Cisco ONS 15454 SDH 手順ガイド Release 6.0
索引
Numerics
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

Numerics

1+1 オプティカル カード保護

削除  18-49

作成  17-69

説明  4-12

テスト  17-88

半回線の作成  6-75

半回線のプロビジョニング  20-6, 20-7

光伝送速度のアップグレード  12-8

光伝送速度の手動アップグレード  19-80

変更  18-48

ポートのアクティブ/スタンバイ状態の確認  18-80

1:1 電気回路カード保護

カードの 1:N 保護への変換  18-66, 18-68

削除  18-49

作成  17-67

説明  4-12

変更  18-43

1:N 電気回路カード保護

カードの 1:1 保護からの変換  18-66, 18-68

削除  18-49

作成  17-68

説明  4-12

変更  18-45

15454_MRC-12 カード、MRC-12 カード を参照

A

ADM、リニア ADM を参照

AIC-I カード

オーダーワイヤ設定の変更  19-7

外部アラームおよび制御のプロビジョニング  8-12

外部アラームの変更  19-6

外部制御の変更  19-7

設定の変更  10-4

取り付け  20-28

ALS モード  18-12

B

BER

高次回線のテスト  6-74

低次回線のテスト  6-59

BITS

BITS out 基準  17-63

タイミングの設定  4-11

ファシリティ  17-64, 17-66

Building Integrated Timing Supply、BITS を参照

C

CARLOSS アラーム  6-98

CE-100T-8 カード

PM パラメータの表示  20-56, 20-57

VCAT 回線の作成  6-114

VCAT 回線の作成、自動ルーティング  6-110

ソフト リセット  18-3

取り付け  2-13

ハード リセット  18-2

パフォーマンス モニタリング  9-5

ポートのプロビジョニング  18-30, 18-34

Cisco IOS、接続のオープン  A-7

Cisco MetroPlanner、MetroPlanner を参照

Cisco Transport Controller、CTC を参照

Cisco.com  xxviii

CLETOP、ファイバ コネクタの清掃  19-5

CORBA  17-61

CTC

Alerts ダイアログボックスの設定  17-21

PC の接続  3-4

PC の設定 も参照

PC の要件  21-20

UNIX ワークステーションの要件  21-24

アラート テキストの保存  17-24

インストール ウィザード  21-20, 21-24

オンライン ヘルプを使用  A-7

カードの保護設定  4-12

現在のセッションからのノードの削除  17-30

現在のセッションへのノードの追加  17-57

終了  A-5

タイミングの設定  4-11, 11-8

ツールバーにあるアイコン、ツールバーにあるボタン を参照

データの印刷  18-38

データのエクスポート  18-40

ネットワーク アクセスの設定  4-8

ネットワーク アクセスの変更  11-3

ネットワーク ビューのカスタマイズ  11-5

ノードの設定  4-5

バックアップ  15-6

ビュー、ビュー を参照

ファイアウォール アクセス  4-9

マウスによるビューの変更  A-9

マウスを使用  A-9

リモート サイト アクセス  3-7

ログイン  3-8, 17-53

ログイン ノード グループ  17-55

ロック  A-5

CTC ネットワーク ビューのカスタマイズ  11-5

CTC アラートの自動ポップアップ、設定  17-21

D

DB-37 コネクタの取り付け  20-19

DCC

MS-DCC 終端の削除  20-68

MS-DCC 終端のプロビジョニング  20-71

MS-DCC 終端の変更  20-65

OSPF エリア ID  19-52

OSPF のメトリック  19-52

RS-DCC 終端の削除  20-66

RS-DCC 終端のプロビジョニング  20-69

RS-DCC 終端の変更  20-65

終端の削除  11-7

終端の変更  11-7

DCC トンネル

IP カプセル化トンネルへ変更  17-26

削除  17-27

作成  20-67

DCN、OSI のプロビジョニング  4-16

DHCP

イネーブル化  19-50

クラフト接続の設定  17-43

サーバのプロビジョニング  4-8

DLP、定義  xxv

DNS 設定  3-6

DRI、プロビジョニング

MS-SPRing/SNCP DRI  5-38

SNCP DRI  5-34

SNCP および MS-SPRing も参照

従来型 MS-SPRing DRI  5-25

統合 MS-SPRing DRI  5-27

統合 MS-SPRing/SNCP DRI  5-40

統合 SNCP DRI  5-36

DS3i-N-12 カード、電気回路カード を参照

Dual-Ring Interconnect

MS-SPRing、DRI を参照

SNCP、DRI を参照

DWDM

TDM ビューへの切り替え  20-82

Y 字型ケーブル保護  4-13

ファイバの配線  2-21

Dynamic Host Configuration Protocol、DHCP を参照

E

E シリーズ イーサネット カード

E シリーズ イーサネット カードのモードのプロビジョニング  19-47

EtherSwitch 回線  6-79

GBIC の取り付け  20-29

PM カウントのリフレッシュ  21-37

回線のテスト  6-99

共有パケット リング回線  6-86

シングルカード EtherSwitch クロスコネクト、手動  6-92

取り付け  2-13

ハブアンドスポーク回線  6-89

パフォーマンス モニタリング  9-5

ファイバの配線  2-21

ポートのプロビジョニング  19-14, 19-15

ポートマップ モードの回線の作成  6-83

ポートマップ モードのクロスコネクトの作成、手動  6-101

マルチカード EtherSwitch クロスコネクトの作成、手動  6-95

メンテナンス情報の表示  15-21

E1 インターフェイス

ポート 1 ~ 21 のピン割り当て  20-21

ポート 1 ~ 7 のピン割り当て  20-19

ポート 22 ~ 42 のピン割り当て  20-22

ポート 8 ~ 14 のピン割り当て  20-20

E1000-2-G カード、E シリーズ イーサネット カード を参照

E1-42 カード、電気回路カード を参照

E1-75/120 変換パネルの取り付け  1-16

E1-N-14 カード、電気回路カード を参照

E3-12 カード、電気回路カード を参照

End Network Element  18-46

End System Hello、ESH を参照

End System、ES を参照

ES  18-56

ESH  18-64

ES-IS、RIB の表示  18-75

F

FC_MR-4 カード

GBIC の取り付け  20-29

PM パラメータの表示  21-41, 21-42, 21-43

RMON アラーム スレッシュホールドの削除  21-48

RMON アラーム スレッシュホールドの作成  21-45

VCAT 回線の作成  6-110, 6-114

スレッシュホールド変数(MIB)  21-45, 21-46

取り付け  2-14

パス トレース  19-65

パフォーマンス モニタリング  9-8

汎用ポート設定の変更  20-60

ファイバの配線  2-21

別の間隔での PM カウントのリフレッシュ  21-44

ポートの拡張 FC/FICON 設定の変更  20-63

ポートの距離延長設定の変更  20-61

ポートの設定変更とスレッシュホールドの変更  10-6

リセット  15-19, 17-32

FMEC

FMEC カバーの取り付け  1-21

カバーのオープン  20-11

カバーの取り外し  20-12

ケーブルの取り付け  20-19, 20-21

電気回路ケーブルの取り付け  1-19

電源および信号 FMEC の取り付け  1-9

G

G シリーズ イーサネット カード

GBIC の取り付け  20-29

PM カウントのリフレッシュ  21-37

回線のテスト  6-107

クロスコネクト、手動  6-101

取り付け  2-13

パフォーマンス モニタリング  9-5

ファイバの配線  2-21

フロー制御の水準点のプロビジョニング  20-59

ポートのプロビジョニング  6-104, 19-16

メンテナンス情報の表示  15-20

G1K-4 カード、G シリーズ イーサネット カード を参照

Gateway Network Element  18-44

GBIC

取り付け  20-29

取り外し  20-33

ファイバの配線  2-21

H

Hello インターバル、OSPF  19-53

I

IIH  18-64

IIOP リスナー ポート

選択  19-50

プロビジョニング  17-61, 17-62

Intermediate System Hello、ISH を参照

Intermediate System Level 1/Level 2、IS Level 1/Level 2 を参照

Intermediate System Level 1、IS Level 1 を参照

Intermediate System to Intermediate System、IS-IS を参照

Intermediate-Path Performance Monitoring、IPPM を参照

Internet Explorer

ログイン  17-53

プロキシ サービスのディセーブル化  17-51

IP アドレス

LCD による設定  17-57

NMS  4-14

回線の修復  17-27

クラフト接続の設定  17-40

ログイン用の IP アドレスの選択  17-55

IP カプセル化トンネル

DCC トンネルへ変更  17-26

IP アドレスの修復  17-27

削除  17-27

作成  17-3

IP 設定

プロビジョニング  19-49

変更  19-69

IP トンネルの修復  17-27

IP-over-CLNS トンネル

削除  18-74

作成  18-64

編集  18-73

IPPM

イネーブル化  18-21

使用理由  18-21

ディセーブル化  18-22

モニタ対象 IPPM  18-21

IS Level 1  18-57

IS Level 1/Level 2  18-57

ISH  18-64

IS-IS、RIB の表示  18-74

J

J0 セクション トレース  7-9

J1 パス トレース

作成  7-11

プロビジョニング  18-32, 19-64

J2 パス トレース

作成  7-11

プロビジョニング  20-73

Java

Plug-in Security Warning  21-1

ポリシー ファイル  21-1

JRE

バージョン 1.4.2  21-20

バージョンの変更  21-4

K

K3 バイトの再マップ  17-89

L

LAN

MIC-C/T/P のケーブルの取り付け  20-17

ONS 15454 SDH との接続  3-6

OSI サブネットのイネーブル化  18-63

OSPF の設定  4-8

PC から ONS 15454 SDH への接続  3-5

接続ポイント、TCC2 カードまたは TCC2P カード を参照

配線  1-18

ピン割り当て  20-17

モデム  3-7

LCD

IP アドレスの変更  17-57

アラーム カウントの表示  8-7

デフォルト ルータの変更  17-57

ネットワーク マスクの変更  17-57

ネットワーク設定のプロビジョニング  4-8

ポート ステータスの表示  21-19

LGX インターフェイス  17-36

Line Terminating Equipment  18-19

Low-Order Aggregation Point

VC11 回線  6-11, 6-14, 6-18

VC12 回線  6-23, 6-27, 6-31

VC3 回線  6-36, 6-40, 6-44

作成  6-55

説明  6-3

M

MetroPlanner、コンフィギュレーション ファイルのインポート  20-81

MIB  21-33, 21-45, 21-46

MIC-A/P  20-13

MIC-C/T/P

LAN ケーブルの取り付け  20-17

TL1 クラフト インターフェイスの取り付け  17-76

クロック コネクタのピン割り当て  20-16

タイミング ケーブルの取り付け  20-16

ML シリーズ イーサネット カード

CIsco IOS コマンドライン インターフェイス  A-7

POS ポート PM パラメータの表示  20-57

SFP の取り付け  20-29

VCAT 回線の作成  6-110

VCAT 回線の作成、手動ルーティング  6-114

イーサネット ポートの PM パラメータ表示  20-56

取り付け  2-13

パフォーマンス モニタリング  9-5

ファイバの配線  2-21

ML1000-2 カード、ML シリーズ イーサネット カード を参照

ML100T-12 カード、ML シリーズ イーサネット カード を参照

ML100X-8 カード、ML シリーズ イーサネット カード を参照

Molex 96 ピン LFH コネクタ  20-21

MRC-12 カード

PPM の削除  18-29

SFP/XFP の取り付け  20-29

最大帯域幅  2-9

光回線レートのプロビジョニング  18-28, 18-29

光スレッシュホールドの変更  18-12

ファイバ クリップ  2-21, 18-3

マルチレート PPM のプロビジョニング  18-27

MRC-12 カード、STM-N カード も参照

MS-DCC、DCC を参照

MS-SPRing

2 ファイバ、受け入れテスト  5-19

4 ファイバの受け入れテスト  5-22

DRI  5-25, 5-27

ID または復元時間の変更  13-23

K3 バイトの再マップ  17-89

MS-SPRing ウィザード  17-12

SNCP から 2 ファイバへの変換  13-19

アップグレード  12-8, 13-7, 13-16, 13-21, 19-76, 19-77

受け入れテスト、2 ファイバ  5-19

受け入れテスト、4 ファイバ  5-22

拡張バイト マッピングの確認  20-82

強制切り替え、外部切り替えコマンド を参照

切り替えテスト  17-91

作成  5-18, 17-24, 19-42, 21-49, 21-51

サブテンディング  5-47, 5-49, 5-50

手動切り替え、外部切り替えコマンド を参照

スケルチ テーブルの表示  20-80

スパン負荷テスト、外部切り替えコマンド を参照

テスト  17-97, 19-10

ノード ID の変更  17-21

ノードの削除  14-7

ノードの追加  14-2

ノードのドロップ後のタイミングの確認  18-82

半回線の作成  6-75

光ファイバ ケーブルの取り付け  20-37

ファイバ接続の確認  5-15

復元切り替え  13-8, 13-17, 17-13, 21-49

プロパティの選択  5-18

プロビジョニング  5-15, 5-25, 5-27, 5-38, 5-40, 20-6

リングのディセーブル化  18-83

ロックアウト、外部切り替えコマンド を参照

Multiplex-Section Data Communications Channel、DCC を参照

N

NE のデフォルト値、ネットワーク要素のデフォルト値 を参照

Netscape Navigator

ログイン  17-53

テスト、ノード接続  17-49

プロキシ サービスのディセーブル化  17-52

Network Time Protocol  4-5

NTP、Network Time Protocol を参照

NTP、定義  xxv

O

OADM ノード、アイコン  A-3

OC192/STM64 Any Reach カード

STM64-XFP カード も参照

STM-N カード を参照

OC192SR1/STM64IO Short Reach カード

STM-N カード を参照

STM64-XFP カード も参照

OSI

LAN インターフェイス  18-63

Router Editor ダイアログボックス  18-62

サブネットのイネーブル化  18-63

サブネットワーク ポイント オブ アタッチメントの編集  18-72

情報の表示  15-10

トンネリング  18-64

プライマリ エリア アドレス  18-62

プロビジョニング  4-16, 18-56, 18-61, 18-62

プロビジョニングの変更  11-4

ルータ設定の編集  18-71

ルーティング モードの変更  18-70

OSPF

インターバル  19-53

設定または変更  19-52

ディセーブル化  18-37

プライオリティ レベル  19-53

P

PC のセットアップ

JRE のインストール  21-20

ONS 15454 SDH への接続  3-2

クラフト接続  17-40, 17-43, 17-45

社内 LAN 接続  3-6

ブラウザのインストール  3-2

プロキシ サービスのディセーブル化  17-51

要件  21-20

リモート(モデム)アクセス  3-7

Performance Monitoring

FC_MR-4  9-8, 21-45

FC_MR-4 カードのパラメータの表示  21-41, 21-42, 21-43

Intermediate-Path Performance Monitoring、IPPM を参照

ML シリーズのパラメータ表示  20-56, 20-57

STM-N カード パラメータの表示  21-2

STM-N カードおよびポート  9-7

Threshold Crossing Alert、TCA を参照

イーサネット カードおよびポート  9-5

イーサネット カウントのリフレッシュ間隔変更  19-60

イーサネット パラメータの表示  19-58, 19-59

カウントの表示  18-24

格納されているカウントのクリア  21-40

クリア権限の変更  21-29

現在の(ベースライン)カウントのリセット  18-25

自動リフレッシュ間隔の設定  19-61

スレッシュホールドの変更  10-3, 10-6

選択した信号のカウントのモニタ  21-38

手順  9-1‐9-9

電気回路カードおよびポート  9-3

表示の変更  9-2

ポインタ位置調整カウントのイネーブル化  18-19

ポインタ位置調整カウント、ポインタ位置調整カウント を参照

リフレッシュ  18-22, 18-23, 19-61, 21-37, 21-44

PM、Performance Monitoring を参照

PPM

GBIC も参照

SFP/XFP も参照

削除  10-8, 18-29

事前プロビジョニング  18-8

プロビジョニング  10-8, 18-27, 18-28

変更  10-7, 10-8, 18-29

R

RADIUS、ノードの設定  18-5

RAM

CTC の PC 要件  21-20

CTC の UNIX 要件  21-24

Refresh

その他の PM カウント  18-22

RIB

ES-IS  18-75

IS-IS  18-74

RIP  19-54

RMON

FC_MR-4 スレッシュホールドの削除  9-9, 21-48

FC_MR-4 スレッシュホールドの作成  9-9, 21-45

イーサネット スレッシュホールドの削除  9-6, 21-28

イーサネット スレッシュホールドの作成  9-6, 21-32

Routing Information Base、RIB を参照

RS-DCC、DCC を参照

S

SDH DCC、DCC を参照

SFP/XFP

PPM も参照

事前プロビジョニング  18-8

取り付け  20-29

取り外し  20-33

ファイバの配線  2-21

Shell Access  21-29

Simple Network Time Protocol、SNTP を参照

Small Form-factor Pluggable、SFP/XFP を参照

SNCP

DRI  5-38, 5-40, 20-36

アップグレード  12-8, 13-13, 13-14, 13-16, 13-19, 19-79

受け入れテスト  5-31

開放端 SNCP の受け入れテスト  5-44

強制切り替えの開始  18-84

強制切り替えのクリア  18-85

サブテンディング  5-47, 5-49

自動ルーティングによる回線のトポロジー アップグレード  21-53

手動ルーティングによる回線のトポロジー アップグレード  21-52

スパン全体の切り替え  A-11

スパンの保護切り替えテスト  17-99

ノードの削除  14-14

ノードの追加  14-11

ノードのドロップ後のタイミングの確認  18-82

半回線の作成  6-77

光ファイバ ケーブルの取り付け  20-34

プロビジョニング  5-29, 5-34, 5-36, 5-38, 5-40, 5-42, 19-12, 20-7

編集  19-25, 19-64

SNMP

End Network Element  18-46

Gateway Network Element  18-44

宛先の作成  4-14

コミュニティ ストリングのフォーマット化  18-54

設定  4-14

デフォルトの UDP ポート  19-75

トラップ宛先の削除  18-55

トラップ宛先の修正  19-74

トラップ バージョンの選択  4-14

SNTP  4-5

SOCKS プロキシ サーバのプロビジョニング  4-8

Solaris

ONS 15454 SDH へのクラフト接続の設定  17-48

ONS 15454 SDH へのケーブルの接続  3-5

クラフト接続  17-48

プロキシ サービスのディセーブル化  17-52

SSM

STM-N カードでのイネーブル化  18-10

イネーブル化、外部タイミングまたはライン タイミング  17-64

イネーブル化、内部タイミング  17-66

STM-1 カード、STM-N カード を参照

STM-16 カード、STM-N カード を参照

STM1-8 カード、STM-N カード を参照

STM1E-12 カード、電気回路カード を参照

STM-4 カード、STM-N カード を参照

STM4-4 カード、STM-N カード を参照

STM-64 カード、STM-N カード を参照

STM64-XFP カード

PPM の削除  18-29

STM-N カード も参照

XFP の取り付け  20-29

STM-N カード

4 ポートの STM-4 カード スロット  12-8, 12-13

PM パラメータの表示  21-2

STM64-XFP カード も参照

回線の設定変更とスレッシュホールドの変更  10-3, 18-9, 20-53

減衰量  2-19

交換  19-48

取り付け  2-8‐2-10

取り付け時の LED の動作  2-10

取り付けの確認  4-3

パス トレース  19-65

パフォーマンス モニタリング  9-7

光スレッシュホールドの変更  18-12

ファイバ ブーツの取り付け  17-38

ファイバの取り付け  2-18, 17-36

ファイバの配線  2-21

保護  17-69

リセット  15-19, 17-32

STP、スパニングツリー プロトコル を参照

T

TARP

Manual Adjacency Table エントリの削除  18-65

Manual Adjacency Table エントリの追加  18-61

データ キャッシュからのスタティック TID/NSAP エントリの削除  18-60

データ キャッシュの管理  18-76

データ キャッシュへのスタティック TID/NSAP エントリの追加  18-59

動作パラメータのプロビジョニングまたは変更  18-57

プロビジョニング  4-16

TCC2 カード

LCD によるリブート  17-59

RJ-45(LAN)ポート  3-5, 3-7

TCC2 から TCC2P へのアップグレード  12-6

切り替えテスト  19-55

障害回復のためのデータベースのクリア  15-11

ソフト リセット  15-19

データベースのバックアップ  15-6

デフォルトへの復元  15-7

取り付け  20-23

取り付けの確認  4-2

リセット  17-31

リブート動作  19-51

TCC2P カード

LCD によるリブート  17-59

RJ-45(LAN)ポート  3-5, 3-7

TCC2 から TCC2P へのアップグレード  12-6

切り替えテスト  19-55

ソフト リセット  15-19

データベースのバックアップ  15-6

データベースの復元  15-7

取り付け  20-23

取り付けの確認  4-2

リセット  17-31

リブート動作  19-51

TDM ネットワーク ビュー、DWDM ビューへの切り替え  20-82

Threshold Crossing Alert、TCA を参照

TID Address Resolution Protocol、TARP を参照

TL1、接続のオープン  A-7

U

User Data Channel

削除  17-27

作成  19-8

V

VCAT 回線

自動ルーティング  6-110

手動ルーティング  6-114

プロビジョニング  17-30

メンバーのサービス状態の変更  17-78

メンバーの削除  17-75

メンバーの追加  17-72

ルートのプロビジョニング  17-22

VLAN

CTC メニューを使用した管理  A-7

E シリーズ ポートのプロビジョニング  19-15

イーサネット回線用 VLAN を作成  6-90, 6-94

削除  17-29

使用可能な VLAN の確認  17-106

W

WINS 設定  3-6

X

XC-VXC-10G カード

アップグレード  12-2, 12-4

交換  15-26‐15-27

サイド切り替えテスト  19-57

スロットの互換性  2-5

取り付け  20-26

取り付けの確認  4-2

リソース使用率の表示  7-3

XC-VXL-10G カード

アップグレード  12-2, 12-4

交換  15-26‐15-27

サイド切り替えテスト  19-57

取り付け  20-26

取り付けの確認  4-2

リソース使用率の表示  7-3

スロットの互換性  2-5

XC-VXL-2.5G カード

アップグレード  12-2

交換  15-26‐15-27

サイド切り替えテスト  19-57

取り付け  20-26

取り付けの確認  4-2

リソース使用率の表示  7-3

スロットの互換性  2-4

XFP、SFP/XFP を参照

Y

Y 字型ケーブル保護

削除  18-49

説明  4-13

アース

接続  17-14

取り付け  1-12

アイドル時間  17-70, 17-71

アクティブ ログイン

終了  18-7

表示  18-7

アップグレード

1:1 保護から 1:N 保護へ  10-5

2 ファイバ MS-SPRing  19-76

DS3i-N-12 カードを 1:N 保護へ  18-68

E1-N-14 カードを 1:N 保護へ  18-66

MS-SPRing  13-21

SNCP  13-16, 13-19, 19-79

STM-N カードとスパン(自動)  12-8

TCC2 から TCC2P へ  12-6

XC-VXL-10G から XC-VXC-10G へ  12-4

XC-VXL-2.5G から XC-VXC-10G へ  12-2

XC-VXL-2.5G から XC-VXL-10G へ  12-2

カードとスパン  12-1‐12-14

サポートされていないポイントツーポイント構成  13-7

手動で 1+1スパン保護グループ  19-80

手動で 4 ファイバ MS-SPRing  19-77

手動で非保護スパン  19-81

スパン、ネットワーク ビューから  A-12

ネットワーク トポロジー  A-7

光スパン(手動)  12-12

ポイントツーポイント構成  13-2, 13-5, 13-10, 13-13, 13-14

リニア ADM  13-10, 13-13, 13-14

アラート テキストの保存  17-24

アラート、保存  17-24

アラーム

FC_MR-4 RMON スレッシュホールドの削除  21-48

FC_MR-4 RMON スレッシュホールドの作成  21-45

LCD のアラーム カウント表示  8-7

MIC-A/P のケーブルの取り付け  20-13

アラーム プロファイル も参照

アラーム重大度 も参照

アラーム履歴のセッション エントリ最大数の変更  18-13

イーサネット RMON スレッシュホールド  21-28

イーサネット RMON スレッシュホールドの作成  21-32

影響を受ける回線の表示  8-6

外部、変更  19-6

起動(抑制しない)  21-18

クリアされたアラームの表示からの削除  8-5

シェルフとファン トレイに互換性がない場合のアラーム  15-28

時間帯で表示  18-15

同期  18-15

トラブルシューティング、『 Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide を参照

ネットワークをチェック  19-82

配線  1-18

表示  8-4, 17-80

ピン割り当て  20-14

フィルタ パラメータの変更  8-10, 21-14

フィルタリングのイネーブル化  8-10, 19-19

フィルタリングのディセーブル化  8-10, 19-20

抑制  8-11

抑制の中止  21-18

履歴  18-13

履歴の表示  21-5

レポートの抑制  21-16

重大度プロファイル、アラーム プロファイル を参照

アラーム プロファイル  19-18

カードおよびノードへの割り当て  18-18

削除  21-12

作成  21-6

ダウンロード  19-18

ポートへの割り当て  21-10

アラーム プロファイルのダウンロード  8-9

アラーム重大度

フィルタの処理  8-10

プロファイルの処理  8-9

安全手順

検索  xxviii

国際  xxvii

イーサネット

CE-100T-8 も参照

E シリーズ マルチカード EtherSwitch クロスコネクト、手動  6-95

E シリーズ EtherSwitch 回線  6-79

E シリーズ イーサネット カード も参照

E シリーズ ポートのプロビジョニング  19-14, 19-15

E シリーズの共有パケット リング回線  6-86

G シリーズ イーサネット カード も参照

G シリーズ フロー制御水準点のプロビジョニング  20-59

G シリーズ ポートのプロビジョニング  6-104, 19-16

MAC アドレス テーブルの表示  20-5

ML シリーズ イーサネット カード も参照

PM カウントのリフレッシュ時間間隔の変更  19-60

PM パラメータの表示  19-58, 19-59

RMON スレッシュホールドの削除  9-6, 21-28

RMON スレッシュホールドの作成  9-6, 21-32

カードの取り付け  2-13, 17-33

カードのリセット  15-19, 17-32

回線  6-79‐6-108

回線のテスト  6-99

スレッシュホールド変数(MIB)  21-33

トランク使用状況の表示  20-5

ハブアンドスポーク回線  6-89

緯度、設定  4-5

イネーブル化

DHCP  19-50

IPPM  18-21

OSI サブネット、LAN インターフェイス上  18-63

アラーム フィルタリング  8-10, 19-19

アラームの抑制  8-11

ダイアログボックス非表示オプション  19-71

ノードのセキュリティ モード  17-83

ポインタ位置調整カウント  18-19

イベント、表示  8-4

アクティブ スパンおよびスタンバイ スパンの変更  19-24

ネットワーク ビューの背景の変更  18-37

印刷

CTC データ  18-38

ツールバーを使用  A-5

インストール

CTC  21-20, 21-24

公開鍵セキュリティ証明書  21-1

インストール ウィザード  21-20, 21-24

インターフェイス、ポート を参照

インベントリ、表示  A-13

インポート

Cisco MetroPlanner コンフィギュレーション ファイルのインポート  20-81

ネットワーク要素のデフォルト値  15-33

受け入れテスト

2 ファイバ MS-SPRing  5-19

4 ファイバ MS-SPRing  5-22

SNCP  5-31

開放端 SNCP  5-44

ポイントツーポイントト ネットワークの立ち上げ  5-7

リニア ADM ネットワーク  5-12

エア フィルタ

検査  15-2

交換  15-2

要件  1-14

エア フィルタのメンテナンス  15-2

エクスポート

CTC データ  18-40

ツールバーを使用  A-5

ネットワーク要素のデフォルト値  15-35

エリア範囲テーブル(OSPF)  19-53

オーダーワイヤ

削除  17-27

設定変更  19-7

プロビジョニング  17-82

オーバーヘッド回線

削除  17-27

作成  6-109

変更と削除  7-6

メニュー オプション  A-7

オフィス アースの接続  17-14

オフィス電源

接続  17-16

投入と確認  17-18

オフィス電源の投入  17-18

オプティカル カード、STM-N カード を参照

オフロード

監査追跡レコード  15-15

診断ファイル  15-16

オンライン ヘルプを使用  A-7

カード

CE-100T-8 も参照

CLEI コード  A-13

E シリーズ イーサネット カード も参照

G シリーズ イーサネット カード も参照

Line Terminating Equipment  18-19

ML シリーズ イーサネット カード も参照

アップグレード  12-1‐12-14

アラーム プロファイルの適用  18-18

カードの保護 も参照

共通コントロール カード も参照

サービス状態の変更  10-7, A-13

削除  18-81

シリアル番号  A-13

スロットの互換性  2-4

設定変更  10-1‐10-8

電気回路カード も参照

取り付けの確認  4-2

取り外し  2-23

取り外しおよび取り付け  2-23

部品番号  A-13

ポートをイン サービスまたはアウト オブ サービスにする  19-9

リセット  15-19, 17-32

リビジョン番号  A-13

カード保護

1:1 オプティカル カード保護 も参照

1:1 電気回路カード保護 も参照

1:N カード保護 も参照

カードの保護グループの変換  10-5

保護グループの削除  11-6

保護グループの作成  4-12

保護グループの変更  11-6

開梱

シェルフ  17-1

シェルフ アセンブリ  1-5

開始

MS-SPRing 強制リング切り替え  20-3

MS-SPRing 手動リング切り替え  20-2

MS-SPRing スパンのロックアウト  19-83

SNCP の強制切り替え  18-84

外部切り替えコマンド  15-17

電気的な保護切り替え  17-38

光保護切り替え  17-37

回線

Low-Order Aggregation Point、Low-Order Aggregation Point を参照

SNCP 回線パス セレクタの編集  19-25

SNCP のプロビジョニング  19-12

User Data Channel  19-8

VCAT 回線 も参照

アラームの表示  8-6

イーサネット も参照

回線状態の変更  19-22

回線ノード、アイコン  A-4

回線のステータス  20-79

クロスコネクト回線 も参照

検索  7-2, 18-26

検索と表示  7-2

高次回線 も参照

サービス中断なしにトラフィックを再ルーティング、回線、ブリッジおよびロール を参照

再作成  7-14

再設定  7-14

削除  17-23

始点および終点のオプション  6-3, 6-4

始点、説明  6-3

自動ルーティング、説明  6-3

終点、説明  6-3

修復  17-27

手動ルーティング、説明  6-3

状態  20-80

情報の表示  20-77

ショートカットによるプロビジョニング  A-11

スパンにおける表示  19-21

スパンのアップグレード  A-12

低次 VC3 のプロビジョニング  20-10

低次回線 も参照

低次トンネル も参照

デュアル ロール  19-38

名前の編集  19-23

ノードの追加  A-11

ノード名の変更による影響  15-11

パススルーの確認  20-64

半回線の作成  6-75, 6-77

表示のフィルタ処理  19-62

複数ドロップ  6-16, 6-29, 6-42

ブリッジおよびロール  7-12

変更と削除  7-5

ポートマップ モードの E シリーズ カード用に作成  6-83

保護タイプ  20-78

マージ  7-15

メニュー オプション  A-7

モニタ  7-7

リングを対象にしたテスト回線  6-117

ロール  19-26, 19-29, 19-31, 19-35, 19-38

ロールのキャンセル  19-41

ロールの削除  19-40

外部アラーム、AIC-I カード を参照

外部切り替えコマンド

1+1 ポートでの Force スイッチの開始  19-80

4 ファイバ MS-SPRing スパンの負荷テスト  17-95

MS-SPRing 強制切り替えのクリア  18-81

MS-SPRing 手動リング切り替えの開始  20-2

MS-SPRing 手動リング切り替えのクリア  19-41

MS-SPRing スパンのロックアウトの開始  19-83

MS-SPRing スパンのロックアウトのクリア  20-1

MS-SPRing の試験  19-10

MS-SPRing 強制リング切り替えの開始  20-3

SNCP 強制切り替えの開始  17-100, 18-84

SNCP 強制切り替えのクリア  18-85

開始  15-17

クリア  15-17

トラフィック カードのロック アウト  19-2

ロック オンの開始  19-1

外部制御、AIC-I カード を参照

外部ノードの設定

DCC の変更  20-65

IP アドレスの指定  20-65, 20-66

MS-DCC によるイネーブル化  20-71

MS-DCC のプロビジョニング  20-71

MS-DCC の変更  20-65

RS-DCC によるイネーブル化  20-69

開放端 SNCP、SNCP を参照

確認

カードの取り付け  4-2

1+1 現用スロットの状態  18-80

MS-SPRing 拡張バイト マッピング  20-82

オフィス電源  17-18

シェルフ アセンブリ パッケージの内容  17-1

縮小されたリングでのタイミング  18-82

ネットワークの立ち上げ  6-5

パススルー回線  20-64

仮想リンク

削除  17-35

作成  17-34

画面表示、表示 を参照

監査追跡

オフロード  15-15

表示  15-13

管理

OSI 情報  15-10

TARP Data Cache  18-76

ギガビット インターフェイス コンバータ、GBIC を参照

機器

インベントリ  A-13

カード、カード タイプ を参照

シスコが提供  1-3

設置用  1-3

テスト用  1-4

ユーザの準備  1-4

キャビネット コンパートメント、前面扉 を参照

強制切り替え

SNCP のクリア  18-85

開始  18-84

外部切り替えコマンドも 参照

共通コントロール カード

TCC2 カード も参照

TCC2P カード も参照

XC-VXC-10G カード も参照

XC-VXL-10G カード も参照

XC-VXL-2.5G カード も参照

切り替えテスト  19-55

取り付け  2-2

共有パケット リング  6-86

切り替え

TDM と DWDM のネットワーク ビュー間  20-82

外部切り替えコマンドも 参照

自動保護切り替え も参照

ノード タイミング基準  20-76

クラフト ピン接続、配線  1-18

クリア

MS-SPRing 強制切り替え  18-81

MS-SPRing 手動リング切り替え  19-41

MS-SPRing スパンのロックアウト  20-1

SNCP の強制切り替え  18-85

外部切り替えコマンド  15-17

切り替えたノードのタイミング基準  20-76

再初期化ツールの使用によるデータベース  19-43, 19-45

選択した PM のカウント  21-40

ロック オンまたはロック アウト  19-3

クローズ

CTC  A-5

FMEC カバー  1-21

クロスコネクト回線

E シリーズ  6-101

E シリーズ シングルカード EtherSwitch  6-92

E シリーズ マルチカード EtherSwitch  6-95

G シリーズ  6-101

ロール  19-35, 19-38

警告

検索  xxviii

国際  xxvii

設置用  1-2

経度、設定  4-5

ゲートウェイの設定、プロビジョニング  19-50

ケーブル

CAT-5、LAN ケーブル を参照

FMEC でのケーブルの取り付け  1-19

LAN ケーブルの取り付け  17-76, 20-17

アラーム ケーブルの取り付け  20-13

シスコが提供するモデル  1-3

接続、PC から ONS 15454 SDH へ  17-43

電気回路ケーブルの配線  1-20

同軸  20-18

パッチ  5-8

光ファイバ、取り付け  2-18

ファイバ も参照

検査

エア フィルタ  15-2

シェルフ アセンブリ  1-5, 17-2

シェルフの取り付けおよび接続  17-28

検索

回線  18-26

ネットワーク上のアラームとコンディション  19-82

検査、アダプタとコネクタ  19-4

公開鍵セキュリティ証明書のインストール  21-1

交換

STM-N カードの設定  19-48

カード  2-23

クロスコネクト カード  15-26‐15-27

再使用可能なエア フィルタ  15-2

ファン トレイ アセンブリ  15-28

工具、設置用  1-3, 1-4

高次回線

作成  6-60, 6-65, 6-69

テスト  6-73

プロビジョニング  17-103, 17-104

工場出荷時の設定、ネットワーク要素のデフォルト値 を参照

構成、ネットワーク を参照

コネクタ、STM-N カードへの取り付け  2-8‐2-10

コンディション

時間帯で表示  18-15

ネットワークをチェック  19-82

表示  8-4, 18-16

フィルタ パラメータの変更  21-14

履歴の表示  21-5

サードパーティ製の機器

DCC トンネルの作成  20-67

MS-SPRing の K3 バイトへの再マップ  17-90

開放端 SNCP のプロビジョニング  5-42

サービスの状態

PPM  10-7

VCAT メンバーの修正  17-78

カード  10-7, A-13

カードの状態遷移  10-7

機器  A-13

サービス要求

重大度の定義  xxxii

提出  xxxii

再初期化ツール  15-11

UNIX  19-45

Windows  19-43

再初期化ツールの使用によるソフトウェアのアップロード  19-43, 19-45

削除

DCC 終端  11-7

IP-over-CLNS トンネル  18-74

MS-DCC 終端  20-68

MS-SPRing ノード  14-7

PPM  10-8

RMON スレッシュホールド  9-6, 9-9, 21-28, 21-48

RS-DCC 終端  20-66

SNCP ノード  14-14

SNMP トラップ宛先  18-55

TARP Manual Adjacency Table エントリ  18-65

VCAT 回線のメンバー  17-75

VLAN  17-29

アラーム重大度プロファイル  21-12

イン サービスのリニア ADM ノード  14-21

オーダーワイヤ  17-27

オーバーヘッド回線  7-6, 17-27

カード  2-23, 18-81

カードの保護設定  11-6

回線  7-5, 17-23

クリアされたアラーム  8-5

スタティック TID/NSAP エントリ、TDC から  18-60

スタティック ルート  18-36

単一ノードから MS-SPRing を  18-83

単一ノードのユーザ  18-52

ドメイン  18-43

ノード  17-30, 17-50, A-5

ファイアウォール トンネル  18-1

複数ノードでのユーザ  18-53

プロキシ トンネル  18-1

プロビジョニング可能なパッチコード  11-7, 17-35

保護グループ  18-49

マルチレート PPM  18-29

ロール  19-40

作成

1+1 保護グループ  17-69

1:1 保護  17-66

1:N 保護グループ  17-68

2 ファイバ MS-SPRing  21-49, 21-51

4 ファイバ MS-SPRing  17-12, 17-24

DCC トンネル  20-67

E シリーズ マルチカード EtherSwitch クロスコネクト、手動  6-95

E シリーズ EtherSwitch 回線  6-79

E シリーズ カードを使用したハブアンドスポーク イーサネット構成  6-89

E シリーズ シングルカード EtherSwitch クロスコネクト、手動  6-92

E シリーズ ポートマップ カード用の回線  6-83

E シリーズの共有パケット リング イーサネット回線  6-86

G シリーズまたは E シリーズのポートマップ カード用のクロスコネクト、手動  6-101

IP カプセル化トンネル  17-3

IP-over-CLNS トンネル  18-64

J1 パス トレースまたは J2 パス トレース  7-11

Low-Order Aggregation Point  6-55

MS-SPRing  5-18, 19-42

RMON スレッシュホールド  9-6, 9-9, 21-32, 21-45

STM テスト回線  6-117

User Data Channel 回線  19-8

VCAT 回線  6-110, 6-114

アラーム重大度プロファイル  8-9, 21-6

イーサネット回線用 VLAN  6-90, 6-94

オーバーヘッド回線  6-109

高次回線  6-60, 6-65, 6-69

新規ユーザ  17-70, 17-71

スタティック ルート  17-60

低次回線  6-7, 6-12, 6-16, 6-20, 6-25, 6-29, 6-33, 6-38, 6-42

低次トンネル  6-47, 6-50

ドメイン アイコン  18-42

半回線  6-75, 6-77

プロビジョニング可能なパッチコード  17-34

ポート グルーピング用の低次パス トンネルの作成  6-52

保護グループ  4-12

ログイン ノード グループ  17-55

論理ネットワーク マップ  5-52

サブテンディング

MS-SPRing、MS-SPRing から  5-50

MS-SPRing、SNCP から  5-49

SNCP、MS-SPRing から  5-47

サブネット マスク

Windows の設定  17-41

プロビジョニング  4-8, 17-60, 19-50

サマータイム  4-6

シェルフ

受け入れテスト  1-22

オフィス アースの接続  17-14

オフィス電源の接続  17-16

開梱  1-5, 17-1

確認  17-1

検査  1-5, 17-2, 17-28

立ち上げ  4-1‐4-16

扉  1-8

取り付け  17-5, 17-7, 17-8

連絡先の変更  18-33

時間

時間の変更  18-34

設定  4-6

時間帯

アラームとコンディションの表示に使用  18-15

選択  4-6

時間の設定  4-6

シスコ製品のセキュリティ問題の報告  xxx

システム、ネットワーク を参照

事前プロビジョニング

PPM  18-8

SPF  18-8

XPF  18-8

スロット  21-37

プロビジョニング も参照

自動保護切り替え

STM-N トラフィックの双方向切り替え  17-69

復元切り替え  17-67

自動ホスト検出  17-45

自動ルーティング  19-31

社内 LAN  3-6

終端ノード、アイコン  A-4

受信レベル  2-19

手動ルーティング  19-35

診断ファイル、オフロード  15-16

ズーム  A-6

スタティック ルート

削除  18-36

作成  17-60

変更  18-35

ストレート型ケーブル、LAN ケーブル を参照

スパニング ツリー プロトコル

回線のブロッキング  6-81

情報の表示  17-20

スパン

4 ファイバ MS-SPRing の負荷テスト  17-95

SNCP の保護切り替え  A-11

アップグレード  12-1‐12-14, 19-81

色の変更  19-24

回線の表示  19-21

切り替え  17-97, 17-100

スパン情報の表示  A-9

復元(MS-SPRing)  17-13, 17-25

プロパティの表示  A-11

スパン アップグレード ウィザード

アップグレードの取り消し(ダウングレード)  12-12

開始  12-8

回復  12-12

スレッシュホールド

FC_MR-4 カード  9-9, 20-60, 20-61, 20-63, 21-30

FC_MR-4 カードの変更  10-6

STM-64 および MRC-12 カードの光設定の変更  18-12

STM-N カードの変更  10-3

電力モニタ、設定  4-7

スロット

1+1 現用スロットがアクティブであることの確認  18-80

AIC-I カード  4-2

TCC2 と TCC2P  4-2

アラーム カウントの表示  8-7

クロスコネクト  4-2

事前プロビジョニング  21-37

清掃

CLETOP によるコネクタ  19-5

アダプタとコネクタ、アルコールとドライ ワイプを使用  19-4

ファイバ コネクタ  15-18

セキュリティ

RADIUS  18-5

シスコ製品  xxx

設定  4-4

設定の変更  11-9

ノード セキュリティのロック  17-85

ノードのセキュリティ モードのイネーブル化  17-83

ノードのためのディセーブル化  17-86

パスワードおよびレベルの変更  18-51, 18-52

問題の報告  xxx

接続

オフィス アース  17-14

オフィス電源  17-16

切断

ノードの電源  16-1

設置

受け入れテスト  1-22

空のシェルフ  1-6

警告  1-2

工具  1-3

電源および信号 FMEC  1-9

設定

CTC Alerts ダイアログボックス  17-21

IP アドレス、LCD を使用  17-57

OSPF プロトコル  19-52

RIP  19-54

クラフト接続  17-40, 17-43, 17-45, 17-48

初期設定、ツールバーを使用  A-5

タイミング  17-62, 17-65

デフォルト ルータ、LCD を使用  17-57

電力モニタ スレッシュホールド  4-7

ネットワーク マスク、LCD を使用  17-57

ノード名、日付、時刻、連絡先の情報  4-5

ノード、RADIUS 認証  18-5

前面扉

交換  2-24

取り外し  1-8, 15-3, 17-11

開く  1-8, 17-10

送信レベル  2-19

ソフトウェア

CTC のオペレーティング システムの要件(Windows)  21-20

CTC も参照

確認、バージョン  17-54

互換性のないアラーム  17-54

設定  3-1

バージョンのミスマッチ、複数のノード間  17-54

ダイアログボックス、非表示にする  19-71

タイミング

BITS、BITS を参照

MIC-C/T/P ケーブルの取り付け  20-16

外部  17-62

縮小されたリングでのタイミングの確認  18-82

手動または強制基準切り替えのクリア  20-76

設定  4-11, 17-62

ソースの変更  18-49

内部  17-65

ノード クロックの設定  4-6

ノードのタイミング基準の切り替え  20-76

ノードのタイミング基準の変更  15-22

配線接続  1-18

ライン  17-62

レポートの表示  15-23

立ち上げ

ネットワークの確認  6-5

ノードについて確認  5-3

端末システム、ポイントツーポイント を参照

追加

MS-SPRing ノード  14-2

SNCP ノード  14-11

TARP Manual Adjacency Table エントリ  18-61

VCAT 回線へのメンバー  17-72

スタティック TID/NSAP エントリ、TDC へ  18-59

ノード、回線へ  A-11

ノード、現在のセッションまたはログイン グループへ  17-57

ノード、ツールバーを使用  A-5

ノード、ドメインへ  18-43

ノード、リニア ADM へ  14-16, 14-18

ツールバーにあるボタン

印刷  A-5

エクスポート  A-5

親ビューへ移動  A-6

初期設定  A-5

ズーム イン  A-6

セッションの終了  A-5

選択したオブジェクトのビューへ移動  A-6

選択領域のズーム イン  A-6

その他のノードへ移動  A-6

次の CTC ビューへ進む  A-6

ネットワーク ビューへ移動  A-6

ノードの削除  A-5

ノードの追加  A-5

ノードのロック  A-5

ホーム ビューへ移動  A-6

前の CTC ビューに戻る  A-6

低次回線

VC11 の作成  6-7, 6-12

VC11 のプロビジョニング  18-77, 18-79

VC12 の作成  6-20, 6-25

VC12 のプロビジョニング  17-2, 17-100

VC3 のプロビジョニング  17-102

作成  6-16, 6-29, 6-33, 6-38, 6-55

テスト  6-58

ドロップが複数個ある双方向低次 VC3 回線の作成  6-42

低次トンネル

自動ルーティング  6-47

手動ルーティング  6-50

説明  6-3

ポート グルーピング  6-52

ポート グルーピング用の低次パス トンネルの作成  6-52

ディセーブル化

OSPF  18-37

アラーム フィルタリング  8-10, 19-20

アラームの抑制  8-11

ダイアログボックス表示  19-71

ノードのセキュリティ モード  17-86

プロキシ サービス  17-51, 17-52

データ通信チャネル、DCC を参照

データベース

データベースのクリア  15-11

ノードおよびカードのデフォルト設定の復元  15-11

バックアップ  15-6

復元  15-7

復元されないパラメータ  15-11

データベースのバックアップ  15-6

適用

アラーム プロファイルをポートに  21-10

カードへのアラーム プロファイル  18-18

ノードへのアラーム プロファイル  18-18

テクニカル サポート

Web サイト  xxxi

入手方法  xxxi

テスト

1+1 光保護  17-88

2 ファイバ MS-SPRing  5-19

4 ファイバ MS-SPRing  5-22, 17-95, 17-97

E シリーズ イーサネットカイセン  6-99

G シリーズ回線  6-107

MS-SPRing の切り替え  17-91

MS-SPRing、トラフィック切り替えなし  19-10

SNCP 受け入れ  5-31

SNCP の保護切り替え  17-99

TCC2/TCC2P アクティブ/スタンバイ切り替え  19-55

開放端 SNCP のセットアップ  5-44

クロスコネクト カードのサイド切り替え  19-57

高次回線  6-73

シェルフ取り付け  1-22

使用機器  1-4

低次回線  6-58

ポイントツーポイント ネットワークのセットアップ  5-7

リニア ADM のセットアップ  5-12

テスト回線、作成  6-117

デフォルト ルータ

IP アドレスの入力  19-49

LCD による設定  17-57

初期プロビジョニング  4-8

変更、LCD を使用  17-58

電圧の測定  17-29

電気回路カード

1:1 保護から 1:N 保護へのアップグレード  10-5

FMEC でのケーブルの取り付け  1-19

回線およびスレッシュホールドの設定変更  20-39‐20-53

回線の設定変更とスレッシュホールドの変更  10-2

取り付け  2-11‐2-12

取り付け時の LED の動作  2-12

取り付けの確認  4-3

パフォーマンス モニタリング  9-3

保護  17-66

リセット  15-19, 17-32

電気的な保護切り替え、開始  17-38

電源

確認  17-18

シェルフへの接続  17-16

装置  1-12

電圧の測定  17-29

ノードの電源切断  16-1

電力モニタ スレッシュホールド、設定  4-7

同軸ケーブル、取り付け  20-18

ドキュメント、マニュアル を参照

扉、前面扉 を参照

トポロジー アップグレード

SNCP 回線の自動ルーティング  21-53

SNCP 回線の手動ルーティング  21-52

トポロジー アップグレード、メニュー オプション  A-7

ドメイン

移動  18-43

管理  18-42

削除  18-43

作成  18-42

名前変更  18-43

ノードの外部への移動  18-43

ノードの追加  18-43

開く  18-43

ドメイン アイコンの管理  18-42

トラップ、SNMP を参照

トラフィック

カード、STM-N カード を参照

カード、電気回路カード を参照

回線 も参照

トラフィック モニタリング

Performance Monitoring も参照

STM-N ポートでの J1 パス トレースのプロビジョニング  18-32

パス トレースの作成  7-11

モニタ回線の作成  7-7

トランスポンダ カード

Y 字型ケーブル保護  4-13

スプリッタ保護  4-13

トランスポンダ モード、G シリーズ ポートのプロビジョニング  6-104

取り付け

120 ohm E-1 ケーブル  20-19, 20-21

AIC-I カード  20-28

E1-75/120 変換パネル  1-16

FC_MR-4 カード  2-14

FMEC カバー  1-21

FMEC の電気回路ケーブル  1-19

GBIC、SFP、または XFP デバイス  20-29

MIC-C/T/P の LAN ケーブル  20-17

MIC-C/T/P への TL1 クラフト インターフェイス  17-76

MRC-12 ファイバ クリップ  18-3

STM-N カードおよび光コネクタ  2-8‐2-10

TCC2/TCC2P カード  20-23

アース  1-12

アラーム ケーブル  20-13

イーサネット カード  2-13, 17-33

共通コントロール カード  2-2

クロスコネクト カード  20-26

前面扉  2-24

タイミング線  20-16

電気回路カード  2-11‐2-12

電源装置  1-12

同軸ケーブル  20-18

光ファイバ ケーブル  2-18, 17-19, 17-36, 20-34, 20-37

ファイバ ブーツ  17-38

ファン トレイ アセンブリ  1-14

取り外し

FMEC カバー  20-12

GBIC、SFP、または XFP デバイス  20-33

キャビネットの前面扉  17-11

パススルー接続  17-77

ドロップ

高次回線の複数ドロップ  6-69

低次回線の複数ドロップ  6-16, 6-29, 6-42

ナビゲート、ツールバーを使用  A-6

ネットワーク

CTC アクセスの変更  11-3

CTC ビューのカスタマイズ  11-5

MS-SPRing、MS-SPRing を参照

アラームとコンディションのチェック  19-82

回線の構築  6-1, 7-1

基本情報の設定  19-49

構成の変換  13-1‐13-24

自動検出のディセーブル化  17-55

ネットワークの立ち上げの確認  6-5

ポイントツーポイント、ポイントツーポイント を参照

リニア ADM、リニア ADM を参照

ネットワーク アクセス、設定  4-8

ネットワーク ビュー

DWDM  A-8

TDM  A-8

TDM と DWDM との切り替え  20-82

カスタマイズ  11-5

カスタム背景イメージ(マップ)の使用  19-70

実行できる作業  A-11

ショートカット  A-11

新規ノードの追加に伴う回線の更新  A-11

新規ユーザの作成  17-71

スパンのアップグレード  A-12

ノードのマップへの追加、ドメイン を参照

背景の変更  18-37, 19-70

リンクのエンド(ドロップ)ポイントの表示  A-11

ネットワーク マスク、LCD による設定  17-57

ネットワーク マップ、作成  5-52

ネットワーク要素のデフォルト値

インポート  15-33

エクスポート  15-35

復元  15-11

編集  15-31

ノード

IP アドレスの修復  17-27

MS-SPRing からの削除  14-7

MS-SPRing ノード ID の変更  17-21

MS-SPRing の作成  19-42

MS-SPRing の追加  14-2

MS-SPRing のプロビジョニング  5-15

RADIUS 認証の設定  18-5

SNCP からの削除  14-14

SNCP のプロビジョニング  5-29

SNCP への追加  14-11

アクセス権限の変更  21-29

アラーム カウントの表示  8-7

アラーム プロファイルの適用  18-18

イン サービス、リニア ADM からの削除  14-21

ウィザードによるリニア ADM への追加  14-18

現在のセッションへの追加  17-57

工場出荷時の設定への復元  15-11

削除  17-30, 17-50, A-5

セキュリティ ポリシーの変更  19-72, 19-73

セキュリティ モードのイネーブル化  17-83

セキュリティ モードのディセーブル化  17-86

セキュリティのロック  17-85

タイミング基準切り替えのクリア  20-76

タイミング ソースの変更  18-49

タイミング基準の切り替え  20-76

タイミングの変更  11-8, 15-22

立ち上げ  4-1‐4-16

立ち上げの確認  5-3

追加、ツールバーを使用  A-5

電源切断  16-1

名前、日付、時刻、連絡先の情報の変更  18-33

ノード管理情報の変更  11-2

ノード名の変更  18-33

日付、時刻、連絡先情報、設定  4-5

メンテナンス  15-1‐15-35

ユーザの削除  18-52, 18-53

リニア ADM への追加  14-16

ノード ビュー

IP 設定のプロビジョニング  19-49

タイマーの設定  17-62

ユーザの作成  4-4, 17-70

ハードウェアの冗長性テスト、カード、切り替えテスト を参照

配線

電気回路ケーブル  1-20

光ファイバ ケーブル  2-21

ハイブリッド ノード、アイコン  A-3

背面カバー  1-21

パス トレース

J1 パス トレース を参照

J2 パス トレース を参照

作成  7-11

パススルー

回線、確認  20-64

接続、取り外し  17-77

パスワード

作成  17-70, 17-71

変更  18-51, 18-53

ログイン  17-54

ハブ ノード、アイコン  A-3

ハブアンドスポーク  6-89

非 ONS ノード、IP アドレスの設定  20-65, 20-66

光送受信レベル  2-19

光保護切り替え、開始  17-37

日付

設定変更  18-34

デフォルト  17-17

プロビジョニング  4-6

ビュー

概要  A-2

ショートカット  A-10

ネットワーク ビューで行うアクション  A-11

ネットワーク ビューのショートカット  A-11

ノード ビューのショートカット  A-10

ビューの切り替え  A-2

マウスによる変更  A-9

ヒューズ アラーム パネル

100 アンペア  1-13, 17-5, 17-7, 17-18

80 アンペア  17-18

カラム順序の変更  A-12

カラムのサイズ変更  A-12

ソート  A-12

データの印刷  18-38

テーブルのリスト も参照

表示されていないカラムの表示  A-12

フォーマットの変更  A-12

表示

CE-100T-8 カードの PM パラメータ  20-56, 20-57

E シリーズ イーサネット カードのメンテナンス情報  15-21

ES-IS RIB  18-75

FC_MR-4 カードの PM パラメータ  21-41, 21-42, 21-43

G シリーズ イーサネット カードのメンテナンス情報  15-20

IS-IS RIB  18-74

LCD のアラーム カウント  8-7

LCD のポート ステータス  21-19

ML シリーズの PM パラメータ  20-56, 20-57

MS-SPRing スケルチ テーブル  20-80

OSI 情報  15-10

STM-N PM パラメータ  21-2

アクティブ ログイン  18-7

アラーム  17-80, 18-15

アラームの影響を受ける回線  8-6

アラームまたはイベントの履歴  21-5

アラーム、履歴、イベント、コンディション  8-4

イーサネット MAC アドレス テーブル  20-5

イーサネット PM パラメータ  19-58, 19-59

イーサネット トランク使用状況  20-5

インベントリ  A-13

遠端側の PM カウント  18-24

回線  7-2

回線情報  20-77

監査追跡レコード  15-13

近端側の PM カウント  18-24

クロスコネクト カードのリソース使用率  7-3

コンディション  18-16

時間帯に合わせて表示したコンディション  18-15

ステータス バー  A-6

スパニングツリーの情報  17-20

スパン プロパティ  A-11

スパンにおける回線  19-21

タイミング レポート  15-23

ツールバー  A-6

ドメインのコンテンツ  18-43

開く

FMEC カバー  20-11

キャビネットの前面扉  17-10

ピン付き六角(アレン)キー  1-8, 2-25

ファイアウォール トンネル

削除  18-1

プロビジョニング  17-90

ファイアウォール、アクセス設定  4-9

ファイバ

GBIC への取り付け  20-29

STM-N カードへの取り付け  2-18, 17-19

アダプタの検査  19-4

アダプタの清掃  19-4

ケーブルの配線  2-21

ケーブル を参照

コネクタの検査  19-4

コネクタの清掃  15-18, 19-4

ファイバ ブーツの取り付け  17-38

方向反転可能なファイバ ガイド  2-22

ファイバ クリップ  2-21, 18-3

ファイバ ブーツの取り付け  17-38

ファイバ接続

LGX インターフェイスへの取り付け  17-36

MS-SPRing  20-37

MS-SPRing からの SNCP のサブテンディング  5-47

SNCP  20-34

SNCP DRI  20-36

SNCP からの MS-SPRing のサブテンディング  5-49

SNCP の確認  5-29

リニア構成  17-19

ファン トレイ アセンブリ

交換  15-28

取り付け  1-14

取り外し  15-3

ファン トレイ エア フィルタ、エア フィルタ を参照

フィラー カードの取り付け  2-16

フィルタリング

アラーム  19-19

アラーム、重大度別  8-10

回線表示  19-62

ディセーブル化、アラーム  19-20

パラメータの変更  21-14

フェライト  1-22

復元

データベース  15-7

ノードの工場出荷時の設定  15-11

復元切り替え

電気回路の保護  17-67, 17-68

光の保護  17-69

ブラウザ、必須バージョン  3-2

プラグイン ユニット、カード を参照

ブランク前面プレート、取り付け  2-17

ブリッジおよびロール、回線 および ロール を参照

ブレード、カード を参照

フロー制御水準点のプロビジョニング  20-59

プロキシ サーバ機能、プロビジョニング  19-50

プロキシ サービス

Internet Explorer によるディセーブル化  17-51

Netscape によるディセーブル化  17-52

プロキシ トンネル

削除  18-1

プロビジョニング  17-79

プロトコル

NTP  4-5

OSPF、OSPF を参照

SNTP  4-5

STP、スパニングツリー プロトコル を参照

プロビジョニング

CE-100T-8 イーサネット ポート  18-30

E シリーズ イーサネット  19-14, 19-15, 19-47

G シリーズ イーサネット  19-16, 20-59

G シリーズ ポート  6-104

IIOP リスナー ポート  17-61, 17-62

IP 設定  19-49

J1 パス トレース  18-32, 19-64

J2 パス トレース  20-73

MS-DCC 終端  20-71

MS-SPRing ノード  5-15

MS-SPRing 半回線  20-6

MS-SPRing/SNCP DRI  5-38, 5-40

OSI  4-16, 18-56, 18-61, 18-62

OSI の変更  11-4

PPM  10-8

RS-DCC 終端  20-69

SNCP  5-29, 20-7

SNCP DRI  5-34

SNCP リング セレクタ  19-12

TARP  4-16, 18-57

VCAT 回線  17-22, 17-30

オーダーワイヤ  17-82

回線、ネットワーク ビューから  A-11

外部アラームおよび制御  8-12

開放端 SNCP  5-42

高次回線  17-103, 17-104

事前プロビジョニング も参照

従来型 MS-SPRing DRI  5-25

資料作成  8-3

低次 VC11 回線  18-77, 18-79

低次 VC12 回線  17-2

低次 VC12 回線ルート  17-100

低次 VC3 回線  17-102, 20-10

統合 MS-SPRing DRI  5-27

統合 SNCP DRI  5-36

ファイアウォール トンネル  17-90

プロキシ トンネル  17-79

ポイントツーポイント ネットワーク  5-5

マルチレート PPM  18-27

マルチレート PPM の光回線レート  18-28

リニア ADM  5-10

プロビジョニング可能なパッチコード

削除  11-7, 17-35

作成  17-34

変更  11-7

分岐挿入装置、リニア ADM を参照

ヘルプ、オンライン ヘルプ を参照

変換、アップグレード を参照

変更

1+1 保護グループ  18-48

1:1 保護  18-43

1:N 保護グループ  18-45

AIC-I カードの設定  10-4

CTC ネットワーク アクセス  11-3

DCC 終端  11-7

FC_MR-4 カードの PM パラメータ スレッシュホールド  10-6

FC_MR-4 カードの回線設定  10-6

FC_MR-4 カードの設定  20-60, 20-61, 20-63, 21-30

IP 設定  19-69

JRE バージョン  21-4

MIC-C/T/P ポートの IP 設定  17-85

MS-DCC 終端  20-65

MS-SPRing の ID または復元時間  13-23

MS-SPRing ノード ID  17-21

OSI プロビジョニング  11-4

OSI ルーティング モード  18-70

OSPF プロトコル  19-52

Performance Monitoring の表示  9-2

PPM  10-8

PPM のサービス状態  10-7

RIP  19-54

RS-DCC 終端  20-65

SNMP トラップ宛先  19-74

STM-64 および MRC-12 カードの光スレッシュホールド  18-12

STM-N カードの PM パラメータ スレッシュホールド  10-3

STM-N カードの SDH スレッシュホールドの設定  20-53

STM-N カードの回線設定  10-3, 18-9

TARP 動作パラメータ  18-57

VCAT メンバーのサービス状態  17-78

アクティブ スパンおよびスタンバイ スパンの色  19-24

アラーム重大度フィルタ  8-10

アラーム履歴のセッション エントリの最大数  18-13

アラーム、コンディション、および履歴のフィルタ パラメータ  21-14

イーサネット PM カウントのリフレッシュ間隔  19-60

オーダーワイヤの設定  19-7

オーバーヘッド回線  7-6

カードのサービス状態  10-7

カードの設定  10-1‐10-8

カードの保護設定  11-6

回線  7-5

回線およびスレッシュホールドの設定  20-39‐20-53

回線状態  19-22

外部アラーム  19-6

外部制御  19-7

スタティック ルート  18-35

セキュリティ  11-9

デフォルトのネットワーク ビュー マップ  21-27

電気回路カードの回線およびスレッシュホールドの設定  10-2

トンネル タイプ  17-26

ネットワーク ビューの背景色  18-37

ネットワーク ビュー背景マップ  19-70

ノード アクセス権限と PM クリア権限  21-29

ノード管理情報  11-2

ノードのセキュリティ ポリシー  19-72, 19-73

ノードの設定  11-1‐11-10

ノードのタイミング  11-8, 15-22, 18-49

ノード名、日付、時刻、連絡先の情報  18-33

プロビジョニング パッチコード  11-7

変更 も参照

法的免責事項  19-68

ポート サービスの状態  19-9

マルチレート PPM の光回線レート  18-29

ユーザ  11-9

ユーザのパスワードおよびセキュリティ  18-51, 18-52

編集

IP-over-CLNS トンネル  18-73

OSI サブネットワーク ポイント オブ アタッチメント  18-72

OSI ルータ設定  18-71

SNCP DRI 回線ホールドオフ タイマー  19-64

SNCP 回線パス セレクタ  19-25

回線名  19-23

ネットワーク要素のデフォルト値  15-31

ポインタ位置調整カウント

イネーブル化およびディセーブル化  18-19

使用理由  18-19

ポイントツーポイント型

アップグレード  13-2, 13-5, 13-7, 13-10, 13-13, 13-14

受け入れテスト  5-7

プロビジョニング  5-5

ポート

1+1 保護のプロビジョニング  17-69

CE-100T-8  18-30, 18-34

E シリーズ イーサネット  19-14

FC_MR-4 カードの設定変更  21-30

G シリーズ イーサネット  6-104, 19-16

IIOP リスナー ポート  17-61, 17-62

LCD のステータス表示  21-19

MIC-C/T/P の IP 設定修正  17-85

SNMP のデフォルトの UDP ポート  19-75

UDP  4-14

アラーム カウントの表示  8-7

アラーム プロファイルの適用  21-10

オプティカル ポートをイン サービスまたはアウト オブ サービスにする  19-9

グルーピング用の低次パス トンネルの作成  6-52

名前の割り当て  20-8

保護  4-12

保護

1:1 保護から 1:N 保護への変換  10-5

SDH トポロジー も参照

カードの保護 も参照

自動保護切り替え も参照

保護切り替えの開始  17-37, 17-38

保護グループの作成  4-12

マップ(ネットワーク)  19-70, 21-27

マニュアル

CD-ROM  xxix

DVD  xxviii

関連  xxvi

構成  xxii‐xxv

その他の入手  xxxiii

対象読者  xxii

入手方法  xxviii‐xxix

発注方法  xxix

表記法  xxvii

目的  xxii

メンバー(VCAT)

サービス状態の変更  17-78

削除  17-75

追加  17-72

モジュール、カード を参照

モニタ回線、作成  7-7

モニタリング

FC_MR-4 カードおよびポート  9-8

STM-N カードおよびポート  9-7

イーサネット カードおよびポート  9-5

選択した信号の PM カウント  21-38

電気回路カードおよびポート  9-3

パフォーマンス、Performance Monitoring を参照

ユーザ

削除  18-52, 18-53

作成  17-70, 17-71

設定  4-4

パスワードおよびセキュリティの変更  18-51, 18-52

パスワードまたはセキュリティ設定の変更  18-51

変更  11-9

ログアウト  20-8, 20-9

抑制

アラーム レポート  21-16

アラーム報告  8-11

アラーム抑制の中止  21-18

ラック

シェルフの取り付け  17-5, 17-7

設置  1-6‐1-7

複数のシェルフの取り付け  17-8

ラックへのシェルフ アセンブリの取り付け

1 人で作業する場合  17-5

2 人で作業する場合  17-7

複数のシェルフ  17-8

リスト ストラップのプラグ差し込み口  17-10

リスナー ポート

プロビジョニング  4-8

リセット

CE-100T-8 カード  18-2, 18-3

PM カウント  18-25

TCC2/TCC2P カード  17-31

トラフィック カード  17-32

リニア ADM

アップグレード  12-8, 13-7, 13-10, 13-13, 13-14

受け入れテスト  5-12

ノードの削除  14-21

ノードの追加  14-16, 14-18

プロビジョニング  5-10

リフレッシュ

FC_MR-4 カウント  21-44

PM カウント  19-60

イーサネット PM カウント  21-37

その他の PM カウント  18-23

履歴

セッション エントリの最大数の変更  18-13

表示  8-4

フィルタ パラメータの変更  21-14

リング

MS-SPRing も参照

SNCP も参照

サブテンディング リング も参照

リング名の設定  13-23

リングの試験  19-10

リングを対象にした STM 回線  6-117

ルーティング

SNCP 回線(手動)トポロジー アップグレード  21-52, 21-53

ループバック

2 ファイバ MS-SPRing  5-20

4 ファイバ MS-SPRing  5-23

Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide も参照

SNCP  5-32, 5-45

ポイントツーポイント型  5-8

リニア ADM  5-13

ロール  19-41

1 つの回線への 2 つのクロスコネクト  19-31, 19-35, 19-38

クロスコネクト  19-35, 19-38

始点または終点(特定の光回線)  19-26

終点、回線間  19-29

トラフィックのブリッジおよびロール  7-12

ロールのキャンセル  19-41

ロールの削除  19-40

ログアウト

単一ノードのユーザ  20-8

複数ノードのユーザ  20-9

ログイン

CTC へ  17-53

GUI への  3-8

ログイン ノード グループ

作成  17-55

指定したグループからの削除  17-50

ノードの削除  14-10

表示  17-55

ログイン時の法的免責事項説明の変更  19-68

ロック

CTC、ツールバーを使用  A-5

ノードのセキュリティ  17-85

ロック アウト

クリア  19-3, 20-1

適用  19-2

ロック オン

クリア  19-3

ロックオン

適用  19-1

割り当て

アラーム重大度プロファイル  8-9

ポート名  20-8