ウィンドウを表示するには、[User Management] トレイにアクセスし、[Users] をクリックします。

表 3-1 では、[Users] ウィンドウの項目について説明します。

 

表 3-1 [Users] ウィンドウの項目

項目
説明
参照先

フィルタ

[User Name] フィールド

[First Name] フィールド

[Last Name] フィールド

ユーザ名、名、または姓が入力した文字列(大文字と小文字は区別されません)で始まるユーザだけを表示できます。

「検索ウィンドウの使用」を参照してください。

[Location] ドロップダウン リスト

[Role] ドロップダウン リスト

[Ops View] ドロップダウン リスト

ロケーション、ロール、または関連付けられた ops ビューが選択した情報と一致するユーザだけを表示できます。

[Go] ボタン([Users] 領域)

選択したフィルタに従ってユーザを表示します。

[Clear Filter] ボタン

フィルタ選択を削除し、空白のユーザ リストを表示します。

ユーザ情報

[User Name] フィールド

ユーザに割り当てられたユーザ名。

「ユーザの追加」を参照してください。

[Last Name] フィールド

ユーザの姓。

「ユーザの一般情報の管理」を参照してください。

[First Name] フィールド

ユーザの名。

[Ops View] フィールド

ユーザが属している ops ビュー。

「ユーザの ops ビューの管理」を参照してください。

[End Device Status] フィールド

次のアイコンが表示されます。

:ユーザの IDC、Cisco Unified IP Phone、およびダイヤルイン電話の音声が無効になっているため、ユーザはチャネルまたは VTG での送話や聞き取りを行うことはできません。

:ユーザの IDC、Cisco Unified IP Phone、およびダイヤルイン電話のマイクロフォンが無効になっているため、ユーザはチャネルまたは VTG で送話できません。

「ユーザ ステータスの変更」および「[User Management] ウィンドウからのエンド デバイスの管理」を参照してください。

[Status] フィールド

ユーザが有効になっているか無効になっているかを示します。

「ユーザ ステータスの変更」を参照してください。

Prompt

ユーザ用に音声ユーザ名プロンプトが録音されているかどうかを示します。

「ユーザのプロンプトの管理」を参照してください。

[Password Expiration] フィールド

ユーザのパスワードの有効期限を示します。

「Cisco IPICS オプションの管理」を参照してください。

[Account Status] フィールド

ユーザ アカウントがロックされているか利用可能かを示します。

「ユーザ アカウントのロックまたはロック解除」を参照してください。

[Add] ボタン

新しい Cisco IPICS ユーザを追加できます。

「ユーザの追加」を参照してください。

[Copy] ボタン

新規ユーザの追加時に、既存のユーザから情報をコピーできます。

[Delete] ボタン

ユーザを削除できます。

「ユーザの削除」を参照してください。

[Change Status] ドロップダウン リスト

ユーザの有効化と無効化、ユーザ アカウントのロックとロック解除を行うことができます。

「ユーザ ステータスの変更」および「ユーザ アカウントのロックまたはロック解除」を参照してください。

[End Device] ドロップダウン リスト

ユーザの IDC、Cisco Unified IP Phone、およびダイヤルイン電話のさまざまな作業を行うことができます。

「[User Management] ウィンドウからのエンド デバイスの管理」を参照してください。

[Associations] ボタン

ユーザの [Associations] ウィンドウを表示します。

次の項を参照してください。

「ユーザと PTT チャネルの関連付け」

「ユーザとポリシーの関連付け」

「ユーザが参加する VTG に関する情報の表示」

表示コントロール

[Rows per page] ドロップダウン リスト

ユーザ リストの 1 ページに表示するユーザの行数を指定します。

「項目リストの移動」を参照してください。

[Page] フィールド

特定のページにユーザを表示します。

[|<] (最初のページ)ボタン

ユーザ リストの最初のページを表示します。

[<] (前のページ)ボタン

ユーザ リストの前のページを表示します。

[>] (次のページ)ボタン

ユーザ リストの次のページを表示します。

[>|] (最後のページ)ボタン

ユーザ リストの最後のページを表示します。

ユーザの追加

Cisco IPICS にユーザを追加するとき、そのユーザにユーザ ID を割り当て、他のさまざまなオプションを設定します。

既存のユーザと同じチャネル割り当て、ロール、その他の情報をもつユーザを追加する場合、既存のユーザの情報をコピーすると便利です。そのような情報をコピーすると、[New Users] ウィンドウが開き、ユーザ ID、パスワード、数字 ID、数字パスワード(PIN)を除く、既存のユーザ用に保存されているすべての情報が入力されます。

ユーザを追加する前に、「ロケーションの管理」の説明に従って、ロケーションを設定する必要があります。

新規ユーザを追加するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Managing Users] ウィンドウの [Users] 領域から、次のいずれかの操作を行います。

空白の [New User] ウィンドウからユーザの追加を開始するには、[Add] をクリックします。

既存のユーザに基づく情報を含む [New User] ウィンドウからユーザの追加を開始するには、既存のユーザの隣にあるチェックボックスをオンにして、[Copy] をクリックします。


) 既存のユーザのチェックボックスをオンにしない場合や複数の既存のユーザをオンにした場合、[Copy] ボタンはグレー表示されます。


[New User] ウィンドウが表示されます。[Copy] をクリックした場合、このウィンドウには、ユーザ ID とパスワードを除く、既存のユーザの情報が表示されます。

ステップ 3 [New User] ウィンドウで、次の操作を行います。

a. [User Name] フィールドに、このユーザの一意の識別名を入力します。

ユーザ ID には、英数字、アンダースコア(_)、ピリオド(.)を含めることができます。

ユーザ ID では大文字と小文字は区別されません。ユーザ ID にアルファベットが含まれている場合、Cisco IPICS へのログイン時、大文字または小文字のどちらを入力してもかまいません。

b. [First Name] フィールドには、ユーザの名を入力します。

有効な文字は、英数字、スペース、ハイフン(-)、アポストロフィ(')です。

c. [Last Name] フィールドには、ユーザの姓を入力します。

有効な文字は、英数字、スペース、ハイフン(-)、アポストロフィ(')です。

d. [Password] および [Confirm Password] フィールドには、ユーザが Cisco IPICS または IDC にログインするときに入力するパスワードを入力します (パスワードの実際の文字は、アスタリスク(*)で表されます)。

[Administration] > [Options] ウィンドウで、長さや文字要件を含む、パスワードの要件を指定します。

有効な文字には、英数字と特殊文字(@ [ \ ] ^ _ ` !" # $ % & ' ( ) * + , - ./ : ; { < | = } > ~ ?)が含まれます。

パスワードでは、大文字と小文字が区別されます。ユーザは、設定どおり正確にパスワードを入力する必要があります。

e. (オプション)[Description] フィールドに、ユーザの説明またはユーザに関連するメモを参考用に入力します。

f. [Ops Views] 領域の [Belongs To] ドロップダウン リストから、ユーザ グループが属する ops ビューを選択します。

ステップ 4 必要に応じて、 表 3-2 で説明されているタスクを実行します。

これらのすべてのタスクを、ここで実行する必要はありません。大部分の情報は、後で入力または更新できます。

 

表 3-2 Cisco IPICS ユーザを追加するためのタスク

タスク
参照先

[Address] タブに、ユーザの実際の住所と電子メール アドレスを入力します。

「ユーザのアドレス情報の管理」を参照してください。

[General] タブで、ユーザに 1 つ以上のロールを割り当てます。

「ユーザのロールの管理」を参照してください。

[General] タブで、このユーザが属する ops ビューを選択し、このユーザにアクセスできる ops ビューを指定します。

「ユーザの ops ビューの管理」を参照してください。

[Dial Login] タブに、ユーザが Cisco Unified IP Phone から Cisco IPICS にアクセスする場合のログイン情報を入力します。

「ユーザのダイヤル ログイン情報の管理」を参照してください。

[IDC] タブで、ユーザの IDC からの通信方法、IDC ログ ファイルをオンまたはオフのどちらにするか、IDC ログ ファイルのデバッグ レベルを指定します。

「[IDC] タブからのエンド デバイスの管理」を参照してください。

[Communications] タブで、Cisco IPICS ポリシー エンジン(以後「ポリシー エンジン」と記述)通知アクションが実行された場合、または Cisco IPICS ディスパッチャがユーザにポリシー エンジン ダイヤルアウトを開始した場合に、ユーザにどのように連絡するかを指定します。

「ユーザの通信プリファレンスの管理」を参照してください。

ops ビューをユーザに関連付けます。

「ユーザの ops ビューの管理」を参照してください。

ステップ 5 [Save] をクリックして、ユーザを追加します。

ユーザを追加しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザの一般情報の管理

ユーザの一般情報には、名前、Cisco IPICS のログイン クレデンシャル、およびデフォルト ロケーションが含まれます。

オペレータは、ユーザの一般情報を追加、表示、および更新できます。これを行うには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 [User Name] カラムで、情報を表示または更新するユーザのリンクをクリックします。

ステップ 3 [General Information] タブをクリックし、 表 3-3 で説明されている情報を表示または入力します。

 

表 3-3 一般情報

フィールド
説明

User Name

表示専用 。ユーザの作成時に割り当てられたユーザ名です。

First Name

ユーザの名。

有効な文字は、英数字、スペース、ハイフン(-)、アポストロフィ(')です。

Last Name

ユーザの姓。

有効な文字は、英数字、スペース、ハイフン(-)、アポストロフィ(')です。

Password

ユーザが Cisco IPICS または IDC にログインするときに入力するパスワード (パスワードの実際の文字は、アスタリスク(*)で表されます)。

[Administration] > [Options] ウィンドウで、長さや文字要件を含む、パスワードの要件を指定します。

有効な文字には、英数字と特殊文字(@ [ \ ] ^ _ ` !" # $ % & ' ( ) * + , - ./ : ; { < | = } > ~ ?)が含まれます。

Confirm Password

[Password] フィールドの入力内容を確認します。

Description

ユーザの説明またはユーザに関連する参考用のメモです。

Password Expiration Date

表示専用 。ユーザのパスワードの有効期限を示します。

ステップ 4 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザのアドレス情報の管理

ユーザのアドレス情報には、ユーザの実際の住所と電子メール アドレスが含まれます。

オペレータは、ユーザのアドレス情報を追加、表示、および更新できます。これを行うには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 [User Name] カラムで、情報を表示または更新するユーザのリンクをクリックします。

ステップ 3 [Address Information] タブをクリックし、 表 3-4 で説明されている情報を表示または入力します。

 

表 3-4 アドレス情報

フィールド
説明

Address

ユーザの住所の番地。

英数字、スペース、および次の中の任意の特殊文字を含めることができます(., ? ' # ( ) / :)。

Address (cont)

番地の追加情報。

英数字、スペース、および次の中の任意の文字を含めることができます(., ? ' # ( ) / :)。

City

ユーザの住所の市区町村。

有効な文字は、英数字、スペース、ハイフン(-)、アポストロフィ(')です。

State/Province

ユーザの住所の都道府県。

有効な文字は、英数字、スペース、ハイフン(-)、アポストロフィ(')です。

Country

ユーザの住所の国。

有効な文字は、英数字、スペース、およびピリオド(.)です。

Zip/Postal Code

ユーザの住所の郵便番号。

有効な文字は、英数字、スペース、およびピリオド(.)です。

E-mail

ユーザの電子メール アドレス。

有効な文字は、英数字、アンダースコア(_)、ピリオド(.)、およびアットマーク(@)です。

ステップ 4 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザのロールの管理

ロールによって、ユーザがアクセスできる Cisco IPICS 機能と、ユーザが実行できる機能が決まります。すべてのユーザには、デフォルトでユーザ ロールが割り当てられます。さらに、次の 1 つ以上のロールをユーザに割り当てることができます。

Dispatcher(ディスパッチャ):システム ポリシーの設定、非アクティブな VTG の設定、会議を開始する VTG のアクティブ化、非アクティブな VTG およびアクティブな VTG に対する参加者の追加と削除を担当します。また、アクティブな VTG の監視、ポリシーの作成と管理も行います。

Operator(オペレータ):ユーザの設定と管理、Cisco IPICS および IDC へのアクセス許可、ユーザ チャネル、ロールおよび ops ビューの割り当てを担当します。

Ops View Administrator(ops ビュー管理者):ops ビューがフィルタリングしたアクティビティ ログを管理および監視します。

System Administrator(システム管理者):サーバ、ルータ、マルチキャスト アドレス、ロケーション、PTT チャネルなどの Cisco IPICS リソースのインストールおよび設定を担当します。また、ops ビューを作成し、Cisco IPICS ライセンスおよび IDC バージョンを管理するとともに、ポリシーを作成および管理し、アクティビティ ログ ファイルやダッシュボードでシステムおよびユーザのステータスも監視します。

All(すべて):上記の Cisco IPICS ロールがすべて割り当てられたものに相当します。

ユーザのロールを追加、表示、または変更するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 ユーザの [User Name] カラムでリンクをクリックします。

ステップ 3 [General Information] タブをクリックします。

ステップ 4 [Roles] 領域のドロップダウン リストから割り当てるロールを選択します。

選択すると、新しい [Role] フィールドが表示され、別のロールを割り当てられるようになります。追加ロールを割り当てるには、この手順を繰り返します。

ステップ 5 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザのダイヤル ログイン情報の管理

ダイヤル ログイン情報は、ユーザが次の状況で入力するログイン クレデンシャルで構成されます。

Cisco Unified IP Phone から Cisco IPICS サービスにログインするとき。このサービスでは、Cisco Unified IP Phone ユーザが PTT チャネル上で通信し、チャネルと VTG に参加できます。

関連情報については、 付録 C「Cisco Unified IP Phone の Cisco IPICS Push-to-Talk デバイスとしての設定および使用」 を参照してください。

プッシュホン電話機からポリシー エンジンのテレフォニー ユーザ インターフェイス(TUI)にログインするとき。TUI では、電話ユーザがポリシー エンジンと対話できます。

関連情報については、「ポリシー エンジンのテレフォニー ユーザ インターフェイス(TUI)の使い方」を参照してください。

ユーザのダイヤル ログイン情報を追加、表示、または変更するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 ユーザの [User Name] カラムでリンクをクリックします。

ステップ 3 [Dial Login] タブをクリックし、 表 3-5 で説明されている情報を表示または入力します。

 

表 3-5 ダイヤルログイン情報

フィールド
説明

Digit ID

ユーザが、Cisco Unified IP Phone から Cisco IPICS サービスにアクセスするとき、または TUI にアクセスするときに入力する数字 ID。

有効な文字は数字です。

Digit Password (PIN)

ユーザが、Cisco Unified IP Phone から Cisco IPICS サービスにアクセスするときに入力するパスワード、または TUI にアクセスするときに入力する PIN (パスワードの実際の文字は、アスタリスク(*)で表されます)。

[Administration] > [Options] ウィンドウで、長さや文字要件を含む、パスワードの要件を指定します。

有効な文字は数字です。

Confirm Digit Password

[Digit Password (PIN)] フィールドの入力内容を確認します。

Default Location

電話が Cisco IPICS に接続するロケーション。

ロケーションの追加情報については、「ロケーションの管理」を参照してください。

ステップ 4 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザのエンド デバイスの管理

エンド デバイスは、IDC、Cisco Unified IP Phone、またはダイヤルイン電話です。Cisco IPICS オペレータのエンド デバイスの管理作業は、次のとおりです。

「[User Management] ウィンドウからのエンド デバイスの管理」:エンド デバイスの消音または消音解除、有効化または無効化、IDC ログ ファイルの取得

「[IDC] タブからのエンド デバイスの管理」:ログ ファイルの取得、ログ ファイルのオンとオフ、ログ レベルの設定、ユーザが VTG で聞き取りまたは送話できるようにするかどうかの指定

「[Associations] タブからのエンド デバイスの管理」:ユーザに関連付けられている各チャネルのさまざまなオプションの制御

[User Management] ウィンドウからのエンド デバイスの管理

[User Management] ウィンドウから、ユーザのエンド デバイスに対して次の作業を実行できます。すべてのエンド デバイスがこれらすべての作業をサポートしているわけではありません。

デバイスの消音または消音解除

デバイスの無効化または有効化

トラブルシューティングに使用するさまざまなログ ファイルを取得する。

これらの作業は、1 人のユーザに対して、または複数のユーザに対して一度に実行できます。

[User Management] ウィンドウからユーザのエンド デバイスを管理するには、次の手順を実行します。


) この手順で行う設定は、モバイル クライアントには影響しません。


手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 エンド デバイスを管理する各ユーザの隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 ウィンドウ下部にある [End Device] ドロップダウン リストから、設定するオプションを選択します。

表 3-6 では、オプションについて説明します。

 

表 3-6 [End Device] ドロップダウン リストのオプション

オプション
説明
備考

Set Listen Only

IDC または Cisco Unified IP Phone からの音声の伝送を無効にして、ユーザを聞き取り専用に制限します。

ユーザがログインする IDC または Cisco Unified IP Phone、およびユーザが TUI にダイヤルイン通話する電話に影響します。

「[IDC] タブからのエンド デバイスの管理」および「[Associations] タブからのエンド デバイスの管理」で説明するように、ユーザがエンド デバイスから聞き取りまたは送話できるようにするかどうかも制御できます。

Unset Listen Only

IDC または Cisco Unified IP Phone からの音声の伝送を有効にします。

Disable Audio

Cisco IPICS サービスにログインする IDC または Cisco Unified IP Phone のマイクロフォンとスピーカーを無効にして、ユーザが聞き取りや送話を行うことができないようにします。

ユーザがログインする IDC または Cisco Unified IP Phone に影響します。ユーザが TUI にダイヤルイン通話する電話には影響しません。

Enable Audio

Cisco IPICS サービスにログインする IDC または Cisco Unified IP Phone のマイクロフォンとスピーカーを有効にして、ユーザが聞き取りや送話を行うことができるようにします。

Get Authentication Logs

IDC 認証ログ ファイルを取得します。

ユーザが IDC にログインしている場合、その IDC から Cisco IPICS サーバの次のロケーションに、指定されたログ ファイルがコピーされます。

/root/tomcat/current/webapps/ipics_server/pmclogs/
< user_name >/< IDC_ID >/< folder >

表示の意味は次のとおりです。

user_name は、ユーザに割り当てられた一意のユーザ名です。

IDC_ID は、システムが IDC に対して生成する ID です。

folder は、ログ ファイル タイプの名前で、Authentication、Channel Statistics、User Interface、または Debug です。

ログ ファイルの名前は、次の表記法に従います。

< year >.< month >.< day >.< hour(24) >.< minute >.< second >.< millisecond >.log

year month day hour(24) minute second 、および millisecond は、ファイルの作成日時を示します。

ユーザが IDC にログインしていない場合、ログ ファイルの要求は無視されます。

ログ ファイルを要求すると、IDC クライアントによりファイルが閉じ、名前が変更され、新しいファイルが始まります。名前が変更されたファイルが Cisco IPICS サーバにアップロードされると、そのファイルは IDC クライアントから削除されます。

(注) ロギングがオンになっていない場合、ログが空の可能性があります。

これらのログ ファイルの説明については、リリース 4.0 の『 IPICS Dispatch Console User Guide 』の「Using the IDC Application Logs」という章を参照してください。ログ ファイルの関連情報については、「Cisco IPICS オプションの管理」を参照してください。

Get Channel Statistics Logs

IDC チャネル統計ログ ファイルを取得します。

Get User Interface Logs

IDC チャネル インターフェイス ログ ファイルを取得します。

Get Debug Logs

IDC デバッグ ログ ファイルを取得します。


 

[IDC] タブからのエンド デバイスの管理

[User Management: Users] > [ Username ] > [IDC] タブから、ユーザのエンド デバイスに対して次の作業を実行できます。

VTG でのユーザの通信方法を指定する。

IDC ログ ファイルを取得する。

IDC ログ ファイルをオンまたはオフにし、ログ レベルを設定する。

[User Management: Users] > [ Username ] > [IDC] タブからユーザのエンド デバイスを管理するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 ユーザの [User Name] カラムでリンクをクリックします。

ステップ 3 [IDC] タブをクリックします。

ステップ 4 ユーザが VTG でどのように通信するかを指定するには、[IDC Info] 領域で適切なチェックボックスをオンにします。

Disable Audio:IDC のマイクロフォンとスピーカーを無効にします。Cisco Unified IP Phone、ユーザが TUI にダイヤルイン通話する電話、およびモバイル クライアントには影響しません。

Listen Only:IDC、Cisco Unified IP Phone、およびダイヤルイン電話からの音声の伝送を無効にして、ユーザを聞き取り専用に制限します。モバイル クライアントには影響しません。

Allow Latch:ユーザは IDC または Cisco Unified IP Phone のラッチ機能を使用できます。

Advanced IDC Permissions (Multi-select, Tones, DTMF, All Talk):ユーザは、IDC で複数選択、アラート トーン、Dual Tone Multi-Frequency(DTMF)、および All Talk 機能を使用できます。

ステップ 5 IDC ログ ファイルをオンにしたり、ログ レベルを設定したりするには、必要な操作を実行します。

対応するドロップダウン リストから選択して、次の IDC ログ ファイルをオンまたはオフのどちらにするかを選択します。

Authentication

User Interface

Channel Statistics

対応するドロップダウン リストから選択して、次の IDC ログ ファイルのデバッグ レベルを選択します。

Debug Signaling

Debug User Interface

Debug Media


) 不要な IDC ログ ファイルはオンにしないでください。ログ ファイルをオンにする場合は、必要な情報を提供する最下位のデバッグ レベルに設定してください。ログ ファイルは大量のディスク スペースを使用することがあります。デバッグ レベルが高いほど、大量のディスク スペースを使用します。


ステップ 6 IDC からログ ファイルを取得するには、[Get Logs from IDC] ドロップダウン リストの次のオプションから 1 つを選択し、[Get Logs from IDC] をクリックします。

Authentication:IDC 認証ログ ファイルを取得します。

Channels Statistics:IDC チャネル統計ログ ファイルを取得します。

User Interface:IDC ユーザ インターフェイスのログ ファイルを取得します。

Debug:IDC デバッグ ログ ファイルを取得します。

ユーザが IDC にログインしている場合、[Get Logs from IDC] をクリックすると、その IDC から Cisco IPICS サーバの次のロケーションに指定されたログ ファイルがコピーされます。

/root/tomcat/current/webapps/ipics_server/pmclogs/< user_name >/< IDC_ID >/
< folder >

表示の意味は次のとおりです。

user_name は、ユーザに割り当てられた一意のユーザ名です。

IDC_ID は、システムが IDC に対して生成する ID です。

folder は、ログ ファイル タイプの名前で、Authentication、Channel Statistics、User Interface、または Debug です。

ログ ファイルの名前は、次の表記法に従います。

< year >.< month >.< day >.< hour(24) >.< minute >.< second >.< millisecond >.log

year month day hour(24) minute second 、および millisecond は、ファイルの作成日時を示します。

ユーザが IDC にログインしていない場合、ログ ファイルの要求は無視されます。

ログ ファイルを要求すると、IDC クライアントによりファイルが閉じ、名前が変更され、新しいファイルが始まります。名前が変更されたファイルが Cisco IPICS サーバにアップロードされると、そのファイルは IDC クライアントから削除されます。


) ロギングがオンになっていない場合、ログ ファイルが空の可能性があります。


IDC ログ ファイルの詳細については、リリース 4.0 の『 IPICS Dispatch Console User Guide 』を参照してください。ログ ファイルの関連情報については、「Cisco IPICS オプションの管理」を参照してください。

ステップ 7 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

[Associations] タブからのエンド デバイスの管理

[User Management: Users] > [ Username ] > [Associations] タブから、ユーザのエンド デバイスに対して次の作業を実行できます。

IDC または Cisco Unified IP Phone のラッチ機能を有効または無効にする。

IDC または Cisco Unified IP Phone の [Listen Only] を有効または無効にする。

IDC で 音声アクティビティ検出(VAD)を有効または無効にする。

これらの作業は、ユーザが関連付けられている任意のチャネルまたはすべてのチャネルに対して実行できます。

[User Management: Users] > [ Username ] > [Associations] タブからユーザの IDC またはモバイル クライアントを管理するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 ユーザの [User Name] カラムでリンクをクリックします。

ステップ 3 ウィンドウ下部にある [Associations] ボタンをクリックします。

ステップ 4 [Channels] タブが選択されていることを確認してください。

このテーブルには、このユーザに関連付けられているチャネルが表示されます。[Status] フィールドには、チャネルが有効か無効かが表示されます。[Associations Attributes] フィールドには、さまざまなエンド デバイス パラメータの設定が表示されます。

ステップ 5 エンド デバイスのステータスを変更する各チャネルの隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [Change End Device Status] ドロップダウン リストから、設定するオプションを選択します。

表 3-7 では、オプションについて説明します。

 

表 3-7 [Change End Device Status] ドロップダウン リストのオプション

オプション
説明

Allow Latch

ユーザは、IDC または Cisco Unified IP Phone のラッチ機能を使用できます。

Disallow Latch

ユーザは、IDC または Cisco Unified IP Phone のラッチ機能を使用できません。

Set Listen Only

IDC、Cisco Unified IP Phone、またはダイヤルイン電話からの音声の伝送を無効にして、ユーザを聞き取り専用に制限します。

Unset Listen Only

IDC、Cisco Unified IP Phone、またはダイヤルイン電話からの音声の伝送を有効にします。

Enable Audio

Cisco IPICS サービスにログインする IDC または Cisco Unified IP Phone のマイクロフォンとスピーカーを有効にして、ユーザが聞き取りや送話を行うことができるようにします。

ユーザが TUI にダイヤルイン通話する電話には影響しません。

Disable Audio

Cisco IPICS サービスにログインする IDC または Cisco Unified IP Phone のマイクロフォンとスピーカーを無効にして、ユーザが聞き取りや送話を行うことができないようにします。

ユーザが TUI にダイヤルイン通話する電話には影響しません。


) 選択したオプションは即座に適用されます。[Save] をクリックして変更を保存する必要はありません。また、[Cancel] をクリックしても、変更は取り消されません。



 

ユーザの通信プリファレンスの管理

通信プリファレンスでは、ユーザが関連付けられているポリシーが実行されたとき、または Cisco IPICS ディスパッチャがユーザにポリシー エンジンのダイヤルアウト コールを発信したときに、ポリシー エンジンがユーザにどのように連絡するかを指定します。ポリシー エンジンおよび、ポリシー エンジンからユーザが受け取るメッセージの詳細については、「Cisco IPICS ポリシー エンジンの使い方」および「Cisco IPICS ポリシー エンジンの設定と管理」を参照してください。


) ユーザはユーザ プロファイルで、独自のプリファレンスを更新できます。詳細については、「通信プリファレンスの管理」を参照してください。


通信プリファレンスの指定時には、次の情報を入力できます。

通知プリファレンス:ユーザに関連付けられたポリシーが実行されたときの、ユーザへの連絡方法を指定します。また、ディスパッチャがアクティブな VTG にユーザを招待するために通知またはダイヤルアウトを開始する場合にも使用されます。1 つ以上の電子メール、ショート メッセージ サービス(SMS)、またはポケットベル アドレスの組み合わせを使用できます。

無線プリファレンス:IPICS Connect 機能で使用される、無線の 1 つ以上の接続番号を指定します。

IDC ダイヤラ プリファレンス:このフィールドでは、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Express で IDC ダイヤラ機能のために必要になる情報を指定します。

ダイヤル プリファレンス:ユーザに関連付けられたポリシーが実行されたときに、ユーザに連絡するための 1 つ以上の電話番号です。また、ディスパッチャがアクティブな VTG にユーザを招待するためにダイヤルアウトを開始する場合にも使用されます。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「通信プリファレンスの表示、追加、編集、または削除」

「ダイヤル プリファレンスの順序の変更」

「無線プリファレンスの順序の変更」

通信プリファレンスの表示、追加、編集、または削除

ユーザが関連付けられているポリシーが実行されると、ポリシー エンジンは、ユーザの通信プリファレンスを次のように処理します。

通知プリファレンス:ポリシー エンジンは、指定されている各電子メール、ショート メッセージ サービス(SMS)、またはポケットベル アドレスに連絡します。

ダイヤル プリファレンス:ポリシー エンジンから電話をかけるように設定されている場合、有効な ID と PIN を入力したユーザにつながるまで各番号に順番に電話をかけ、受信を確認します。

ユーザの通知プリファレンスとダイヤル プリファレンスを表示、追加、編集、または削除するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 ユーザの [User Name] カラムでリンクをクリックします。

ステップ 3 [Communications] タブをクリックします。

このタブには、次の情報が表示されます。

[Notification Preferences]

Type:ユーザへの通知方法。選択肢は、[Email](通知が電子メール アドレスに送信されるよう指定する)、[Pager](通知が電子メール ゲートウェイを介してポケットベルに送信されるよう指定する)、または [SMS](通知が電子メール ゲートウェイを介して SMS に送信されるよう指定する)です。

Number/Address([Notification Preferences] の下):対応する通知タイプの電子メール アドレス

[Radio Preferences]:

Type:ユーザが使用している無線のタイプです。

Value:無線用の IPICS 接続番号です。

[IDC Dialer Preference](IDC ダイヤラ機能で使用されます):

IDC Dialer Phone Number:ユーザのログイン時に、IDC で Cisco Unified Communications Manager(CUCM)または Cisco Unified Communications Manager Express(CME)への登録のために必要となる一意の番号です。この番号は IDC が、発信者番号を表示するように設定されたデバイスにコールを発信すると、エンド デバイス上に表示されます。このパラメータは、CUCM または CME でも設定する必要があります。

End User Name:ユーザに設定された、CUCM または CME のエンド ユーザ名です。

End User Password:ユーザに設定された、CUCM または CME のエンド ユーザ パスワードです。

Confirm End User Password:[End User Password] フィールドのパスワードを確認します。

[Dial Preferences]:

Type:[Business]、[Car]、[Home] など、ダイヤルするロケーションの説明です。

Dial Number:対応するロケーション タイプの電話番号です。

ステップ 4 通知プリファレンスを追加、編集、または削除するには、[Notification Preferences] 領域で適切な操作を行います。

通知プリファレンスを追加するには、次の手順を実行します。

a. [Add] をクリックします。

b. ドロップダウン リストから、ユーザが通知を受け取る方法(電子メール、ポケットベル、SMS)を選択します。

c. ドロップダウン リストの隣のフィールドに、対応する通知方法の電子メール アドレスを入力します。

[SMS] および [Pager] の場合、電子メール アドレスは、メッセージをデバイスに送信するゲートウェイ用です。

d. [Done] をクリックします。

e. さらに通知プリファレンスを追加するには、必要に応じてこの手順を繰り返します。

通知プリファレンスを編集するには、次の手順を実行します。

a. 編集する通知プリファレンスの隣のチェックボックスをオンにします。

b. [Edit] をクリックします。

c. ドロップダウン リストから、ユーザが通知を受け取る方法を選択します。

d. ドロップダウン リストの隣のフィールドに、対応する通知方法の電子メール アドレスを入力します。

e. [Update] をクリックします。

通知プリファレンスを削除するには、次の手順を実行します。

a. 削除する通知プリファレンスの隣のチェックボックスをオンにします。

b. [Delete] をクリックします。

ステップ 5 無線プリファレンスを追加、編集、または削除するには、[Radio Preferences] 領域で適切な操作を行います。

無線プリファレンスを追加するには、次の手順を実行します。

a. [Add] をクリックします。

b. ドロップダウン リストから、IPICS Connect の番号を設定する無線のタイプを選択します。

c. ドロップダウン リストの隣のフィールドに、無線の IPICS Connect 番号を入力します。

d. [Done] をクリックします。

e. さらにダイヤル プリファレンスを追加するには、必要に応じてこの手順を繰り返します。

無線プリファレンスを編集するには、次の手順を実行します。

a. 編集する無線プリファレンスの隣のチェックボックスをオンにします。

上矢印または下矢印ボタンを使用して、チェック マークを隣のチェックボックスに移動します。

b. [Edit] をクリックします。

c. ドロップダウン リストから、IPICS Connect の番号を設定する無線のタイプを選択します。

d. ドロップダウン リストの隣のフィールドに、無線の IPICS Connect 番号を入力します。

e. [Update] をクリックします。

無線プリファレンスを削除するには、次の手順を実行します。

a. 削除する無線プリファレンスの隣のチェックボックスをオンにします。

上矢印または下矢印ボタンを使用して、チェック マークを隣のチェックボックスに移動します。

b. [Delete] をクリックします。

ステップ 6 IDC ダイヤラ プリファレンスを追加または編集するには、[IDC Dialer Preference] 領域で適切な操作を行います。

a. [IDC Dialer Phone Number] フィールドに、IDC でユーザのログイン時に CUCM または CME への登録のために必要となる一意の番号を入力します。この番号は IDC が、発信者番号を表示するように設定されたデバイスにコールを発信すると、エンド デバイス上に表示されます。このパラメータは、CUCM または CME でも設定する必要があります。

b. [End User Name] フィールドに、ユーザに設定される CUCM または CME のエンド ユーザ名を入力します。

c. [End User Password] フィールドに、ユーザに設定される CUCM または CME のエンド ユーザ パスワードを入力します。

d. [Confirm End User Password] フィールドに、[End User Password] フィールドに入力したパスワードと同じものを再入力します。

ステップ 7 ダイヤルプリファレンスを追加、編集、または削除するには、[Dial Preferences] 領域で適切な操作を行います。

ダイヤル プリファレンスを追加するには、次の手順を実行します。

a. [Add] をクリックします。

b. ドロップダウン リストから、ダイヤル プリファレンスの説明を選択します。

c. ドロップダウン リストの隣のフィールドに、対応するダイヤル プリファレンスの電話番号を入力します。

最初の文字には、必ず数字またはプラス記号(+)を入力してください。

この文字の後ろに、数字、大文字または小文字、スペース、特殊文字(: . , - ( ) # *)を続けて入力できます。入力しなくてもかまいません。

次に、1 つ以上の数字を含める必要があります。

番号は、数字または 1 つ以上のポンド記号(#)またはアスタリスク(*)で終わらせることもできます。

d. [Done] をクリックします。

e. さらにダイヤル プリファレンスを追加するには、必要に応じてこの手順を繰り返します。

ダイヤル プリファレンスを編集するには、次の手順を実行します。

a. 編集する通知プリファレンスの隣のチェックボックスをオンにします。

上矢印または下矢印ボタンを使用して、チェック マークを隣のチェックボックスに移動します。

b. [Edit] をクリックします。

c. ドロップダウン リストから、ダイヤル プリファレンスの説明を選択します。

d. ドロップダウン リストの隣のフィールドに、対応するダイヤル プリファレンスの電話番号を入力します。

このフィールドには、数字、ダッシュ(-)、スペースを入力できます。電話番号に内線が含まれている場合は、内線番号の前に大文字または小文字の X を入力します。

e. [Update] をクリックします。

ダイヤル プリファレンスを削除するには、次の手順を実行します。

a. 削除するダイヤル プリファレンスの隣のチェックボックスをオンにします。

上矢印または下矢印ボタンを使用して、チェック マークを隣のチェックボックスに移動します。

b. [Delete] をクリックします。

ステップ 8 ユーザが関連付けられたポリシーの実行時に、ポリシー エンジンが、[Dial Preference] リストの番号を使用してユーザに電話をかけるようにするには、[Dial after sending notifications] チェックボックスをオンにします。

このチェックボックスをオンにすると、ポリシー エンジンは通知プリファレンスが指定されていなくても、ユーザに電話します。

ステップ 9 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ダイヤル プリファレンスの順序の変更

[Dial after sending notifications] チェックボックスをオンにすると、ユーザが関連付けられたポリシーの実行時に、ポリシー エンジンが、[Dial Preference] リストの番号を使用してユーザに電話をかけます。ポリシー エンジンは、有効な ID と PIN を入力したユーザにつながるまで、リストの各番号に順番に電話をかけ、受信を確認します。

ダイヤル プリファレンスの電話の順序を変更するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 ユーザの [User Name] カラムでリンクをクリックします。

ステップ 3 [Communications] タブをクリックします。

ステップ 4 リストの別の場所に移動するダイヤル プリファレンス タイプの隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 5 リストの上位にダイヤル プリファレンスを移動する場合は 上矢印 ボタンを、下位に移動する場合は 下矢印 ボタンをクリックします。

ステップ 6 他のダイヤル プリファレンスを移動する場合は、必要に応じてステップ 4ステップ 5 を繰り返します。

ステップ 7 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

無線プリファレンスの順序の変更

無線プリファレンス内の無線の順序は指定できます。この機能は、将来的な使用のために予約されています。

無線プリファレンスの順序を指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [Home] トレイにアクセスし、[My Profile] をクリックします。

ステップ 2 [Communications] タブをクリックします。

ステップ 3 リスト内の別の場所に移動する無線プリファレンス タイプの隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 リストの上位に無線プリファレンスを移動する場合は上矢印ボタンを、下位に移動する場合は下矢印ボタンをクリックします。

ステップ 5 他の無線プリファレンスを移動する場合は、必要に応じてステップ 3ステップ 4 を繰り返します。

ステップ 6 [Save] をクリックして変更を保存します。


 

ユーザとリソースの関連付け

Cisco IPICS リソースをユーザと関連付けると、ユーザは、そのリソースに関連するさまざまな機能にアクセスできるようになります。次の関連付け作業を実行できます。

「ユーザと PTT チャネルの関連付け」

「ユーザとポリシーの関連付け」

「ユーザと無線の関連付け」

ユーザと PTT チャネルの関連付け

PTT チャネルをユーザと関連付けると、次のようになります。

ユーザの IDC にチャネルがチャネルとして表示されます。

ユーザが Cisco IPICS 電話サービスにアクセスすると、Cisco Unified IP Phone にチャネルが表示されます。

ユーザはポリシー エンジンのテレフォニー ユーザ インターフェイスからチャネルを使用できるようになります。

PTT チャネルは、[Channels] ウィンドウでユーザと関連付けることもできます。詳細については、「PTT チャネルへのユーザの関連付け」を参照してください。

PTT チャネルをユーザと関連付けるには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行って、チャネルを関連付けるユーザの [Associations] ウィンドウを表示します。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、各タブの下部に表示される [Associations] ボタンをクリックします。

[User Name] の左側にあるチェックボックスをオンにして、[Users] ウィンドウの下部にある [Associations] ボタンをクリックします。


) ユーザのチェックボックスをオンにしない場合や複数のユーザのチェックボックスをオンにした場合は、[Associate] ドロップダウン リストがグレー表示されます。


ステップ 3 [Associations] ウィンドウで、[Channels] タブが選択されていることを確認します。

このタブには、ユーザに関連付けられているチャネル、各チャネルのステータス、そのチャネルを使用するデバイスの属性情報のリストが表示されます。

ステップ 4 [Add] をクリックします。

[Search Results] ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 [Search Results] ウィンドウで、必要に応じて検索条件を指定し、[Go] をクリックして、このユーザに関連付ける 1 つ以上のチャネルを見つけます。

検索結果ウィンドウの使い方については、「検索ウィンドウの使用」を参照してください。

ステップ 6 [Search Results] ウィンドウで、このユーザに関連付ける各チャネルの隣にあるチェックボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

選択したチャネルが、関連付けられたチャネルのリストに表示されます。

このリストからチャネルを削除するには、チャネルの隣にあるチェックボックスをクリックし、[Delete] をクリックして、表示される確認ダイアログボックスで [OK] をクリックします。


 

ユーザとポリシーの関連付け

ユーザとポリシーを関連付けると、ユーザは次の作業を実行できるようになります。

「手動でのポリシーのアクティブ化」で説明されているように、[Policies] ウィンドウからポリシーをアクティブにする。

ポリシー エンジンを呼び出して、ポリシーをアクティブにする。関連情報については、「ポリシー エンジンのテレフォニー ユーザ インターフェイス(TUI)の使い方」を参照してください。

電話機の 1 から 9 までのキーを ホット キー として使用して、対応するキーに関連付けられているポリシーをすばやくアクティブにする。

ポリシーをユーザと関連付けるには、次の手順を実行します。


「ユーザとポリシーの関連付け」で説明されている手順に従って、ポリシーとユーザを関連付けることもできます。


手順


ステップ 1 次のいずれかの操作を行って、ポリシーを関連付けるユーザの [Associations] ウィンドウを表示します。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、各タブの下部に表示される [Associations] ボタンをクリックします。

[User Name] の左側にあるチェックボックスをオンにして、[Users] ウィンドウの下部にある [Associations] ボタンをクリックします。


) ユーザのチェックボックスをオンにしない場合や複数のユーザのチェックボックスをオンにした場合は、[Associate] ドロップダウン リストがグレー表示されます。


ステップ 2 [Associations] ウィンドウで、[Policies] タブをクリックします。

このタブには、ユーザと関連付けられている各ポリシーの名前とタイプが表示されます。

ステップ 3 [Edit] をクリックします。

[Policy Associations] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、次の情報が表示されます。

[Available Policies] リスト:このユーザと関連付けることができるポリシー

[Associated Policies] リスト:ユーザと関連付けられているポリシーまたは [Save] のクリック後にユーザと関連付けられるポリシー

ステップ 4 次のいずれかの操作を実行します。

ポリシーを 1 つのリストから別のリストに移動するには、ポリシーをクリックして強調表示し、[>] または [<] をクリックします。またはポリシーをダブルクリックします。

複数のポリシーを 1 つのリストから別のリストに一度に移動するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらクリックして選択し、[>] または [<] をクリックします。

すべてのポリシーを 1 つのリストから別のリストに一度に移動するには、[>>] または [<<] をクリックします。

ステップ 5 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。

ユーザは、プッシュホン電話機の対応するキーを押して、リストの最初の 9 つのポリシーにアクセスできます。最初のポリシーは、電話機の 1 キーに対応し、9 番目のポリシーは電話機の 9 キーに対応します。

ポリシーの位置を変更するには、その隣にあるチェックボックスをオンにし、上矢印ボタンまたは下矢印ボタンをクリックして、リストの上下に移動します。


 

ユーザと無線の関連付け

無線をユーザと関連付けると、選択した無線が、ユーザの IDC でオプションとして表示されます。さらに、ユーザが、自分に割り当てられた各無線のチャネル セレクタとコントロールにアクセスできるようにするかどうかも選択できます。

無線をユーザに関連付け、チャネル セレクタおよびコントロール特権を設定するには、Cisco IPICS 管理者特権が必要です。

ユーザと関連付けることができる無線の設定については、「無線と無線ディスクリプタの管理」を参照してください。


) 無線は、[Radios] ウィンドウからユーザと関連付けることもできます。詳細については、「[Radios] ウィンドウでのユーザの無線への関連付け」を参照してください。


ユーザと関連付ける無線の指定

無線チャネルをユーザと関連付けるには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行って、チャネルを関連付けるユーザの [Associations] ウィンドウを表示します。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、各タブの下部に表示される [Associations] ボタンをクリックします。

[User Name] の左側にあるチェックボックスをオンにして、[Users] ウィンドウの下部にある [Associations] ボタンをクリックします。


) ユーザのチェックボックスをオンにしない場合や複数のユーザのチェックボックスをオンにした場合は、[Associate] ドロップダウン リストがグレー表示されます。


ステップ 3 [Associations] ウィンドウで、[Radios] タブをクリックします。

このタブには、ユーザと関連付けられている無線のリストが、その情報とともに表示されます。

ステップ 4 [Add] をクリックします。

[Search Results] ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 [Search Results] ウィンドウで、必要に応じて検索条件を指定し、[Go] をクリックして、このユーザに関連付ける 1 つ以上の無線を見つけます。

検索結果ウィンドウの使い方については、「検索ウィンドウの使用」を参照してください。

ステップ 6 [Search Results] ウィンドウで、このユーザに関連付ける各無線の隣にあるチェックボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

選択した無線が、関連付けられた無線のリストに表示されます。

このリストから無線を削除するには、無線の隣にあるチェックボックスをクリックし、[Delete] をクリックして、表示される確認ダイアログボックスで [OK] をクリックします。


 

無線許可の指定

Cisco IPICS 管理者は、ユーザと関連付けられた各無線に次の権限を指定できます。権限は、設定している無線だけに適用されます。

Channel Selector Permissions:設定中の無線で指定したチャネルに、ユーザがチューニングできるようにします。

Control Selector Permissions:設定中の無線で指定したコントロールをユーザが使用できるようにします。

チャネル セレクタやコントロールを指定しない場合、ユーザは無線のチャネルの聞き取りはできますが、チャネルの変更(再チューニング)や無線機能の制御は行うことができません。

ユーザに関連付けられている無線に権限を指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行って、チャネルを関連付けるユーザの [Associations] ウィンドウを表示します。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、各タブの下部に表示される [Associations] ボタンをクリックします。

[User Name] の左側にあるチェックボックスをオンにして、[Users] ウィンドウの下部にある [Associations] ボタンをクリックします。


) ユーザのチェックボックスをオンにしない場合や複数のユーザのチェックボックスをオンにした場合は、[Associate] ドロップダウン リストがグレー表示されます。


ステップ 3 [Associations] ウィンドウで、[Radios] タブをクリックします。

ステップ 4 権限を指定する無線の隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 5 ユーザが無線から選択できるチャネルを指定するには、次の操作を行います。

a. [Radio Permissions] ドロップダウン リストから [Channel Selector Permissions] を選択します。

[User Radio Permissions] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、次の情報が表示されます。

[Available Channel Selectors] リスト:無線に設定されているチャネル

[Permitted Channel Selectors] リスト:ユーザが通信できるチャネル、または [Save] のクリック後にユーザが通信できるようになるチャネル

b. 次のいずれかの操作を実行します。

チャネルを 1 つのリストから別のリストに移動するには、チャネルをクリックして強調表示し、[>] または [<] をクリックします。またはチャネルをダブルクリックします。

複数のチャネルを 1 つのリストから別のリストに一度に移動するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらクリックして選択し、[>] または [<] をクリックします。

すべてのチャネルを 1 つのリストから別のリストに同時に移動するには、[>>] または [<<] をクリックします。

c. [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。

ステップ 6 ユーザが無線でアクセスできるコントロールを指定するには、次の操作を行います。

a. [Radio Permissions] ドロップダウン リストから [Control Function Permissions] を選択します。

[User Radio Permissions] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、次の情報が表示されます。

[Available Control Functions] リスト:無線で使用できるコントロール

[Permitted Control Functions] リスト:ユーザが使用できるコントロール、または [Save] のクリック後にユーザが使用できるようになるコントロール

b. 次のいずれかの操作を実行します。

コントロール機能を 1 つのリストから別のリストに移動するには、コントロール機能をクリックして強調表示し、[>] または [<] をクリックします。またはコントロール機能をダブルクリックします。

複数のコントロール機能を 1 つのリストから別のリストに一度に移動するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらクリックして選択し、[>] または [<] をクリックします。

すべてのコントロール機能を 1 つのリストから別のリストに同時に移動するには、[>>] または [<<] をクリックします。

c. [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザの ops ビューの管理

ユーザの ops ビューを管理するには、次の作業を実行します。

「ユーザが属する ops ビューの選択」

「ops ビューとユーザの関連付け」

ユーザが属する ops ビューの選択

ユーザは、1 つの ops ビューだけに属することができます。この ops ビューを指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 [User Name] カラムで、ops ビューを関連付けるユーザのリンクをクリックします。

ステップ 3 [General] タブを選択します。

ステップ 4 [Ops Views] 領域の [Belongs To] ドロップダウン リストから、ユーザ グループが属する ops ビューを選択します。

ステップ 5 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ops ビューとユーザの関連付け

特定のユーザにアクセスできる 1 つ以上の ops ビューを指定できます。

ユーザにアクセスできる ops ビューを表示するには、Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイから [Users] をクリックし、[General] タブを選択して、[Ops Views] 領域の [Accessible To] リストを参照します。

特定のユーザにアクセスできる ops ビューを指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行って、ops ビューをユーザに関連付けます。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、[General] タブをクリックし、[Ops View] 領域で [Edit] をクリックします。

ユーザの [User Name] の左側にあるチェックボックスをオンにし、[Users] ウィンドウの右下にある [Associate] ドロップダウン リストから [Ops Views] を選択します。


) ユーザのチェックボックスをオンにしない場合や複数のユーザのチェックボックスをオンにした場合は、[Associate] ボタンがグレー表示されます。


[Ops View to User Association] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、次の情報が表示されます。

Available Ops Views:Cisco IPICS で設定され、ユーザに関連付けることができる ops ビュー

Associated Ops Views:ユーザと関連付けられている ops ビューまたは [Save] のクリック後にユーザと関連付けられる ops ビュー

ステップ 3 次のいずれかの操作を実行します。

1 つのリストから別のリストに ops ビューを移動するには、ops ビューをクリックして強調表示し、[>] または [<] をクリックします。または、ops ビューをダブルクリックします。

複数の ops ビューを 1 つのリストから別のリストに一度に移動するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらクリックして選択し、[>] または [<] をクリックします。

リスト間で一度にすべての ops ビューを移動するには、[>>] または [<<] をクリックします。

ステップ 4 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザのプロンプトの管理

ポリシー エンジンを使用している場合、ユーザには音声ユーザ名プロンプトを関連付けることができます。このプロンプトは、ユーザが Cisco IPICS テレフォニー ユーザ インターフェイスにログインすると再生されます。

[Users] ウィンドウの [Prompt] フィールドは、音声ユーザ名プロンプトが録音されているかどうかを示します。[Prompt] カラムのユーザの [Not Recorded] または [Recorded] リンクをクリックして、音声ユーザ名プロンプトを録音および管理できます。

[Prompt] カラムでリンクをクリックすると、[Spoken Names] ウィンドウが表示されます。[Not Recorded] をクリックした場合、初めてのプロンプトを録音できます。[Recorded] をクリックした場合、プロンプトを再録音できます。プロンプトの録音または再録音方法については、「音声ユーザ名プロンプトの録音」を参照してください。

ユーザが参加する VTG に関する情報の表示

ユーザが参加している VTG のリストを表示し、その VTG のステータスを参照できます。ユーザは、次の方法で VTG の参加者になります。

Cisco IPICS ディスパッチャがユーザを VTG に追加する。

Cisco IPICS ディスパッチャが、ユーザを含むユーザ グループを VTG に追加する。

関連情報については、「Cisco IPICS ディスパッチャのタスク」を参照してください。

ユーザが参加している VTG のリストを表示するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 次のいずれかの操作を行って、関連付けられた VTG を表示するユーザの [Associations] ウィンドウを表示します。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、各タブの下部に表示される [Associations] ボタンをクリックします。

[User Name] の左側にあるチェックボックスをオンにして、[Users] ウィンドウの下部にある [Associations] ボタンをクリックします。


) ユーザのチェックボックスをオンにしない場合や複数のユーザのチェックボックスをオンにした場合は、[Associate] ドロップダウン リストがグレー表示されます。


ステップ 2 [Associations] ウィンドウで、[Virtual Talk Groups] タブをクリックします。

このタブには、ユーザに関連付けられている VTG と各 VTG のステータスが表示されます。


 

ユーザ ステータスの管理

ユーザのステータスの管理作業には、ユーザが Cisco IPICS にアクセスできるかどうかの指定やシステムからのユーザの削除が含まれる場があります。ユーザ ステータスの管理の詳細については、次の項を参照してください。

「ユーザ ステータスの変更」

「ユーザ アカウントのロックまたはロック解除」

「削除されたシステム管理者ユーザの回復」

「ユーザの削除」

ユーザ ステータスの変更

ユーザのステータスは次のどちらかです。

Enabled:ユーザはエンド デバイス(IDC、Cisco Unified IP Phone、ダイヤルイン電話、モバイル クライアント)から Cisco IPICS にログインできます。

Disabled:ユーザはエンド デバイス(IDC、Cisco Unified IP Phone、ダイヤルイン電話、モバイル クライアント)から Cisco IPICS にログインできません。

現在 Cisco IPICS にログインしているユーザを無効にすると、そのログイン セッションは自動的に終了します。

1 人のユーザまたは複数のユーザのステータスを一度に変更できます。

ユーザの現在のステータスを確認するには、[User Management] トレイにアクセスし、[Users] をクリックして、ユーザの [Status] カラムの情報を見ます。

ユーザのステータスを変更するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行います。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、ユーザの [User Management] ウィンドウを開き、[Enable] または [Disable] をクリックします。

[User Management] ウィンドウの左下に [Enable] または [Disable] ボタンが表示されます。ボタンの名前は、ユーザの現在のステータスによって異なります。

ステータスを変更する各ユーザの隣にあるチェックボックスをオンにし、[Change Status] ドロップダウン リストから実行する操作([Enable Users] または [Disable Users])を選択します。


 

ユーザ アカウントのロックまたはロック解除

アカウントがロックされているユーザは、Cisco IPICS システムにログインできません。既存のログインは、ユーザがシステムからログアウトするまで機能します。

ユーザ アカウントは、次の場合にロックされることがあります。

Cisco IPICS 管理者がユーザ ロックアウトを設定していて、ユーザによる無効ログインの試みが指定回数を超えた場合。詳細については、「Cisco IPICS システムの管理作業」を参照してください。

Cisco IPICS オペレータが、この項の説明に従ってユーザ アカウントをロックした場合。

ユーザが Cisco IPICS にログインできるようにするには、Cisco IPICS オペレータがロックされたユーザ アカウントをロック解除する必要があります。


) オペレータまたは All(すべて)ロールを持つユーザだけが、この項の説明に従ってユーザ アカウントをロック解除できます。Cisco IPICS にアクセスできる、これらのロールをもつユーザがいない場合(自分自身がロックされている場合など)、enableuser コマンドを使用して、ユーザ アカウントをロック解除できます。ご不明な点があれば、シスコまでお問い合わせください。


ユーザ アカウントをロックまたはロック解除するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行います。

[User Name] カラムでユーザのリンクをクリックし、ユーザの [User Management] ウィンドウを開き、[Lock] または [Unlock] をクリックします。

[User Management] ウィンドウの左下に [Lock] または [Unlock] ボタンが表示されます。ボタンの名前は、ユーザ アカウントの現在のステータスによって異なります。

ステータスを変更する各ユーザの隣にあるチェックボックスをオンにし、[Change Status] ドロップダウン リストから実行する操作([Lock Account] または [Unlock Account])を選択します。


 

削除されたシステム管理者ユーザの回復

オペレータとしてログインし、新しいシステム管理者ユーザ ID を作成すれば、削除されたシステム管理者ユーザ ID を回復できます。


) 削除されたシステム管理者ユーザ ID を回復するには、オペレータ特権が必要です。


システム管理者ロールを回復するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 オペレータ ユーザ名とパスワードを使用して、サーバにログインします。

ステップ 2 Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 3 [Add] をクリックします。

ステップ 4 アスタリスクで示される必須フィールドに、ユーザ情報を入力します。

ステップ 5 [Roles] ドロップダウン リストから、ユーザ ロールとして [System Administrator] または [All] を選択します。

SYSTEM ops ビューに新しいユーザが表示され、管理タスクを実行できるようになります。


 

新しいユーザの追加の詳細については、「ユーザの追加」を参照してください。

ユーザの削除

ユーザが必要なくなった場合、Cisco IPICS からそのユーザを削除できます。1 人のユーザまたは複数のユーザを一度に削除できます。

Cisco IPCS にログインしているユーザまたは Cisco IPICS とアクティブな接続をもつユーザを削除する場合(アクティブな VTG に関連付けられているユーザなど)、そのユーザは Cisco IPICS により無効化され、その後削除されます。

ユーザを削除するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [Users] をクリックします。

ステップ 2 削除する各ユーザの隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

削除の確認を求めるダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 削除を確定する場合は、[OK] をクリックします。

ユーザを削除しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザ グループの管理

ユーザ グループは、ユーザの論理グループです。Cisco IPICS ディスパッチャが VTG にユーザ グループを追加すると、そのグループのユーザ全員が VTG の参加者になります。

この項では、次のユーザ グループ管理作業について説明します。

「[User Groups] ウィンドウの概要」

「ユーザ グループの追加」

「ユーザ グループへのメンバの追加」

「ユーザ グループの ops ビューの管理」

「ユーザ グループ名の変更」

「ユーザ グループが参加する VTG に関する情報の表示」

「ユーザ グループの削除」

[User Groups] ウィンドウの概要

[User Groups] ウィンドウには、Cisco IPICS に追加した各ユーザ グループに関する情報が表示されます。さまざまなユーザ グループ管理機能も実行できます。

[User Groups] ウィンドウを表示するには、[User Management] トレイにアクセスし、[User Groups] をクリックします。

表 3-8 では、[User Groups] ウィンドウの項目について説明します。

 

表 3-8 [User Groups] ウィンドウの項目

項目
説明
参照先

フィルタ

[Name] フィールド

ユーザ名、名、または姓が入力した文字列(大文字と小文字は区別されません)で始まるユーザだけを表示できます。

「検索ウィンドウの使用」を参照してください。

[Ops View] ドロップダウン リスト

選択した情報と一致する ops ビューに関連付けられたユーザだけを表示できます。

[Go] ボタン([Users] 領域)

選択したフィルタに従ってユーザを表示します。

[Clear Filter] ボタン

フィルタ選択を削除し、空白のユーザ リストを表示します。

ユーザ グループ情報

[User Group Name] フィールド

ユーザ グループに割り当てられた名前。

「ユーザ グループの追加」を参照してください。

[Ops View] フィールド

ユーザ グループが属している ops ビュー。

「ユーザ グループの ops ビューの管理」を参照してください。

[Add] ボタン

新しいユーザ グループを追加できます。

「ユーザ グループの追加」を参照してください。

[Copy] ボタン

新規ユーザ グループの追加時に、既存のユーザ グループから情報をコピーできます。

[Delete] ボタン

ユーザ グループを削除できます。

「ユーザ グループの削除」を参照してください。

[Associations] ボタン

ユーザ グループの [Associations] ウィンドウを表示します。

「ユーザ グループが参加する VTG に関する情報の表示」を参照してください。

表示コントロール

[Rows per page] ドロップダウン リスト

ユーザ リスト ページに含めるユーザの行数を指定します。

「項目リストの移動」を参照してください。

[Page] フィールド

特定のページにユーザを表示します。

[|<] (最初のページ)ボタン

ユーザ リストの最初のページを表示します。

[<] (前のページ)ボタン

ユーザ リストの前のページを表示します。

[>] (次のページ)ボタン

ユーザ リストの次のページを表示します。

[>|] (最後のページ)ボタン

ユーザ リストの最後のページを表示します。

ユーザ グループの追加

ユーザ グループを追加すると、Cisco IPICS を利用できるようになります。

既存のユーザ グループと同じ ops ビューに属するユーザ グループや、同じメンバをもつユーザ グループを追加する場合は、既存のユーザ グループの情報をコピーして作業を開始すると便利です。情報をコピーすると、[New User Group] 領域が開き、ユーザ グループ名を除く、既存のユーザ グループに保存されている情報が入力されます。

ユーザ グループは、ロケーション(「南側」ユーザなど)や機能(「翻訳者」など)に従って作成し、名前を付けると便利です。

新規ユーザ グループを追加するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [User Groups] をクリックします。

ステップ 2 [Manage Users: User Groups] 領域で、次のいずれかの操作を行います。

空白の [New User] ウィンドウからユーザの追加を開始するには、[Add] をクリックします。

既存のユーザ グループに基づく情報を含む [New User] ウィンドウからユーザ グループの追加を開始するには、既存のユーザ グループの隣にあるチェックボックスをオンにして、[Copy] をクリックします。


) 既存のユーザ グループのチェックボックスをオンにしない場合や複数の既存のユーザ グループをオンにした場合、[Copy] ボタンはグレー表示されます。


[New User Group] 領域が表示されます。[Copy] をクリックした場合、このウィンドウには、ユーザ グループ名を除く、既存のユーザ グループの情報が表示されます。

ステップ 3 [User Group Name] フィールドに、このユーザ グループの一意の名前を入力します。

名前には英数字、スペース、および次の中の任意の特殊文字を含めることができます(. , - ‘ # ( ) / : _)。

[Description] フィールドには、ユーザ グループの説明を入力します。

ステップ 4 [Ops View] ドロップダウン リストから、このユーザ グループが属する ops ビューを選択します。

ステップ 5 必要に応じて、 表 3-9 で説明されているタスクを実行します。

これらのすべてのタスクを、ここで実行する必要はありません。この情報は、後で入力または更新できます。

 

表 3-9 Cisco IPICS ユーザを追加するためのタスク

タスク
参照先

[General] タブで、このユーザ グループにアクセスできる ops ビューを指定します。

「ユーザ グループの ops ビューの管理」を参照してください。

ユーザ グループの保存後、[Members] タブで、このユーザ グループのメンバとなるユーザを指定します。

「ユーザ グループへのメンバの追加」を参照してください。

ステップ 6 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザ グループへのメンバの追加

ユーザ グループに追加するユーザは、そのユーザ グループの メンバ となります。ユーザ グループのメンバ数に制限はありません。また、ユーザがメンバとなれるユーザ グループにも制限はありません。

ユーザ グループにメンバを追加するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [User Groups] をクリックします。

ステップ 2 [User Group Name] カラムで、メンバを追加するユーザ グループのリンクをクリックします。

ステップ 3 [Members] タブを選択します。

このタブには、このユーザ グループの各メンバに関する次の情報が表示されます。

User Name:ユーザに割り当てられたユーザ名。

Last Name:ユーザの姓。

First Name:ユーザの名。

End Device Status:次のアイコンが表示されます。

:ユーザの IDC、Cisco Unified IP Phone、ダイヤルイン電話、およびモバイル クライアントの音声が無効になっているため、ユーザはチャネルまたは VTG での送話や聞き取りを行うことはできません。

:ユーザの IDC、Cisco Unified IP Phone、ダイヤルイン電話、およびモバイル クライアントのマイクロフォンが無効になっているため、ユーザはチャネルまたは VTG での送話を行うことはできません。

Status:ユーザが有効になっているか無効になっているかを示します。

Account Status:ユーザ アカウントがロックされているか利用可能かを示します。

ユーザを [Group Members] リストから [Available Users] に移動すると、ユーザはユーザ グループから削除されます。

[Search Results] ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 [Search Results] ウィンドウで、必要に応じて検索条件を指定し、[Go] をクリックして、このユーザ グループに追加する 1 人以上のユーザを見つけます。

検索結果ウィンドウの使い方については、「検索ウィンドウの使用」を参照してください。

ステップ 5 [Search Results] ウィンドウで、このユーザ グループに追加する各ユーザの隣にあるチェックボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

選択したユーザが、メンバのリストに表示されます。

このリストからユーザを削除するには、ユーザの隣にあるチェックボックスをクリックし、[Delete] をクリックして、表示される確認ダイアログボックスで [OK] をクリックします。


 

ユーザ グループの ops ビューの管理

ユーザ グループの ops ビューを管理するには、次の作業を実行します。

「ユーザ グループが属する ops ビューの選択」

「ops ビューとユーザ グループの関連付け」

ユーザ グループが属する ops ビューの選択

ユーザ グループは、1 つの ops ビューに属することができます。この ops ビューを指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [User Groups] をクリックします。

ステップ 2 [User Group Name] カラムで、ops ビューを関連付けるユーザ グループのリンクをクリックします。

ステップ 3 [General] タブを選択します。

ステップ 4 [Ops Views] 領域の [Belongs To] ドロップダウン リストから、ユーザ グループが属する ops ビューを選択します。

ステップ 5 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ops ビューとユーザ グループの関連付け

特定のユーザ グループにアクセスできる 1 つ以上の ops ビューを指定できます。

ユーザ グループにアクセスできる ops ビューを表示するには、Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイから [User Groups] をクリックし、ユーザ グループのリンクをクリックして、[Ops Views] 領域の [Accessible To] リストを表示します。

特定のユーザ グループにアクセスできる ops ビューを指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [User Groups] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行って、ops ビューをユーザ グループに関連付けます。

[User Group Name] カラムで、ユーザ グループのリンク、[General] タブ、[Ops View] 領域の [Edit] の順にクリックします。

ユーザ グループの [User Group Name] の左側にあるチェックボックスをオンにして、[User Groups] ウィンドウの右下の [Associate Ops Views] をクリックします。


) ユーザ グループのチェックボックスをオンにしない場合や複数のユーザ グループのチェックボックスをオンにした場合は、[Associate Ops Views] ボタンがグレー表示されます。


[Ops View to User Association] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、次の情報が表示されます。

Available Ops Views:Cisco IPICS で設定され、ユーザ グループに関連付けることができる ops ビュー

[Associated Channels] リスト:ユーザ グループと関連付けられている ops ビューまたは [Save] のクリック後にユーザ グループと関連付けられる ops ビュー

ステップ 3 次のいずれかの操作を実行します。

1 つのリストから別のリストに ops ビューを移動するには、ops ビューをクリックして強調表示し、[>] または [<] をクリックします。または、ops ビューをダブルクリックします。

複数の ops ビューを 1 つのリストから別のリストに一度に移動するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらクリックして選択し、[>] または [<] をクリックします。

リスト間で一度にすべての ops ビューを移動するには、[>>] または [<<] をクリックします。

ステップ 4 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザ グループ名の変更

ユーザ グループの名前はいつでも変更できます。これを行うには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [User Groups] をクリックします。

ステップ 2 [User Group Name] カラムで、情報を表示または更新する ユーザ グループのリンクをクリックします。

ステップ 3 [General] タブを選択します。

ステップ 4 [User Group Name] フィールドに、このユーザ グループの新しい名前を入力します。

名前には英数字、スペース、および次の中の任意の特殊文字を含めることができます(. , - ‘ # ( ) / : _)。

ステップ 5 [Save] をクリックして変更を保存します。

変更を保存しない場合は、[Cancel] をクリックします。


 

ユーザ グループが参加する VTG に関する情報の表示

ユーザ グループが参加している VTG のリストを表示し、その VTG のステータスを参照できます。Cisco IPICS ディスパッチャがユーザ グループを VTG に追加すると、そのユーザ グループは VTG の参加者となります。

関連情報については、「Cisco IPICS ディスパッチャのタスク」を参照してください。

ユーザ グループが参加している VTG のリストを表示するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [User Groups] をクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの操作を行います。

[User Group Name] カラムで、ユーザ グループのリンクをクリックしてから、[Users] ウィンドウの下部で [Associations] をクリックします。

ユーザ グループの [User Group Name] の左側にあるチェックボックスをオンにして、[User Groups] ウィンドウの下部にある [Associations] をクリックします。

ユーザが参加している各 VTG について、次の情報が表示されます。

VTG Name:VTG の名前

Status:VTG がアクティブか非アクティブか


 

ユーザ グループの削除

不要になったユーザ グループは削除して、ユーザを整理できます。1 つのユーザ グループまたは複数のユーザ グループを一度に削除できます。

ユーザ グループを削除するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco IPICS Administration Console の [User Management] トレイで [User Groups] をクリックします。

ステップ 2 削除する各ユーザ グループの隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

削除の確認を求めるダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 削除を確定する場合は、[OK] をクリックします。

ユーザ グループを削除しない場合は、[Cancel] をクリックします。