Cisco ONS 15454 SDH リファレンス マニュアル Release 8.5
索引
Numerics
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

Numerics

1+1 光カード保護

説明  7-5

線形 ADM の作成  12-31

1:1 電気回路カード保護  7-2

1:N 電気回路カード保護

説明  7-2

復元切り替え機能  7-3

保護のガイドライン  7-4

15454_MRC-12 カード

STM-N カードも参照

カードレベルの LED  4-38

クロスコネクトの互換性  4-35

互換 SFP  4-48

仕様  A-37

説明  4-34

ソフトウェアの互換性  4-5

パフォーマンス モニタリング  15-47

ポート レートとライン レート  4-36

ポートレベルの LED  4-39

2 つの IP アドレスのプロビジョニング  13-23

4 ファイバ MS-SPRing。MS-SPRing を参照

64 ビット etherStatsHighCapacityTable  16-20

A

ADM。線形 ADM を参照

AIC-I カード

LED  2-23

オーダーワイヤ  2-24

温度範囲  A-9

外部アラーム  2-23

外部制御  2-23

クロスコネクトの互換性  2-3

仕様  A-13

説明  2-22

前面プレート  2-22

ソフトウェアの互換性  2-3

電源モニタリング  2-25

入出力(外部)アラーム接点  2-23

ブロック図  2-22

ユーザ データ チャネル  2-26

AISS-P パラメータの定義  15-6

alarmTable

Get 要求  16-24

GetNext 要求  16-24

行の削除  16-24

行の作成  16-22

説明  16-22

B

BBE パラメータの定義  15-6

BBE-PM パラメータの定義  15-6

BBER パラメータの定義  15-6

BBER-PM パラメータの定義  15-6

BBER-SM パラメータの定義  15-6

BBE-SM パラメータの定義  15-6

BIE パラメータの定義  15-6

BIEC パラメータの定義  15-6

BITS

MIC-C/T/P 同軸の BITS ピン  10-2

外部ノード タイミング ソース  10-2

ネットワークのタイミングの例  10-3

BLANK-FMEC 前面プレート  3-27

BPV。極性違反を参照

C

C2 バイト  11-21

CE シリーズ イーサネット カード

CE-1000-4 カードを参照

CE-100T-8 カードを参照

CE-MR-10 カードを参照

CE-1000-4 カード

VCAT 回線も参照

カードレベルの LED  5-26

回線タイプ  5-24

クロスコネクトの互換性  5-27

仕様  A-42

スプリット ファイバ ルーティング  11-30

スロットの互換性  5-27

説明  5-24

パフォーマンス モニタリング パラメータ  15-34‐15-39

ポートレベルの LED  5-27

リンク キャパシティ調整  11-31

CE-100T-8 カード

VCAT 回線も参照

カードレベルの LED  5-23

クロスコネクトの互換性  2-5, 5-23

仕様  A-42

スプリット ファイバ ルーティング  11-30

スロットの互換性  5-23

説明  5-21

パフォーマンス モニタリング パラメータ  15-34‐15-39

ポートレベルの LED  5-23

リンク キャパシティ調整  11-30

CE-MR-10 カード

LED  5-29

回線タイプ  5-28

クロスコネクトの互換性  5-30

仕様  A-42

スロットの互換性  5-30

説明  5-28

ポート ステータス  5-30

CGV パラメータの定義  15-6

Cisco MDS 9000  6-2

CLNS  13-35

CTC

新しいソフトウェア リリースのディスカバリ  8-3

アラームも参照

以前のロードへの復元  8-22

ウィンドウ  8-8

カードの色  8-9

互換性  1-23‐1-26

コンピュータの要件  8-5

タイミングの設定  10-2

データの印刷  8-17

データのエクスポート  8-17

ビュー

カード ビュー  8-15

カードのショートカット  8-11

説明  8-8

ネットワーク。ネットワーク ビューを参照

ノード ビューのタブ  8-11

ノード。ノード ビューを参照

ランチャ アプリケーション  8-18

Cisco Transport Controller。CTC を参照

CMS。CTC を参照

C-Temp 範囲  A-9

CVCP-P パラメータの定義  15-6

CVCP-PFE パラメータの定義  15-6

CV-L パラメータの定義  15-6

CVP-P パラメータの定義  15-7

D

DCC

MS-DCC  11-13

RS-DCC  11-13

SDH  11-13

接続の統合  8-14

接続の表示  8-14

定義  2-26, 11-13

トラフィックの分散  11-13

トンネリング  11-13

リンクの統合  8-14

DCG パラメータの定義  15-7

DCS  12-29

DHCP  13-5

DRI

従来の  12-20

従来の(図)  12-24

説明  12-20, 12-23

統合  12-20

統合(図)  12-25

DS3i-N-12 カード

LED  3-9

温度範囲  A-9

機能  3-9

クロスコネクトの互換性  2-4

仕様  A-16

説明  3-8

前面プレート  3-8

ソフトウェアの互換性  3-3

パス トレース  11-20

ブロック図  3-8

ポート ステータス  3-10

DS3i-N-12 カード、パフォーマンス モニタリング  15-19

E

E シリーズ イーサネット カード

個別のカード名も参照

VLAN も参照

温度範囲  A-10

仕様  A-41

所要電力  A-8

E1000-2-G カード

LED  5-7

クロスコネクトの互換性  2-5, 5-8

仕様  A-41

説明  5-6

前面プレート  5-6

ブロック図  5-6

ポート ステータス  5-7

E100T-G カード

LED  5-5

XC10G および XC-VXC-10G の互換性  5-5

クロスコネクトの互換性  2-5, 5-5

仕様  A-41

スロットの互換性  5-5

説明  5-4

前面プレート  5-4

ブロック図  5-4

ポート ステータス  5-5

E100-TX コネクタのピン配置  1-12

E1-42 カード

LED  3-5

温度範囲  A-9

機能  3-5

クロスコネクトの互換性  2-4

仕様  A-15

説明  3-4

前面プレート  3-4

ソフトウェアの互換性  3-3

パフォーマンス モニタリング  15-16

ブロック図  3-4

ポート ステータス  3-5

E1-75/120 インピーダンス変換パネル

温度範囲  A-9

仕様  A-21

説明  3-23

前面プレート  3-23

取り付け  3-23

物理的な説明  1-10

ブロック図  3-24

ラックへの取り付け  1-10

E1-N-14 カード

PM の読み取りポイント  15-17

クロスコネクトの互換性  2-4

ソフトウェアの互換性  3-3

パフォーマンス モニタリング  15-16

E3-12 カード

LED  3-7

温度範囲  A-9

機能  3-7

クロスコネクトの互換性  2-4

仕様  A-16

説明  3-6

前面プレート  3-6

ソフトウェアの互換性  3-3

パス トレース  11-20

パフォーマンス モニタリング  15-18

ブロック図  3-6

ポート ステータス  3-7

EB パラメータの定義  15-7

End System  13-39

ENE

ENE イーサネット ポートに接続されたリモート ノード  13-33

GNE のロードバランシング  13-21

設定  13-17

プロキシ サーバの説明  13-15

プロキシ サーバのプロビジョニング  13-15

プロキシ サーバも参照

プロキシ トンネルとファイアウォール トンネルの要件  13-31

ES パラメータの定義  15-7

ESCP-P パラメータの定義  15-7

ESCP-PFE パラメータの定義  15-7

ES-ES  13-39

ES-L パラメータの定義  15-7

ES-P パラメータの定義  15-7

ES-PM パラメータの定義  15-7

ESP-P パラメータの定義  15-7

ESR パラメータの定義  15-7

ESR-P パラメータの定義  15-7

ESR-PM パラメータの定義  15-7

ESR-SM パラメータの定義  15-7

ES-SM パラメータの定義  15-7

EthernetStatistics グループ、RMON  16-19

etherStatsHighCapacityTable、64 ビット  16-20

etherStatsTable

Get 要求  16-20

GetNext 要求  16-20

行の削除  16-20

行の作成  16-20

eventTable

logTable  16-24

説明  16-24

external タイミング  10-2

F

FC_MR-4 カード

History ウィンドウ  15-50

Statistics ウィンドウ  15-49

VCAT メンバー  11-31

温度範囲  A-10

カードレベルの LED  6-3

クロスコネクトの互換性  2-5, 6-4

互換 GBIC  6-9

仕様  A-45

所要電力  A-8

説明  6-2

前面プレート  6-3

パフォーマンス モニタリング パラメータ  15-49‐15-50

ブロック図  6-3

ポートレベルの LED  6-4

用途  6-8

利用率の統計  15-50

ストレージ アクセス ネットワーキング。
FC_MR-4 カードを参照

FC-PM パラメータの定義  15-7

FC-SM パラメータの定義  15-7

FEBE  15-6

FILLER カード

仕様  A-18

説明  3-13

前面プレート  3-13

FMEC

概要  1-8

記号の定義  1-8

コネクタ  1-9

説明  1-8

電気回路カードの割り当て  1-8

ハードウェア  1-1

ポート  1-9

ライン レート  1-9

FMEC E1-120NP カード

温度範囲  A-9

仕様  A-19

説明  3-14

前面プレート  3-14

ブロック図  3-14

FMEC E1-120PROA カード

温度範囲  A-9

仕様  A-19

説明  3-17

前面プレート  3-17

ブロック図  3-17

FMEC E1-120PROB カード

温度範囲  A-9

仕様  A-20

説明  3-20

前面プレート  3-20

ブロック図  3-20

FMEC STM1E 1:1 カード

温度範囲  A-9

仕様  A-22

説明  3-26

前面プレート  3-26

ブロック図  3-26

FMEC-E3/DS3 カード

温度範囲  A-9

説明  3-25

前面プレート  3-25

ブロック図  3-25

G

G1K-4 カード

LED  5-10

クロスコネクトの互換性  2-5, 5-10

仕様  A-43

説明  5-8

前面プレート  5-9

ブロック図  5-9

ポート ステータス  5-10

GBIC

CWDM および DWDM

サポートされる波長  5-33

説明  5-33

FC_MR-4 カードの互換性  6-9

イーサネット カードで使用する  5-31

イーサネット カードの互換性  5-31

図  5-33

説明  5-32

GNE

IP DCN 上での OSS トラフィックの交換  13-53

IP-over-CLNS トンネルを介して ONS ノードに接続  13-47

IP-over-CLNS トンネルを介して OSI GNE に従属  13-56

OSI DCC 接続がない GNE  13-57

オープン GNE 構成  13-31

サブネット上のデュアル GNE  13-21

設定  13-17

トラフィックの分散  13-21

プロシキ サーバが無効のときのファイアウォール コンフィギュレーション  13-29

プロシキ サーバが有効のときのファイアウォール コンフィギュレーション  13-30

プロキシ サーバの説明  13-15

プロキシ サーバのプロビジョニング  13-15

プロキシ サーバも参照

プロキシ トンネルとファイアウォール トンネルの要件  13-31

マルチベンダーの OSI ネットワーク  13-52

GRE トンネル  13-46

H

HC-RMON-MIB のサポート  16-19

historyControlTable

Get 要求  16-21

GetNext 要求  16-21

行の削除  16-21

行の作成  16-21

説明  16-20

HP-BBE パラメータ

定義  15-7

モニタリング対象の IPPM  15-4

HP-BBER パラメータ

定義  15-8

モニタリング対象の IPPM  15-4

HP-EB パラメータ

定義  15-8

モニタリング対象の IPPM  15-4

HP-ES パラメータ

定義  15-8

モニタリング対象の IPPM  15-4

HP-ESR パラメータ

定義  15-8

モニタリング対象の IPPM  15-4

HP-NPJC-Pdet パラメータの定義  15-8

HP-NPJC-Pgen パラメータの定義  15-8

HP-PJCDiff パラメータの定義  15-8

HP-PJCS-Pdet パラメータの定義  15-8

HP-PJCS-Pgen パラメータの定義  15-8

HP-PPJC-Pdet パラメータの定義  15-8

HP-PPJC-Pgen パラメータの定義  15-8

HP-SES パラメータ

定義  15-8

モニタリング対象の IPPM  15-4

HP-SESR パラメータ

定義  15-8

モニタリング対象の IPPM  15-4

HP-UAS パラメータ

定義  15-8

モニタリング対象の IPPM  15-4

I

IEEE 802.17 RPR  11-19

IETF トラップ  16-10

Intermediate System Level 1  13-39

Intermediate System Level 1/Level 2  13-39

IOS パラメータの定義  15-9

IP

2 つのアドレスのプロビジョニング  13-23

IPv6 ネットワークの互換性  13-63

一意の IP アドレスの要件  13-16

カプセル化トンネル  11-14

環境  13-2

サブネット化  13-2

セキュア モードも参照

セキュア モードを使用したデュアル IP アドレス  13-23

ネットワーキング  13-1‐13-28

要件  13-3

IP アドレッシング シナリオ

CTC コンピュータのデフォルト ゲートウェイ  13-9

LAN に接続するスタティック ルート  13-9

OSPF  13-12

サブネット上のデュアル GNE  13-21

セキュア モードを有効にした  13-22

同一サブネット上の CTC とノード  13-4

プロキシ ARP とゲートウェイ  13-6

プロキシ サーバ  13-15‐13-20

ルータに接続された CTC とノード  13-5

IPC パラメータの定義  15-9

IP-over-CLNS トンネル

ONS ノードを別のベンダーの GNE に接続  13-47

ONS ノードをルータに接続  13-48

OSI DCN を介して ONS ノードをルータに接続  13-49

TL1 トンネルに類似  8-18

説明  13-46

プロビジョニング  13-46

IPPM  15-4

IS-IS  13-40

I-Temp 範囲  A-9

ITU パフォーマンス モニタリング  15-1

J

J0/J1/J2 トレース  11-20

J1/J2 バイト  11-20

Java および CTC、概要  8-2

JRE の互換性  8-5

K

K バイト  12-4

L

LAN ピン接続  1-19

LAP-D

MTU  13-35

固定値  13-35

送信タイマー  13-35

転送サービス  13-35

パラメータ  13-35

プロトコル  13-35

モード  13-35

LBC パラメータの定義  15-9

LBC-AVG パラメータの定義  15-9

LBC-MAX パラメータの定義  15-9

LBC-MIN パラメータの定義  15-9

LCAS  11-30

LCD

アラーム カウントの表示  14-2

説明  1-16

line タイミング  10-2

LOSS-L パラメータの定義  15-9

LP-BBE パラメータの定義  15-9

LP-BBER パラメータの定義  15-9

LP-EB パラメータの定義  15-9

LP-ES パラメータの定義  15-9

LP-ESR パラメータの定義  15-9

LP-SES パラメータの定義  15-9

LP-SESR パラメータの定義  15-9

LP-UAS パラメータの定義  15-9

M

MAC アドレス

セキュア モード  13-22

テーブルのクリア  9-5

テーブルの取得  9-5

プロキシ ARP  13-6

リピータ モード  13-22

MIC-A/P カード

温度範囲  A-9

機能概要  3-28

仕様  A-24

説明  3-28

前面プレート  3-28

ブロック図  3-28

MIC-C/T/P カード

温度範囲  A-9

機能概要  3-31

仕様  A-24

説明  3-31

前面プレート  3-31

ブロック図  3-31

ポート ステータス  3-31

Microsoft Internet Explorer  8-4

ML シリーズ イーサネット カード

VCAT メンバー  11-31

温度範囲  A-10

互換 SFP  5-32

個別のカード名も参照

所要電力  A-8

ML1000-2 カード

カードレベルの LED  5-17

クロスコネクトの互換性  2-5, 5-17

仕様  A-43

スロットの互換性  5-17

説明  5-16

前面プレート  5-16

ポートレベルの LED  5-17

ML100T-12 カード

LED  5-12

クロスコネクトの互換性  2-5, 5-13

仕様  A-43

スロットの互換性  5-13

説明  5-11

前面プレート  5-11

ポート ステータス  5-12

ML100X-8 カード

カードレベルの LED  5-15

クロスコネクトの互換性  2-5, 5-15

仕様  A-44

スロットの互換性  5-15

説明  5-13

ポート ステータス  5-15

ML-MR-10 カード

LED  5-20

クロスコネクトの互換性  5-20

仕様  A-44

スロットの互換性  5-20

説明  5-18

ポート ステータス  5-20

Mozilla 1.7  13-63

MRC-12 カード。15454_MRC-12 カードを参照

MRC-2.5G-12 カード

LED  4-42

クロスコネクトの互換性  4-41

互換 SFP  4-48

仕様  A-38

説明  4-40

ソフトウェアの互換性  4-5

ポート ステータス  4-43

ポート レートとライン レート  4-42

ポートレベルの LED  4-43

MS-BBE パラメータの定義  15-9

MS-BBER パラメータの定義  15-9

MS-EB パラメータの定義  15-10

MS-ES パラメータの定義  15-10

MS-ESR パラメータの定義  15-10

MS-NPJC-Pgen パラメータの定義  15-10

MS-PPJC-Pgen パラメータの定義  15-10

MS-PSC パラメータの定義

1+1 保護  15-10

MS-SPRing  15-10

MS-PSC-R パラメータの定義  15-10

MS-PSC-S パラメータの定義  15-10

MS-PSC-W パラメータの定義  15-11

MS-PSD パラメータの定義  15-11

MS-PSD-R パラメータの定義  15-11

MS-PSD-S パラメータの定義  15-11

MS-PSD-W パラメータの定義  15-11

MS-SES パラメータの定義  15-11

MS-SESR パラメータの定義  15-11

MS-SPRing

2 ファイバから 4 ファイバへの変換  12-14

2 ファイバ構成のリングの例  12-11

2 ファイバの説明  12-4

4 ノード、2 ファイバ構成(図)  12-5

4 ファイバの説明  12-7

5 ノード、2 ファイバ構成(図)  12-11

DRI  12-20

MS-PSC パラメータの定義  15-10

MS-SPRing に従属する  12-30

SNCP との接続  12-26

VC4 スケルチ テーブル  11-18

回線切断後の 4 ノード、2 ファイバ構成(図)  12-6

逆サイド ルーティングの DRI(図)  12-22

最大ノード数  12-3

スパン切り替え  12-8

帯域幅キャパシティ  12-10

統合 DRI(図)  12-23

同サイド ルーティングの DRI(図)  12-21

トラフィック速度の高速化  12-34

ファイバ接続  12-13

ファイバの構成例  12-13

リング切り替え  12-9

2 ファイバ MS-SPRing。MS-SPRing を参照

多重化セクション共有保護リング。MS-SPRing を参照

MS-UAS パラメータの定義  15-11

N

NAT-PT  13-63

NET  13-36

Netscape  8-4

NIOS パラメータの定義  15-12

NPJC-Pdet パラメータ  15-5

NPJC-Pgen パラメータ  15-5

NSAP

CLNP でのネットワーク サービス アクセス ポイント  13-36

CTC 内の位置  13-37

TID から NSAP の手動プロビジョニング  13-43

TID から NSAP への変換  13-40

アドレス  13-37

フィールド  13-36

O

OAM&P アクセス  8-7

OC12 IR/STM4 SH 1310 カード

LED  4-11

STM-N カードも参照

仕様  A-27

説明  4-10

前面プレート  4-10

ソフトウェアの互換性  4-4

ブロック図  4-10

ポート ステータス  4-11

OC12 IR/STM4 SH 1310-4 カード

LED  4-17

STM-N カードも参照

機能  4-16

仕様  A-30

説明  4-16

前面プレート  4-16

ソフトウェアの互換性  4-4

ポート ステータス  4-17

OC12 LR/STM4 LH 1310 カード

LED  4-13

STM-N カードを参照

仕様  A-28

説明  4-12

前面プレート  4-12

ソフトウェアの互換性  4-4

ポート ステータス  4-13

OC12 LR/STM4 LH 1550 カード

LED  4-15

STM-N カードを参照

機能  4-15

仕様  A-29

説明  4-14

前面プレート(図)  4-14

ソフトウェアの互換性  4-4

ブロック図(図)  4-14

ポート ステータス  4-15

OC192 IR/STM64 SH 1550 カード

LED  4-26

STM-N カードも参照

機能  4-26

仕様  A-33

説明  4-25

前面プレート  4-25

ソフトウェアの互換性  4-4

ポート ステータス  4-26

OC192 LR/STM64 LH 1550 カード

LED  4-30

STM-N カードも参照

機能  4-29

仕様  A-34

説明  4-27

前面プレート  4-28, 4-29

ソフトウェアの互換性  4-5

ブロック図  4-28

ポート ステータス  4-30

OC192 LR/STM64 LH ITU 15xx.xx カード

LED  4-33, 4-38

STM-N カードを参照

機能  4-32

仕様  A-35

説明  4-31

前面プレート  4-31

ソフトウェアの互換性  4-5

トポロジ  4-34

ブロック図  4-32

ポート ステータス  4-33, 4-39

OC192 SR/STM64 IO 1310 カード

LED  4-24

STM-N カードも参照

機能  4-23

仕様  A-33

説明  4-23

前面プレート  4-23

ソフトウェアの互換性  4-4

ポート ステータス  4-24

OC192 SR1/STM64 IO Short Reach(短距離)カード

STM-N カードも参照

カードレベルの LED  4-46

互換性のある XFP  4-48

仕様  A-39

説明  4-44

ポートレベルの LED  4-46

OC192/STM64 Any Reach(任意の距離)カード

STM-N カードも参照

XFP も参照

カードレベルの LED  4-46

互換性のある XFP  4-48

仕様  A-39

説明  4-44

ポートレベルの LED  4-46

OC3 IR 4/STM1 SH 1310 カード

LED  4-7

STM-N カードも参照

機能  4-6

仕様  A-26

説明  4-6

前面プレート  4-6

ソフトウェアの互換性  4-4

パフォーマンス モニタリング パラメータ  15-40

ポート ステータス  4-7

OC3IR/STM1 SH 1310-8 カード

LED  4-9

STM-N カードも参照

仕様  A-27

説明  4-8

前面プレート  4-8

ソフトウェアの互換性  4-4

ポート ステータス  4-9

OC48 ELR/STM16 EH 100 GHz カード

LED  4-22

STM-N カードも参照

機能  4-21

仕様  A-31

説明  4-20

前面プレート  4-20

ソフトウェアの互換性  4-4

ポート ステータス  4-22

OC48 IR/STM16 SH AS 1310 カード、ソフトウェアの互換性  4-4

OC48 LR/STM16 LH AS 1550 カード

LED  4-19

STM-N カードも参照

機能  4-19

仕様  A-31

説明  4-18

前面プレート  4-18

ソフトウェアの互換性  4-4

ポート ステータス  4-19

ONS 15454 SDH の接続  8-7

Open Shortest Path First。OSPF を参照

OPR パラメータの定義  15-12

OPR-AVG パラメータの定義  15-12

OPR-MAX パラメータの定義  15-12

OPR-MIN パラメータの定義  15-12

OPT パラメータの定義  15-12

OPT-AVG パラメータの定義  15-12

OPT-MAX パラメータの定義  15-12

OPT-MIN パラメータの定義  15-12

OSI

Connectionless Network Service(CLNS)  13-35

CTC でのプロビジョニング  13-62

CTC ランチャを使用した OSI ベースの GNE の後ろにある NE への接続  8-18

IP-over-CLNS トンネル  8-19, 13-46‐13-61

LAP-D も参照

NSAP も参照

OSI/IP ネットワーキングのシナリオ  13-51‐13-61

TCP/IP とのメディエーション  13-44

欧州のネットワークの例  13-59‐13-61

仮想ルータ  13-45

仮想ルータの制約  13-45

プロトコル リスト  13-34

ポイントツーポイント プロトコルも参照

ルーティング  13-38

OSI/IP。OSI を参照

OSPF

オープン GNE 構成  13-31

スタティック ルートの代替  13-9

定義  13-12‐13-14

無効(図)  13-14

有効(図)  13-13

P

partial サービス状態  11-8

PCM  2-24

ping  13-3

POH。パス オーバーヘッドを参照

PPJC-Pdet パラメータ  15-5

PPJC-Pgen パラメータ  15-5

PPM の説明  4-51

PST  B-2

PSTQ  B-2

Q

QoS  13-40

R

RADIUS

共有秘密  9-10

セキュリティ  9-10

RJ-11

コネクタ  2-25

ポート  2-25, 2-26

RJ-45

AIC-I カードのポート  2-26

コネクタ  2-26

ポート。TCC2 カードまたは TCC2P カードを参照

RMON

alarmTable  16-22

EthernetStatistics グループ  16-19

HC-RMON-MIB のサポート  16-19

アラーム グループ  16-22

イーサネット履歴グループ  16-22

イベント グループ  16-24

履歴制御グループ  16-20

RPR-IEEE  11-19

RS-BBE パラメータの定義  15-12

RS-BBER パラメータの定義  15-12

RS-EB パラメータの定義  15-12

RS-ES パラメータの定義  15-12

RS-ESR パラメータの定義  15-12

RS-SES パラメータの定義  15-12

RS-SESR パラメータの定義  15-12

RS-UAS パラメータの定義  15-12

Rx AISS-P パラメータの定義  15-12

Rx BBE-P パラメータの定義  15-12

Rx BBER-P パラメータの定義  15-13

Rx EB-P パラメータの定義  15-13

Rx ES-P パラメータの定義  15-13

Rx ESR-P パラメータの定義  15-13

Rx SES-P パラメータの定義  15-13

Rx SESR-P パラメータの定義  15-13

Rx UAS-P パラメータの定義  15-13

S

SAN カード。FC_MR-4 カードを参照

SASCP-P パラメータの定義  15-13

SASP-P パラメータの定義  15-13

SDH

K1、K2、および K3 バイト  12-4

トポロジ  12-1

SES パラメータの定義  15-13

SESCP-P パラメータの定義  15-13

SESCP-PFE パラメータの定義  15-13

SES-L パラメータの定義  15-13

SES-P パラメータの定義  15-13

SES-PFE パラメータの定義  15-13

SES-PM パラメータの定義  15-14

SESP-P パラメータの定義  15-14

SESR-P パラメータの定義  15-14

SESR-PM パラメータの定義  15-14

SES-SM パラメータの定義  15-14

SFP

PPM プロビジョニング  4-51

イーサネット カードで使用する  5-31

イーサネット カードの互換性  5-31

仕様  A-5

図  4-49, 5-35

説明  4-49, 5-35

光カードで使用する  4-47

光カードの互換性  4-47

SNCP

DRI  12-23

MS-SPRing との接続  12-26

STM-1 リング(図)  12-17

イーサネット  11-25

回線の編集  11-16

仮想  11-24

基本的な 4 ノード構成のリング(図)  12-16

ゴー アンド リターン ルーティング  11-16

説明  12-15

トラフィック速度の高速化  12-34

ファイバの切断が発生したリング(図)  12-16

保護パスの切り替え  11-16

保護リンクと共存  11-25

SNMP

MIB  16-5

外部インターフェイスの要件  16-4

コミュニティ名  16-17

コンポーネント  16-3

説明  16-2

トラップ  16-10

バージョン サポート  16-4

プロキシ サーバ シナリオで  13-15

メッセージのタイプ  16-5

リモート ネットワーク モニタリング。RMON を参照

SNTP  13-15

SSH  9-7

SSM  10-4

SST  B-2

ST3 クロック  10-2

STM-1E カード。STM-N カードを参照

STM1E-12 カード

LED  3-12

温度範囲  A-9

機能  3-12

クロスコネクトの互換性  2-4

仕様  A-17

説明  3-11

前面プレート  3-11

ソフトウェアの互換性  3-3

ブロック図  3-11

ポート ステータス  3-12

STM-N カード

インサービスのスパンのアップグレード  12-34

温度範囲  A-10

カードの互換性  4-4

クロスコネクト カードの互換性  2-4

個別のカード名も参照

仕様  A-26‐A-40

所要電力  A-8

タイミング  10-2

パス トレース  11-20

パフォーマンス モニタリング  15-40‐15-48

STS タイムスロット割り当て  11-5

Superuser

CTC セッション数の制限  9-7

アイドル時間の変更  9-7

セキュリティ ポリシーの変更  9-6

説明  9-2

パスワード再使用ルールのプロビジョニング  9-7

プロビジョニング ユーザへの Superuser 権限の割り当て  9-7

無効なログイン試行回数のプロビジョニング  9-7

SW-LCAS  6-6, 11-31

T

TARP

Loop Detection Buffer(LDB)  13-43

OSI/IP ネットワーキングのシナリオ  13-51

PDU タイプ  13-41

PDU フィールド  13-41

手動の TARP 隣接装置  13-43

説明  13-40

タイマー  13-42

プロセス  13-42

プロセスのフロー  13-42

TCA

IPPM パス  15-4

RX および TX 方向をレポートする電気回路カード  15-3

定義  15-2

TCC2 カード

インストールされるソフトウェア  8-2

温度範囲  A-9

カード ビュー  8-16

カードレベルの LED  2-9

機能  2-7

クロスコネクトの互換性  2-3

仕様  A-11

説明  2-6

前面プレート  2-7

ソフト リセット  8-21

ソフトウェア インストールの概要  8-4

ソフトウェアの互換性  2-3

データベース  8-21

データベースのバックアップ  8-21

ネットワーク レベルの LED  2-9, 2-13

ファンの回転速度の制御  1-17

ポート  13-29

リピータ モード  13-22

TCC2P カード

LED  2-13

インストールされるソフトウェア  8-2

温度範囲  A-9

カード ビュー  8-16

機能  2-11

クロスコネクトの互換性  2-3

仕様  A-11

セキュア モードを有効にしたときの動作  13-23

説明  2-10

前面プレート(図)  2-11

ソフト リセット  8-21

ソフトウェア インストールの概要  8-4

ソフトウェアの互換性  2-3

データベース  8-21

データベースのバックアップ  8-21

ファンの回転速度の制御  1-17

ポート  13-29

リピータ モード  13-3, 13-22

TCP/IP

OSI とのメディエーション  13-44

OSI も参照

TCP/IP および OSI ネットワーキング  13-34

プロトコル  13-34

TDC  13-43

Telcordia の PM 文書  15-1

TID  13-40, 13-43

TL1 トンネル  8-18

Tx AISS-P パラメータの定義  15-14

Tx BBE-P パラメータ  15-14

Tx BBER-P パラメータの定義  15-14

Tx EB-P パラメータの定義  15-14

Tx ES-P パラメータの定義  15-14

Tx ESR-P パラメータの定義  15-14

Tx SES-P パラメータの定義  15-14

Tx SESR-P パラメータの定義  15-14

Tx UAS-P パラメータの定義  15-14

U

UAS パラメータの定義  15-15

UASCP-P パラメータの定義  15-15

UASCP-PFE パラメータの定義  15-15

UAS-P パラメータの定義  15-15

UAS-PFE パラメータの定義  15-15

UAS-PM パラメータの定義  15-15

UASP-P パラメータの定義  15-15

UAS-SM パラメータの定義  15-15

UNC-WORDS パラメータの定義  15-15

V

VC4 スケルチ テーブル  11-18

VCAT 回線

CE-1000-4 のサポート  5-24

CE-100T-8 カードのサポート  5-21

Link Capacity Adjustment Scheme(LCAS)  11-30

ML シリーズのサポート  5-12, 5-14, 5-17

カード機能  11-32

回線サイズ  11-31

回線の状態  11-29

共通ファイバ ルーティング  11-29

サーバ トレールのサポート  11-40

サーバ トレールの制約  11-40

スプリット ルーティング  11-29

説明  11-29

メンバーの追加または削除  11-31

VLAN

IEEE 802.1Q VLAN タグ  5-7

回線のマージ  11-38

回線プロパティ  11-3

再構成された回線  11-39

VPC パラメータの定義  15-15

W

WAN  13-2

X

XC10G カード

カード ビュー  8-16

クロスコネクトの互換性  2-3

ソフトウェアの互換性  2-3

XC-VXC-10G カード

LED  2-21

XC-VXL-10G および XC-VXL-2.5G との互換性  2-21

温度範囲  A-9

機能  2-19

クロスコネクト マトリクス  2-20

クロスコネクトの互換性  2-3

仕様  A-13

説明  2-18, 11-12

ソフトウェアの互換性  2-3

XC-VXL-10G カード

LED  2-15

温度範囲  A-9

カード ビュー  8-16

機能  2-15

クロスコネクト マトリクス  2-15

クロスコネクトの互換性  2-3

仕様  A-12

説明  2-14, 11-12

前面プレート  2-14

ソフトウェアの互換性  2-3

XC-VXL-2.5G カード

LED  2-17

温度範囲  A-9

カード ビュー  8-16

機能  2-17

クロスコネクト マトリクス  2-17

クロスコネクトの互換性  2-3

仕様  A-12

説明  2-16, 11-12

前面プレート  2-16

ソフトウェアの互換性  2-3

XFP

PPM プロビジョニング  4-51

カードの互換性  4-47

仕様  A-5

説明  4-50

アイドル ユーザのタイムアウト  9-7

アクセス制御リスト  13-29, 13-30

宛先

セカンダリ送信元と宛先  11-22

ホスト  13-6

ルーティング テーブル  13-27

アラーム

プロファイルの作成。アラーム プロファイルを参照

概要  14-2

カウント、表示  14-2

クリアされたアラームの削除  14-5

時間帯ごとの表示  14-5

自動削除  14-5

重大度  14-9, 14-11

デフォルトの重大度の変更。アラーム プロファイルを参照

同期  14-5

トラップ。トラップを参照

番号付け方式(ポート ベース)  14-4

表示  14-3

表示の制御  14-5

表のカラム  14-3

ピン接続  1-19

フィルタリング  14-5

モニタリングと管理  14-1‐14-17

ユーザ定義  2-23

履歴の取得  14-10

履歴の表示  14-8, 14-10

アラーム プロファイル

行表示オプション  14-14

削除  14-13

作成  14-12

重大度オプション  14-14

すべて表示  14-13

説明  14-12

適用  14-15

ノード別に表示  14-13

比較  14-13

変更  14-12

編集  14-14

保存  14-13

ロード  14-13

アラームの抑制

管理状態  14-16

特定のアラームの自動動作を変更  14-4

ユーザ コマンド  14-16

安全に関する情報  xxiii

イーサネット

EtherSwitch 回線  11-25

SNCP  11-25

VLAN も参照

カード  5-1‐5-36

カードのパフォーマンス モニタリング  15-21‐15-39

回線  11-26

共有パケット リング  11-25

共有パケット リング回線  11-26

クロスコネクト カードの互換性  2-5

コネクタのピン配置  1-12

個別のカード名も参照

ポイントツーポイント回線  11-26

履歴 RMON グループ  16-22

ルータ集約  5-1

イースト ポート  12-13

異種ノード接続(図)  13-33

FMEC スロットの  1-8

アラームおよび状態の重大度  14-4

カード  8-9, 8-10

と記号(スロットとカードの)  1-21

ノード  8-13

ポートの状態  11-11

インターネット プロトコル。IP を参照

ウェスト ポート  12-13

エアー フィルタ

説明  1-17

要件  1-17

エンタープライズ LAN。コーポレート LAN を参照

遠端ブロック エラー。FEBE を参照

欧州のネットワーク。OSI を参照

オーダーワイヤ

エクスプレス  2-24

説明  2-24

ピン配置  2-25

ループ  2-25

ローカル  2-24

オープン GNE  13-31

カード

1 枚あたりのポート数  1-21

MS-SPRing のファイバ接続  12-13

イーサネット  5-2

回線終端カード  15-4

画面上の色  8-9

交換  1-22

個別のカード名も参照

スロットの要件  1-20

取り付け  1-20

物理的な説明  1-20

カード ビュー

説明  8-15

タブのリスト  8-16

カード モード(FC_MR-4)

拡張  6-5

ラインレート  6-5

カードの互換性

STM-N カード  4-4

イーサネット カード  5-3

共通コントロール カード  2-3

電気回路カード  3-3

カード保護

1:0 電気回路。カード保護、非保護を参照

電気回路、説明  7-2

光  7-5

非保護  7-6

回線

MS-SPRing VC4 スケルチ テーブル  11-18

PCA  11-18

VCAT 回線も参照

アトリビュート  11-2

アラームのある回線の表示  14-6

イーサネット  11-26

エクスポート  11-4, 11-10

回線のセカンダリ送信元  11-2

概要  11-2

共有パケット リング  11-26

再構成  11-39

自動ルーティング  11-22

手動作成  11-15

手動ルーティングの詳細  11-24

状態  11-6, 11-8

制約に基づいたルーティング  11-28

単方向  11-26

ネットワーク ビュー(図)  11-4

フィルタ  11-4

複数の宛先を持つ単方向  11-15

ブリッジとロール  11-33

プロパティ  11-3‐11-4

編集  11-10

保護のタイプ  11-9

マージ  11-38

モニタ  11-15

ユーザ定義名  11-2

回線情報の編集  11-10

回線の再構成  11-39

回線の自動ルーティング  11-22

回線のマージ  11-38

外部アラーム

説明  2-23

入力  14-17

プロビジョニング  14-17

外部切り替えコマンド  7-7

外部制御

出力  14-17

説明  2-23, 14-17

拡張 SNCP  12-32

拡張カード モード  6-5

SW-LCAS  6-6

インターオペラビリティ機能  6-7

距離延長  6-6

対応関係  6-5

遅延差機能  6-6

拡張タイミング通信制御カード プラス。TCC2P を参照

拡張タイミング通信制御カード。TCC2 を参照

仮想リング  12-33

簡易ネットワーク管理プロトコル。SNMP を参照

環境アラーム  14-17

監査証跡

キャパシティ  9-9

説明  9-8

ログ エントリ  9-8

管理状態

Locked,disabled  B-4

Locked,maintenance  B-4

Locked,outOfGroup  B-4

Unlocked  B-4

Unlocked,automaticInservice  B-4

アラームの自動抑制  14-4

サービス状態も参照

説明  B-4

管理情報ベース。MIBを参照

共通コントロール カード。個別のカード名を参照

共有パケット リング  11-25, 11-26

極性違反、CV-L パラメータ  15-6

切り替え、復元  7-3

クラフト接続  8-7

クロスコネクト

XC-VXC-10G カードを参照

XC-VXL-10G カードを参照

XC-VXL-2.5G カードを参照

カードの互換性  2-3

カードの帯域幅  11-12

回線を参照

警告に関する情報  xxiii

ゲートウェイ

LAN に接続されていないノード  13-2

MAC アドレスの返信  13-6

デフォルト  13-5, 13-9

プロキシ ARP 対応  13-6

ルーティング テーブルでの  13-27

ケーブル

CAT-5(LAN)  1-14

ツイスト ペア平衡  1-11

同軸  1-9, 1-11

配線路と管理  1-14

高次パス

エラー ブロック  15-8

エラー秒数  15-8

エラー秒数の比率  15-8

重大エラー秒数  15-8

重大エラー秒数の比率  15-8

使用不可秒数  15-8

バックグラウンド ブロック エラー  15-7

バックグラウンド ブロック エラーの比率  15-8

ゴー アンド リターン SNCP ルーティング  11-16

コーポレート LAN  8-7

コスト  13-10

コネクタ

DB-37  1-21

LC  1-21

LC(SFP)  1-21

Molex 96 ピン LFH  1-21

RJ-45  1-21

SC  1-21

SC(GBIC)  1-21

SC(SFP)  1-21

カード上の位置  1-21

カードのタイプ  1-21

ミニチュア同軸  1-21

コンピュータ

インストールされるソフトウェア  8-3

クラフト接続を使用して ONS 15454 SDH に接続する  8-7

要件  8-5

PC。コンピュータを参照

サードパーティ製の機器

DCC トンネル  11-13

SNMP 外部インターフェイス  16-4

オープン GNE 構成  13-31

オープンエンド SNCP 回線  11-16

サーバ トレール  11-40

セカンダリ回線送信元  11-2

ヒューズ アラーム パネル  1-2

サーバ トレール  11-40

サービス状態

automaticInService 2 次  B-2

disabled 2 次  B-2

failed 2 次  B-2

Locked-disabled  B-2

Locked-enabled  B-2

loopback 2 次  B-2

maintenance 2 次  B-2

mismatchOfEquipment 2 次  B-2

notInstalled 2 次  B-3

outOfGroup 2 次  B-3

softwareDownload 2 次  B-3

unassigned 2 次  B-3

Unlocked-disabled  B-2

Unlocked-enabled  B-2

カードのサービス状態の移行  B-5

カードのサービス状態の特定  8-15

クロスコネクトのサービス状態の移行  B-7

説明  B-2

ポートの色  8-9

ポートのサービス状態の移行  B-7

最短パス  12-4

削除

alarmTable の行  16-24

etherStatsTable の行  16-20

historyControlTable の行  16-21

作成

alarmTable の行  16-22

etherStatsTable の行  16-20

historyControlTable の行  16-21

サブネット

異なるサブネット上の CTC とノード  13-5

スタティック ルートの使用  13-9

同一サブネット上の CTC とノード  13-4

ネットワーク上の複数サブネット  13-9

プロキシ ARP で  13-6

サブネット マスク

24 ビット  13-27

32 ビット  13-28

宛先ホストまたはネットワーク  13-27

ノードへのアクセス  13-10

サブネットワーク接続保護リング。SNCP を参照

シェルフ アセンブリ

4 ノード構成  12-34

CTC  A-2

アラーム インターフェイス  A-3

外部 LAN インターフェイス  A-2

環境仕様  A-4

構成  A-2

寸法  1-3, A-4

帯域幅の仕様  A-2

タイミング インターフェイス  A-3

電源仕様  A-3

ネットワーク要素のデフォルト  C-1

ハードウェア  1-1

しきい値、パフォーマンス モニタリング  15-2

従属リング  12-28

終端ネットワーク要素。プロキシ サーバを参照

仕様

FMEC  A-15

イーサネット カード  A-41

一般的なカード  A-7

温度範囲  A-9

共通コントロール カード  A-11

消費電力  A-7

ストレージ アクセス ネットワーキング カード  A-45

電気回路カード  A-15

光カード  A-26

状態

カラムの説明  14-7

取得  14-7

タブ  14-6

表示  14-7

表示の制御  14-7

フィルタリング  14-7, 14-8

履歴の取得  14-10

履歴の表示  14-10

シングル ロール  11-35

スタティック ルート  13-9

スパンのアップグレード

ウィザード  12-35

手動  12-35

スロット

FMEC 記号  1-8

カード要件  1-20

物理的な説明  1-20

セカンダリ送信元  11-22

セキュア シェル  9-7

セキュア モード

IP アドレッシング  13-22

イネーブル化  13-22

例  13-3

ロック時およびロック解除時の動作  13-25

セキュリティ

RADIUS  9-10

Superuser も参照

アイドル ユーザのタイムアウト  9-7

タブごとのユーザ権限  9-3, 9-6

表示  8-8

プロビジョニング ユーザへの Superuser 権限の割り当て  9-7

ポリシー  9-6

ユーザ パスワード、ログイン、およびアクセス ポリシー  9-7

セクション トレース  11-20

接地  1-19

設置

概要  1-2

電源装置  1-19

同軸ケーブル  1-9, 1-11

線形 ADM 構成  12-31

前面扉

機器のアクセス  1-4

取り外し  1-5

ラベル  1-6

相互運用性

Cisco ONS 15454 と Cisco MDS 9000  6-2

JRE の互換性  8-5

ソフトウェアとハードウェアの表  1-23‐1-26

複数 ONS ノードの管理  8-18

ソーク時間  11-8

ソフトウェア

CTC も参照

新しいリリースのディスカバリ  8-3

カードの互換性  2-3

設置  8-1

復元  8-22

帯域幅

2 ファイバ MS-SPRing のキャパシティ  12-9

4 ファイバ MS-SPRing のキャパシティ  12-10

イーサネット ポートで使用されるリンクの割合  15-22, 15-24, 15-50

クロスコネクト カード  11-12

割り当てとルーティング  11-22

タイミング

BITS ピン  10-2

BITS。BITS を参照

仕様  A-3

パラメータ  10-2

ピン接続  1-19

レポート  10-2

タイムスロット割り当て  11-5

多重化セクション保護切り替え時間パラメータ(PSD)  15-11

タブ

カード ビュー  8-16‐8-17

概要  8-8

ネットワーク ビュー  8-14

ノード ビュー  8-12

着脱可能機器、サービス状態の移行  B-13

中間パス パフォーマンス モニタリング。IPPM を参照

低次パス

エラー ブロック  15-9

エラー秒数  15-9

エラー秒数の比率  15-9

重大エラー秒数  15-9

重大エラー秒数の比率  15-9

使用不可秒数  15-9

バックグラウンド ブロック エラー  15-9

バックグラウンド ブロック エラーの比率  15-9

データグラム  13-6

データ通信チャネル。DCC を参照

データベース

ストレージの仕様  A-3

バージョン  8-2

復元  8-22

デジタル クロスコネクト システム。DCS を参照

デュアル リング相互接続。DRI を参照

デュアル ロール  11-35

電気インターフェイス アセンブリ。EIA を参照

電気回路カード

EIA 要件  1-2

概要  3-2‐3-3

クロスコネクト カードの互換性  2-4

個別のカード名を参照

電気規則  1-2

電源装置  1-19

電源モニタリング  2-25

同期ステータス メッセージング。SSM を参照

同軸。ケーブルを参照

トラップ

IETF  16-10

汎用  16-10

変数バインディング  16-11‐16-16

トラフィック

モニタリング  11-20

ルーティング  13-27

トラフィックの分散  11-13

ドロップ

セカンダリ送信元と宛先  11-22

ドロップ ポート  11-20

ドロップ ポートのサービス状態の要求  11-8

複数作成  11-15

トンネル

DCC  11-13

GRE  8-18, 13-46

IP カプセル化  11-14

IP-over-CLNS  13-46

TL1  8-18

双方向低次  11-27

ネットワーク

IP ネットワーキング  13-1‐13-28

OSI。OSI を参照

SDH トポロジ  12-1‐12-33

TCP/IP  13-34

欧州。OSI を参照

回線の作成  11-1

タイミングの例  10-3

ネットワーク ビュー

CTC ソフトウェア バージョン(図)  8-3

説明  8-12

タブごとのユーザ権限  9-6

ノードのステータス(アイコンの色)  8-13

ログイン ノード グループ  8-12

ネットワーク要素のデフォルト

CTC デフォルト  C-72, C-75

DS3i-N-12 カード  C-9

E1-42 カード  C-5

E3-12 カード  C-7

FC_MR-4 カード  C-63

MRC-12 カード  C-34

MRC-2.5G-4 カード  C-48

STM1-8 カード  C-17

STM1E-12 カード  C-11

STM-1 カード  C-14

STM-16 カード  C-24

STM-4 カード  C-20

STM-64 カード  C-27

STM4-4 カード  C-22

STM64-XFP カード  C-30

イーサネット カード  C-13

説明  C-2

ノードのデフォルト  C-64

ノード ビュー

CTC ソフトウェア バージョン(図)  8-2

カードの色  8-9

説明  8-8

タブ リスト  8-12, 8-14

タブごとのユーザ権限  9-3

ポップアップ情報の表示  8-11

ユーザの作成  9-2

ノードの時間帯のデフォルト  C-72

パス

エラー ブロック  15-13, 15-14

エラー秒数の比率  15-13, 15-14

重大エラー秒数の比率  15-13, 15-14

バックグラウンド ブロック エラー  15-12, 15-14

パス オーバーヘッド、クロッキングの差異  15-5

パス トレース  11-20

パス信号ラベル  11-21

パフォーマンス モニタリング

DS3i-N-12 カード  15-19

E1-N-14 カードと E1-42 カード  15-16

E3-12 カード  15-18

FC_MR-4 カード  15-49

IPPM  15-4

MRC-12 カード  15-47

STM4 SH 1310-4 カード  15-44

STM-4 カード  15-44

STM-N カード  15-40‐15-48

修正ビット エラー パラメータ  15-6

スレッシュホールド  15-2

光の保護。カード保護を参照

ヒューズ アラーム パネル  1-2

ビュー。CTC を参照

ピン配置、E100-TX  1-12

ファイアウォール

外部  13-29

ファイアウォール上のプロキシ  16-17

プロキシ サーバのフィルタリング  13-19, 13-20

ファイアウォール トンネル

GNE または ENE モードでのプロキシ サーバ  13-31

異種終端での  13-32

設定  13-31

ファイアウォール上のプロキシ  16-17

ファイバ管理  1-15

ファイバの管理  1-15

ファン トレイ アセンブリ

説明  1-16

電源仕様  A-4

ファンの回転速度  1-17

ファンの故障  1-17

ファン トレイ エアー フィルタ。エアー フィルタを参照

フィルタリング、プロキシ サーバのファイアウォールの規則  13-19, 13-20

復元  8-22

複数ドロップ  11-15

ブリッジおよびロール回線  11-33

プロキシ ARP

ONS 15454 SDH ゲートウェイの有効化  13-6

スタティック ルートで使用  13-7

説明  13-2

プロキシ サーバ

ENE が複数のリングにある(図)  13-19

GNE および ENE の設定  13-17

ゲートウェイ設定  13-16

異なるサブネット上の GNE および ENE(図)  13-18

同一サブネット上の GNE と ENE(図)  13-17

ファイアウォール フィルタリング規則  13-19, 13-20

プロビジョニング  13-15‐13-20

ゲートウェイ ネットワーク エレメント。プロキシ サーバを参照

プロキシ トンネル

GNE または ENE モードでのプロキシ サーバ  13-31

異種終端での  13-32

設定  13-31

プロトコル

Connectionless Network Protocol(CLNP)  13-35

ES-IS  13-39

HDLC  13-34

IP  13-1

IS-IS  13-40

LAP-D  13-35

LCP  13-34

OSI  13-34

SNMP。SNMP を参照

SSM  10-4

TARP  13-40

TCP/IP  13-34, 13-35

プロキシ ARP。プロキシ ARP を参照

ポイントツーポイント  13-34

フロント マウント電気接続。FMEC を参照

分岐挿入装置。線形 ADM を参照

ポインタ位置調整カウント  15-5

ポイントツーポイント プロトコル

HDLC  13-34

LCP  13-34

オープン GNE 構成  13-31

説明  13-34

ポート

カード リスト  1-21

カードのライン レート  1-21

ドロップ  11-20

ホールドオフ タイマー  12-20

保護切り替え

MS-SPRing スパン切り替え  12-8

非リバーティブ  7-5

リング切り替え  12-9

保護、回線の  11-9

ホップ  13-10

ポップアップ データ  8-11

マニュアル

構成  xxii

このマニュアル関連  xxii

対象読者  xxii

表記法  xxiii

目的  xxii

文字列  11-20

モニタ回線  11-15

ユーザ データ チャネル  2-26

ユーザ定義のアラーム

アラーム接点の取り付け。アラーム ピン フィールド(接点)を参照

外部アラームおよび外部制御を参照

ユーザの設定  9-2

ユーザ。セキュリティを参照

ラック サイズ  1-2

リピータ モード  13-3, 13-22, 13-23

リモート ネットワーク モニタリング。RMON を参照

リング

仮想  12-33

従属  12-28

ノードあたりの最大数  12-2

リンク完全性  6-7

リンク復旧  6-7

リンク、統合  8-14

ルーティング テーブル  13-27

ループバック、インジケータ  8-10

2 ファイバ MS-SPRing  12-11

DCC トンネル  11-13

MS-SPRing 帯域幅の再使用  12-10

MS-SPRing に従属する MS-SPRing  12-30

拡張 SNCP  12-32

セキュア モードを有効にした同一サブネット上のノード  13-23

セキュア モードを有効にしたルータに接続されたノード  13-25

ネットワーク タイミング  10-3

光カード保護  7-5

レーザー警告  1-7

ローカル クラフト ピン接続  1-19

ロール

1 つのクロスコネクト  11-35

2 回線ロールの制約事項  11-37

2 つのクロスコネクト  11-35

TL1 ロール  11-34

ウィンドウ  11-33

完了したロール  11-34

キャンセルされたロール  11-34

自動  11-34

手動  11-34

状態  11-34

シングル  11-35

デュアル  11-35

パス  11-34

不完全  11-34

ブリッジとロール  11-33

保護された回線  11-37

保護されていない回線  11-37

保留中のロール  11-34

ログイン ノード グループ  8-12

ワークステーションの要件  8-5

ワークステーション。コンピュータを参照