Cisco ONS 15454 DWDM リファレンス マニュアル 製品およびソフトウェア リリース 9.2
パフォーマンス モニタリング
パフォーマンス モニタリング
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/09/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 27MB) | フィードバック

目次

パフォーマンス モニタリング

パフォーマンス モニタリング

Performance Monitoring(PM; パフォーマンス モニタリング)パラメータは、問題を早期に検出するためにパフォーマンス データを収集および格納し、しきい値を設定し、報告するために、サービス プロバイダーが使用します。この章では、光増幅器、マルチプレクサ、デマルチプレクサ、Optical Add/Drop Multiplexer(OADM; 光アド/ドロップ マルチプレクサ)、および Optical Service Channel(OSC; 光サービス チャネル)カードなど、Cisco ONS 15454 のトランスポンダ、マックスポンダ、および Dense Wavelength Division Multiplexing(DWDM; 高密度波長分割多重)カードの PM パラメータと概念を定義します。


) 特に指定のない限り、「ONS 15454」は、ANSI と ETSI 両方のシェルフ アセンブリを指します。


PM 値のイネーブル化と表示の詳細については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。

この章の内容は、次のとおりです。

「パフォーマンス モニタリングのしきい値」

「TNC カードのパフォーマンス モニタリング」

「トランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードのパフォーマンス モニタリング」

「DWDM カードのパフォーマンス モニタリング」

「光および 8b10b の PM パラメータの定義」

「ITU G.709 および ITU-T G.8021 のトランク側 PM パラメータの定義」

「完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義」

「FEC PM パラメータの定義」

「SONET PM パラメータの定義」

「SDH PM パラメータの定義」

「ポインタ位置調整カウントのパフォーマンス モニタリング」


) PM パラメータに関する追加情報については、ITU G.826、ITU-T G.8021、ITU G.709、Telcordia のドキュメント GR-1230-CORE、GR-820-CORE、GR-499-CORE、GR-253-CORE、および ANSI T1.231 のドキュメント(『Digital Hierarchy - Layer 1 In-Service Digital Transmission Performance Monitoring』)を参照してください。


19.1 パフォーマンス モニタリングのしきい値

しきい値は、各 PM パラメータのエラー レベルを設定するために使用します。PM の個別のしきい値は、Cisco Transport Controller(CTC)のカード ビューの [Provisioning] タブから設定できます。回線やパスなどのカードのしきい値の設定手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。

蓄積サイクルで、PM パラメータの現在の値が対応するしきい値に達した場合、または超過した場合、ノードで Threshold Crossing Alert(TCA; しきい値超過アラート)が生成され、CTC に表示されます。TCA によって、パフォーマンス低下を早期に検出できます。しきい値を超えると、指定された蓄積期間の間、ノードはエラーをカウントし続けます。しきい値にゼロを入力すると、TCA の生成はディセーブルになりますが、パフォーマンス モニタリングは続行されます。


) メモリの制限や異なるプラットフォームで生成された TCA 数のために、次の 2 つのプロパティ ファイル(Windows の場合は CTC.INI、UNIX の場合は .ctcrc)を手動で追加または変更して、ニーズに合わせることができます。

ctc.15 xxx .node.tr.lowater= yyy xxx はプラットフォーム、 yyy は最低水準点。デフォルトの最低水準点は 25)。

ctc.15 xxx .node.tr.hiwater= yyy xxx はプラットフォーム、 yyy は最高水準点。デフォルトの最高水準点は 50)。

着信 TCA の数が最高水準点よりも多い場合、ノードは最新の最低水準点を維持し、古い最低水準点を廃棄します。


 

デフォルトの値がエラー モニタリングのニーズに合わないときは、しきい値を変更してください。たとえば、911 コール(警察への緊急電話)用にインストールされたクリティカルな OC192/STM64 トランスポンダを持つ顧客は、回線に対して最高の品質を保証する必要があります。そのため、小さいエラーでも TCA が発生するように、クライアント側のすべてのしきい値を低くします。


TXP および MXP トランクで LOS、LOS-P、または LOF アラームが発生した場合、ITU-T G.709/SONET/SDH の TCA は抑制されます。詳細については、「アラームおよび TCA のモニタリングと管理」を参照してください。


19.2 TNC カードのパフォーマンス モニタリング

(Cisco ONS 15454 M2 および ONS 15454 M6 のみ)

この項では、TNC カードがサポートする PM パラメータおよび RMON について示します。


) TSC カードでは、光 PM およびペイロード PM はサポートされていません。


19.2.1 [Optics PM] ウィンドウ

[Optics PM] ウィンドウには、TNC カードのパラメータが一覧表示されます。また、[Optics PM] ウィンドウには表示する統計値を変更するボタンがあります。[Refresh] ボタンを使用すると、手動で統計情報を更新できます。[Auto-Refresh] には自動更新を行う間隔を設定します。[Historical PM] サブタブの [Clear] ボタンを使用すると、カードの値をゼロに設定できます。カード上のすべてのカウンタが消去されます。[Help] ボタンを使用すると、状況依存ヘルプがアクティブになります。 表 19-1 は、光 PM パラメータをまとめたものです。

表 19-1 光 PM パラメータ

光 PM パラメータ
定義

Laser Bias (Min,%)

最小レーザー バイアス電流(Laser Bias Min)は、PM 時間間隔でのレーザー バイアス電流の最小比率です。

Laser Bias (Avg,%)

平均レーザー バイアス電流(Laser Bias Avg)は、PM 時間間隔でのレーザー バイアス電流の平均比率です。

Laser Bias (Max,%)

最大レーザー バイアス電流(Laser Bias Max)は、PM 時間間隔でのレーザー バイアス電流の最大比率です。

Rx Optical Pwr (Min,dBm)

最小受信光パワー(Rx Optical Pwr Min, dBm)は、PM 時間間隔での最小受信光パワーです。

Rx Optical Pwr (Avg,dBm)

平均受信光パワー(Rx Optical Pwr Avg, dBm)は、PM 時間間隔での平均受信光パワーです。

Rx Optical Pwr (Max,dBm)

最大受信光パワー(Rx Optical Pwr Max, dBm)は、PM 時間間隔での最大受信光パワーです。

Tx Optical Pwr (Min,dBm)

最小送信光パワー(Tx Optical Pwr Min, dBm)は、PM 時間間隔で送信される最小光パワーです。

Tx Optical Pwr (Avg,dBm)

平均送信光パワー(Tx Optical Pwr Avg, dBm)は、PM 時間間隔で送信される平均光パワーです。

Tx Optical Pwr (Max,dBm)

最大送信光パワー(Tx Optical Pwr Max, dBm)は、PM 時間間隔で送信される最大光パワーです。

19.2.2 [Payload PM] ウィンドウ

[Payload PM] には、[Ethernet]、[SONET]、[Statistics]、[Utilization]、および [History] のサブタブがあります。次のボタンは、すべてのタブで同じように機能します。すべてのタブにこのすべてのボタンがあるわけではありません。

[Refresh] ボタンを使用すると、手動で統計情報を更新できます。

[Auto-Refresh] ボタンは自動更新を行う間隔を設定します。

[Baseline] ボタンは、表示された統計値をゼロにリセットします。

([Statistics] ウィンドウのみ)[Clear] ボタンを使用すると、表示された統計、ポートのすべての統計、およびカード上のすべての光ポートのすべての統計値をゼロに設定できます。

[Help] ボタンを使用すると、状況依存ヘルプがアクティブになります。

表 19-2 は、ペイロード イーサネット PM パラメータをまとめたものです。

表 19-2 ペイロード イーサネット PM パラメータ

ペイロード イーサネット PM パラメータ

IfInOctets
rxTotalPkts
ifInUcastPkts
ifInMulticastPkts
ifInBroadcastPkts
ifInErrors
ifOutOctets
txTotalPkts
ifOutUcastPkts
ifOutMulticastPkts
ifOutBroadcastPkts
dot3StatsAlignmentErrors
dot3StatsFCSErrors
dot3StatsFrameTooLong

etherStatsUndersizePkts
etherStatsFragments
etherStatsPkts64Octets
etherStatsPkts65to127Octets
etherStatsPkts128to255Octets
etherStatsPkts256to511Octets
etherStatsPkts512to1023Octets
etherStatsPkts1024to1518Octets
etherStatsBroadcastPkts
etherStatsMulticastPkts
etherStatsOversizePkts
etherStatsJabbers
etherStatsOctets

表 19-3 は、SONET ペイロード PM パラメータをまとめたものです。

 

表 19-3 SONET ペイロード PM パラメータ

SONET ペイロード PM パラメータ
定義

CV-S

Section Coding Violation(CV-S; セクション コーディング違反)は、セクション レイヤ(つまり、SONET 着信信号で B1 バイトを使用)で検出された Bit Interleaved Parity(BIP; ビット インターリーブ パリティ)エラーのカウントです。1 つの STS-N フレームにつき最大 8 セクションの BIP エラーを検出できます。エラーのたびに現在の CV-S のセカンド レジスタが増分されます。

ES-S

Section Errored Seconds(ES-S; セクション エラー秒数)は、少なくとも 1 つのセクション レイヤ BIP エラーが検出されたか、SEF または Loss of Signal(LOS; 信号消失)障害が発生した秒数のカウントです。

SES-S

Section Severely Errored Seconds(SES-S; セクション重大エラー秒数)は、K(値については Telcordia GR-253 を参照)以上のセクション レイヤ BIP エラーが検出されたか、SEF または LOS 障害が発生した秒数のカウントです。

SEFS-S

Severely Errored Framing Seconds(SEFS-S; 重大エラー フレーム秒数)は、SEF 障害が発生した秒数のカウントです。SEF 障害は、LOS または Loss of Frame(LOF; フレーム損失)障害が発生した場合のほとんどの時間に存在すると考えられます。ただし、SEFS-S パラメータのみが SEF 障害の発生に基づいて増分される場合もあります。

CV-L

Line Coding Violation(CV-L; ライン コーディング違反)は、回線で発生した符号違反の数を示します。このパラメータは、蓄積期間に発生した Bipolar Violation(BPV; バイポーラ違反)と Excessive Zero(EXZ; 過剰ゼロ)のカウントです。

ES-L

Line Errored Seconds(ES-L; 回線エラー秒数)は、回線で 1 つ以上の異常(BPV + EXZ)または障害(つまり、信号消失)が発生した秒数のカウントです。

SES-L

Line Severely Errored Seconds(SES-L; 回線重大エラー秒数)は、回線で特定の数量を超える異常(BPV + EXZ > 44)または障害が発生した秒数のカウントです。

UAS-L

Line Unavailable Seconds(UAS-L; 回線使用不可秒数)は、回線を使用できない秒数のカウントです。回線は、SES-L であると見なされる状態が 10 秒連続すると使用できなくなり、SES-L でないと見なされる状態が 10 秒連続するまで使用できません。

FC-L

Line Failure Count(FC-L; 回線障害カウント)は、近端回線の障害イベント数のカウントです。障害イベントは、Alarm Indication Signal Line(AIS-L; 回線アラーム表示信号)障害が宣言されるか、下位レイヤのトラフィックに関連する近端の障害が宣言された場合に開始されます。この障害イベントは、障害がクリアされたときに終了します。ある期間で開始された障害イベントが別の期間で終了した場合は、開始された期間のみでカウントされます。

表 19-4 は、SDH ペイロード PM パラメータをまとめたものです。

 

表 19-4 SDH ペイロード PM パラメータ

SONET ペイロード PM パラメータ
定義

EB

エラー ブロックは、ブロック内で 1 つ以上のビットがエラーになっていることを示します。

BBE

バックグラウンド ブロック エラーは、PM 時間間隔で記録されたバックグラウンド ブロック エラーの数を示します。

ES

エラー秒数は、PM 時間間隔で記録されたエラー秒数を示します。

SES

重大エラー秒数は、PM 時間間隔で記録された重大エラーの秒数を示します。

UAS

使用不可秒数は、PM 時間間隔で記録された、使用不可能になっていた秒数を示します。

ESR

エラー秒数比は、PM 時間間隔で記録された重大エラー秒数の比率を示します。

SESR

重大エラー秒数比は、PM 時間間隔で記録された重大エラー秒数の比率を示します。

BBER

バックグラウンド ブロック エラー率は、PM 時間間隔で記録されたバックグラウンド ブロック エラーの比率を示します。

19.2.3 TNC カードがサポートする RMON

表 19-5 は、TNC カードがサポートする完全な RMON 統計情報についてまとめたものです。

表 19-5 TNC カードの完全な RMON 統計情報

完全な RMON 統計情報

ifInOctets
rxTotalPkts
ifInUcastPkts
ifInMulticastPkts
ifInBroadcastPkts
ifInErrors
ifOutOctets
txTotalPkts
ifOutMulticastPkts
ifOutBroadcastPkts
dot3StatsAlignmentErrors
dot3StatsFCSErrors
dot3StatsFrameTooLong
etherStatsUndersizePkts
etherStatsFragments
etherStatsPkts64Octets

etherStatsPkts65to127Octets
etherStatsPkts128to255Octets
etherStatsPkts256to511Octets
etherStatsPkts512to1023Octets
etherStatsPkts1024to1518Octets
etherStatsBroadcastPkts
etherStatsMulticastPkts
etherStatsOversizePkts
etherStatsJabbers
etherStatsOctets

19.3 トランスポンダマックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードのパフォーマンス モニタリング

この項では、トランスポンダ カード(TXP_MR_10G、TXP_MR_2.5G、TXPP_MR_2.5G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、および TXP_MR_10E_L)、マックスポンダ カード(MXP_2.5G_10G、MXP_2.5G_10E、MXP_2.5G_10E_C、MXP_2.5G_10E_L、MXP_MR_2.5G、MXPP_MR_2.5G、MXP_MR_10DME-C、MXP_MR_10DME-L、および 40G-MXP-C)、X ポンダ カード(GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、10GE_XPE、OTU2_XP)、および ADM-10G カードの PM パラメータについて説明します。トランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G の PM パラメータは、[Optics PM]、[Payload PM]、および [OTN PM] タブに分かれています。表示されるタブは、搭載されているカードにより異なります。詳細については、「[Optics PM] ウィンドウ」「[Payload PM] ウィンドウ」、または「[OTN PM] ウィンドウ」を参照してください。


) OTU2_XP カードの場合、PPM が CTC から物理的には取り外されていても適切に削除されていないと、PPM が存在しなくても PM は増え続けます。PPM が存在しない場合に PM が増えないようにするには、PPM ポートのサービス ステートを OOS(ANSI)またはロック(ETSI)に変更し、それを IS(ANSI)またはロック解除(ETSI)状態に戻します。


図 19-1 に、ONS 15454 ANSI ノードに対して、Application-specific Integrated Circuits(ASIC; 特定用途向け集積回路)で検出されるオーバーヘッド バイトが TXP_MR_10G カードの PM パラメータを生成する場所を示します。残りのトランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードもこの図と同様に動作します。

図 19-1 ONS 15454 ANSI ノードでの TXP_MR_10G カードの PM 読み取りポイント

 

図 19-2 に、ONS 15454 ETSI ノードに対して、ASIC で検出されるオーバーヘッド バイトが TXP_MR_10G カードの PM パラメータを生成する場所を示します。残りのトランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードもこの図と同様に動作します。

図 19-2 ONS 15454 ETSI ノードでの TXP_MR_10G カードの PM 読み取りポイント

 

19.3.1 [Optics PM] ウィンドウ

[Optics PM] ウィンドウには、すべてのトランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ(GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、10GE_XPE、OTU2_XP)、および ADM-10G カードのトランク側およびクライアント側のパラメータが一覧表示されます。また、[Optics PM] ウィンドウには表示する統計値を変更するボタンがあります。[Refresh] ボタンを使用すると、手動で統計情報を更新できます。[Auto-Refresh] には自動更新を行う間隔を設定します。[Historical PM] サブタブの [Clear] ボタンを使用すると、カードの値をゼロに設定できます。カード上のすべてのカウンタが消去されます。[Help] ボタンを使用すると、状況依存ヘルプがアクティブになります。 表 19-6 は、トランク側とクライアント側の光 PM パラメータをまとめたものです。

 

表 19-6 トランク側とクライアント側の光 PM パラメータ

トランク側/クライアント側の光 PM パラメータ
定義

Laser Bias (Avg,%)

平均レーザー バイアス電流(Laser Bias Avg)は、PM 時間間隔でのレーザー バイアス電流の平均比率です。

Laser Bias (Max,%)

最大レーザー バイアス電流(Laser Bias Max)は、PM 時間間隔でのレーザー バイアス電流の最大比率です。

Laser Bias (Min,%)

最小レーザー バイアス電流(Laser Bias Min)は、PM 時間間隔でのレーザー バイアス電流の最小比率です。

Link Status

ファイバ チャネル リンクが、接続しているファイバ チャネル デバイスから有効なファイバ チャネル信号(キャリア)を受信しているかどうかを示します。アップは受信していることを示し、ダウンは受信していないことを示します。

Rx Optical Pwr (Min,dBm)

最小受信光パワー(Rx Optical Pwr Min, dBm)は、PM 時間間隔での最小受信光パワーです。

Rx Optical Pwr (Avg,dBm)

平均受信光パワー(Rx Optical Pwr Avg, dBm)は、PM 時間間隔での平均受信光パワーです。

Rx Optical Pwr (Max,dBm)

最大受信光パワー(Rx Optical Pwr Max, dBm)は、PM 時間間隔での最大受信光パワーです。

Tx Optical Pwr (Min,dBm)1

最小送信光パワー(Tx Optical Pwr Min, dBm)は、PM 時間間隔で送信される最小光パワーです。

Tx Optical Pwr (Avg,dBm) 1

平均送信光パワー(Tx Optical Pwr Avg, dBm)は、PM 時間間隔で送信される平均光パワーです。

Tx Optical Pwr (Max,dBm) 1

最大送信光パワー(Tx Optical Pwr Max, dBm)は、PM 時間間隔で送信される最大光パワーです。

1.トランク側では、次のカードでこの PM を使用することができません:TXP_MR_2.5G、TXPP_MR_2.5G、MXP_MR_2.5G、および MXPP_MR_2.5G。

19.3.2 [Payload PM] ウィンドウ

[Payload PM] ウィンドウのサブタブは、カードの設定に応じて変化します。TXP、MXP、および X ポンダ カードのプロビジョニングの詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide』の「Provision Transponder and Muxponder Cards」の章を参照してください。使用可能な [Payload PM] のサブタブは、[SONET]、[SDH]、[Statistics]、[Utilization]、および [History] です。次のボタンは、すべてのタブで同じように機能します。すべてのタブにこのすべてのボタンがあるわけではありません。

[Refresh] ボタンを使用すると、手動で統計情報を更新できます。

[Auto-Refresh] には自動更新を行う間隔を設定します。

[Baseline] ボタンは、表示された統計値をゼロにリセットします。

([Statistics] ウィンドウのみ)[Clear] ボタンを使用すると、表示された統計、ポートのすべての統計、およびカード上のすべての光ポートのすべての統計値をゼロに設定できます。

[Help] ボタンを使用すると、状況依存ヘルプがアクティブになります。

すべてのトランスポンダ、マックスポンダ、および X ポンダ カードのペイロード PM プロビジョニング オプションの一覧については、『Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide』を参照してください。[Provisioning] タブで選択されたオプションは、[Performance] > [Payload PM] タブに表示されるパラメータに影響する場合があります。

表 19-7 は、特定のポート タイプがトランスポンダまたはマックスポンダ カードにプロビジョニングされる場合に表示される PM パラメータ タイプをまとめたものです。

 

表 19-7 トランスポンダ、マックスポンダ、および X ポンダのポート タイプの PM プロビジョニング オプション

プロビジョニングされるポート タイプ2
アクティブ化される PM タイプ3

SONET/SDH(10G イーサネット WAN Phy など)
OC3/STM1
OC12/STM4
OC48/STM16
OC192/STM64

SONET または SDH PM

40G イーサネット LAN Phy
10G イーサネット LAN Phy
10G FiberChannel
8G FiberChannel
ONE_GE
FC1G
FC2G
FC1G ISL
FC2G ISL
FICON1G
FICON2G
FICON1G ISL
FICON2G ISL
ISC COMPAT
ISC PEER

完全な Remote Monitoring(RMON; リモート モニタリング)統計情報

ESCON
DV6000
SDI_D1_VIDEO
HDTV
PASS_THRU
ETR_CLO

ペイロード PM は、2R ポート タイプには適用できません。

2.ポート タイプは、カード ビューの [Provisioning] > [Pluggable Port Modules] タブからプロビジョニングされます。Pluggable Port Module(PPM; 着脱可能ポート モジュール)のプロビジョニング手順については、『Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide』を参照してください。

3.パフォーマンス モニタリング パラメータは、カード ビューの [Performance] タブに表示されます。

19.3.2.1 [Payload PM SONET]/[Payload PM SDH] ウィンドウ

表 19-8 は、カード ビューの [Performance] > [Payload PM] > [SONET] または [SDH] タブに一覧表示される SONET/SDH レイヤの近端および遠端 PM パラメータをまとめたものです。TXP_MR_2.5G でクライアント タイプが OC3/STM1、OC12/STM4、または OC48/STM16 に設定されている場合、あるいは OC192/STM64 が ONS 15454 SONET ノードまたは ONS 15454 SDH ノードの TXP_MR_10G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、TXP_MR_10E_L、ADM-10G、または OTU2_XP カードに設定されている場合に、SONET/SDH レイヤの PM を使用できます。OC48/STM16 トランク PM は、ONS 15454 SONET または ONS 15454 SDH ノードの MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードで使用できます。OC48/STM16 クライアント PM は、ONS 15454 SONET または ONS 15454 SDH ノードの MXP_2.5G_10G、MXP_2.5G_10E、MXP_2.5G_10E_C、および MXP_2.5G_10E_L カードで使用できます。OC192/STM64 クライアント PM は、ONS 15454 SONET または ONS 15454 SDH ノードの 40G-MXP-C カードで使用できます。PM の定義については、表 19-37 および 表 19-38 を参照してください。

 

表 19-8 ONS 15454 SONET/SDH レイヤの遠端および近端の PM

SONET

レイヤ Far-End(FE; 遠端)45
レイヤ近端1 2

CV-LFE
ES-LFE
FC-LFE
SES-LFE
UAS-LFE

CV-L
CV-S
ES-L
ES-S
FC-L
SES-L
SES-S
SEF-S
UAS-L

適用可能な基準は Telcordia GR-253 です。

SDH

MS-BBE
MS-BBER
MS-EB
MS-ES
MS-ESR
MS-SES
MS-SESR
MS-UAS

RS-BBE
RS-BBER
RS-EB
RS-ES
RS-ESR
RS-SES
RS-SESR
RS-UAS
MS-BBE
MS-BBER
MS-EB
MS-ES
MS-ESR
MS-SES
MS-SESR
MS-UAS

適用可能な基準は Telcordia GR-253 です。

4.Optical Channel(OCH; 光チャネル)およびクライアント(CLNT)ファシリティに適用できます。

5.MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードの場合、これらのパラメータは、カード ビューの [Performance] > [Payload PM] > [SONET PM] タブに表示されます。

19.3.2.2 Payload PM の [Statistics] ウィンドウ

表 19-8 は、TXP_MR_10G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、TXP_MR_10E_L、ADM-10G、および OTU2_XP カードで使用可能な 10 ギガビット イーサネット(10 GE)ペイロード統計をまとめたものです。10 GE をイネーブルにするには、カード ビューの [Provisioning] > [Pluggable Port Modules] タブで PPM プロビジョニングを実行する必要があります。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。パラメータは、カード ビューの [Performance] > [Payload PM] > [Statistics] タブに一覧表示されます。10 GE ペイロードの定義については、表 19-35 を参照してください。


) 使用率 PM もポートごとに使用できます。


 

表 19-9 TXP_MR_10G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、TXP_MR_10E_L、GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、10GE_XPE、および OTU2_XP カードの完全な RMON 統計情報

完全な RMON 統計情報

dot3StatsFCSErrors
dot3StatsFrameTooLong
ifInUcastPkts
ifInBroadcastPkts
ifInErrors
ifInErrorsBytePkts
ifInFramingErrorPkts
ifInJunkInterPkts
ifInMulticastPkts
ifInOctets
ifOutBroadcastPkts
ifOutMulticastPkts
ifOutOctets
rxTotalPkts
Time Last Cleared
txTotalPkts

etherStatsBroadcastPkts
etherStatsCRCAlignErrors
etherStatsFragments
etherStatsJabbers
etherStatsMulticastPkts
etherStatsOctets
etherStatsOversizePkts
etherStatsPkts64Octets
etherStatsPkts65to127Octets
etherStatsPkts128to255Octets
etherStatsPkts256to511Octets
etherStatsPkts512to1023Octets
etherStatsPkts1024to1518Octets
etherStatsUndersizePkts
rxControlFrames
rxPauseFrames
rxUnknownOpcodeFrames

表 19-10 は、ADM-10G カードで使用可能なペイロード統計情報についてまとめたものです。パラメータは、カード ビューの [Performance] > [Payload PM] > [Statistics] タブに一覧表示されます。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。

 

表 19-10 ADM-10G カードの完全な RMON 統計情報

完全な RMON 統計情報

dot3StatsFCSErrors
dot3StatsFrameTooLong
dot3StatsInPauseFrames
dot3StatsOutPauseFrames
dot3StatsControlInUnknownOpCodes
ifInMulticastPkts
ifInBroadcastPkts
ifInErrors
ifInErrorsBytePkts
ifInOctets
ifOutOctets
rxTotalPkts
txTotalPkts
ifInErrors
gfpStatsRxCRCErrors
gfpStatsRxSBitErrors
ifInPayloadCrcErrors
gfpStatsLFDRaisedgfpStatsRxFrame
gfpStatsTxOctets
gfpStatsRxMBitErrors
gfpStatsRxTypeInvalid

etherStatsBroadcastPkts
etherStatsFragments
etherStatsJabbers
etherStatsMulticastPkts
etherStatsOversizePkts
etherStatsPkts64Octets
etherStatsPkts65to127Octets
etherStatsPkts128to255Octets
etherStatsPkts256to511Octets
etherStatsPkts512to1023Octets
etherStatsPkts1024to1518Octets
etherStatsUndersizePkts

表 19-11 は、ONE_GE または FC1G クライアント タイプがイネーブルの場合に TXP_MR_2.5G および TXPP_MR_2.5G カードで使用可能なペイロード PM パラメータについてまとめたものです。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。ペイロードの定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」および「完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義」を参照してください。


) 2FC クライアント タイプではペイロード PM を使用できません。


 

表 19-11 TXP_MR_2.5G および TXPP_MR_2.5G カードでの Gigabit Ethernet(GE; ギガビット イーサネット)または Fibre Channel(FC; ファイバ チャネル)のペイロード PM

GE または FC のペイロード パフォーマンス パラメータ

8b/10bDataOrderedSets
8b/10bIdleOrderedSets
8b/10bNonIdleOrderedSets
8b/10bStatsEncodingDispErrors
ifInErrors
rxTotalPkts

表 19-12 は、10G FC クライアント タイプがイネーブルの場合に OTU2_XP カードで使用可能なペイロード PM パラメータについてまとめたものです。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。ペイロードの定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」および「完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-12 OTU2_XP カードでの 10G Fibre Channel(FC; ファイバ チャネル)のペイロード PM

10G FC のペイロード パフォーマンス パラメータ

rxTotalPkts
mediaIndStatsRxFramesTruncated
mediaIndStatsRxFramesTooLong
mediaIndStatsRxFrameBadCRC
ifInOctects
ifInErros

表 19-12 は、8G FC クライアント タイプがイネーブルの場合に 40G-MXP-C カードで使用可能なペイロード PM パラメータをまとめたものです。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。ペイロードの定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」および「完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-13 40G-MXP-C カードでの 8G Fibre Channel(FC; ファイバ チャネル)のペイロード PM

8G FC のペイロード パフォーマンス パラメータ

rxTotalPkts
ifInOctets
ifInErrors
ifOutOctets
txTotalPkts
ifOutErrors
mediaIndStatsRxFramesTruncated
mediaIndStatsRxFramesTooLong
mediaIndStatsRxFramesBadCRC
mediaIndStatsTxFramesBadCRC
mediaIndStatsTxFramesTooLong
mediaIndStatsTxFramesTruncated

表 19-14 は、ONE_GE または FC1G クライアント タイプがイネーブルの場合に MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードで使用可能なペイロード PM パラメータについてまとめたものです。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。ペイロードの定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」および「完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-14 MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードでの ONE_GE または FC1G のペイロード PM

ONE_GE または FC1G のペイロード パフォーマンス パラメータ

8b10bInvalidOrderedSets
8b10bStatsEncodingDispErrors
ifInDiscards
ifInErrors
ifInOctets
ifOutDiscards
ifOutOctets
mediaIndStatsRxFramesBadCRC
mediaIndStatsRxFramesTooLong
mediaIndStatsRxFramesTruncated
mediaIndStatsTxFramesBadCRC
rxTotalPkts
txTotalPkts

表 19-15 は、FC のクライアント側のペイロード PM パラメータをまとめたものです。FC ペイロード PM は、FC1G クライアント タイプがイネーブルの場合に MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードの両方の FC ポートで使用可能です。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。ペイロードの定義については、「完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-15 クライアント側の FC1G のペイロード PM

クライアント ポートの FC1G ペイロード PM

fcStatsLinkRecoveries
fcStatsRxCredits
fcStatsTxCredits
fcStatsZeroTxCredits
gfpStatsRoundTripLatencyUSec
gfpStatsRxDistanceExtBuffers
gfpStatsTxDistanceExtBuffers

表 19-16 は、Transparent Generic Framing Procedure(GFP-T)ペイロード PM をまとめたものです。GFP-T ペイロード PM は、ONE_GE または 1 FC クライアント タイプがイネーブルの場合に MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードの両方の GFP ポートで使用可能です。また、GFP-T ペイロード PM は 1 FC クライアント タイプがイネーブルの場合に、MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードの両方のクライアント ポートでも使用可能です。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。ペイロードの定義については、「完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-16 GFP-T ペイロード PM

GFP ポートの GFP-T ペイロード PM

gfpStatsCSFRaised
gfpStatsLFDRaised
gfpStatsRxCRCErrors
gfpStatsRxMBitErrors
gfpStatsRxSBitErrors
gfpStatsRxTypeInvalid
gfpStatsRxFrame
gfpStatsTxFrame
gfpStatsRxSblkCRCErrors
gfpStatsRxOctets
gfpStatsTxOctets
gfpRxCmfFrame
gfpTxCmfFrame

19.3.2.3 MXP_MR_2.5G/MXPP_MR_2.5G ペイロードの [Utilization] ウィンドウ

カード ビューの [Performance] > [Payload]> [Utilization] タブにある [Payload PM Utilization] ウィンドウは、連続した時間セグメントでポートが使用する送信(Tx)および受信(Rx)回線の帯域幅の割合を示します。このタブは、適切な PPM タイプがプロビジョニングされない限り表示できません。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。[Utilization] ウィンドウには [Interval] リストがあり、15 分または 1 日の時間間隔を設定できます。回線の使用率は、次の式を使用して計算されます。

Rx = (inOctets + inPkts * 20) * 8 / 100% interval * maxBaseRate

Tx = (outOctets + outPkts * 20) * 8 / 100% interval * maxBaseRate

間隔は秒で定義されます。maxBaseRate は、ポートに対する 1 方向 1 秒あたりの raw ビット(つまり、1 Gbps)で定義されます。ONS 15454 ノードでの MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードの maxBaseRate を、 表 19-17 に示します。

 

表 19-17 STS および VC 回線の maxBaseRate

STS/VC
maxBaseRate

STS-1/VC3

51840000

STS-3c/VC4

155000000

STS-6c/VC4-2c

311000000

STS-12c/VC4-4c

622000000


) 回線使用率の数字は、入出力トラフィックの平均を、容量に対する割合で示しています。


19.3.2.4 ペイロードの [History] ウィンドウ

カード ビューの [Performance] > [Payload] > [History] タブにある [Payload PM History] ウィンドウには、前の時間間隔の過去の統計が一覧表示されます。このタブは、適切な PPM タイプがプロビジョニングされない限り表示できません。PPM プロビジョニングの手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。選択した時間間隔に応じて、[History] ウィンドウには 表 19-18 に示すような前の時間間隔数の各ポートに関する統計が表示されます。

 

表 19-18 時間間隔ごとの履歴統計

時間間隔
表示される間隔数

15 分

32(現在と過去)

1 日(24 時間)

2(現在と過去)

19.3.3 [OTN PM] ウィンドウ

[OTN] タブには、[ITU-T G.709 PM] サブタブと [FEC PM] サブタブがあります。どちらのサブタブにも、[Performance] タブに表示する統計値を変更するためのボタンがあります。[Refresh] ボタンを使用すると、手動で統計情報を更新できます。[Auto-Refresh] には自動更新を行う間隔を設定します。[Baseline] ボタンは、表示された統計値をゼロにリセットします。[Statistics] ウィンドウには [Clear] ボタンもあります。[Clear] ボタンを使用すると、カードの値がゼロに設定されます。カード上のすべてのカウンタが消去されます。[Help] ボタンを使用すると、状況依存ヘルプがアクティブになります。Optical Transport Network(OTN; 光転送ネットワーク)の設定のプロビジョニングの詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide』を参照してください。

表 19-19 は、すべてのトランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ(GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、10GE_XPE)、および ADM-10G カードの OTN PM プロビジョニング オプションをまとめたものです。[Provisioning] タブで選択されたオプションは、[Performance] > [OTN PM] タブに表示されるパラメータに影響する場合があります。

 

表 19-19 トランスポンダ、マックスポンダ、および X ポンダの PM プロビジョニング オプション

カード
OTN プロビジョニング6

MXPP_MR_2.5G

--

MXP_2.5G_10E

G.709
FEC
FEC しきい値

MXP_2.5G_10E_C

G.709
FEC
FEC しきい値

MXP_2.5G_10E_L

G.709
FEC
FEC しきい値

MXP_2.5G_10G

G.709
FEC
FEC しきい値

MXP_MR_2.5G

--

MXP_MR_10DME_C

G.709
FEC
FEC しきい値

MXP_MR_10DME_L

G.709
FEC
FEC しきい値

40G-MXP-C

G.709
FEC しきい値
Trail Trace Identifier

TXPP_MR_2.5G

G.709
FEC
FEC しきい値

TXP_MR_10E

G.709
FEC
FEC しきい値

TXP_MR_10E_C

G.709
FEC
FEC しきい値

TXP_MR_10E_L

G.709
FEC
FEC しきい値

TXP_MR_10G

G.709
FEC
FEC しきい値

TXP_MR_2.5G

G.709
FEC
FEC しきい値

ADM-10G

G.709
FEC
FEC しきい値

GE_XP

G.709
FEC
FEC しきい値

10GE_XP

G.709
FEC
FEC しきい値

GE_XPE

G.709
FEC
FEC しきい値

10GE_XPE

G.709
FEC
FEC しきい値

OTU2_XP

G.709
FEC
FEC しきい値

6.OTN プロビジョニングは、カード ビューの [Provisioning] > [OTN] > [OTN Lines]、[G.709 Thresholds]、および [FEC Thresholds] タブから実行します。

表 19-20 は、[G.709] タブに一覧表示される OTN トランク側の PM パラメータをまとめたものです。OTN PM は、カード ビューの [Provisioning] > [OTN] > [OTN Lines] タブで ITU G.709 がイネーブルの場合に使用可能です。OTN PM は、MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードでは使用できません。ITU G.709 のセクションおよびパス モニタリング PM の定義については、「ITU G.709 および ITU-T G.8021 のトランク側 PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-20 ITU G.709 の OTN トランク側の PM

OTN レイヤ(近端および遠端)7

BBE-SM
BBER-SM
ES-SM
ESR-SM
FC-SM
SES-SM
SESR-SM
UAS-SM
FC-SM

ITU G.709 の標準セクション モニタリング
ITU-T G.8021

BBE-PM
BBER-PM
ES-PM
ESR-PM
FC-PM
SES-PM
SESR-PM
UAS-PM

ITU G.709 の標準パス モニタリング
ITU-T G.8021

7.OCH ファシリティに適用可能です。

表 19-21 は、Forward Error Correction(FEC; 前方誤り訂正)の PM パラメータをまとめたものです。FEC PM は、ITU-T G.709 がイネーブルで、FEC が標準または拡張に設定されている場合に使用できます。これらのパラメータは、カード ビューの [Provisioning] > [OTN] > [OTN Lines] タブからプロビジョニングされます。FEC PM は、MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードでは使用できません。PM の定義については、「FEC PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-21 FEC OTN トランク側 PM

FEC トランク側 PM
FEC(近端) 8

Bit Errors

BIT-EC

Uncorrectable Words

UNC-WORDS

8.OCH ファシリティに適用可能です。

表 19-22 は、ONS 15454 光および 8b10b の PM パラメータをまとめたものです。ONS 15454 光および 8b10b の定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-22 ONS 15454 光および 8b10b の PM

光(近端)9
8B10B(近端)10

LBCL-AVG
LBCL-MAX
LBCL-MIN
OPT-AVG
OPT-MAX
OPT-MIN
OPR-AVG
OPR-MAX
OPR-MIN

CGV
DCG
IOS
IPC
NIOS
VPC

9.TXP_MR_2.5G および TXPP_MR_2.5G カードの Enterprise System Connection(ESCON)ペイロードでは、Small Form-factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)に制限があるため、クライアント ポートでの光 PM がサポートされていません。

10.TXP_MR_2.5G および TXPP_MR_2.5G カードのみに適用可能です。

19.3.4 イーサネットポートの PM ウィンドウ

CTC は、回線レベルのパラメータ、ポート帯域幅使用量、およびイーサネットの履歴統計などのイーサネット ポートのパフォーマンス情報を提供します。イーサネットのパフォーマンス情報は、カード ビューの [Performance] タブ ウィンドウ内の [Statistics]、[Utilization]、および [History] タブ ウィンドウに分かれています。イーサネット ポートのプロビジョニングの詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide』を参照してください。

19.3.4.1 イーサネット ポートの [Statistics] ウィンドウ

イーサネットの [Statistics] ウィンドウには、回線レベルのイーサネット パラメータが一覧表示されます。[Statistics] ウィンドウには、表示する統計値を変更するボタンがあります。[Baseline] ボタンは、表示された統計値をゼロにリセットします。[Refresh] ボタンを使用すると、手動で統計情報を更新できます。[Auto-Refresh] には自動更新を行う間隔を設定します。

表 19-23 に、イーサネット ポートの統計パラメータを定義します。

 

表 19-23 E シリーズ イーサネット統計パラメータ

パラメータ
定義

Time Last Cleared

統計情報が最後にリセットされた時間を示すタイム スタンプ。

ifInOctets

最後にカウンタがリセットされてから受信したバイト数。

rxTotalPkts

受信パケット数。

ifInUcastPkts

最後にカウンタがリセットされてから受信したユニキャスト パケット数。

ifInMulticastPkts

最後にカウンタがリセットされてから受信したマルチキャスト パケット数。

ifInDiscards

上位レイヤのプロトコルに送信されないように、エラーが検出されなくても廃棄するように選択された着信パケットの数。このようなパケットを廃棄する理由の 1 つは、バッファ スペースを解放することです。

ifOutOctets

最後にカウンタがリセットされてから送信したバイト数。

txTotalPkts

送信パケット数。

ifOutMulticastPkts

送信されたマルチキャスト パケット数。

ifOutBroadcastPkts

送信されたブロードキャスト パケット数。

ifOutDiscards

送信されないように、エラーが検出されなくても廃棄するように選択された送信パケットの数。このようなパケットを廃棄する理由の 1 つは、バッファ スペースを解放することです。

ifOurErrors

エラーのため送信できなかった送信パケットまたは送信ユニットの数。

dot3StatsAlignmentErrors

特定のインターフェイスで受信され、長さが整数のオクテットではなく FCS チェックを通過しないフレームのカウント。

dot3StatsFCSErrors

特定のインターフェイスで受信され、長さが整数のオクテットであり FCS チェックを通過しないフレームのカウント。

dot3StatsFrameTooLong

特定のインターフェイスで受信され、最大許可フレーム サイズを超えたフレームのカウント。

etherStatsUndersizePkts

長さが 64 オクテット未満(フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)で、それ以外は適切な形式の受信パケット数の合計。

etherStatsFragments

長さが 64 オクテット未満(フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)で、整数のオクテットを持つ不良 FCS(FCS エラー)、または整数でないオクテットを持つ不良 FCS(アライメント エラー)のいずれかがある受信パケット数の合計。

(注) etherStatsFragments が増加するのはまったく正常な状態です。これは、ラント(コリジョンのための正常な発生)およびノイズ ヒットの両方がカウントされるためです。

etherStatsPkts64Octets

長さが 64 オクテット(フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)の受信パケット数の合計(不良パケットを含む)。

etherStatsPkts65to127Octets

長さが 65 ~ 127 オクテット(65 および 127 を含む、フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)の受信パケット数の合計(不良パケットを含む)。

etherStatsPkts128to255Octets

長さが 128 ~ 255 オクテット(128 および 255 を含む、フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)の受信パケット数の合計(不良パケットを含む)。

etherStatsPkts256to511Octets

長さが 256 ~ 511 オクテット(256 および 511 を含む、フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)の受信パケット数の合計(不良パケットを含む)。

etherStatsPkts512to1023Octets

長さが 512 ~ 1023 オクテット(512 および 1023 を含む、フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)の受信パケット数の合計(不良パケットを含む)。

etherStatsPkts1024to1518Octets

長さが 1024 ~ 1518 オクテット(1024 および 1518 を含む、フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)の受信パケット数の合計(不良パケットを含む)。

etherStatsBroadcastPkts

ブロードキャスト アドレスに向けられた、正常な受信パケットの合計。これにはマルチキャスト パケットは含まれません。

etherStatsMulticastPkts

マルチキャスト アドレスに向けられた、正常な受信パケットの合計。これには、ブロードキャスト アドレスに向けられたパケットは含まれません。

etherStatsOversizePkts

1518 オクテットより長く(フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)、それ以外は適切な形式の受信パケット数の合計。タグ付きインターフェイスでは、この数字は 1522 バイトになります。

etherStatsJabbers

1518 オクテットより長く(フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)、整数のオクテットを持つ不良 FCS(FCS エラー)、または整数でないオクテットを持つ不良 FCS(アライメント エラー)のいずれかがある受信パケット数の合計。

etherStatsOctets

ネットワークで受信した(フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)データのオクテット数の合計(不良パケットのオクテットを含む)

etherStatsCRCAlignErrors

長さが 64 ~ 1518 オクテット(64 および 1518 を含む、フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)であるが、整数のオクテットを持つ不良 FCS(FCS エラー)、または整数でないオクテットを持つ不良 FCS(アライメント エラー)のいずれかがある受信パケット数の合計。


) GE_XP および 10GE_XP カードの特定の輻輳シナリオでは、入力(IfIndiscards)および出力(IfOutDiscards)インターフェイスの両方で、ドロップされたパケットがカウントされます。そのため、ドロップされたパケットの一部が 2 回カウントされます。このシナリオでは、入力インターフェイスのドロップされたパケットを無視することができます。


19.3.4.2 イーサネット ポートの [Utilization] ウィンドウ

[Utilization] ウィンドウは、連続した時間セグメントでイーサネット ポートが使用する送信(Tx)および受信(Rx)回線の帯域幅の割合を示します。[Mode] フィールドには、100 Full などのモードのステータスがリアルタイムで表示されます。これは、E シリーズ ポートに設定されているモード設定です。ただし、E シリーズ ポートがモードの自動ネゴシエーションを行うように設定されている場合(Auto)、このフィールドには E シリーズと E シリーズ ポートに直接接続されているピア イーサネット デバイスとの間のリンク ネゴシエーションの結果が表示されます。

[Utilization] ウィンドウには [Interval] ドロップダウン リストがあり、1 分、15 分、1 時間、または 1 日の時間間隔を設定できます。回線の使用率は、次の式を使用して計算されます。

Rx = (inOctets + inPkts * 20) * 8 / 100% interval * maxBaseRate

Tx = (outOctets + outPkts * 20) * 8 / 100% interval * maxBaseRate

間隔は秒で定義されます。maxBaseRate は、イーサネット ポートに対する 1 方向 1 秒あたりの raw ビット(つまり、1 Gbps)で定義されます。

19.3.4.3 イーサネット ポートの [History] ウィンドウ

イーサネット ポートの [History] ウィンドウには、前の時間間隔の過去のイーサネット統計が一覧表示されます。選択した時間間隔に応じて、[History] ウィンドウには 表 19-24 に示すような前の時間間隔数の各ポートに関する統計が表示されます。表 19-23 にパラメータを定義します。

 

表 19-24 時間間隔ごとのイーサネット履歴統計

時間間隔
表示される前の間隔数

1 分

60

15 分

32

1 時間

24

1 日(24 時間)

7

19.4 DWDM カードのパフォーマンス モニタリング

次のセクションでは、ONS 15454 OPT-PRE、OPT-BST、OPT-BST-L、OPT-AMP-L、OPT-AMP-17-C、32MUX-O、32DMX-O、32DMX、32DMX-L、40-WSS-C、40-WSS-CE、40-WXC-C、80-WXC-C、40-DMX-C、40-DMX-CE、40-MUX-C、40-SMR1-C、40-SMR2-C、4MD-xx.x、AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、AD-4C-xx.x、AD-1B-xx.x、AD-4B-xx.x、OSCM、OSC-CSM、32WSS、および 32WSS-LDWDM カードの PM パラメータと定義を示します。

19.4.1 光増幅器カードのパフォーマンス モニタリング パラメータ

表 19-25 は、OPT-PRE、OPT-AMP-L、OPT-AMP-17-C、OPT-BST、および OPT-BST-L カードの PM パラメータをまとめたものです。ONS 15454 光の定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-25 光増幅器カードの光 PM パラメータ

光回線
光増幅器回線

OPT

OPR

19.4.2 マルチプレクサ カードとマルチプレクサ カードのパフォーマンス モニタリング パラメータ

表 19-26 は、32MUX-O、32WSS、32WSS-L、32DMX、32DMX-L、32DMX-O、40-WSS-C、40-WSS-CE、40-WXC-C、80-WXC-C、40-DMX-C、40-DMX-CE、40-MUX-C、40-SMR1-C、および 40-SMR2-C カードの PM パラメータをまとめたものです。ONS 15454 光の定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-26 マルチプレクサ カードとデマルチプレクサ カードの光 PM パラメータ

光チャネル
光回線

OPR

OPT

19.4.3 4MD-xx.x カードのパフォーマンス モニタリング パラメータ

表 19-27 は、4MD-xx.x カードの PM パラメータをまとめたものです。ONS 15454 光の定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-27 4MD-xx.x カードの光 PM パラメータ

光チャネル
光帯域

OPR

OPT

19.4.4 OADM チャネル フィルタ カードのパフォーマンス モニタリング パラメータ

表 19-28 は、AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、および AD-4C-xx.x カードの PM パラメータをまとめたものです。ONS 15454 光の定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-28 AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、および AD-4C-xx.x カードの光 PM パラメータ

光チャネル
光回線

OPR

OPT

19.4.5 OADM 帯域フィルタ カードのパフォーマンス モニタ パラメータ

表 19-29 は、AD-1B-xx.x および AD-4B-xx.x カードの PM パラメータをまとめたものです。ONS 15454 光の定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-29 AD-1B-xx.x および AD-4B-xx.x カードの光 PM パラメータ

光回線
光帯域

OPR

OPT

19.4.6 光サービス チャネル カードのパフォーマンス モニタリング パラメータ

図 19-3 に、ONS 15454 ANSI ノードに対して、ASIC で検出されるオーバーヘッド バイトが OSCM および OSC-CSM カードの PM パラメータを生成する場所を示します。

図 19-3 ONS 15454 ANSI ノードでの OSCM および OSC-CSM カードの PM 読み取りポイント

 

図 19-4 に、ONS 15454 ETSI ノードに対して、ASIC で検出されるオーバーヘッド バイトが OSCM および OSC-CSM カードの PM パラメータを生成する場所を示します。

図 19-4 ONS 15454 ETSI ノードでの OSCM および OSC-CSM カードの PM 読み取りポイント

 

表 19-30 は、ONS 15454 ANSI での OSCM および OSC-CSM カードの PM パラメータをまとめたものです。PM の定義については、「SONET PM パラメータの定義」を参照してください。光 PM の定義については、「光および 8b10b の PM パラメータの定義」を参照してください。

 

表 19-30 ANSI OSCM/OSC-CSM(OC3)カードの PM

セクション(近端)11
回線(近端/遠端)1
光(近端)12

CV-S
ES-S
SEF-S
SES-S

CV-L
ES-L
FC-L
SES-L
UAS-L

OPWR

11.OC3 に適用可能です

12.OTS ファシリティに適用可能です

 

表 19-31 ETSI OSCM および OSC-CSM カードの PM

再生成セクション(近端)
多重化セクション(近端/遠端)
光(近端)

RS-BBE
RS-EB
RS-ES
RS-SES

MS-BBE
MS-EB
MS-ES
MS-SES
MS-UAS

OPT

19.5 光および 8b10b の PM パラメータの定義

表 19-32 は、Cisco ONS 15454 光および 8b10b の PM パラメータ定義をまとめたものです。

 

表 19-32 ONS 15454 光および 8b10b の PM パラメータの定義

パラメータ
定義

8b10bDataOrderedSets

8b10b は、8 ビットのデータを取得して 10 ビットとして送信します。これにより、データと一緒に制御情報を送信できます。DataOrderedSets はデータの順次セットのカウントです。

8b10bErrors

8b10b は、8 ビットのデータを取得して 10 ビットとして送信します。これにより、データと一緒に制御情報を送信できます。エラーはシリアルまたはデシリアライザ(serdes 8b/10b)によって受信された 10b エラーのカウントです。

8b10bIdleOrderedSets

8b10b は、8 ビットのデータを取得して 10 ビットとして送信します。これにより、データと一緒に制御情報を送信できます。IdleOrderedSets はアイドルの順次セットのカウントです。

8b10bInvalidOrderedSets

8b10b は、8 ビットのデータを取得して 10 ビットとして送信します。これにより、データと一緒に制御情報を送信できます。InvalidOrderedSets は、受信した無効な作業エラーのカウントです。

8b10bNonIdleOrderedSets

8b10b は、8 ビットのデータを取得して 10 ビットとして送信します。これにより、データと一緒に制御情報を送信できます。NonIdleOrderedSets はアイドルではない順次セットのカウントです。

8b10bStatsEncodingDispErrors

8b10b は、8 ビットのデータを取得して 10 ビットとして送信します。これにより、データと一緒に制御情報を送信できます。StatsEncodingDispErrors は、受信したディスパリティ エラーのカウントです。

BIE

PM の時間間隔で、DWDM トランク回線で訂正された Bit Error(BIE; ビット エラー)の数。

BIT-EC

PM の時間間隔で、DWDM トランク回線の Bit Errors Corrected(BIT-EC; 修正されたビット エラー)の数。

CGV

Code Group Violation(CGV)は、開始デリミタおよび終了デリミタを含まない受信コード グループのカウントです。

DCG

Date Code Group(DCG)は、順次セットを含まない受信データ コード グループのカウントです。

IOS

Idle Ordered Set(IOS)は、アイドルの順次セットを含む受信パケットのカウントです。

IPC

Invalid Packet(IPC)は、開始デリミタおよび終了デリミタを持つエラー データ コード グループを含む受信パケットのカウントです。

LBCL-AVG

Laser Bias Current Line-Average(LBCL-AVG)は、レーザー バイアス電流の平均比率です。

LBCL-MAX

Laser Bias Current Line-Maximum(LBCL-MAX)は、レーザー バイアス電流の最大比率です。

LBCL-MIN

Laser Bias Current Line-Minimum(LBCL-MIN)は、レーザー バイアス電流の最小比率です。

LOFC

Loss of Frame Count(LOFC)は、フレーム損失のカウントです。

NIOS

Non-Idle Ordered Set(NIOS)は、非アイドルの順次セットを含む受信パケットのカウントです。

OPR

Optical Power Received(OPR)は、公称 OPR の比率として受信した平均光パワーを測定します。

OPR-AVG

Average Receive Optical Power(OPR-AVG)は、dBm 単位で測定される平均受信光パワーです。

OPR-MAX

Maximum Receive Optical Power(OPR-MAX)は、dBm 単位で測定される最大受信光パワーです。

OPR-MIN

Minimum Receive Optical Power(OPR-MIN)は、dBm 単位で測定される最小受信光パワーです。

OPT

Optical Power Transmitted(OPT)は、公称 OPT の比率として送信した平均光パワーです。

OPT-AVG

Average Transmit Optical Power(OPT-AVG)は、dBm 単位で測定される平均送信光パワーです。

OPT-MAX

Maximum Transmit Optical Power(OPT-MAX)は、dBm 単位で測定される最大送信光パワーです。

OPT-MIN

Minimum Transmit Optical Power(OPT-MIN)は、dBm 単位で測定される最小送信光パワーです。

OPWR-AVG

Optical Power - Average(OPWR-AVG)は、単方向ポートの平均光パワーを測定します。

OPWR-MAX

Optical Power - Maximum(OPWR-MAX)は、単方向ポートの光パワーの最大値を測定します。

OPWR-MIN

Optical Power - Minimum(OPWR-MIN)は、単方向ポートの光パワーの最小値を測定します。

UNC-WORDS

Uncorrectable Word(UNC-WORDS)は、PM 時間間隔で、DWDM トランク回線で検出された修正不能ワード数です。

VPC

Valid Packet(VPC)は、開始デリミタおよび終了デリミタを持つ非エラー データ コード グループを含む受信パケットのカウントです。

19.6 ITU G.709 および ITU-T G.8021 のトランク側 PM パラメータの定義

表 19-35 に、ITU G.709 および ITU-T G.8021 セクション モニタリングのトランク側 PM パラメータを定義します。詳細については、「トランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードのパフォーマンス モニタリング」を参照してください。

 

表 19-33 ITU G.709 および ITU-T G.8021 セクション モニタリング PM の定義

パラメータ
定義

BBE-SM

Section Monitoring Background Block Errors(BBE-SM; セクション モニタリングのバックグラウンド ブロック エラー)は、PM の時間間隔で、OTN セクションに記録されたバックグラウンド ブロック エラーの数を示します。

BBER-SM

Section Monitoring Background Block Errors Ratio(BBER-SM; セクション モニタリングのバックグラウンド ブロック エラー率)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録されたバックグラウンド ブロック エラー率を示します。

ES-SM

Section Monitoring Errored Seconds(ES-SM; セクション モニタリングのエラー秒数)は、PM の時間間隔で、OTN セクションに記録されたエラー秒数を示します。

ESR-SM

Section Monitoring Errored Seconds Ratio(ESR-SM; セクション モニタリングのエラー秒数比)は、PM の時間間隔で、OTN セクションに記録された重大エラー秒数比を示します。

FC-SM

Section Monitoring Failure Counts(FC-SM; セクション モニタリングの障害カウント)は、PM の時間間隔で、OTN セクションに記録された障害カウントを示します。

SES-SM

Section Monitoring Severely Errored Seconds(SES-SM; セクション モニタリングの重大エラー秒数)は、PM の時間間隔で、OTN セクションに記録された重大エラー秒数を示します。

SESR-SM

Section Monitoring Severely Errored Seconds Ratio(SESR-SM; セクション モニタリングの重大エラー秒数比)は、PM の時間間隔で、OTN セクションに記録された重大エラー秒数比を示します。

UAS-SM

Section Monitoring Unavailable Seconds(UAS-SM; セクション モニタリングの使用不可秒数)は、PM の時間間隔で、OTN セクションに記録された使用不可秒数を示します。

表 19-34 に、ITU G.709 パス モニタリングのトランク側 PM パラメータを定義します。詳細については、「トランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードのパフォーマンス モニタリング」を参照してください。

 

表 19-34 ITU G.709 パス モニタリング PM の定義

パラメータ
定義

BBE-PM

Path Monitoring Background Block Errors(BBE-PM; パス モニタリングのバックグラウンド ブロック エラー)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録されたバックグラウンド ブロック エラーの数を示します。

BBER-PM

Path Monitoring Background Block Errors Ratio(BBER-PM; パス モニタリングのバックグラウンド ブロック エラー率)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録されたバックグラウンド ブロック エラー率を示します。

ES-PM

Path Monitoring Errored Seconds(ES-PM; パス モニタリングのエラー秒数)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録されたエラー秒数を示します。

ESR-PM

Path Monitoring Errored Seconds Ratio(ESR-PM; パス モニタリングのエラー秒数比)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録された重大エラー秒数比を示します。

FC-PM

Path Monitoring Failure Counts(FC-PM; パス モニタリングの障害カウント)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録された障害カウントを示します。

SES-PM

Path Monitoring Severely Errored Seconds(SES-PM; パス モニタリングの重大エラー秒数)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録された重大エラー秒数を示します。

SESR-PM

Path Monitoring Severely Errored Seconds Ratio(SESR-PM; パス モニタリングの重大エラー秒数比)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録された重大エラー秒数比を示します。

UAS-PM

Path Monitoring Unavailable Seconds(UAS-PM; パス モニタリングの使用不可秒数)は、PM の時間間隔で、OTN パスに記録された使用不可秒数を示します。

19.7 完全な RMON 統計情報の PM パラメータの定義

表 19-35 に、MXP_MR_2.5G、MXPP_MR_2.5G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、TXP_MR_10E_L、および 40G-MXP-C カードの完全な RMON 統計の PM パラメータを定義します。詳細については、「トランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードのパフォーマンス モニタリング」を参照してください。

 

表 19-35 完全な RMON 統計情報の PM の定義

パラメータ
定義

dot3StatsFCSErrors

フレーム チェック エラーを含むフレームの数。

dot3StatsFrameTooLong

少なくとも 64 オクテット長のパケットで、不良 Frame Check Sequence(FCS; フレーム チェック シーケンス)がなく、802.3 の長さ/タイプ フィールドが計算された DATA フィールド長と一致しなかったパケットの数。

etherStatsBroadcastPkts

長さが 64 ~ 16376 オクテットで、有効な FCS を持つブロードキャスト パケットの数(マルチキャスト パケットを除く)。

etherStatsCRCAlignErrors

長さが 64 ~ 1518 オクテットで、整数のオクテットを持たず、不良 FCS を持つパケットの数。

etherStatsFragments

長さが 64 オクテット未満で、整数のオクテットを持たない、または 不良 FCS を持つパケットの数。

etherStatsJabbers

ネットワークで受信されたデータのオクテット数(不良パケットを含む)。

etherStatsMulticastPkts

長さが 64 ~ 16376 オクテットで、有効な FCS を持つマルチキャスト パケットの数(ブロードキャスト パケットを除く)。

etherStatsOctets

受信パケットのバイト数(不良パケットを除く、FCS バイト以外のフレーミング ビットを除く)。

etherStatsOversizePkts

16376 オクテットよりも長く、有効な FCS を持つパケット数。

etherStatsPkts64Octets

長さが 64 オクテットの受信パケット数(エラー パケットを含む)。

etherStatsPkts65to127Octets

長さが 65 ~ 127 オクテットの受信パケット数(エラー パケットを含む)。

etherStatsPkts128to255Octets

長さが 128 ~ 255 オクテットの受信パケット数(エラー パケットを含む)。

etherStatsPkts256to511Octets

長さが 256 ~ 511 オクテットの受信パケット数(エラー パケットを含む)。

etherStatsPkts512to1023Octets

長さが 512 ~ 1023 オクテットの受信パケット数(エラー パケットを含む)。

etherStatsPkts1024to1518Octets

長さが 1024 ~ 1518 オクテットの受信パケット数(エラー パケットを含む)。

etherStatsUndersizePkts

長さが 64 オクテット未満で、有効な FCS を持つパケット数。

fcStatsLinkRecoveries

リンクの復元数。

fcStatsRxCredits

現在の受信 Buffer-to-Buffer credit の数。

fcStatsTxCredits

現在の送信 Buffer-to-Buffer credit の数。

fcStatsZeroTxCredits

FC/FICON Tx クレジットがゼロ以外の値からゼロに変化する時に増加するカウント。

gfpStatsLFDRaised

Loss of Frame Ddelineation(LFD; フレーム識別損失)の発生数。

gfpStatsRoundTripLatencyUSec

エンドツーエンドのファイバ チャネル転送のラウンド トリップ遅延(マイクロ秒単位)

gfpStatsRxCRCErrors

ペイロード FCS エラーのある受信パケット数。

gfpStatsRxCSFRaised

受信された GFP Loss Of Client Character Synchronization(LOCCS)。

gfpStatsRxDistanceExtBuffers

GFP-T の受信バッファ クレジットの数(距離延長がイネーブルの場合にのみ有効)。

gfpStatsRxMBitErrors

受信マルチビット エラー Core Header Count(cHEC)。

gfpStatsRxSBitErrors

受信シングルビット エラー cHEC。

gfpStatsRxSblkCRCErrors

ペイロード FCS エラーのある受信パケット数。Sblk とは、GFP ペイロードのスーパー ブロックを表します。

gfpStatsRxTypeInvalid

受信無効タイプ。

gfpStatsTxDistanceExtBuffers

GFP-T の送信バッファ クレジットの数(距離延長がイネーブルの場合にのみ有効)。

ifInUcastPkts

このサブレイヤによって上位の(サブ)レイヤに送信されるパケット数。このサブレイヤではマルチキャストまたはブロードキャスト アドレスが宛先になりません。

inInMulticastPkts

このサブレイヤによって上位の(サブ)レイヤに送信されるパケット数。このサブレイヤではマルチキャスト アドレスが宛先になります。MAC レイヤ プロトコルの場合、グループおよび機能アドレスの両方が含まれます。

ifInBroadcastPkts

上位のサブレイヤに送信され、このサブレイヤのブロードキャスト アドレスを宛先にするパケット数。

ifInDiscards

上位レイヤのプロトコルに送信されないように、エラーが検出されなくても廃棄するように選択された着信パケットの数。このようなパケットを廃棄する理由の 1 つは、バッファ スペースを解放することです。

ifInErrors

上位レイヤのプロトコルに送信するのを妨げているエラーを含む受信パケット(伝送ユニット)の数。

ifInErrorBytePkts

エラー シンボルが検出された受信パケット数。

ifInFramingErrorPkts

エラー以外の制御シンボルが検出された受信パケット数。

ifInJunkInterPkts

1 ~ 8 オクテットのパケットを含む、アイドル以外のシンボルが検出されたときの、有効な開始シンボル間のパケット間ギャップの数。

ifInMulticastPkts

エラーのないマルチキャスト フレームの合計受信数。

ifInOctets

最後にカウンタがリセットされてから受信したバイト数。

ifOutBroadcastPkts

上位レベルのプロトコルから要求され、このサブレイヤのブロードキャスト アドレスを宛先にするパケット数(送信されていないパケットを含む)。

ifOutDiscards

送信されないように、エラーが検出されなくても廃棄するように選択された送信パケットの数。このようなパケットを廃棄する理由の 1 つは、バッファ スペースを解放することです。

ifOutMulticastPkts

エラーのないマルチキャスト フレームの送信数。

ifOutOctets

最後にカウンタがリセットされてから送信したバイト数。

InvalidCRCError

無効な Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)のカウント。

mediaIndStatsRxFramesBadCRC

CRC エラーが発生した受信フレームの数。

mediaIndStatsRxFramesTooLong

長すぎる受信フレームの数。

mediaIndStatsRxFramesTruncated

小さすぎる受信フレームの数。

mediaIndStatsTxFramesBadCRC

CRC エラーが発生した送信フレームの数。

Running Disparity Count

受信データ ストリームのディスパリティに影響するエラーのカウント。

rxControlFrames

タイプが 0x8808 であり、少なくとも 64 オクテットの長さを含む MAC 制御パケット数。

rxFrames

エラーなしで受信したフレーム数のカウント。

rxLinkReset(FC モードのみ)

受信リンクのリセットのカウント。

rxPauseFrames

受信した 802.x ポーズ フレームの数。

rxTotalPkts

受信パケット数。

rxUnknownOpcodeFrames

少なくとも長さが 64 オクテットで、タイプが 0x8808、opcode が 1 でないパケット数。

Time Last Cleared

統計情報が最後にリセットされた時間を示すタイム スタンプ。

txBytes

最後にカウンタがリセットされてから、フレームから送信したバイト数のカウント。

txFrames

送信されたフレーム数のカウント。

txTotalPkts

送信パケット数。

dot3StatsFCSErrors

特定のインターフェイスで受信され、長さが整数のオクテットであり FCS チェックを通過しないフレームのカウント。

dot3StatsFrameTooLong

特定のインターフェイスで受信され、最大許可フレーム サイズを超えたフレームのカウント。

dot3StatsInPauseFrames

opcode が PAUSE 操作を示している、このインターフェイスで受信したフレームのカウント。

dot3StatsOutPauseFrames

opcode が PAUSE 操作を示している、このインターフェイスから送信された MAC 制御フレームのカウント。

etherStatsUndersizePkts

長さが 64 オクテット未満(フレーミング ビットは除くが、FCS オクテットは含む)で、それ以外は適切な形式の受信パケット数の合計。

mediaIndStatsTxFramesTooLong

5 バイト未満の送信データ フレームの合計。この値は、HDLC および GFP ポート統計に含まれます。

mediaIndStatsTxFramesTruncated

MTU を超過する送信データ フレームの数。この値は、HDLC および GFP ポート統計に含まれます。

gfpStatsRxFrame

受信データ フレームの合計。

gfpStatsTxFrame

送信データ フレームの合計。

gfpStatsRxOctets

受信した GFP データ オクテットの合計。

gfpStatsTxOctets

送信した GFP データ オクテットの合計。

gfpRxCmfFrame

--

gfpTxCmfFrame

--

19.8 FEC PM パラメータの定義

表 19-36 に、MXP_MR_2.5G、MXPP_MR_2.5G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、および TXP_MR_10E_L カードの FEC PM パラメータを定義します。詳細については、「トランスポンダ、マックスポンダ、X ポンダ、および ADM-10G カードのパフォーマンス モニタリング」を参照してください。

 

表 19-36 FEC PM の定義

パラメータ
定義

Bit Errors

Bit Errors は、修正されたビット エラーの数です。

FEC(NE)

FEC によって、OTN と FEC がプロビジョニングされる光リンクに従い、エラーを修正したり検出することができます。FEC ではリード ソロモン コード RS(255,239)エンコーディングを使用します。FEC のフィールドは、1 ~ 4 行め、3835 ~ 4080 列めにあります。これには、リード ソロモン RS(255,239)コード、または FEC がディセーブルの場合は固定スタッフ バイト(ゼロ)のいずれかが含まれます。

(注) FEC PM 情報はカード ビューの [Performance] > [OTN PM] タブにあります。FEC PM の値をレポートするには、トランスポンダ ユニットで FEC をイネーブルにする必要があります。

UNC-Words

Uncorrectable Words(UNC-Words)は、信号対雑音比(マージンとも呼ばれる)で 7 ~ 8 dB 改善されるように、FEC がエラーを検出して修正する場合に発生します。ITU G.709 の場合、使用される FEC コードはリード ソロモン RS(255, 239)です。

19.9 SONET PM パラメータの定義

表 19-37 に、ONS 15454 ANSI ノードで使用可能な SONET PM パラメータの各タイプの定義を示します。これらのパラメータは、TXP_MR_2.5G または TXPP_MR_2.5G カードでクライアント タイプが OC-3、OC-12、または OC-48 に設定されている場合、あるいは TXP_MR_10G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、TXP_MR_10E_L、または ADM-10G カードでクライアント タイプが OC-192 に設定されている場合に使用できます。OC-48 クライアント PM は、MXP_2.5_10G、MXP_2.5G_10E、MXP_2.5G_10E_C、MXP_2.5G_10E_L、MXP_MR_10DME_C、および MXP_MR_10DME_L カードで使用できます。OC-48 トランク PM は、MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードで使用できます。

 

表 19-37 SONET PM パラメータ

パラメータ
定義

CV-L

Line Coding Violation(CV-L; ライン コーディング違反)は、回線で発生した符号違反の数を示します。このパラメータは、蓄積期間に発生した Bipolar Violation(BPV; バイポーラ違反)と Excessive Zero(EXZ; 過剰ゼロ)のカウントです。

CV-S

Section Coding Violation(CV-S; セクション コーディング違反)は、セクション レイヤ(つまり、SONET 着信信号で B1 バイトを使用)で検出された Bit Interleaved Parity(BIP; ビット インターリーブ パリティ)エラーのカウントです。1 つの STS-N フレームにつき最大 8 セクションの BIP エラーを検出できます。エラーのたびに現在の CV-S のセカンド レジスタが増分されます。

ES-L

Line Errored Seconds(ES-L; 回線エラー秒数)は、回線で 1 つ以上の異常(BPV + EXZ)または障害(つまり、信号消失)が発生した秒数のカウントです。

ES-S

Section Errored Seconds(ES-S; セクション エラー秒数)は、少なくとも 1 つのセクション レイヤ BIP エラーが検出されたか、SEF または Loss of Signal(LOS; 信号消失)障害が発生した秒数のカウントです。

FC-L

Line Failure Count(FC-L; 回線障害カウント)は、近端回線の障害イベント数のカウントです。障害イベントは、Alarm Indication Signal Line(AIS-L; 回線アラーム表示信号)障害が宣言されるか、下位レイヤのトラフィックに関連する近端の障害が宣言された場合に開始されます。この障害イベントは、障害がクリアされたときに終了します。ある期間で開始された障害イベントが別の期間で終了した場合は、開始された期間のみでカウントされます。

SEF-S

Severely Errored Framing Seconds(SEFS-S; 重大エラー フレーム秒数)は、SEF 障害が発生した秒数のカウントです。SEF 障害は、LOS または Loss of Frame(LOF; フレーム損失)障害が発生した場合のほとんどの時間に存在すると考えられます。ただし、SEFS-S パラメータのみが SEF 障害の発生に基づいて増分される場合もあります。

SES-L

Line Severely Errored Seconds(SES-L; 回線重大エラー秒数)は、回線で特定の数量を超える異常(BPV + EXZ > 44)または障害が発生した秒数のカウントです。

SES-S

Section Severely Errored Seconds(SES-S; セクション重大エラー秒数)は、K(値については Telcordia GR-253 を参照)以上のセクション レイヤ BIP エラーが検出されたか、SEF または LOS 障害が発生した秒数のカウントです。

UAS-L

Line Unavailable Seconds(UAS-L; 回線使用不可秒数)は、回線を使用できない秒数のカウントです。回線は、SES-L であると見なされる状態が 10 秒連続すると使用できなくなり、SES-L でないと見なされる状態が 10 秒連続するまで使用できません。

19.10 SDH PM パラメータの定義

表 19-38 に、ONS 15454 ETSI ノードで使用可能な SDH PM パラメータの各タイプの定義を示します。これらのパラメータは、TXP_MR_2.5G または TXPP_MR_2.5G カードでクライアント タイプが STM-1、STM-4、または STM-16 に設定されている場合、あるいは TXP_MR_10G、TXP_MR_10E、TXP_MR_10E_C、TXP_MR_10E_L、または ADM-10G カードでクライアント タイプが STM-64 に設定されている場合に使用できます。STM-16 クライアント PM は、MXP_2.5G_10G、MXP_2.5G_10E、MXP_2.5G_10E_C、MXP_2.5G_10E_L、MXP_MR_10DME_C、および MXP_MR_10DME_L カードで使用できます。STM-16 トランク PM は、MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードで使用できます。

 

表 19-38 SDH PM パラメータ

パラメータ
定義

MS-BBE

Multiplex Section Background Block Error(MS-BBE)は、SES としては発生しないエラー ブロックです。

MS-BBER

Multiplex Section Background Block Error Ratio(MS-BBER)は、固定された測定間隔で使用可能な時間のブロック総数に対する BBE の割合です。総ブロック数には、SES 期間のブロックは含まれません。

MS-EB

Multiplex Section Errored Block(MS-EB)は、ブロック内で 1 つ以上のビットにエラーがあることを示します。

MS-ES

Multiplex Section Errored Second(MS-ES)は、1 つ以上のエラー ブロック、または少なくとも 1 つの障害が発生した 1 秒間です。

MS-ESR

Multiplex Section Errored Second Ratio(MS-ESR)は、固定された測定間隔で使用可能な時間の総秒数に対するエラー秒数の割合です。

MS-SES

Multiplex Section Severely Errored Second(MS-SES)は、30% 以上のエラー ブロック、または少なくとも 1 つの障害が発生した 1 秒間です。SES は ES のサブセットです。詳細については、ITU-T G.829 のセクション 5.1.3 を参照してください。

MS-SESR

Multiplex Section Severely Errored Second ratio(MS-SESR)は、固定された測定間隔で使用可能な時間の総秒数に対する SES の割合です。

MS-UAS

Multiplex Section Unavailable Seconds(MS-UAS)は、セクションが使用できない秒数のカウントです。セクションは、MS-SES であると見なされる状態が 10 秒連続すると使用できなくなり、MS-SES でないと見なされる状態が 10 秒連続するまで使用できません。この状態になると、MS-SES が減分され、MS-UAS にカウントされます。

RS-BBE

Regenerator Section Background Block Error(RS-BBE)は、SES としては発生しないエラー ブロックです。

RS-BBER

Regenerator Section Background Block Error Ratio(RS-BBER)は、固定された測定間隔で使用可能な時間のブロック総数に対する BBE の割合です。総ブロック数には、SES 期間のブロックは含まれません。

RS-EB

Regenerator Section Errored Block(RS-EB)は、ブロック内で 1 つ以上のビットにエラーがあることを示します。

RS-ES

Regenerator Section Errored Second(RS-ES)は、1 つ以上のエラー ブロック、または少なくとも 1 つの障害が発生した 1 秒間です。

RS-ESR

Regenerator Section Errored Second Ratio(RS-ESR)は、固定された測定間隔で使用可能な時間の総秒数に対するエラー秒数の割合です。

RS-SES

Regenerator Section Severely Errored Second(RS-SES)は、30% 以上のエラー ブロック、または少なくとも 1 つの障害が発生した 1 秒間です。SES は ES のサブセットです。

RS-SESR

Regenerator Section Severely Errored Second Ratio(RS-SESR)は、固定された測定間隔で使用可能な時間の総秒数に対する SES の割合です。

RS-UAS

Regenerator Section Unavailable Second(RS-UAS)は、リジェネレータ セクションが使用できない秒数のカウントです。セクションは、RS-UAS であると見なされる状態が 10 秒連続すると使用できなくなり、RS-UAS でないと見なされる状態が 10 秒連続するまで使用できません。

19.11 ポインタ位置調整カウントのパフォーマンス モニタリング

MultiService Transport Platform(MSTP; マルチサービス トランスポート プラットフォーム)の場合、MXP_2.5G_10G カードのみがポインタ位置調整カウントを使用します。ポインタは、周波数と位相変化を補うために使用されます。ポインタ位置調整のカウントは、ネットワークのタイミング エラーを示します。ネットワークの同期が外れると、転送信号上でジッターやワンダーが発生します。過剰なワンダーは終端デバイスのスリップを引き起こす可能性があります。

スリップが発生すると、サービスにさまざまな影響が出ます。音声サービスでは、クリック音が断続的に発生します。圧縮音声技術では、ショート伝送エラーやコールのドロップが発生します。FAX 機では、走査線が欠落したり、コールのドロップが発生したりします。デジタル ビデオ伝送では、画像が歪んだり、フレームがフリーズしたりします。暗号化サービスでは、暗号キーが失われてデータの再送信が必要になります。

ONS 15454 ANSI ノードの場合、ポインタによって STS および VT ペイロードの位相変化を調整する方法が得られます。STS ペイロード ポインタは、回線オーバーヘッドの H1 バイトと H2 バイトに配置されます。クロッキングの差は、ポインタから J1 バイトと呼ばれる STS Synchronous Payload Envelope(SPE; 同期ペイロード エンベロープ)の最初のバイトまでのオフセットによってバイト単位で測定されます。クロッキング差が正常範囲の 0 ~ 782 を超えると、データ損失が発生する可能性があります。

ONS 15454 ETSI ノードの場合、ポインタによって VC4 ペイロードの位相変化を調整する方法が得られます。VC4 ペイロード ポインタは、AU ポインタ セクションの H1 および H2 バイトにあります。このポインタは、VC4 Path Overhead(POH; パス オーバーヘッド)J1 バイトが H3 バイトから離れているバイト数のカウントになります(セクション オーバーヘッド バイトは含まれません)。クロッキングの差は、ポインタから J1 バイトと呼ばれる VC4 POH の最初のバイトまでのオフセットによってバイト単位で測定されます。クロッキング差が正常範囲の 0 ~ 782 を超えると、データ損失が発生する可能性があります。

ポインタ位置調整カウント パラメータには、Positive Pointer Justification Count(PPJC; 正のポインタ位置調整カウント)と Negative Pointer Justification Count(NPJC; 負のポインタ位置調整カウント)があります。PPJC は、パス検出(PPJC-PDET-P)またはパス生成(PPJC-PGEN-P)の正のポインタ位置調整カウントです。NPJC は、特定の PM 名に応じたパス検出(NPJC-PDET-P)またはパス生成(NPJC-PGEN-P)の負のポインタ位置調整カウントです。PJCDIFF は、検出されたポインタ位置調整カウント総数と生成されたポインタ位置調整カウント総数の差の絶対値です。PJCS-PDET-P は、1 つ以上の PPJC-PDET または NPJC-PDET を含む 1 秒間隔のカウントです。PJCS-PGEN-P は、1 つ以上の PPJC-PGEN または NPJC-PGEN を含む 1 秒間隔のカウントです。

一定のポインタ位置調整カウントは、ノード間のクロック同期の問題を示しています。カウント間の差は、オリジナルのポインタ位置調整を送信しているノードと、このカウントを検出して送信しているノードの間でタイミングが変化したことを意味します。ONS 15454 SONET ノードの場合、正のポインタ位置調整は、SPE のフレーム レートが STS-1 のレートに比べて遅すぎる場合に発生します。ONS 15454 SDH ノードの場合、正のポインタ位置調整は、Path Overhead(POH)のフレーム レートが VC4 のレートに比べて遅すぎる場合に発生します。

CTC では、PPJC と NPJC PM に関するカウント フィールドは、カード ビューの [Provisioning] タブでそれらをイネーブルにしないかぎり、空白で表示されます。