?????? : Cisco ONS 15454 Series Multiservice Provisioning Platforms

ONS 15454 SDH MIC-C/T/P カードの 取り付け手順

ONS 15454 SDH MIC-C/T/P カードの取り付け手順
発行日;2012/01/20 | 英語版ドキュメント(2011/03/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ONS 15454 SDH MIC-C/T/P カードの

MIC-C/T/P フロント マウント電気回路接続カード

MIC-C/T/P のカードレベルのインジケータ

MIC-C/T/P カードの仕様

取り付け手順

カードのターンアップ

MIC-C/T/P カードがターンアップしたかどうかの確認

取り外し手順

関連マニュアル

マニュアルの入手方法

Web サイト

Documentation CD-ROM

マニュアルの注文方法

テクニカル サポートに関する問い合せ

Japan TAC Web サイト

ONS 15454 SDH MIC-C/T/P カードの
取り付け手順

製品名:15454E-CTP-MIC48V=(-48 V DC 電源用バージョン)

このマニュアルでは、MIC-C/T/P カードの機能、取り付け手順、取り外し手順、および技術仕様について説明します。このマニュアルは、MIC-C/T/P カードを扱う場合に、『 Cisco ONS 15454 SDH Installation and Operations Guide 』と『 Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting and Reference Guide 』とともに使用してください。

このマニュアルの内容は次のとおりです。

「MIC-C/T/P フロント マウント電気回路接続カード」

「MIC-C/T/P カードの仕様」

「取り付け手順」

「取り外し手順」

「関連マニュアル」

「マニュアルの入手方法」

「テクニカル サポートに関する問い合せ」

このマニュアルで説明する手順は次のとおりです。

「取り付け手順」

「カードのターンアップ」

「MIC-C/T/P カードがターンアップしたかどうかの確認」

「取り外し手順」


) 回線やカードの機能については、『Cisco ONS 15454 SDH Installation and Operations Guide』を参照してください。


MIC-C/T/P フロント マウント電気回路接続カード

MIC-C/T/P カード(図1参照)は、2 つの冗長電源入力のどちらか一方に接続できます。また、システム管理用のシリアル ポート、システム管理用の LAN ポート、モデム ポート(将来使用)およびシステム タイミングの入出力にも接続できます。このカードは、ONS 15454 SDH サブラック Electrical Facility Connection Assembly(EFCA; 電気ファシリティ接続アセンブリ)エリアの中央にあるスロット 24 に取り付けます。


) シスコでは、MIC-A/P または MIC-C/T/P カードのいずれか 1 つだけで ONS 15454 SDH を運用することを推奨しません。またその運用もサポートしません。このような運用では電源入力が冗長構成でなくなるだけでなく、他方のカードの追加機能も使用できなくなります。システムの安全性を保護するために、常に冗長構成で運用してください。



) システムを正常に動作させるには、MIC-A/P カードと MIC-C/T/P カードの両方をシェルフに取り付ける必要があります。


図1 に MIC-C/T/P の前面プレートを示します。MIC-C/T/P のブロック図 にブロック図を示します。

図1 MIC-C/T/P の前面プレート

 

MIC-C/T/P カードは ONS 15454 SDH の EFCA にあるスロット 24 に取り付けます。

次に、MIC-C/T/P カードの機能の概要を示します。

2 つの可能な冗長電源入力のどちらか一方への接続

ローカル クラフト/モデム用の 2 つのシリアル ポートに接続(将来の使用に備えて)

LAN ポートに接続

2 つのシステム タイミング入力に接続

2 つのシステム タイミング出力に接続

製造時およびインベントリ データの保存

図2 MIC-C/T/P のブロック図

 

MIC-C/T/P のカードレベルのインジケータ

MIC-C/T/P カードには、RJ45 LAN コネクタの上に 1 組の LED があります。緑色の LED はリンクが存在する場合、オレンジ色の LED はデータの転送時に点灯します。

 

MIC-C/T/P カードの仕様

MIC-C/T/P の電源入力

システムへの入力電圧:公称 -48 V DC
許容制限:- 40.5~- 57.0 V DC

コネクタ:3WK3 Combo-D 電源ケーブル コネクタ

MIC-C/T/P のタイミング入力

周波数:2.048 MHz ±10ppm

信号レベル:0.75~1.5 V

インピーダンス:75 Ω ±5%(ジャンパで高インピーダンス 3KΩ未満に切り替え可能)
(120Ωインピーダンス、平衡型、外部マッチング ケーブルで可能)

ケーブル減衰:最大 6dB(2MHz で動作時)

コネクタ:1.0/2.3 ミニチュア同軸コネクタ

MIC-C/T/P のタイミング出力

周波数:2.048MHz ±10ppm

信号レベル:0.75~1.5 V

インピーダンス:75Ω ±5 %
(120Ω インピーダンス、平衡型、外部のマッチング ケーブルで可能)

パルス マスク:ITU-T G.703 Figure 20

コネクタ:1.0/2.3 ミニチュア同軸コネクタ

MIC-C/T/P のシステム管理用シリアル ポート インターフェイス

MIC-C/T/P のシステム管理用シリアル ポート クラフト インターフェイス

(将来使用するためのモデム ポート)

コネクタ:8 ピン RJ-45

MIC-C/T/P のシステム管理用 LAN ポート インターフェイス:

信号:802.3 10 BaseT

コネクタ:8 ピン RJ-45

動作環境

動作温度: -5~+45 ℃

動作湿度:5~95 %、結露がないこと

消費電力:0.4 W 、(TCC-I から +5 V 供給時)、1. 37 B TU/時

寸法

高さ:182Mm(7.165 インチ)

幅:32Mm(1.25 インチ)

奥行き:92Mm(3.62 インチ)

バックプレーン コネクタを含めた奥行き:98Mm(3.87 インチ)

クラム シェルを含まない重量:0.2Kg(0.5 ポンド)

準拠規格

ONS 15454 SDH カードをシステムへ取り付けると、次の規格に準拠します。

安全性:IEC 60950、EN 60950、UL 60950、CSA C22.2 No. 60950、TS 001、AS/NZS 3260

取り付け手順

初めて MIC-C/T/P カードを取り付け、取り外しする場合は、この手順を行ってください。ONS 15454 SDH カードの取り付け、ブート手順に慣れた後は、参考として使用してください。


注意 ONS 15454 SDH を扱う場合は、付属の静電気(ESD)防止用リストバンドを必ず着用してください。リストバンドのケーブルを、シェルフ アセンブリの右下の角にある ESD ジャックにつなぎます。また、シェルフ アセンブリが確実にアースされていることを確認します。


注意 システムの稼働中は、危険な電圧やエネルギーがバックプレーン上に存在する可能性があります。作業中は十分注意してください。


ステップ 1 スロット 24 のガイド レールにカードを慎重に挿入します(図3)。

ステップ 2 上部イジェクタを下に動かし、下部イジェクタを上に動かしてカードをバックプレーン コネクタに挿入します。

ステップ 3 カードをバックプレーンのコネクタにゆっくりと押し込みます。

ステップ 4 前面の取り付けネジをプラス ドライバまたはマイナス ドライバで締めます。


 

MIC-C/T/P カードには、シェルフ アセンブリ バックプレーン上の電気コネクタに接続する電気接続プラグがあります。イジェクタを完全に閉じ、取り付けネジを締めると、カードがシェルフ アセンブリ バックプレーンに差し込まれます。図3に、カード取り付けの概略を示します。電源ケーブルの接続については、『 Cisco ONS 15454 SDH Installation and Operations Guide 』の第 1 章「Installation」を参照してください。

図3 ONS 15454 SDH への FMEC カードの取り付け

 

カードのターンアップ

ここで説明する手順に従って、カードがターンアップしたかどうかを確認します。「MIC-C/T/P カードがターンアップしたかどうかの確認」の手順に従って Cisco Transport Controller(CTC)ソフトウェア画面を確認し、状況が合っていない場合はカードを取り付け直します。状況が合致しない場合は、装置を交換してください。

MIC-C/T/P カードがターンアップしたかどうかの確認


ステップ 1 シェルフ アセンブリに電源が入っていることを確認します。

ステップ 2 MIC-C/T/P カードがスロット 24 に取り付けられていることを確認します。

ステップ 3 CTC ソフトウェア画面で、このカードがスロット 24 に表示されていることを確認します。

ステップ 4 CTC ソフトウェアの画面で、カードが白く表示されていることを確認します。

ステップ 5 CTC ソフトウェアの画面で、カードが Inventory に表示されていることを確認します。


 

取り外し手順

初めて MIC-C/T/P カードを取り付け、取り外しする場合は、この手順を行ってください。ONS 15454 SDH カードの取り付け、ブート手順に慣れた後は、参考として使用してください。


注意 ONS 15454 SDH を扱う場合は、付属の静電気(ESD)防止用リストバンドを必ず着用してください。リストバンドのケーブルを、シェルフ アセンブリの右下の角にある ESD ジャックにつなぎます。また、シェルフ アセンブリが確実にアースされていることを確認します。


注意 システムの稼働中は、危険な電圧やエネルギーがバックプレーン上に存在する可能性があります。作業中は十分注意してください。


ステップ 1 システムにトラフィックがある場合は、MIC-A/P カードの冗長電源入力で正しく電源が入っていることを確認してください。


) 電源が入っていない場合は、トラフィックが失われます。



注意 やけどの恐れがあるので、電源の回路ブレーカーのスイッチを切ってから電源ケーブルを抜いてください。

ステップ 2 MIC-C/T/P カードのケーブル コネクタをすべて取り外します。後からの取り付けに備えて、忘れずにすべてのコネクタやケーブルに印を付けてください。


) FMEC から同軸ケーブルを取り外すには、コネクタの外側のリングを引いてからコネクタを取り外します。外側のリングを引いてコネクタのロックを解除しないでケーブルを取り外すと、ケーブルやコネクタ、またはその両方が損傷することがあります。


ステップ 3 前面の取り付けネジを緩めます(図3)。

ステップ 4 上部イジェクタを上に動かし、下部イジェクタを下に動かしてバックプレーン コネクタからカードを取り出します。

ステップ 5 注意して、シェルフからカードを取り外します。


 

関連マニュアル

DOC-7813038= Cisco ONS 15454 SDH Installation and Operations Guide

DOC-7813037= Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting and Reference Guide

マニュアルの入手方法

ここでは、マニュアルの入手方法について説明します。

Web サイト

日本語のマニュアルは、次の Web サイトで入手できます。

http://www.cisco.com/jp/

最新のマニュアルは、次の Web サイトで入手できます。

http://www.cisco.com

各国言語のマニュアルは、次の Web サイトで入手できます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

マニュアルおよびその他の資料は、製品に付属の CD-ROM パッケージに収録されています。この Documentation CD-ROM は、毎月更新されるので、印刷資料より新しい情報が得られます。CD-ROM パッケージは、CD-ROM単位でも年間契約でもご利用いただけます。

マニュアルの注文方法

日本語のマニュアルは、次の Web サイトでご注文いただけます。

http://www.cisco.com/jp/

テクニカル サポートに関する問い合せ

テクニカル サポートについては、製品をお買い上げの弊社販売代理店にお問い合せください。

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register