Cisco ONS 15216 FlexLayer ユーザ ガイド
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

このマニュアルについて

マニュアルの目的

対象読者

マニュアルの構成

表記法

マニュアルの入手方法

Web サイト

Documentation CD-ROM

マニュアルの注文方法

テクニカル サポートに関する問い合せ

Japan TAC Web サイト

その他のマニュアルや情報の入手

このマニュアルについて

ここでは、『 Cisco ONS 15216 FlexLayer ユーザ ガイド 』 の目的、対象読者、構成について説明するとともに、本書で使用している表記法、およびその他の情報を記載しています。

ここでは、次の内容について説明します。

マニュアルの目的

対象読者

マニュアルの構成

表記法

マニュアルの入手方法

テクニカル サポートに関する問い合せ

その他のマニュアルや情報の入手

マニュアルの目的

Cisco ONS 15216 FlexLayer ユーザ ガイド 』では、Cisco ONS 15216 FlexLayer 製品に関するネットワーク設計、設置、接続の手順を説明します。このユーザ ガイドには、ネットワーク アーキテクチャ の例、製品の説明、製品の部品番号および光学的な性能仕様が記載してあります。

対象読者

この『 Cisco ONS 15216 FlexLayer ユーザ ガイド 』を使用することで、シスコまたは同等の光伝送ハードウェア製品およびそのケーブル接続、光ファイバネットワーク アーキテクチャに精通してください。また、電子通信技術者としての経験を積んでください。

マニュアルの構成

 

説明

「Cisco ONS 15216 FlexLayer の概要」

Cisco ONS 15216 製品の要約と各種構成要素について説明している。

「Cisco ONS 15216 FlexLayer の設置」

Cisco ONS 15216 FlexLayer 製品の実装方法を説明している。

「用途の概要」

Cisco ONS 15216 FlexLayer 製品を使ったネットワークの構成例を示している。

「新しいハードウェア」

Cisco ONS 15216 FlexLayer の部品番号、機能説明、およびブロック図を示している。

付録A「ONS 15216 FlexLayer モジュールの仕様」

Cisco ONS 15216 FlexLayer 製品の各種モジュールについて、その技術仕様を示している。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

表記法
用途

boldface

本文中に出てくるコマンドとキーワードはボールド体で表す。

italic フォント

ユーザの入力する引数はイタリック体で表す。

[ ]

大カッコ内のキーワードや引数がオプションとして指定できることを表す。

{ x | x | x }

縦棒で区切られている中カッコ内のキーワード(左の表記法では x で表してある)が選択項目であることを表す。どれか 1 つを選択する必要がある。

Ctrl

コントロールキーを表す。たとえば Ctrl+D と書いてある場合は、Ctrl キーを押したまま D キーを押す。

screen

画面に表示される情報は、スクリーンフォントで表す。

boldface screen

ユーザが入力する情報は、ボールド体スクリーン フォントで表す。

< >

コマンドを実際に入力する際に、この山カッコで囲まれているコマンドパラメータ部分(山カッコも含む)を具体的なモジュール固有コードに置き換えて指定することを表す。


警告 警告のマークは、危険を表します。負傷する危険があるので、事故防止のための標準手順や注意事項をよく理解した上で、電気回路の接触事故に十分注意しながら、作業を開始してください。このマニュアルに記載されている警告事項は、各国語に翻訳されてこのデバイスに添付されています。必要に応じて参照してください。



注意 「注意」のマークは、ユーザーへの注意事項です。このマークの付いている状況では、装置の故障やデータの消失につながることがあるので、慎重に作業してください。


注釈です。参考情報や、このマニュアルに記載されていない情報を得るための資料を紹介しています。


マニュアルの入手方法

シスコでは、マニュアルや技術資料の入手方法、およびテクニカル サポートへの問い合わせ方法をいくつか用意しています。ここでは、技術情報を入手する方法について説明します。

Web サイト

最新のマニュアルは、次の Web サイトから入手できます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコ米国本社の Web サイトには、次の URL でアクセスできます。

http://www.cisco.com

各国のシスコ Web サイトには、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

日本語のマニュアルは、次の Web サイトで入手できます。

http://www.cisco.com/jp/

Documentation CD-ROM

マニュアルなどの資料は、製品に付属の Documentation CD-ROM パッケージに収録されています。Documentation CD-ROM は毎月更新されるため、印刷版の資料に比べ、より新しい情報を得ることができます。この CD-ROM パッケージは、CD-ROM 単位または年間契約のいずれでもご利用いただけます。

マニュアルの注文方法

日本語のマニュアルは、次の Web サイトでご注文いただけます。

http://www.cisco.com/jp/

テクニカル サポートに関する問い合せ

技術サポートについては、製品をお買い上げの弊社販売代理店にお問い合わせください。

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト (http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register

その他のマニュアルや情報の入手

シスコの製品、技術、およびネットワーク ソリューションに関する情報は、各種のオンライン情報や印刷物から入手できます。

Cisco Product Catalog 』には、シスコが提供するネットワーキング製品と、その注文方法やカスタマー サポート サービスについての情報があります。『 Cisco Product Catalog 』には、次の URL でアクセスします。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_catalog_links_launch.html

Cisco Press では、さまざまなネットワーキング関連資料を発行しています。シスコでは、使用経験の有無にかかわらず、ユーザの皆様に『 Internetworking Terms and Acronyms Dictionary 』、『 Internetworking Technology Handbook 』、『 Internetworking Troubleshooting Guide 』、 および Internetworking Design Guide 』を参照することをお勧めしています。Cisco Press の最新の資料名などについては、次の URL にあるオンラインの Cisco Press にアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet 』はシスコが発行している月刊誌で、業界の専門家の皆様にネットワーキング分野の最新情報をお届けしています。『 Packet 』には、次の URL でアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/about/ac123/ac114/about_cisco_packet_magazine.html

iQ Magazine 』はシスコが発行している月刊誌で、経営者の皆様や方針決定をされる方々にネットワーキング分野の最新情報をお届けしています。『 iQ Magazine 』には、次の URL でアクセスできます。

http://business.cisco.com/prod/tree.taf%3fasset_id=44699&public_view=true&kbns=1.html

Internet Protocol Journal 』はシスコが発行している季刊誌で、公開および非公開のインターネットならびにイントラネットの設計、開発、運用に携わっている技術者の方々を対象にしています。『 Internet Protocol Journal 』には、次の URL でアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/about/ac123/ac147/about_cisco_the_internet_protocol_journal.html

トレーニング:シスコでは、世界各地でネットワーキングに関するトレーニングを実施しています。日本におけるトレーニングに関する情報は次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/jp/