Cisco ONS 15454 SDH 手順ガイド Release 7.2
カードの設定変更
カードの設定変更
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

カードの設定変更

準備作業

カードの設定変更

この章では、Cisco ONS 15454 SDH カードに設定されている回線とスレッシュホールドの変更方法について説明します。

準備作業

次の手順を実行する前に、すべてのアラームを調べて、問題をすべて解決しておいてください。必要に応じて『 Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide 』を参照してください。


注意 カードの設定変更は、サービスに影響することがあります。すべての変更は、スケジュールされた保守時間中に行ってください。

この章では次の NTP(手順)について説明します。適用する DLP(作業)については、各手順を参照してください。

1. 「D88 電気回路カードを対象にした回線設定と PM パラメータ スレッシュホールドの変更」 ― すべての電気回路カード(E1-N-14、E1-42、E3-12、DS3i-N-12、および STM1E-12)について回線とスレッシュホールドの設定を変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

2. 「D89 光カードを対象にした回線設定と PM パラメータ スレッシュホールドの変更」 ― すべての光(STM-N)カードについて回線とスレッシュホールドの設定を変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

3. 「D118 AIC-I カードの設定変更」 ― 外部アラームおよび制御とオーダワイヤの設定を変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

4. 「D91 E1-N-14 保護カードと DS3 i-N-12 保護カードの 1:1 保護から 1:N 保護へのアップグレード」 ― E-1 カードまたは DS-3 カード上で保護タイプを変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

5. 「D311 SAN カードを対象にしたポート設定と PM パラメータ スレッシュホールドの変更」 ― FC_MR-4 カードのポートとスレッシュホールドの設定を変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

6. 「D330 カードまたは PPM のサービス状態変更」 ― カードまたは Pluggable Port Module(PPM)のサービス状態を変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

7. 「D331 PPM の管理」 ― マルチレート PPMのプロビジョニング、光回線レートの割り当てや変更、および PPM の削除を行う場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

NTP-D88 電気回路カードを対象にした回線設定と PM パラメータ スレッシュホールドの変更

 

目的

この手順では、電気回路カードを対象にして、回線の設定と
Performance Monitoring(PM)パラメータのスレッシュホールドを変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「D17 電気回路カードの取り付け」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


注意 カードの設定変更は、サービスに影響することがあります。すべての変更は、スケジュールされた保守時間中に行ってください。


ステップ 1 電気回路カードの設定を変更するノードで、「D60 CTC へのログイン」を行います。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 必要に応じて「D108 データベースのバックアップ」を実行して、既存のデータベースを保存します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「D365 E1-N-14 または E1-42 カードの回線およびスレッシュホールドの設定変更」

「D340 E3-12 カードの回線とスレッシュホールドの設定の変更」

「D341 DS3i-N-12 カードの回線およびスレッシュホールドの設定変更」

「D342 STM1E-12 カードの回線およびスレッシュホールドの設定変更」


) Alarm Profiles タブの設定を変更するには、第 9 章「アラームの管理」を参照してください。


ステップ 4 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-D89 光カードを対象にした回線設定と PM パラメータ スレッシュホールドの変更

 

目的

この手順では、光(STM-N)カードを対象にして、回線の設定と PM パラメータのスレッシュホールドを変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「D16 STM-N カードおよびコネクタの取り付け」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


注意 カードの設定変更は、サービスに影響することがあります。すべての変更は、スケジュールされた保守時間中に行ってください。


ステップ 1 STM-N カードの設定を変更するノードで、「D60 CTC へのログイン」を行います。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「D108 STM-N カードの回線設定の変更」

「D343 STM-N カードの SDH スレッシュホールドの設定変更」

「D109 STM-64 および MRC-12 カードの光スレッシュホールド設定の変更」

「D216 STM-N カードの ALS メンテナンス設定の変更」


) Provisioning > VC4 タブの設定を変更するには、「D122 IPPM のイネーブル化」に進んでください。Alarm Profiles タブの設定を変更するには、第 9 章「アラームの管理」を参照してください。


ステップ 4 「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-D118 AIC-I カードの設定変更

 

目的

この手順では、Alarm Interface Controller-International(AIC-I)カードの外部アラームおよび制御(環境アラーム)、またはオーダーワイヤの設定を変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「D247 AIC-I カードへの外部アラームおよび制御のプロビジョニング」「D83 オーダーワイヤのプロビジョニング」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 AIC-I カードの設定を変更するノードで、「D60 CTC へのログイン」を行います。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「D208 AIC-I カードを使用した外部アラームの変更」

「D209 AIC-I カードを使用した外部制御の変更」

「D210 AIC-I カード オーダーワイヤ設定の変更」

ステップ 4 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-D91 E1-N-14 保護カードと DS3 i-N-12 保護カードの 1:1 保護から 1:N 保護へのアップグレード

 

目的

この手順では、E1-N-14 保護カードと DS3i-N-12 保護カードを 1:1 保護から 1:N 保護に変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「D71 1:1 保護グループの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 E1-N-14 カードと DS3i-N-12 カードを 1:1 保護から 1:N 保護に変更するノードで、「D60 CTC へのログイン」を行います。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「D176 E1-N-14 カードの 1:1 保護から 1:N 保護への変換」

「D177 DS3i-N-12 カードの 1:1 保護から 1:N 保護への変換」

ステップ 4 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-D311 SAN カードを対象にしたポート設定と PM パラメータ スレッシュホールドの変更

 

目的

この手順では、FC_MR-4 カードを対象にして、回線の設定と PM パラメータのスレッシュホールドを変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「D286 FC_MR-4 カードの取り付け」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 STM-N カードの設定を変更するノードで、「D60 CTC へのログイン」を行います。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「D354 FC_MR-4 カードにある汎用ポートの設定変更」

「D355 FC_MR-4 カードにあるポートの距離延長設定の変更」

「D356 FC_MR-4 カードにあるポートの拡張 FC/FICON 設定の変更」

「D465 FC_MR-4 RMON アラーム スレッシュホールドの作成」

「D466 FC_MR-4 RMON のアラーム スレッシュホールドの削除」

ステップ 4 必要に応じて、「D108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-D330 カードまたは PPM のサービス状態変更

 

目的

この手順では、カードまたはポートのサービス状態が表示されます。この情報は自動的に生成され、ポートの全体的な状態を表します。

工具/機器

なし

事前準備手順

第 2 章「カードおよび光ファイバ ケーブルの取り付け」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


) STM64-XFP および MRC-12 カードでは、PPM は光ポートと同等です。



ステップ 1 カードのサービス状態を変更するノードで、「D60 CTC へのログイン」を行います。

ステップ 2 Inventory タブをクリックします。

ステップ 3 変更するカードまたは PPM の Admin State をクリックし、ドロップダウン リストから管理状態の Unlocked または Locked,maintenance を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 カード または PPM の状態が現在の状態から変更できないことを示すエラー メッセージが表示されたら、 OK をクリックします。

選択した Admin State に応じて、カードまたはポート/PPM は異なるサービス状態に遷移します。サービス状態およびカード状態の遷移については、『 Cisco ONS 15454 SDH Reference Manual 』の付録「Administrative and Service States」を参照してください。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-D331 PPM の管理

 

目的

この手順では、MRC-12 および STM64-XFP カードを対象とした PPM のプロビジョニング、変更、および削除を行います。(STM64-XFP カードはシングルレート PPM であるため、実行できるのは削除のみです)。

工具/機器

なし

事前準備手順

「D107 SFP または XFP デバイスの事前プロビジョニング」 または

「D335 GBIC または SFP/XFP デバイスの取り付け」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 PPM のプロビジョニング、変更、または削除を行うノードで 「D60 CTC へのログイン」を行います。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 View メニューから Go to Network View を選択します。

ステップ 3 Alarms タブをクリックします。

a. アラーム フィルタの機能がオフであることを確認します。必要に応じて、「D227 アラーム フィルタのディセーブル化」を参照してください。

b. 不明な状態がネットワーク上に表示されていないことを確認します。不明な状態が表示されている場合は、作業を進める前に解決してください。『 Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide 』を参照してください。

c. 「D147 CTC データのエクスポート」を行い、アラームおよび状態の情報をエクスポートします。

ステップ 4 必要に応じて、「D132 MRC-12 カードのマルチレート PPM のプロビジョニング」を実行します。シングルレート PPM ではプロビジョニングは不要です。

ステップ 5 必要に応じて「D133 MRC-12 カードの光回線レートのプロビジョニング」を行い、OC-3、OC-12、または OC-48 回線レートを割り当てます。

ステップ 6 必要に応じて「D134 MRC-12 カードの光回線レートの変更」を行い、マルチレート PPM の回線レートを変更します。シングルレート PPM の光回線レートは変更できません。

ステップ 7 必要に応じて、「D135 MRC-12 または STM64-XFP カードからの PPM の削除」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。