Cisco MetroPlanner DWDM オペレーション ガイド Software Release 7.0.1
ネットワーク モデル例
ネットワーク モデル例
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ネットワーク モデル例

ネットワーク モデル例

この章では、Cisco MetroPlanner を使用する場合のモデルになる、一般的な光ネットワークの例を紹介します。

この章の構成は、次のとおりです。

「サポートされる Cisco MetroPlanner トポロジー」

「バス トポロジー」

「ハブ リング トポロジー」

「メッシュ トポロジー」

3.1 サポートされる Cisco MetroPlanner トポロジー

Cisco MetroPlanner は、次のネットワーク トポロジーをサポートします。

バス(シングル スパン、ポイントツーポイント、およびリニア)

オープン(またはハブ)リング

クローズド(またはメッシュ)リング

この章では、各トポロジーの例を紹介します。

3.2 バス トポロジー

バス トポロジーには、シングル スパン、ポイントツーポイント、およびリニアの 3 種類のトポロジーが含まれます。

3.2.1 シングルスパン トポロジー

図3-1 に、シングルスパン トポロジーの例を示します。シングルスパン トポロジーは、シングル スパン リンクに特徴があります。シングルスパン構成がサポートするのは、中間に回線増幅器も Optical Add/Drop Multiplexing(OADM; 光分岐挿入)サイトのない、2 つの終端サイト(完全終端または柔軟性のあるチャネルカウント終端)だけです。

図3-1 シングル スパン トポロジーの例

 

3.2.2 ポイントツーポイント トポロジー

図3-2 に、ポイントツーポイント トポロジーの例を示します。ポイントツーポイント トポロジーでは、すべての波長がチェーンの同じ位置で終端します。ポイントツーポイント構成では、中間サイトでチャネルの分岐または挿入は行われません。

図3-2 ポイントツーポイント トポロジーの例

 

3.2.3 リニア トポロジー

図3-3 に、リニア トポロジーの例を示します。リニア構成は、2 つの終端サイト(完全終端または柔軟性のあるチャネルカウント終端)の存在に特徴があります。2 つの終端サイト間に、OADM ノードまたは回線増幅器ノードを追加できます。リニア構成では、特定の波長ごとにチェーンの異なる位置で終端します。プロビジョニングできるのは、非保護トラフィックだけです。

図3-3 リニア トポロジーの例

 

3.3 ハブ リング トポロジー

図3-4 に、ハブ リング トポロジーの例を示します。この構成では、1 つ以上のサイトをハブ サイトとして、そこですべてのチャネルを終端させる必要があります。

図3-4 ハブ リング トポロジーの例

 

3.4 メッシュ トポロジー

図3-5 に、メッシュ リング トポロジーの例を示します。メッシュ リングは、ハブ ノードがないことが特徴です。

図3-5 メッシュ リング トポロジーの例