Cisco ONS 15454 DWDM 手順ガイド 製品およびソフトウェア リリース 9.2
PCLI を使用した GE_XP、10GE_XP、 GE_XPE、および 10GE_XPE カードの設定
PCLI を使用した GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、および 10GE_XPE カードの設定
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2011/03/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 31MB) | フィードバック

目次

PCLI を使用した GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、および 10GE_XPE カードの設定

はじめる前に

PCLI を使用した GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、および 10GE_XPE カードの設定

この章では、Pseudo Command Line Interface(PCLI)を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、および 10GE_XPE カードをプロビジョニングする方法について説明します。


) この章で説明されている Cisco ONS 15454 プラットフォームに関する手順およびタスクは、特に明記されていない限り、Cisco ONS 15454 M2 プラットフォームおよび Cisco ONS 15454 M6 プラットフォームにも適用されます。



) 別途指定されていない限り、「ONS 15454」は ANSI と ETSI の両方のシェルフ アセンブリを指します。


はじめる前に

次の手順を実行する前に、すべてのアラームをよく調査し、問題となる状況をすべて解消してください。必要に応じて、『 Cisco ONS 15454 DWDM Troubleshooting Guide 』を参照してください。


注意 TXP および MXP カードのプロビジョニングは、サービスに影響することがあります。すべての変更は、スケジュールされたメンテナンス時間中に行ってください。

ここでは、主要手順(NTP)を示します。適切なタスクの手順(DLP)を参照してください。

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

「G223 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポリシーを作成する」

「G216 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのリンク完全性をイネーブルにする」

「G220 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP スヌーピングをイネーブルにする」

「G217 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP 高速脱退処理をイネーブルにする」

「G218 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのマルチキャスト ルータ ポートを設定する」

「G219 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP レポート抑制をイネーブルにする」

「G224 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの MVR をイネーブルにする」

「G225 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの SVLAN レート制限をプロビジョニングする」

「G226 PCLI を使用する GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの SVLAN 上の MAC アドレス ラーニングをイネーブルにする」

「G227 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの SVLAN を作成する」

「G282 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループを設定する」

「G286 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM を設定する」

「G284 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの CFM を設定する」

「G288 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの REP を設定する」

 

NTP-G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス

 

目的

この手順では、CTC または Telnet を使用して PCLI テキスト インターフェイスにアクセスする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

検索以上


ステップ 1 PCLI にアクセスするノードで「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 PCLI には、次の方法でアクセスできます。

CTC を使用して PCLI テキスト インターフェイスにアクセスするには、[Tools] > [Open Pseudo IOS Connection] メニュー オプションを選択するか、ネットワーク ビュー内のノードを右クリックして [Open Pseudo IOS Connection] を選択します。

コマンド プロンプトから PCLI にアクセスするには、ノード ビューの [Provisioning] > [Security] > [Pseudo IOS Access] で PCLI アクセス用に設定されているアクセス ステートに応じて、Telnet または SSH を使用できます。アクセス ステートがデフォルトのステートである非セキュアに設定されている場合、次の手順で示すように、Telnet を使用して PCLI セッションを確立できます。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

telnet <node ip or node name> <port number>
 

telnet 10.76.148.176 65000

MSTP-176>

Telnet を使用して PCLI セッションを確立します。

の順にクリックします。

ステップ 2

exit
 

MSTP-176> exit

PCLI テキスト インターフェイスを終了します。

ステップ 3

enable shelf/slot
 

MSTP 176# enable 1/12

他のコンフィギュレーション モードを開始できる位置から特権 EXEC モードを開始します。特権 EXEC モードでは、いくつかの show コマンドも使用できます。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

アクセス ステートがセキュアに設定されている場合は、次の手順で示すように、Open SSH などの SSH クライアントを使用して、PCLI セッションを確立できます。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

ssh -p <node ip or node name > <port number>
 
 

ssh -p 10.76.148.194 64000

MSTP-176>

SSH を使用して PCLI セッションを確立します。

の順にクリックします。

 

ステップ 2

exit
 

MSTP-176> exit

PCLI テキスト インターフェイスを終了します。

ステップ 3

enable shelf/slot
 

MSTP 176> enable 1/12

他のコンフィギュレーション モードを開始できる位置から特権 EXEC モードを開始します。特権 EXEC モードでは、いくつかの show コマンドも使用できます。

PCLI コマンドの詳細については、『 Cisco ONS DWDM Reference Manual 』を参照してください。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

NTP-G223 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポリシーを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポリシーを作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。


 


ステップ 1 ポリシーを作成するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

「G517 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの入力ポリシーを作成する」

「G518 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの出力ポリシーを作成する」

「G519 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのサービス インスタンス ポリシーを作成する」

「G520 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに入力ポリシーを適用する」

「G521 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに出力ポリシーを適用する」

「G522 PCLI を使用して GE_XPE または 10GE_XPE カードのポートにサービス インスタンス ポリシーを適用する」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G517 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの入力ポリシーを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの入力ポリシーの一部として、CIR、EIR、CBS、EBS、および入力 COS パラメータを作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


) CIR、EIR、CBS、EBS、および入力 COS パラメータを作成すると、ノード内のこれらのタイプの他のカード間でポリシーを使用できます。「G520 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに入力ポリシーを適用する」を参照してください。



ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map name
 
MSTP 176# (config) policy-map pmap
MSTP-176# (config-pmap)#

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

police cir percent % bc bytes be bytes
 

MSTP-176(config-pmap)#police cir percent 20 bc 64 be 128

CIR、EIR、CBS、および EBS の値を設定します。

ステップ 4

set cos number
 

MSTP 176 (config-pmap)# set cos 6

入力 COS パラメータを設定します。

ステップ 5

exit
 

MSTP-176(config-pmap# exit

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

 

DLP-G518 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの出力ポリシーを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの出力ポリシーを作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) 出力ポリシーを作成すると、ノード内のこれらのタイプの他のカード間でポリシーを使用できます。「G521 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに出力ポリシーを適用する」



ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map name
 
MSTP 176# (config) policy-map pmap
MSTP-176# (config-pmap)#

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

wrr-queue cos-map <queue-id> <cos1>
<cosn>
 

MSTP-176(config-pmap)#wrr-queue cos-map 1 1

キュー ID を特定の COS にマップします。

ステップ 4

wrr-queue <queue-id> weight <1-16> bandwidth percent <%>
 

MSTP 176 (config-pmap)# wrr-queue 1 weight 2 band per 90

キューの WRR および帯域幅の値を設定します。

ステップ 5

exit
 

MSTP-176(config-pmap# exit

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G519 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのサービス インスタンス ポリシーを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カード上の CVLAN 用の COS を定義するために使用可能なサービス インスタンス ポリシーを作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) サービス インスタンス ポリシーを作成したら、ノード内のこれらのタイプの他のカード間でポリシーを使用できます。「G522 PCLI を使用して GE_XPE または 10GE_XPE カードのポートにサービス インスタンス ポリシーを適用する」



ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map name
 
MSTP 176# (config) policy-map pmap
MSTP-176# (config-pmap)#

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

set cos < number >
 

MSTP 176 (config-pmap)# set cos 6

COS 値を設定します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-pmap)# exit

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G520 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに入力ポリシーを適用する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに入力ポリシーを適用する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G517 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの入力ポリシーを作成する」を実行します。

GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードでは、入力ポリシーを適用する前に、ポートがシャットダウンされていることを確認します。

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1
MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

service-policy input <name>

 

MSTP 176 (config-if)# service-pol input ingresspolicy1

指定された入力ポリシーをポートにマップします。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G521 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに出力ポリシーを適用する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのポートに出力ポリシーを適用する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G518 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの出力ポリシーを作成する」を実行します。

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1
MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

service-policy output <name>

 

MSTP 176 (config-if)# service-policy output egresspolicy1

指定された出力ポリシーをポートにマップします。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

 

DLP-G522 PCLI を使用して GE_XPE または 10GE_XPE カードのポートにサービス インスタンス ポリシーを適用する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XPE または 10GE_XPE カードのポートにサービス インスタンス ポリシーを適用する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G519 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのサービス インスタンス ポリシーを作成する」を実行します。

GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードでは、出力ポリシーを適用する前に、ポートがシャットダウンされていることを確認します。

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) サービス インスタンスは、PCLI を使用してポート上で編集できません。サービス インスタンス ポリシーは、サービス インスタンス作成時に指定する必要があります。



ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1
MSTP-176# (config-if#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

service instance ethernet vlan
 
MSTP 176# (config-if) service instance ethernet vlan1
MSTP-176# (config-if-srv)#

サービス インスタンス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

rewrite ingress tag translate 1-to-1 <multipurpose vlan> push dot1q <svlan>

 

MSTP 176 (config-if-srv)# rewrite ingress tag translate 1 1 push dot1 1

ポート上の CVLAN および SVLAN の関係を指定します。

ステップ 5

service policy input <policy name>

 

MSTP 176 (config-if-srv)# service-policy input serviceinstancepolicy1

ポートに対して指定したサービス インスタンス ポリシーを関連付けます。

ステップ 6

exit
 

MSTP-176(config-if-srv)# exit

MSTP-176(config-if)#

サービス インスタンス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 7

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

 

NTP-G226 PCLI を使用する GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの SVLAN 上の MAC アドレス ラーニングをイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの MAC アドレス ラーニングをイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 MAC アドレス ラーニングをイネーブルにするノードで、「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable shelf/slot
 

MSTP 176# enable 1/12

設定するカードのシェルフおよびスロットを選択します。

ステップ 2

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mac-address-table learning vlan < vlan-id >
 

MSTP-176(config)# mac-address-table learning vlan 2

MAC アドレスの学習に基づいてインターフェイスをイネーブルにします。各 SVLAN で繰り返しコマンドを実行して、MAC アドレス ラーニングをイネーブルにします。

ステップ 4

mac-address-table learning interface <type> <port>
 

MSTP-176(config)# mac-address-table learning gigabitethernet 2

MAC アドレスの学習に基づいてインターフェイスをイネーブルにします。各 SVLAN で繰り返しコマンドを実行して、MAC アドレス ラーニングをイネーブルにします。

ステップ 5

exit
 

MSTP-176(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 6

元の手順(NTP)に戻ります。

--

NTP-G216 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのリンク完全性をイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのリンク完全性をイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 リンク完全性をイネーブルにするノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

vlan profile name
 

MSTP 176 (config)# vlan profile profile4

MSTP 176 (config-profile)

VLAN プロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

link integrity
 

MSTP 176 (config-profile) link integrity

リンク完全性をイネーブルにします。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-profile)# exit

VLAN プロファイル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 5

vlan profile name vlan svlanid interface type port

 

MSTP 176 (config)# vlan profile a vlan 2 interface gigabitethernet 2

ポート上の SVLAN に SVLAN プロファイルを関連付けます。

ステップ 6

interface type port

 

MSTP 176 (config)# interface gigabitethernet 2

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 7

link integrity action {none | squelch | propagate}

 

MSTP 176 (config-if)# link integrity action squelch

UNI ポートで終端する SVLAN で AIS パケットを受信すると、UNI ポートでスケルチ処理が実行されます。

ステップ 8

exit
 

MSTP-176(config-profile)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 9

元の手順(NTP)に戻ります。

--

NTP-G225 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの SVLAN レート制限をプロビジョニングする

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 SVLAN レート制限をプロビジョニングするノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

vlan profile name
 

MSTP 176 (config)# vlan profile profile4

MSTP 176 (config-profile)

VLAN プロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

police cir percent <%> pir percent <%>
bc <byte> be <byte>
 

MSTP-176(config-profile)# police cir percent 20 bc 64 be 128

入力レート制限を入力します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-profile)# exit

VLAN プロファイル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 5

vlan profile name vlan svlanid interface type port

 

MSTP 176 (config)# vlan profile a vlan 2 interface gigabitethernet 2

ポート上の SVLAN に SVLAN プロファイルを関連付けます。

ステップ 6

元の手順(NTP)に戻ります。

--

NTP-G220 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP スヌーピングをイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP スヌーピングをイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 IGMP スヌーピングをイネーブルにするノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

vlan < vlan-id>
 
MSTP-176# (config)# vlan 2
MSTP-176# (config-vlan)#

VLAN コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip igmp snooping
 
MSTP-176(config-vlan)# ip igmp snooping

IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

コマンドを使用します。

ステップ 4

exit
 
MSTP-176(config-vlan)# exit

VLAN コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 5

元の手順(NTP)に戻ります。

--

NTP-G217 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP 高速脱退処理をイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの高速脱退処理をイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 IGMP 高速脱退処理をイネーブルにするノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 
MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

vlan < vlan-id>
 
MSTP-176# (config)# vlan 2
MSTP-176# (config-vlan)#

VLAN コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip igmp snooping immediate-leave
 
MSTP-176(config-vlan)# ip igmp snooping immediate-leave

IGMP 高速脱退処理をイネーブルにします。

コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ステップ 4

exit
 
MSTP-176(config-vlan)# exit

VLAN コンフィギュレーション モードを終了します。

 

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G218 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのマルチキャスト ルータ ポートを設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのマルチキャスト ルータ ポートを設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 マルチキャスト ルータ ポートを設定するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface {gigabitethernet | tengigabitethernet} port
 

MSTP-176(config)# interface gigabitethernet 1

MSTP-176(config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip igmp snooping mrouter
 
MSTP-176(config-if)# ip igmp snooping mrouter

ポートのマルチキャスト ルータ ポート機能をイネーブルにします。

コマンドを使用します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G219 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP レポート抑制をイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの IGMP レポート抑制をイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 レポート抑制をイネーブルにするノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

vlan id
 
MSTP-176# (config)# vlan 2
MSTP-176# (config-vlan)#

VLAN コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip igmp snooping report-suppression
 
MSTP-176(config-vlan))# ip igmp snooping report-suppression

IGMP スヌーピングのレポート抑制をグローバルにイネーブルにします。

を使用します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-vlan)# exit

VLAN コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G224 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの MVR をイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの MVR をイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 MVR をイネーブルにするノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mvr group ip-address count
 

MSTP-176(config)# mvr group 228.1.23.4

 

MVR をイネーブルにする必要のあるマルチキャスト グループ アドレス範囲の開始 IP アドレスを指定します。count パラメータを使用して、グループ数を制限します。

(注) GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードでは、最大 256 個の MVR マルチキャスト グループを設定できます。

(注) MVR は、ここで設定したマルチキャスト グループだけに適用されます。この範囲以外のマルチキャスト グループの場合、通常の IGMP 処理が発生します。

(注) count は、1 ~ 256 の範囲で設定できます。単一グループで MVR をイネーブルにするには、1 を使用します。IP アドレス範囲は、224.0.0.0 ~ 239.255.255.255 である必要があります。

ステップ 3

mvr vlan vlan-id
 

MSTP-176(config)# mvr vlan 2

マルチキャスト データを受信する VLAN を指定します。すべてのポートはこの VLAN に属す必要があります。指定できる VLAN 範囲は 1 ~ 4093 です。

ステップ 4

mvr
 

MSTP-176(config)# mvr

MVR をイネーブルにします。

を使用します。

ステップ 5

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 6

元の手順(NTP)に戻ります。

--

NTP-G227 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの SVLAN を作成する

 

目的

この手順では、PCLI 使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カード上の SVLAN を作成または削除する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 SVLAN を作成するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

vlan < vlan-id >
 
MSTP-176# (config)# vlan 2

VLAN を作成します。

コマンドを使用します。

ステップ 3

exit
 

MSTP-176(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G228 PCLI を使用してサービス インスタンスを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの UNI ポートおよび NNI ポート上の VLAN コンフィギュレーションの定義に使用するサービス インスタンスを作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

サービス インスタンスに含める SVLAN を作成します。

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 SVLAN を作成するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1
MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

service instance ethernet vlan
 
MSTP 176# (config-if)# service instance ethernet vlan10
MSTP-176# (config-if-srv)#

サービス インスタンス コンフィギュレーション モードを開始します。

ポートが UNI として設定されている場合は、ステップ 4へ進みます。ポートが NNI ポートとして設定されている場合は、ステップ 14 へ進みます。

ステップ 4

encapsulation default
 
MSTP 176# (config-if-srv)# encapsulation default

トランスペアレント モードでポートを設定します。

(注) このコマンドを実行する前に、ポートがディセーブル ステートになっている必要があります。

(注) encapsulation コマンドと rewrite コマンドをペアで実行する必要があります。どの rewrite コマンドよりも、encapsulation コマンドを先に実行する必要があります。ポート単位に encapsulation コマンドと rewrite コマンドのペアを 1 つだけ実行できます。

ステップ 5

rewrite ingress tag push dot1q <svlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# rewrite ingress tag push dot1q 10

(注) このコマンドを実行する前に、ポートがディセーブル ステートになっている必要があります。

(注) encapsulation コマンドと rewrite コマンドをペアで実行する必要があります。どの rewrite コマンドよりも、encapsulation コマンドを先に実行する必要があります。ポート単位に encapsulation コマンドと rewrite コマンドのペアを 1 つだけ実行できます。

ステップ 6

encapsulation dot1q <first cvlan> <last cvlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# encapsulation dot1 20 30

選択的追加モードで特定の SVLAN にマップされた CVLAN の範囲内のポートを設定します。

20 ~ 30(20 と 30 を含む)の範囲の VLAN ID を持つタグ付きフレームが照合されます。

ステップ 7

rewrite ingress tag push dot1q <svlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# rewrite ingress tag push dot1q 10

(注) このコマンドを実行する前に、ポートがディセーブル ステートになっている必要があります。

(注) encapsulation コマンドと rewrite コマンドをペアで実行する必要があります。どの rewrite コマンドよりも、encapsulation コマンドを先に実行する必要があります。ポート単位に encapsulation コマンドと rewrite コマンドのペアを 1 つだけ実行できます。

(注) 複数の encapsulation コマンドと rewrite コマンドを同じサービス インスタンスの一部として設定できます。

ステップ 8

encapsulation dot1q <first cvlan> <last cvlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# encapsulation dot1 20 20

選択的変換モードでポートを設定します。

VLAN ID 20 のタグ付きフレームが照合されます。

ステップ 9

rewrite ingress tag translate 1-to-1 <svlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# rewrite ingress tag translate 1 10

SVLAN タグ値が 10 の入力タグ 20 を上書きします。

(注) 特定のサービス インスタンスの一部として、または異なるサービス インスタンスとして設定されたポート上の encapsulation と rewrite の 2 つのコマンドに同じ SVLAN は使用できません。

ステップ 10

encapsulation untagged
 

MSTP 176# (config-if-srv)# encapsulation untagged

二重追加モードでポートを設定します。

タグなしパケットを照合するには、CVLAN を 0 になるように指定します。

ステップ 11

rewrite ingress tag push dot1q <multipurpose vlan> second-dot1q <svlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# rewrite ingress tag push dot1q 10 second-dot1q 20

入力タグなしパケットに 2 つの SVLAN タグを追加します。

(注) ポート単位に encapsulation コマンドと rewrite コマンドのペアを 1 つだけ実行できます。

(注) このコンフィギュレーションがサポートされるのは、GE_XPE および 10 GE_XPE カードだけです。

ステップ 12

encapsulation dot1q <first cvlan> <last cvlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# encapsulation dot1q 9 9

VLAN ID 9 のタグ付きフレームを照合します。

 

ステップ 13

rewrite ingress tag translate 1-to-1 <multipurpose vlan> push dot1q <svlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# rewrite ingress tag translate 1 25 push dot1 30

CVLAN タグを SVLAN タグ 25 に変換し、別の SVLAN タグ 30 を追加します。

(注) このコンフィギュレーションがサポートされるのは、GE_XPE および 10 GE_XPE カードだけです。

ステップ 14

bridge-domain <svlan>
 

MSTP 176# (config-if-srv)# bridge-domain 10

SVLAN 10 にポートを追加します。

ステップ 15

exit
 

MSTP 176# (config-if-srv)# exit

MSTP 176# (config-if)#

サービス インスタンス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 16

exit
 

MSTP 176# (config-if)# exit

MSTP-176(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 17

exit
 

MSTP-176(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G282 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループを設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループを作成および設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 チャネル グループを作成および設定するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

「G619 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループを作成する」

「G620 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループにポートを追加する」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G619 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループを作成する方法、およびチャネル グループ モードを変更する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


) GE_XP および GE_XPE カードは最大 11 個のチャネル グループ、10GE_XP および 10GE_XPE カードは最大 2 個のチャネル グループを作成できます。



ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface channel-group number
 
MSTP 176(config)# interface channel-group 7

チャネル グループを ID 7 で作成します。

ステップ 3

interface channel-number
 
MSTP 176#(config) # interface 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

mode chanlgrp-mode
 

MSTP 176 (config-if)# mode passive

チャネル グループ モードをパッシブに設定します。

ステップ 5

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

 

DLP-G620 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループにポートを追加する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのチャネル グループにポートを追加する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) GE_XP および GE_XPE カードのチャネル グループには最大 8 個のポートを、10GE_XP および 10GE_XPE カードのチャネル グループには最大 3 個のポートを割り当てできます。



ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 15

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

channel-group port-number
 

MSTP 176 (config-if)# channel-group 1

チャネル グループにポートを追加します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G286 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM を設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM を設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 EFM を設定するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

「G643 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM をイネーブルにする」

「G644 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM モードを設定する」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G643 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM をイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM をイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


) EFM は、インターフェイス上でイネーブルになります。



ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet oam mode efm_mode
 

MSTP 176 (config-if)# ethernet oam mode passive

インターフェイス上で EFM をイネーブルにします。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G644 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM モードを設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの EFM モードを設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet oam mode efm-mode
 

MSTP 176 (config-if)# ethernet oam mode passive

EFM モードをパッシブに設定します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G284 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの CFM を設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの CFM を設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 CFM を設定するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

「G635 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの CFM をイネーブルにする」

「G636 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのメンテナンス ドメインを作成する」

「G637 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのメンテナンス中間ポイントを作成する」

「G638 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのメンテナンス エンド ポイントを作成する」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

DLP-G635 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの CFM をイネーブルにする

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの CFM をイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ethernet cfm ieee
 

MSTP 176(config) # ethernet cfm ieee

カードの CFM をイネーブルにします。

ステップ 3

exit
 

MSTP-176(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G636 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのメンテナンス ドメインを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのメンテナンス ドメインを作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ethernet cfm domain domain_name level level
 

MSTP 176 (config)# ethernet cfm domain test_domain level 4

特定のメンテナンス レベルでメンテナンス ドメインを作成します。

ステップ 3

exit
 

MSTP-176(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G637 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのメンテナンス中間ポイントを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの Maintenance Intermediate Point(MIP; メンテナンス中間ポイント)を作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm mip level level vlan vlan
 

MSTP 176 (config-if)# ethernet cfm mip level 4 vlan 100

MIP を作成し、MIP パラメータを設定します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G638 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのメンテナンス エンド ポイントを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの Maintenance End Point(MEP; メンテナンス エンド ポイント)を作成する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm mep domain domain_name mepid mepid vlan vlan
 

MSTP 176 (config-if)# ethernet cfm mep domain test_mep mepid 100 vlan 200

MEP を作成し、MEP パラメータを設定します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

NTP-G288 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの REP を設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの REP を設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


) PCLI の詳細については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』を参照してください。



ステップ 1 REP を設定するノードで「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

「G649 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのセグメントを作成する」

「G650 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの STCN を設定する」

「G651 PCLI を使用してプライマリ エッジ ポートのプリエンプト遅延を設定する」

「G652 PCLI を使用してプライマリ エッジ ポートの VLAN ロード バランシングを設定する」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

DLP-G649 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードのセグメントを作成する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの REP をイネーブルにする方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

rep segment id edge primary
 
MSTP 176# (config-if) rep segment 10 edge primary

ポートの REP をイネーブルにし、セグメント ID をポートに割り当てます。このコマンドは、ポートをプライマリ エッジ ポートとしても設定します。

ステップ 4

rep segment id edge
 
MSTP 176# (config-if) rep segment 10 edge

ポートをセカンダリ エッジ ポートとして設定します。

ステップ 5

rep segment id edge no-neighbor
 
MSTP 176# (config-if) rep segment 10 edge no-neighbor

エッジ ポートはネイバー ポートを持たないことを指定します。

ステップ 6

rep segment id preferred
 
MSTP 176# (config-if) rep segment 10 preferred

エッジ ポートを優先代替ポートとして設定します。

ステップ 7

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G650 PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの STCN を設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用して GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、または 10GE_XPE カードの Segment Topology Change Notification(STCN; セグメント トポロジ変更通知)を設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

rep stcn segment id
 

MSTP 176 (config-if)# rep stcn segment 25

特定のセグメントに REP STCN を送信するようにエッジ ポートを設定します。

ステップ 4

rep stcn interface id
 
MSTP 176 (config-if)# rep stcn interface 10

特定のインターフェイスに REP STCN を送信するようにエッジ ポートを設定します。

ステップ 5

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G651 PCLI を使用してプライマリ エッジ ポートのプリエンプト遅延を設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用してプライマリ エッジ ポートのプリエンプト時間遅延を設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

rep preempt delay seconds
 

MSTP 176 (config-if)# rep preempt delay 100

プライマリ エッジ ポートでプリエンプト時間遅延を 100 秒に設定します。

ステップ 4

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--

DLP-G652 PCLI を使用してプライマリ エッジ ポートの VLAN ロード バランシングを設定する

 

目的

この手順では、PCLI を使用してプライマリ エッジ ポートの VLAN ロード バランシングを設定する方法について説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G222 PCLI テキスト インターフェイスへのアクセス」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上

 


ステップ 1 必要に応じて次のタスクを実行します。

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal
 

MSTP 176# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface type port
 
MSTP 176# (config) interface giga 1

MSTP-176# (config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

rep block port id port_id vlan vlan_list
 

MSTP 176 (config-if)# rep block port id 0X0080001647FB1780 vlan 1-100

VLAN 1 ~ 100 をブロックするように代替ポートを設定します。

ステップ 4

rep block port preferred vlan vlan_list
 

MSTP 176 (config-if)# rep block port preferred vlan 1-100

優先ポートの VLAN ロード バランシングを設定します。

ステップ 5

exit
 

MSTP-176(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

 

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。

--