Cisco ONS 15454 DWDM リファレンス マニュアル Release 8.5
光増幅器カード
光増幅器カード
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

光増幅器カード

光増幅器カード

この章では、Cisco ONS 15454 Dense Wavelength Division Multiplexing(DWDM)ネットワークで使用される光増幅器カードについて説明します。カードの装着と起動の手順については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide 』を参照してください。カードの安全保護と準拠については、『 Cisco Optical Transport Products Safety and Compliance Information 』を参照してください。


) 特に指定のないかぎり、[ONS 15454] は ANSI と ETSI の両方のシェルフ アセンブリを意味します。


この章では、次の内容について説明します。

「カードの概要」

「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」

「OPT-PRE 増幅器カード」

「OPT-BST 増幅器カード」

「OPT-BST-E 増幅器カード」

「OPT-BST-L 増幅器カード」

「OPT-AMP-L カード」

「OPT-AMP-17-C カード」

「OPT-AMP-C カード」

4.1 カードの概要

ここでは、光増幅器カードの概要および互換性に関する情報を説明します。


) 各カードには、ONS 15454 シェルフ アセンブリのスロットに対応する記号が記載されています。同じ記号が表示されているスロットに、カードを装着します。スロットと記号のリストについては、「カード スロットの要件」 を参照してください。


光増幅器は、増幅ノード(ハブ ノードなど)、増幅 OADM ノード、および回線増幅ノードで使用されます。ONS 15454 の DWDM 増幅器には、次の 7 種類があります。

Optical Preamplifier(OPT-PRE; 光プリアンプ)

Optical Booster(OPT-BST; 光ブースター)増幅器

Optical Booster Enhanced(OPT-BST-E; 光ブースター拡張)増幅器

Optical Booster L-Band(OPT-BST-L; 光ブースター L 帯域)増幅器

Optical L-Band Preamplifier(OPT-AMP-L; 光 L 帯域プリアンプ)

Optical C-Band(OPT-AMP-17-C; 光 C 帯域)増幅器

Optical C-band High-gain High-power(OPT-AMP-C; 光 C 帯域ハイゲイン ハイパワー)増幅器


) OPT-AMP-L プリアンプおよび OPT-AMP-C 増幅器は、プリアンプまたはブースター増幅器としてソフトウェアで設定可能です。


光増幅器カードのアーキテクチャには、光パワー、レーザー電流、および温度制御ループを管理するコントローラを備えた光プラグイン モジュールが含まれます。増幅器は、TCC2/TCC2P カードとの通信と、プロビジョニング、コントロール、アラームなどの Operations, Administration, Maintenance, and Provisioning(OAM&P; 運用、管理、保守、およびプロビジョニング)機能も管理します。

光増幅器には線形電力機能があり、ゲインが 28 dB を下回っても定ゲイン モードを保つことができます。ただしスパンが長くなると、増幅器を手動で定電力モードに設定しなければならない場合もあります。

増幅器が定電力モードにある間に、スパン損失の劣化によってチャネル損失やプロビジョニングの変更が生じた場合は、増幅器の出力電圧を自動的に調整してチャネル数の減少(またはその後の増加)を補償することができません。このように、定電力モードは Automatic Power Control(APC; 自動電力制御)の要件に影響を及ぼします。

4.1.1 カードの概要

表4-1 に、各光増幅器カードの機能一覧と概要を示します。

 

表4-1 ONS 15454 の光増幅器カード

カード
ポートの説明
詳細情報の参照先
OPT-PRE

OPT-PRE 増幅器には、前面プレートに 5 つの光ポート(3 セット)があります。このカードは、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 で動作します。

「OPT-PRE 増幅器カード」を参照してください。

OPT-BST

OPT-BST 増幅器には、前面プレートに 4 セットの光ポートがあります。このカードは、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 で動作します。

「OPT-BST 増幅器カード」を参照してください。

OPT-BST-E

OPT-BST-E 増幅器には、前面プレートに 4 セットの光ポートがあります。このカードは、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 で動作します。

「OPT-BST-E 増幅器カード」を参照してください。

OPT-BST-L

OPT-BST-L L 帯域増幅器には、前面プレートに 4 セットの光ポートがあります。このカードは、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 で動作します。

「OPT-BST-L 増幅器カード」を参照してください。

OPT-AMP-L

OPT-AMP-L L 帯域プリアンプには、前面プレートに 5 セットの光ポートがあります。このカードは、スロット 1~6 および 12 ~ 17 で動作する 2 スロット カードです。

「OPT-AMP-L カード」を参照してください。

OPT-AMP-17-C

OPT-AMP-17-C C 帯域ローゲイン プリアンプ/ブースター増幅器には、前面プレートに 5 セットの光ポートがあります。このカードは、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 で動作します。

「OPT-AMP-17-C カード」を参照してください。

OPT-AMP-C

OPT-AMP-C C 帯域ハイゲイン ハイパワー プリアンプ/ブースター増幅器には、前面プレートに 4 セットの光ポートがあります。スロット 2 ~ 6 および 11 ~ 16 に装着しプロビジョニングされた場合はプリアンプとして動作し、スロット 1 と 17 に装着しプロビジョニングされた場合はブースター増幅器として動作します。

「OPT-AMP-C カード」を参照してください。

4.1.2 カードの互換性

表4-2 に、各光増幅器カード関する CTC ソフトウェアの互換性一覧を示します。

 

表4-2 光増幅器カードのソフトウェア リリースの互換性

カード タイプ
R4.5
R4.6
R4.7
R5.0
R6.0
R7.0
R7.2
R8.0
R8.5

OPT-PRE

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

OPT-BST

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

OPT-BST-E

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

あり

OPT-BST-L

なし

なし

なし

なし

なし

あり

あり

あり

あり

OPT-AMP-L

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

あり

あり

OPT-AMP-17-C

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

あり

あり

OPT-AMP-C

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

あり

4.2 クラス 1M レーザー セーフティ ラベル

ここでは、光増幅器カードに添付されているセーフティ ラベルの重要性について説明します。カードの前面プレートには、各カードのレーザー光線のレベルに関する警告が表示されています。ユーザは、あらかじめすべての警告ラベルの内容を理解している必要があります。

4.2.1 クラス 1M レーザー製品ラベル

図4-1 に、クラス 1M レーザー製品ラベルを示します。クラス 1M レーザーは、広く拡散する光線や直径の大きな光線を生成する製品です。したがって、レーザー光線の一部を見ただけで眼に入る可能性があります。ただし、これらのレーザー製品が危険なのは、拡大光学機器を使用して光線を見た場合です。

図4-1 クラス 1M レーザー製品ラベル

 

4.2.2 危険度ラベル 1M ラベル

図4-2 に、危険度 1M ラベルを示します。このラベルでは、ユーザが IEC60825-1 Ed.1.2 に従って算出されたレーザー光線にさらされる危険性があることを警告しています。

図4-2 危険度ラベル

 

4.2.3 レーザー ソース コネクタ ラベル

図4-3 に、レーザー ソース コネクタ ラベルを示します。このラベルは、ラベルが貼られている場所の光コネクタにレーザー ソースが存在することを示しています。

図4-3 レーザー ソース コネクタ ラベル

 

4.2.4 FDA 準拠ラベル

図4-4 に、FDA 準拠ラベルを示します。このラベルは、FDA 規格に対する準拠を示しており、危険度の分類が IEC60825-1 Am.2 または Ed.1.2 に従っていることを示します。

図4-4 FDA 準拠ラベル

 

4.2.5 感電危険性ラベル

図4-5 に、感電危険性ラベルを示します。このラベルは、カードの扱いによって感電する危険性を警告しています。感電事故の可能性があるのは、メンテナンス時に隣接カードを取り外す際、またはカード上にある電気回路の露出部分に触れた場合です。

図4-5 感電危険性ラベル

 

4.3 OPT-PRE 増幅器カード


) ハードウェア仕様については、「OPT-PRE 増幅器カードの仕様」を参照してください。



) OPT-PRE カードのセーフティ ラベルについては、「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」を参照してください。


OPT-PRE は C 帯域 DWDM であり、Dispersion Compensating Unit(DCU; 分散補償ユニット)に接続できる Mid-Amplifier Loss(MAL)の 2 段 Erbium-Doped Fiber Amplifier(EDFA; エルビウム添加光ファイバ増幅器)を使用しています。OPT-PRE には Variable Optical Attenuator(VOA)が内蔵されています。VOA はゲイン チルトを制御し、DCU を基準値までパディングするのにも使用されます。OPT-PRE はスロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に装着します。このカードは 50 GHz 間隔で最大 80 のチャネルをサポートするように設計されています。OPT-PRE の機能は次のとおりです。

チルトがプログラム可能な定ゲイン モード

真の可変ゲイン

高速過渡抑制

無歪低周波数転送機能

設定可能な最大出力電力

定出力電力モード(プロビジョニングで使用)

ファイバベースの DCU の MAL

定ゲイン モードでの Amplified Spontaneous Emissions(ASE; 増幅時自発放射)補償

フル モニタリングとアラーム処理(しきい値設定可)

2 段の増幅器からCTC までの入出力光パワーをモニタリングする 4 つの信号フォトダイオード

外部モニタリング用の光出力ポート


) 光スプリッタの比率は 1:99 です。その結果、MON ポートの電力は COM TX ポートの電力に比べて約 20 dB 低くなります。


4.3.1 OPT-PRE の前面プレート

OPT-PRE 増幅器には、前面プレートに 5 つの光ポートがあります。

MON は出力モニタ ポートです。

COM RX(受信)は入力信号ポートです。

COM TX(送信)は出力信号ポートです。

DC RX は MAL 入力信号ポートです。

DC TX は MAL 出力信号ポートです。

図4-6 に、OPT-PRE 増幅器カードの前面プレートを示します。

図4-6 OPT-PRE の前面プレート

 

4.3.2 OPT-PRE のブロック図

図4-7 に、OPT-PRE カード機能の簡易ブロック図を示します。

図4-7 OPT-PRE のブロック図

 

図4-8 に、OPT-PRE 光モジュールがどのように機能するかのブロック図を示します。

図4-8 OPT-PRE 光モジュールの機能ブロック図

 

4.3.3 OPT-PRE の電力のモニタリング

物理フォトダイオード P1 ~ P4 は、OPT-PRE カードの電力をモニタリングします。 表4-3 に示すように、返された電力レベル値は各ポートに対して較正されます。

 

表4-3 OPT-PRE ポートの較正

フォトダイオード
CTC タイプ名
較正されるポート

P1

Input Com

COM RX

P2

Output DC

DC TX

P3

Input DC

DC RX

P4

Output COM(合計出力)

COM TX

Output COM(信号出力)

4.3.4 OPT-PRE 増幅器カードレベルのインジケータ

表4-4 に、OPT-PRE 増幅カード上の 3 つのカードレベルの LED インジケータを示します。

 

表4-4 OPT-PRE 増幅器カードレベルのインジケータ

カードレベルの
インジケータ
内容

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または内部にハードウェア障害が発生したことを示します。レッドの FAIL LED が消えない場合は、カードを交換してください。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、OPT-PRE カードがトラフィックを伝送中であるか、またはトラフィックを伝送する準備ができていることを示します。

オレンジの SF LED

オレンジの SF LED は、カードの 1 つまたは複数のポートでの信号障害や LOS などの信号状態を示します。このオレンジの SF LED は、送信および受信用の光ファイバが正しく接続されていない場合にも点灯します。光ファイバが正しく接続されると、ランプは消えます。

4.3.5 OPT-PRE 増幅器のポートレベルのインジケータ

カードのポートのステータスは、ONS 15454 のファン トレイ アセンブリの LCD 画面を使用して確認できます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認できます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。

4.4 OPT-BST 増幅器カード


) ハードウェア仕様については、「OPT-BST 増幅器カードの仕様」を参照してください。



) OPT-BST カードのセーフティ ラベルについては、「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」を参照してください。


OPT-BST は、50 GHz 間隔で最大 80 のチャネルを最終的にサポートするように設計されています。Optical Service Channel(OSC)アド/ドロップ機能を持ち、C 帯域の DWDM EDFA です。OPT-BST を ONS 15454 に装着する場合は、OSC を処理するために OSCM カードも必要になります。OPT-BST は、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に装着します。このカードの機能は次のとおりです。

チルトがプログラム可能な定ゲイン モード

ゲイン範囲 5 ~ 20 dB(定ゲイン モードおよび出力電力モード時)

真の可変ゲイン

内蔵 VOA によるゲイン チルトの制御

高速過渡抑制

無歪低周波数転送機能

設定可能な最大出力電力

定出力電力モード(プロビジョニングで使用)

定ゲイン モードでの ASE 補償

フル モニタリングとアラーム処理(しきい値設定可)

Optical Safety Remote Interlock(OSRI)。光出力電力を停止したり安全レベルまで低下(自動電力低下)させたりする、CTC ソフトウェアの機能

Automatic Laser Shutdown(ALS) ― ファイバ切断時の安全機構。カードの ALS プロビジョニングの詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide』を参照してください。カードを使用してネットワークに ALS を実装する場合の詳細については、「ネットワークの光安全性」を参照してください。


) 各光スプリッタの比率は 1:99 です。その結果、MON TX ポートおよび MON RX ポートの電力は COM TX ポートおよび COM RX ポートの電力に比べて約 20 dB 低くなります。


4.4.1 OPT-BST の前面プレートのポート

OPT-BST 増幅器には、前面プレートに 8 つの光ポートがあります。

MON RX は出力モニタ ポート(受信セクション)です。

MON TX は出力モニタ ポートです。

COM RX は入力信号ポートです。

LINE TX は出力信号ポートです。

LINE RX は入力信号ポート(受信セクション)です。

COM TX は出力信号ポート(受信セクション)です。

OSC RX は OSC アド入力ポートです。

OSC TX は OSC ドロップ出力ポートです。

図4-9 に、OPT-BST 増幅器カードの前面プレートを示します。

図4-9 OPT-BST の前面プレート

 

4.4.2 OPT-BST のブロック図

図4-10 に、OPT-BST カード機能の簡易ブロック図を示します。

図4-10 OPT-BST のブロック図

 

図4-11 に、OPT-BST 光モジュールがどのように機能するかのブロック図を示します。

図4-11 OPT-BST 光モジュールの機能ブロック図

 

4.4.3 OPT-BST の電力のモニタリング

物理フォトダイオード P1 ~ P4 は、OPT-BST カードの電力をモニタリングします。 表4-5 に示すように、返された電力レベル値は各ポートに対して較正されます。

 

表4-5 OPT-BST ポートの較正

フォトダイオード
CTC タイプ名
較正されるポート

P1

Input Com

COM RX

P2

Output Line(合計出力)

LINE TX

Output Line(信号出力)

P3

Output COM

LINE RX

P4

Output OSC

4.4.4 OPT-BST カードレベルのインジケータ

表4-6 に、OPT-BST カード上の 3 つのカードレベルの LED インジケータを示します。

 

表4-6 OPT-BST カードレベルのインジケータ

カードレベルの
インジケータ
内容

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または内部にハードウェア障害が発生したことを示します。レッドの FAIL LED が消えない場合は、カードを交換してください。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、OPT-BST カードがトラフィックを伝送中であるか、またはトラフィックを伝送する準備ができていることを示します。

オレンジの SF LED

オレンジの SF LED は、カードの 1 つまたは複数のポートでの信号障害や LOS などの信号状態を示します。このオレンジの SF LED は、送信および受信用の光ファイバが正しく接続されていない場合にも点灯します。光ファイバが正しく接続されると、ランプは消えます。

4.4.5 OPT-BST ポートレベルのインジケータ

カードのポートのステータスは、ONS 15454 のファン トレイ アセンブリの LCD 画面を使用して確認できます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認できます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。

4.5 OPT-BST-E 増幅器カード


) ハードウェア仕様については、「OPT-BST-E 増幅器カードの仕様」を参照してください。



) OPT-BST-E カードのセーフティ ラベルについては、「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」を参照してください。


OPT-BST-E 増幅器カードは、OPT-BST カードのゲイン拡張版です。このカードは、50 GHz 間隔で最大 80 のチャネルをサポートするように設計されています。OSC アド/ドロップ機能を持ち、C 帯域の DWDM EDFA です。OPT-BST-E を装着する場合は、OSC を処理するために OSCM カードも必要になります。OPT-BST-E は、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に装着します。このカードの機能は次のとおりです。

チルトがプログラム可能な定ゲイン モード

真の可変ゲイン

ゲイン範囲 8 ~ 23 dBm(定ゲイン モードと出力電力モード時に 0 dBm のチルト管理で)

拡張ゲイン範囲 23 ~ 26 dBm(チルト管理なし)

内蔵 VOA によるゲイン チルトの制御

高速過渡抑制

無歪低周波数転送機能

設定可能な最大出力電力

定出力電力モード(プロビジョニングで使用)

定ゲイン モードでの ASE 補償

フル モニタリングとアラーム処理(しきい値設定可)

OSRI

ALS


) 各光スプリッタの比率は 1:99 です。その結果、MON TX ポートおよび MON RX ポートの電力は COM TX ポートおよび COM RX ポートの電力に比べて約 20 dB 低くなります。


4.5.1 OPT-BST-E の前面プレートのポート

OPT-BST-E 増幅器カードには、前面プレートに 8 つの光ポートがあります。

MON RX は出力モニタ ポート(受信セクション)です。

MON TX は出力モニタ ポートです。

COM RX は入力信号ポートです。

LINE TX は出力信号ポートです。

LINE RX は入力信号ポート(受信セクション)です。

COM TX は出力信号ポート(受信セクション)です。

OSC RX は OSC アド入力ポートです。

OSC TX は OSC ドロップ出力ポートです。

図4-12 に、OPT-BST-E 増幅器カードの前面プレートを示します。

図4-12 OPT-BST-E の前面プレート

 

4.5.2 OPT-BST-E のブロック図

図4-13 に、OPT-BST-E カード機能の簡易ブロック図を示します。

図4-13 OPT-BST-E のブロック図

 

図4-14 に、OPT-BST-E 光モジュールがどのように機能するかのブロック図を示します。

図4-14 OPT-BST-E 光モジュールの機能ブロック図

 

4.5.3 OPT-BST-E の電力のモニタリング

物理フォトダイオード P1 ~ P4 は、OPT-BST-E カードの電力をモニタリングします。 表4-7 に示すように、返された電力レベル値は各ポートに対して較正されます。

 

表4-7 OPT-BST-E ポートの較正

フォトダイオード
CTC タイプ名
較正されるポート

P1

Input Com

COM RX

P2

Output Line(合計出力)

LINE TX

Output Line(信号出力)

P3

Output COM

LINE RX

P4

Output OSC

4.5.4 OPT-BST-E カードレベルのインジケータ

表4-8 に、OPT-BST-E カード上の 3 つのカードレベルの LED インジケータを示します。

 

表4-8 OPT-BST-E カードレベルのインジケータ

カードレベルの
インジケータ
内容

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または内部にハードウェア障害が発生したことを示します。レッドの FAIL LED が消えない場合は、カードを交換してください。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、OPT-BST-E カードがトラフィックを伝送中であるか、またはトラフィックを伝送する準備ができていることを示します。

オレンジの SF LED

オレンジの SF LED は、カードの 1 つまたは複数のポートでの信号障害や LOS などの信号状態を示します。このオレンジの SF LED は、送信および受信用の光ファイバが正しく接続されていない場合にも点灯します。光ファイバが正しく接続されると、ランプは消えます。

4.5.5 OPT-BST-E ポートレベルのインジケータ

カードのポートのステータスは、ONS 15454 のファン トレイ アセンブリの LCD 画面を使用して確認できます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認できます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。

4.6 OPT-BST-L 増幅器カード


) ハードウェア仕様については、「OPT-BST-L 増幅器カードの仕様」を参照してください。



) OPT-BST-L カードのセーフティ ラベルについては、「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」を参照してください。


OPT-BST-L は OSC アド/ドロップ機能を持つ L 帯域の DWDM EDFA です。このカードは、Dispersion Shifted(DS; 分散シフト型)ファイバまたは SMF-28 シングルモード ファイバを採用するネットワークでの使用に最適です。OPT-BST-L は、50 GHz のチャネル間隔で 64 のチャネルを最終的にサポートするように設計されていますが、ソフトウェア R8.5 以前では 100 GHz 間隔で 23 のチャネルに制限されています。OPT-BST-L を ONS 15454 に装着する場合は、OSC を処理するために OSCM カードが必要になります。OPT-BST-L は、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に装着します。このカードの機能は次のとおりです。

チルトがプログラム可能な定ゲイン モード

標準ゲイン範囲 8 ~ 20 dB(プログラマブル ゲイン チルト モード時)

真の可変ゲイン

ゲイン範囲 20 ~ 27 dB(制御不可ゲイン チルト モード時)

内蔵 VOA によるゲイン チルトの制御

高速過渡抑制

無歪低周波数転送機能

設定可能な最大出力電力

定出力電力モード(プロビジョニングで使用)

定ゲイン モードでの ASE 補償

フル モニタリングとアラーム処理(しきい値設定可)

OSRI

ALS


) 各光スプリッタの比率は 1:99 です。その結果、MON TX ポートおよび MON RX ポートの電力は COM TX ポートおよび COM RX ポートの電力に比べて約 20 dB 低くなります。


4.6.1 OPT-BST-L の前面プレートのポート

OPT-BST-L 増幅器には、前面プレートに 8 つの光ポートがあります。

MON RX は出力モニタ ポート(受信セクション)です。

MON TX は出力モニタ ポートです。

COM RX は入力信号ポートです。

LINE TX は出力信号ポートです。

LINE RX は入力信号ポート(受信セクション)です。

COM TX は出力信号ポート(受信セクション)です。

OSC RX は OSC アド入力ポートです。

OSC TX は OSC ドロップ出力ポートです。

図4-15 に、OPT-BST-L カードの前面プレートを示します。

図4-15 OPT-BST-L の前面プレート

 

4.6.2 OPT-BST-L のブロック図

図4-16 に、OPT-BST-L カード機能の簡易ブロック図を示します。

図4-16 OPT-BST-L のブロック図

 

図4-17 に、OPT-BST-L 光モジュールがどのように機能するかのブロック図を示します。

図4-17 OPT-BST-L 光モジュールの機能ブロック図

 

4.6.3 OPT-BST-L の電力のモニタリング

物理フォトダイオード P1 ~ P5 は、OPT-BST-L カードの電力をモニタリングします。 表4-9 に示すように、返された電力レベル値は各ポートに対して較正されます。

 

表4-9 OPT-BST-L ポートの較正

フォトダイオード
CTC タイプ名
較正されるポート

P1

Input COM

COM RX

P2

Output Line(合計出力)

LINE TX

Output Line(信号出力)

P3

Output OSC-RX

OSC-RX

P4

Output COM

LINE RX

P5

Output OSC-TX

4.6.4 OPT-BST-L カードレベルのインジケータ

表4-10 に、OPT-BST-L カード上の 3 つのカードレベルの LED を示します。

 

表4-10 OPT-BST-L カードレベルのインジケータ

カードレベルの
インジケータ
内容

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または内部にハードウェア障害が発生したことを示します。レッドの FAIL LED が消えない場合は、カードを交換してください。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、OPT-BST-L カードがトラフィックを伝送中であるか、またはトラフィックを伝送する準備ができていることを示します。

オレンジの SF LED

オレンジの SF LED は、カードの 1 つまたは複数のポートでの信号障害や LOS などの信号状態を示します。このオレンジの SF LED は、送信および受信用の光ファイバが正しく接続されていない場合にも点灯します。光ファイバが正しく接続されると、ランプは消えます。

4.6.5 OPT-BST-L ポートレベルのインジケータ

カードのポートのステータスは、ONS 15454 のファン トレイ アセンブリの LCD 画面を使用して確認できます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認できます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。

4.7 OPT-AMP-L カード


) ハードウェア仕様については、「OPT-AMP-L プリアンプ カードの仕様」を参照してください。



) OPT-AMP-L カードのセーフティ ラベルについては、「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」を参照してください。


OPT-AMP-L は、L 帯域の DWDM 光増幅器カードで、外部 DCU および OSC アド/ドロップ機能用 Mid-Stage Access Loss(MSL; 中間アクセス損失)付き 2 段 EDFA で構成されています。CTC を使用すると、カードはプリアンプ(OPT-PRE)またはブースター増幅器(OPT-BST)としてプロビジョニング可能で、DS ファイバまたは SMF-28 ファイバを採用したネットワークで使用するのに最適です。増幅器は、1570 ~ 1605 nm 波長範囲において 50 GHz チャネル間隔で最大 64 の光伝送チャネルを動作させることができます。

OPT-AMP-L を装着する場合は、OSC を処理するために OSCM カードも必要になります。2 スロットの OPT-AMP-L は、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に装着します。

OPT-AMP-L カードの機能は、次のとおりです。

最大パワー出力 20 dBm

真の可変ゲイン増幅器(標準ゲイン範囲で 12 ~ 24 dBm、制御不可ゲイン チルト時で 24 ~ 35 dBm に設定可能)

内蔵 VOA によるゲイン チルトの制御

外部 DCU に対し最大 12 dBm MSL

高速過渡抑制 ― 障害時や容量増加状況でのビット エラーを回避するために、パワー レベルを 100 ミリ秒単位で調整可能

無歪低周波数転送機能

分散補償ユニット用の MSL

定ポンプ電流モード(テスト モード)

定出力電力モード(光ノード設定中に使用)

定ゲイン モード

定ゲイン モードおよび定出力電力モードでの内部 ASE 補償

フル モニタリングとアラーム処理機能

すべての入力ポートにおける信号損失検出およびアラーム、高速電力ダウン制御(1 秒未満)、および安全電力モードでの最大出力電力低下による、光安全性のサポート。カードの ALS プロビジョニングの詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Procedure Guide』を参照してください。カードを使用してネットワークに ALS を実装する場合の詳細については、「ネットワークの光安全性」を参照してください。


) トラブルシューティングのために OPT-AMP-L ファイバを切断する前に、あらかじめ OPT-AMP-L のプラグが抜かれていることを確認してください。


4.7.1 OPT-AMP-L の前面プレートのポート

OPT-AMP-L 増幅器には、前面プレートに 10 の光ポートがあります。

MON RX は出力モニタ ポート(受信セクション)です。

MON TX は出力モニタ ポートです。

COM RX は入力信号ポートです。

LINE TX は出力信号ポートです。

LINE RX は入力信号ポート(受信セクション)です。

COM TX は出力信号ポート(受信セクション)です。

OSC RX は OSC アド入力ポートです。

OSC TX は OSC ドロップ出力ポートです。

DC TX は DCU への出力信号です。

DC RX は DCU からの入力信号です。

図4-18 に、OPT-AMP-L カードの前面プレートを示します。

図4-18 OPT-AMP-L の前面プレート

 

4.7.2 OPT-AMP-L のブロック図

図4-19 に、OPT-AMP-L カード機能の簡易ブロック図を示します。

図4-19 OPT-AMP-L のブロック図

 

図4-20 に、OPT-AMP-L 光モジュールがどのように機能するかのブロック図を示します。

図4-20 OPT-AMP-L 光モジュールの機能ブロック図

 

4.7.3 OPT-AMP-L の電力のモニタリング

物理フォトダイオード P1 ~ P7 は、OPT-AMP-L カードの電力をモニタリングします。 表4-11 に示すように、返された電力レベル値は各ポートに対して較正されます。

 

表4-11 OPT-AMP-L ポートの較正

フォトダイオード
CTC タイプ名
較正されるポート

P1

Input COM Power

COM RX

P2

Output DC(合計電力)

DC TX

Output DC(信号電力)

P3

Input DC(入力電力)

DC RX

P4

Output Line Transmit(合計電力)

LINE TX

Output Line Transmit(信号電力)

P5

Input Line Receive Power

LINE RX

P6

Output OSC Receive Power

OSC RX

P7

Input OSC Transmit Power

4.7.4 OPT-AMP-L カードレベルのインジケータ

表4-12 に、OPT-AMP-L カード上の 3 つのカードレベルの LED を示します。

 

表4-12 OPT-AMP-L カードレベルのインジケータ

カードレベルの
インジケータ
内容

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または内部にハードウェア障害が発生したことを示します。レッドの FAIL LED が消えない場合は、カードを交換してください。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、OPT-AMP-L カードがトラフィックを伝送中であるか、またはトラフィックを伝送する準備ができていることを示します。

オレンジの SF LED

オレンジの SF LED は、カードの 1 つまたは複数のポートでの信号障害や LOS などの信号状態を示します。このオレンジの SF LED は、送信および受信用の光ファイバが正しく接続されていない場合にも点灯します。光ファイバが正しく接続されると、ランプは消えます。

4.7.5 OPT-AMP-L ポートレベルのインジケータ

カードのポートのステータスは、ONS 15454 のファン トレイ アセンブリの LCD 画面を使用して確認できます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認できます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。

4.8 OPT-AMP-17-C カード


) ハードウェア仕様については、「OPT-AMP-17-C 増幅器カードの仕様」を参照してください。



) OPT-AMP-17-C カードのセーフティ ラベルについては、「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」を参照してください。


OPT-AMP-17-C は OSC アド/ドロップ機能を持つ、17 dB ゲイン、C 帯域の DWDM EDFA 増幅器/プリアンプです。このカードは、C 帯域(波長範囲 1529 ~ 1562.5 nm)において 50 GHz 間隔で 80 のチャネルをサポートします。OPT-AMP-17-C を ONS 15454 に装着する場合は、OSC を処理するために OSCM カードも必要になります。OPT-AMP-17-C は、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に装着します。

このカードの機能は次のとおりです。

チルトがプログラム不可能な定ゲイン モード

標準ゲイン範囲 14 ~ 20 dB(プリアンプとして設定された場合の起動時)

標準ゲイン範囲 20 ~ 23 dB(プリアンプとして設定された場合の過渡モード時)

ゲイン範囲 14 ~ 23 dB(過渡ゲイン範囲なし。ブースター増幅器として設定された場合)

真の可変ゲイン

高速過渡抑制

無歪低周波数転送機能

設定可能な最大出力電力

定出力電力モード(プロビジョニングで使用)

定ゲイン モードでの ASE 補償

フル モニタリングとアラーム処理(しきい値設定可)

OSRI

ALS

4.8.1 OPT-AMP-17-C の前面プレートのポート

OPT-AMP-17-C 増幅器カードには、前面プレートに 8 つの光ポートがあります。

MON RX は出力モニタ ポート(受信セクション)です。

MON TX は出力モニタ ポートです。

COM RX は入力信号ポートです。

LINE TX は出力信号ポートです。

LINE RX は入力信号ポート(受信セクション)です。

COM TX は出力信号ポート(受信セクション)です。

OSC RX は OSC アド入力ポートです。

OSC TX は OSC ドロップ出力ポートです。

図4-21 に、OPT-AMP-17-C 増幅器カードの前面プレートを示します。

図4-21 OPT-AMP-17-C の前面プレート

 

4.8.2 OPT-AMP-17-C のブロック図

図4-22 に、OPT-AMP-17-C カード機能の簡易ブロック図を示します。

図4-22 OPT-AMP-17-C のブロック図

 

図4-23 に、OPT-AMP-17-C 光モジュールの機能を示します。

図4-23 OPT-AMP-17-C 光モジュールの機能ブロック図

 

4.8.3 OPT-AMP-17-C の自動電力制御

他の増幅器が各自の予測設定ポイントに到達できるようにするために、20 ~ 23 dB の範囲の過渡ゲインを APC は使用できます。ただし、この範囲での動作は一時的です。起動時に OPT-AMP-17-C カードはゲインの上限を最大で 20 dB に設定します。


) OPT-AMP-17-C がブースター増幅器として動作している場合には、APC はこの増幅器のゲインを制御しません。


4.8.4 OPT-AMP-17-C の電力のモニタリング

物理フォトダイオード P1 ~ P5 は、OPT-AMP-17-C カードの電力をモニタリングします。 表4-13 に示すように、返された電力レベル値は各ポートに対して較正されます。

 

表4-13 OPT-AMP-17-C ポートの較正

フォトダイオード
CTC タイプ名
較正されるポート

P1

Input COM

COM RX

P2

Output Line(合計出力)

LINE TX

Output Line(信号出力)

P5

Output OSC-RX

OSC-RX

P3

Output COM

LINE RX

P4

Output OSC-TX

4.8.5 OPT-AMP-17-C カードレベルのインジケータ

表4-14 に、OPT-AMP-17-C カード上の 3 つのカードレベルの LED を示します。

 

表4-14 OPT-AMP-17-C カードレベルのインジケータ

カードレベルの
インジケータ
内容

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または内部にハードウェア障害が発生したことを示します。レッドの FAIL LED が消えない場合は、カードを交換してください。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、OPT-AMP-17-C カードがトラフィックを伝送中であるか、またはトラフィックを伝送する準備ができていることを示します。

オレンジの SF LED

オレンジの SF LED は、カードの 1 つまたは複数のポートでの信号障害や LOS などの信号状態を示します。このオレンジの SF LED は、送信および受信用の光ファイバが正しく接続されていない場合にも点灯します。光ファイバが正しく接続されると、ランプは消えます。

4.8.6 OPT-AMP-17-C ポートレベルのインジケータ

カードのポートのステータスは、ONS 15454 のファン トレイ アセンブリの LCD 画面を使用して確認できます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認できます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。

4.9 OPT-AMP-C カード


) ハードウェア仕様については、「OPT-AMP-C 増幅器カードの仕様」を参照してください。



) OPT-AMP-C カードのセーフティ ラベルについては、「クラス 1M レーザー セーフティ ラベル」を参照してください。


OPT-AMP-C カードは、20 dB 出力電力、C 帯域の DWDM EDFA 増幅器/プリアンプです。このカードには DCU 用の MSL が含まれています。ゲイン チルトの制御には VOA が使用されます。VOA はまた DCU への信号を基準値になるように減衰するのにも使用されます。この増幅器モジュールには、OSC アド(TX 方向)およびドロップ(RX 方向)光フィルタも搭載されています。

OPT-AMP-C カードは、C 帯域(波長範囲 1529 ~ 1562.5 nm)において 50 GHz 間隔で 80 のチャネルをサポートします。OPT-AMP-C カードを ONS 15454 に装着する場合は、OSC を処理するために OSCM カードも必要になります。このカードはスロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に装着します。スロット 2 ~ 6 および スロット 12 ~ 16 は、このカードをプリアンプとしてプロビジョニングする場合の既定スロットです。スロット 1 および 17 は、このカードをブースター増幅器としてプロビジョニングする場合の既定スロットです。

このカードの機能は次のとおりです。

高速過渡抑制

無歪低周波数転送機能

DCU 用の中間アクセス

定ポンプ電流モード(テスト モード)

定出力電力モード(プロビジョニングで使用)

定ゲイン モード

定ゲイン モードおよび定出力電力モードでの ASE 補償

プログラミング可能チルト

フル モニタリングとアラーム処理機能

ゲイン範囲 12 ~ 24 dB(ゲイン チルト制御時)

拡張ゲイン範囲 24 ~ 35 dB(制御不可チルト時)

フル モニタリングとアラーム処理(しきい値設定可)

OSRI

ALS

4.9.1 OPT-AMP-C の前面プレートのポート

OPT-AMP-C 増幅器には、前面プレートに 10 の光ポートがあります。

MON RX は出力モニタ ポート(受信セクション)です。

MON TX は出力モニタ ポートです。

COM RX は入力信号ポートです。

COM TX は出力信号ポート(受信セクション)です。

DC RX は入力 DCU ポートです。

DC TX は出力 DCU ポートです。

OSC RX は OSC アド入力ポートです。

OSC TX は OSC ドロップ出力ポートです。

LINE RX は入力信号ポート(受信セクション)です。

LINE TX は出力信号ポートです。

図4-24 に、OPT-AMP-C 増幅器カードの前面プレートを示します。

図4-24 OPT-AMP-C カードの前面プレート

 

4.9.2 OPT-AMP-C カードのブロック図

図4-25 に、OPT-AMP-C カード機能の簡易ブロック図を示します。

図4-25 OPT-AMP-C のブロック図

 

4.9.3 OPT-AMP-C の電力のモニタリング

物理フォトダイオード P1 ~ P7 は、OPT-AMP-C カードの電力をモニタリングします( 表4-15 を参照)。

 

表4-15 OPT-AMP-C ポートの較正

フォトダイオード
CTC タイプ名
較正されるポート

P1

Input COM Power

COM RX

P2

Output Line Transmit(合計電力)

Line TX

Output Line Transmit(信号電力)

P3

Input Line Receive Power

Line RX

P4

Input OSC Receive Power

P5

Output OSC Transmit Power

OSC-RX

P6

Output DC Transmit(合計電力)

DC-TX

Output DC Transmit(信号電力)

P7

Input DC Receive Power

DC-RX

4.9.4 OPT-AMP-C カードレベルのインジケータ

表4-16 に、OPT-AMP-C カード上の 3 つのカードレベルの LED を示します。

 

表4-16 OPT-AMP-C カードレベルのインジケータ

カードレベルの
インジケータ
内容

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または内部にハードウェア障害が発生したことを示します。レッドの FAIL LED が消えない場合は、カードを交換してください。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、OPT-AMP-C カードがトラフィックを伝送中であるか、またはトラフィックを伝送する準備ができていることを示します。

オレンジの SF LED

オレンジの SF LED は、カードの 1 つまたは複数のポートでの信号障害や LOS などの信号状態を示します。このオレンジの SF LED は、送信および受信用の光ファイバが正しく接続されていない場合にも点灯します。光ファイバが正しく接続されると、ランプは消えます。

4.9.5 OPT-AMP-C カードのポートレベルのインジケータ

カードのポートのステータスは、ONS 15454 のファン トレイ アセンブリの LCD 画面を使用して確認できます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認できます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。