Cisco ONS 15216 FlexLayer ユーザ ガイド
ONS 15216 FlexLayer モジュールの仕 様
ONS 15216 FlexLayer モジュールの仕様
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ONS 15216 FlexLayer モジュールの仕様

ONS 15216 FlexLayer モジュールの仕様

A.1 8 チャネル光アド/ドロップ FlexLayer モジュールの仕様

 

表A-1 8 チャネル光アド/ドロップ FlexLayer モジュールの仕様

パラメータ
条件
最小
最大
単位

チャネル計画

4 つごとに 1 つ空き:

ITU 21-24、26-29、31-34、36-39、41-44、46-49、51-54、56-59

ITU Ch

チャネル スペーシング

100

GHz

チャネル グル-プ

15216-FLA-8-36.6

59、58、57、56、54、53、52、51

ITU Ch

15216-FLA-8-44.5

49、48、47、46、44、43、42、41

ITU Ch

15216-FLA-8-52.5

39、38、37、36、34、33、32、31

ITU Ch

15216-FLA-8-60.6

29、28、27、26、24、23、22、21

ITU Ch

通過帯域

@ 0.5 dB

+/- 0.11

Nm

挿入損失

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と DROP-CH-TX/ADD-CH-RX との間

3.4

4.5

dB

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と DROP-COM-TX/ADD-COM-RX との間

0.6

1.7

dB

DROP-COM-RX と DROP-MON との間

15.5

20.5

dB

ADD-COM-TX と ADD-MON との間

15.5

20.5

dB

アイソレーション

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と
各 DROP-CH-TX/ADD-CH-RX との間 @ 隣接チャネル

25

dB

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と
DROP-COM-TX/ADD-COM-RX との間 @ アド/ドロップ チャネル波長

14

dB

リップル

通過帯域超過

0.5

dB

指向性

任意の DROP-CH-TX/ADD-CH-RX 間

40

dB

光反射減衰量

各ポート

40

dB

偏波依存損失

各パス

0.2

dB

最大光パワー

各ポート

250

mW

コネクタの種類

LC

A.2 2 チャネル光アド/ドロップ FlexLayer モジュールの仕様

 

表A-2 2 チャネル光アド/ドロップ FlexLayer モジュールの仕様

パラメータ
条件
最小
最大
単位

チャネル計画

4 つごとに 1 つ空き:

ITU 21-24、26-29、31-34、36-39、41-44、46-49、51-54、56-59

ITU Ch

チャネル スペーシング

100

GHz

チャネル グル-プ

15216-FLB-2-31.1

59、58

ITU Ch

15216-FLB-2-32.6

57、56

ITU Ch

15216-FLB-2-35.0

54、53

ITU Ch

15216-FLB-2-36.6

52、51

ITU Ch

15216-FLB-2-38.9

49、48

ITU Ch

15216-FLB-2-40.5

47、46

ITU Ch

15216-FLB-2-42.9

44、43

ITU Ch

15216-FLB-2-44.5

42、41

ITU Ch

15216-FLB-2-46.9

39、38

ITU Ch

15216-FLB-2-48.5

37、36

ITU Ch

15216-FLB-2-50.9

34、33

ITU Ch

15216-FLB-2-52.5

32、31

ITU Ch

15216-FLB-2-54.9

29、28

ITU Ch

15216-FLB-2-56.5

27、26

ITU Ch

15216-FLB-2-58.9

24、23

ITU Ch

15216-FLB-2-60.6

22、21

ITU Ch

通過帯域

@ 0.5 dB

+/- 0.11

nm

挿入損失

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と
DROP-CH-TX/ADD-CH-RX との間

1.4

2.5

dB

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と
DROP-COM-TX/ADD-COM-RX との間

0.5

1.6

dB

DROP-COM-RX と MON との間

15.5

20.5

dB

ADD-COM-RX と MON との間

15.5

20.5

dB

アイソレーション

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と各 DROP-CH-TX/ADD-CH-RX との間 @ 隣接チャネル

25

dB

DROP-COM-RX/ADD-COM-TX と
DROP-COM-TX/ADD-COM-RX との間 @ アド/ドロップ チャネル波長

14

dB

リップル

通過帯域超過

0.5

dB

指向性

任意の DROP-CH-TX/ADD-CH-RX 間

40

dB

光反射減衰量

各ポート

40

dB

偏波依存損失

各パス

0.2

dB

最大光パワー

各ポート

250

mW

コネクタの種類

LC

A.3 光スプリッタまたはカプラー FlexLayer モジュールの仕様

 

表A-3 光スプリッタまたはカプラー FlexLayer モジュールの仕様

パラメータ
条件
最小
最大
単位

動作波長範囲

CS-2, CS-3, CS-4

1529

1565

Nm

CS-SM-Y1

1260/1430

1360/1580

CS-MM-Y1

770/1260

860/1380

挿入損失

SPL-RX/CPL-TX と SPL-TXn/CPL-RXn との間

1:2/2:1

3.5

4.3

dB

1:3/3:1

5.7

6.6

dB

1:4/4:1

7.3

8.2

dB

1:2&2:1SM

3.4

4.8

dB

1:2&2:1MM

3.4

5.5

CPL-TX と CPL-MON との間

15.5

20.5

SPL-RX と SPL-MON との間

15.5

20.5

リップル 2

通過帯域超過

0.5

dB

指向性

任意の SPL-TXn/CPL-RXn 間

40

dB

光反射減衰量 3

各ポート

40

dB

偏波依存損失

各パス

1:2/2:1

0.25

dB

1:3/3:1

0.3

1:4/4:1

0.4

1:2&2:1

0.25

最大光パワー

各ポート

250

mW

コネクタの種類

LC

1.デュアル ウィンドウ

2.CS-MM-Y の場合: 0.7dB

3.CS-MM-Y の場合: 25dB

A.4 4 チャネル光可変減衰器(VOA)FlexLayer モジュールの仕様

 

表A-4 4 チャネル光可変減衰器(VOA)FlexLayer モジュールの仕様

パラメータ
条件
最小
最大
単位

動作波長範囲

1529

1565

Nm

減衰傾斜

減衰量: 0dB

0.4

dB

減衰量: 15dB

0.6

dB

減衰量: 30dB

0.8

dB

減衰リップル

減衰量: 0dB

0.35

dB

減衰量: 15dB

0.45

dB

減衰量: 30dB

0.55

dB

最小挿入損失

2.6

dB

減衰範囲

30

dB

10dB 減衰回転数

通常 3 回

dB

光反射減衰量

45

dB

偏波依存損失

減衰量 < 0dB

0.35

dB

減衰量 < 15dB

0.5

dB

減衰量 < 30dB

0.6

dB

コネクタの種類

LC