Cisco Edge Craft ソフトウェア ガイド Software Release 2.0
トラフィック ポート管理
トラフィック ポート管理
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

トラフィック ポート管理

トラフィック ポート管理

5.1 ポート タイプについて

ONS 15305 には、他の製品と比較して、さまざまなポート タイプを装備できるという利点があります。ポートには、基本ユニットとして必ず装備されるものもあります(管理ポート、AUX ポート、アラーム入出力ポートなど)。アラーム ポートおよび補助ポートは、作成も削除もできません。

「ネットワーク要素管理インターフェイスの管理」「アラーム ポート」、および「AUX ポート - ONS 15305」も参照してください。

トラフィック ポートは、交換可能なトラフィック モジュールで使用できます。特定のトラフィック モジュールをサポートするように設定されているスロットがある場合、そのモジュールの各ポートは、「ONS 15305 でのスロットの管理」で説明しているように、自動的に作成されます。

この章では、トラフィック ポートの設定について説明します。この章の構成は、次のとおりです。

SDH ポート

PDH ポート

LAN ポート

WAN ポート

5.2 トラフィック ポートの選択

トラフィック ポートは、トラフィック モジュールのスロット 1~4 に常設されています。ONS 15305 では、モジュールおよびポートの管理対象オブジェクトは、スロットが、特定のモジュール タイプ用に設定されている場合に使用可能になります。ここでは、搬送するトラフィックに関係なくトラフィック ポートを選択する方法について説明します。


ステップ 1 ONS 15305 管理対象オブジェクトをクリックしてから、管理ツリーで(ポートの存在する)スロット管理対象オブジェクトをクリックします。

ステップ 2 スロットが展開表示されたら、該当するポート番号のポート管理対象オブジェクトをクリックします。

ステップ 3 ポートが選択され、そのポートの物理特性や電気特性に関連する属性が、属性ビューに表示されます。物理ポートでは、通常、プロトコル(たとえば SDH などの)の搬送を行いますが、それらのプロトコルは管理ツリーから指定することができます。


 

5.3 SDH ポート


) この章の手順には、ONS 15302 と ONS 15305 の両方に共通するものがあります。ONS 15305 だけに適用される手順の場合は、手順の見出しに明記してあります。


5.3.1 ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)

作成したばかりの SDH ポートは、デフォルトで構造化(またはチャネル化)されていません。SDH ポート、rs、ms、および aug1 の管理対象オブジェクトだけが使用できます。この状態では、STM-N フレーム内のパスは、終端することも、相互接続することもできませんが、SDH ポートは、MSP 保護スキームの保護ポートや同期ソース候補として使用できます。SDH ポートは、DCC チャネルで、DCN トラフィックも搬送できます。

SDH ポートを構造化するのは、STM-N フレーム内のパスを識別し、識別したパスを相互接続に使用できるようにするためです。SDH ポートを構造化すると、管理ツリーで展開表示され、相互接続に使用可能になった終端地点が表示されます。

5.3.1.1 SDH Structuring Wizard

このウィザードを使用すると、SDH オブジェクトの構造の変更が可能になります。必要とする構造のタイプを設定するには、次の手順を実行します。

図5-1 SDH Structuring Wizard の開始

 


ステップ 1 設定する SDH ポートを選択します。

ステップ 2 右クリックしてから、Structure を選択します。

図5-2 SDH Structuring Wizard

 

Finish ボタンを押すまで変更は実行されません。ウィザードの実行は、Cancel ボタンを押して、いつでも中止できます。

Structure Information:現在の SDH 構造が表示されます。この後設定する内容により、この構造が変更されます。

Structure Type:設定するSDH 構造のタイプを選択します。

Completing the Structure SDH Structuring Wizard:Finish ボタン押したときに実行される変更の内容をすべて表示します。

次の項で、管理ツリーを使用して構造化を実行する方法を示します。


 

5.3.1.2 相互接続の AU4 終端地点


ステップ 1 SDH ポートを選択します(図5-3 を参照)。

ステップ 2 SDH ポートが展開表示されたら、rs を選択してから、ms 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 構造化する aug1 管理対象オブジェクトを選択します (STM-N ポートには、N 個の aug1 オブジェクトが存在します)。

図5-3 Aug1 管理対象オブジェクトの選択

 

ステップ 4 Structure 属性に au4ToCrossConnect を設定します(図5-4 を参照)。

図5-4 Structure 属性の設定

 

ステップ 5 ツールバーの Save をクリックします。

ステップ 6 ポート上に au4ToCrossconnect として構造化する必要のある aug1 オブジェクトが他にもある場合は、それらに対しても同じ手順を繰り返します。


 

5.3.1.3 XC の Tu3 終端地点

XC の Tu3 終端地点


ステップ 1 「相互接続の AU4 終端地点」 に説明されているステップ 1 からステップ 3 までを実行します。

ステップ 2 Structure 属性に tug3x3 を設定します。

ステップ 3 au4、vc4 を選択してから、構造化する tug3 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 4 Structure 属性に tu3ToCrossConnect を設定します。

ステップ 5 ツールバーの Save をクリックします。

ステップ 6 ポート上に tu3ToCrossconnect として構造化する必要のある tug3 オブジェクトが他にもある場合は、それらに対しても同じ手順を繰り返します。


 

5.3.1.4 XC の Tu12 管理対象オブジェクト

XC の Tu12 管理対象オブジェクト


ステップ 1 「相互接続の AU4 終端地点」に説明されているステップ 1 からステップ 3 までを実行します。

ステップ 2 tug3 管理対象オブジェクトの Structure 属性に tu12x21 を設定します。

ステップ 3 ツールバーの Save をクリックします。

ステップ 4 ポート上に x21tu12 として構造化する必要のある tug3 オブジェクトが他にもある場合は、それらに対しても同じ手順を繰り返します。


 

5.3.2 ONS 15305 SDH ポート構造の修正または削除

関係している終端地点が相互接続されていなければ、SDH ポートの構造は、修正、削除することも可能です。

5.3.2.1 Tu12 オブジェクトと Tu3 オブジェクト間の修正

Tu12 オブジェクトと Tu3 オブジェクト間の修正


ステップ 1 修正対象の tug3 オブジェクトに属する tu12 終端地点または tu3 終端地点で終端する相互接続をすべて削除します。

ステップ 2 SDH ポートの tu3 終端地点または tu12 終端地点を相互接続用に使用可能にする場合は、「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」 のガイドラインに従います。


 

5.3.2.2 Au4 と Tu3 または Au4 と Tu12 の各オブジェクト間の修正

Au4 と Tu3 または Au4 と Tu12 の各オブジェクト間の修正方法


ステップ 1 修正対象の aug1 オブジェクトに属する終端地点の au4、tu12、または tu3 で終端する相互接続をすべて削除します。

ステップ 2 修正対象の aug1 オブジェクトに含まれているすべての tug3 オブジェクトについて、tug3 構造に unStructured を設定します(「Tu12 オブジェクトと Tu3 オブジェクト間の修正」を参照)。

ステップ 3 SDH ポートの終端地点の au4、tu3、または tu12 を相互接続用に使用可能にする場合は、「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」のガイドラインに従います。


) 構造の修正は、既存の終端地点を削除した後、新しい終端地点を作成する(新しい構造が unStructured でない場合)ことで行います。不測のトラフィック損失を避けるため、ONS 15305 で行う構造の修正は、構造オブジェクトに属するすべての相互接続が削除された後でなければできません。



) aug1 を修正する場合は、その前に、含まれているすべての tug3 オブジェクトの構造を unStructured に設定しておく必要があります。



 

5.3.3 パス トレース ID の設定と読み取り

パス トレースは、SDH ポートの次の 2 つのレベルで使用できます。

リンクの反対側の STM-N ポートで終端する RS パス トレース

VC-4 パスが終端する SDH ノードで終端する VC-4 パス トレース

5.3.3.1 RS パス トレース ID の設定または読み取り

RS パス トレース ID の設定または読み取りの方法は、次のとおりです。


ステップ 1 SDH ポートを選択します。

ステップ 2 SDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、rs をクリックします。

ステップ 3 PathTrace をクリックします。

ステップ 4 必要に応じて次の属性を設定します。

PathTrace

PathTraceReceived と PathTraceExpected が一致していないときに TIM アラームを報告する場合は、有効に設定します。

PathTraceExpected

パスの反対側から受信するパス トレース ID の値を入力します。

PathTraceTransmitted

パスの反対側に送信するパス トレース ID の値を入力します。

ステップ 5 必要に応じて次の属性を必要に応じて読み取ります。

PathTraceReceived

リンクの反対側から実際に受信されるパス トレース ID

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。


 

5.3.3.2 VC-4 パス トレース ID の設定または読み取り


) VC4 パス トレースは、SDH ポートが、VC-4 オブジェクトで構造化されている、つまり、aug1 構造が tug3x3 である場合に限り使用可能になります(「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」を参照)。



ステップ 1 SDH ポートを選択します。

ステップ 2 SDH ポートが展開表示されたら、 rs を選択してから、ms 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 測定する vc4 を含む aug1 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 4 SDH ポートが展開表示されたら、au4 を選択してから、vc4 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 5 PathTrace をクリックします。

属性は、RS パス トレースの ステップ 4 の場合と同じです。

ステップ 6 パス トレース パラメータの設定後、ツールバーの Save をクリックします。


) パス トレースが有効に設定されている場合にパス トレースの期待されたものと受信されたものとの間にミスマッチが存在すると、元の信号ではなく、AIS が下り方向に挿入されます。



 

5.3.4 SDH ポート パフォーマンスのモニタリング

パフォーマンス モニタリングは、SDH ポートの次の 3 つのレベルで使用できます。

RS PM :リジェネレータ セクションの近端のモニタリング

MS PM :多重化セクションの近端と遠端のモニタリング

VC-4 PM :VC-4 パスの近端と遠端のモニタリング

5.3.4.1 RS PM カウンタの読み取り

RS PM カウンタの読み取り方法


ステップ 1 SDH ポートを選択します。

ステップ 2 SDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、rs 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 vc12 管理対象オブジェクト(e1 ポートの場合)または vc3 管理対象オブジェクト(e3 ポートの場合)をクリックします。

ステップ 4 近端 PM データを読み取る場合は PmG826NearEnd を、また遠端 PM データを読み取る場合は PmG826FarEnd をそれぞれクリックします。

ステップ 5 次の属性が表示されます。

Current15Min ES、SES、BBE、および UAS

Current24Hour ES、SES、BBE、および UAS

ステップ 6 15 分カウンタのパフォーマンス履歴を直前の 16 回分だけ表示する場合は Interval15Min を、また直前の 24 時間カウンタを表示する場合は Interval24Hour をそれぞれクリックします。

ステップ 7 次の属性が表示されます。

Interval15Min ES、SES、BBE、および UAS

Interval24Hour ES、SES、BBE、および UAS


 

5.3.4.2 MS PM カウンタの読み取り

MS PM カウンタの読み取り方法


ステップ 1 SDH ポートを選択します。

ステップ 2 SDH ポートが展開表示されたら、rs を選択してから、ms 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 近端 PM データを読み取る場合は PmG826NearEnd の PMG826 リンクを、また遠端 PM データを読み取る場合は PmG826FarEnd をそれぞれクリックします。

ステップ 4 RS PM の場合と同じ属性が表示されます。


 

5.3.4.3 VC-4 PM カウンタの読み取り

VC-4 PM カウンタの読み取り方法


ステップ 1 SDH ポートを選択します。

ステップ 2 SDH ポートが展開表示されたら、rs を選択してから、ms 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 測定対象の vc4 を含む aug1 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 4 SDH ポートが展開表示されたら、au4 を選択してから、vc4 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 5 近端 PM データを読み取る場合は PmG826NearEnd の PMG826 リンクを、また遠端 PM データを読み取る場合は PmG826FarEnd をそれぞれクリックします。

ステップ 6 「RS PM カウンタの読み取り」の RS PM の場合と同じ属性が表示されます。


 

5.3.5 トラフィックの搬送およびアラームの報告を行うための SDH ポートの有効化

SDH ポートの管理ステータスは、ポートを作成した時にデフォルトで無効状態に設定されています。アラームを報告するには、管理ステータスを有効にします。


ステップ 1 SDH ポートを選択します。

ステップ 2 AdminStatus に enabled を設定します。

ステップ 3 ツールバーの Save をクリックします。


) 無効を設定すると、次のようになります。
- SDH ポートに対して、アラームが報告されません。
- SDH ポートの PM カウンタが常に 0 となります。
- SDH ポートが MSP の一部である場合、その SDH ポートは、トラフィックの搬送には使用されません(ただし、そのポートが現用ポートであると同時に、保護ポートが無効になっているか、SPI/RS/MS アラーム状態になっている場合を除きます)。



) SDH ポートが有効になっている場合でも、スロットの AlarmReporting 属性が有効に設定されていると、SDH ポートはアラームだけを報告します。



 

5.3.6 ONS 15305 SDH ポート同期化品質の出力シグナリング

STM-N 信号は、同期情報を搬送する場合に頻繁に使用されます。ある SDH ノードから次の SDH ノードに出力される信号の品質を指示する際には、専用プロトコルが使用されます。


ステップ 1 SDH ポートを選択します。

ステップ 2 EgressSSM に t0 または doNotUse を設定します。T0 については、内部クロックの品質状態が常に表示されます。

ステップ 3 ツールバーの Save をクリックします。


) SDH ポートが同期ソース候補として使用される場合は、S1 バイトが自動的に DoNotUse に設定されます。



 

5.3.7 同期ソース入力としての SDH ポートの使用

「同期ソース候補の追加(T0 または T4)」を参照してください。

5.3.8 SDH ポート チャネルによる管理トラフィック DCC の搬送

「DCC の設定」を参照してください。

5.4 PDH ポート

ONS 15305 には、異なる PDH ポート タイプを 2 タイプ装備できます。

ISDN PRA の 透過データおよび NT 機能をサポートする E1 ポート(2Mbps)。 E1 ポートは、スロットが 8xE1 モジュールまたは 63xE1 モジュール用に設定されている場合に使用可能になります。

透過データをサポートする E3 ポート(34/45Mbps) 。E3 ポートは、スロットが 63xE3 モジュール用に設定されている場合に使用可能になります。

ONS 15302 には、複数の E1 ポートが装備されています。

5.4.1 ONS 15305 のポート モードの設定

ONS 15305 のポート モードの設定方法は、次のとおりです。


ステップ 1 PDH ポートを選択します(図5-5 を参照)。

ステップ 2 PDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、e1 管理対象オブジェクトまたは e3 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 e1 ポートの場合は、E1Mode 属性に tra (2Mbps 透過 G.703)、pra (ISDN PRA)、または
pra-fixed ( 固定タイミング ISDN 一次群速度アクセス)を設定します。

図5-5 E1 モード属性の設定

 

ステップ 4 e3 ポートの場合は、E3Mode 属性に e3 (34Mbps 透過 G.703)または t3 (45Mbps 透過 G.703)を設定します。

ステップ 5 ツールバーの Save をクリックします。


 

5.4.2 ONS 15305 PDH ポートでのループの設定

ONS 15305 PDH ポートでのループの設定方法


ステップ 1 PDH ポートを選択します(図5-6 を参照)。

ステップ 2 PDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、e1 管理対象オブジェクトまたは e3 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 管理ループ モード属性に、ll2 (ネットワークへのループバック)または ll3 (顧客へのループバック)を設定します。

図5-6 管理ループ モード属性の設定

 

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) PDH ポートのループ設定には、制約事項がいくつもあります。Cisco Edge Craft では、E1Mode が pra に設定されている場合、ループの設定および設定解除を行うことができません (このモードで、ループを管理できるのは、NT1 などからに限られます)。ループは、PDH ポートの AdminStatus が無効に設定されていると設定できません。



 

5.4.3 ONS 15302 PDH ポートでのループの設定

ONS 15302 PDH ポートでのループの設定方法


ステップ 1 該当する PDH ポートを選択します。

ステップ 2 PDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、e1 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 AdminLoopMode 属性に ll2 (ネットワークへのループバック)または ll3 (顧客へのループバック)を設定します。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


 

5.4.4 PDH ポートでのループの設定解除

PDH ポートでループの設定を解除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 PDH ポートを選択します。

ステップ 2 PDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、e1 管理対象オブジェクトまたは e3 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 AdminLoopMode 属性に noLoop を設定します。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) どのループにも共通する別の方法として、PDH ポートの AdminStatus を有効から無効に設定すると、設定を解除できます。



 

5.4.5 ONS 15302 での VC12 の割り当て

ONS 15302 で VC12 を割り当てるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 管理ツリーで対象とする PDH ポートを展開し、VC12 管理対象オブジェクト属性を表示します(図5-7 を参照)。

ステップ 2 AssignedCbklm に該当する値を設定します(図5-7 を参照)。

WAN to SDH mapping ウィンドウを使用すると、cbklm 値とともに使用可能な VC 12 を表示できます。

ステップ 3 Save をクリックします。

図5-7 VC 12 ポートの割り当て

 


 

5.4.6 パス トレース ID の設定と読み取り

パス トレース ID の設定と読み取りを行うには、次の手順を実行します。


ステップ 1 PDH ポートを選択します。

ステップ 2 PDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、e1 管理対象オブジェクトまたは e3 管理対象オブジェクトをクリックします。

ステップ 3 vc12 管理対象オブジェクト(E1)または vc3 管理対象オブジェクト(E3) をクリックします。

ステップ 4 PathTrace をクリックします。

必要に応じて、次の属性を設定します。

PathTrace

PathTraceReceived と PathTraceExpected が一致していないときに TIM アラームを報告する場合は、有効に設定します。

PathTraceExpected

パスの反対側から受信するパス トレース ID の値を入力します。

PathTraceTransmitted

パスの反対側に送信するパス トレース ID の値を入力します。

ステップ 5 必要に応じて、次の属性を読み取ります。

PathTraceReceived

リンクの反対側から実際に受信されるパス トレース ID

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。


) パス トレースを有効に設定すると、パス トレースの期待されたものと受信されたものとの間にミスマッチが存在する場合に、元の信号ではなく、AIS が下り方向に挿入されます。



 

5.4.7 PDH ポート VC-n パフォーマンスのモニタリング

PDH ポートの VC-n パフォーマンスをモニタするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 PDH ポートを選択します。

ステップ 2 PDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、e1 管理対象オブジェクトまたは e3 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 vc12 管理対象オブジェクト(e1 ポートの場合)または vc3 管理対象オブジェクト(e3 ポートの場合)をクリックします。

ステップ 4 近端 PM データを読み取る場合は PmG826NearEnd の PMG826 リンクを、また遠端 PM データを読み取る場合は PmG826FarEnd をそれぞれクリックします。

ステップ 5 次の属性が表示されます。

Current15Min ES、SES、BBE、および UAS

Current24Hour ES、SES、BBE、および UAS

ステップ 6 15 分カウンタのパフォーマンス履歴を直前の 16 回分だけ表示する場合は Interval15Min を、また直前の 24 時間カウンタを表示する場合は Interval24Hour をそれぞれクリックします(図5-8図5-9 を参照)。

ステップ 7 次の属性が表示されます。

Interval15Min ES、SES、BBE、および UAS

Interval24Hour ES、SES、BBE、および UAS


 

図5-8 Interval24Hour の選択

 

図5-9 Interval24Hour 属性の設定

 

5.4.8 PDH E1 ポート パフォーマンスのモニタリング

E1 カウンタは、近端モニタリングの場合は CRC-4 カウンタに、また遠端モニタリングの場合は E ビット カウントにそれぞれ基づいています。

近端が障害となる条件は、LOS-TX (信号消失)、LOF-TX (フレーム同期損失)、モジュール、スロットの各アラームです。遠端の場合は、障害を示すアラームは存在しません。

直前何回かのインターバルと過去 24 時間に対する有効なフラグは、その期間中にポートで PRA モードが継続した場合にだけ設定されます。TRA モードのポートの場合、PM カウンタは、LOS-TX アラームまたはモジュール/スロット アラームによる SES/UAS を示す場合にだけ使用することが可能です。


ステップ 1 PDH E1 ポートを選択します。

ステップ 2 PDH ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、e1 管理対象オブジェクトを選択します。

ステップ 3 近端 PM データを読み取る場合は PmG826NearEnd の PMG826 リンクを、また遠端 PM データを読み取る場合は PmG826FarEnd をそれぞれクリックします。

ステップ 4 次の属性が表示されます。

Current15Min ES、SES、BBE、および UAS

Current24Hour ES、SES、BBE、および UAS

ステップ 5 15 分カウンタのパフォーマンス履歴を直前の 16 回分だけ表示する場合は Interval15Min を、また直前の 24 時間カウンタを表示する場合は Interval24Hour をそれぞれクリックします。

ステップ 6 次の属性が表示されます。

Interval15Min ES、SES、BBE、および UAS

Interval24Hour ES、SES、BBE、および UAS


 

5.4.9 トラフィックの搬送およびアラームの報告を行うための PDH ポートの有効化

PDH ポートの管理ステータスは、ポートを作成した時にデフォルトで無効に設定されています。管理ステータスが有効になって初めてトラフィックが PDH ポートを通過し、アラームが報告されます。


ステップ 1 PDH ポートを選択します。

ステップ 2 AdminStatus に enabled を設定します。

ステップ 3 ツールバーの Save をクリックします。


) 無効にすると、PDH ポートは、上りと下りの両方向で AIS を生成します。



 

5.4.10 ONS 15305 PDH ポートと別のポートの相互接続

「ONS 15305 SDH 相互接続管理」を参照してください。

5.5 LAN ポート

ここでは、ポート属性およびその修正オプションについて説明します。

5.5.1 ONS 15305 - LAN ポート属性

ONS 15305 スロットは、たとえば、E100-WAN-8 モジュールを装着するように構成することが可能です。詳細については、「ONS 15305 でのスロットの管理」を参照してください。


ステップ 1 モジュールを該当するスロットに装着したら、対象とする LAN ポートをクリックして、修正可能な属性を表示します(図5-10 を参照)。

ステップ 2 修正可能な属性が太字で表示されます。

図5-10 LAN ポート属性

:

次の属性が修正可能です。

AdminAutoNegotiationMode

disabled または enabled

AdminBackPressureMode

disabled または enabled

AdminFlowControlMode

on、off、または auto negotiation

AdminStatus

up、down、または testing

AssignPhysicalAddress

reserve または default

Description

文字列

DuplexAdminMode

none、half、または full

SpeedAdminMode

設定なし、10M、100M、または 1000M

ステップ 3 属性を修正した後、Save をクリックします。


 

5.5.2 ONS 15302 - LAN ポート属性

ONS 15302 には、LAN ポートが 4 ポート装備されています(図5-11 を参照)。LAN ポートの設定については、「ONS 15305 - LAN ポート属性」を参照してください。

図5-11 LAN ポート属性 - ONS 15302

 

5.6 ONS 15305 SDH 相互接続管理

この項では、ネットワーク要素の終端地点間の相互接続の管理に関係する作業について説明します。

ここでは、作成、提示、修正、削除、およびサブネットワーク接続保護スイッチの手動操作を始めとし、相互接続のライフ サイクル全体の管理について説明します。

相互接続は、その終端地点によって定義されます。相互接続できるのは、同じ特性情報をもつ終端地点だけです。終端地点の特性情報により、その終端地点で転送できる信号の形式が定義されます。この形式では、信号の容量が定義されます。たとえば、TU-12 および VC-12 は、両方とも、2Mbps のトラフィック容量をもつため、特性情報が同じとみなされます。

保護付きおよび保護なしのポイントツーポイント単方向および双方向の相互接続がサポートされています。

ONS 15305 の最初のリリースでサポートされている保護スキームは、SNC/I (固有モニタリング)です。ONS 15305 リリース 2.0 では、非侵入型モニタリング SNC/N をサポートしています。

この項の冒頭部分では、このマニュアルに示されている要件を読者が理解する上で参考になるように、SDH 層と相互接続を簡潔に紹介します。SDH および相互接続の詳細については、『 ITU-T Recommendations G-Series 』を参照してください。

5.6.1 SDH 層ネットワークと相互接続

図5-12 に示すように、SDH ネットワークは階層構造になっています。階層は、クライアント/サーバ ベース方式で動作します。サービス層では、SDH ネットワーク全体に搬送されるビット ストリームが生成されます。サービス層は、SDH には属していません。パス層は仮想的な層であり、パス層を監視できるのは、管理システムを使用する場合に限られます。このパス層において、SDH ポートの相互接続管理と構造化が実行されます。パス層は、コンテナ上で機能します。

図5-12 SDH 層ネットワーク

 

ONS 15305 ネットワーク要素は、上位層で VC-4 を、また下位層で VC-12 と VC-3 をそれぞれサポートしています。

5.6.1.1 SDH ポートの構造化

SDH ポートの多重化構造により、相互接続に使用できる階層および SDH の終端地点が決定されます。 すべての層における SDH の多重化構造を 図5-13 (情報源は ITU-T 勧告 G.707 )に示します。構造を通過するパスは、C.B.K.L.M 値によって決まります。C.B.K.L.M 値の使用方法は、表5-1 に定義されている規則に従います。

接続終端地点と呼ばれる非終端コンテナ、つまり、AU-4、TU-3、および TU-12 を通るトラフィックだけが相互接続可能です。他のコンテナ、VC-4、VC-3、および VC-12 は、トラフィックの読み取り可能なトレール終端地点を表します。

図5-13 SDH 多重化構造

 

図5-13 に使用されている原図は、ITU-T G.707/Y1322 (10/2000)に記載されています。

C.B.K.L.M 値の使用法

 

表5-1 C.B.K.L.M 値の使用法

規則

SDH オブジェクトを参照する時に意味のないフィールドが存在していても、完全な C.B.K.L.M 値が使用されます。

C.B.K.L.M の意味のないフィールドには 0 が設定されます。

STM-16 の AU-4 :C.B.0.0.0
STM-16 の TU-3 :C.B.K.0.0

C は AUG4 を識別します。AUG4 が存在しない場合は、ファントム AUG4 として、C には 1 が設定されます。B は AUG1 を識別します。AUG1 が存在しない場合は、ファントム AUG1 として、B には 1 が設定されます。

STM-1 : C = 1、B = 1
AUG1 が 1 つ STM-1 に存在し、ファントム AUG4 が 1 つ存在します。

STM-4 : C = 1、B = 1~4
AUG4 が STM-4 に 1 つ存在します。

STM-16 :C = 1~4、B = 1~4

例:

STM-1 の AU-4 :1.1.0.0.0

STM-4 の TU-3 :1.3.3.0.0

STM-16 の TU-12 :2.4.2.7.2

C.B.K.L.M 値は、E1、E3、および E4 の各モジュールに関連する VC オブジェクトに対して使用されますが、C と B の値は常に 0 となります。

E1 モジュール上の VC-12 :1.1.1.1.1

保護: 1.1.1.1.2

E3 モジュール上の VC-3 :1.1.1.0.0

保護: 1.1.2.0.0

E4 モジュール上の VC-4 :1.1.0.0.0 (リリース 1 ではない)

保護: 1.2.0.0.0

WAN の VC オブジェクト

E1 モジュール上の VC-12 :1.1.x.y.z

E3 モジュール上の VC-3 :x.y.z.0.0 (リリース 1 ではない)

E4 モジュール上の VC-4 :x.y.0.0.0 (リリース 1 ではない)

組み合わせ 0.0.0.0.0 は有効な値ではありませんが、エラー コードとして使用することができます。

相互接続管理

相互接続管理とは、ネットワーク要素自体内部の接続性の管理のことです。相互接続(XC)は、同じ特性情報をもつ接続終端地点の間、たとえば、AU-4 同士、TU-3 同士、VC-12 と TU-12、または 2 つの VC-12 同士などの間で設定されます。

図5-14 スロット、ポート、CTP 3 者間の関係

 

ONS 15305 には、1 つの SDH モジュールを保持できるスロットが 4 つあります。SDH モジュールは、STM-1、STM-4、または STM-16 など、別々のタイプにすることができます。このマニュアルでは、8 ポート付きの STM-1 モジュールが例として使用されています。

さらに、ONS 15305 は、E1 ポートまたは E3 ポートを複数持つ PDH モジュールも装備できます。E1 ポートおよび E3 ポートは、それぞれ、対応する VC-12 または VC-3 を持ちます。それらの VC は、SDH モジュール上の終端地点または VC 同士の間で相互接続できます。

5.6.1.2 例

8 x STM-1 モジュール付きのスロットには、ポートが 8 個あります。スロット番号 1 のポート番号 8 で使用可能な CTP を図5-14 に示します。ポート番号 8 には AU-4 が 1 つ存在し、TUG-3 は単独に構造化できるため、AU-4 コンテナの構造に従って、63 個の TU-12、3 個の TU-3 または TU-12 と TU-3 の組み合わせが存在し、相互接続することができます。したがって、この 1 つのスロットに、下位層に 8 × 63 = 504 個の CTP (最大) および 上位層に 8 × 1 = 8 個の CTP が存在することになります。相互接続する相手として可能な CTP は何になるかが問題となります。この ONS 15305 の 4 個のスロットすべてに 8 x STM-1 モジュールが 装備されていると仮定すると、下位層では、CTP の接続に 3 × 504 = 1512 ケースの選択が可能であり、上位層では、8 × 3 = 24 ケースの選択が可能になります。4 個の STM-16 モジュールが装備されている ONS 15305 の場合、各 STM-16 モジュールは、4 × 4 × 63 = 1008 個の TU-12 CTP を持ちます。したがって、このファブリックにおける相互接続マトリックスは、4032 × 4032 通りの大きさになります。

図5-15 最大可能相互接続マトリックス

 

これは、膨大な数の組み合わせの選択となり、ユーザが追跡管理できる範囲を超えています。

さらに、次のように、別のタイプの相互接続がいくつか存在します。

ポイントツーポイント

WAN XC (特殊タイプのポイントツーポイント、「WAN ポートおよびマッピング」参照)。

ドロップおよびスルー(R1 に存在しない)

ブロードキャスト(R1 に存在しない)

これらのタイプは、すべて、図5-16 から図5-21 に示すように、単方向または双方向で、それぞれが保護付き、保護なしとなります。

図5-16 単方向 XC、保護なし

 

保護なし単方向相互接続は、図5-16 に示すように、テスト ループに使用される場合があります。

図5-17 では、保護が、終端地点の A1 と B2 に設定されています。保護終端地点 A1 は、相互接続が単方向であるため、切り替えはできませんが、終端地点 B2 は切り替えができます。

図5-17 単方向 XC、保護付き

 

保護なし双方向相互接続を 図5-18 に示します。双方向相互接続では、すべての終端地点が保護された時点で切り替えることが可能になります。図5-19 では、終端地点の A1 と B2 が保護されています。したがって、A1 は、B1 または 保護終端地点のいずれか一方から受信するように選択し、B2 は、A2 と保護終端地点の間で切り替えることが可能になります。

図5-18 双方向 XC、保護なし

 

図5-19 双方向、保護付き

 

図5-20 保護なし、双方向、ポイントツーポイント XC の例

 

図5-21 保護付き、双方向、ポイントツーポイント XC の例

 

保護なし双方向ポイントツーポイント相互接続および保護付き双方向ポイントツーポイント相互接続の例を、図5-20図5-21 にそれぞれ示します。

5.6.1.3 XC ファブリック

図5-22 に示すように、接続管理はファブリックが担当します。ファブリックには、層に関係なく、相互接続管理作業を円滑にする一連の方式を提供するインターフェイスが用意されています。ファブリックでは、相互接続の作成、削除、および修正を行うことができます。また、XC のリスト表示オプションとして、たとえば、特性情報が同じすべての XC や、特別な特性情報を持つ 1 つのポート上の使用可能な CTP すべてをリスト表示することができます。また、CTP の 第 3 のリスト表示として、事前に定義されたグループの CTP を表示することもできます。ユーザは、CTP がある特定の CTP グループに属している限り、XC に使用される CTP が具体的に何であるかに無関心な場合があります。その場合は、システムがそのグループ内の任意の CTP を選択します。この機能により、ユーザにとっては、CTP の選択が簡単になります。

図5-22 XC ファブリック

 

5.6.2 相互接続 GUI の開始

相互接続 GUI は、2 通りの方法から選択して開始できます。


ステップ 1 デスクトップ メニューから相互接続 GUI を開始できます。システムが、空の相互接続 GUI を表示します(図5-23 を参照)。

図5-23 相互接続の選択

 

または、

SDH ポート をクリックします(図5-24 を参照)。

図5-24 SDH ポート相互接続の選択

 

システムによって、選択した管理対象オブジェクトからの関連データの設定された相互接続 GUI が管理ツリーに表示されます。

相互接続 GUI を使用すると、クエリーの事前の設定に基づき、選択内容をフィルタ処理できます。


 

5.6.2.1 クエリーの取り消し

実行中のクエリーは、ツールバーまたはメニューから Stop 操作を選択して取り消すことができます。

5.6.2.2 相互接続 GUI - 概要

図5-18 に、相互接続画面を示します。

図5-25 相互接続 GUI - 概要

 

5.6.3 既存の相互接続のブラウズ

相互接続は、次のようにして、相互接続ウィンドウでブラウズできます。

5.6.3.1 全相互接続のブラウズ

すべての相互接続をブラウズするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 装置メニューから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 すべての相互接続のリストが表示されます。


) 双方向相互接続の場合、終端地点は、相互接続の作成方法に応じて、A カラムと B カラムに表示されます。単方向の相互接続の場合には、1 つの終端地点が、A 端カラムと B 端カラムに同時に存在することがあります。デフォルトでは、相互接続は、A 端に基づいてソートされています。B 端に基づいてソートするには、B カラムのヘッダーをクリックします。



 

5.6.3.2 ポートの相互接続のブラウズ

ポートをブラウズするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ポートを選択します。

ステップ 2 ポートを右クリックしてから、相互接続を選択します。

選択したポートを接続先および接続元とするすべての相互接続のリストが表示されます。


 

5.6.3.3 相互接続リストの内容のフィルタリング

相互接続リストの内容をフィルタリングするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 前述したように、装置メニューまたはポートから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 ツールバーの Filter ボタンをクリックします。図5-26 が表示されます。

ステップ 3 スロットかポート、またはその両方の組み合わせに対して、フィルタリングの条件を選択します。

図5-26 相互接続に対するフィルタリングの条件例

 

ステップ 4 Apply をクリックします。

相互接続ウィンドウには、終端地点の少なくとも 1 つがフィルタリングの条件を満足する相互接続だけが表示されます。

フィルタリング アイコンが、相互接続ウィンドウのステータスバーに表示され、フィルタリングがアクティブなことを示します。


 

5.6.3.4 相互接続ウィンドウのリフレッシュ

相互接続ウィンドをリフレッシュすると、Cisco Edge Craft でローカル ユーザが実行した最後の操作に基づいて、使用可能 TP リストおよび相互接続リストが更新されます。


ステップ 1 View メニューから Refresh を選択するか、ツールバーの Refresh ボタンをクリックするか、F5 を押すかします。


 

5.6.4 相互接続の設定

相互接続は、複数の別々のポート間に設定することができます。

5.6.4.1 2Mbps E1 ポートから SDH ポートのタイムスロットまでの設定

2Mbps E1 ポートから SDH ポートのタイムスロット(TU-12 の終端地点)までの相互接続を作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 装置メニューから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 相互接続ウィンドウの一番下にある VC/TU12 タブを選択します(図5-27 を参照)。

図5-27 VC/TU12 タブの選択

 

ステップ 3 相互接続ウィンドウの左部分にある Content パネルが使用可能になっていることを確認します。使用可能でない場合は、ツールバーの Content ボタンを選択します。

ステップ 4 Contentパネルで Available TP List を選択します。このリストには、ONS 15305 で自由に使用可能な E1 ポートおよび TU-12 終端地点が含まれます。


) Contentパネルの Available TP List に、相互接続元の E1 終端地点が表示されていない場合は、スロットが E1 ポート用に設定されているかどうかを確認する必要があります(「ONS 15305 のポート モードの設定」を参照)。



) Contentパネルの Available TP List に、相互接続先の TU-12 終端地点が表示されていない場合は、TU-12 終端地点が相互接続用に使用できるかどうかを確認する必要があります(「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」 を参照)。



) 相互接続は、双方向、単方向いずれの接続も作成することができます。使用可能な TP のリストでは、終端地点が、A 端か B 端として使用可能であるか、または双方向、単方向の両方で使用可能であるかを確認できます。


ステップ 5 使用可能な TP のリストで、E1 ポート をダブルクリックします。新しい相互接続が、A 端としての E1 ポートを使用して作成されます。

ステップ 6 接続先にする TU-12 (タイムスロット)をダブルクリックします。TU-12 が相互接続の B 端に移動されます。

ステップ 7 Direction (単方向または双方向)を選択します。

ステップ 8 ツールバーの Save をクリックします。


) ポート間をトラフィックが流れるには、E1 ポートと SDH ポートをともに有効にしておく必要があることに留意してください (「トラフィックの搬送およびアラームの報告を行うための SDH ポートの有効化」および「ONS 15305 SDH ポート同期化品質の出力シグナリング」参照)。



 

5.6.4.2 45Mbps E3 (T3)ポートから SDH ポートのタイムスロットまでの設定

45Mbps E3 (T3)ポートから SDH ポートのタイムスロット(TU-3 の終端地点)までの相互接続を作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 装置メニューから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 相互接続ウィンドウの一番下にある VC/TU3 タブを選択します(図5-28 を参照)。

図5-28 VC/TU12 タブの選択

.


 

5.6.4.3 パススルー相互接続の作成

SDH ポート同士間でパススルー相互接続を作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 装置メニューから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 相互接続ウィンドウの一番下で、A 端と B 端の両方に対して TU-12、TU-3、または AU-4 タブの終端地点を選択します。


 

5.6.5 相互接続の修正

相互接続とは、終端地点間に存在する関係であり、その関係は作成の終了後に修正することができません。

ONS 15305 のサポートされているリリースでは、相互接続の方向(双方向または単方向)を修正することはできません。修正可能なパラメータは、相互接続の記述だけです。

相互接続は、作成終了後も保護することができます(「相互接続の保護」を参照)。

5.6.6 相互接続の保護

相互接続の A 端または B 端は、相互接続の設定時だけでなく設定終了後も、SNC 保護スキームによって保護することができます。


) 相互接続が単方向で保護 TP が a である場合は、静的ブリッジが、A 端から B 端および保護終端地点までの間に作成されます (SNCP パラメータは使用されません)。



) 相互接続が単方向で保護 TP が b である場合は、A からの信号が現用接続であり、保護終端地点からの信号が保護接続であるときに SNC 保護スイッチが作成されます。この場合、SNCP パラメータは、相互接続が保存された後に使用可能になります。



ステップ 1 装置メニューから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 1 つ以上の相互接続に対して、protectedTP 属性に a または b を設定します。これが、保護対象の終端地点になります。

ステップ 3 保護対象の相互接続を選択します。

ステップ 4 相互接続ウィンドウの左部分にある Content パネルが使用可能になっていることを確認します。使用可能でない場合は、ツールバーの Content ボタンを選択します。

ステップ 5 Content パネルで Available TP List を選択します。このリストには、ONS 15305 で自由に使用可能な TU12/VC12、TU3/VC3、または AU4 の終端地点が含まれます。


) Content パネルの Available TP List に、WAN チャネルを保護するために使用する終端地点が表示されていない場合は、それらの終端地点が相互接続に使用できるかどうかを確認する必要があります(「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」を参照)。



) 相互接続は、双方向、単方向いずれの接続も保護することができます。使用可能な TP のリストでは、終端地点が、A 端か B 端として使用可能であるか、または双方向、単方向の両方で使用可能であるかを確認できます。


ステップ 6 A 端または B 端の保護に使用する終端地点を選択します。

ステップ 7 ツールバーの Set Prot ボタンをクリックします。選択した相互接続に、保護 TP が設定されます。

ステップ 8 保護対象の次の相互接続を選択し、保護 TP を挿入します。すべての相互接続が保護される(相互接続の保護 TP 属性が a または b に設定される)まで操作を続行します。

ステップ 9 ツールバーの Save をクリックします。


) 保護はデフォルトで無効になっており、有効にするまでは機能しません。SNC 保護を有効にするには、次の説明に従います。



.

5.6.6.1 SNC 保護

サブネットワーク接続保護の設定方法は、次のとおりです。


ステップ 1 保護を有効にする相互接続を選択します (Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると複数個選択できます)。

ステップ 2 ツールバーの SNCP ボタンをクリックします(図5-29 を参照)。

ステップ 3 Enabled 属性に enabled を設定してから、OK をクリックします。

図5-29 Enabled 属性の選択

.

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) 保護終端地点は保存すると後で修正できません。保護終端地点を修正する場合は、最初に、ProtectedTP 属性を none として保存する必要があります。この保存を行うと、保護 TP を修正することができます。修正後、ProtectedTP 属性を a または b に必ず戻しておきます。



 

5.6.6.2 相互接続の保護パラメータの修正

相互接続の A 端または B 端は、「相互接続の保護」の説明に従って保護します。そのとき、SNC は、複数のデフォルト パラメータで設定します。これらの SNC パラメータは、簡単に修正することができます。


ステップ 1 装置メニューから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 相互接続ウィンドウで、相互接続を選択します。

ステップ 3 保護パラメータを修正する相互接続を選択します(Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると複数個選択できます)。

ステップ 4 ツールバーの SNCP ボタンをクリックします。

ステップ 5 SNC の保護パラメータを修正してから、OK をクリックします。

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。


 

5.6.6.3 相互接続保護スイッチに対するコマンド

Cisco Edge Craft ユーザは、コマンドを送信して、SNC 保護スイッチを制御できます。


ステップ 1 装置メニューから相互接続ウィンドウを開きます。

ステップ 2 保護パラメータを修正する相互接続を選択します(Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると複数個選択できます)。

ステップ 3 ツールバーの SNCP ボタンをクリックします(図5-30 を参照)。

ステップ 4 SncpCommand を選択してから、OK をクリックします。

図5-30 SNCP コマンドの選択

 

ステップ 5 ツールバーの Save をクリックします。

コマンドの優先順位および各チャネルの現在の状態に応じて、選択した相互接続の一部または全部に対して、切り替えが行われるようになります。


 

5.6.7 相互接続の削除

相互接続は、次のようにして削除することができます。


ステップ 1 装置メニューから相互接続を選択して、相互接続 GUI を開きます。

ステップ 2 削除する相互接続(1 つ以上)のタイプ(VC または TU12、VC または TU3、VC または AU4)のパネルを選択します。

ステップ 3 削除する相互接続を選択します。

ステップ 4 ツールバーの Delete をクリックします。

ステップ 5 ツールバーの Save をクリックします。


 

5.6.8 高度な相互接続操作

Cisco Edge Craft を頻繁に使用するユーザは、設定作業を迅速化するために高度な編集機能を利用することができます。

5.6.8.1 相互接続を複数個選択して行う設定

相互接続は、次のようにして、複数個設定することができます。


ステップ 1 A 端として使用する複数の終端地点を選択します。Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、複数の終端地点を選択します。

ステップ 2 ツールバーの Add をクリックします。選択した TP と同数の相互接続が、設定した A 端を使用して作成されます。

ステップ 3 同様な方法で、相互接続の B 端に追加する TU-12 終端地点を選択します。

ステップ 4 ツールバーの Set B ボタンをクリックします。

ステップ 5 相互接続を保護する場合は、相互接続に追加する TU-12 終端地点を選択します。

ステップ 6 ツールバーの Set Prot ボタンをクリックします。ProtectedTP 属性を a または b に必ず設定します。

ステップ 7 ツールバーの Save をクリックします。


) 設定できるのは、B または P が使用されていない相互接続の保護終端地点または B 終端地点だけです。
A 終端地点または B 終端地点を修正する場合は、相互接続を削除してから、再度作成する必要があります。
保護終端地点を修正する場合は、まず、ProtectedTP 属性を none として保存しておく必要があります。この保存を行うと、保護 TP を修正することができます。修正後、ProtectedTP 属性を a に必ず戻しておきます。



) 相互接続と終端地点のインスタンスを同じ数だけ選択しなかった場合は、A 端または B 端が、選択した相互接続リストの先頭から使用できる限りの TP を使用して設定されます。選択した TP の方が相互接続より多い場合は、余った後半の TP は使用されません。



 

5.6.8.2 反復操作による複数の相互接続の設定

複数の相互接続を設定するには、別の方法として、操作を反復する方法があります。


ステップ 1 A 端として使用する終端地点をダブルクリックします。新しい相互接続が作成されます。

ステップ 2 B 端として使用する終端地点をダブルクリックします。B 端が設定されます。

ステップ 3 必要な数の相互接続に対して、ステップ 1ステップ 2 を繰り返します。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


 

5.6.8.3 終端地点の手動入力

終端地点は、次のようにして、手動で入力できます。


ステップ 1 新しい相互接続を追加します。

ステップ 2 A、B、または保護終端地点をクリックします。スロットのリストが表示されます。

ステップ 3 スロットを選択します。ポートのリストが表示されます。

ステップ 4 ポートを選択します。

ステップ 5 各 CBKLM 値を続けて選択します。

ステップ 6 他の終端地点に対して、同様な方法で情報を入力します(または、空いている TP のリストから選択します)。

ステップ 7 ツールバーの Save をクリックします。


) 情報は、ドロップダウン リストから数値を選択せずに、直接入力することもできます。使用する形式は、必ず、<slot/port/C.B.K.L.M> にしてください。



 

5.7 ONS 15305 の SDH 保護管理

この項の目的は、2 つの SDH ポート間の 1+1 線形 Multiplex Section Protection (MSP; 多重化セクション保護)の管理について説明することです。

5.7.1 概要

ここでは、MSP スイッチの作成、表示、修正、削除、および手動操作など、MSP のライフ サイクル全体の管理について説明します。

5.7.1.1 多重化セクション保護

図5-31 2 つの ONS 15305 間の 1+1 MSP

 

1+1 MSP では、図5-31 に示すように、SDH ポートが障害を起こした場合にサポート トレールを交換して、SDH ポートの保護を行います。これは、100% 冗長保護スキームです。

図5-32 保護切り替えシナリオ

 

現用トレールと保護トレールの両方が使用可能になり、信号が両方にブリッジされます(図5-32 を参照)。

a. 現用トレールからの受信信号は、保護が有効になっていない間、受信クライアントに転送されます。現用トレールが障害を起こし、切り替えが実行されると、保護トレール上のトラフィックが、クライアントに送信されます(図5-32 を参照)。

b. 現用トレールからのトラフィックは無視されます。ネットワーク要素は、双方向スイッチング プロトコルを使用します。したがって、トレールの両端が同時に切り替わります。この同時切り替えを同期化するため、ネットワーク要素は、SDH トラフィックの MS オーバーヘッドの K1 バイトと K2 バイトで相互に信号を送信します。双方向スイッチング プロトコルにより、ネットワークのトラフィック制御は向上しますが、切り替えの実行は、単方向スイッチング プロトコルの場合よりも、やや遅くなります。

切り替えには、次の 2 つのモードがあります。

回復時、復元トラフィックが、現用トレールに戻ります。

非復元トラフィックは、無期限に、または別の指示があるまで、保護トレールに留まります。

トレール回復待機時間は定義可能です。

切り替えにより、保護へ移るとき、または保護から戻ってくるときにイベント通知が送出されます。

5.7.2 MSP による保護セクション

SDH ポート保護用の MSP オブジェクトは、次のようにして設定します。


ステップ 1 管理ツリーで、現用ポートである SDH ポートを右クリックします。

図5-33 SDH ポートの選択

 

ステップ 2 ポップアップ メニューで Add をクリックします。msp オブジェクトが、SDH ポートの下に作成されます(図5-33 を参照)。

ステップ 3 管理ツリーで、msp オブジェクトを選択します(図5-34 を参照)。

図5-34 MSP オブジェクトの選択

 

ステップ 4 ProtectionSlot と ProtectionPort の属性を設定します(図5-35 を参照)。

図5-35 保護ポート属性の選択

 

ステップ 5 このリストには、次の条件が成立したポートだけが含まれます。

現用ポートと保護ポートは、スロット 1 とスロット 2、または、スロット 3 とスロット 4 から選択する必要があります。したがって、スロット 1 の現用ポートとスロット 3 の保護ポートのもとで、MSP 保護を設定することはできません。現用ポートと保護ポートは、同じスロットから選択することも可能です。

保護ポートは、次のように、構造化可能な最高レベルで非構造化状態にある必要があります。

ONS 15305 リリース 1.1/1.0 :

aug1

ONS 15305 リリース 2.0 :

STM4 と STM16 の場合、 aug4

STM1 の場合、 aug1

「ONS 15305 SDH ポート構造の修正または削除」を参照してください。

ポートをリモート モジュールに接続することはできません。

他の属性については、デフォルトを使用するか、新しい値を入力します。

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。

MSP スキームが、ONS 15305 で作成され、直ちに、機能し始めます。同じ msp オブジェクトが、保護ポートの下で使用可能になっていることも確認できます。msp オブジェクトのオブジェクト ID が、親 SDH ポートと等しい(たとえば、1.2 などの)場合は、親 SDH ポートが現用ポートであることも確認できます。msp オブジェクトのオブジェクト ID が、親 SDH ポートと異なる(たとえば、親 SDH ポートが 1.4、msp オブジェクトが 1.2 である)場合は、msp オブジェクトが、それと同じオブジェクト ID の SDH ポートに対する保護ポートになります。


 

5.7.3 MSP の修正

MSP オブジェクトの修正方法は、次のとおりです。


ステップ 1 管理ツリーで、現用ポートである SDH ポートを右クリックします。

ステップ 2 SDH ポートの下にある msp オブジェクトを選択します。

ステップ 3 MSP スキームの属性を修正します。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) リンクが双方向モードの保護セクションで動作している場合に、関係しているノードのいずれかで、Mspenabled に disabled を設定するか OperatingMode に unidirectional を設定するとトラフィックが切断されるときがあります。これは、APS プロトコルの動作に起因します。



) 問題を避けるには、常に、リンクが現用セクションで動作していることを確認し、リンクに対してコマンドを使用して保護から解除した後に修正を行うようにします。



 

5.7.4 MSP の削除

MSP オブジェクトの削除方法は、次のとおりです。


ステップ 1 管理ツリーで、現用ポートである SDH ポートを右クリックします。

ステップ 2 MSP を選択してから、ポップアップ メニューで Delete を選択します。msp オブジェクトが、管理ツリーの現用ポートと保護ポートの両方から削除されます。

ステップ 3 ツールバーの Save をクリックします。


) トラフィックが保護セクションに存在するときにも、MSP の削除が可能であることに注意してください。削除により、切り替え時間に瞬断が発生します (現用セクションが使用可能な場合)。



) 問題を避けるには、常に、リンクが現用セクションで動作していることを確認し、リンクに対してコマンドを使用して保護から解除した後に MSP の削除を行うようにします。



 

5.7.5 MSP スイッチのコマンド

MSP スイッチ コマンドの設定方法は、次のとおりです。


ステップ 1 管理ツリーで、現用ポートである SDH ポートを右クリックします。

ステップ 2 SDH ポートの下にある msp オブジェクトを選択します。

ステップ 3 MspCommand に表示されるコマンドから、1 つ選択します(図5-36 を参照)。

図5-36 MspCommands 属性の選択

 

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) コマンドは、システム内でそのコマンドよりも優先度の高い要求が存在しないときにだけ、実行されます。



) 新しいコマンドは、現在のコマンドをクリアしてから実行されます。その場合、新しいコマンドは、MSP が優先度の高い要求から検索していくため、現在のコマンドよりも優先順位が低いと実行されない可能性があります。たとえば、保護強制切り替えコマンドとは異なり、保護手動切り替えコマンドの送信は、保護セクション上に信号劣化要求が存在する場合には動作しません。



) コマンドは、すべて、clear コマンドによってクリアできます。



 

5.7.6 SNCP と MSP の正当な組み合わせ

次の条件が満足される場合に限り、ONS 15305 で、SNCP と MSP の両方を同時に使用することができます。

保護対象 SNCP エンティティは、MSP 保護対象ポートに属することができますが、現用エンティティまたは保護エンティティは、たとえば、一部の TU-12 が STM-4 リングから廃棄され、STM-1 リンク経由で ONS 15302 に送信される場合、STM-4 リングを対象にできません。この場合、SNCP を STM-4 リング内で使用し、STM-4 リングから廃棄され、ONS 15302 に送信される TU-12 を保護することができます。そのとき、STM-1 リンクに MSP を使用して、ONS 15305 と ONS 15302 間のトラフィックを保護することができます。この理由は、STM-4 リングから廃棄される TU-12 が保護対象 TU-12 である一方で、STM-4 リング内の TU-12 が現用 TU-12 および保護 TU-12 であるためです。したがって、MSP は、そこで搬送される TU-12 が、SNCP 保護対象パスの現用部分または保護部分であるために、STM-4 リングの東西のリンク上で使用することはできません。

5.7.7 サブネットワーク接続の保護

SNCP は、ネットワーク要素内で保護されている相互接続と強く関係しています。Cisco Edge Craft では、SNCP 関連問題は、相互接続 GUI から処理されます。


) 切り替え時間 50 ミリ秒以下の保証のもとで使用できる SNCP インスタンスの最大数は、252 です。これは、TU-12 に構造化される 1 つのフル STM-4 (または 4 つの STM-1)に相当します。 この 252 個の SNCP インスタンスは、AU-4、TU-3、TU-12 を任意に組み合わせて混成したもので、STM-1/4/16 内の任意の C.B.K.L.M アドレスから採用することができます。252 を超える数のインスタンスも使用できますが、その場合には、50 ミリ秒以下の切り替え時間を保証することはできません。
保持時間タイマの分解能は、N × 100 ± 60 ミリ秒です。したがって、500 ミリ秒保持時間タイマの場合、実際のタイマ値は、440 ミリ秒と 560 ミリ秒の範囲の任意の値となります。SNCP 保護対象パスの現用部分、保護部分、保護対象部分は、異なるリンク速度で搬送される可能性があります。たとえば、SNCP 保護対象 TU-12 の場合、現用 TU-12 は、STM-16 リンク経由で搬送できる一方で、保護 TU-12 は STM-4 リンク経由で搬送することができます。


5.7.7.1 SNCP による保護接続

「SNC 保護」を参照してください。

5.7.7.2 SNCP の修正

「相互接続の保護パラメータの修正」を参照してください。

5.7.7.3 SNCP スイッチのコマンド

「相互接続保護スイッチに対するコマンド」を参照してください。

5.8 ONS 15302 SDH 保護管理

ONS 15302 では、1+1 線形 MSP を提供しています。

5.8.1 多重化セクション保護

K1 と K2 (b1 から b5)に使用されるプロトコルは、ITU-T G.841 の 7.1.4.5.1 に規定されています。使用されるプロトコルは、1:n 双方向スイッチングと互換性のある 1+1 双方向スイッチングです。

保護スイッチの動作は、「MSP パラメータの修正」の説明に従って設定します。

5.8.1.1 MSP パラメータの修正

MSP パラメータの修正方法は、次のとおりです。


ステップ 1 SDH1 ポート(現用)を選択してから、msp オブジェクトをクリックします(1.図5-37 を参照)。

1. SDH1/MSP1 属性の選択

 

修正可能なパラメータは、次のとおりです。

Enabled

enabled または disabled を設定します。

Mode

unidirectional または bidirectional を設定します。

MspCommand

リストのいずれかを設定します。

OperatingType

reverting または non-reverting を設定します。

WtrTime

復元待機時間。優先リンクの復元後、この時間(秒単位)だけ待機した後、優先リンクに切り替わります(0、1....、12 分、デフォルトは 5 分 (300 秒))。

図5-37 MSP コマンドの設定

 

ステップ 2 Save をクリックします。


 

5.9  イーサネット標準マッピング

シスコ ネットワーク要素(ONS 15305 2.0 および ONS 15302 2.0)は、次の 2 つのモードの Ethernet over SDH (EOS; SDH 経由イーサネット) マッピングをサポートしています。

VC-12 レベルでの逆多重化と組み合わせられたシスコ独自仕様マッピング:
「ONS 15305 独自仕様 NxVC-12 EoS マッピング」および「ONS 15302 独自仕様 NxVC-12 EOS マッピング」を参照してください。

標準マッピング経由イーサネット(EOS):VC-12、VC-3、VC-4 (ONS 15305)レベルで Virtual Concatenation (VCAT; 仮想連結)および Link Capacity Adjustment Scheme (LCAS; リンク キャパシティ調整方式)のそれぞれと組み合わせられた GFP-F マッピング


) ハードウェアの詳細(モジュールとネットワーク要素)については、『ONS 15305 2.0 Installation and Operation Guide』および『ONS 15302 2.0 Installation and Operation Guide』を参照してください。


ここでは、EOS について説明します。各 EOS モードのサポートは、モジュール依存です。WAN トラフィック モジュールは、次の標準マッピングをサポートしています。

Octal LAN 10/100Base :標準マッパー回路付き TX モジュール(E100-WAN-8)

Dual Optical LAN 1000 Base :標準マッパー回路付き LX モジュール(GigE-WAN-2)

その他の WAN ポート パラメータの表示および修正については、「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」で説明しています。

5.9.1 概要

GFP、VCAT、および LCAS 標準では、SDH や SONET などの回線交換ネットワークを経由するパケット サービスを対象に、標準的な(独自仕様でない)帯域幅割り当て方法が規定されています。


) SONET は、光メディア上の同期データ伝送用の ANSI 標準です。 ここでは、SONET を SDH とみなします。


これらの標準では、回線交換転送ネットワークを経由するパケット(イーサネット)サービスの確立をサポートすることによって、異なるベンダーが混在する転送ネットワーク間の相互運用性を保証しています。これらの性質は、パケット交換 Generic Framing Procedure (GFP; 汎用フレーム化手順)を拡張するときに特に必要となります。

純粋なイーサネット/MPLS 都市ネットワークや全国ネットワークと比較して、上記標準の主な利点は、保護スキーム(MSP、SNC)のもたらすネットワーク復元力に関する SDH すべての特長が、転送ネットワークのエンドポイントで、フル イーサネット サービス インターフェイスを提供しながら、維持されれることです。

この利点により、既存の SDH ネットワーク インフラストラクチャのオーナーは、今日のパケット交換と回線交換クライアント混成環境に自身の既存ネットワークを適応させることもできます。

GFP は、クライアント側のデータ パケットと制御パケットをカプセル化して、SDH ネットワーク経由の制御されたトランスポートを使用可能にする汎用形式です。


) GFP は、ITU-T 標準であり、さまざまなベンダの転送ネットワーク コンポーネント間でインターワーキング用の共通基準を提供し、今日のネットワーク要素メーカ (シスコなど)の使用する独自仕様スキームの必要性をなくします。


GFP は、SDH ネットワークなど、回路交換(回線交換)ネットワークを経由するトランスポートに最適な方法でパケット トラフィックをカプセル化しマッピングするための方式です。パッケージ化により、交換ネットワーク経由のクライアント側のデータ情報と制御情報の両方が透過的に保全されます。

パッケージ化プロセスは、次の処理を実行します。

転送ネットワークの入口または出口地点で、GFP オーバーヘッドの追加、削除を行い、SDH ネットワークに管理情報を伝達し、クライアント側の品質要件に従って、SDH ネットワークで、転送ネットワークを経由したパッケージの転送を可能にします。

SDH 転送チャネルへのパケットのマッピング時に、クライアント側の回線キャラクタ ストリーム コーディング(レイヤ 1 コーディング)をより効率的な帯域幅スキームに変換して、SDH ネットワークでの帯域幅利用の向上させます。

VCAT や LCAS などの転送ネットワーク サービスに対する汎用的サポートを提供します。

パケット(イーサネット)サービス情報を追加し、その情報を使用して、SDH ネットワークで、同じポートのクライアント側サービス要求(たとえば、ポイントツーポイント イーサネット サービスとポイントツーマルチポイント(LAN)サービスなど)を識別できるようにします。

VCAT/LCAS (または他の)方式が使用されるように、エンドツーエンド(近端から遠端への)管理チャネルを提供します。

5.9.2 GFP のアラーム条件とイベント条件

次のアラーム条件とイベント条件が適用されます。

クライアント信号障害

GFP フレーム識別損失イベント

ペイロード タイプ ミスマッチ

クライアント ペイロード タイプ ミスマッチ

5.9.3 GFP パフォーマンス モニタリング

次のパフォーマンス パラメータが適用されます。

送信、受信された GFP フレームの合計数

送信、受信されたクライアント管理フレームの合計数

ペイロード CRC 計算に基づいて検出された受信不良 GFP フレーム数

HEC 訂正不能エラー数

サービス低下アラームが、次のエラー タイプ PM に対して発生します。

ペイロード CRC 計算に基づいて検出された受信不良 GFP フレーム数

HEC 訂正不能エラー数

エラータイプ PM は、SDH パフォーマンス パラメータと同じように取り扱われます。非エラー タイプ PM は、RMON カウンタと同じように取り扱われます。非エラー タイプ PM は次のとおりです。

送信された GFP フレームと受信された GFP フレームの合計数

送信されたクライアント管理フレームと受信されたクライアント管理フレームの合計数

5.9.4 VCAT - 仮想連結

VCAT は、SDH ネットワークで、マッピングされたパケット トラフィックの効率的な帯域幅割り当てを可能にします。帯域幅は、クライアント インターフェイスに属する GFP パケットをトランスポートするために SDH VC のグループを割り当てて供給されます。

VCAT は、SDH 特定 VC 帯域幅の増分単位に対応する段階的増分単位(n*VC12、n*VC3、n*VC4 など)で SDH 帯域幅を割り当てて、SDH チャネルの帯域幅利用を効率化する標準的なエンドツーエンド方式です。

VCAT は、シスコ独自仕様のイーサネット帯域幅割り当てと似ていますが、それを超える標準的な方式であり、「ONS 15302 での VC12 の割り当て」に説明されているように、VC12 を複数使用して、必要な帯域幅を供給します。

VCAT は、VC12、VC3、VC4 を VC グループにまとめ、さまざまなポートの選択可能な AU/TU 経由で、VC グループを送出することができます。さらに、ネットワークを経由するさまざまなルートから発生する遅延を補正し、エントリ ポイントでの分解順序と同じ順序によるエンドポイント トラフィックの組み立てを保証します。

5.9.5 VCAT の VC レベル

VC を使用できる VCAT の VC レベルは、次のように、イーサネット ポートにより異なります。

ファースト イーサネット

VC-12-nv (n=1.50)

VC-3-nv (n=1、2、3)

VC-4-nv (n=1)(ONS 15305)

ギガビット イーサネット(ONS 15305)

VC-3-nv (n=1.21)

VC-4-nv (n=1.7)

VC レベルは、マッパー ポートごとに個別に設定できます。1 つの VC グループ内に異なる VC レベルを混在させることは許されていないため、エラーとなります。


) 使用可能なイーサネット ポートの数は、さまざまなネットワーク要素間で異なります。マッピング タイプは、イーサネット ポートごとに定義され、各ポートに割り当てられている VC グループ内のすべての VC に適用されます。


マッピングは融通性があり、マッピング層内のイーサネット ポートごとに複数の SDH ポートに対して実行できます。

TU12 に対する VC12 チャネル

TU3 に対する VC3 チャネル

AU4 に対する VC4 チャネル

5.9.6 LCAS - リンク キャパシティ調整方式

LCAS は、VCAT VC グループ内で VC の割り当てと割り当ての解除を行いながら、帯域幅を動的に調整します。こうした処理は VCAT VC グループから障害のある VC を削除するために通常的に行われるので、トラフィック容量の障害に対する抵抗力や回復の迅速性が向上します。

VCAT は、シスコ独自仕様マッピングと同じように機能しますが、その機能はより多く、また ITU-T 標準でもあるので、他のベンダとの相互運用を可能にします。

LCAS は、VCAT VC グループへの追加機能であり、動作中のイーサネット ポートでの帯域幅の動的割り当ておよび動的再割り当てを可能にします。

LCAS は、SDH ネットワーク経由のパケット 転送チャネルの帯域幅を動作しながら調整するための標準的な方式です。この帯域幅調整は、通常、VCAT VC グループ内で使用されているさまざまな VC の動作ステータス(正常/障害)から起動されます。

5.9.7 VCAT および LCAS のアラームとイベント

次のアラームが、VCAT および LCAS に関連しています。

 

表5-2 VCAT および LCAS のアラーム/イベント条件

アラーム表示
内容

lom

Vcat、損失

sqm

Vcat シーケンス インジケータ ミスマッチ

loa

トラフィック付きチャネル アラインメントの Lcas 損失

loaNoTraf

トラフィック付き/トラフィックなしチャネル アラインメントの Lcas 損失

acMstTimeout

Lcas acMst タイムアウト

rsAckTimeout

Lcas RS-ack タイムアウト

eosMultiple

Lcas の2 つ以上のチャネルに EOS が存在

eosMissing

Lcasの 1 つのチャネルに EOS が存在

sqNonCont

チャネルのセットで検出された Lcas 欠損 SQ

sqMultiple

2 つ以上のチャネルの SQ に等しい Lcas

sqOor

Lcas SQ 範囲外

gidErr

アクティブなチャネルの異なる Lcas グループ ID

ctrlOor

1 つ以上のチャネルの Lcas 未定義制御ワード

lcasCrc

Lcas CRC エラー検出

nonLcas

Lcas の非 Lcas ソース検出

mnd

Lcas メンバ デスキュー不可

fopr

プロトコルの LCAS 障害

plcr

Lcas 受信容量部分損失

tlcr

Lcas 受信容量全面損失

plct

Lcas 送信容量部分損失

tlct

Lcas 送信容量全面損失

5.10 VCAT および LCAS の設定モード

VCAT および LCAS 機能には、次の 2 つ動作モードがあります。

LCAS を有効にした VCAT - モード 1

LCAS を無効にした VCAT - モード 2

5.10.1 LCAS を有効にした VCAT - モード 1

LCAS を有効にした VCAT は、常に、単方向であり、各方向で異なる容量をもつ機能を使用可能ですが、各方向での相互接続および容量設定が別々に必要となります。

ただし、接続は、双方向になる頻度がきわめて高く、設定のステップ数を減らすため、次のパラメータを有効にすることができます。

対称容量

対称容量が有効になっている場合は、VC グループが、各方向の同じ容量のもとで自動的に設定されますが、対称容量は、2 つの単方向接続から構成されます。対称モードが無効状態の場合、VC グループの容量は、各方向で別々に設定する必要があります。

5.10.2 LCAS を無効にした VCAT - モード 2

VCAT を LCAS なしに使用する場合は、VCG グループ内の障害 VC コンテナの削除機構が存在しないことになります。この問題を解決するため、ネットワーク要素は、標準モードに加えて、独自仕様モードを装備しています。

次の設定内容が、モード 2 で使用可能です。

デフォルト モード。モード 1 で説明されている対称容量の設定機能をもつ単方向接続です。モード 1 と同じ機能を装備していますが、LCAS は付いていません。

双方向モード

双方向モードが有効になっていると、相互接続は、単方向ではなく、双方向となります。さらに、RDI シグナリングが有効になります。VC グループ内の障害コンテナは、VC アラーム条件または RDI シグナリング(シスコ独自仕様マッピングに類似)に基づいて削除されます。この削除により、VCG 内に障害メンバが存在する場合でも、VC グループの無停止動作が可能になります。この設定モードは独自仕様です。

5.11 VCAT の管理帯域幅

ネットワーク要素は、実際に割り当てられている TP からは独立した別個の定義済みパラメータとして管理帯域幅を使用します。管理帯域幅は、実際の(動作)帯域幅と管理帯域幅が異なる場合に通知として使用されます。ONS 15302 では、管理帯域幅は、イーサネット ポートへマッピングする TP の選択時に暗黙的に使用されます。

5.11.1 単方向 VCAT の帯域幅

管理帯域幅には、次の性質があります。

対称
下り、上りとも同じ帯域幅。

非対称
定義されている帯域幅が 2 つの方向で異なります。

単方向 VCAT では、上りトラフィック(SDH ポート方向へのトラフィック フロー)および下りトラフィック(イーサネット ポート方向へのトラフィック フロー)は、単方向 VC グループで別々に送出されます。イーサネット ポートは、GUI ではキャラクタ「x」で表されるレイヤ 1 の LAN ポートまたは WAN ポートです。

帯域幅は、終端地点としての STM-n ポート(1 つ以上)をイーサネット ポートにマッピングして割り当てられます。TP は、イーサネット ポートに割り当てられている VC グループ内の VC を搬送します。


) 設定内容は、両方向とも手動で設定します。


5.11.1.1 双方向 VCAT の帯域幅

双方向 VCAT (シスコ独自仕様マッピングと同等)の管理帯域幅は、同じ TU と AU が帯域幅の供給に使用されているため、両方向(送信と受信)で等しくなります。


) 管理帯域幅は、イーサネット ポート チャネル(ONS 15305)を、指定した AU または TU に相互接続して、実装する必要もあります。


双方向 VCAT は、シスコ独自仕様バージョンの VCAT です。対称容量をもち、LCAS は許されていません。

VC グループ内の VC 損失に起因する送信障害を回避するため、RDI シグナリングが使用可能になっており、それにより、ネットワーク要素は、VC グループ内の障害 VC を自動的に検出、削除することができます。障害は、エラー通知および表示されている運用中容量の減少により示されます。

5.12  VCAT の回線保護

SDH 相互接続を含むネットワーク要素の場合、SNC/N または SNC/I は、ネットワーク要素のサポートにより許されます。

「WAN ポートの保護」および「相互接続の保護」を参照してください。

5.12.1 ONS 15305 の単方向モードに対する回線保護

イーサネット ポート チャネルを SDH ポートに相互接続する場合は、回線保護を定義します。VC は単方向であるため、下図に示すように、VC 終端は、A 端(送信)にも B 端(受信)にもなることが可能です。

図5-38 SNC 付き VCAT - 図示

 

「相互接続の保護」を参照してください。

5.12.2 対称 VCAT の回線保護

対称 VCAT とシスコ独自仕様マッピング モードの回線保護は同じです。

5.13 CEC による標準マッピングの確立

ネットワーク経由イーサネット パスのエンドポイントにおけるイーサネット マッピングは、ユーザが、設定、修正、削除します。

標準マッピングは、管理ツリーまたは WAN マッピング GUI で実行できます。管理ツリーで属性に対してマッピング操作を行うたびに、その操作結果として、WAN マッピング GUI で関連するネットワーク要素(1 つ以上)が対応して更新されます。標準マッピング - GUI 概要 を参照してください。

図5-39 標準マッピング - GUI 概要

 

5.13.1 設定前の作業

STM-n ポート(1 つ以上)を必要なレベル(TU12、TU3、AU4)に構造化しておきます。「ONS 15305 SDH 相互接続管理」を参照してください。

スロットには、マッパー モジュール付きイーサネット ポートを装着しておきます。

次の手順は、標準マッピング タイプの代表的な例を示します。

「LCAS 付き単方向 VCAT」

「LCAS なし双方向 VCAT」


) 例の操作は同時に実行することが可能であり、順序はそれほど重要ではありません。


5.13.2 LCAS 付き単方向 VCAT

イーサネット マッピングは、LCAS 付き単方向対称 VCAT VC レベル 3 に選択されています。イーサネット ポート(ここでは、WANx)として、マッパー モジュール E100-WAN-8 付き ONS 15305 を例として使用します。


) この手順は汎用的ですが、例は、LCAS 属性(1 つ以上)を無効にして、LCAS なしの単方向にも簡単に利用することができます。



ステップ 1 該当するイーサネット ポートに対して、設定 Mode を選択します。

図5-40 スロット設定 - ONS 15305 例

 

ステップ 2 該当するイーサネット ポート(ここでは、WANx)から VC グループを選択します。

図5-41 イーサネット ポート - VC グループ ビュー

 

ステップ 3 Concatenation で VC レベルを選択します。
該当する構造化レベルが、VCAT 有効ポートに設定されます。

図5-42 VC グループ連結 - VC レベルの例

 

ステップ 4 VC グループに対して LCAS を押し、LCAS 動作モードとして LCAS を選択します。
LCAS は、方向には関係なく、VCAT 有効ポートに対して有効になります。

図5-43 LCAS の有効化

 

ステップ 5 VC グループを選択してから、Bandwidth を押します。

ステップ 6 下りと上りの両方向に対して、等しい管理容量を設定します。

図5-44 管理容量 - 単方向対称 VCAT

 

ステップ 7 運用容量を表示します(オプション操作としての確認)。

図5-45 運用容量 - 非対称容量の例

 

ステップ 8 Save を実行して、ネットワーク要素にイーサネット ポート設定を保存します。

ステップ 9 WAN- to- SDH mapping GUI を開きます。

ステップ 10 検索バーからイーサネット ポートをブラウズします。

ステップ 11 VC チャネル(ここでは、WAN)の LCAS チャネル ステータスをチェックします。

図5-46 WAN 対 SDH マッピング - LCAS トラフィック ステータス

 

別の手順では、次のとおりです。

管理ツリーで、VC グループから VC チャネルを 1 つ選択してから、LCAS チャネル ステータス として、Traffic を選択します。すべての VC に対して、操作を繰り返します。

図5-47 1 つの VC チャネルに対して設定された LCAS トラフィック

 

ステップ 12 1 方向(上り/下り)ペインを選択します。

ステップ 13 検索バーを Available TPs ペインで置き換えます。
使用可能な VC 終端地点のリストが表示されます。


) このリストが空である場合は、設定前の作業「SDH Structuring Wizard」(または、その両方)を参照してください。


ステップ 14 該当する TP を選択します。「高度な WAN ポート操作」を参照してください。
帯域幅が、STM ポートを通過するイーサネット ポート トラフィック配信用に与えられます。


) 選択した単方向対称 VCAT モードに従って、両方向のトラフィック配信に対するマッピング手順を繰り返します。


ステップ 15 回線保護の VC 相互接続点を定義します。

手順およびスキーム(SNC/I、SNC/N)については、「WAN ポートの保護」および「相互接続の保護」を参照してください。


 

5.14 LCAS なし双方向 VCAT

この VCAT 設定モードでは、各 VC が、両方向のトラフィックに使用されます(単方向対称 VCAT に対応)。

モード(no LCAS または softLCAS 双方向)

方向性(双方向)

VC 対 TP 相互接続は、双方向になるように定義されます。

図5-48 Lcas 運用モード

 

図5-49 双方 VCAT - VC レベル 12 の例

 

WAN ポートは、次の条件のもとで、SDH ネットワークにマッピングされます。

必要な帯域幅が SDH ネットワーク経由 WAN ポートに供給されていること。

指定のマッピング モードが設定されていること。

WAN ポート チャネルとターゲット SDH ポート(1 つ以上)と間の相互接続が、意図した方向性と回線保護スキームによって確立されていること。

5.15 ONS 15305 独自仕様 NxVC-12 EoS マッピング

この項では、独自仕様の NxVC-12 EoS マッピングを使用して SDH サーバ層から WAN ポートに容量を割り当てる場合に関係する作業を説明します。

5.15.1 概要

WAN の割り当て容量合計は、SDH チャネルの合計となります。

1 つの SDH チャネルは VC-12 (2Mbps)に相当します。VC-3 と VC-4 へのマッピングもサポートされています。ここでは、VC-12/TU-12 層の速度だけを説明します。

ONS 15305 は、ファースト イーサネット モジュールの Dual Optical LAN 1000Base-LX Module with Mapper (GigE-WAN-2)およびギガビット イーサネット モジュールの Octal LAN 10/100Base-TX Module with Mapper (E100-WAN-8)をサポートしています。

下の表は、2 つのモジュールについて、各 WAN ポート上に存在する VC チャネルの個数を示しています。

 

表5-3 VC-n へのマッピング

モジュール
VC-12
VC-3
VC-4

E100-WAN-8

50

3

1

GigE-WAN-2

該当なし

21

7

SDH チャネルは、異なる SDH ポートに属する場合があります。

WAN チャネルは、保護されている Sub-network Connection (SNC; サブネットワーク接続)である場合もあります。ONS 15305 は、保護スキームの SNC/I (固有モニタリング)と SNC/N (非侵入型モニタリング)をサポートしています。

5.15.1.1 WAN ポートおよびマッピング

8 個の WAN ポートが、8xSTM-1 モジュール上に配置されています。各 WAN ポートは、Galileo スイッチに接続されています(図5-50 を参照)。WAN ポートの最大容量は 100Mbps です。

図5-50 WAN ポート付き 8 x STM-1 モジュール

 

図5-51 は、それぞれが 2.160Mbps の搬送能力を持つ 50 個のチャネルにより、最大容量 100Mbps が実現されていること示しています。したがって、WAN ポートの容量は、トラフィックに使用されるチャネルの個数で決定されます。

1 つの WAN ポートは、1 つの STM-1 ポートにマッピングすることができます。したがって、最大 63 個の使用可能な VC-12 が存在することになります。63 個の VC-12 のうちから、最初の 50 個だけが使用されます。この 50 チャネルと 50 個の V-12 コンテナの間でマッピングがハードコーディングされています。

C.B.K.L.M 番号の割り当ては、「C.B.K.L.M 値の使用法」に説明されています。

図5-51 1 つの WAM ポートのビューおよびその論理ビュー

 

WAN VC-12 が、SDH ポート上の使用可能な TU-12 に相互接続されています。 50 個の WAN VC-12 はすべて、相互接続に常時使用できます。WAN VC-12 は、相互接続の終端地点 A を常時表し、相互接続は常に双方向となります。相互接続は、保護することができます。

相互接続されていない VC-12 (チャネル) が、WAN 容量内に存在する場合は、ネットワーク要素が、WAN VC-12 上でアラーム(未装備アラーム)を発生します。

チャネルの順序は本質的に重要なので、WAN 接続の両側で同じ順序にする必要があります。たとえば、チャネル 1 から送信されるコンテナは、チャネル 1 で受信する必要があります。シーケンス番号が、2 つの ONS 15305 間に存在する WAN 接続の受信側の VC-12 の正しい順次を指示するために使用されます。2 つの ONS 15305 の間に接続が存在しない場合、シーケンス番号はゼロとなります。1 つの ONS 15305 での 2 つの TU-12 と 2 つの VC-12 の間の相互接続が正しくない場合を、図5-52 に示します。

図5-52 TU-12 と VC-12 との間の相互接続で順序が正しくない場合のシーケンス番号

 

アラームおよびパフォーマンス モニタリング データは、WAN 容量内にある VC-12 に対して収集、報告されます。

5.15.2 WAN から SDH へのマッピング - カスタム GUI

ここでは、マッピング対象の終端地点をオープン/検索/表示する方法を説明します。

5.15.2.1 WAN から SDH へのマッピングのオープン


ステップ 1 装置メニューから WAN to SDH mapping を開きます。
WAN チャネルのリストは空の状態で表示されます。

図5-53 WAN から SDH へのマッピング - GUI 概要

 

検索バーはイーサネット ポートのブラウズに使用できます。

ステップ 2 対象とするポートを選択します。

ステップ 3 Search Now を押します。

選択したイーサネット ポートの WAN チャネルのリストが表示されます。

図5-54 WAN ポート検索 - 単方向の例

 


 

5.15.2.2 使用可能な終端地点のリスト表示


ステップ 1 Available TPs List をクリックします。

VC レベルに応じて、使用可能な STM- n ポートのリストが表示されます。

図5-55 WAN チャネル リスト - VC/TU 12 の例

 


 

5.15.2.3 クエリーの取り消し

実行中のクエリーは、Stop 操作を選択して取り消すことができます。

5.15.3 WAN ポート初期容量の追加

WAN ポート容量の追加は、2 段階の処理で実行します。

第 1 段階では、WAN ポートの管理容量を設定します。この設定により、SDH サーバ層へのマッピングに使用できる 50 個の WAN チャネルの中から使用されるチャネルの数を ONS 15305 に対して指示します。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 WAN ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、Bandwidth を選択します。

図5-56 帯域幅の設定

 

ステップ 3 帯域幅に 0~100Mbps の範囲内の値を設定します(図5-56 を参照)。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。

第 2 段階では、管理容量の設定後、使用される WAN チャネルを相互接続します。

ステップ 5 同じ WAN ポートを再度選択し、右クリックしてから WAN to SDH mappingを選択します(図5-57 を参照)。

図5-57 WAN ポート属性の選択

 

WAN ポートのすべての WAN チャネルのリストが表示されます。 リストには、WAN ポートにおける各チャネル番号と VC12 オブジェクト間の静的な関係が表示されます。WithinCapacity 属性は、チャネルが WAN チャネルによって使用されているかどうか(前述の管理容量の設定時に、そのチャネルを含めたかどうか)を示します。

図5-58 WAN ポート属性の設定

 

ステップ 6 ウィンドウの左部分にある Content パネルが使用可能になっていることを確認します(図5-58 を参照)。

使用可能でない場合は、ツールバーの Content ボタンを選択します。

ステップ 7 Content パネルで Available VC/TU12 List を選択します。複数個選択する場合は、Shift キーまたは Ctrl キーを使用します。このリストには、ONS 15305 で自由に使用できる TU12 終端地点が含まれます(図5-59 を参照)。

図5-59 使用可能な VC/TU12 の選択

 


) Content パネルの使用可能な VC/TU12 リストに、WAN ポートのマッピング先とする TU12 終端地点が表示されていない場合は、TU12 終端地点を相互接続用に使用可能にする必要があります。「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」を参照してください。


ステップ 8 WAN チャネル番号 1 のマッピング先として使用する TU12 終端地点をダブルクリックします。選択した TU12 が、チャネル 1 用の B 終端地点として挿入されます。

ステップ 9 WAN チャネル番号 2 のマッピング先として使用する終端地点をダブルクリックします。

ステップ 10 容量内のすべてのチャネルに B 終端地点を割り当てるまで操作を繰り返します。

ステップ 11 ツールバーの Save をクリックします。


) SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を実行し、中継ノードで相互接続を必ず追加します。WAN チャネルは、SDH ネットワークの反対側にある同じチャネル番号をもつ WAN チャネルに接続されている場合に限り機能します。



) WAN ポートは、管理容量の一部に入っていないチャネルに対するアラームは報告しません。



 

5.15.4 WAN ポート容量の修正

WAN ポートの容量は、WAN の初期容量追加と同じ方法で修正することができます(「WAN ポート初期容量の追加」を参照)。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 WAN ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、Bandwidth を選択します。

ステップ 3 帯域幅に 0~100Mbps の範囲内の値を設定します。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。

ステップ 5 同じWAN ポートを再度選択し右クリックしてから、WAN to SDH mapping を選択します。

WAN ポートのすべての WAN チャネルのリストが表示されます。 リストには、WAN ポートにおける各チャネル番号と VC12 オブジェクト間の静的な関係が表示されます。WithinCapacity 属性は、チャネルが WAN チャネルによって使用されているかどうか(前述の管理容量の設定時に、そのチャネルを含めたかどうか)を示します。

ステップ 6 管理容量を増やした場合(「WAN ポート初期容量の追加」を参照)、WithinCapacity 属性が設定されているチャネルが多くなり、SDH サーバ層にマッピングする B 終端地点が必要になります(「WAN ポート初期容量の追加」を参照)。

ステップ 7 管理容量を減らした場合(「WAN ポート初期容量の追加」を参照)、WithinCapacity 属性が設定されているチャネルが少なくなり、B 終端地点を解放して他の目的に使用することが可能になります(「WAN ポート初期容量の追加」を参照)。


 

5.15.4.1 SDH サーバ層での容量の増加

ウィンドウの左部分にある Content パネルが使用可能になっていることを確認します。使用可能でない場合は、ツールバーの Content ボタンを選択します。


ステップ 1 Content パネルで Available VC/TU12 List を選択します。リストには、ONS 15305 で自由に使用可能な TU-12 終端地点が含まれます。


) Content パネルの使用可能な VC/TU12 リストに、WAN ポートのマッピング先とする TU12 終端地点が表示されていない場合は、TU12 終端地点を相互接続用に使用可能にする必要があります(「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」を参照)。


ステップ 2 新しい WAN チャネルのうち最初のチャネルのマッピング先として使用する TU12 終端地点をダブルクリックします。選択した TU12 が、このチャネルの B 終端地点として挿入されます。

ステップ 3 新しい WAN チャネルのうちで次のチャネルのマッピング先として使用する TU12 終端地点をダブルクリックします。

ステップ 4 容量内のすべての新しいチャネルに B 終端地点を割り当てるまで操作を繰り返します。

ステップ 5 ツールバーの Save をクリックします。

ステップ 6 SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を実行し、SDH 中継ノードで相互接続を必ず追加します。


 

5.15.4.2 SDH サーバ層での容量の減少


ステップ 1 WAN ポート マッピングで使用されなくなった WAN チャネル(B 終端地点を持つが、WithinCapacity 属性の設定されていないチャネル)を選択します。Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると、複数選択できます(図5-60 を参照)。

ステップ 2 ツールバーの Delete をクリックします。選択したチャネルが、赤色になります。

図5-60 WAN チャネルの選択

 

ステップ 3 ツールバーの Save をクリックします。SDH TU12 終端地点が、WAN ポート マッピングから解放されます。

ステップ 4 SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を実行し、中継 SDH ノードで相互接続を必ず削除します。


) B 終端地点は保存すると後で修正できません。B 終端地点を修正する場合は、最初にチャネルを削除する必要があります。削除すると、新しい終端地点を追加することが可能になります。



 

5.15.5 WAN ポートの保護

WAN ポートは、VC12 SDH 層または TU12 SDH 層の SNC 保護スキームによって保護できます。したがって、WAN チャネル(必ずしも、WAN ポートのすべての WAN チャネルではない)では、SDH サーバ ネットワークを経由する 2 つの別々のルートを持ち、受信側 WAN チャネルで最適信号のルートを選択することになります。


ステップ 1 「WAN ポート初期容量の追加」の説明に従って、WAN ポート初期容量を追加します。

ステップ 2 保護対象の WAN チャネルに対して、a を ProtectedTP 属性に設定します(図5-61 を参照)。

図5-61 保護モードの設定

 

ステップ 3 保護対象の最初の WAN チャネルを選択します。

ステップ 4 ウィンドウの左部分にある Content パネルが使用可能になっていることを確認します。使用可能でない場合は、ツールバーの Content ボタンを選択します。

ステップ 5 Content パネルで Available VC/TU12 List を選択します。リストには、ONS 15305 で自由に使用可能な TU-12 終端地点が含まれます。


) Content パネルの使用可能な VC/TU12 リストに、WAN ポートを保護するために使用する TU12 終端地点が表示されていない場合は、TU12 終端地点を相互接続用に使用可能にする必要があります(「ONS 15305 SDH ポート構造の設定(チャネル化)」を参照)。


ステップ 6 WAN チャネルを保護するために使用する TU12 終端地点を選択します。

ステップ 7 ツールバーの Set Prot ボタンをクリックします。選択した WAN チャネルに、保護 TP が設定されます。

ステップ 8 保護対象の次の WAN チャネルを選択してから、保護 TU12 を挿入します。すべての WAN チャネルが保護されるまで(保護 TP 属性に a が設定されるまで)操作を続行します。

ステップ 9 ツールバーの Save をクリックします。SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を実行し、中継ノードで相互接続を必ず追加します。


) デフォルトでは、保護は無効になっており、有効にするまでは機能しません。


ステップ 10 保護を有効にする WAN チャネルを選択します(Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると複数選択できます)。

ステップ 11 ツールバーの SNCP ボタンをクリックします。図5-62 が表示されます。

ステップ 12 Enabled 属性に enabled を設定してから、OK をクリックします。

図5-62 SNCP プロパティを有効に設定

 

ステップ 13 ツールバーの Save をクリックします。SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を必ず実行します (ただし、SNC 保護は双方向ではありません。SNC 保護スキームが有効になっている側で機能するには、両端で同時に有効にする必要はありません)。


) 保護終端地点は保存すると後で修正できません。保護終端地点を修正する場合は、最初に、ProtectedTP 属性を none として保存する必要があります。この保存を行うと、保護 TP を修正することができます。ProtectedTP 属性を 'a' に必ず戻しておきます(保護モードの設定 参照)。



 

5.15.6 WAN ポートの保護パラメータの修正

WAN ポートは、「WAN ポートの保護」 の説明どおりに保護します。そのときの SNC は、複数のデフォルト パラメータで設定します。これらの SNC パラメータは簡単に修正することができます(図5-63 を参照)。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 右クリックしてから WAN to SDH mapping を選択します。

ステップ 3 保護パラメータを修正する WAN チャネルを選択します(Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると複数選択できます)。

ステップ 4 ツールバーの SNCP ボタンをクリックします。

ステップ 5 SNC 保護パラメータを修正してから、OK をクリックします。

図5-63 SNCP プロパティ保護の設定

 

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。


 

5.15.7 WAN ポート保護スイッチに対するコマンド

Cisco Edge Craft ユーザは、コマンドを送信して、SNC 保護スイッチを制御できます(図5-64 を参照)。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 右クリックしてから WAN to SDH mapping を選択します。

ステップ 3 保護パラメータを修正する WAN チャネルを選択します(Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると複数選択できます)。

ステップ 4 ツールバーの SNCP ボタンをクリックします。

ステップ 5 SncpCommand を選択してから、OK をクリックします。

図5-64 SNCP プロパティ コマンドの設定

.

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。コマンドの優先順位および各チャネルの現在の状態に応じて、選択した WAN チャネルの一部または全部に対して、切り替えが行われるようになります。


 

5.15.8 WAN ポートのパス トレース ID の設定

パス トレース パラメータを WAN ポートの各チャネル(VC12)に設定できます。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 PathTraceWAN パラメータ グループをクリックします。

ステップ 3 必要に応じて、次の属性を WAN ポートのすべてのチャネルに対して一括して設定します。

PathTrace

PathTraceReceived と PathTraceExpected が一致していないときにTIM アラームを報告する場合は有効に設定します。

PathTraceExpected

WAN チャネルの反対側から受信するパス トレース ID の値を入力します。

PathTraceTransmitted

WAN チャネルの反対側に送信するパス トレース ID の値を入力します。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) パス トレースを有効に設定すると、パス トレースの予定されたものと受信されたもの間にミスマッチが存在する場合に、元の信号ではなく、AIS が下り方向に挿入されます。



 

5.15.9 WAN ポートのパス トレース ID の読み取り

WAN ポートの各チャネル(VC12)に対して、パス トレース パラメータを読み込むことができます。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 WAN ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、受信パス トレースを表示する チャネル(vc12)をクリックします。

ステップ 3 PathTraceVC12 をクリックします。

ステップ 4 必要に応じて、次の属性を読み取ります。

PathTrace

PathTraceReceived と PathTraceExpected が一致していないときに TIM アラームを報告する場合は有効に設定されています。

PathTraceExpected

パスの反対側から受信するパス トレース ID の値が入力されています。

PathTraceTransmitted

パスの反対側に送信するパス トレース ID の値が入力されています。

PathTraceReceived

リンクの反対側から実際に受信されるパス トレース ID の値が入力されています。


) パス トレースを有効に設定すると、予定の PathTrace と受信された PathTrace の間にミスマッチが存在する場合に、元の信号ではなく、AIS が下り方向に挿入されます。



 

5.15.10 WAN ポート パフォーマンスのモニタリング

WAN ポート パフォーマンスのモニタリングを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 WAN ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、パフォーマンス データを表示する チャネル(vc12)をクリックします。

ステップ 3 近端 PM データを読み取る場合は PmG826NearEndVc12 を、また遠端 PM データを読み取る場合は PmG826FarEndVC12 をそれぞれクリックします。

ステップ 4 次の属性が表示されます。

Current15Min ES、SES、BBE、および UAS

Current24Hour ES、SES、BBE、および UAS

ステップ 5 15 分カウンタのパフォーマンス履歴を直前の 16 回分だけ表示する場合は Interval15Min を、また直前の 24 時間カウンタを表示する場合は Interval24Hour をそれぞれクリックします。

ステップ 6 次の属性が表示されます。

Interval15Min ES、SES、BBE、および UAS

Interval24Hour ES、SES、BBE、および UAS


 

5.15.11 高度な WAN ポート操作

Cisco Edge Craft を頻繁に使用するユーザは、設定作業を迅速化するために高度な編集機能を利用することができます。

5.15.11.1 複数の終端地点の選択と挿入

複数の終端地点は、次のようにして選択します。


ステップ 1 B 端または保護終端地点として終端地点の追加を行う複数のチャネルを選択します。Shift キーまたは Ctrl キーを使用して複数のチャネルを選択するか、マウスの左ボタンを押したまま、マウスをリストの下へドラッグします。

ステップ 2 同様に、チャネルの B 端に追加する TU-12 終端地点を選択します。

ステップ 3 ツールバーの Set B ボタンをクリックします。

ステップ 4 同様に、チャネルの保護 TP に追加する TU-12 終端地点を選択します。

ステップ 5 ツールバーの Set Prot ボタンをクリックします。

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。


) 設定できるのは、B または P が未使用のチャネルの B または保護終端点だけです。
B 終端地点を修正する場合は、最初に既存の B 終端地点との関係を削除する必要があります。削除すると、新しい終端地点の追加が可能になります。
保護終端地点を修正する場合は、まず、ProtectedTP 属性を none として保存しておく必要があります。この保存を行うと、保護 TP を修正することができます。修正後、ProtectedTP 属性を a に必ず戻しておきます。



) WAN チャネルと終端地点のインスタンスを同じ数だけ選択しないと、チャネルは、選択したチャネル リストの先頭から使用できる限りの TP を使用して設定されます。選択されている TP の方がチャネルより多い場合は、余った後半の TP は使用されません。



 

終端地点の手動入力

終端地点の手動入力方法は次のとおりです。


ステップ 1 未設定の WAN チャネルを選択します。

ステップ 2 B 終端地点をクリックします。スロットのリストが表示されます。

ステップ 3 スロットを選択します。ポートのリストが表示されます。

ステップ 4 ポートを選択します。

ステップ 5 各 CBKLM 値を続けて選択します。

ステップ 6 使用されている場合は、同じようにして、保護終端点を入力します(また、ProtectedTP に a を設定します)。

ステップ 7 ツールバーの Save をクリックします。


) 情報は、ドロップダウンリストから数値を選択しないで、直接、入力することもできます。使用する形式は、必ず、<slot/port/C.B.K.L.M> にしてください。



 

5.16 ONS 15302 独自仕様 NxVC-12 EOS マッピング

ここでは、SDH サーバ層から WAN ポートに独自仕様の NxVC-12 EoS マッピングを使用して容量を割り当てる場合に必要な作業を説明します。

ONS 15302 はファースト イーサネット モジュールの WAN+ をサポートしています。

各 SDH チャネルは、VC-12 (2.160Mbps)に相当します。ONS 15302 の WAN ポートは、ハードウェア構成に応じて、1 個または 4 個になります。次の表に、各 WAN ポート上に存在する VC チャネルの個数を示します。

 

表5-4

モジュール
VC-12
VC-3
VC-4

WAN MODULE +

50

3

該当なし

5.16.1 WAN ポートおよびマッピング

ネットワーク要素には、WAN ポートが 1 個または 4 個存在します。WAN ポートの最大容量は 100 Mbps です。

WAN ポートは物理ポートでなく論理ポートです。最大容量 100Mbps は、それぞれが 2.160Mbps の搬送能力を持つ 47~50 個の VC12 により実現、保証されます。オーバーヘッド、つまり、余分なビットは、エスケープ キャラクタを取り扱うために使用されます。したがって、WAN ポートの容量は、そのポートに割り当てられている VC12 の個数によって決定されます。

ONS 15302 は、STM-1 ポートを 1 個装備しているため、1 つの WAN ポートで、最大 63 個の VC12 が使用できます。各 WAN ポートは、VC12 に動的にマッピングされるチャネルを 50 個装備しています。

VC-12は、SDH ポート上の使用可能な TU-12 に静的に相互接続されています。

最大 50 個のチャネルは順序が本質的に重要なので、WAN 接続の両側で必ず同じ順序にします。たとえば、チャネル 1 から送信されるコンテナは、チャネル 1 で受信する必要があります(図5-65 を参照)。

図5-65 WAM ポートのビューとその論理ビュー

 

アラームおよびパフォーマンス モニタリング データは、VC-12 に対して収集、報告されます。

5.16.2 ONS 15305 と ONS 15302 の相違

ONS 15305 では、各 WAN ポートが 50 個のチャネルを使用して実現されており、その最大容量は常に 100Mbps です。使用可能な容量は、他の WAN ポートに使用される容量には依存しません。 使用可能容量を設定すると、その容量に対応する最初の X 個のチャネルが、システムによって選択されます。選択されたチャネルは、VC-12 に静的にマッピングされます。容量を有効にするには、VC-12 から TU-12 へ相互接続する必要があります。

ONS 15302 でも、各 WAN ポートの最大容量は 100Mbps ですが、使用可能な容量は、他の WAN ポートの使用する容量に依存します。使用可能な容量は、チャネルのセットを選択した後、VC-12 にマッピングして設定し、有効にします。VC-12 は、TU-12 に静的に相互接続されています。

ONS 15302 の管理容量は、WAN から SDH GUI にマッピングされるチャネルの個数を示すだけであり、ONS 15305 の場合とは異なり、帯域幅割り当てを選択して変更することはできません。

5.16.3 LAN 強制ダウン

この機能では、IP トラフィックの代替ルートが必要になります。

WAN 接続が失われれた場合、切り替えを開始するようにネットワーク要素に対して通知する必要があります。この通知は、該当する LAN ポートを強制的にダウンさせることにより実行することができます。

WAN がダウンすると、対応するイーサネット ポートが強制的にダウンされます。この状態は、WanDown アラームを引き起こします。WanDown は、対応する LAN ポートを強制ダウンさせる唯一の トリガー メカニズムです。


) この条件は、Server Signal Failure (SSF; サーバ信号障害)を介して、VC-12 以上のレベルの、すべてのトラフィック関連アラームに及びます。


ONS 15302 は、新しいスイッチ モードとして機能する Force Ethernet Status Down 機能をサポートしています。 このスイッチ モードを有効にすると、WAN ポートと LAN ポートの間の固定関係、たとえば、1-5、2-6、3-7、および 4-8 などが確立されます。したがって、WAN ポート 7 で発生した WanDown アラームによって、LAN ポート 3 が自動的に強制ダウンされます。他のポート番号の場合も同様です。この要件は、すべてのタイプの ONS 15302 WAN ポート、たとえば、独自仕様 VC-12 マッピングのポートおよび VC-12 または VC-3 GFP マッピングのポートに適用されます。「イーサネット標準マッピング」を参照してください。

5.16.3.1 WAN ダウン アラーム発生時の LAN 強制ダウン

モード遷移の場合に備えて、次の手順を実行することをお勧めします。


ステップ 1 該当するネットワーク要素の VLAN テーブルにある VLAN エントリをすべて削除します。

図5-66 VLAN エントリ - 例

 

ステップ 2 管理ツリーで、WAN をクリックします。

Attributes に、WAN モードが normal (デフォルト設定)であると表示されます。

ステップ 3 WANmode を normal から LAN down on WAN down に変更します。

ステップ 4 Save を押します。

図5-67 WAN ダウン上の LAN 強制ダウン

 

ステップ 5 device を再起動します。


 

5.16.3.2 WAN チャネルの相互接続

WAN チャネルを相互接続する方法は、次のとおりです。


ステップ 1 WAN ポートを再度選択し、右クリックしてから、WAN to SDH mappingを選択します(図5-68 を参照)。

ステップ 2 WAN ポートのすべての WAN チャネルのリストが表示されます。 リストには、WAN ポートの各チャネル番号と VC12 オブジェクト間の静的な関係が表示されます。

図5-68 WAN ポートの選択

 

管理容量が設定されている場合は、 WithinCapacity 属性に、チャネルの容量が望ましい範囲に収まっているかどうかが示されます(図5-69 を参照)。

管理容量が設定されていない場合、WithinCapacity 属性には、マッピングされているチャネルの個数が示されます。

図5-69 WAN 属性の設定

 

ステップ 3 ウィンドウの左部分にある Content パネルが使用可能になっていることを確認します。

使用可能でない場合は、ツールバーの Content ボタンを選択します。

ステップ 4 Content パネルで Available VC/TU12 List を選択します。リストには、ONS 15305 で自由に使用可能な TU-12 終端地点が含まれます(図5-70 を参照)。

図5-70 使用可能な VC/TU12 コンテナの選択

 

ステップ 5 WAN チャネル番号 1 のマッピング先として使用する TU12 終端地点をダブルクリックします。選択した TU12 が、チャネル 1 用の B 終端地点として挿入されます。

ステップ 6 WAN チャネル番号 2 のマッピング先として使用する終端地点をダブルクリックします。

ステップ 7 AdministrativeCapacity が設定されている場合は、容量内のすべてのチャネルに B 終端地点を割り当てるまで操作を繰り返します。

ステップ 8 ツールバーの Save をクリックします。


) SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を実行し、中継ノードで相互接続を必ず追加します。WAN チャネルは、SDH ネットワークの反対側にある同じチャネル番号をもつ WAN チャネルに接続されている場合に限り機能します。



) WAN ポートは、管理容量の一部に入っていないチャネルがあってもアラームは報告しません。



 

5.16.4 SDH サーバ層での容量の増加

SDH サーバ層での容量を増やす方法は、次のとおりです。


ステップ 1 ウィンドウの左部分にある Content パネルが使用可能になっていることを確認します。使用可能でない場合は、ツールバーの Content ボタンを選択します。

ステップ 2 Content パネルで Available VC/TU12 List を選択します。リストには、ONS 15302 で自由に使用可能な TU-12 終端地点が含まれます。

ステップ 3 使用可能な WAN チャネルのうちで最初のチャネルのマッピング先として使用する TU12 終端点をダブルクリックします。選択した TU12 が、このチャネルの B 終端地点として挿入されます。


) ONS 15302 の場合、マッピングは、連続する範囲で実行する必要があります。


ステップ 4 マッピング先として使用する終端地点をダブルクリックします。

ステップ 5 AdministrativeCapacity が設定されている場合は、容量内のすべてのチャネルに B 終端地点を割り当てるまで操作を繰り返します。

ステップ 6 ツールバーの Save をクリックします。


) SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を実行し、中継ノードで相互接続を必ず追加します。



 

5.16.5 SDH サーバ層での容量の減少

SDH サーバ層での容量を減らす方法は、次のとおりです。


ステップ 1 WAN ポート マッピングで使用されなくなった WAN チャネル(B 終端地点を持つが、WithinCapacity 属性の設定されていないチャネル)を選択します。Shift キーまたは Ctrl キーを使用すると、複数選択できます。


) ONS 15302 の場合、マッピングの削除は、連続する範囲で実行する必要があります。


ステップ 2 ツールバーの Delete をクリックします。選択したチャネルが、赤色になります(図5-71 を参照)。

図5-71 WAN ポートの削除

.

ステップ 3 ツールバーの Save をクリックします。SDH TU12 終端地点が、WAN ポート マッピングから解放されます。

ステップ 4 SDH ネットワークの反対側に存在する WAN ポートに同じ操作を実行し、中継 SDH ノードで相互接続を必ず削除します。


) B 終端地点は保存すると後で修正できません。B 終端点を修正する場合は、最初にチャネルを削除する必要があります。削除すると、新しい終端点を追加することが可能になります。



 

5.16.6 WAN ポートのパス トレース ID の設定

WAN ポートの各チャネル(VC12)に対して、パス トレース パラメータを設定することができます。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 PathTraceWAN パラメータ グループをクリックします。

ステップ 3 必要に応じて、次の属性を WAN ポートのすべてのチャネルに対して設定します。

PathTrace

PathTraceReceived と PathTraceExpected が一致していないときに TIM アラームを報告する場合は有効に設定します。

PathTraceExpected

WAN チャネルの反対側から受信するパス トレース ID の値を入力します。

PathTraceTransmitted

WAN チャネルの反対側に送信するパス トレース ID の値を入力します。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) パス トレースを有効に設定すると、パス トレースの予定されたものと受信されたもの間にミスマッチが存在する場合に、元の信号ではなく、AIS が下り方向に挿入されます。



 

5.16.7 WAN ポートのパス トレース ID の読み取り

WAN ポートの各チャネル(VC12)に対して、パス トレース パラメータを読み込むことができます。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 WAN ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、受信パス トレースを表示するチャネル(vc12)をクリックします。

ステップ 3 PathTraceVC12 をクリックします。

ステップ 4 次の属性が表示されます。

PathTrace

PathTraceReceived と PathTraceExpected が一致していないときに TIM アラームを報告する場合は有効に設定されています。

PathTraceExpected

パスの反対側から受信するパス トレース ID の値が入力されています。

PathTraceTransmitted

パスの反対側に送信するパス トレース ID の値が入力されています。

PathTraceReceived

リンクの反対側から実際に受信されるパス トレース ID の値が入力されています


) パス トレースを有効に設定すると、予定の PathTrace と受信された PathTrace の間にミスマッチが存在する場合に、元の信号ではなく、AIS が下り方向に挿入されます。



 

5.16.8 WAN ポート パフォーマンスのモニタリング

WAN ポート近端と遠端両方の PMD データをモニタリングすることができます。


ステップ 1 WAN ポートを選択します。

ステップ 2 WAN ポート管理対象オブジェクトが展開表示されたら、パフォーマンス データを表示するチャネル(vc12)をクリックします。

ステップ 3 近端 PM データを読み取る場合は PmG826NearEndVc12 を、また遠端 PM データを読み取る場合は PmG826FarEndVC12 をそれぞれクリックします。

ステップ 4 次の属性が表示されます。

Current15Min ES、SES、BBE、および UAS

ステップ 5 15 分カウンタのパフォーマンス履歴を直前の 16 回分だけ表示する場合は、Interval15Min をクリックします。

次の属性が表示されます。

Interval15Min ES、SES、BBE、および UAS


 

5.16.9 高度な WAN ポート操作

Cisco Edge Craft を頻繁に使用するユーザは、設定作業を迅速化するために高度な編集機能を利用することができます。

複数の終端地点の選択と挿入


ステップ 1 B 端として終端地点の追加を行う複数のチャネルを選択します。Shift キーまたは Ctrl キーを使用して複数のチャネルを選択するか、マウスの左ボタンを押したまま、マウスをリストの下へ単純にドラッグします。

ステップ 2 同様に、チャネルの B 端に追加する TU-12 終端地点を選択します。

ステップ 3 ツールバーの Set B ボタンをクリックします。

ステップ 4 ツールバーの Save をクリックします。


) 設定できるのは、B が未使用のチャネルの B 終端地点だけです。
B 終端地点を修正する場合は、最初に既存の B 終端地点との関係を削除する必要があります。削除すると、新しい終端地点の追加が可能になります。



) WAN チャネルと終端地点のインスタンスを同じ数だけ選択しないと、チャネルは、選択したチャネル リストの先頭から使用できる限りの TP を使用して設定されます。選択されている TP の方がチャネルより多い場合は、余った後半の TP は使用されません。