Cisco ONS 15454 DWDM 手順ガイド 製品およびソフトウェア リリース 9.2
ノードの管理
ノードの管理
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2011/12/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 31MB) | フィードバック

目次

ノードの管理

はじめる前に

ノードの管理

この章では、Cisco ONS 15454 のノード プロビジョニングを変更して、Dense Wavelength Division Multiplexing(DWDM; 高密度波長分割多重)Automatic Power Control(APC; 自動電力制御)およびスパン損失値のモニタリングなど、一般的な管理タスクを実行する方法について説明します。新しいノードをプロビジョニングするには、「ノードのターンアップ」を参照してください。デフォルトの Network Element(NE; ネットワーク要素)設定を変更して、これらの設定のリストを表示するには、『 Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual 』で付録「Network Element Defaults」を参照してください。


) 別途指定されていない限り、「ONS 15454」は ANSI と ETSI の両方のシェルフ アセンブリを指します。


はじめる前に

次の手順を実行する前に、すべてのアラームを調査し、すべての異常状況を解消してください。必要に応じて、『 Cisco ONS 15454 DWDM Troubleshooting Guide 』を参照してください。

ここでは、主要手順(NTP)を示します。適切なタスクの手順(DLP)を参照してください。

1. 「G76 CTC を使用した光スパン損失の確認」:DWDM スパン損失値を表示または変更するには、必要に応じてこの手順を実行します。

2. 「G77 自動電力制御の管理」:DWDM APC を管理するには、必要に応じてこの手順を実行します。

3. 「G78 サイド電力モニタリングの表示」:Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexing(ROADM)ノードの電力均等化を表示および更新するには、必要に応じてこの手順を実行します。

4. 「G80 ノード管理情報の変更」:ノード名、連絡先情報、緯度、経度、日付、時刻、およびログイン ページの法的免責事項を変更するには、必要に応じてこの手順を実行します。

5. 「G134 OSI プロビジョニングの変更」:Open System Interconnection(OSI; オープン システム インターコネクション)ルーティング モードを含む OSI パラメータ、Target Identifier Address Resolution Protocol(TARP)ルータ、サブネット、および IP-over-Connectionless Network Service(CLNS; コネクションレス型ネットワーク サービス)トンネルを変更するには、必要に応じてこの手順を実行します。

6. 「G81 CTC ネットワーク アクセスの変更」:IP アドレス、デフォルト ルータ、サブネット マスク、ネットワーク設定、およびスタティック ルートを変更するには、必要に応じてこの手順を実行します。

7. 「G82 CTC ネットワーク ビューのカスタマイズ」:ドメインを作成して、異なるデフォルト マップの指定、ドメインの作成、ネットワーク ビューでのリンクの統合化、独自のマップまたはイメージの選択、および背景色の変更など、ネットワーク マップの外観をカスタマイズするには、必要に応じてこの手順を実行します。

8. 「G83 カード保護設定の変更または削除」:必要に応じてこの手順を実行します。

9. 「G84 Y 字型ケーブルおよびスプリッタの外部切り替えコマンドの開始とクリア」:必要に応じてこの手順を実行します。

10. 「G85 OSC 終端、GCC 終端、およびプロビジョニング可能パッチコードの変更または削除」:Generic Communications Channel(GCC; 汎用通信チャネル)終端、Optical Service Channel(OSC; 光サービス チャネル)終端、およびプロビジョニング可能パッチコードを変更または削除するには、必要に応じてこの手順を実行します。

11. 「G86 パススルー接続からアド/ドロップ接続への変換」:パススルー接続をアド/ドロップ接続に変換するには、必要に応じてこの手順を実行します。

12. 「G87 ノード タイミング パラメータの変更」:必要に応じてこの手順を実行します。

13. 「G88 ユーザの変更とセキュリティの変更」:セキュリティ レベルとセキュリティ ポリシーなどのユーザ設定に変更を行い、ユーザを削除するには、必要に応じてこの手順を実行します。

14. 「G89 SNMP 設定の変更」:必要に応じてこの手順を実行します。

NTP-G76 CTC を使用した光スパン損失の確認

 

目的

この手順では、Cisco Transport Controller(CTC)を使用して 2 つの DWDM ノード間のスパン損失を確認します。この手順は、ノードまたはネットワークの変更を行った後に、ノード間のスパン損失が変更されていないことを確認する場合に実行します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「ノードのターンアップ」のすべての手順

OSC がリンクに存在する場合は、「G38 OSC 終端のプロビジョニング」を実行して OSC 終端リンクを作成します。

OSC がリンクに存在しない場合は、必要に応じて 「G184 プロビジョニング可能パッチコードの作成」を実行して、回線ポートで OTS プロビジョニング可能パッチコード終端を作成します。

ラマン リンクでこの手順を実行する前に、少なくとも 1 つのチャネルをアクティブ化してください。

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) CTC を使用したスパン損失の確認は、Optical Time Domain Reflectometer(OTDR; オプティカル タイム ドメイン反射率計)を使用したスパン損失測定よりも高速で、ファイバを取り外す必要がありません。ただし、解像度の精度は OTDR による測定ほど高くありません。



) 回線(またはパス)保護設定の PSM カードでは、スパン損失は、機能しているパスと保護パスの両方で測定されます。



ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Comm Channels] > [OSC] タブをクリックします。2 つの OSC 終端がプロビジョニングされ、[In-Service and Normal (IS-NR)](ANSI)または [Unlocked-enabled](ETSI)サービス状態になっていることを確認します。


) DCN 拡張をプロビジョニングする場合は、ノード間の 2 つのプロビジョニング可能パッチコードがプロビジョニングされていることを確認します。


ステップ 3 [Maintenance] > [DWDM] > [WDM Span Check] タブをクリックします。

ステップ 4 最新のスパン損失データを取得するには、[Retrieve Span Loss Values] をクリックします。

ステップ 5 次の情報を表示します。

[Side]:スパン損失値が適用される A ~ H の側を表示します。

[Measured By]:スパン損失の測定に使用されるさまざまな方法を表示します。

[OSC]:OSC を使用してスパン損失を測定します。

[CHANNEL]:プロビジョニングされた回線を使用してスパン損失を測定します。


) CTC は、使用可能でより正確な方法に応じて、スパン損失の測定に使用する方法(OSC または CHANNEL)を自動的に選択します。


[Current Span Measure with Raman]:ラマン ポンプがオンにされている場合の推定のスパン損失。

[Wizard Span Measure with Raman Off]:ラマン インストール時にラマン ポンプがオフにされている場合のスパン損失。

[Last Span Measure with Raman Off]:ファイバ カット復旧手順後のスパン損失。


) 最初のスパン損失測定はユーザがトリガーする必要があり、後続の測定は、1 時間ごとに自動的に実行されます。


[Min Expected Span Loss (dB)]:予期される最小のスパン損失(dB 単位)を表示します。フィールドに新しい値を入力することで、最小を変更できます。

[Max Expected Span Loss (dB)]:予期される最大のスパン損失(dB 単位)を表示します。フィールドに新しい値を入力することで、最大を変更できます。

[Meas. Span Loss (dB)]:測定されたスパン損失(dB 単位)を表示します。


) 予期される最小のスパン損失値と最大のスパン損失値は、Cisco Transport Planner によって計算され、「G143 Cisco TransportPlanner NE Update コンフィギュレーション ファイルのインポート」の実行時にノードにインポートされます。


[Resolution (dB)]:スパン損失測定の精度(dB 単位)を表示します。

測定されたスパン損失が、([Resolution] 値に準拠する測定許容値が含まれている)予期される最小のスパン損失と最大のスパン損失の間にない場合は、「Span Loss Out of Range」アラームが出されます。このアラームのクリア方法については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Troubleshooting Guide 』を参照してください。

ここでやめてください。 この手順はこれで完了です。


 

NTP-G77 自動電力制御の管理

 

目的

この手順では、APC を管理します。これによって、ネットワーク レベルとノードレベルの APC ドメイン レベルで APC 情報が表示され、APC ドメインがイネーブルおよびディセーブルにされます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

次の章のすべての手順。

「ノードのターンアップ」

「ネットワークのターンアップ」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) APC ドメインは、ネットワーク レベルの APC の同じインスタンスによって制御されるノード セットです。APC ドメインは、個別に制御できるネットワークの部分を光学的に識別します。すべてのドメインが、終端ノード、ROADM ノード、ハブ ノード、回線終端メッシュ ノード、または XC 終端メッシュ ノードにあるノードの 2 つの側で終端されます。APC の詳細については、『ONS 15454 DWDM Reference Manual』の章「Network Reference」の「Automatic Power Control」を参照してください。



ステップ 1 APC を管理するネットワーク上のノードで、「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

「G157 自動電力制御のディセーブル化」

「G158 自動電力制御のイネーブル化」

「G430 自動電力制御の実行」

「G159 ノードレベルの自動電力制御情報の表示」

「G431 ネットワーク レベルの自動電力制御情報の表示」

ここでやめてください。 この手順はこれで完了です。


 

DLP-G157 自動電力制御のディセーブル化

 

目的

このタスクでは、APC をディセーブルにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


注意 特定のトラブルシューティングまたはノード プロビジョニング タスクを実行する場合に限り、APC をディセーブルにしてください。常に、タスクが完了したらすぐに APC をイネーブルにして実行します。APC をディセーブルのままにすると、トラフィック損失が生じることがあります。


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [Maintenance] > [APC] タブをクリックします。

ステップ 3 [Refresh] をクリックします。 検出された APC ドメインが示された [APC Discovery] ダイアログボックスが表示されます。すべてのドメインが表示されるまでに 10 ~ 15 秒かかることがあります。検出された各ドメインには、「Discovered: Domain」およびその後に「node name side, node name side」が示されます。ノードで APC を検出できなかった場合は、感嘆符の付いた三角形がノードの隣に表示されます。これが発生した場合は、ノードをダブルクリックして理由を表示します。APC 検出結果をテキスト ファイルに保存するには、次の手順を実行します。その他の場合は、ステップ 4 に進みます。

a. [Save] をクリックします。

b. [Save Detailed Error Dialog to File] ダイアログボックスで、ファイルを保存するローカルまたはネットワーク サーバへのパスを入力するか、[Browse] をクリックしてディレクトリに移動します。

c. [OK] をクリックします。

ステップ 4 [Close] をクリックして、[APC Discovery] ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 5 ディセーブルにするドメインを選択します。 ステータスが [APC State: Enabled] のドメインだけをディセーブルにできます。

ステップ 6 [Disable APC] をクリックします。

ステップ 7 [APC] ウィンドウで、[Check APC State] ステータスが [Disable] に変更されたことを確認します。

ステップ 8 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G158 自動電力制御のイネーブル化

 

目的

このタスクでは、DWDM APC をイネーブルにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [Maintenance] > [APC] タブをクリックします。

ステップ 3 [Refresh] をクリックします。検出された APC ドメインが示された [APC Discovery] ダイアログボックスが表示されます。すべてのドメインが表示されるまでに 10 ~ 15 秒かかることがあります。検出された各ドメインには、「Discovered: Domain」およびその後に「node name side, node name side」が示されます。ノードで APC を検出できなかった場合は、感嘆符の付いた三角形がノードの隣に表示されます。これが発生した場合は、ノードをダブルクリックして理由を表示します。APC 検出結果をテキスト ファイルに保存するには、次の手順を実行します。その他の場合は、ステップ 4 に進みます。

a. [Save] をクリックします。

b. [Save Detailed Error Dialog to File] ダイアログボックスで、ファイルを保存するローカルまたはネットワーク サーバへのパスを入力するか、[Browse] をクリックしてディレクトリに移動します。

c. [OK] をクリックします。

ステップ 4 [Close] をクリックして、[APC Discovery] ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 5 イネーブルにするドメインを選択します(ステータスが [APC State: Disabled] のドメインだけをイネーブルにできます)。

ステップ 6 [Enable APC] をクリックします。

ステップ 7 [APC] ウィンドウで、[Check APC State] ステータスが [Enable] に変更されたことを確認します。

ステップ 8 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G430 自動電力制御の実行

 

目的

このタスクでは、DWDM APC を実行します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [Maintenance] > [APC] タブをクリックします。

ステップ 3 [Refresh] をクリックします。検出された APC ドメインが示された [APC Discovery] ダイアログボックスが表示されます。すべてのドメインが表示されるまでに 10 ~ 15 秒かかることがあります。検出された各ドメインには、「Discovered: Domain」およびその後に「<node name side>, <node name side>」が示されます。ノードで APC を検出できなかった場合は、感嘆符の付いた三角形がノードの隣に表示されます。これが発生した場合は、ノードをダブルクリックして理由を表示します。APC 検出結果をテキスト ファイルに保存するには、次の手順を実行します。その他の場合は、 ステップ 4 に進みます。

a. [Save] をクリックします。

b. [Save Detailed Error Dialog to File] ダイアログボックスで、ファイルを保存するローカルまたはネットワーク サーバへのパスを入力するか、[Browse] をクリックしてディレクトリに移動します。

c. [OK] をクリックします。

ステップ 4 [Close] をクリックして、[APC Discovery] ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 5 実行するドメインを選択します。ステータスが [APC State: Enabled] のドメインだけを実行できます。

ステップ 6 [Run APC] をクリックします。

ステップ 7 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G159 ノードレベルの自動電力制御情報の表示

 

目的

このタスクでは、ノードレベルの APC 情報を表示します。

ツール/機器

Cisco TransportPlanner によって準備されたノード プロビジョニング計画が必要です。

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [DWDM] > [APC] タブをクリックします。

ステップ 2 [Side] フィールドで、APC 情報を表示する側を選択します。オプションには、[A]、[B]、[C]、[D]、[E]、[F]、[G]、および [H] があります(側がプロビジョニングされない場合は、[D] ~ [H] は表示されません)。すべての側を選択するには、[All] を選択します。


) PSM カード用に側を作成した場合は、[Side] フィールドには、機能している(w)側と保護されている(p)側の両方が表示されます。


ステップ 3 [Refresh] をクリックします。

ステップ 4 APC 情報を表示します。

[Position]:ノード、側、およびスロット。

[Last Modification]:APC パラメータへの変更が行われた最終時間(日-時-時間帯形式)。APC パラメータは、ポートが [IS-NR/Unlocked-enabled] サービス状態になっている場合に限り報告されます。

[Parameter]:最後に変更されたパラメータ。パラメータは次のとおりです。

OPT-BST、OPT-BST-L、OPT-BST-E、OPT-AMP-L、OPT-AMP-17-C、および OPT-AMP-C カードの LINE-TX ポートでのゲインおよび光パワー セットポイント。

OPT-PRE カードの COM-TX ポートでのゲインおよび光パワー セットポイント。

OPT-RAMP-C および OPT-RAMP-CE カードの DC-TX ポートでのゲイン セットポイント。

OPT-RAMP-C および OPT-RAMP-CE カードの DC-TX ポートでの VOA ターゲット減衰。

32DMX、32DMX-O、32DMX-L、および 40-DMX-C/40-DMX-CE カードの COM-RX ポートでの VOA ターゲット減衰。

AD-1B-x.xx、AD-4B-x.xx、AD-1C-x.xx、AD-2C-x.xx、および AD-4C-x.xx カードの EXP-TX および DROP-TX ポートでの VOA ターゲット減衰。

PSM カードの W-RX および P-RX ポートでの VOA ターゲット減衰。

[Last Check]:APC パラメータが最後にモニタされた日時(日-時-時間帯形式)。APC パラメータは、ポートが [IS-NR/Unlocked-enabled] サービス状態になっている場合に限り報告されます。

[Side]:A ~ H の側の文字。


) PSM カード用に側を作成した場合は、[Side] フィールドには、機能している(w)側と保護されている(p)側の両方が表示されます。


[APC State]:APC ステートが表示されます。

[Enabled]:APC はイネーブルです。

[Disabled - User]:APC はユーザ アクションによってディセーブルにされました。

[Disabled Internal]:APC は内部アクションによってディセーブルにされました。

[Not Applicable]:APC パラメータは報告されていません。たとえば、その側に適用されないか、増幅器が取り付けられていません。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G431 ネットワーク レベルの自動電力制御情報の表示

 

目的

このタスクでは、ネットワーク レベルの APC 情報を表示します。

ツール/機器

Cisco TransportPlanner によって準備されたノード プロビジョニング計画が必要です。

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [Maintenance] > [APC] タブをクリックします。

ステップ 3 [Refresh] をクリックします。検出された APC ドメインが示された [APC Discovery] ダイアログボックスが表示されます。すべてのドメインが表示されるまでに 10 ~ 15 秒かかることがあります。検出された各ドメインには、「Discovered: Domain」およびその後に「node name side, node name side」が示されます。ノードで APC を検出できなかった場合は、感嘆符の付いた三角形がノードの隣に表示されます。これが発生した場合は、ノードをダブルクリックして理由を表示します。APC 検出結果をテキスト ファイルに保存するには、次の手順を実行します。その他の場合は、ステップ 4 に進みます。

a. [Save] をクリックします。

b. [Save Detailed Error Dialog to File] ダイアログボックスで、ファイルを保存するローカルまたはネットワーク サーバへのパスを入力するか、[Browse] をクリックしてディレクトリに移動します。

c. [OK] をクリックします。

ステップ 4 [Close] をクリックして、[APC Discovery] ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 5 APC 情報を表示するドメインをダブルクリックします。

ステップ 6 ドメインの下で APC スパンを右クリックして、ノードとスパンを選択します。

ステップ 7 APC 情報を表示します。

[Domain]:ネットワーク レベルで APC の同じインスタンスによって個別に制御できるノード セットを光学的に識別します。すべてのドメインが、終端ノード、ROADM ノード、ハブ ノード、回線終端メッシュ ノード、または XC 終端メッシュ ノードにあるノードの 2 つの側で終端されます。

[APC State]:APC ステートが表示されます。

[Enabled]:APC はイネーブルです。

[Disabled - User]:APC はユーザ アクションによってディセーブルにされました。

[Disabled - Internal]:APC は内部アクションによってディセーブルにされました。

[Not Applicable]:APC パラメータは通常報告されません(たとえば、動作モードが [Control Power] に設定されている場合のゲイン セットポイント)。

[Admin State]:APC エンジンの管理状態を表示します。

[Free to run]

[APC Disabled]

[APC Disabled Internal]

[Progress State]:APC エンジン ステートを示します。

[APC Running]

[APC Aborted]

[APC Run Completed]

[Run APC]:選択したドメインで APC 機能を手動で実行します。複数のドメインで APC を実行するには、CTRL を押して、目的のドメインを選択してから [Run APC] をクリックします。

ステップ 8 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G78 サイド電力モニタリングの表示

 

目的

この手順では、サイド電力レベルを表示できます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) この手順は、アド/ドロップ カードが搭載されていないノード(たとえば、回線の設置場所)、または AD-xC や AD-xB などのアド/ドロップ カードが搭載されているノードを除く、すべての DWDM ノード タイプに適用されます。



ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [DWDM] > [Side Power Monitoring] > [Optical Side n ] タブをクリックします。ここで、 n は A、B、C、D です。

ステップ 3 [Side Power Monitoring] タブで、電力情報を表示します。既存の各チャネルでは、双方向回線に備えてそれぞれのノード側に IN および OUT 電力があります。


) OUT は、参照されている側に対する出力ポートでの電力を示します。これは、ノードからスパンに流れる方向において最初の増幅ポートよりも前にある側の最後のポート、または増幅ポートがない場合はその側自体の出力ポートです。IN は、参照されている側に対する入力ポートでの電力を示します。これは、スパンからノードに流れる方向において最後の増幅ポートよりも後にある側の最初のポート、または増幅ポートがない場合はその側自体の入力ポートです。



) この機能をサポートする DWDM カードは、出力電力で軽微な差を処理するように設計されています。出力電力は、すべての波長で正確に同じである必要はありません。


図 11-1 に、4 ディグリー ROADM ノードの電力レベルの例を示します。

図 11-1 4 ディグリー ROADM ノードの光サイド A 電力レベル

 

ステップ 4 必要に応じて、[Refresh] をクリックして表示内容を更新します。

ここでやめてください。 この手順はこれで完了です。


 

NTP-G80 ノード管理情報の変更

 

目的

この手順では、ノード名、日付、時刻、連絡先情報、およびログイン ページの法的免責事項を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G24 名前、日付、時刻、連絡先情報の設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [General] タブをクリックします。

ステップ 4 必要に応じて、「G160 ノード名、日付、時刻、および連絡先情報の変更」を実行します。

ステップ 5 必要に応じて、「G161 ログイン ページの法的免責事項の変更」を実行します。

ステップ 6 変更の確認後に、「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G160 ノード名、日付、時刻、および連絡先情報の変更

 

目的

このタスクでは、ノード名、日付、時刻、および連絡先情報などの基本情報を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 日付、時刻、または時間帯を変更すると、ノードのパフォーマンス モニタリング カウンタが無効になることがあります。


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [General] タブをクリックします。

ステップ 2 次のいずれかを変更します。

[General]:[Node Name]

[General]:[Contact]

[Location]:[Latitude]

[Location]:[Longitude]

[Location]:[Description]


) ネットワーク マップで緯度または経度に対する変更を確認するには、ネットワーク ビューに移動して指定されたノードを右クリックして、[Reset Node Position] をクリックします。


[Time]:[Use NTP/SNTP Server]

[Time]:[NTP/SNTP Server IP Address]([Use NTP/SNTP Server] をオンにした場合)

[Time]:[Date (M/D/Y)]

[Time]:[Time (H:M:S)]

[Time]:[Time Zone]

[Time]:[Use Daylight Saving Time]

[AIS-V Insertion On STS-1 Signal Degrade - Path]:[Insert AIS-V on STS-1 SD-P]

[AIS-V Insertion On STS-1 Signal Degrade - Path]:[SD-P BER]

フィールドの詳細については、「G24 名前、日付、時刻、連絡先情報の設定」を参照してください。

ステップ 3 [Apply] をクリックします。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G161 ログイン ページの法的免責事項の変更

 

目的

このタスクでは、CTC ログイン ダイアログボックスに表示される法的免責事項の記述を変更して、ユーザがネットワークにログインしたときにお客様に固有の情報が表示されるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Legal Disclaimer] > [HTML] タブをクリックします。

ステップ 2 既存の記述はデフォルトであり、お客様に固有の免責事項ではありません。会社に固有の情報でこの記述を編集するには、テキストを変更できます。必要に応じて、 表 11-1 の HTML コマンドを使用してテキストをフォーマット設定します。

 

表 11-1 法的免責事項のための HTML コマンド

コマンド
説明

<b>

太字フォントを開始します。

</b>

太字フォントを終了します。

<center>

ウィンドウの中央に入力を位置合わせします。

</center>

中央への位置合わせを終了します。

<font= n >(ここで、 n はフォント ポイント サイズ)

フォントを新しいサイズに変更します。

</font>

フォント サイズ コマンドを終了します。

<p>

改行を作成します。

<sub>

下付き文字を開始します。

</sub>

下付き文字を終了します。

<sup>

上付き文字を開始します。

</sup>

上付き文字を終了します。

<u>

下線を開始します。

</u>

下線を終了します。

ステップ 3 変更した記述とフォーマット設定をプレビューするには、[Preview] サブタブをクリックします。

ステップ 4 [Apply] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G134 OSI プロビジョニングの変更

 

目的

この手順では、OSI ルーティング モード、TARP、ルータ、サブネット、および IP-over-CLNS トンネルを含め、ONS 15454 OSI パラメータを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G132 OSI のプロビジョニング」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


) OSI の ONS 15454 実装に関する追加情報は、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』の章「Management Network Connectivity」に記載されています。



ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて、次の任意のタスクを実行します。

「G284 TARP 動作パラメータの変更」

「G285 静的な TID to NSAP エントリの TARP Data Cache への追加」

「G286 TARP データ キャッシュからの NSAP エントリへのスタティック TID の削除」

「G287 TARP Manual Adjacency Table エントリの追加」

「G292 TARP Manual Adjacency Table エントリの削除」

「G293 OSI ルーティング モードの変更」

「G294 OSI ルータ コンフィギュレーションの編集」

「G295 OSI サブネットワーク接続ポイントの編集」

「G296 IP-Over-CLNS トンネルの編集」

「G297 IP-Over-CLNS トンネルの削除」

ステップ 4 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G284 TARP 動作パラメータの変更

 

目的

このタスクでは、TARP Protocol Data Unit(PDU; プロトコル データ ユニット)伝播、タイマ、および Loop Detection Buffer(LDB)を含め、TARP 動作パラメータを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [OSI] > [TARP] > [Config] タブをクリックします。

ステップ 2 必要に応じて、次のパラメータをプロビジョニングします。

[TARP PDUs L1 Propagation]:オンにすると(デフォルト)、ノードが受信する、LDB によって除外されていない TARP タイプ 1 PDU は、レベル 1 OSI 領域の他の NE に伝播されます(タイプ 1 PDU は、レベル 1 ルーティング領域内の Target Identifier(TID; ターゲット ID)と一致するプロトコル アドレスを要求します)。NE がタイプ 1 PDU のターゲットである場合は伝播は行われず、PDU は、PDU の受信元 NE に伝播されません。


) [Node Routing Area]([Provisioning] > [OSI] > [Main Setup] タブ)が [End System] に設定されている場合は、[TARP PDUs L1 Propagation] パラメータは使用されません。


[TARP PDUs L2 Propagation]:オンにする(デフォルト)と、ノードによって受信され、LDB によって除外されない TARP タイプ 2 PDU は、レベル 2 OSI 領域内の他の NE に伝播されます(タイプ 2 PDU は、レベル 2 ルーティング領域内の TID と一致するプロトコル アドレスを要求します)。NE がタイプ 2 PDU のターゲットである場合は伝播は行われず、PDU は、PDU の受信元 NE に伝播されません。


) [Node Routing Area] が中継システム レベル 1/レベル 2 にプロビジョニングされる場合に限り、[TARP PDUs L2 Propagation] パラメータが使用されます。


[TARP PDUs Origination]:オンにすると(デフォルト)、ノードは次の機能を含む TARP の送信機能をすべて実行します。

TID から Network Service Access Point(NSAP; ネットワーク サービス アクセス ポイント)への解決要求(TARP タイプ 1 およびタイプ 2 PDU を送信)

NSAP から TID への要求(タイプ 5 PDU を送信)

TARP アドレス変更(タイプ 4 PDU を送信)


) TARP Echo および NSAP から TID はサポートされません。


[TARP Data Cache]:オンにすると(デフォルト)、ノードは TARP Data Cache(TDC)を維持します。TDC は、ノードによって受信される TARP タイプ 3 PDU から作成され、TARP タイプ 4 PDU(TID-to-NSAP 更新または修正)によって変更される TID-to-NSAP ペアのデータベースです。TARP 3 PDU はタイプ 1 PDU とタイプ 2 PDU に対する応答です。また、TDC に [TARP] > [Static TDC] タブで入力したスタティック エントリを設定することもできます。


) このパラメータは、[TARP PDUs Origination] パラメータがイネーブルになっている場合に限り使用されます。


[L2 TARP Data Cache]:オンにすると(デフォルト)、ノードが他の NE に要求を伝播する前にタイプ 2 要求を送信する NE の TID と NSAP が TDC に追加されます。


) [L2 TARP Data Cache] パラメータは、他の中継システム レベル 1/レベル 2 ノードに接続されている中継システム レベル 1/レベル 2 ノード用に設計されています。中継システム レベル 1 ノードのパラメータをイネーブルにすることは推奨されません。


[LDB]:オンにすると(デフォルト)、TARP のループ検出バッファがイネーブルになります。LDB は、TARP PDU が同じサブネットで複数回送信されないようにします。


) [LDB] パラメータは、[Node Routing Mode] がエンド システムにプロビジョニングされる場合、または [TARP PDUs L1 Propagation] パラメータがイネーブルになっていない場合は使用されません。


[LAN TARP Storm Suppression]:オンにすると(デフォルト)、TARP ストーム抑制がイネーブルになります。この機能は、LAN ネットワーク経由で冗長な TARP PDU が不必要に伝播されないようにします。

[Send Type 4 PDU on Startup]:オンにすると、ONS 15454 の初回の起動時に TARP タイプ 4 PDU が送信されます。タイプ 4 PDU は、TID または NSAP が NE で変更されたことを示します(デフォルト設定では、イネーブルになっていません)。

[Type 4 PDU Delay]:[Send Type 4 PDU on Startup] がイネーブルの場合に、タイプ 4 PDU が生成されるまでの時間を設定します。デフォルトは 60 秒です。範囲は、0 ~ 255 秒です。


) [Send Type 4 PDU on Startup] および [Type 4 PDU Delay] パラメータは、[TARP PDUs Origination] パラメータがイネーブルになっていない場合は使用されません。


[LDB Entry]:TARP のループ検出バッファ タイマを設定します。LDB バッファ時間は、TARP シーケンス番号(tar-seq)がゼロである LDB エントリごとに割り当てられます。デフォルトは 5 分です。範囲は 1 ~ 10 分です。

[LDB Flush]:LDB のフラッシュ頻度を設定します。デフォルトは 5 分です。範囲は 0 ~ 1440 分です。

[T1]:タイプ 1 PDU への応答を待機する時間を設定します。タイプ 1 PDU は、OSI レベル 1 領域の特定の NE TID を探します。デフォルトは 15 秒です。範囲は、0 ~ 3600 秒です。

[T2]:タイプ 2 PDU への応答を待機する時間を設定します。TARP タイプ 2 PDU は、OSI レベル 1 およびレベル 2 領域内で特定の NE TID 値を探します。デフォルトは 25 秒です。範囲は、0 ~ 3600 秒です。

[T3]:アドレス解決要求を待機する時間を設定します。デフォルトは 40 秒です。範囲は、0 ~ 3600 秒です。

[T4]:エラー回復を待機する時間を設定します。このタイマは、要求された NE TID を検出することなく T2 タイマの期限が切れた後で開始します。デフォルトは 20 秒です。範囲は、0 ~ 3600 秒です。


) [T1]、[T2]、および [T4] タイマは、[TARP PDUs Origination] がイネーブルになっていない場合は使用されません。


ステップ 3 [Apply] をクリックします。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G286 TARP データ キャッシュからの NSAP エントリへのスタティック TID の削除

 

目的

このタスクでは、TDC から NSAP エントリへのスタティック TID を削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [OSI] > [TARP] > [Static TDC] タブをクリックします。

ステップ 2 削除するスタティック エントリをクリックします。

ステップ 3 [Delete Static Entry] をクリックします。

ステップ 4 [Delete TDC Entry] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G287 TARP Manual Adjacency Table エントリの追加

 

目的

このタスクでは、TARP Manual Adjacency Table(MAT)にエントリを追加します。エントリは、ONS 15454 が TARP 機能のないルータまたは SONET 以外の NE 間で通信を行う必要がある場合に MAT に追加されます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [OSI] > [TARP] > [MAT] タブをクリックします。

ステップ 2 [Add] をクリックします。

ステップ 3 [Add TARP Manual Adjacency Table Entry] ダイアログボックスで、次の情報を入力します。

[Level]:送信される TARP タイプ コードを設定します。

[Level 1]:隣接が、現在のノードと同じ領域内にあることを指定します。エントリによってタイプ 1 PDU が生成されます。

[Level 2]:隣接が、現在のノードとは異なる領域内にあることを指定します。エントリによってタイプ 2 PDU が生成されます。

[NSAP]:[NSAP] フィールドに OSI NSAP アドレスを入力するか、必要に応じて [Use Mask] をクリックして、[Masked NSAP Entry] ダイアログボックスにアドレスを入力します。

ステップ 4 [Masked NSAP Entry] ダイアログボックスを使用した場合、[OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じ、次に [OK] をクリックして [Add Static Entry] ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G292 TARP Manual Adjacency Table エントリの削除

 

目的

このタスクでは、TARP MAT からエントリを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 TARP Manual Adjacency が、ノード グループと通信する唯一の手段である場合は、隣接テーブル エントリを削除すると可視性が失われます。


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [OSI] > [TARP] > [MAT] タブをクリックします。

ステップ 2 削除する MAT エントリをクリックします。

ステップ 3 [Remove] をクリックします。

ステップ 4 [Delete TDC Entry] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G293 OSI ルーティング モードの変更

 

目的

このタスクでは、OSI ルーティング モードを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 ネットワーク内のノードのロールを確認するまでは、この手順を実行しないでください。これは、ES、IS レベル 1、または IS レベル 1/レベル 2 のいずれかになります。この判断については慎重に行ってください。OSI プロビジョニングに関する追加情報については、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』の章「Management Network Connectivity」を参照してください。


注意 Link State PDU(LSP; リンクステート PDU)バッファは、ネットワーク内のすべての NE で同じでなければなりません。異なると、可視性が失われることがあります。OSI 内のすべての NE のバッファ サイズが同じであることが確かではない場合は、LSP バッファを変更しないでください。


注意 LSP バッファ サイズは、OSI 領域内の LAP-D MTU サイズよりも大きくできません。


ステップ 1 次の点を確認します。

NE 上のすべての L1/L2 仮想ルータが同じ領域内に存在する必要があります。これは、隣接するすべての仮想ルータに少なくとも 1 つの共通エリア アドレスが指定されている必要があることを意味します。

OSI L1/L2 から ES へのルーティング モードの変更では、1 つの L1/L2 仮想ルータと 1 つのサブネットだけを設定できます。

OSI OSI L1 から ES へのルーティング モードの変更では、1 つの L1 仮想ルータと 1 つのサブネットだけを設定できます。

ステップ 2 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [OSI] > [Main Setup] タブをクリックします。

ステップ 3 次のいずれかのノード ルーティング モードを選択します。

[End System]:ONS 15454 は OSI IS 機能を実行します。OSI 領域にある IS ノードおよび ES ノードと通信します。OSI 領域外にある IS ノードおよび ES ノードとの通信は、IS レベル 1/レベル 2 ノードに依存します。

[Intermediate System Level 1]:ONS 15454 は IS 機能を実行します。OSI 領域にある IS ノードおよび ES ノードと通信します。これは、自身の領域内にある IS L1/L2 ノードを経由する場合を除き、他の OSI 領域にある IS ノードとは通信しません。

[Intermediate System Level 1/Level 2]:ONS 15454 は IS 機能を実行します。OSI 領域にある IS ノードおよび ES ノードと通信します。他の OSI 領域内にある IS L1/L2 ノードとも通信します。このオプションを選択する前に、次の内容を確認してください。

ノードが、異なる OSI 領域の他の IS レベル 1/レベル 2 ノードに接続されていること。

ノードが、IS レベル 1/レベル 2 としてプロビジョニングされている領域にあるすべてのノードに接続されていること。


) ルーティング モードの変更は、注意して検討する必要があります。OSI ES と IS および ES-IS と IS-IS プロトコルに関する追加情報は、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual』の章「Management Network Connectivity」に記載されています。


ステップ 4 LSP バッファ サイズの変更は推奨していませんが、次のフィールドでバッファを調整できます。

[L1 LSP Buffer Size]:レベル 1 のリンク ステート PDU バッファ サイズを調整します。

[L2 LSP Buffer Size]:レベル 2 のリンク ステート PDU バッファ サイズを調整します。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G294 OSI ルータ コンフィギュレーションの編集

 

目的

このタスクでは、OSI ルータのイネーブル化とディセーブル化、プライマリ エリア アドレスの編集、および追加のエリア アドレスの作成または編集など、OSI ルータ コンフィギュレーションを編集できます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 [Provisioning] > [OSI] > [Routers] > [Setup] タブをクリックします。

ステップ 2 プロビジョニングするルータを選択して、[Edit] をクリックします。

ステップ 3 [OSI Router Editor] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

a. [Enabled] ボックスをオンまたはオフにして、ルータをイネーブルまたはディセーブルにします。


) ルータ 2 および 3 をイネーブルにする前に、ルータ 1 をイネーブルにする必要があります。


b. イネーブルにしたルータで、必要に応じてプライマリ エリア アドレスを編集します。アドレスの長さは、8 ~ 24 までの英数字文字にできます。

c. エリア アドレスをプライマリ エリアに追加するか、編集するには、[Multiple Area Addresses] 領域の下部にアドレスを入力します。エリア アドレスの長さは、2 ~ 26 までの数字(0 ~ 9)にできます。[Add] をクリックします。

d. [OK] をクリックします。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G295 OSI サブネットワーク接続ポイントの編集

 

目的

このタスクでは、OSI サブネットワーク接続ポイント パラメータを表示および編集できます。Section Data Communications Channel(SDCC; セクション データ通信チャネル)(ANSI)または Regeneration Section(RS-DCC)(ETSI)、Line Data Communications Channel(LDCC; 回線データ通信チャネル)(ANSI)または Multiplex Section(MS-DCC)(ETSI)、Generic Communications Channel(GCC; 汎用通信チャネル)、または Optical Service Channel(OSC; 光サービス チャネル)を作成するか、LAN サブネットをイネーブルにすると、パラメータは最初にプロビジョニングされます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 サブネット ルータがイネーブルになっていない場合は、「G294 OSI ルータ コンフィギュレーションの編集」を実行してイネーブルにします。イネーブルになっている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [OSI] > [Routers] > [Subnet] タブをクリックします。

ステップ 3 編集するサブネットを選択して、[Edit] をクリックします。

ステップ 4 [Edit <subnet type> Subnet <slot/port>] ダイアログボックスで、次のフィールドを編集します。

[ESH]:End System Hello(ESH)PDU の伝播頻度。エンド システム NE は、ESH を送信して、提供する NSAP を他の ES および IS に通知します。デフォルトは 10 秒です。範囲は 10 ~ 1000 秒です。

[ISH]:Intermediate System Hello(ISH)PDU の伝播頻度。中継システム NE は、ISH を他の ES および IS に送信して、提供する NE を通知します。デフォルトは 10 秒です。範囲は 10 ~ 1000 秒です。

[IIH]:Intermediate System to Intermediate System Hello(IIH)PDU の伝播頻度。IS-IS Hello PDU は IS 間の隣接を確立して維持します。デフォルトは 3 秒です。範囲は 1 ~ 600 秒です。


) [IS-IS Cost] および [DIS Priority] パラメータは、サブネットを作成またはイネーブルにするとプロビジョニングされます。サブネットの作成後にはパラメータを変更できません。[DIS Priority] および [IS-IS Cost] パラメータを変更するには、サブネットを削除して新規作成します。


ステップ 5 [OK] をクリックします。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G296 IP-Over-CLNS トンネルの編集

 

目的

このタスクでは、IP-over-CLNS トンネルのパラメータを編集できます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G291 IP-Over-CLNS トンネルの作成」

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 IP または NSAP アドレス、あるいは IP-over-CLNS トンネルを変更すると、NE の可視性が失われるか NE の分離が発生することがあります。ネットワーク管理者と変更を確認するまでは、ネットワーク アドレスを変更しないでください。


ステップ 1 [Provisioning] > [OSI] > [Tunnels] タブをクリックします。

ステップ 2 [Edit] をクリックします。

ステップ 3 [Edit IP Over OSI Tunnel] ダイアログボックスで、次の情報を入力します。

[Tunnel Type]:トンネル タイプを編集します。

[Cisco]:シスコ独自の IP トンネルを作成します。Cisco IP トンネルは、CLNS ヘッダーを IP パケットに追加します。

[GRE]:Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)を作成します。GRE トンネルは、CLNS ヘッダーと GRE ヘッダーを IP パケットに追加します。

シスコ独自のトンネルは、GRE ヘッダーを各 IP パケットに追加しないため、GRE トンネルよりもわずかに効率的です。これらの 2 つのトンネル タイプには互換性がありません。多くの Cisco ルータで Cisco IP トンネルがサポートされていますが、GRE と Cisco IP トンネルを両方サポートしているルータは少数です。通常、2 台の Cisco ルータ間または Cisco ルータと ONS ノード間にトンネルを作成する場合は、Cisco IP トンネルを作成する必要があります。


注意 選択した IP-over-CLNS トンネル タイプが、トンネルの反対側にある機器によってサポートされているかどうかを必ず確認してください。

[IP Address]:IP-over-CLNS トンネルの宛先 IP アドレスを入力します。

[IP Mask]:IP-over-CLNS の宛先 IP アドレス サブネット マスクを入力します。

[OSPF Metric]:IP-over-CLNS トンネルを介してパケットを送信するための Open Shortest Path First(OSPF)メトリックを入力します。OSPF メトリック(コスト)は、OSPF ルータで最短パスを算出するために使用されます。デフォルトは 110 です。通常、複数のトンネル ルートを作成して、異なるメトリックを割り当てることでルーティングに優先順位を付けるのでなければ、これは変更されません。

[NSAP Address]:宛先 NE または OSI ルータの NSAP アドレスを入力します。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G297 IP-Over-CLNS トンネルの削除

 

目的

このタスクでは、IP-over-CLNS トンネルを削除できます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 IP-over-CLNS トンネルを削除すると、ノードの可視性が失われるか、ノードの分離が生じることがあります。ノードの分離が発生すると、接続の復旧にオンサイトのプロビジョニングが必要になることがあります。トンネルの削除は、必ずネットワーク管理者と確認してください。


ステップ 1 [Provisioning] > [OSI] > [Tunnels] タブをクリックします。

ステップ 2 削除する IP-over-CLNS トンネルを選択します。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G81 CTC ネットワーク アクセスの変更

 

目的

この手順では、IP 設定、スタティック ルート、OSPF オプション、プロキシ トンネル、およびファイアウォール トンネルなどのネットワーク情報を変更または削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G26 CTC ネットワーク アクセスの設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


) IP アドレッシングの例、デュアル IP アドレッシング(セキュア モード)情報、スタティック ルート シナリオ、OSPF プロトコル情報、および Routing Information Protocol(RIP; ルーティング情報プロトコル)オプションなど、追加の ONS 15454 ネットワーキング情報が、『Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manualの章「Management Network Connectivity」に記載されています。



ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて、次の任意のタスクを実行します。

「G162 IP 設定の変更」

「G265 ノード セキュリティのロック」

「G266 セキュリティ モードでのバックプレーン ポート IP 設定の変更」

「G267 セキュア モードのディセーブル化」

「G163 スタティック ルートの変更」

「G164 スタティック ルートの削除」

「G165 OSPF のディセーブル化」

「G59 Open Shortest Path First プロトコルの設定または変更」

「G167 ファイアウォール トンネルの削除」

ステップ 4 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G162 IP 設定の変更

 

目的

このタスクでは、IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ルータ、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)アクセス、ファイアウォールの Internet Inter-Object Request Broker Protocol(IIOP)リスナー ポート、LCD IP 表示、およびプロキシ サーバ設定を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G56 IP 設定のプロビジョニング」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


注意 ノードの IP アドレス、サブネット マスク、または IIOP リスナー ポートを変更すると、TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードがリブートします。Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)を使用するイーサネット回線が、ノードに搭載されている E シリーズ イーサネット カードで発信または終端する場合、回線トラフィックはスパニング ツリーが再コンバージする間の数分間失われます。他の回線は、TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC のリブートによる影響を受けません。


) ノードが TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードを含んでおり、デフォルト(リピータ)モードになっている場合、ノードの IP アドレスは、TCC2P/TCC3/TNC/TSC フロントアクセス TCP/IP(LAN)ポートおよびバックプレーン LAN ポートを参照します。ノードがセキュア モードになっている場合、このタスクでは、フロントアクセス ポートの IP アドレスだけが変更されます。ノードがセキュア モードになっていて、ロックされている場合は、シスコのテクニカル サポートがロックを解除しない限り、IP アドレスを変更できません。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Network] > [General] タブをクリックします。

ステップ 2 必要に応じて、次のいずれかを変更します。

[IP Address]

[Net/Subnet Mask Length]

[Default Router]

[IPv6 Configuration]

[LCD Setting]

[Suppress CTC IP Display]

[Forward DHCP Request To]

[Gateway Settings]

ポートで SOCKS プロキシをイネーブルにします。イネーブルになっている場合は、次のいずれかを実行します。

[External Network Element]

[Gateway Network Element]

[SOCK Proxy only]

フィールドの詳細については、「G56 IP 設定のプロビジョニング」を参照してください。

ステップ 3 [Apply] をクリックします。

IP アドレスやサブネット マスクなど、ノードのリブートの原因になるネットワーク フィールドを変更した場合は、[Change Network Configuration] 確認用のダイアログボックスが表示されます。ゲートウェイ設定を変更した場合は、[gateway] フィールドに適した確認が表示されます。

ステップ 4 確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

IP アドレスとサブネット マスク長を変更した場合は、TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードが一度に 1 つずつリブートします。TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードのリブートによって、ノードへの接続が一時的に失われますが、トラフィックは影響を受けません。

ステップ 5 [Provisioning] > [Network] > [General] タブに変更が表示されることを確認します。表示されない場合は、『 Cisco ONS 15454 DWDM Troubleshooting Guide 』を参照してください。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G265 ノード セキュリティのロック

 

目的

このタスクでは、セキュア モードをロックします。セキュア モードをロックする場合は、ノードの 2 つの IP アドレスを常にプロビジョニングする必要があります。最初のアドレスは、TCC2P/TCC3/TNC/TSC LAN(TCP/IP)ポート用にプロビジョニングされます。2 番めのアドレスは、バックプレーン LAN ポート(ONS 15454)、ECU(ONS 15454 M6)上の EMS RJ-45 ポート、電源モジュール(ONS 15454 M2)上の EMS RJ-45 ポート用にプロビジョニングされます。

ツール/機器

TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードを取り付ける必要があります。

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G264 ノード セキュリティ モードのイネーブル化」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


注意 ノードがロックされている場合は、ユーザまたはアクションはロックを解除できません。シスコ テクニカル サポートだけが変更できます。ノードのデータベースが削除されて、ロックを解除された別のデータベースがロードされる場合でも、ノードはロックされたままになります。デュアル IP アドレスを含む現在のセキュア設定をノードで永久に維持する場合を除き、続行しないでください。


) このタスクのオプションは、TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードが搭載されている場合に限り使用可能です。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Data Comm] タブをクリックします。

ステップ 2 [Lock] をクリックします。

ステップ 3 [Confirm Lock Secure Mode] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G266 セキュリティ モードでのバックプレーン ポート IP 設定の変更

 

目的

このタスクでは、セキュリティ モードがイネーブルになっている場合に、ONS 15454 バックプレーン IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルト ルータを変更します。CTC および ONS 15454 LCD でバックプレーン IP アドレスの可視性を制御する設定も変更します。

ツール/機器

TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードを取り付ける必要があります。

事前準備手順

「G103 データベースのバックアップ」

「G46 CTC へのログイン」

「G264 ノード セキュリティ モードのイネーブル化」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


注意 ONS 15454 ネットワークとの互換性がない IP アドレスをプロビジョニングすると、サービスが影響を受けることがあります。


注意 このタスクは、ロックされているセキュア モードの NE では実行できません。


) このタスクのオプションは、TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードが搭載されている場合に限り使用可能です。



ステップ 1 [Provisioning] > [Security] > [Data Comm] タブをクリックします。

ステップ 2 必要に応じて、次のフィールドを変更します。

[IP Address]

[Subnet Mask]

[Default Router]

[LCD IP Setting]:次のいずれかを選択します。

[Allow Configuration]:LCD 上のバックプレーン IP アドレスを表示して、LCD ボタンを使用して変更できるようにします。

[Display only]:LCD 上のバックプレーン IP アドレスを表示するが、LCD ボタンを使用して変更できないようにします。

[Suppress Display]:LCD 上の IP アドレスの表示を抑制します。

[Suppress CTC IP Address]:オンにすると、[Data Comm] サブタブ、CTC ノード ビューまたはマルチシェルフ ビュー情報領域、およびその他の場所で IP アドレスの表示が抑制されます。

[IPv6 Configuration]:IPv6 アドレスのプロビジョニングを可能にします。IPv6 アドレスのプロビジョニング後は、IPv6 アドレスを使用してデバイスにアクセスできます。これらの設定は、ノードで IPv6 をイネーブルにする場合に限り行ってください。LCD プッシュ ボタンを使用して、IPv6 を設定することはできません。

[Enable IPv6]:このチェックボックスをオンにすると、ノードに IPv6 アドレスを割り当てることができます。[IPv6 Address]、[Prefix Length]、および [IPv6 Default Router] フィールドは、このチェックボックスを選択した場合に限りイネーブルになります。デフォルトでは、このチェックボックスはディセーブルです。


) [Enable SOCKS Proxy on Port] チェックボックスは、IPv6 をイネーブルにするとイネーブルになり、IPv6 をディセーブルにした場合に限りディセーブルにできます。


[IPv6 Address]:ノードに割り当てる IPv6 アドレスを入力します。この IP アドレスは、グローバル ユニキャスト IPv6 アドレスです。[Enable IPv6] チェックボックスを選択していない場合、このフィールドはディセーブルです。

[Prefix Length]:IPv6 アドレスのプレフィクス長を入力します。[Enable IPv6] チェックボックスを選択していない場合、このフィールドはディセーブルです。

[IPv6 Default Router]:IPv6 NE のデフォルト ルータの IPv6 アドレスを入力します。これは任意です。[Enable IPv6] チェックボックスを選択していない場合、このフィールドはディセーブルです。


) ONS プラットフォームは、内部で NAT-PT を使用して、ネイティブ IPv6 をサポートします。NAT-PT は、パケットの変換に IPv4 アドレス範囲 128.x.x.x を使用します。IPv6 機能をイネーブルにする場合は、このアドレス範囲を使用しないでください。



注意 ノードに割り当てられた IPv6 アドレスは、ネットワークで固有にしてください。同じネットワークで重複した IP アドレスを使用すると、可視性が失われます。

ステップ 3 [Apply] をクリックします。

IP アドレス、サブネット マスク、またはデフォルト ルータを変更した場合は、ノードがリブートします。これには 5 ~ 10 分かかります。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G267 セキュア モードのディセーブル化

 

目的

このタスクでは、セキュア モードをディセーブルにし、バックプレーン LAN ポート(ONS 15454)、ECU(ONS 15454 M6)上の EMS RJ-45 ポート、電源モジュール(ONS 15454 M2)上の EMS RJ-45 ポート、および TCC2P/TCC3/TNC/TSC LAN ポート用に IP アドレスを 1 つだけプロビジョニングできるようにします。

ツール/機器

TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードを取り付ける必要があります。

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G264 ノード セキュリティ モードのイネーブル化」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) ノードは、このタスクの完了後にリブートし、CTC コンピュータとノード間の接続が一時的に切断されます。



) NE をセキュア モードからデフォルト(リピータ)モードに変更すると、バックプレーン IP アドレスはノード IP アドレスになります。



) このタスクは、NE のセキュア モード設定がロックされている場合は実行できません。セキュア モードがロックされている場合は、シスコ テクニカル サポートに連絡して、ノード設定を変更する必要があります。



) このタスクのオプションは、TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードが搭載されている場合に限り使用可能です。



ステップ 1 [Provisioning] > [Security] > [Data Comm] タブをクリックします。

ステップ 2 [Change Mode] をクリックします。

ステップ 3 [Change Secure Mode] ウィザード ページの情報を確認してから、[Next] をクリックします。

ステップ 4 [Node IP Address] ページで、ノードに割り当てるアドレスを選択します。

[Backplane Ethernet Port]:バックプレーン IP アドレスをノード IP アドレスとして割り当てます。

[TCC Ethernet Port]:TCC2P/TCC3/TNC/TSC ポート IP アドレスをノード IP アドレスとして割り当てます。

[New IP Address]:新しい IP アドレスを定義できます。このオプションを選択した場合は、新しい IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルトのルータ IP アドレスを入力します。

ステップ 5 [Next] をクリックします。

ステップ 6 [SOCKS Proxy Server Settings] ページで、次のいずれかを選択します。

[External Network Element (ENE)]:選択すると、SOCKS プロキシはデフォルトでディセーブルになり、CTC コンピュータが接続されている ONS 15454 だけに CTC コンピュータが表示されます。コンピュータは、セキュア モードの Data Communications Channel(DCC; データ通信チャネル)に接続されているノードには表示されません。ファイアウォールはイネーブルです。これは、ノードによって、DCC と LAN ポート間で IP トラフィックがルーティングされなくなることを意味します。

[Gateway Network Element (GNE)]:選択すると、CTC コンピュータは、DCC に接続されたノードだけに表示され、SOCKS プロキシはイネーブルなままになります。ただし、ノードによって、DCC と LAN ポート間で IP トラフィックがルーティングされなくなります。

[Proxy-only]:選択すると、ONS 15454 は、ノードがプロキシとして機能するファイアウォール内にある、DCC に接続されたノードのリストを使用して CTC 要求に応答します。CTC コンピュータは、DCC に接続された他のノードに表示されます。ノードは、DCC と LAN ポート間でのトラフィックのルーティングを妨げません。

ステップ 7 [Finish] をクリックします。

30 ~ 40 秒内に、TCC2P/TCC3/TNC/TSC カードがリブートします。CTC がネットワーク ビューに切り替わり、[CTC Alerts] ダイアログボックスが表示されます。ネットワーク ビューで、ノードはグレーに変更され、DISCONNECTED 条件が表示されます。

ステップ 8 [CTC Alerts] ダイアログボックスで、[Close] をクリックします。リブートが完了するまで待機してください(数分かかる場合があります)。

ステップ 9 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G163 スタティック ルートの変更

 

目的

このタスクでは、ONS 15454 でスタティック ルートを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G58 スタティック ルートの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Network] タブをクリックします。

ステップ 2 [Static Routing] タブをクリックします。

ステップ 3 編集するスタティック ルートをクリックします。

ステップ 4 [Edit] をクリックします。

ステップ 5 [Edit Selected Static Route] ダイアログボックスで、次の情報を入力します。

[Mask]

[Next Hop]

[Cost]

フィールドの詳細については、「G58 スタティック ルートの作成」を参照してください。

ステップ 6 [OK] をクリックします。

ステップ 7 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G164 スタティック ルートの削除

 

目的

このタスクでは、ONS 15454 で既存のスタティック ルートを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G58 スタティック ルートの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Network] > [Static Routing] タブをクリックします。

ステップ 2 削除するスタティック ルートをクリックします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 [Yes] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G165 OSPF のディセーブル化

 

目的

このタスクでは、ONS 15454 LAN の OSPF ルーティング プロトコル プロセスをディセーブルにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G59 Open Shortest Path First プロトコルの設定または変更」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Network] > [OSPF] タブをクリックします。[OSPF] サブタブにはいくつかのオプションがあります。

ステップ 2 [OSPF on LAN] 領域で、[OSPF active on LAN] チェックボックスをオフにします。

ステップ 3 [Apply] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G167 ファイアウォール トンネルの削除

 

目的

このタスクでは、ファイアウォール トンネルを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [Provisioning] > [Network] > [Firewall] サブタブをクリックします。

ステップ 2 削除するファイアウォール トンネルをクリックします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G82 CTC ネットワーク ビューのカスタマイズ

 

目的

この手順では、ノードをドメインにグループ化して整然と表示したり、ネットワーク ビューの背景色を変更したり、ネットワーク ビューの背景にカスタム イメージを使用したりして、CTC ネットワーク ビューを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて次のタスクを実行します。

「G168 ネットワーク ビューの背景色の変更」

「G169 デフォルトのネットワーク ビュー背景マップの変更」

「G170 カスタム ネットワーク ビュー背景マップの適用」

「G171 ドメイン アイコンの作成」

「G172 ドメイン アイコンの管理」

「G173 ダイアログボックスの [Do-Not-Display] オプションのイネーブル化」

「G174 TDM と DWDM ネットワーク ビュー間の切り替え」

「G330 ネットワーク ビューでのリンクの統合」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G168 ネットワーク ビューの背景色の変更

 

目的

このタスクでは、ネットワーク ビューの背景色またはドメイン ビューの背景色(ドメインを開いたときに表示される領域)を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

検索以上


) 背景色を変更する場合は、変更はコンピュータの CTC ユーザ プロファイルに保存されます。変更は他の CTC ユーザには影響しません。



ステップ 1 CTC の [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 ドメインの背景を変更するには、そのドメインをダブルクリックします。該当しない場合は、ステップ 3 に進みます。

ステップ 3 ネットワーク ビューまたはドメイン マップ領域を右クリックして、ショートカット メニューから [Set Background Color] を選択します。

ステップ 4 [Choose Color] ダイアログボックスで、背景色を選択します。

ステップ 5 [OK] をクリックします。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G169 デフォルトのネットワーク ビュー背景マップの変更

 

目的

このタスクでは、CTC ネットワーク ビューのデフォルト マップを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) 背景イメージを変更する場合は、変更はコンピュータの CTC ユーザ プロファイルに保存されます。変更は他の CTC ユーザには影響しません。



ステップ 1 [Edit] メニューで、[Preferences] > [Map] を選択して、[Use Default Map] チェックボックスをオンにします。

ステップ 2 [Apply] をクリックします。

ステップ 3 [OK] をクリックします。[United States] マップが表示されることを確認します。

ステップ 4 ネットワーク ビューで、マップ上の任意のノードをダブルクリックします。

ステップ 5 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Defaults] タブをクリックします。[Defaults selector] フレームにデフォルト値がロードされるのを待機します。これには数分かかることがあります。

ステップ 6 [Defaults Selector] 領域で、[CTC] を選択して、[network] を選択します([network] を見つけるために、リストのスクロールダウンが必要な場合があります)。

ステップ 7 [Default Value] フィールドをクリックして、ドロップダウン リストからデフォルト マップを選択します。マップの選択肢には、[Germany]、[Japan]、[Netherlands]、[South Korea]、[United Kingdom]、および [United States] があります。

ステップ 8 [Apply] をクリックします。

ステップ 9 [OK] をクリックします。

ステップ 10 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。新しいマップが表示されることを確認します。

ステップ 11 ONS 15454 アイコンが表示されない場合は、ネットワーク ビューを右クリックして、[Zoom Out] を選択します。すべての ONS 15454 アイコンが表示されるまで繰り返します([Fit Graph to Window] を選択することもできます)。

ステップ 12 ノード アイコンを再調整する場合は、マップ上の新しい場所に一度に 1 つずつドラッグ アンド ドロップします。

ステップ 13 アイコンの倍率を変更する場合は、ネットワーク ビューを右クリックして、[Zoom In] を選択します。必要な倍率で ONS 15454 アイコンが表示されるまで繰り返します。

ステップ 14 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G170 カスタム ネットワーク ビュー背景マップの適用

 

目的

このタスクでは、CTC ネットワーク ビューの背景イメージまたはマップを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

検索以上


) ネットワーク ビューの背景イメージは、ローカルまたはネットワーク ドライブでアクセス可能な任意の JPEG または GIF イメージで置き換えることができます。カスタム背景イメージを適用する場合は、変更はコンピュータの CTC ユーザ プロファイルに保存されます。変更は他の CTC ユーザには影響しません。



ステップ 1 [Edit] メニューで、[Preferences] > [Map] を選択して、[Use Default Map] チェックボックスをオフにします。

ステップ 2 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 3 ネットワークまたはドメイン マップを右クリックして、[Set Background Image] を選択します。

ステップ 4 [Browse] をクリックします。背景として使用するグラフィック ファイルに移動します。

ステップ 5 ファイルを選択します。[Open] をクリックします。

ステップ 6 [Apply] をクリックし、さらに [OK] をクリックします。

ステップ 7 ONS 15454 アイコンが表示されない場合は、ネットワーク ビューを右クリックして、[Zoom Out] を選択します。すべての ONS 15454 アイコンが表示されるまでこの手順を繰り返します。

ステップ 8 ノード アイコンを再調整する場合は、マップ上の新しい場所に一度に 1 つずつドラッグ アンド ドロップします。

ステップ 9 アイコンの倍率を変更する場合は、ネットワーク ビューを右クリックして、[Zoom In] を選択します。必要な倍率で ONS 15454 アイコンが表示されるまで繰り返します。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G171 ドメイン アイコンの作成

 

目的

このタスクではドメインを作成します。ドメインは、CTC ネットワーク ビューで ONS 15454 アイコンをグループ化する 1 つのアイコンです。デフォルトでは、ドメインは、ネットワークにログインするすべての CTC セッションに表示されます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


すべてのセキュリティ レベルのユーザがローカル ドメイン(つまり、ホーム CTC セッションだけで表示できるようにするドメイン)を作成できるようにするには、スーパーユーザは、CTC.network.LocalDomainCreationAndViewing NE のデフォルト値を TRUE に変更できます。TRUE 値は、どのユーザも、自分のプリファレンス ファイルにドメイン情報を保持でき、ドメインの変更は他の CTC セッションに影響を与えないことを意味します(デフォルト値は FALSE です。これは、ドメイン情報がすべての CTC セッションに影響を与え、スーパーユーザのみがドメインを作成したり、ノードをドメインに追加したりできることを意味します)。NE のデフォルト値を変更するには、「G135 ネットワーク要素のデフォルトの編集」を参照してください。



ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 ネットワーク マップを右クリックし、ショートカット メニューで [Create New Domain] を選択します。

ステップ 3 マップにドメイン アイコンが表示されたら、マップ名をクリックして、ドメイン名を入力します。

ステップ 4 Enter を押します。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G172 ドメイン アイコンの管理

 

目的

このタスクでは、CTC ネットワーク ビューのドメイン アイコンを管理します。デフォルトでは、ドメインは、ネットワークにログインするすべての CTC セッションに表示されます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G171 ドメイン アイコンの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) すべてのセキュリティ レベルのユーザがローカル ドメイン(つまり、ホーム CTC セッションだけで表示できるようにするドメイン)を作成できるようにするには、スーパーユーザは、CTC.network.LocalDomainCreationAndViewing NE のデフォルト値を TRUE に変更できます。TRUE 値は、どのユーザも、自分のプリファレンス ファイルにドメイン情報を保持でき、ドメインの変更は他の CTC セッションに影響を与えないことを意味します(デフォルト値は FALSE です。これは、ドメイン情報がすべての CTC セッションに影響を与え、スーパーユーザのみがドメインを作成したり、ノードをドメインに追加したりできることを意味します)。NE のデフォルト値を変更するには、「G135 ネットワーク要素のデフォルトの編集」を参照してください。



ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 表 11-2 で実行するドメイン アクションを見つけて、適切な手順を実行します。

 

表 11-2 ドメインの管理

ドメイン アクション
手順

ドメインの移動

Ctrl を押して、ドメイン アイコンを新しい場所にドラッグ アンド ドロップします。

ドメインの名前変更

ドメイン アイコンを右クリックして、ショートカット メニューから [Rename Domain] を選択します。[domain name] フィールドに新しい名前を入力します。

ドメインへのノードの追加

ノード アイコンをドメイン アイコンにドラッグ アンド ドロップします。

ドメインからネットワーク マップへのノードの移動

ドメインを開いて、ノードを右クリックします。[Move Node Back to Parent View] を選択します。

ドメインを開く

次のいずれかを実行します。

ドメイン アイコンをダブルクリックします。

ドメインを右クリックして、[Open Domain] を選択します。

ネットワーク ビューに戻る

ドメイン ビュー領域を右クリックして、ショートカット メニューから [Go to Parent View] を選択します。

ドメインの内容のプレビュー

ドメイン アイコンを右クリックして、[Show Domain Overview] を選択します。ドメイン アイコンに、ドメイン内のノードの小さいプレビューが表示されます。ドメインの概要をオフにするには、概要を右クリックして、[Show Domain Overview] を選択します。

ドメインの削除

ドメイン アイコンを右クリックして、[Remove Domain] を選択します。ドメイン内のすべてのノードがネットワーク マップに戻ります。

ステップ 3 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G173 ダイアログボックスの [Do-Not-Display] オプションのイネーブル化

 

目的

このタスクでは、ユーザが選択した [do-not-display] ダイアログボックス設定が後続のセッションでイネーブルになっていることを確認するか、[do-not-display] オプションをディセーブルにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


) 操作(たとえば、回線の作成)を実行する権限を持つユーザが、ダイアログボックスで [Do not show this message again] を選択すると、次のタスクを使用してコマンドが上書きされない限り、同じコンピュータからネットワークでその操作を実行する他のユーザにはそのダイアログボックスは表示されません(プリファレンスは、ノード データベースではなくコンピュータに保存されます)。



ステップ 1 [Edit] メニューから、[Preferences] を選択します。

ステップ 2 [Preferences] ダイアログボックスで、[General] タブをクリックします。

[Preferences Management] 領域フィールドに、[Do not show this message again] がイネーブルになっているダイアログボックスがすべてリストされます。

ステップ 3 次のいずれかのオプションを選択するか、表示する個々のダイアログボックスをオフにします。

[Don't Show Any]:[do-not-display] チェックボックスをすべて非表示にします。

[Show All]:[do-not-display] チェックボックスの選択を上書きし、すべてのダイアログボックスを表示します。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G174 TDM と DWDM ネットワーク ビュー間の切り替え

 

目的

Time Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)と DWDM ネットワーク ビュー間を切り替えるには、このタスクを使用します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

検索以上


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 ツールバーの [Network Scope] ドロップダウン リストから、次のいずれかを選択します。

[All]:TDM ノードと DWDM ノードの両方を表示します。

[TDM]:トランスポンダ(TXP)とマックスポンダ(MSP)カードを含む、SONET または SDH カードが搭載されている ONS 15454 だけを表示します。

[DWDM]:TXP および MXP カードを含む、DWDM カードが搭載されている ONS 15454 だけを表示します。

ステップ 3 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G330 ネットワーク ビューでのリンクの統合

 

目的

このタスクでは、DCC、GCC、Optical Transport Service(OTS)、および Provisionable Patchcord(PPC; プロビジョニング可能パッチコード)リンクを CTC ネットワーク ビューで統合します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

検索以上


) グローバルな統合は、CTC の再起動時に維持されますが、ローカルな統合は維持されません。



ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。デフォルトでは、CTC にはリンクが表示されます。

ステップ 2 必要に応じて、次の手順を実行します。

リンク間を切り替えるには、ステップ 3 に移動します。

ネットワーク マップですべてのリンクを統合するには、ステップ 4 に移動します。

2 つのノード間のリンクを統合するには、ステップ 5 に移動します。

統合リンクに関する情報を表示するには、ステップ 6 に移動します。

統合リンク内の個々のリンクにアクセスするには、ステップ 7 に移動します。

統合リンクを展開するには、ステップ 8 に移動します。

リンクをクラスによってフィルタリングするには、ステップ 9 に移動します。

ステップ 3 ネットワーク マップを右クリックして、[Show Link Icons] を選択してリンク アイコンのオン/オフを切り替えます。

ステップ 4 ネットワーク マップですべてのリンクを統合する(グローバルな統合)には、次の手順を実行します。

a. ネットワーク マップの任意の場所を右クリックします。

b. ショートカット メニューから [Collapse/Expand Links] を選択します。[Collapse/Expand Links] ダイアログ ウィンドウが表示されます。

c. 統合するリンク クラスのチェックボックスを選択します。

d. [OK] をクリックします。選択したクラス リンクが、ネットワーク マップ全体で統合されます。

ステップ 5 2 つのノード間のリンクを統合する(ローカルな統合)には、次の手順を実行します。

a. ネットワーク マップでリンクを右クリックします。

b. ショートカット メニューから [Collapse Link] を選択します。選択したリンク タイプが統合され、1 つのリンクだけが表示されます。


) リンクはクラス別に統合されます。たとえば、統合対象として DCC リンクを選択すると、DCC リンクだけが統合され、他のリンク クラスはすべて展開されたままになります。


図 11-2 に、未統合の DCC および PPC リンクが示されたネットワーク ビューを表示します。

図 11-2 ネットワーク ビュー内の未統合のリンク

 

図 11-3 に、グローバルに統合されたリンクが示されたネットワーク ビューを表示します。

図 11-3 ネットワーク ビュー内の統合リンク

 

図 11-4 に、2 つのノード間のローカル DCC リンク統合が示されたネットワーク ビューを表示します。

図 11-4 ローカルなリンク統合が示されたネットワーク ビュー

 

ステップ 6 統合リンクに関する情報を表示するには、マウスをリンクの上に移動する(ツールチップに、リンクの数とリンク クラスが表示されます)か、リンクをクリックして、ウィンドウの左側に詳細情報を表示します。

ステップ 7 統合リンク内の個々のリンクにアクセスする(たとえば、スパン アップグレードを実行する必要がある場合)には、次の手順を実行します。

a. 統合リンクを右クリックします。個々のリンクのリストが示されたショートカット メニューが表示されます。

b. 選択したリンクの上にマウスを移動します。個々のリンクに対するアクションを選択するか、リンクが接続されているいずれかのノードに移動できる、カスケード メニューが表示されます。

ステップ 8 ローカルに統合されたリンクを展開するには、統合リンクを右クリックして、「リンク クラス」が DCC、PPC などであるショートカット メニューから [Expand [link class] Links] を選択します。

ステップ 9 リンクをクラスによってフィルタリングするには、次の手順を実行します。

a. ウィンドウの右上の領域にある [Link Filter] ボタンをクリックします。[Link Filter] ダイアログが表示されます。

[Link Filter] ダイアログに表示されるリンク クラスは、ネットワーク ビューで選択したネットワーク スコープによって決定されます( 表 11-3 )。

 

表 11-3 ネットワーク スコープ別のリンク クラス

ネットワーク スコープ
表示されるリンク クラス

[ALL]

[DCC]、[GCC]、[OTS]、[PPC]、[Server Trail]

[DWDM]

[GCC]、[OTS]、[PPC]

[TDM]

[DCC]、[PPC]

b. 表示するリンクの隣にあるチェックボックスをオンにします。

c. [OK] をクリックします。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G83 カード保護設定の変更または削除

 

目的

この手順では、カード保護設定を変更および削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G33 Y 字型ケーブル保護グループの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 保護グループを変更および削除すると、サービスが影響を受ける可能性があります。


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 必要に応じて、次の任意のタスクを実行します。

「G175 Y 字型ケーブル保護グループの変更」

「G176 スプリッタ保護グループの変更」

「G177 Y 字型ケーブル保護グループの削除」

「G459 スプリッタ保護グループの削除」

ステップ 3 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G175 Y 字型ケーブル保護グループの変更

 

目的

このタスクでは、2 つの TXP、MXP、GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、10GE_XPE、または OTU2_XP カード クライアント ポート用に作成された Y 字型ケーブル保護グループを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G33 Y 字型ケーブル保護グループの作成」

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] 領域で、変更する Y 字型ケーブル保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Edit] をクリックします。

ステップ 4 [Selected Group] 領域で、必要に応じて、次の項目を変更できます。

[Name]:保護グループ名への変更を入力します。名前には、最大 32 文字の英数字を使用できます。

[Revertive]:障害状態が修正された後で、[Reversion Time] リストで選択した時間の経過後にトラフィックを現用カードに戻す場合は、このチェックボックスをオンにします。トラフィックを戻さない場合は、このチェックボックスをオフにします。

[Reversion time]:[Revertive] チェックボックスを選択した場合は、[Reversion time] ドロップダウン リストから復帰時間を選択します。範囲は 0.5 ~ 12.0 分です。デフォルトは 5.0 分です。これは、トラフィックが現用カードに戻るまでに経過する時間です。切り替えの原因になった状態が解消されると、トラフィックが復帰します。

ステップ 5 [OK] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G176 スプリッタ保護グループの変更

 

目的

このタスクでは、TXPP_MR_2.5G、MXPP_MR_2.5G、PSM、または OTU2_XP カードで作成されたスプリッタ保護グループを変更します。スプリッタ保護は、TXPP_MR_2.5G、MXPP_MR_2.5G、または PSM カードの取り付け時に自動的に作成されます。OTU2_XP カードでは、スプリッタ保護グループが設定可能で、ポート 3 および 4 で作成できます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] 領域で、変更するスプリッタ保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Edit] をクリックします。

ステップ 4 [Selected Group] 領域で、必要に応じて、次の項目を変更できます。

[Name]:保護グループ名への変更を入力します。名前には、最大 32 文字の英数字を使用できます。

[Revertive]:障害状態が修正された後で、[Reversion Time] リストで選択した時間の経過後にトラフィックを現用カードに戻す場合は、このチェックボックスをオンにします。トラフィックを戻さない場合は、このチェックボックスをオフにします。

[Reversion time]:[Revertive] チェックボックスを選択した場合は、[Reversion time] ドロップダウン リストから復帰時間を選択します。範囲は 0.5 ~ 12.0 分です。デフォルトは 5.0 分です。これは、トラフィックが現用カードに戻るまでに経過する時間です。切り替えの原因になった状態が解消されると、トラフィックが復帰します。


) PSM カードでは、保護グループ名だけを編集できます。その他のフィールドはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 [OK] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G177 Y 字型ケーブル保護グループの削除

 

目的

このタスクでは、Y 字型ケーブル保護グループを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、近端のトランスポンダ カードをダブルクリックして、カード ビューで開きます。

ステップ 2 カード ビュー モードで、[Provisioning] タブをクリックします。プロビジョニングされたポートが示された [Line] タブ ビューが表示されます。

ステップ 3 [Admin State] リスト ボックスをクリックして、近端のトランスポンダ トランクとクライアント ポート(たとえば、「1-1(OC3)、2(OC48)」)に [Out-of-Service (OOS)] オプションを選択します。

ステップ 4 [Apply] をクリックします。遠端のトランスポンダ カードでステップ 1 4 を繰り返します。

ステップ 5 カード ビュー モードでトランスポンダ カードを右クリックして、[Go to Parent View] を選択します。

ステップ 6 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 7 [Protection Groups] 領域で、削除する保護グループで保護トランスポンダ ポートの Y 字型ケーブル ファイバを切断します。

ステップ 8 保護グループを選択して、[Delete] をクリックします。

ステップ 9 [Delete Protection Group] ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


) 保護グループを削除すると、両方のトランスポンダ TX ポートが IS ステートになる(保護 TX ポートはオンになります)ため、トラフィックはドロップされます。トランスポンダ TX ポートは、Y 字型ケーブルを介して接続されています。その結果、2 つの信号が同じファイバをパススルーされます。そのため、保護ポートをアウト オブ サービスにして、保護ポートのファイバ接続を削除してから、保護グループを削除する必要があります。



 

DLP-G459 スプリッタ保護グループの削除

 

目的

このタスクでは、OTU2_XP カードでスプリッタ保護グループを削除します。TXPP_MR_2.5G、MXPP_MR_2.5G、または PSM カードでは、スプリッタ保護グループは、カードの削除時に削除されます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] 領域で、削除する保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

ステップ 4 [Delete Protection Group] ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G84 Y 字型ケーブルおよびスプリッタの外部切り替えコマンドの開始とクリア

 

目的

この手順では、Y 字型ケーブルとスプリッタの保護グループに対して、手動および強制の保護切り替えを適用および解除する方法について説明します。また、Y 字型ケーブル保護グループに Lock On または Lock Out 保護コマンドを適用および解除する方法についても説明します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G179 TXP、MXP、GE_XP、10GE_XP、GE_XPE、10GE_XPE、ADM-10G、および OTU2_XP カードの取り付け」

「G33 Y 字型ケーブル保護グループの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイト

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) スプリッタ保護グループは、TXPP_MR_2.5G、MXPP_MR_2.5G、または PSM カードの取り付け時に自動的に作成されます。OTU2_XP カードのトランク ポートでスプリッタ保護グループを作成することもできます。



ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 手動保護切り替えを実行するには、「G178 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの手動保護切り替えの適用」を実行します。

ステップ 3 強制保護切り替えを実行するには、「G179 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの強制保護切り替えの適用」を実行します。

ステップ 4 強制または手動の保護切り替えを解除するには、「G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの手動または強制保護切り替えの解除」を実行します。

ステップ 5 現用または保護カードのトラフィックが、ペアのもう一方のカードに切り替わるのを防止するには、「G181 ロックオンの適用」を実行します。

ステップ 6 トラフィックが保護カードに切り替わるのを防止するには、「G182 ロックアウトの適用」を実行します。

ステップ 7 ロックオンまたはロックアウトを解除して保護グループを通常の切り替え方式に戻すには、「G183 ロックオンまたはロックアウトの解除」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G178 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの手動保護切り替えの適用

 

目的

このタスクでは、Y 字型ケーブルまたはスプリッタ保護グループで手動保護切り替えを実行します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

メンテナンス以上


注意 手動切り替えを実行すると、トラフィックは、ネットワーク状態で許可される場合に限りアクティブからスタンバイ カードに移行します。切り替え中に状態が変化した場合は、CTC は、トラフィックを元のアクティブ カードに戻そうとします。


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] リストで、手動保護切り替えを適用する Y 字型ケーブルまたはスプリッタ保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Selected Group] 領域で、アクティブ カードまたはポートをクリックします。

ステップ 4 [Switch Commands] ドロップダウン リストで、[Manual] をクリックします。

ステップ 5 [Confirm Manual Operation] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。

状態で許可される場合は、手動切り替えが適用されます。手動切り替えを解除するには、「G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの手動または強制保護切り替えの解除」を参照してください。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G179 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの強制保護切り替えの適用

 

目的

このタスクでは、Y 字型ケーブルまたはスプリッタ保護グループで強制保護切り替えを実行します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

メンテナンス以上


注意 強制切り替えを実行すると、トラフィックは、ネットワーク状態に関係なくアクティブからスタンバイ カードまたはポートに即時に移行します。切り替えは、解除されるまで有効なままになります。


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] リストで、強制保護切り替えを適用する Y 字型ケーブルまたはスプリッタ保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Selected Group] 領域で、アクティブ カードまたはポートをクリックします。

ステップ 4 [Switch Commands] ドロップダウン リストで、[Force] をクリックします。

ステップ 5 [Confirm Manual Operation] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。

強制切り替えが適用されます。強制切り替えを解除するには、「G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの手動または強制保護切り替えの解除」を参照してください。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの手動または強制保護切り替えの解除

 

目的

このタスクでは、Y 字型ケーブルまたはスプリッタ保護グループで手動または強制保護切り替えを解除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

次のいずれかのタスクを実行します。

「G178 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの手動保護切り替えの適用」

「G179 Y 字型ケーブルまたはスプリッタの強制保護切り替えの適用」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

メンテナンス以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] 領域で、解除するカードが含まれている保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Selected Group] 領域で、解除するカードをクリックします。

ステップ 4 [Switch Commands] ドロップダウン リストで、[Clear] をクリックします。

ステップ 5 確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

手動または強制保護切り替えが解除されます。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G181 ロックオンの適用

 

目的

このタスクでは、Y 字型ケーブル保護グループの現用またはアクティブ カードや、スプリッタ保護グループのポートから、トラフィックが切り替わるのを防止します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

メンテナンス以上


) Lock On コマンドを適用できるのは、現用またはアクティブ カードまたはポートだけです。現用カードまたはポートがスタンバイ状態にある場合(トラフィックが切り替えられている場合)、[Lock On] ボタンは利用できません。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] 領域で、ロックオンするカード(Y 字型ケーブル)またはポート(スプリッタ)が含まれている保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Selected Group] 領域で、現用またはアクティブ カードをクリックします。

ステップ 4 [Inhibit Switching] ドロップダウン リストで、[Lock On] をクリックします。

ステップ 5 確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

ロックオンが適用されます。トラフィックを保護カードに切り替えることはできません。ロックオンを解除するには、「G183 ロックオンまたはロックアウトの解除」を参照してください。


) ロックオンをプロビジョニングすると、CTC で LOCKON-REQ または FE-LOCKON 状態が発生します。ロックオン切り替え要求を解除すると、これらの状態が解除されます。


ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G182 ロックアウトの適用

 

目的

このタスクでは、トラフィックが保護またはスタンバイ カードまたはポートに切り替わるのを防止します。Lock Out コマンドは、Force および Manual 切り替えコマンドを上書きします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

メンテナンス以上


) ロックアウトを適用できるのは、保護またはスタンバイ カードまたはポートです。保護カードまたはポートがアクティブの場合(トラフィックが切り替えられている場合)、ロックアウト タスクは実行できません。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] 領域で、ロックアウトするカード(Y 字型ケーブル)またはポート(スプリッタ)が含まれている保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Selected Group] 領域で、保護またはスタンバイ カードをクリックします。

ステップ 4 [Inhibit Switching] ドロップダウン リストで、[Lock Out] をクリックします。

ステップ 5 確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

ロックアウトが適用されます。トラフィックを保護カードに切り替えることはできません。ロックアウトを解除するには、「G183 ロックオンまたはロックアウトの解除」を参照してください。


) ロックアウトをプロビジョニングすると、CTC で LOCKOUT-REQ または FE-LOCKOUT 状態が発生します。ロックアウト切り替え要求を解除すると、これらの状態が解除されます。


ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G183 ロックオンまたはロックアウトの解除

 

目的

このタスクでは、ロックオンまたはロックアウトを解除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

次のいずれかのタスクを実行します。

「G181 ロックオンの適用」

「G182 ロックアウトの適用」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

両方

セキュリティ レベル

メンテナンス以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Maintenance] > [Protection] タブをクリックします。

ステップ 2 [Protection Groups] 領域で、解除するカードが含まれている保護グループをクリックします。

ステップ 3 [Selected Group] 領域で、解除するカードをクリックします。

ステップ 4 [Inhibit Switching] ドロップダウン リストで、[Unlock] をクリックします。

ステップ 5 確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

ロックオンまたはロックアウトが解除されます。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G85 OSC 終端、GCC 終端、およびプロビジョニング可能パッチコードの変更または削除

 

目的

この手順では、GCC 終端を変更し、プロビジョニング可能パッチコード、OSC 終端、および GCC 終端を削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

次の 1 つ以上のタスク。

「G76 GCC 終端のプロビジョニング」

「G38 OSC 終端のプロビジョニング」

「G184 プロビジョニング可能パッチコードの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 OSC 終端を削除すると、CTC コンピュータへの他の OSC またはネットワーク接続がないノードの可視性が失われることがあります。


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、必要に応じて、次のタスクを実行します。

「G184 GCC 終端の変更」

「G185 GCC 終端の削除」

「G186 OSC 終端の削除」

「G187 プロビジョニング可能パッチコードの削除」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G184 GCC 終端の変更

 

目的

このタスクでは、GCC 終端を変更します。OSPF をイネーブルまたはディセーブルにして、外部ノード設定をイネーブルまたはディセーブルにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

リモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Comm Channels] > [GCC] タブをクリックします。

ステップ 2 変更する GCC をクリックします。

ステップ 3 [Edit] をクリックします。

ステップ 4 [GCC Termination Editor] ダイアログボックスで、必要に応じて、次の項目を入力します。

[GCC Rate]:(表示のみ)GCC レートを示します。

[Disable OSPF on SDCC Link]:オンにすると、リンクで OSPF がディセーブルになります。OSPF は、OSPF をサポートしないサードパーティ製の機器にスロットとポートが接続されている場合に限りディセーブルにする必要があります。

[Far End is Foreign]:GCC 終端が ONS 以外のノードであることを指定するには、このチェックボックスをオンにします。

[Far end IP]:[Far End is Foreign] チェックボックスをオンにした場合は、遠端ノードの IP アドレスを入力するか、デフォルトの 0.0.0.0 のままにします。IP アドレス 0.0.0.0 は、遠端でどのアドレスも使用できることを意味します。

ステップ 5 [OK] をクリックします。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G185 GCC 終端の削除

 

目的

このタスクでは、TXP、MXP、または ADM-10G カードの使用時に、ネットワークの設定に必要な DWDM GCC 終端を削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


) ポートで GCC 終端を削除すると、ポートに存在する可能性があるすべてのプロビジョニング可能パッチコード リンクも削除されます。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Comm Channel] > [GCC] タブをクリックします。

ステップ 2 削除する GCC をクリックします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

ステップ 4 ポートをアウト オブ サービスにする場合は、[Delete GCC Terminations] ダイアログボックスで、[Set port OOS] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [Yes] をクリックします。ネットワークの GCC 終端がすべて削除され、ポートがアウト オブ サービスになるまで、GCC-EOC アラームが表示されます。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G186 OSC 終端の削除

 

目的

このタスクでは、ONS 15454 で OSC 終端を削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 OSC 終端を削除すると、ノードの分離が発生し、CTC コンピュータへの他の OSC またはネットワーク接続がないノードの可視性が失われることがあります。


) TNC ポートで OSC を削除するには、UDC/VoIP 設定を [None] にする必要があります。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Comm Channel] > [OSC] タブをクリックします。

ステップ 2 削除する OSC 終端をクリックし、[Delete] をクリックします。

ステップ 3 [Delete OSC Termination] 確認ボックスで、[Yes] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。

ネットワーク OSC 終端がすべて削除されるまで、Loss of Signal(LOS; 信号損失)または電源障害アラームが OPT-BST 増幅器、OSCM カード、および OSC-CSM カードに表示されることがあります。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G187 プロビジョニング可能パッチコードの削除

 

目的

このタスクでは、プロビジョニング可能パッチコードを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

「G184 プロビジョニング可能パッチコードの作成」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Comm Channels] > [PPC] タブをクリックします。ネットワーク ビューで、[Provisioning] > [Provisionable Patchcords] タブをクリックします。

ステップ 2 削除するプロビジョニング可能パッチコードをクリックします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

ステップ 4 確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G86 パススルー接続からアド/ドロップ接続への変換

 

目的

この手順では、パススルー接続をアド/ドロップ接続(1 つをアド側、もう 1 つをドロップ側)に変換します。この手順は、ネットワーク アップグレード中に使用してください。パススルー チャネル接続は、AD-xC-xx.x、4MD-xx.x、32MUX-O、32DMX-O、32DMX、32DMX-L、40-MUX-C、および 40-DMX-C/40-DMX-CE カードについて、チャネル入力ポートとチャネル出力ポート間に提供できます。 より高いアドまたはドロップ チャネル機能または設定が必要な可能性があるノードでパススルー接続を設定できます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

なし

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイト

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ネットワーク上の ONS 15454 で、「G46 CTC へのログイン」を実行します。

ステップ 2 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Circuits] タブをクリックします。削除するパススルー接続に適用される単一方向または双方向のパススルー Optical Channel Network Connection(OCHNC; 光チャネル ネットワーク接続)を削除します。

ステップ 3 物理的なパススルー ケーブル接続を削除します。[Provisioning] > [WDM-ANS] > [Internal Patchcords] タブをクリックして、削除するカード ポートを特定します。削除するパス スルー接続は OADM ノードとハブ ノードの両方で接続できます。

ハブ ノードの場合:32DMX-O、32DMX、または 32DMX-L 出力ポートを 32MUX-O 入力ポートに接続します。または、40-DMX-C または 40-DMX-CE 出力ポートを 40-MUX-C 入力ポートに接続します。

OADM ノードの場合:AD-xC-xx.x ドロップ(TX)ポートを AD-xC-xx.x アド(RX)ポートに接続します。

ステップ 4 適切なクライアント インターフェイスを正しいアド ポートとドロップ ポートに物理的に接続します。

ステップ 5 アド/ドロップ接続に変換するパススルー接続に関連するフィルタ接続を削除します。

a. ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [WDM-ANS] > [Internal Patchcords] タブをクリックします。

b. ITU-T チャネルのアド ポート フィルタとドロップ ポート フィルタ間のパススルー接続を強調表示します。

c. [Delete] をクリックします。

ステップ 6 新しいアド/ドロップ チャネルをサポートする 2 つの新しい単方向 OCHNC(1 つは見出しサイド B、もう 1 つは見出しサイド A)を作成します。「G105 光チャネル ネットワーク接続のプロビジョニング」を参照してください。

ステップ 7 必要に応じて、「G184 プロビジョニング可能パッチコードの作成」を実行します。

ステップ 8 必要に応じて、AD-xC-xx.x、4MD-xx.x、32DMX-O、32DMX、32-DMX-L、または 40-DMX-C/40-DMX-CE カードのチャネル TX ポートと、TXP、MXP、または OC-N/STM-N ITU-T ラインカード上の DWDM RX ポートの間に光減衰器を追加します。


) チャネルの送信元が 32DMX-O である場合、チャネル別内部 Variable Optical Attenuator(VOA; 可変光減衰器)の値を変更することにより、CTC で光パワーを調節できます。


ステップ 9 (任意)次の確認手順は、パススルー接続を変換するときに中間ノードで必要になることがあります。

a. 受信チャネルが指定した電力レベルであることを確認します。手順については、「G76 CTC を使用した光スパン損失の確認」を参照してください。

b. 追加したチャネルが +/-1 dB 以内でエクスプレス チャネルと均等化されていることを確認します。

c. チャネルが +/-1 dB 以内でエクスプレス チャネルと等化されていない場合は、VOA の減衰を確認します。

d. すべてのファイバ アダプタを確認し、挿入損失を最小限にします。手順については、「G115 ファイバ コネクタのクリーニング」を参照してください。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

NTP-G87 ノード タイミング パラメータの変更

 

目的

この手順では、ONS 15454 のタイミング パラメータを変更します。タイミング基準を切り替えるには、「G112 ノード タイミング基準の変更」を参照してください。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G53 タイミングの設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


注意 次の手順はサービスに影響を与える可能性があるため、スケジュールされたメンテナンス時間中に実行する必要があります。


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 [Provisioning] > [Timing] > [General] タブをクリックします。

ステップ 4 [General Timing] セクションで、次のいずれかの情報を変更します。

[Timing Mode]


) タイミングが混在するとタイミング ループが発生することがあるため、[Mixed Timing] オプションの使用は推奨されません。このモードを使用する際は、十分注意してください。


[SSM Message Set]

[Quality of RES]

[Revertive]

[Revertive Time]

フィールドの説明については、「G53 タイミングの設定」を参照してください。

ステップ 5 [Reference Lists] 領域で、次の情報を変更できます。


) 基準リストは、ノードに対して最大 3 つのタイミング基準と、最大 6 つの BITS Out 基準を定義します。BITS Out 基準は、バックプレーンのノードの BITS Out ピンに接続できる機器によって使用されるタイミング基準を定義します。機器を BITS Out ピンに接続する場合は、外部タイミング基準の近くにある機器は基準に直接接続できるため、通常、機器を回線モードのノードに接続します。


[NE Reference]

[BITS 1 Out]

[BITS 2 Out]

ステップ 6 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Timing] > [BITS Facilities] タブをクリックします。

ステップ 7 [BITS In] セクションで、次の情報を変更できます。


[BITS Facilities] セクションでは、BITS1 および BITS2 タイミング基準のパラメータを設定します。これらの設定の多くは、タイミング ソースのメーカーによって決定されます。機器のタイミングが BITS Out によって設定される場合は、その機器の要件を満たすようにタイミング パラメータを設定できます。


[BITS In State]

[Coding]

[State]

[Framing]

[Sync Messaging]

[Admin SSM]

ステップ 8 [BITS Out] セクションで、次の情報を変更できます。

[Coding]

[Framing]

[AIS Threshold]

[LBO]

ステップ 9 [Apply] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。


注意 内部タイミングは Stratum 3 であり、永続的な使用を意図していません。すべての ONS 15454 のタイミングを Stratum 2 またはそれ以上のプライマリ基準ソースに設定する必要があります。

ステップ 10 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

NTP-G88 ユーザの変更とセキュリティの変更

 

目的

この手順では、ONS 15454 のユーザおよびセキュリティ プロパティを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G23 ユーザの作成とセキュリティの割り当て」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて、次の任意のタスクを実行します。

「G188 単一ノードのセキュリティ ポリシーの変更」

「G189 複数ノードのセキュリティ ポリシーの変更」

「G317 ノード アクセスと PM クリア権限の変更」

「G328 プロビジョニング ユーザへのスーパーユーザ権限の付与」

「G191 単一ノードでのユーザ パスワードとセキュリティ レベルの変更」

「G192 複数ノードでのユーザ パスワードとセキュリティ レベルの変更」

「G193 単一ノードからのユーザの削除」

「G194 複数ノードからのユーザの削除」

「G195 単一ノードでのユーザのログアウト」

「G196 複数ノードでのユーザのログアウト」

「G281 RADIUS 認証のためのノード設定」

「G282 アクティブ ログインの表示および終了」

ステップ 4 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G188 単一ノードのセキュリティ ポリシーの変更

 

目的

このタスクでは、アイドル ユーザのタイムアウト、ユーザ ロックアウト、パスワード変更、同時ログイン ポリシーなど、単一ノードのセキュリティ ポリシーを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Policy] タブをクリックします。

ステップ 2 アイドル ユーザのタイムアウト時間を変更するには、プロビジョニングするセキュリティ レベル RETRIEVE、MAINTENANCE、PROVISIONING、または SUPERUSER について、[Idle User Timeout] 領域で時間(H)および分(M)の矢印をクリックします。アイドル時間の範囲は、0 ~ 16 時間と 0 ~ 59 分です。ユーザは、アイドル ユーザのタイムアウト時間に達すると、ログアウトされます。

ステップ 3 [User Lockout] 領域で、次の情報を変更できます。

[Failed Logins Before Lockout]:ユーザがノードからロックアウトされるまでにユーザが行うことができるログイン失敗の最大試行回数を入力します。0 ~ 10 までの値を選択できます。

[Manual Unlock by Superuser]:スーパーユーザの権限を持つユーザは、ノードからロックアウトされたユーザを手動でロック解除できます。

[Lockout Duration]:ユーザがログインに失敗した後、ロックアウトされる時間を設定します。0 ~ 10 分、0 ~ 55 秒(5 秒間隔)の値を選択できます。


) [Manual Unlock by Superuser] と [Lockout Duration] は相互に排他的です。


ステップ 4 [Password Change] 領域で、次の情報を変更できます。

[Prevent Reusing Last [ ] Passwords]:ユーザがパスワードを再度利用できるようになるまでに作成する必要がある別のパスワードの数を設定するには、1 ~ 10 の値を選択します。

[New Password must Differ from the Old Password]:旧パスワードと新規パスワード間で異なる必要がある文字数を選択します。デフォルトの数は 1 です。範囲は 1 ~ 5 です。

[Cannot Change New Password for [ ] days]:オンにすると、ユーザは指定された期間パスワードを変更できなくなります。範囲は 20 ~ 95 日です。

[Require Password Change on First Login to New Account]:オンにすると、ユーザが初めて自分のアカウントにログインした際にパスワードの変更を要求します。

ステップ 5 ユーザに定期的にパスワードの変更を要求するには、[Password Aging] 領域の [Enforce Password Aging] チェックボックスをオンにします。オンにした場合は、次のパラメータをプロビジョニングします。

[Aging Period]:セキュリティ レベル RETRIEVE、MAINTENANCE、PROVISIONING、および SUPERUSER ごとに、ユーザがパスワードを変更すべきと見なされるまでの時間を設定します。範囲は 20 ~ 95 日です。

[Warning Period]:セキュリティ レベルごとに、ユーザがパスワードの変更を警告されるまでの日数を設定します。範囲は 2 ~ 20 日です。

ステップ 6 [Other] 領域で、次の情報をプロビジョニングできます。

[Single Session Per User]:オンにすると、ユーザが一度にログインできるセッションを 1 つに制限します。

[Disable Inactive User]:オンにすると、[Inactive Duration] ボックスで指定した期間、ノードにログインしないユーザをディセーブルにします。[Inactive Duration] の範囲は 1 ~ 99 日です。

ステップ 7 [Apply] をクリックします。変更内容が表示されていることを確認します。

ステップ 8 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G189 複数ノードのセキュリティ ポリシーの変更

 

目的

このタスクでは、アイドル ユーザのタイムアウト、ユーザ ロックアウト、パスワード変更、同時ログイン ポリシーなど、複数ノードのセキュリティ ポリシーを変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [Provisioning] > [Security] > [Policy] タブをクリックします。読み取り専用のテーブルに、ノードとそのポリシーが表示されます。

ステップ 3 変更するノードをテーブルでクリックして、[Change] をクリックします。

ステップ 4 アイドル ユーザのタイムアウト時間を変更するには、プロビジョニングするセキュリティ レベル RETRIEVE、MAINTENANCE、PROVISIONING、または SUPERUSER について、[Idle User Timeout] 領域で時間(H)および分(M)の矢印をクリックします。アイドル時間の範囲は、0 ~ 16 時間と 0 ~ 59 分です。ユーザは、アイドル ユーザのタイムアウト時間に達すると、ログアウトされます。

ステップ 5 [User Lockout] 領域で、次の情報を変更できます。

[Failed Logins Before Lockout]:ユーザがノードからロックアウトされるまでにユーザが行うことができるログイン失敗の最大試行回数を入力します。0 ~ 10 までの値を選択できます。

[Manual Unlock by Superuser]:スーパーユーザの権限を持つユーザは、ノードからロックアウトされたユーザを手動でロック解除できます。

[Lockout Duration]:ユーザがログインに失敗した後、ロックアウトされる時間を設定します。0 ~ 10 分、0 ~ 55 秒(5 秒間隔)の値を選択できます。


) [Manual Unlock by Superuser] と [Lockout Duration] は相互に排他的です。


ステップ 6 [Password Change] 領域で、次の情報を変更できます。

[Prevent Reusing Last [ ] Passwords]:ユーザがパスワードを再度利用できるようになるまでに作成する必要がある別のパスワードの数を設定するには、1 ~ 10 の値を選択します。

[New Password must Differ from the Old Password]:旧パスワードと新規パスワード間で異なる必要がある文字数を選択します。デフォルトの数は 1 です。範囲は 1 ~ 5 です。

[Cannot Change New Password for [ ] days]:オンにすると、ユーザは指定された期間パスワードを変更できなくなります。範囲は 20 ~ 95 日です。

[Require Password Change on First Login to New Account]:オンにすると、ユーザが初めて自分のアカウントにログインした際にパスワードの変更を要求します。

ステップ 7 ユーザに定期的にパスワードの変更を要求するには、[Password Aging] 領域の [Enforce Password Aging] チェックボックスをオンにします。オンにした場合は、次のパラメータをプロビジョニングします。

[Aging Period]:セキュリティ レベル RETRIEVE、MAINTENANCE、PROVISIONING、および SUPERUSER ごとに、ユーザがパスワードを変更すべきと見なされるまでの時間を設定します。範囲は 20 ~ 95 日です。

[Warning Period]:セキュリティ レベルごとに、ユーザがパスワードの変更を警告されるまでの日数を設定します。範囲は 2 ~ 20 日です。

ステップ 8 [Other] 領域で、次の情報をプロビジョニングできます。

[Single Session Per User]:オンにすると、ユーザが一度にログインできるセッションを 1 つに制限します。

[Disable Inactive User]:オンにすると、[Inactive Duration] ボックスで指定した期間、ノードにログインしないユーザをディセーブルにします。[Inactive Duration] の範囲は 1 ~ 99 日です。

ステップ 9 [Select Applicable Nodes] 領域で、変更を適用しないノードをすべてオフにします。

ステップ 10 [OK] をクリックします。

ステップ 11 [Security Policy Change Results] ダイアログボックスで、変更が正しいことを確認して、[OK] をクリックします。

ステップ 12 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G317 ノード アクセスと PM クリア権限の変更

 

目的

このタスクでは、物理的なアクセス ポイント、および ONS 15454 への接続に使用するシェル プログラムをプロビジョニングして、ノードの Performance Monitoring(PM; パフォーマンス モニタリング)データをクリアできるユーザのセキュリティ レベルを設定します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Access] タブをクリックします。

ステップ 2 [Access] 領域で、次の情報をプロビジョニングします。

[LAN access]:ノードへのアクセス パスを設定するには、次のいずれかのオプションを選択します。

[No LAN Access]:DCC 接続を介したノードへのアクセスだけを許可します。TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC RJ-45 ポートおよびバックプレーンを介したアクセスは許可されません。

[Front only]:TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC RJ-45 ポートを介したアクセスを許可します。DCC およびバックプレーンを介したアクセスは許可されません。

[Backplane only]:DCC 接続およびバックプレーンを介したアクセスを許可します。TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC RJ-45 ポートを介したアクセスは許可されません。

[Front and Backplane]:DCC、TCC2/TCC2P/TCC3/TNC/TSC RJ-45 ポート、およびバックプレーン接続を介したアクセスを許可します。

[Restore Timeout]:[LAN Access] に [DCC only] が選択されている場合に、DCC 接続が失われたときに、フロントおよびバックプレーン アクセスをイネーブルにするための遅延時間を設定します。フロントおよびバックプレーン アクセスは、復元タイムアウト期間が経過した後でイネーブルになります。フロントおよびバックプレーン アクセスは、DCC 接続が復元されるとすぐにディセーブルになります。

[Disable IPv4 access for IPv6 enabled ports]:IPv6 対応のポートで IPv4 をディセーブルにするには、このオプションを選択します。このオプションを選択する前に、IPv6 がイネーブルになっていること、およびノードがマルチシェルフ モードになっていないことを確認します。

ステップ 3 [Shell Access] 領域で、ノードへのアクセスに使用されるシェル プログラムを設定します。

[Access State]:すべてのシェル プログラム アクセス モードを [Disable](シェル アクセスをディセーブルにする)、[Non-Secure]、または [Secure] に設定できます。[Secure] モードでは、Secure Shell(SSH; セキュア シェル)プログラムを使用してノードにアクセスできます。SSH は、暗号化されたリンクを使用する端末リモート ホストのインターネット プロトコルです。

[Telnet Port]:Telnet ポートを使用してノードにアクセスできます。Telnet は、端末リモート ホストのインターネット プロトコルで、Advanced Research Project Agency Network(ARPANET)用に開発されました。ポート 23 がデフォルトです。

[Enable Shell Password]:オンにすると、SSH パスワードがイネーブルになります。シェル パスワードをイネーブル化するには、ボックスをオンにし、[Apply] をクリックします。パスワードをディセーブル化するには、チェックボックスをオフにし、[Apply] をクリックして、[Disable Shell Password] ダイアログボックスで現在のパスワードを入力してから、[OK] をクリックします。

ステップ 4 [TL1 Access] 領域で、目的の TL1 アクセス レベルを選択します。[Disabled] は、すべての TL1 アクセスを完全にディセーブルにします([Non-Secure] および [Secure] では SSH を利用したアクセスが許可されます)。

ステップ 5 [PM Clearing Privilege] フィールドで、ノード PM データをクリアできる最小のセキュリティ レベルとして [PROVISIONING] または [SUPERUSER] を選択します。

ステップ 6 [Enable Craft Port] チェックボックスを選択し、シェルフ コントローラのシリアル ポートをオンにします。

ステップ 7 リストから EMS アクセス ステートを選択します。使用可能なステートは、[Non-Secure] と [Secure](SSH を使用したアクセスを許可)です。

ステップ 8 [TCC CORBA (IIOP/SSLIOP) Listener Port] 領域で、リスナー ポート オプションを選択します。

[Default - TCC Fixed]:ファイアウォールの同じ側にある ONS 15454 に接続するか、ファイアウォールを使用しない場合(デフォルト)は、ポート 57790 を使用します。このオプションは、ポート 57790 が開いている場合にファイアウォールを介したアクセスに使用できます。

[Standard Constant]:ポート 683(IIOP)またはポート 684(SSLIOP)、CORBA のデフォルト ポート番号を使用します。

[Other Constant]:デフォルト ポートが使用されていない場合、ファイアウォール管理者が指定する IIOP または Secure Socket Layer Inter-ORB Protocol(SSLIOP)ポートを入力します。

ステップ 9 [SNMP Access] 領域で、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)アクセス ステートを [Non-Secure] または [Disabled](SNMP アクセスをディセーブルにします)に設定します。

ステップ 10 [Apply] をクリックします。

ステップ 11 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G328 プロビジョニング ユーザへのスーパーユーザ権限の付与

 

目的

このタスクでは、プロビジョニング ユーザが監査ログの検索、データベースの復元、PM のクリア、およびソフトウェアのロードのアクティブ化と復帰を行うことができるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Defaults] タブをクリックします。

ステップ 2 [Defaults Selector] 領域で、[NODE] を選択します。

ステップ 3 [Default Name] 領域で、次のいずれかのパラメータを選択します。

[NODE.security.grantPermission.RetrieveAuditLog]

[NODE.security.grantPermission.RestoreDB]

[NODE.security.grantPermission.PMClearingPrivilege]

[NODE.security.grantPermission.ActivateRevertSoftware]

ステップ 4 [Default Value] カラムをクリックして、変更するステップ 3 のプロパティごとにドロップダウン リストから [Provisioning] を選択します。


) [Apply] をクリックする前に [Reset] をクリックすると、すべての値が元の設定に戻ります。


ステップ 5 [Apply] をクリックします。

デフォルト値ファイルの編集の結果、変更されるデフォルト名の隣に、鉛筆のアイコンが表示されます。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G191 単一ノードでのユーザ パスワードとセキュリティ レベルの変更

 

目的

このタスクでは、1 つのノードで既存のユーザの設定を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) 各 ONS 15454 には、スーパーユーザのセキュリティ レベルを持つ 1 人のユーザを設定する必要があります。デフォルトの CISCO15 のユーザ名とセキュリティ レベルは、スーパーユーザのセキュリティを持つ別のユーザを作成しない限り変更できません。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Users] タブをクリックします。

ステップ 2 設定を変更するユーザをクリックして、[Edit] をクリックします。

ステップ 3 [Change User] ダイアログボックスで、次のことが可能です。

ユーザ パスワードの変更。

ユーザのセキュリティ レベルの変更。

ユーザのロックアウト。

ユーザのディセーブル化。

ユーザに対する次回ログイン時のパスワード変更の強制。

フィールドの説明については、「G54 シングル ノードでの新規ユーザの作成」を参照してください。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 確認ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。


) このタスク中に変更したユーザ設定は、ユーザがログアウトして再びログインするまで表示されません。


ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G192 複数ノードでのユーザ パスワードとセキュリティ レベルの変更

 

目的

このタスクでは、複数ノードで既存のユーザの設定を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) ユーザがアクセスするノードごとに同じユーザ名とパスワードを追加する必要があります。



ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。ユーザを変更するすべてのノードにアクセスできることを確認します。

ステップ 2 [Provisioning] > [Security] > [Users] タブをクリックします。設定を変更するユーザ名を強調表示します。

ステップ 3 [Change] をクリックします。[Change User] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 [Change User] ダイアログボックスで、次のことが可能です。

ユーザ パスワードの変更。

ユーザのセキュリティ レベルの変更。

ユーザのロックアウト。

ユーザのディセーブル化。

ユーザに対する次回ログイン時のパスワード変更の強制。

フィールドの説明については、「G55 複数ノードでの新規ユーザの作成」を参照してください。

ステップ 5 [Select Applicable Nodes] 領域で、ユーザの設定を変更しないすべてのノードをオフにします(デフォルトでは、すべてのネットワーク ノードが選択されています)。


) [Select Applicable Nodes] 領域は、1 つのノードだけにプロビジョニングされているユーザには表示されません。


ステップ 6 [OK] をクリックします。[Change Results] 確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 [OK] をクリックして、変更を確認します。

ステップ 8 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G193 単一ノードからのユーザの削除

 

目的

このタスクでは、単一ノードから既存のユーザを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) 現在ログインしているユーザは削除できません。ユーザをログアウトするには、「G195 単一ノードでのユーザのログアウト」を実行するか、[Delete User] ダイアログボックスで [Logout before delete] オプションを選択します。



) CTC では、1 人のスーパーユーザを残す場合は、他のスーパーユーザを削除できます。たとえば、別のスーパーユーザを作成した場合は、CISCO15 ユーザを削除できます。このオプションは注意して使用してください。



ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Users] タブをクリックします。

ステップ 2 削除するユーザを選択します。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。

ステップ 4 [Delete User] ダイアログボックスで、表示されるユーザ名が、削除するユーザ名であることを確認します。ユーザが現在ログインしている場合は、[Logout before delete] をクリックします(ログインしているユーザは削除できません)。

ステップ 5 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [User Deletion Results] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

ステップ 7 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G194 複数ノードからのユーザの削除

 

目的

このタスクでは、複数ノードから既存のユーザを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


) 現在ログインしているユーザは削除できません。ユーザをログアウトするには、「G196 複数ノードでのユーザのログアウト」を実行するか、[Delete User] ダイアログボックスで [Logout before delete] オプションを選択します。



) CTC では、1 人のスーパーユーザを残す場合は、他のスーパーユーザを削除できます。たとえば、別のスーパーユーザを作成した場合は、CISCO15 ユーザを削除できます。このオプションは注意して使用してください。



ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [Provisioning] > [Security] タブをクリックします。削除するユーザの名前を強調表示します。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。[Delete User] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 [Select Applicable Nodes] 領域で、このユーザを削除しないノードをすべてオフにします。


) [Select Applicable Nodes] 領域は、1 つのノードだけにプロビジョニングされているユーザには表示されません。


ステップ 5 [OK] をクリックします。[User Deletion Results] 確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 6 [OK] をクリックして、変更を確認します。

ステップ 7 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G195 単一ノードでのユーザのログアウト

 

目的

このタスクでは、単一ノードからユーザをログアウトします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Active Logins] タブをクリックします。

ステップ 2 ログアウトするユーザを選択して、[Logout] をクリックします。

ステップ 3 ユーザをロックアウトさせるには、[Logout User] ダイアログボックスで、[Lockout before Logout] をオンにします。これによって、[Policy] タブでプロビジョニングされたユーザ ロックアウト パラメータに基づいたログアウト後にユーザはログインできなくなります。スーパーユーザによる手動でのロック解除が必要です。そうでなければ、ユーザは、[Lockout Duration] フィールドで指定された期間ロックアウトされます。詳細については、「G188 単一ノードのセキュリティ ポリシーの変更」を参照してください。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 [OK] をクリックして、ログアウトを確認します。

ステップ 6 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G196 複数ノードでのユーザのログアウト

 

目的

このタスクでは、複数ノードからユーザをログアウトします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [Provisioning] > [Security] > [Active Logins] タブをクリックします。

ステップ 3 ログアウトするユーザを選択します。

ステップ 4 [Logout] をクリックします。

ステップ 5 [Logout User] ダイアログボックスで、ユーザをログアウトするノードをオンにします。

ステップ 6 ログアウトの前にユーザをロックアウトするには、[Lockout before Logout] をオンにします。これによって、[Policy] タブでプロビジョニングされたユーザ ロックアウト パラメータに基づいたログアウト後にユーザはログインできなくなります。スーパーユーザによる手動でのロック解除が必要です。そうでなければ、ユーザは、[Lockout Duration] フィールドで指定された期間ロックアウトされます。詳細については、「G189 複数ノードのセキュリティ ポリシーの変更」を参照してください。

ステップ 7 [Select Applicable Nodes] 領域で、ユーザの設定を変更しないすべてのノードをオフにします(デフォルトでは、すべてのネットワーク ノードが選択されています)。

ステップ 8 [OK] をクリックします。

ステップ 9 確認ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G281 RADIUS 認証のためのノード設定

 

目的

このタスクでは、Remote Authentication Dial In User Service(RADIUS)認証のためにノードを設定できます。RADIUS は、ネットワークに接続しようとしているリモート ユーザを検証します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

RADIUS 認証のためにノードを設定する前に、最初に RADIUS サーバでノードをネットワーク デバイスとして追加する必要があります。RADIUS サーバの設定に関する詳細については、『User Guide for Cisco Secure ACS for Windows Server』を参照してください。

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


注意 RADIUS サーバにノードを追加して、RADIUS サーバを認証サーバ リストに追加するまでは、RADIUS 認証のためにそのノードを設定しないでください。RADIUS 認証をアクティブ化する前にノードを RADIUS サーバに追加しない場合は、ユーザはノードにアクセスできません。RADIUS サーバへのノードの追加に関する詳細については、『User Guide for Cisco Secure ACS for Windows Server』を参照してください。


) RADIUS サーバへのユーザの追加時に、次のシスコの Vendor-Specific Attribute(VSA; ベンダー固有属性)を指定する必要があります。

shell:priv-lvl= N

ここで、 N は次の値と等しくなります。

0(検索ユーザの場合)

1(メンテナンス ユーザの場合)

2(プロビジョニング ユーザの場合)

3(スーパーユーザの場合)


 


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [RADIUS Server] タブをクリックします。

ステップ 2 [Create] をクリックして、RADIUS サーバを認証サーバ リストに追加します。[Create RADIUS Server Entry] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [IP Address] フィールドに RADIUS サーバの IP アドレスを入力します。ノードが End Network Element(ENE)である場合は、Gateway Network Element(GNE; ゲートウェイ ネットワーク要素)の IP アドレスをこのフィールドに入力します。

GNE は、ネットワーク内の ENE から RADIUS サーバに認証要求を渡します。GNE がサーバでクライアントとしてリストされている場合、RADIUS サーバは認証を許可します。


) ONS 15454 Software Release 9.1 以降では、IPv4 アドレスに加えて、IPv6 アドレスを RADIUS サーバに対して設定できます。



注意 ENE ノードは GNE を使用して、RADIUS サーバに認証要求を渡すため、認証のために ENE を RADIUS サーバに個別に渡す必要があります。RADIUS 認証をアクティブ化する前に ENE ノードを RADIUS サーバに追加しない場合は、ユーザはノードにアクセスできません。RADIUS サーバへのノードの追加に関する詳細については、『User Guide for Cisco Secure ACS for Windows Server』を参照してください。

ステップ 4 [Shared Secret] フィールドに共有秘密を入力します。共有秘密は、RADIUS クライアントと RADIUS サーバ間のパスワードとしての役割を果たすテキスト ストリングです。

ステップ 5 [Authentication Port] フィールドに RADIUS 認証ポート番号を入力します。デフォルトのポートは 1812 です。ノードが ENE である場合は、認証ポートを 1860 ~ 1869 の範囲内の数値に設定します。

ステップ 6 [Accounting Port] フィールドに RADIUS アカウンティング ポートを入力します。デフォルト ポートは 1813 です。ノードが ENE である場合は、アカウンティング ポートを 1870 ~ 1879 の範囲内の数値に設定します。

ステップ 7 [OK] をクリックします。RADIUS サーバは、RADIUS 認証サーバ リストに追加されます。


) 最大 10 個の RADIUS サーバをノードの認証サーバ リストに追加できます。


ステップ 8 既存の RADIUS サーバに変更を行うには、[Edit] をクリックします。IP アドレス、共有秘密、認証ポート、およびアカウンティング ポートを変更できます。

ステップ 9 選択した RADIUS サーバを削除するには、[Delete] をクリックします。

ステップ 10 RADIUS 認証サーバ リストでサーバの順序を変更するには、そのサーバを選択して、[Move Up] または [Move Down] をクリックします。ノードは、サーバから認証を上から下に順に要求します。あるサーバが到達不能である場合は、ノードはリストの次の RADIUS サーバから認証を要求します。

ステップ 11 ノードのリモート サーバ認証をアクティブ化するには、[Enable RADIUS Authentication] チェックボックスをクリックします。

ステップ 12 監査証跡に RADIUS 認証情報を表示するには、[Enable RADIUS Accounting] チェックボックスをクリックします。

ステップ 13 ノードを最終認証サーバにするには、[Enable the Node as the Final Authenticator] チェックボックスをクリックします。これは、すべての RADIUS 認証サーバが使用不可な場合に、ノードはユーザをロックアウトするのではなく、ログインを認証することを意味します。

ステップ 14 [Apply] をクリックしてすべての変更を保存するか、[Reset] をクリックしてすべての変更を消去します。

ステップ 15 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G282 アクティブ ログインの表示および終了

 

目的

このタスクでは、アクティブな CTC ログインの表示、最終アクティビティ時刻の取得、および現在のすべてのログインの終了を行うことができます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

表示の場合、検索以上(セッションの終了の場合、スーパーユーザ)


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [Security] > [Active Logins] タブをクリックします。[Active Logins] タブに、次の情報が表示されます。

[User ID]

[User IP address]

[Current node the user is logged in to]

[Session Type](EMS、TL1、FTP、Telnet、または SSH)

[Login time]

[Last activity time]

ステップ 2 ログインしているすべてのユーザのセッションを終了するには、[Logout] をクリックします。これによって、開始スーパーユーザを除く現在のすべてのユーザがログアウトされます。

ステップ 3 [Last Activity Time] フィールドにユーザの最新のアクティビティ日時を表示するには、[Retrieve Last Activity Time] をクリックします。

ステップ 4 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G89 SNMP 設定の変更

 

目的

この手順では、ONS 15454 の SNMP 設定を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G29 SNMP の設定」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」を実行します。すでにログインしている場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ステップ 3 必要に応じて、次の任意のタスクを実行します。

「G197 SNMP トラップ宛先の変更」

「G198 SNMP トラップ宛先の削除」

ステップ 4 「G103 データベースのバックアップ」を実行します。

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G197 SNMP トラップ宛先の変更

 

目的

このタスクでは、コミュニティ名、デフォルトの User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ポート、SNMP トラップ バージョン、および 1 秒あたりの最大トラップ数など、ONS 15454 での SNMP トラップ宛先を変更します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [SNMP] タブをクリックします。

ステップ 2 [Trap Destinations] 領域からトラップを選択します。

SNMP トラップの説明については、『 Cisco ONS 15454 DWDM Reference Manual を参照してください。

ステップ 3 [Community] カラムで [Destination row] フィールド エントリを強調表示して、エントリを別の有効なコミュニティ名に変更します。

コミュニティ名は、認証とアクセス コントロールの形式です。ONS 15454 に割り当てられるコミュニティ名では大文字と小文字が区別され、Network Management System(NMS; ネットワーク管理システム)のコミュニティ名と一致する必要があります。

ステップ 4 必要に応じて、[UDP Port] フィールドで UDP ポートを変更します。SNMP のデフォルトの UDP ポートは 162 です。

ステップ 5 [Trap Version] フィールドを SNMPv1 または SNMPv2 のいずれかに設定します。

SNMPv1 または SNMPv2 のいずれを使用するかを判別するには、NMS マニュアルを参照してください。

ステップ 6 SNMP エージェントで特定の MIB に関する SNMP SET 要求を処理できるようにする場合は、[Allow SNMP Sets] チェックボックスをオンにします。このボックスをオフにすると、SET 要求は拒否されます。

ステップ 7 ONS ファイアウォール間でネットワーク管理、メッセージの報告、およびパフォーマンス統計情報の取得を許可するよう SNMP プロキシ機能を設定するには、[SNMP] タブにある [Enable SNMP Proxy] チェックボックスをクリックします。

ステップ 8 [Apply] をクリックします。

ステップ 9 これで、SNMP 設定が変更されます。ノードごとに SNMP 情報を表示するには、[Trap Destinations] 領域の [Trap Destinations] 領域でノードの IP アドレスを強調表示します。変更が表示されることを確認します。表示されない場合は、タスクを繰り返します。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G198 SNMP トラップ宛先の削除

 

目的

このタスクでは、ONS 15454 で SNMP トラップ宛先を削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上


ステップ 1 ノード ビュー(シングルシェルフ モード)またはマルチシェルフ ビュー(マルチシェルフ モード)で、[Provisioning] > [SNMP] タブをクリックします。

ステップ 2 [Trap Destinations] 領域で、削除するトラップをクリックします。

ステップ 3 [Delete] をクリックします。確認用のダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 [Yes] をクリックします。変更が表示されることを確認します。表示されない場合は、タスクを繰り返します。

ステップ 5 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G231 ネットワーク機能ビューを使用した光パワー値とアラームの表示

 

目的

この手順では、ネットワーク機能ビューで選択した回線の光パワー値とアラームを表示できます。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。ツールバーの [FV] ボタンをクリックします。

ステップ 2 ネットワークに存在する回線のリストを表示するには、[Circuit] タブをクリックします。

ステップ 3 リストから回線を選択します。<circuit name> が示された新しいタブが表示されます。

ステップ 4 次の回線情報を表示するには、[<circuit name>] タブをクリックします。

[General info]

[Status]

[Physical]

[Span and Power Level]: スパン損失とノードの電力レベル を表示するには、[Span and Power Level] タブをクリックします。

[Alarms] タブ:アラームを表示するには、[Alarms] タブをクリックします。


) 回線の次の光パワー情報(グラフィック表示)も表示できます。ツールバーで、次の項目をクリックします。
[dB]:回線の電力を表示します。
[SL]:目的のスパンの信号損失を表示します。
[PV]:パッチ コードの挿入損失を表示します。
追加情報については、参照マニュアルで「Displaying Optical Power」を参照してください。


ステップ 5 必要に応じて、次のタスクを実行します。

「G529 ネットワーク機能ビュー レポートのエクスポート」

ここでやめてください。この手順はこれで完了です。


 

DLP-G529 ネットワーク機能ビュー レポートのエクスポート

 

目的

このタスクでは、ネットワーク機能ビュー レポートを .html および .jpeg 形式でエクスポートします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

スーパーユーザのみ


ステップ 1 [View] メニューで、[Go to Network View] を選択します。

ステップ 2 [File] > [Export] に移動します。[Export Methods] ウィンドウ ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 ファイルは、次のいずれかの形式でエクスポートできます。

HTML として:エクスポート ファイルは HTML ファイルとして保存されます。光パワー、ネットワークのアラーム、選択した回線の集約電力、および回線アラームに関する情報を提供します。エクスポート ファイルを HTML として保存するには、[HTML] > [Save] > [OK] をクリックします。


) 回線を選択解除するには、CTRL を押して、回線を選択します。



) 回線を選択しない場合は、エクスポート ファイルは、ネットワーク レベルのアラームと集約電力値を提供します。


CSV として:ファイルは、カンマ区切り形式(.csv)で保存されます。回線情報は、各レポート(光パワー、アラーム、集約電力情報)がコンマで区切られたテキスト ファイルに保存されます。

TSV:ファイルは、タブ区切り形式(.tsv)ファイルに保存されます。回線情報は、タブで区切られたデータ テーブルに保存されます。

ステップ 4 ファイル名と、データをエクスポートする目的のフォルダを指定します。

ステップ 5 [OK] をクリックします。


) すべてのエクスポート操作で、2 つのファイル(HTML および JPEG 形式の NFV 情報)が作成されます。.jpg ファイルでは、設置場所のレイアウトがグラフィカルに表示されます。


ここでやめてください。この手順はこれで完了です。