Cisco Edge Craft ソフトウェア ガイド Software Release 2.0
ソフトウェアの説明
ソフトウェアの説明
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ソフトウェアの説明

ソフトウェアの説明

この章では、Cisco Edge Craft とその機能の概要について説明します。

2.1 概要

Cisco Edge Craft は、ネットワーク要素を 1 つずつ運用状態にする場合に使用します。Cisco Edge Craft でできるのは、ネットワーク要素に保存されている情報の表示と、その情報に関する操作だけです。Cisco Edge Craft のグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を使用するには、Cisco Edge Craft にログインする必要があります。Cisco Edge Craft がネットワーク要素に接続されていれば、GUI にアラームを表示できます。また、ネットワーク要素から性能データをロードして、表示できます。

Cisco Edge Craft はネットワーク要素の現在(スナップショット)の状態を表示しますが、ネットワーク要素上の機能とは別の付加価値機能をほとんど持っていません。

Cisco Edge Craft は、単一ユーザ システムです。また、Windows プラットフォームまたは Solaris プラットフォームで動作するスタンドアロン アプリケーションです。

Cisco Edge Craft は、完全に独立した製品です。そのタスクの実行には、他のどのシステムにも依存しません。Cisco Edge Craft が動作するラップトップや PC は、管理ポートまたは LAN を経由してネットワーク要素に直接接続することができます(図2-1 参照)。

図2-1 Cisco Edge Craft の接続形態

 

Cisco Edge Craft は Cisco の他の管理製品と共存することができます。Cisco Edge Craft ではネットワーク要素と通信するために SNMP エージェントを使用しますが、この SNMP エージェントは複数の SNMP マネージャを扱うことができます。

表2-1 に、Cisco Edge Craft の機能を示します。

 

表2-1 Cisco Edge Craft の機能

お客様の利点
サポート機能

余分なコストをかけずにネットワーク要素の設定をサポートし、迅速に運用できます。

ネットワーク要素の必要な設定はすべて、Cisco Edge Craft で行なうことができます。

Cisco の製品ファミリの一部であるので、EMS または NMS レベルに容易にアップグレードできます。

Cisco Edge Craft は、ファミリの他の製品と同じルック アンド フィールで、Cisco コンポーネント コレクションのコンポーネントのサブセットを使用します。

ネットワーク要素に容易にアクセスできます。

ラップトップ上で実行できます。

ローカルおよびリモートでネットワーク要素にアクセスできます。

ネットワーク要素内の組み込み SNMP エージェントへの管理ポート(IP)での通信。

2.2 製品の機能

ここで示す機能の一部は、ネットワーク要素でその機能が使用可能でも Cisco Edge Craft にしか適用しません。以降では、Cisco Edge Craft を「システム」と呼びます。

2.2.1 ネットワーク要素へのアクセス

システムは、組み込み SNMP エージェントを介してネットワーク要素と通信します。通信回線を確立するには、ネットワーク要素に IP アドレスが割り当てられている必要があります。割り当てられていない場合は、シリアル ポート上の別の通信回線を使用して、IP アドレスや他の関連パラメータの割り当てを行います。

2.2.2 情報モデル

システムには、ネットワーク要素の独自の内部表現(情報モデル)があります。これはオブジェクト指向モデルで、Cisco ファミリのすべての製品で使用されている情報モデルと同一です。

2.2.3 単一ユーザ

一度にシステムにログインできるのは、1 ユーザだけです。

2.2.4 単一ネットワーク要素

システムが一度に通信できるネットワーク要素は 1 つだけです。ユーザは、ネットワーク要素との通信を終了してから、新しいネットワーク要素に接続します。

2.2.5 グラフィカル ユーザ インターフェイスのタイプ

GUI には、情報モデルに応じてネットワーク要素が表示され、組み込みエージェントが使用する SNMP MIB は認識しません。

ユーザは GUI をカスタマイズできません。

システムには、2 つのタイプのグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)があります。

2.2.5.1 ネットワーク要素トポロジ ブラウザ(NETB)

ネットワーク要素内の管理対象オブジェクトを階層的に表示します。

2.2.5.2 特定のシステム機能をサポートするカスタム GUI

特定のタスク/機能をサポートするために開発された GUI です。

2.2.6 持続性なし

システムには、運用および通知のための持続的なストレージはありません。

2.2.7 ネットワーク要素の IP アドレスの一覧

システムには、アクセス済みのネットワーク要素の IP アドレスが保存されます。オペレータは、システムの起動ウィンドウで現行のネットワーク要素の IP アドレスを選択できます。

2.2.8 設定のダウンロードおよびアップロード

システムは、ネットワーク要素からその設定全体をアップロードして、設定をローカルまたはリモート コンピュータに保存できます。リモート コンピュータは、その IP アドレスで識別されます。

また、設定全体をローカルまたはリモート コンピュータからネットワーク要素へダウンロードできます。リモート コンピュータは、その IP アドレスで識別されます。

アップロードされた設定は編集できません。

2.2.9 ソフトウェアおよびファームウェアのダウンロード

システムは、ソフトウェアおよびファームウェアをネットワーク要素へダウンロードできます。ソフトウェアおよびファームウェアが格納されている場所は、システムが動作している同一のコンユータでもリモート コンピュータでも構いません。リモート コンピュータはその IP アドレスで識別され、ローカルおよびリモート コンピュータは両方とも TFTP サーバでなければなりません。

新たにダウンロードされたソフトウェア/ファームウェアを使用する機器の再起動をスケジュールできます。

2.2.10 ユーザ アクセス

システムは、ユーザ ID (コミュニティ ストリング)を使用してユーザ認証をサポートします。

ネットワーク要素の初期アクセスは、パブリック アクセスで行なわれます。

2.2.11 アラームおよびイベント通知の表示

システムは、ユーザがシステムにログインしているときに生成されたすべてのアラームおよびイベントを表示します。アラームは表形式で表示されます。ネットワーク要素から受信したトラップをアラームまたはイベントにマップできない場合でも、そのトラップはオペレータに表示されます。

ネットワーク要素に保存されているアラーム履歴が表示されます。アラーム履歴は表形式で表示されます。

2.2.12 性能データの表示

システムは、性能管理データを解析しません。

ユーザは、ネットワーク要素上の現在登録されている性能データを読み取って、GUI で表示したり、ファイルにコピーしたりできます。ファイルはすべてのツール(たとえば、Microsoft Excel)で読み取りまたは編集できます。

サポートされる性能データは、G.826、MIB-II (RFC1213)、および RMON カウンタです。

2.2.13 管理設定

システムは、DCN 管理トラフィック設定値の設定をサポートします。

2.2.14 物理インベントリ

物理インベントリによって、ネットワーク要素に物理的に設置されたパーツおよび現在実行中のソフトウェアまたはファームウェアの概要が分かります。ダウンロードされただけでまだアクティブになっていないソフトウェアおよびファームウェア パッケージも表示されます。

2.2.15 論理インベントリ

論理インベントリによって、ネットワーク要素を構成する管理対象エンティティの概要が分かります。論理エンティティは、物理パーツと一致することがありますが、必ずしも一致する必要はありません。

2.2.16 グローバル設定

ネットワーク要素には、ネットワーク要素のユーザ トラフィックと関係のない設定がいくつかあります。これらは、場所、オーナー、タイム サーバ、LED 設定値、電源モジュールなどのパラメータです。

2.2.17 ネットワーク要素上のアラームおよびイベント フィルタの設定

ネットワーク要素上の一部の管理対象エンティティからのアラーム報告は、フィルタで除外できます。

2.2.18 SDH ポートの設定

システムは、SDH ポートの設定をサポートします。SDH ポートには、2 つのメイン設定エリアがあります。

ポートのプロパティ。プロパティは、表示および編集できます。

ポートの構造

2.2.19 PDH ポートの設定

システムは、PDH ポートのプロパティの設定をサポートします。プロパティは、表示および編集できます。

2.2.20 MSP および SNCP の設定

システムは、MSP および SNCP セットアップの設定をサポートします。MSP および SNCP の表示、作成、変更、および削除ができます。

2.2.21 SDH の同期設定

ネットワーク要素は、SDH トラフィックに対して複数の同期ソースを使用することができます。ソースには優先順位を付けます。システムは、ユーザがこれらの規則をセットアップするのを支援します。

2.2.22 LAN ポートの設定

システムは、LAN ポートのプロパティの設定をサポートします。プロパティは、表示および編集できます。

2.2.23 WAN ポートの設定

システムは、WAN ポートのプロパティの設定をサポートします。プロパティは、表示および編集できます。また、WAN 帯域幅の設定もサポートします。

2.2.24 テスト ループの設定

システムは、テスト ループの設定をサポートします。

2.2.25 相互接続(XC)の設定

システムは、SDH ポートの相互接続管理をサポートします。XC の設定、削除、および更新ができます。次の 2 つの XC がサポートされます。

ポイント ツー ポイント

WAN と SDH のマッピング

2.2.26 ブリッジの設定

システムはブリッジのセットアップをサポートします。

2.2.27 VLAN の設定

システムは VLAN の設定をサポートします。VLAN の作成、削除、および更新ができます。

2.2.28 セキュリティ

Cisco Edge Craft のセキュリティは SNMP バージョン 1 のセキュリティ(コミュニティ ストリング)に基づきます。

2.2.29 データ通信

Cisco Edge Craft は、次の方法でネットワーク要素と通信できます。

管理ポート上で直接通信する

管理ポートを VLAN に接続して通信する

インバンド DCC を使用して通信する

2.2.30 信頼性

ここでは、信頼性の要件とシステムの既知のバグを示します。

冗長性

ネットワーク要素が LAN に接続されている場合、1 人または複数の Cisco Edge Craft ユーザは同時に同じネットワーク要素に接続できますが、お互いは認識できません。

バグ

既知のバグは、回避策とともにリリース ノートに記載されています。

2.2.31 メンテナンス

デバッグおよびシステム ログは、log4j オープン ソース コードを使用します。

デバッグ

システムのコンポーネントにはすべて、デバッグ インターフェイスがあります。

コンポーネントは、デバッグ レベルに応じて異なる情報をログに記録できます。

各コンポーネントには 1 つのデバッグ レベルがあります。

システム ログ

システム エラーはすべてログに記録されます。

システム エラー メッセージには、エラーのテキスト記述、オペレーティング システムのエラー コード(適用可能な場合)、エラーを検出したモジュール、およびタイム スタンプが含まれています。

設定すると、システム エラーはすべてエラー ログ データベースに保持されます。

新規のリリースおよびパッチ

新規のリリースおよびパッチは、次のサポート サイトからダウンロードして入手できます。

http://www.cisco.com