Cisco ONS 15454 手順ガイド Release 6.0
ノード設定の変更
ノード設定の変更
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 20MB) | フィードバック

目次

ノード設定の変更

準備作業

ノード設定の変更

この章では、Cisco ONS 15454 のノード プロビジョニングを変更する方法について説明します。新しいノードをプロビジョニングする場合は、「ノードの起動」を参照してください。ネットワーク要素のデフォルト設定を変更して、これらの設定を表示する場合は、『Cisco ONS 15454 Reference Manual』の付録「Network Element Defaults」を参照してください。

準備作業

次の手順を実行する前に、すべてのアラームを調べて、問題をすべて解決しておいてください。必要に応じて、『 Cisco ONS 15454 Troubleshooting Guide 』を参照してください。

この章では次の NTP(手順)について説明します。適用する DLP(作業)については、各手順を参照してください。

1. 「A81 ノード管理情報の変更」 ― ノード名、連絡先情報、緯度、経度、日付、時刻、およびログイン時の法的免責事項の説明を変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

2. 「A201 CTC ネットワーク アクセスの変更」 ― IPアドレス、デフォルト ルータ、サブネット マスク、ネットワーク構成の設定、およびスタティック ルートを変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

3. 「A319 OSI プロビジョニングの変更」 ― Open Systems Interconnection(OSI; 開放型システム間相互接続)ルーティング モード、Target Identifier Address Resolution Protocol(TARP)、ルータ、サブネット、IP over OSI トンネルなど、OSI パラメータを変更する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

4. 「A202 CTC ネットワーク ビューのカスタマイズ」 ― ドメインを作成したりネットワーク マップの体裁をカスタマイズしたりする場合は、必要に応じてこの手順を実行します。これらの手順には、異なるデフォルト マップの指定、ドメインの作成、独自マップやイメージの選択、背景色の変更などが含まれています。

5. 「A203 カード保護設定の変更または削除」 ― 必要に応じて、この手順を実行します。

6. 「A292 通信チャネルの終端とプロビジョニング可能なパッチコードの変更または削除」 ― Section DCC(SDCC)または Line DCC(LDCC)の終端あるいはプロビジョニング可能なパッチコードを変更または削除する場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

7. 「A85 ノードのタイミング変更」 ― 必要に応じて、この手順を実行します。

8. 「A205 ユーザの変更とセキュリティの変更」 ― セキュリティ レベルやセキュリティ ポリシーを含むユーザ設定を変更したり、Remote Authentication Dial In User Service
(RADIUS)サーバ設定を変更したり、ユーザを削除したりする場合は、必要に応じてこの手順を実行します。

9. 「A87 SNMP の設定変更」 ― 必要に応じて、この手順を実行します。

NTP-A81 ノード管理情報の変更

 

目的

この手順では、ノード名、日付、時刻、連絡先情報、またはログイン時の法的免責事項の説明を変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A25 名前、日付、時刻、連絡先情報の設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて、「A140 ノード名、日付、時刻、および連絡先情報の変更」を行います。

ステップ 4 必要に応じて、「A265 ログイン時の法的免責事項の説明の変更」を行います。

ステップ 5 変更内容を確認したら、「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A201 CTC ネットワーク アクセスの変更

 

目的

この手順では、IP の設定、スタティック ルート、および Open Shortest Path First(OSPF)オプションといった基本的なネットワーク情報を変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A169 CTC ネットワーク アクセスの設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


) IP アドレッシングの例、スタティック ルートのシナリオ、OSPF プロトコルや Routing Information Protocol(RIP)のオプションなど、ONS 15454 のネットワーキングに関するその他の情報と手順については、『Cisco ONS 15454 Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「A266 IP 設定の変更」

「A142 スタティック ルートの変更」

「A143 スタティック ルートの削除」

「A144 OSPF のディセーブル化」

「A250 OSPF プロトコルの設定または変更」

「A382 プロキシ トンネルの削除」

「A383 ファイアウォール トンネルの削除」

「A434 ノード セキュリティのロック」

「A435 バックプレーン ポートの IP 設定の修正」

「A436 ノードのセキュリティ モードのディセーブル化」

ステップ 4 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A319 OSI プロビジョニングの変更

 

目的

この手順では、OSI ルーティング モード、TARP、ルータ、サブネット、および IP over CLNS トンネルなど、ONS 15454 の OSI パラメータを変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A318 OSI のプロビジョニング」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


) ONS 15454 に実装されている OSI の詳細については、『Cisco ONS 15454 Reference Manual』の「Management Network Connectivity」の章を参照してください。



ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「A535 TARP 動作パラメータのプロビジョニングまたは変更」

「A536 TARP データ キャッシュへのスタティック TID/NSAP エントリの追加」

「A537 TARP データ キャッシュからのスタティック TID/NSAP エントリの削除」

「A538 TARP MAT エントリの追加」

「A543 TARP MAT エントリの削除」

「A544 OSI ルーティング モードの変更」

「A545 OSI ルータ設定の編集」

「A546 OSI サブネットワーク接続ポイントの編集」

「A547 IP-Over-CLNS トンネルの編集」

「A548 IP-Over-CLNS トンネルの削除」

ステップ 4 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A202 CTC ネットワーク ビューのカスタマイズ

 

目的

この手順では、Cisco Transport Controller(CTC)のネットワーク ビューを変更します。各ノードをドメイン別にグループ化して見やすくしたり、ネットワーク ビューの背景色を変更したり、ネットワーク ビューの背景にカスタム イメージを使用したりすることができます。

工具/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 必要に応じて、次の作業を行います。

「A145 ネットワーク ビューの背景色の変更」

「A528 ネットワーク ビューのデフォルト背景マップの変更」

「A268 ネットワーク ビューへのカスタム背景マップの適用」

「A148 ドメイン アイコンの作成」

「A149 ドメイン アイコンの管理」

「A269 ダイアログボックス非表示オプションのイネーブル化」

「A498 TDM と DWDM のネットワーク ビューの切り替え」

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A203 カード保護設定の変更または削除

 

目的

この手順では、カード保護の設定を変更または削除します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A324 保護グループの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


注意 保護グループの変更や削除はサービスに影響することがあります。


ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「A150 1:1 保護グループの変更」

「A152 1:N 保護グループの変更」

「A154 1+1 保護グループの変更」

「A35 最適化 1+1 保護グループの変更」

「A155 保護グループの削除」

ステップ 4 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A292 通信チャネルの終端とプロビジョニング可能なパッチコードの変更または削除

 

目的

この手順では、ONS 15454 の SDCC または LDCC 終端を変更または削除します。また、ONS 15454 でプロビジョニング可能なパッチコードを削除します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A377 SDCC 終端のプロビジョニング」または

「A378 LDCC 終端のプロビジョニング」または

「A367 プロビジョニング可能なパッチコードの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


注意 Data Communications Channel(DCC; データ通信チャネル)の終端を削除すると、DCC がほかに設定されていないノードや、CTC コンピュータにネットワークで接続されていないノードが見えなくなります。


ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 必要に応じて次の作業を行い、DCC 設定を変更します。

「A374 SDCC 終端の変更」

「A375 LDCC 終端の変更」

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行い、DCC 終端を削除します。

「A156 SDCC 終端の削除」

「A359 LDCC 終端の削除」

ステップ 4 必要に応じて、「A368 プロビジョニング可能なパッチコードの削除」を行います。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A85 ノードのタイミング変更

 

目的

この手順では、ONS 15454 に設定されている SONET タイミングを変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A28 タイミングの設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


注意 内部タイミングは Stratum 3 なので、一時的にしか使用しません。ONS 15454 のタイミングは、すべて Stratum 2 以上のプライマリ基準ソースに合わせる必要があります。


ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて、「A157 ノードのタイミング ソースの変更」を行います。

ステップ 4 内部タイミングの設定を変更する場合は、変更する設定について「A70 内部タイミングの設定」を参照してください。

ステップ 5 Bidirectional Line Switched Ring(BLSR; 双方向ライン スイッチ型リング)または Unidirectional Path Switched Ring(UPSR; 単方向パス スイッチ型リング)からノードを削除したあとにタイミングの確認が必要な場合は、「A195 縮小されたリングで使用されているタイミングの確認」を参照してください。

ステップ 6 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A205 ユーザの変更とセキュリティの変更

 

目的

この手順では、ONS 15454 の ユーザ プロパティとセキュリティ プロパティを変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A30 ユーザの作成とセキュリティの割り当て」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザ


ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「A462 アクティブ ログインの表示および終了」

「A271 セキュリティ ポリシーの変更:単一ノード」

「A272 セキュリティ ポリシーの変更:複数ノード」

「A512 ノード アクセスと PM クリア権限の変更」

「A158 ユーザのパスワードとセキュリティ レベルの変更:単一ノード」

「A160 ユーザのパスワードとセキュリティ レベルの変更:複数ノード」

「A159 ユーザの削除:単一ノード」

「A161 ユーザの削除:複数ノード」

「A456 ノードへの RADIUS 認証の設定」 ― この作業には、RADIUS サーバの変更や削除に関する説明が含まれています。

ステップ 4 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。


 

NTP-A87 SNMP の設定変更

 

目的

この手順では、ONS 15454 の SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)設定を変更します。

工具/機器

なし

事前準備手順

「A256 SNMP の設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 「A60 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 へ進みます。

ステップ 2 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて次の作業を行います。

「A273 SNMP トラップ宛先の修正」

「A163 SNMP トラップ宛先の削除」

ステップ 4 「A108 データベースのバックアップ」を実行します。

終了:この手順は、これで完了です。