Cisco ONS 15454 ソフトウェア アップグレード ガイド
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

このマニュアルについて

マニュアルの目的

対象読者

マニュアルの構成

NTP(手順)

DLP(作業)

表記法

安全上の注意事項と警告

マニュアルの入手方法

Web サイト

Documentation CD-ROM

マニュアルの注文方法

テクニカル サポートに関する問い合せ

Japan TAC Web サイト

その他のマニュアルや情報の入手

このマニュアルについて

ここでは、 マニュアルの目的、対象読者、構成について説明するとともに、本書で使用している表記法、およびその他の情報を記載しています。

マニュアルの目的

このマニュアルでは、Cisco ONS 15454 システム用ソフトウェアのアップグレード方法を説明します。説明では、ソフトウェアのアップグレード前に満たす必要がある条件、データベースのバックアップ手順、現在のソフトウェアリリースへのアップグレード手順、旧ソフトウェアに戻す手順などを紹介します。また、TL1 を使用してソフトウェアをアップグレードする手順、および TCC+ カードを TCC2 カードにアップグレードする手順についても説明します。

対象読者

このマニュアルを使用するには、シスコまたは同等の光伝送ハードウェア製品とそのケーブル接続、通信ハードウェアとそのケーブル接続、電子回路と配線作業などに精通している必要があります。また、電気通信技術者としての経験があると、マニュアルを理解する上で役立ちます。

マニュアルの構成

この Cisco ONS 15454 ソフトウェア アップグレード ガイド の構成は次のとおりです。

第1章「ソフトウェア リリース 2.2.x から 4.1.x へのアップグレード」 では、ソフトウェア リリース 2.2.x から ソフトウェア リリース 4.1.x へのアップグレード手順について説明します。

第2章「TCC+ カードを使用したソフトウェア リリース 3.x から 4.1.x へのアップグレード」 では、ソフトウェア リリース 3.x から ソフトウェア リリース 4.1.x へのアップグレード手順について説明します。

第3章「TCC+ カードまたは TCC2 カードを使用したソフトウェア リリース 4.x から 4.1.x へのアップグレード」 では、ソフトウェア リリース 4.x から ソフトウェア リリース 4.1.x へのアップグレード手順について説明します。

このマニュアルでは、次に説明する要素を使用して、作業を階層的に説明します。

NTP(手順)

non-trouble procedure(NTP; 手順)は、特定の手続きを完了するためのステップのリストです。各ステップを実行して、手順を完了してください。詳細な作業指示が必要な場合は、手順のステップに指定されている DLP(作業)を参照してください。


) このマニュアルでは、NTP を「手順」と呼び、DLP を「作業」と呼びます。各手順への参照には NTP 番号が示されています。また、各作業への参照には DLP 番号が示されています。


DLP(作業)

detail-level procedure(DLP; 作業)は、NTP を実行する際に必要となる詳細な作業内容です。DLP では、ステップを順に実行すると作業を完了することができます。一部のステップでは、確認のために機器の表示を調べる必要があります。機器が正しく応答しない場合のために、問題を解決するためのリファレンスが示されています。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

boldface フォント

コマンドおよびキーワードはボールド体で表します。

italic フォント

ユーザが入力する引数は、イタリック体で表します。

[ ]

角カッコ内の要素は、省略が可能です。

{ x | x | x }

必須キーワード(左の表記法では x)は、波カッコで囲み、パイプで区切って表します。どれか 1 つを選択する必要があります。

Ctrl

コントロールキーを表します。たとえば Ctrl+D と書いてある場合は、Ctrl キーを押したまま D キーを押します。

screen フォント

画面に表示される情報は、スクリーンフォントで表します。

boldface screen フォント

ユーザが入力すべき情報は、ボールド体スクリーン フォントで表します。

< >

モジュール固有のコードに置き換えて指定する必要があるコマンド パラメータを表します。


警告 危険 を表します。負傷する危険があることを示します。電気回路やレーザー光の危険を認識し、事故防止の手順を十分理解してから、作業を始めてください。



注釈です。参考情報や、このマニュアル以外の資料を紹介しています。



注意 注意が必要であることを示します。装置の故障またはデータの損失につながることがあるので、慎重に作業してください。

安全上の注意事項と警告

安全上の注意事項と警告については、製品に添付されている『 Cisco Optical Transport Products Safety and Compliance Information 』を参照してください。この資料では、Cisco ONS 15xxx システムに関する、国際規格への準拠情報と安全上の注意事項について説明しています。また、ONS 15xxx システムのマニュアルに記載されている安全上の警告について各国語で説明しています。

マニュアルの入手方法

シスコでは、マニュアルや技術資料の入手方法、およびテクニカル サポートへの問い合せ方法をいくつか用意しています。ここでは、マニュアルの入手方法について説明します。

Web サイト

日本語のマニュアルは、次の Web サイトで入手できます。

http://www.cisco.com/jp/

最新のマニュアルは、次の Web サイトで入手できます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコ米国本社の Web サイトには、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com

各国のシスコ Web サイトには、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

マニュアルおよびその他の資料は、製品に付属の Documentation CD-ROM パッケージに収録されています。Documentation CD-ROM は定期的に更新されるので、印刷資料より新しい情報が得られます。この CD-ROM パッケージは、CD-ROM 単位でも、年間または四半期契約でもご利用いただけます。

マニュアルの注文方法

日本語のマニュアルは、次の Web サイトでご注文いただけます。

http://www.cisco.com/jp/

テクニカル サポートに関する問い合せ

テクニカル サポートについては、製品をお買い上げの弊社販売代理店にお問い合せください。

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト (http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register

その他のマニュアルや情報の入手

シスコの製品、技術、ネットワーク ソリューションに関する情報は、各種のオンライン情報や印刷物から入手できます。

シスコ『 Product Catalog 』には、シスコが提供するネットワーキング製品と、その注文方法やカスタマー サポート サービスについての情報があります。シスコ『 Product Catalog 』には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_catalog_links_launch.html

Cisco Press では、さまざまなネットワーキング関連資料を発行しています。シスコでは、使用経験の有無にかかわらず、ユーザの皆様に『Internetworking Terms and Acronyms Dictionary』、『Internetworking Technology Handbook』、『Internetworking Troubleshooting Guide』および『Internetworking Design Guide』を参照することをお勧めしています。Cisco Press の最新の資料名などについては、次の URL にあるオンラインの Cisco Press にアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

『Packet』マガジンはシスコの季刊誌で、業界の専門家の方がネットワーク投資を最大限に生かすために役立つ、最新のネットワーク動向、技術革新、シスコの製品とソリューションを紹介しています。『 Packet 』マガジンには、ネットワークの配備とトラブルシューティングのヒント、構成例、お客様の事例、演習やトレーニング、資格情報、およびオンライン リソースへのさまざまなリンクなどが掲載されています。『 Packet 』には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/go/packet

iQ Magazine 』はシスコの隔月刊誌で、管理職の方を対象にインターネット ビジネス戦略に関する最新情報をお届けしています。『 iQ Magazine 』には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

『Internet Protocol Journal』はシスコの季刊誌で、公開および非公開のインターネットならびにイントラネットの設計、開発、運用に携わる技術者の方を対象にしています。『 Internet Protocol Journal 』には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/about/ac123/ac147/about_cisco_the_internet_protocol_journal.html

トレーニング:シスコでは、ネットワーキングに関して優れたトレーニングを提供しています。日本におけるトレーニングに関する情報は、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/jp/