Cisco ONS 15454 SDH リファレンス マニュアル Release 6.0
イーサネット カード
イーサネット カード
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

イーサネット カード

イーサネット カード

Cisco ONS 15454 SDH では、イーサネットが SDH Time-Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)プラットフォームに統合されています。この章では、Cisco ONS 15454 SDH の E シリーズ イーサネット カード、G-1K-4 イーサネット カード、ML シリーズ イーサネット カード、および CE-100T-8 カードについて説明します。イーサネット アプリケーションについては、『Ethernet Card Software Feature and Configuration Guide for the Cisco ONS 15454, Cisco ONS 15454 SDH, and Cisco ONS 15327』を参照してください。

この章では、次の内容について説明します。

「イーサネット カードの概要」

「E100T-G カード」

「E1000-2-G カード」

「G1K-4 カード」

「ML100T-12 カード」

「ML100X-8 カード」

「ML1000-2 カード」

「CE-100T-8 カード」

「イーサネット カードの GBIC および SFP」

5.1 イーサネット カードの概要

ここでは、イーサネット カードの機能についてまとめます。また、各イーサネット カードに対するソフトウェアの互換性について説明します。


) 各カードには、ONS 15454 SDH シェルフ アセンブリのスロットに対応する記号が記載されています。同じ記号が表示されているスロットに、カードを装着します。スロットと記号のリストについては、『Cisco ONS 15454 SDH Procedures Guide』を参照してください。


5.1.1 カードの機能概要

表5-1 に、Cisco ONS 15454 SDH のイーサネット カードを一覧表示します。

 

表5-1 ONS 15454 SDH のイーサネット カード

カード
ポートの説明
詳細情報の参照先

E100T-G

E100T-G カードには、交換機能と自動検知機能を持つ 12 個の 10/100BaseT イーサネット ポートがあり、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。

「E100T-G カード」を参照してください。

E1000-2-G

E1000-2-G カードには、IEEE 準拠の 1000 Mbps ポートが 2 つあり、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。 GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)は別売りの製品です。

「E1000-2-G カード」を参照してください。

G1K-4

G1 K- 4 カードには、IEEE 準拠の 1000 Mbps ポートが 4 つあり、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カード と互換性があります。GBIC は別売りの製品です。G1 K- 4 カードは、 G1000-4 カードと機能的に同じです。

「G1K-4 カード」を参照してください。

ML100T-12

ML100T-12 カードには、交換機能と自動検知機能を持つ 12 個の 10/100Base-T イーサネット ポートがあり、
XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。

「ML100T-12 カード」を参照してください。

ML100X-8

ML100X-8 カードには、交換機能を持つ 8 個の 100BaseFX イーサネット ポートがあり、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。

「ML100X-8 カード」を参照してください。

ML1000-2

ML1000-2 カードには、IEEE 準拠の 1000 Mbps ポートが 2 つあり、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。 Small Form-factor Pluggable(SFP)は別売りの製品です。

「ML1000-2 カード」を参照してください。

CE-100T-8

CE-100T-8 カードには、IEEE 準拠の 10/100-Mbps ポートが 8 つあり、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。

「CE-100T-8 カード」を参照してください。

5.1.2 カードの互換性

表5-2 に、CTC ソフトウェアと各種のイーサネット カードの互換性を一覧表示します。

 

表5-2 イーサネット カードとソフトウェアの互換性

イーサネット カード
R2.20.1
R2.2.2
R3.00.1
R3.1
R3.2
R3.3
R3.4
R4.0
R4.1
R4.51
R4.6
R4.7 1
R5.0
R6.0
E100T-G

--

--

E1000-2-G

--

--

G1000-4

--

--

--

--

--

--

G1K-4

--

--

--

--

--

--

ML100T-12

--

--

--

--

--

--

--

--

--

ML100X-8

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

ML1000-2

--

--

--

--

--

--

--

--

--

CE-100T-8

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

--

1.DWDM のみのリリース

5.2 E100T-G カード


) 仕様については、「E100T-G カードの仕様」を参照してください。


ONS 15454 SDH では、イーサネット(10 Mbps)およびファスト イーサネット(100 Mbps)に E100T-G カードを使用します。各カードには、交換機能を持ち、IEEE802.3 に準拠する、12 個の 10/100BaseT イーサネット ポートがあり、これらは装着された装置の速度を自動的に検出し(自動検知)、自動的に適切な速度で接続できます。ポートは半二重または全二重のどちらかで動作するように自動設定され、フロー制御を有効にするか無効にするかを決定できます。イーサネット ポートは手動で設定することもできます。図5-1 に、カードの前面プレートとブロック図を示します。

図5-1 E100T-G カードの前面プレートとブロック図

 

E100T-G イーサネット カードは、SDH ネットワーク上でイーサネット トラフィックの高スループット、低遅延パケット変換を提供する一方、SDH のセルフヒーリング保護サービスを通じて高信頼性を提供します。このイーサネットの機能によって、ネットワーク オペレータは、大容量のカスタマー LAN 相互接続、インターネット トラフィック、およびケーブル モデム トラフィック集約用に、10/100 Mbps の複数のアクセス ドロップを提供できます。このカードを使用すると、効率の良い転送と、従来の TDM トラフィックとパケット交換データ トラフィックの共存が可能になります。

各 E100T-G カードは、イーサネット インターフェイス間で、標準ベースでワイヤ スピードのレイヤ 2 イーサネット スイッチングをサポートします。IEEE 802.1Q タグは、トラフィックを論理的に(サブスクライバ単位などに)分離します。IEEE 802.1Q では、複数のサービス クラスもサポートします。

5.2.1 E100T-G スロットの互換性

E100T-G カードは、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に取り付けることができます。ONS 15454 SDH に取り付けた複数の E シリーズ イーサネット カードはそれぞれ独自に動作するか、1 つのイーサネット スイッチとして動作します。ONS 15454 SDH のパケット交換エンティティに多数の SDH チャネルをプロビジョニングすることによって、論理的な SDH ポートを作成できます。論理ポートは VC-4 の帯域幅の単位で作成できます。

5.2.2 E100T-G カードのカード レベルのインジケータ

E100T-G カードの前面プレートには、3 つのカード レベルの LED インジケータがあります( 表5-3 )。

 

表5-3 E100T-G カードのカード レベルのインジケータ

カード レベルの
インジケータ
説明

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または E100T-G カードに致命的なソフトウェアの障害があったことを示します。ブート手順の一環で、カードが稼働状態であるとソフトウェアが認識するまで、FAIL LED は点灯しています。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、E100T-G カードの動作状態を示します。ACT LED がグリーンの場合、E100T-G カードがアクティブでソフトウェアが稼働状態であることを示します。

SF LED

未使用

5.2.3 E100T-G カードのポート レベルのインジケータ

E100T-G カードには、ポートのステータスを示す 12 対の LED(各ポートごとに 1 対)があります( 表5-4 )。E100T-G カードのポートのステータスは、ONS 15454 SDH のファン トレイ アセンブリの LCD を使って確認することができます。LCD を使用して、ポートまたはカード スロットのステータスを確認することができます。画面には、指定されたポートまたはスロットの番号とアラームの重大度が表示されます。

 

表5-4 E100T-G カードのポート レベルのインジケータ

LED の状態
説明

オレンジ

ポートはアクティブです(データを送受信中)。デフォルトでは、トランスミッタがアクティブであることを示しますが、ソフトウェアによって、リンク ステータス、通信ステータス、またはレシーバーがアクティブであることを示すように制御することができます。

グリーンに点灯

リンクが確立しています。デフォルトでは、このポートのリンクが起動していることを示しますが、ソフトウェアによって、通信ステータス、動作速度、または衝突の有無を示すように制御することができます。

5.2.4 E100T-G カードの互換性

E100T-G カードは、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。

5.3 E1000-2-G カード


) 仕様については、「E1000-2-G カードの仕様」を参照してください。


ONS 15454 SDH は、ギガビット イーサネット(1000 Mbps)に E1000-2-G カードを使用します。E1000-2-G カードには、大容量のカスタマー LAN 相互接続のための IEEE 準拠の 1000 Mbps ポートが 2 つあります。各ポートは、全二重通信をサポートします。

E1000-2-G カードは、オプティカル インターフェイスに GBIC モジュラ レセプタクルを使用します。詳細については、「イーサネット カードの GBIC および SFP」を参照してください。

図5-2に、カードの前面プレートとブロック図を示します。

図5-2 E1000-2-G カードの前面プレートとブロック図

 

E1000-2-G ギガビット イーサネット カードは、SDH ネットワーク上でイーサネット トラフィックの高スループット、低遅延パケット交換を提供する一方、SDH のセルフヒーリング保護サービスを通じて高信頼性を提供します。これにより、ネットワーク オペレータは大容量のカスタマー LAN 相互接続用に 1000 Mbps の複数のアクセス ドロップを提供することができます。このカードを使用すると、効率の良い転送と、従来の TDM トラフィックとパケット交換データ トラフィックの共存が可能になります。

各 E1000-2-G カードは、ONS 15454 SDH 上のイーサネット インターフェイスと SDH インターフェイス間で、標準型のレイヤ 2 イーサネット スイッチングをサポートします。IEEE 802.1Q VLAN タグは、トラフィックを論理的に(サブスクライバ単位などに)分離します。

ONS 15454 SDH に装着された複数の E シリーズ イーサネット カードは、まとめてシングル スイッチング エンティティとして、またはそれぞれが SDH のさまざまなポート設定をサポートする単一のスイッチとして動作します。

ONS 15454 SDH のパケット交換エンティティに多数の SDH チャネルをプロビジョニングすることによって、論理的な SDH ポートを作成できます。論理ポートは VC-4 の帯域幅の単位で作成できます。

5.3.1 E1000-2-G カードのカード レベルのインジケータ

E1000-2-G カードの前面プレートには、3 つのカード レベルの LED インジケータがあります( 表5-5 )。

 

表5-5 E1000-2-G カードのカード レベルのインジケータ

カード レベルの
インジケータ
説明

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または E1000-2-G カードに致命的なソフトウェアの障害があったことを示します。ブート手順の一環で、カードが稼働状態であるとソフトウェアが認識するまで、FAIL LED は点灯しています。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、E1000-2-G カードの動作状態を示します。ACT LED がグリーンの場合、E1000-2-G カードがアクティブでソフトウェアが稼働状態であることを示します。

SF LED

このリリースでは使用されていません。

5.3.2 E1000-2-G カードのポート レベルのインジケータ

E1000-2-G カードには、ポートごとに 1 つの 2 色の LED が装備されています( 表5-6 )。グリーンの LINK LED が点灯し、キャリアが検出されたときは、アクティブなネットワーク ケーブルが接続されたことを示します。グリーンの LINK LED が消えている場合、アクティブなネットワーク ケーブルがポートから外されているか、カードが単方向のトラフィックを搬送していることを示します。オレンジのポート ACT LED は、ポートで送受信されているトラフィックのレベルに応じた割合で点滅します。

 

表5-6 E1000-2-G カードのポート レベルのインジケータ

LED の状態
説明

オレンジ

ポートはアクティブです(データを送受信中)。

グリーンに点灯

リンクが確立しています。

グリーンに消灯

接続が非アクティブか、またはトラフィックが単方向です。

5.3.3 E1000-2-G の互換性

E1000-2-G カードは、任意のトラフィック カード スロット(スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17)のほか、XC-VXL 2.5G、XC-VXL-10G、および XC-VXC-10G カードと互換性があります。

5.4  G1K-4 カード


) 仕様については、「G1K-4 カードの仕様」を参照してください。


G1K-4 カードは、以前の G1000-4 カードと機能的に同等です。このカードには、IEEE 準拠の、1000 Mbps インターフェイスのポートが 4 つあります。各インターフェイスは、ポートあたり単方向で 1 Gbps、双方向で 2 Gbps の最大帯域幅、カードあたり単方向で 2.5 Gbps、双方向で 5 Gbps の最大帯域幅での全二重動作をサポートします。それぞれのポートは、全二重および IEEE 802.3x フロー制御でオートネゴシエートします。G1K-4 カードは、オプティカル インターフェイスに GBIC モジュラ レセプタクルを使用します。 詳細については、「イーサネット カードの GBIC および SFP」を参照してください。

図5-3 に、カードの前面プレートとブロック図を示します。

図5-3 G1K-4 カードの前面プレートとブロック図

 

G1K-4 ギガビット イーサネット カードは、SDH ネットワークでイーサネット カプセル化トラフィック(IP およびその他のレイヤ 3 プロトコル)の高スループット、低遅延伝送を提供する一方、SDH のセルフヒーリング保護サービスを通じて高信頼性を提供します。キャリアクラスの イーサネット伝送は、障害や保護切り替え(1+1 APS、UPSR、BLSR、光装置保護など)の際においても中断のない(50 ミリ秒未満)パフォーマンスによって実現します。また、SDH サービスのように、完全なプロビジョニングと管理を行うことができます。CTC または CTM を使用して完全なプロビジョニングを行うことができます。 各 G1K-4 カードは同じシェルフ内の他のカードから独立して動作します。

5.4.1  G1K-4 カードのカード レベルのインジケータ

G1K-4 カードの前面プレートには、2 つのカード レベルの LED インジケータがあります( 表5-7 参照)。

 

表5-7 G1K-4 カードのカード レベルのインジケータ

カード レベルの LED
説明

F AIL LED (レッド)

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、 G1K-4 カードに致命的な障害が発生したことを示します。ブート手順の一環で、FAIL LED は点灯し、ソフトウェアがカードの稼働を認識すると、消灯します。

レッドの FAIL LED は、カードがソフトウェアをロード中に、点滅します。

A CT L ED (グリーン)

グリーンの ACT LED は、 G1K-4 が稼働状態であることを示します。ACT LED がグリーンの場合、 G1K-4 カードがアクティブでソフトウェアが稼働していることを示します。

5.4.2  G1K-4 カードのポート レベルのインジケータ

G1K-4 カードには、2 色の LED が 4 つ装備されています(ポートごとに 1 つの LED)。 表5-8 に、これらの LED の説明を示します。

 

表5-8 G1K-4 カードのポート レベルのインジケータ

ポート レベルの LED の状態
説明

消灯

イーサネット ポートにリンクは存在しません。

オレンジに点灯

イーサネット ポートにリンクが存在しますが、トラフィック フローは禁止されています。たとえば、未設定の回線、回線上のエラー、または有効になっていないポートは、トラフィック フローを受け付けません。

グリーンに点灯

イーサネット ポートにリンクが存在しますが、トラフィックはポート上で搬送されていません。

グリーンに点滅

イーサネット ポートにリンクが存在し、トラフィックがポート上で搬送されています。LED の点滅速度は、ポートのトラフィック速度を表します。

5.4.3 G1K-4 の互換性

G1K-4 カードは、スロット 1 ~ 6 および 12 ~ 17 に取り付け、シェルフの合計キャパシティである 48 個までのギガビット イーサネット ポートを利用できます(シェルフの実質的なポート数の上限は 40 です。通常、少なくとも 2 つのスロットが OC-192 などのオプティカル カードで占有されています)。

G1K-4 カードは、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、または XC-VXC-10G クロスコネクト カードと互換性があります。

5.5 ML100T-12 カード


) 仕様については、「ML100T-12 カードの仕様」を参照してください。


ML100T-12 カードには、IEEE 802.3 準拠の 10/100 インターフェイス用のポートが 12 個あります。各インターフェイスは、ポートあたり 200 Mbps、カードあたり 2.488 Gbps の最大帯域幅の全二重動作をサポートします。それぞれのポートは、接続されている装置の速度を単独で検出し(自動検知)、適切な速度で自動的に接続します。ポートは半二重または全二重のどちらかで動作するように自動設定され、フロー制御を有効にするか無効にするかを決定できます。ML シリーズ カードの設定については、『 Ethernet Card Software Feature and Configuration Guide for the Cisco ONS 15454, Cisco ONS 15454 SDH, and Cisco ONS 15327 』を参照してください。

図5-4 に、カードの前面プレートとブロック図を示します。


注意 ビル間での接続には、シールド付きツイストペア ケーブルを使用する必要があります。

図5-4 ML100T-12 カードの前面プレートとブロック図

 

ML シリーズ カード には、VC4-16c の最大複合帯域幅を備える SDH 仮想ポートが 2 つあります。各ポートは、VC3、VC4、VC4-2c、VC4-3c、VC4-4c、および VC4-8c の回線サイズで STM Concatenated Circuit(CCAT)を伝送します。ML シリーズ カードの SDH STM 回線を設定するには、
『Cisco ONS 15454 SDH Procedure Guide』の「Create Circuits and Tunnels」の章を参照してください。

ML シリーズの packet-over-SDH(POS; パケット用 SDH)ポートは、SONET/SDH 回線と software link capacity adjustment scheme(SW-LCAS)の Virtual Concatenation(VCAT; 仮想連結)をサポートします。ML シリーズ カードは、POS ポートの 1 つに対応する各グループで最大 2 つの VCAT グループをサポートします。各 VCAT グループは、2 つの回線メンバーでプロビジョニングする必要があります。ML シリーズ カードは、VC-3-2v、VC-4-2v、および VC-4-4c-2v をサポートします。ML シリーズ カードの SDH VCAT 回線を設定するには、『Cisco ONS 15454 SDH Procedure Guide』の「Create Circuits and Tunnels」の章を参照してください。

5.5.1 ML100T-12 カードのカード レベルのインジケータ

ML100T-12 カードには、カード レベルの LED インジケータが 2 つあります( 表5-9 参照)。

 

表5-9 ML100T-12 カードのカード レベルのインジケータ

カード レベルの LED
説明

レッドの SF LED

レッドの SF LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または ML100T-12 カードに致命的なソフトウェアの障害があったことを示します。ブート手順の一環で、カードが稼働状態であるとソフトウェアが認識するまで、SF LED は点灯しています。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、ML100T-12 カードの動作状態を示します。ACT LED がグリーンの場合、ML100T-12 カードがアクティブでソフトウェアが稼働状態であることを示します。

5.5.2 ML100T-12 カードのポート レベルのインジケータ

ML100T-12 カードには、ファスト イーサネット ポートごとに 1 対の LED があります。オレンジの LED はアクティビティ(ACT)を表し、グリーンの LED はリンクを表しています。ポート レベルのインジケータについて、 表5-10 で説明します。

 

表5-10 ML100T-12 カードのポート レベルのインジケータ

ポート レベルの LED の状態
説明

ACT LED(オレンジ)

オレンジに点灯する LED は、リンクを検出したが、トラフィックが送受信されない問題があることを示します。

オレンジに点滅する LED は、トラフィックが流れていることを意味します。

LINK LED(グリーン)

グリーンに点灯する LED は、リンクを検出したが、トラフィックが無いことを示します。

グリーンに点滅する LED は、ポートで送受信されているトラフィックのレベルに応じた割合で点滅します。

ACT LED と LINK LED の両方

グリーンの LED とオレンジの LED の両方とも点灯していない場合、トラフィックが無いことを示します。

5.5.3 ML100T-12 カードの互換性

ML100T-12 カードは、スロット 1 ~ 6 または 12 ~ 17 で互換性があります。ML100T-12 カードは、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、または XC-VXC-10G カードと連携して動作します。

5.6 ML100X-8 カード


) 仕様については、「ML100X-8 カードの仕様」を参照してください。


ML100X-8 カードには、100BaseFX インターフェイスのポートが 8 つあります。ポートの番号は、0 ~ 7 です。ML100X-8 インターフェイスは、LX SFP または FX SFP の 2 つのコネクタのいずれかをサポートします。100 Mbps 802.3 準拠の LX SFP は、シングルモードの一対の光ファイバ上で動作し、LC コネクタが付いています。100 Mbps 802.3 準拠の FX SFP は、マルチモードの一対の光ファイバ上で動作し、LC コネクタが付いています。SFP の詳細については、「イーサネット カードの GBIC および SFP」を参照してください。

各インターフェイスは、ポートあたり 200 Mbps、カードあたり 2.488 Gbps の最大帯域幅の全二重動作をサポートします。ML シリーズ カードの設定については、『 Ethernet Card Software Feature and Configuration Guide for the Cisco ONS 15454, Cisco ONS 15454 SDH, and Cisco ONS 15327 』を参照してください。

図5-5 に、カードの前面プレートとブロック図を示します。

図5-5 ML100X-8 カードの前面プレートとブロック図

 

ML シリーズ カード には、VC4-16c の最大複合帯域幅を備える SDH 仮想ポートが 2 つあります。各ポートは、VC3、VC4、VC4-2c、VC4-3c、VC4-4c、および VC4-8c の回線サイズで STM CCAT を伝送します。ML シリーズ カードの STM 回線を設定するには、『Cisco ONS 15454 SDH Procedure Guide』の「Create Circuits and Tunnels」の章を参照してください。

ML シリーズの POS ポートは、SDH 回線と SW-LCAS の VCAT をサポートします。ML シリーズ カードは、POS ポートの 1 つに対応する各グループで最大 2 つの VCAT グループをサポートします。各 VCAT グループは、2 つの回線メンバーでプロビジョニングする必要があります。ML シリーズ カードは、VC-3-2v、VC-4-2v、および VC-4-4c-2v をサポートします。ML シリーズ カードの VCAT 回線を設定するには、『Cisco ONS 15454 SDH Procedure Guide』の「Create Circuits and Tunnels」の章を参照してください。

5.6.1 ML100X-8 カードのカード レベルのインジケータ

ML100X-8 カードには、カード レベルの LED インジケータが 2 つあります。カード レベルのインジケータについて、 表5-11 で説明します。

 

表5-11 ML100X-8 カードのカード レベルのインジケータ

カード レベルの LED
説明

レッドの FAIL LED

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または ML100X-8 カードに致命的なソフトウェアの障害があったことを示します。ブート手順の一環で、カードが稼働状態であるとソフトウェアが認識するまで、FAIL LED は点灯しています。

グリーンの ACT LED

グリーンの ACT LED は、ML100X-8 カードの動作状態を示します。ACT LED がグリーンの場合、ML100X-8 カードがアクティブでソフトウェアが稼働状態であることを示します。

5.6.2 ML100X-8 カードのポート レベルのインジケータ

ML100X-8 カードには、ファスト イーサネット ポートごとに 1 対の LED があります。オレンジの LED はアクティビティ(ACT)を表し、グリーンの LED はリンクを表しています。ポート レベルのインジケータについて、 表5-12 で説明します。

 

表5-12 ML100X-8 カードのポート レベルのインジケータ

ポート レベルのインジケータ
説明

ACT LED(オレンジ)

オレンジに点滅する LED は、トラフィックが流れていることを意味します。LED が点灯していない場合、トラフィックが無いことを示します。

LINK LED(グリーン)

グリーンに点灯する LED は、リンクが検出されたことを示します。LED が点灯していない場合、リンクがダウンしていることを示します。

ACT LED と LINK LED の両方

グリーンの LED とオレンジの LED の両方とも点灯していない場合、トラフィックが無いことを示します。

5.6.3 ML100X-8 カードの互換性

ML100X-8 カードは、スロット 1 ~ 6 または 12 ~ 17 で互換性があります。ML100X-8 カードは、XC-VXL-2.5G、XC-VXL-10G、または XC-VXC-10G クロスコネクト カードと連携して動作します。

5.7  ML1000-2 カード


) ML1000-2 カードの仕様については、「ML1000-2 カードの仕様」を参照してください。


ML1000-2 カードには、IEEE 準拠の 1000 Mbps のインターフェイスとなる 2 つのポートをがあります。各インターフェイスは、ポートあたり 2 Gbps、カードあたり 4 Gbps の最大帯域幅の全二重処理をサポートします。それぞれのポートは、全二重および IEEE 802.3x フロー制御に自動設定されます。

SFP モジュールは別売りの製品として用意し、柔軟な使用が可能となっています。詳細は、「イーサネット カードの GBIC および SFP」を参照してください。

図5-6 に、ML1000-2 カードの前面プレートとブロック図を示します。

図5-6 ML1000-2 カードの前面プレートとブロック図

 

ML シリーズ カード には、VC4-16c の最大複合帯域幅を備える SDH 仮想ポートが 2 つあります。各ポートは、VC3、VC4、VC4-2c、VC4-3c、VC4-4c、および VC4-8c の回線サイズで STM 回線を伝送できます。ML シリーズ カードの SDH STM 回線を設定するには、
『Cisco ONS 15454 SDH Procedure Guide』の「Create Circuits and Tunnels」の章を参照してください。

ML シリーズの POS ポートは、SONET/SDH 回線と SW-LCAS の VCAT をサポートします。ML シリーズ カードは、POS ポートの 1 つに対応する各グループで最大 2 つの VCAT グループをサポートします。各 VCAT グループは、2 つの回線メンバーでプロビジョニングする必要があります。ML シリーズ カードは、VC-3-2v、VC-4-2v、および VC-4-4c-2v をサポートします。ML シリーズ カードの SDH VCAT 回線を設定するには、『Cisco ONS 15454 SDH Procedure Guide』の「Create Circuits and Tunnels」の章を参照してください。

5.7.1 ML1000-2 カードのカード レベルのインジケータ

ML1000-2 カードの前面プレートには、 表5-13 に示す 2 つのカード レベルの LED があります。

 

表5-13 ML1000-2 カードのカード レベルのインジケータ

カード レベルの LED
説明

FAIL LED(レッド)

レッドの FAIL LED は、カードのプロセッサの準備ができていないか、または ML1000-2 カードに致命的なソフトウェアの障害があったことを示します。ブート手順の一環で、カードが稼働状態であるとソフトウェアが認識するまで、FAIL LED は点灯しています。

ACT LED(グリーン)

グリーンの ACT LED は、ML1000-2 カードの動作状態を示します。ACT LED がグリーンのときは、ML1000-2 カードがアクティブでソフトウェアが稼働状態であることを示します。

5.7.2 ML1000-2 カードのポート レベルのインジケータ

ML1000-2 カードには、2 つのギガビット イーサネット ポートのそれぞれに対する、2 つの LED があります。ポート レベルのインジケータについて、 表5-14 で説明します。

 

表5-14 ML1000-2 カードのポート レベルのインジケータ

ポート レベルの LED の状態
説明

ACT LED(オレンジ)

オレンジに点灯する LED は、リンクを検出したが、トラフィックが送受信されない問題があることを示します。オレンジに点滅する LED は、トラフィックが流れていることを意味します。

LINK LED(グリーン)

グリーンに点灯する LED は、リンクを検出したが、トラフィックが無いことを示します。グリーンに点滅する LED は、ポートで送受信されているトラフィックのレベルに応じた割合で点滅します。

ACT LED と LINK LED の両方

グリーンの LED とオレンジの LED の両方とも点灯していない場合、トラフィックが無いことを示します。

5.7.3 ML1000-2 スロットの互換性

ML1000-2 カードは、スロット 1 ~ 6 または 12 ~ 17 で、XC-VXL 2.5G、XC-VXL-10G、または XC-VXC-10G カードと連携して動作します。

5.8  CE-100T-8 カード


) 仕様については、「CE-100T-8 カードの仕様」を参照してください。


CE-100T-8 カードには、前面プレート上にアクセス可能な RJ-45 10/100 Mbps イーサネット ポートが 8 つあります。ポートの番号は、1 ~ 8 です。これらのポート上の 10/100 Mbps イーサネット トラフィックは、SDH インフラストラクチャへの伝送用に SDH ペイロードにマッピングされます。

サポートされている SDH 回線のサイズとタイプは、次のとおりです。

VC-3 および VC-4 の CCAT サイズ

最大 3 メンバー(VC-3-1v、VC-3-2v、または VC-3-3v)までの Low order(LO; 低次回線)VCAT VC-3 回線サイズ

最大 63 メンバー(VC-12-Nv [N は 1 ~ 63])までの LO VCAT VC-12 回線サイズ

VC-3 VCAT 回線は Administrative Unit 4(AU-4)をマッピングし、VC-12 VCAT 回線は Tributary Unit 12(TU-12)をマッピングします。

さらに、CE-100T-8 カードは Generic Framing Procedure(GFP-F)およびポイントツーポイント プロトコル/ハイレベル データ リンク制御(PPP/HDLC)フレーム プロトコルをサポートします。VC グループのダイナミックな再構成を可能にする Link Capacity Adjustment Scheme(LCAS)もサポートしています。

CE-100T-8 カードは、中断せずに SONET リンク帯域幅をダイナミックに調整できる LCAS についてもサポートします。CE-100T-8 カードの LCAS はハードウェア ベースですが、SW-LCAS もサポートします。これにより、SW-LCAS だけをサポートし、ハードウェアベースの標準 LCAS をサポートしない、ONS 15454 SDH ML シリーズ カードとの互換性が可能になります。CE-100T-8 からの回線が ONS 15454 SDH ML シリーズ カードで終端する場合に、SW-LCAS がサポートされます。

図5-7 に、CE-100T-8 カードの前面プレートとブロック図を示します。

図5-7 CE-100T-8 カードの前面プレートとブロック図

 

ここでは、CE-100T-8 カードの一般的な機能をブロック図に関連させて説明します。入力方向(イーサネットから SDH)では、10/100 Mbps イーサネットのすべての物理レイヤ インターフェイス機能を実行する PHY が、それぞれのパケット バッファ メモリのキューイング用に、フレームをネットワーク プロセッサに送信します。ネットワーク プロセッサは、パケットの処理、交換、および分類を行います。その後、イーサネット フレームが Ethermap に送られます。ここでは、イーサネット トラフィックが終端し、HDLC または GFP-F フレームを使用してポート単位でカプセル化されます。

カプセル化されたイーサネット フレームは、設定可能な数の連結ペイロードまたは VCAT ペイロードにマッピングされます。

カプセル化されたイーサネット フレームを伝送する SDH SPE は、qMDM FPGA に送られます。ここでは、STM-1 フレームが多重化されて STM-4 フレームを形成します。STM-4 フレームは、Bridging Convergence Transmission(BTC)ASIC を利用して、SDH ネットワーク上に伝送されます。

出力方向(SDH からイーサネット)では、FPGA が BTC から受信した STM-4 フレームから 4 つの STM-1 フレームを抽出して、それぞれの STM-1 を ET3 マッパーに送信します。GFP-F または PPP/HDLC カプセル化イーサネット フレームを伝送する STM-1 SPE が抽出され、Ethermap の外部メモリにバッファリングされます。このメモリは、受信された VCAT ペイロードに対するアライメントおよび遅延差の補正を提供するために使用されます。アライメントと遅延の補正が実行されたら、いずれかのフレーム プロトコル(GFP-F または HDLC)を使用してイーサネット フレームがカプセル開放されます。カプセル解放されたイーサネット フレームは、QoS キューイングおよびトラフィック スケジューリング用に、ネットワーク プロセッサに送られます。ネットワーク プロセッサは、対応する PHY チャネルのいずれかにフレームを切り替えてから、外部送信用にイーサネット ポートに切り替えます。

CE-100T-8 QoS 機能については、『 Ethernet Card Software Feature and Configuration Guide for the Cisco ONS 15454, Cisco ONS 15454 SDH, and Cisco ONS 15327 』の「CE-100T-8 Operations」の章を参照してください。

5.8.1 CE-100T-8 カードのカード レベルのインジケータ

CE-100T-8 カードの前面プレートには、 表5-15 に示す 2 つのカード レベルの LED があります。

 

表5-15 CE-100T-8 カードのカード レベルのインジケータ

カード レベルの LED
説明

FAIL LED(レッド)

レッドに点灯する場合、CE-100T-8 カードの装置に障害があることを示します。レッドに点滅する場合、カードが再起動し、メモリ チェックを行っていることを示します。

ACT LED(グリーン)

グリーンに点灯する場合、カードがアクティブで、ソフトウェアが稼働状態であることを示します。

5.8.2 CE-100T-8 カードのポート レベルのインジケータ

CE-100T-8 カードの 8 つのイーサネット ポート RJ-45 コネクタには、それぞれ 2 つの LED が組み込まれています。 表5-16 に、LED の説明を示します。

 

表5-16 CE-100T-8 カードのポート レベルのインジケータ

ポート レベルのインジケータ
説明

各ポートの LINK LED

グリーンに点灯する場合、リンクが検出されたことを示します。LED が点灯していない場合、リンクが無いことを示します。

各ポートの ACT LED

オレンジに点滅する場合、トラフィックが流れていることを意味します。LED が点灯していない場合、トラフィックが流れていないことを示します。

5.8.3 CE100T-8 カードの互換性

CE-100T-8 カードは、スロット 1 ~ 6 または 12 ~ 17 で、XC-VXL 2.5G、XC-VXL-10G、または XC-VXC-10G カードと連携して動作します。

5.9 イーサネット カードの GBIC および SFP


) 仕様については、「SFP、XFP、および GBIC の仕様」を参照してください。


ONS 15454 SDH イーサネット カードは、業界標準の SFP コネクタと GBIC を使用します。ギガビット ML シリーズ カードは標準のシスコ製の SFP を使用します。ギガビット E シリーズ カードと G-1K-4 カードは、標準のシスコ製の GBIC を使用します。G-1K-4 カードは、Dense Wavelength Division Multiplexing(DWDM; 高密度波長分割多重)および Coarse Wavelength Division Multiplexing(CWDM; 低密度波長分割多重)の GBIC を装着することで、ギガビット イーサネット トランスポンダとして機能できます。

すべてのイーサネット カードについて、CTC と TL1 の画面に、カードに差し込まれている GBIC または SFP のタイプが表示されます。シスコでは、SFP および GBIC を別売りの製品として提供しています。

5.9.1 カードごとの互換性

表5-17 に、Cisco ONS 15454 SDH イーサネット カードの種類別に、互換性がある GBIC および SFP のリストを示します。


注意 Cisco Optical Networking System(ONS)用として認定済みの GBIC および SFP だけを使用してください。表5-17 に、各 GBIC と SFP の Top Assembly Number(TAN)を示します。

 

表5-17 GBIC および SFP との互換性

カード
互換性のある GBIC または SFP
(シスコ製品 ID)
シスコの TAN

E1000-2-G(ONS 15454 SONET)
E1000-2(ONS 15454 SONET/SDH)

15454-GBIC-SX
15454E-GBIC-SX
15454-GBIC-LX/LH
15454E-GBIC-LX/LH

30-0759-01
800-06780-012
10-1743-01
30-0703-01

G1K-4(ONS 15454 SONET/SDH)

15454-GBIC-SX
15454E-GBIC-SX
15454-GBIC-LX/LH
15454E-GBIC-LX/LH
15454-GBIC-ZX
15454E-GBIC-ZX
15454-GBIC-xx.x3
15454E-GBIC-xx.x2
15454-GBIC-xxxx4
15454E-GBIC-xxxx3

30-0759-01
800-06780-01
10-1743-01
30-0703-01
30-0848-01
10-1744-01
10-1845-01 ~ 10-1876-01
10-1845-01 ~ 10-1876-01
10-1453-01 ~ 10-1460-01
10-1453-01 ~ 10-1460-01

ML1000-2 (ONS 15454 SONET/SDH)

15454-SFP-LC-SX
15454E-SFP-LC-SX
15454-SFP-LC-LX/LH
15454E-SFP-LC-LX/LH

30-1301-01
30-1301-01
30-1299-01
30-1299-01

ML100X-8(ONS 15454 SONET/SDH)

ONS-SE-100-FX
ONS-SE-100-LX10

10-2212-01
10-2213-01

2.この TAN と互換性があるカードは、ONS 15454-E1000-2 または 15454-E1000-2-G だけです。

3.xx.x は、可能な 32 種類の波長( SFP、XFP、および GBIC の仕様 を参照)のいずれかに該当します。

4.xxxx は、可能な 8 種類の波長(CWDM GBIC でサポートされる波長 を参照)のいずれかに該当します。

5.9.2 GBIC

GBIC は、ポートやスロットからネットワークへの高速シリアル リンクを提供する、統合型の光ファイバ トランシーバです。GBIC モジュールには、さまざまなラッチ機構が使用されています。ラッチの種類と、モデル(SX、LX/LH など)やテクノロジーの種類(ギガビット イーサネットなど)との間には、特別な関係はありません。テクノロジーの種類とモデルは、GBIC に貼付されているラベルで確認できます。GBIC の 1 つのモデルには、イーサネット カードのスロット内に GBIC を固定するためのクリップが 2 つ(GBIC の各側面に 1 つずつ)あります。もう 1 つのモデルには、固定用のハンドルが付いています。図5-8 に両モデルを示します。

GBIC の外形寸法は次のとおりです。

高さ:1 cm(0.39 インチ)

幅:3 cm(1.18 インチ)

奥行き:6.5 cm(2.56 インチ)

GBIC の動作温度は次のとおりです。

COM(商業用温度範囲) ― -5 ~ 70°C

EXT(拡張温度範囲) ― 0 ~ 85°C

IND(工業用温度範囲) ― -40 ~ 85°C

図5-8 クリップ付きの GBIC(左)とハンドル付きの GBIC(右)

 

5.9.3 DWDM と CWDM の GBIC

DWDM(15454-GBIC-xx.x、15454E-GBIC-xx.x)および CWDM(5454-GBIC-xxxx、15454E-GBIC-xxxx)の GBIC は、Gigabit Ethernet Transponding モードまたは Ethernet over SDH モードに設定されている G-1K-4 カードで動作します。DWDM および CWDM の GBIC はどちらも、WDM 技術であり、シングルモード光ファイバ上で SC コネクタを使用して動作します。Cisco CWDM GBIC 技術では 20 Nm 波長グリッドを使用し、Cisco ONS 15454 DWDM GBIC 技術では 1 Nm 波長グリッドを使用します。CTC では、装着した CWDM または DWDM GBIC の特定の波長が表示されます。DWDM の波長は、互いに接近しており、CWDM より精密なレーザーを必要とします。DWDM のスペクトルは、光信号を増幅できます。G-1K-4 カードのトランスポンダ モードの詳細については、『 Ethernet Card
Software Feature and Configuration Guide for the Cisco ONS 15454, Cisco ONS 15454 SDH, and Cisco ONS 15327
』を参照してください。

DWDM および CWDM の GBIC は、CWDM、DWDM、LX/LH、ZX のすべての波長を含む 1300 nm の全帯域と 1500 nm の全帯域で受信し、特定の 1 つの波長で送信します。この機能は、特定の送信波長に適合しない波長を受信することによって、一部の G-1K-4 のトランスポンダ モードで利用することができます。


) (2003 年 8 月以後に製造された)WM5IRWPCAA の Common Language Equipment Identification(CLEI)コードを使用する G1K-4 カードは、CWDM および DWDM の GBIC をサポートします。2003 年 8 月より前に製造された G1K-4 カードは、CWDM または DWDM の GBIC をサポートしません。


ONS 15454 SDH でサポートされる CWDM GBIC は、シングルモード光ファイバで 100 ~ 120 km を到達範囲とし、 表5-18 に示す 8 つの波長をサポートします。

 

表5-18 CWDM GBIC でサポートされる波長

CWDM GBIC の波長

1470 nm

1490 nm

1510 nm

1530 nm

1550 nm

1570 nm

1590 nm

1610 nm

対応する GBIC の色

グレー

ブルー

グリーン

イエロー

オレンジ

レッド

ブラウン

帯域

47

49

51

53

55

57

59

61

ONS 15454 SDH でサポートされる DWDM GBIC は、シングルモード光ファイバで 100 ~ 120 Km を到達範囲とし、レッドとブルーの帯域で 32 の異なる波長をサポートします。Cisco ONS 15216 のように光増幅器と対にすると、DWDM GBIC では、およそ 300 km の最大非再生スパンが可能になります( 表5-19 )。

 

表5-19 DWDM GBIC でサポートされる波長

ブルー帯域

1530.33 nm

1531.12 nm

1531.90 nm

1532.68 nm

1534.25 nm

1535.04 nm

1535.82 nm

1536.61 nm

1538.19 nm

1538.98 nm

1539.77 nm

1540.56 nm

1542.14 nm

1542.94 nm

1543.73 nm

1544.53 nm

レッド帯域

1546.12 nm

1546.92 nm

1547.72 nm

1548.51 nm

1550.12 nm

1550.92 nm

1551.72 nm

1552.52 nm

1554.13 nm

1554.94 nm

1555.75 nm

1556.55 nm

1558.17 nm

1558.98 nm

1559.79 nm

1560.61 nm

G-1K-4 カードの CWDM または DWDM GBIC では、波長は設定済みで、プロビジョニングができません。波長は、各 GBIC に印刷されています(たとえば、CWDM-GBIC-1490)。GBIC が正常に動作するためには、CWDM/DWDM 装置の入力と一致する波長を送信する GBIC を装着する必要があります(図5-9)。波長については、サイト計画またはネットワーク図に従ってください。

図5-9 ファイバ接続する装置に適した波長の CWDM GBIC

 

CWDM または DWDM の GBIC を装着した G-1K-4 カードは、Metro DWDM 上での、非保護のギガビット イーサネット サービスの配布をサポートします(図5-10)。この G シリーズ カードは、短距離用および長距離用のアプリケーションで使用できます。

図5-10 ケーブル ネットワーク内で、CWDM/DWDM GBIC を使用した G-1K-4 カード

 

5.9.4 SFP

SFP は、ポートやスロットからネットワークへの高速シリアル リンクを提供する、統合型の光ファイバ トランシーバです。着脱可能な SFP モジュールには、さまざまなラッチ機構が使用されています。ラッチの種類と、モデル(SX、LX/LH など)やテクノロジーの種類(ギガビット イーサネットなど)との間には、特別な関係はありません。テクノロジーの種類とモデルは、SFP に貼付されているラベルで確認できます。利用可能なラッチには、マイラー タブ(図5-11)、アクチュエータ/ボタン(図5-12)、およびベール クラスプ(図5-13)があります。

SFP の外形寸法は次のとおりです。

高さ:8.5 mm(0.03 インチ)

幅:13.4 mm(0.53 インチ)

奥行き:56.5 mm(2.22 インチ)

SFP の動作温度は次のとおりです。

COM(商業用温度範囲) ― -5 ~ 70°C

EXT(拡張温度範囲) ― -5 ~ 85°C

IND(工業用温度範囲) ― -40 ~ 85°C

図5-11 マイラー タブ SFP

 

図5-12 アクチュエータ/ボタン SFP

 

図5-13 ベール クラスプ SFP