Cisco ONS 15454 DWDM インストレーション オペレーション ガイド Release 6.0
索引
Numerics
発行日;2012/01/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 15MB) | フィードバック

Numerics

32DMX-O カード

LED  16-50

温度範囲  B-7

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  11-21

管理状態の変更  11-22, 11-25

サービス状態の遷移  C-4

終端ノードとハブ ノードの受け入れテスト  4-3

仕様  B-17

所要電力  B-5

説明  16-47

前面プレート  16-48

電力の確認  4-33

電力モニタリング  16-49

取り付け  3-41

入力電力クラス  16-6

光回線スレッシュホールドの変更  11-23

光回線設定の変更  11-22

光チャネル スレッシュホールドの変更  11-27

光チャネル設定の変更  11-25

ファイバ クリップ  3-77

ブロック図  16-49

ポート 較正  16-49

ポートのアウト オブ サービス化  12-7

リセット  13-18

32DMX カード

LED  16-53

ROADM  16-53

温度範囲  B-7

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  11-21

管理状態の変更  11-22, 11-25

終端ノードの受け入れテスト  4-7

仕様  B-18

所要電力  B-5

説明  16-50

前面プレート  16-51

電力の確認  4-33

電力モニタリング  16-53

入力電力クラス  16-6

パフォーマンスの監視  9-14

光回線スレッシュホールドの変更  11-23

光回線設定の変更  11-22

光チャネル スレッシュホールドの変更  11-27

光チャネル設定の変更  11-25

ブロック図  16-52

ポート 較正  16-53

ポートのアウト オブ サービス化  12-7

リセット  13-18

32MUX-O カード

LED  16-47

温度範囲  B-7

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  11-21

管理状態の変更  11-22, 11-25

サービス状態の遷移  C-4

終端ノードとハブ ノードの受け入れテスト  4-3

仕様  B-16

所要電力  B-5

説明  16-43

前面プレート  16-44

チャネル計画  16-46

電力の確認  4-31

電力モニタリング  16-47

取り付け  3-41

光回線スレッシュホールドの変更  11-23

光回線設定の変更  11-22

光チャネル スレッシュホールドの変更  11-27

光チャネル設定の変更  11-25

ファイバ クリップ  3-77

ブロック図  16-45

ポート 較正  16-47

ポートのアウト オブ サービス化  12-7

リセット  13-18

32WSS カード

LED  16-81

温度範囲  B-7

回線設定および PM スレッシュホールの変更  11-29

管理状態の変更  11-30, 11-35

サービス状態の遷移  C-4

終端ノードの受け入れテスト  4-7

仕様  B-29

所要電力  B-6

説明  16-77

前面プレート  16-78

電力モニタリング  16-80

取り付け  3-41

光回線スレッシュホールドの変更  11-35

光回線パラメータの変更  11-34

光チャネル パラメータの変更  11-29

光チャネル スレッシュホールの変更  11-32

ブロック図  16-79

ポート 較正  16-80

ポートのアウト オブ サービス化  12-7

リセット  13-18

4MD-xx.x カード

LED  16-58

温度範囲  B-7

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  11-21

管理状態の変更  11-22, 11-25

サービス状態の遷移  C-4

仕様  B-19

所要電力  B-5

説明  16-54

前面プレート  16-55

電力モニタリング  16-57

取り付け  3-41

入力電力  16-6

パススルー接続の電力の確認  4-44

波長ペア  16-57

パフォーマンスの監視  9-15

光回線スレッシュホールドの変更  11-23

光回線設定の変更  11-22

光チャネル スレッシュホールドの変更  11-27

光チャネル設定の変更  11-25

ブロック図  16-56

ポート 較正  16-57

ポートのアウト オブ サービス化  12-8

A

ACO  15-49

AD-1B-xx.x カード

LED  16-73

温度範囲  B-7

サービス状態の遷移  C-4

出力エクスプレス電力の確認  4-39

仕様  B-23

所要電力  B-6

説明  16-70

前面プレート  16-71

電力モニタリング  16-73

取り付け  3-41

パススルー接続の電力の確認  4-42

パフォーマンスの監視  9-19

ブロック図  16-72

ポート 較正  16-73

ポートのアウト オブ サービス化  12-8

リセット  13-18

AD-1C-xx.x カード

LED  16-62

OADM ノードへの追加  12-11

温度範囲  B-7

サービス状態の遷移  C-4

出力エクスプレス電力の確認  4-39, 4-40

仕様  B-20

所要電力  B-5

説明  16-59

前面プレート  16-60

電力モニタリング  16-62

取り付け  3-41

入力電力  16-6

パススルー接続の確認  4-43

パフォーマンスの監視  9-17

ブロック図  16-61

ポート 較正  16-62

ポートのアウト オブ サービス化  12-9

リセット  13-18

AD-2C-xx.x カード

LED  16-66

OADM ノードへの追加  12-11

温度範囲  B-7

サービス状態の遷移  C-4

出力エクスプレス電力の確認  4-39, 4-40

仕様  B-21

所要電力  B-5

説明  16-62

前面プレート  16-63

電力モニタリング  16-65

取り付け  3-41

入力電力  16-6

パススルー接続の確認  4-43

波長ペア  16-65

パフォーマンスの監視  9-17

ブロック図  16-64

ポート 較正  16-65

ポートのアウト オブ サービス化  12-9

リセット  13-18

AD-4B-xx.x カード

LED  16-76

温度範囲  B-7

サービス状態の遷移  C-4

出力エクスプレス電力の確認  4-39

仕様  B-26

所要電力  B-6

説明  16-73

前面プレート  16-74

電力モニタリング  16-76

取り付け  3-41

パススルー接続の電力の確認  4-42

パフォーマンスの監視  9-19

ブロック図  16-75

ポート 較正  16-76

ポートのアウト オブ サービス化  12-8

リセット  13-18

AD-4C-xx.x カード

LED  16-69

OADM ノードへの追加  12-11

温度範囲  B-7

サービス状態の遷移  C-4

出力エクスプレス電力の確認  4-39, 4-40

仕様  B-22

所要電力  B-5

説明  16-66

前面プレート  16-67

電力モニタリング  16-69

取り付け  3-41

入力電力  16-6

パススルー接続の確認  4-43

波長ペア  16-69

パフォーマンスの監視  9-17

ブロック図  16-68

ポート 較正  16-69

ポートのアウト オブ サービス化  12-9

リセット  13-18

AEP

AIC-I カードも参照

I-Temp  B-7

外部ワイヤ ラップ パネルの接続  1-61

仕様  B-10

所要電力  B-5

説明  15-30

バックプレーンへの取り付け  1-47

ピンの割り当て  1-49, 15-32

プリント基板アセンブリ  15-30

ワイヤラップ接続  1-49

AIC-I カード

LED  16-17

温度範囲  B-7

外部アラームと外部制御も参照

仮想ワイヤ  23-16

仕様  B-9

所要電力  B-5

設定の修正  11-37

説明  16-16

前面プレートおよびブロック図(図)  16-16

取り付け  1-81

ピンの割り当ても参照

AINS Soak

32WSS カード  11-31, 11-35

MXP_2.5G_10G および MXP_2.5G_10E カード  5-29

MXP_MR_2.5G カードおよび MXPP_MR_2.5G カード  5-55, 5-59

OSCM および OSC-CSM カード  11-6

TXP_MR_10G および TXP_MR_10E カード  5-14

TXP_MR_2.5G カードおよび TXPP_MR_2.5G カード  5-42

AIP

交換  13-41, 15-29

説明  15-28

装着位置  15-27

AIS  6-5

AMI  6-5

AMP champ  1-62

ANS

自動ノード設定を参照

anti-ASE ノード

受け入れテスト  4-14

説明  17-11

Any-to-Any リング  18-4

APC

自動電力制御を参照

ARP スニッフィング

自動ホスト検出を参照

B

B8ZS  6-5

BER  6-10

BITS

ANSI インターフェイス仕様  B-3

BITS out 基準  6-6, 10-54

外部タイミング ピン割り当て  1-57

外部ノード タイミング ソース  21-2

タイミングの設定  6-4

ピン フィールドのピン割り当て  15-49

ファシリティ  6-5, 10-55

C

CAT-5 ケーブル

LAN ケーブルを参照

Cisco.com  xxxvi

CISCO15  2-32

Cisco MetroPlanner

MetroPlanner を参照

Cisco Transport Controller

CTC を参照

CLEI コード  A-13

CLETOP  13-34

CORBA  3-24

CTC

ANSI NE のデフォルト値  D-52

CD-ROM のインストール  2-4

ETSI NE のデフォルト値  D-104

PC 設定も参照

アラート  2-38

以前のロードへの復元  19-17

インストールの概要  19-4

カードのリセット  13-16

管理ウィンドウ  A-5

既存のプロビジョニングの文書化  8-3

互換性のないアラーム  2-31

コンピュータの要件  19-5

仕様  B-2

ソフトウェア リリースの確認  1-80

ツールバー アイコン

ツールバー アイコンを参照

ツールバー オプション  A-5

データの印刷  8-3

データのエクスポート  8-5

ネットワーク アクセスの設定  3-10

ネットワーク アクセスの変更  10-25

ノードの設定  3-7

バージョンの確認  2-31

バックアップ  13-3

表示

ネットワーク ビュー、ノード ビュー、カード ビューを参照

ファイアウォール アクセス  3-23

複数のノード間のバージョンのミスマッチ  2-31

マウス オプション  A-9

メニュー オプション  A-5

ログイン  2-29, 2-30

C-Temp 範囲  B-7

D

Data Communications Channel

DCC を参照

DCC

AIC-I 互換性  16-20

OSPF エリア ID  3-19

自動検出の無効化  2-32

接続の表示  19-13

ピンの割り当て  16-20

メトリック(OSPF)  3-19

DCN  3-26, 3-27

DCU

DCU シャーシの取り付け  1-71

DCU の取り付け  3-44

OPT-PRE カード  16-33

一般的なラック レイアウト  15-17

概要  16-2

ハブ ノード  17-2

Designated Intermediate System 優先順位

DIS を参照

DHCP

構成ガイド  2-16

サーバのプロビジョニング  3-11

シナリオ  22-4

プロビジョニング  2-16

有効  3-12

要求の受信を変更  10-26

DIS 優先順位  3-34

DNS 設定  2-13, 2-17, 2-20, 2-25

DWDM

DWDM カードも参照

MSTPネットワークからノードを削除  12-17

MSTPネットワークにノードを追加  12-14

TXP_MR_10E カード トランク インターフェイス  16-86

オプションのハードウェア  1-70

ケーブル接続の算出  3-78

接続の削除  3-80

接続の作成  3-79

トポロジー  18-1‐18-17, B-1

ネットワークのプロビジョニング  6-8

ノード  17-1

ハイブリッド ノード  17-14

パフォーマンスの監視  9-10‐9-20

ファイバ トレイ  15-40

ラック レイアウト  15-17

DWDM カード

32DMX-O カードも参照

32DMX カードも参照

32MUX-O カードも参照

32WSSカードも参照

4MD-xx.x カードも参照

AD-1B-xx.x カードも参照

AD-1C-xx.x カードも参照

AD-2C-xx.x カードも参照

AD-4B-xx.x カードも参照

AD-4C-xx.x カードも参照

OPT-BST-E カードも参照

OPT-BST カードも参照

OPT-PRE カードも参照

OSC-CSM カードも参照

OSCMカードも参照

サービス状態の遷移  C-4

所要電力  B-5

チャネル割り当て計画  16-8

取り付け  3-41

取り付け時の LED の動作  3-42

取り外しおよび交換  12-2

ファイバ接続  3-56

ファイバの配線  3-77

リセット  13-18

E

E-FEC  16-87, 16-100, 16-104

EIA インターフェイス仕様  B-3

Enable LAN Subnet  3-34

End System

ES を参照

End System Hello

ESH を参照

End System to Intermediate System

ES-IS を参照

ES  3-27, 3-34

ESH  3-34

ES-IS RIB  13-14

ETR_CLO サービス

トポロジー検証  5-7

プロビジョニング  6-11

F

FEC  16-87, 16-104

E-FECを参照

FELC  16-117

FlexLayer

2 チャンネル ドロップ コンポーネント コネクタのマッピング  15-12

FlexLayer シャーシへの Y 字型ケーブル モジュールの取り付け  1-75

Y 字型ケーブル保護も参照

シェルフの取り付け  1-72

システム説明  15-10

ハードウェア部品番号  1-73

ブロック図  15-11

モジュール  15-10

モジュールの取り付け  1-73

FMEC

FMEC カバーを参照

MIC-A/P FMEC を参照

MIC-C/T/P FMEC を参照

FMEC カバー

オープン  1-26

概要  15-2

取り付けとクローズ  1-66

取り外し  1-27

framing  6-5, 10-55

G

G.709

OTN を参照

Gateway Network Element  3-12, 3-17, 10-29

GCC

GCC 終端の削除  10-49

GCC 終端のプロビジョニング  7-16

GCC 終端の変更  10-48

OSPF エリア ID  3-19

Y 字型ケーブル保護  16-83, 16-87, 16-93

外部終端処理  7-17, 7-18

GNE

Gateway Network Element も参照

オープン GNE  22-29

サブネットのデュアル GNE  22-18

ロード バランシング  22-18

H

Hello インターバル  3-20, 3-21

I

IIH  3-34

IIOP リスナー ポート

IP 設定のプロビジョニング中の選択  3-12

PCのプロビジョニング  3-25

ノードのプロビジョニング  3-24

変更  10-26

Intermediate System Level 1

IS Level 1 を参照

Intermediate System Hello

ISH を参照

Intermediate System Level 1/Level 2

IS Level 1/Level 2 を参照

Intermediate System to Intermediate System

IS-IS を参照

Internet Explorer

ブラウザも参照

プロキシ サービスの無効化  2-26

ログイン  2-30

IP

IP アドレスも参照

IP カプセル化トンネルの作成  7-19

IP 設定のプロビジョニング  3-11

環境  22-2

サブネット化  22-2

条件  22-2

設定の変更  10-26

IP-over-CLNSトンネル

削除  10-24

作成  3-35

編集  10-23

IP アドレス

LCD を使用した変更  3-14

NMS  3-37

シナリオ  22-2‐22-22

修復  7-24

スタティック IP アドレス  2-13

セキュア モードのロック(デュアル IP アドレス)  10-27

デュアル IP アドレス機能の有効化  3-16

ネットワーク情報の設定  3-11

バックプレーン ポート IP 設定の修正  10-28

非表示  10-26

ログイン  2-30

ログイン用の IP アドレスの選択  2-32

IP カプセル化トンネル

削除  7-25

作成  7-19

修復  7-24

ISC サービス

トポロジー検証  5-7

プロビジョニング  6-11

ISH  3-34

IS-IS

RIB  13-13

コスト  3-34

IS レベル 1  3-27

IS レベル 1/レベル 2  3-27, 3-28, 10-20

I-Temp 範囲  B-7

J

J0 セクション トレース  7-26

Java Plug-in セキュリティ警告  2-31, 2-33

JRE

概要  19-5

再初期化の要件  13-6

条件  19-6

取り付け  2-3, 2-7

バージョンの変更  2-37

L

LAN

OSPF アクティビティ  3-19

接続ポイント  15-49

線  1-54, 1-58

ピンの割り当て  15-50

モデム  2-28

LAN ケーブル

MIC-C/T/P への接続  1-31, 1-54

TCC2/TCC2P カードに接続  2-12

TCC2/TCC2P カード、バックプレーン、または FMEC にモデムを接続  2-28

圧着  2-12

コンピュータを ONS 15454 に接続  2-12

コンピュータを社内の LAN ポートに接続  2-25

説明  19-6

バックプレーンへの接続  1-58

LAP-D  3-27

LCD

IP アドレスの変更  3-14

アラーム カウントの表示  8-17, 23-2

ソフトウェア バージョンの確認  1-80

デフォルト ルータの変更  3-14

ネットワーク設定のプロビジョニング  3-10

ネットワーク マスクの変更  3-14

Link State Protocol

LSP バッファを参照

LSP バッファ  3-27, 3-28

M

MAC アドレス

AIP  15-28

テーブルの削除  20-5

テーブルの取得  20-5

表示  3-12

プロキシ ARP  22-5

MetroPlanner

OSC 終端のプロビジョニング  3-84

インストール パラメータ  18-33

設定ファイルのインポート  3-82

内部接続  3-56

ネットワークのプロビジョニング  6-8

要件  1-70, 3-1

MIB

SNMP  3-38

イーサネット RMON  9-34

MIC-A/P FMEC

アラーム線の取り付け  1-51

温度範囲  B-7

仕様  B-11

所要電力  B-5

説明  16-21

前面プレート  16-21

取り付け  1-31

ピン配置  16-22‐16-23

ブロック図  16-21

MIC-C/T/P FMEC

LAN 線の取り付け  1-54

温度範囲  B-7

仕様  B-12

所要電力  B-5

説明  16-23

タイミング線の取り付け  1-53

取り付け  1-31

MTU  3-27

MXP_2.5G_10E カード

ALS  16-106

DWDM インターフェイス  16-102

E-FEC  16-100, 16-104

LED  16-106

NE のデフォルト値  D-4, D-59

OTN 回線設定の変更  5-36

RMON スレッシュホールドの作成  9-34

PPM も参照

SFP も参照

SONET/SDH オーバーヘッド バイト処理  16-104

TCA スレッシュホールドのプロビジョニング  5-34, 5-35

Y 字型ケーブル保護  16-103

Y 字型ケーブル保護の作成  3-53

温度範囲  B-7

オンボードのトラフィック生成  16-106

カード設定の変更  5-26

回線スレッシュホールド設定の変更  5-32

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  5-25

回線設定の変更  5-27

管理状態の変更  5-28, 5-31

機能  16-100

クライアント インターフェイス  16-102

クライアント インターフェイスのモニタリング  16-104

クライアント ポート アラームのプロビジョニング  5-35

サービス状態の遷移  C-14

ジッタ  16-106

仕様  B-38

所要電力  B-6

セクション トレース設定の変更  5-30

説明  16-99

前面プレート  16-101

タイミング  6-6

タイミング同期  16-103

多重化機能  16-102

トランク設定の変更  5-31

トランク波長  16-105

トランク ポート アラームのプロビジョニング  5-34

取り付け  3-46

波長の識別情報  16-105

パフォーマンスの監視  9-20

光パラメータの表示  9-24

ブロック図  16-102

ペイロード パラメータの表示  9-25

ポートのアウト オブ サービス化  12-4

ポートの状態の遷移  C-18

ポート レベルの LED  16-107

ランプ テスト  16-106

リセット  13-18

MXP_2.5G_10G カード

GCC 終端  7-16

LED  16-99

NE のデフォルト値  D-8, D-54

OTN 回線設定の変更  5-36

RMON スレッシュホールドの作成  9-34

PPM も参照

SFP も参照

TCA スレッシュホールドのプロビジョニング  5-34, 5-35

Y 字型ケーブルの説明  16-115

Y 字型ケーブル保護  16-98

Y 字型ケーブル保護の作成  3-53, 6-6

温度範囲  B-7

カード設定の変更  5-26

回線スレッシュホールド設定の変更  5-32

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  5-25

回線設定の変更  5-27

管理状態の変更  5-28, 5-31

クライアント ポート アラームのプロビジョニング  5-35

サービス状態の遷移  C-14

仕様  B-32

所要電力  B-6

セクション トレース設定の変更  5-30

説明  16-95

前面プレート  16-97

タイミング同期  16-98

トランク設定の変更  5-31

トランク ポート アラームのプロビジョニング  5-34

取り付け  3-46

パフォーマンスの監視  9-20

光パラメータの表示  9-24

ブロック図  16-98

ペイロード パラメータの表示  9-25

ポートのアウト オブ サービス化  12-4

ポートの状態の遷移  C-18

ポート レベルの LED  16-99

リセット  13-18

MXP_MR_2.5G カード

LED  16-113

NE のデフォルト値  D-13, D-63

OC-48/STM-16 設定の変更  5-58

RMON スレッシュホールド(MIB)の作成  9-34

PPM も参照

SFP も参照

TCA スレッシュホールドのプロビジョニング  5-62, 5-63

UDC 回線のプロビジョニング  7-23

Y 字型ケーブルの説明  16-115

Y 字型ケーブル保護の作成  3-53

温度範囲  B-7

カード設定の変更  5-53

回線スレッシュホールド設定の変更  5-61

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  5-52

回線設定の変更  5-54

管理状態の変更  5-54, 5-59

距離拡張設定の変更  5-56

クライアント インターフェイスのデータ レート  16-108

クライアント ポート アラームのプロビジョニング  5-63

警告ラベル  16-112

サービス状態の遷移  C-14

仕様  B-36

所要電力  B-6

セクション トレース設定の変更  5-60

説明  16-107

前面プレート  16-110

タイミング  6-6

トランク ポート アラームのプロビジョニング  5-62

取り付け  3-46

バージョン  16-107

パフォーマンスの監視  9-20

光パラメータの表示  9-24

ブロック図  16-111

ペイロード SONET PM パラメータの表示  9-32

ペイロード統計情報 PM パラメータの表示  9-28

ペイロード利用率 PM パラメータの表示  9-30

ペイロード履歴 PM パラメータの表示  9-31

ポートのアウト オブ サービス化  12-4

ポートの状態の遷移  C-18

ポート レベルの LED  16-114

リセット  13-18

MXPP_MR_2.5G カード

LED  16-113

NE のデフォルト値  D-16, D-66

OC-48/STM-16 設定の変更  5-58

RMON スレッシュホールド(MIB)の作成  9-34

PPM も参照

SFP も参照

TCA スレッシュホールドのプロビジョニング  5-62, 5-63

UDC 回線のプロビジョニング  7-23

Y 字型ケーブル保護の作成  3-53

温度範囲  B-7

カード設定の変更  5-53

回線スレッシュホールド設定の変更  5-61

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  5-52

回線設定の変更  5-54

管理状態の変更  5-54, 5-59

距離拡張設定の変更  5-56

クライアント インターフェイスのデータ レート  16-108

クライアント ポート アラームのプロビジョニング  5-63

警告ラベル  16-112

サービス状態の遷移  C-14

仕様  B-36

所要電力  B-6

スプリッタ保護も参照

セクション トレース設定の変更  5-60

説明  16-107

前面プレート  16-110

タイミング  6-6

トランク ポート アラームのプロビジョニング  5-62

取り付け  3-46

バージョン  16-107

パフォーマンスの監視  9-20

光パラメータの表示  9-24

ブロック図  16-111

ペイロード SONET PM パラメータの表示  9-32

ペイロード統計情報 PM パラメータの表示  9-28

ペイロード利用率 PM パラメータの表示  9-30

ペイロード履歴 PM パラメータの表示  9-31

ポートのアウト オブ サービス化  12-4

ポートの状態の遷移  C-18

ポート レベルの LED  16-114

リセット  13-18

N

Netscape Navigator

UNIX 設定中のテスト接続  2-23

ブラウザも参照

プロキシ サービスの無効化  2-27

ログイン  2-30

NE のデフォルト値

ANSI CTC のデフォルト設定  D-52

ANSI カードのデフォルト値の設定  D-3

ANSI ノードのデフォルト設定  D-45

ETSI CTC のデフォルト設定  D-104

ETSI カードのデフォルト設定  D-53

ETSI ノードのデフォルト設定  D-95

PPM のデフォルト動作の変更  5-4

インポート  13-50

エクスポート  13-52

説明  D-2

復元  13-6

編集  13-48

NSP  18-2

NTP サーバ  3-7

O

OADM ノード

AD-xC-xx.x カードを追加  12-11

ANS パラメータ  17-38

CTC アイコン  A-3

OSC-CSM の電力を確認  4-35

アイコン、ハイブリッド  A-3

アド/ドロップ接続の確認  4-46, 4-49

受け入れテスト  4-24, 4-26, 4-29

エクスプレス チャネル接続の確認  4-36, 4-37

説明  17-5

電力値の確認  6-9

ハイブリッド  17-22

パススルー接続の変換  10-52

パススルー チャネル接続の確認  4-41

光パフォーマンス  18-8

ファイバの取り付け  3-69

OAM&P アクセス  19-7

OC-48/STM-16 設定

MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G カードの変更  5-58

OCHNC

OCHNC のアラームの表示  8-16

回線のステータス  7-5

検索  7-2

検索と表示  7-2

サービス状態の遷移  C-12

削除  7-10, 7-13

作成  7-10

スパンにおける表示  7-8

表示  7-3

フィルタ  7-7

プロビジョニング  7-11

ONS 以外のノード

外部ノード設定を参照

Open Shortest Path First

OSPF を参照

OPT-BST-E カード

LED  16-42

ゲイン チルト制御  18-30

自動レーザー遮断  18-25

説明  16-39

前面プレート  16-40

電力モニタリング  16-41

ブロック図  16-41

ポート 較正  16-41

OPT-BST カード

LED  16-39

アラーム プロファイル  23-13

温度範囲  B-7

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  11-12

管理状態の変更  11-13, 11-16

ゲイン チルト制御  18-30

サービス状態の遷移  C-4

自動電力制御  18-18

自動レーザー遮断  18-25

仕様  B-15, B-16

所要電力  B-5

説明  16-36

前面プレート  16-37

電力モニタリング  16-38

取り付け  3-41

初めてのターンアップ  6-9

パフォーマンスの監視  9-12

光回線スレッシュホールドの変更  11-14

光回線設定の変更  11-13

光増幅器回線設定の変更  11-16

光チャネル スレッシュホール設定の変更  11-18

ファイバ クリップ  3-77

ブロック図  16-38

ポート 較正  16-38

ポートのアウト オブ サービス化  12-6

リセット  13-18

レーザーと電力の確認  4-31

OPT-PRE カード

LED  16-36

温度範囲  B-7

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  11-12

管理状態の変更  11-13, 11-16

ゲイン チルト制御  18-30

サービス状態の遷移  C-4

自動電力制御  18-18

仕様  B-14

所要電力  B-5

説明  16-33

前面プレート  16-34

電力モニタリング  16-35

取り付け  3-41

初めてのターンアップ  6-9

パフォーマンスの監視  9-12

光回線スレッシュホールドの変更  11-14

光回線設定の変更  11-13

光増幅器回線設定の変更  11-16

光チャネル スレッシュホール設定の変更  11-18

必要な DCU の取り付け  3-44

ファイバ クリップ  3-77

ブロック図  16-35

ポート 較正  16-35

リセット  13-18

レーザーと電力の確認  4-32

OSC

OSC 終端の削除  10-50

OSC ポートのサービス状態の遷移  C-10

OSC リンク終端に対するファイバの取り付け  3-58

終端のプロビジョニング  3-84

説明  16-25

OSC-CSM カード

ALS 設定の変更  11-11

LED  16-32

NE のデフォルト値  D-44, D-94

OSC スレッシュホールドの変更  11-6

OSC 設定の変更  11-3

アド/ドロップ接続の確認  4-49

温度範囲  B-7

管理状態の変更  11-5, 11-8

サービス状態の遷移  C-4

自動レーザー遮断  18-27

仕様  B-14

所要電力  B-5

説明  16-28

前面プレート  16-30

送信電力の確認  3-87

対称 OADM ノードの受け入れテスト  4-26

対称回線ノードの受け入れテスト  4-19

対称パッシブ OADM ノードの受け入れテスト  4-29

電力の確認  4-34, 4-35

電力モニタリング  16-32

取り付け  3-41

入力電力の確認  4-35

パフォーマンスの監視  9-11

光回線パラメータの変更  11-7

非対称回線ノードの受け入れテスト  4-21

ブロック図  16-31

ポートのアウト オブ サービス化  12-5

リセット  13-18

OSCM カード

ALS 設定の変更  11-11

LED  16-28

NE のデフォルト値  D-43, D-93

OSC スレッシュホールドの変更  11-6

OSC 設定の変更  11-3

アド/ドロップ接続の確認  4-46

温度範囲  B-7

管理状態の変更  11-5, 11-8

サービス状態の遷移  C-4

仕様  B-13

所要電力  B-5

説明  16-25

前面プレート  16-26

送信電力の確認  3-87

対称 OADM ノードの受け入れテスト  4-24

対称回線ノードの受け入れテスト  4-17

電源モニタリング  16-27

取り付け  3-41

パフォーマンスの監視  9-11

光回線パラメータの変更  11-7

非対称回線ノードの受け入れテスト  4-21

ファイバ クリップ  3-77

ブロック図  16-27

ポートのアウト オブ サービス化  12-5

リセット  13-18

OSC 再生ノード

CTC アイコン  A-4

説明  17-13

ファイバの取り付け  3-67

OSI

LAN インターフェイス  3-34

MSTP  22-32‐22-35

OSI Router Editor ダイアログボックス  3-33

概要  22-32

サブネット  3-34

サブネットワーク ポイント オブ アタッチメントの編集  10-22

情報の管理  13-12

情報の表示  13-12

トンネル  3-35

ネットワークおよび TCP/IP  22-32

プライマリ エリア アドレス  3-33

プロビジョニングの修正  10-14

マニュアル エリア  3-33

ルータ  3-32

ルータ設定の編集  10-21

ルーティング モードのプロビジョニング  3-26, 3-27

ルーティング モードの変更  10-19

OSNR

確認  6-15

ネットワーク適用例  18-2

OSPF

IP アドレッシング シナリオ  22-11

IP ネットワーキング概要  22-2

スタティック ルートの代替  22-9

設定または変更  3-19

プロビジョニング可能なパッチコード  22-23

無効化  10-31

OTDR  10-4, 18-23

OTN

ITU-T G.709 が有効なトランク ビット レート  16-90

ITU-T G.709 パフォーマンス モニタリングの有効化  9-21

OTN FEC のパフォーマンス モニタリングの有効化  9-22

OTN 設定(ITU-T G.709、FEC、Trail Trace)の変更  5-36, 5-49

PM パラメータの表示  9-26

TXP_MR_10G および TXP_MR_10E カードの設定変更  5-21

終端モードの MXP_2.5G_10E カード  5-26

P

PCM  7-22, 16-18

PC 設定

CTC インストール ウィザードの実行  2-3, 2-7

CTC ソフトウェアのインストール  19-3

ONS 15454 への PC の接続  2-2

クラフト接続も参照

社内 LAN 接続  2-25

条件  2-3, 19-5

ブラウザのインストール  2-2

プロキシ サービスの無効化  2-26

リモート(モデム)アクセス  2-28

ローカル クラフト接続  2-11

PING  22-2

PPM

SFP も参照

事前プロビジョニング  3-48

デフォルト動作の変更  5-4

光回線レートのプロビジョニング  5-5

光回線レートの変更  5-9

プロビジョニングの削除  5-9

マルチレート PPM のプロビジョニング  5-3, 5-4

PST  C-1

PSTQ  C-1

R

RADIUS

概要  20-10

共有する秘密  20-10

認証  20-10

ノードの設定  10-66

RAM

CTC の UNIX 要件  2-7

RAM、CTC における PC 要件  2-3

RIP  3-21

RJ-11 コネクタ  16-19

RMON

SNMP も参照

アラーム スレッシュホールドの削除  9-36

アラーム スレッシュホールドの作成  9-34

ROADM

32DMX カード  16-53

32WSS カード  16-77

ANS パラメータ  17-40

CTC ノード アイコン  A-4

MXP_2.5G_10E カード  16-102

ROADM ノード電力等化の表示  10-9

カード要件  16-53

ゲイン チルト制御  18-31, 18-33

電力等価  18-22

ノード受け入れテスト  4-10

ノード タイプの説明  17-8

ファイバの取り付け  3-74

S

Service Request  xl

SFP

PPM も参照

XFP の仕様  B-45

互換性  16-119

事前プロビジョニング  3-48

仕様  16-121, B-43

説明  16-119, 16-120

取り付け  3-50

取り外し  3-51

プロビジョニングの削除  5-9

Small Form-Factor Pluggables

SFP を参照

SNMP

設定  3-37

設定の変更  10-72

トラップ宛先の削除  10-73

トラップ宛先の修正  10-72

SNTP  3-7

SOCKS

プロキシ サーバを参照

Solaris

UNIX を参照

SSH  20-7

SSM

OSCM および OSC-CSM カードでの有効化  11-4

メッセージ セット  6-5, 10-54

有効  6-5, 10-55

SST  C-1

ST3 クロック  21-2

Standard Constant  3-24

T

TARP

MAT エントリの削除  10-19

MAT エントリの追加  3-31, 10-18

TDCの管理  13-15

修正  3-28, 10-15

静的な TID to NSAP エントリを TDC から削除  10-18

静的な TID to NSAP エントリを TDC に追加  3-31, 10-17

プロビジョニング  3-26, 3-28, 10-15

TARP データ キャッシュ

TARPを参照

TCA  5-19, 5-20, 5-34, 5-35, 5-46, 5-47, 5-62, 5-63, 9-3

TCC2P カード

LAN ポート  2-12, 2-28, 3-16, 10-29

LED  16-15

TL1 クラフト インターフェイス  B-2

温度範囲  B-7

機能  16-14

仕様  B-8

障害回復でデータベースをクリア  13-6

所要電力  B-5

セキュアモードも参照

説明  16-12

前面プレート(図)  16-13

ソフトウェア インストールの概要  19-2

ソフト リセット  13-16, 19-16

データベースのバックアップ  13-3, 19-16

データベースの復元  13-4

取り付けの確認  3-3

ネットワーク レベルの LED  16-15

モデム インターフェイス  B-2

リブート動作  3-13

TCC2 カード

LAN ポート  2-12, 2-28

TL1 クラフト インターフェイス  B-2

温度範囲  B-7

カード レベルのインジケータ  16-11

機能  16-10

クラフト線と EIA/TIA ポート  1-60

仕様  B-8

障害回復でデータベースをクリア  13-6

冗長取り付け  16-11

所要電力  B-5

説明  16-9

ソフトウェア インストールの概要  19-2

ソフト リセット  13-16, 19-16

データベースのバックアップ  13-3, 19-16

データベースの復元  13-4

取り付け  1-78

取り付けの確認  3-3

ネットワーク レベルのインジケータ  16-12

モデム インターフェイス  B-2

リブート動作  3-13

TCP/IP  2-13, 2-14, 2-15, 2-16, 2-17, 2-18, 2-20, 2-21, 22-32

TDC

TARPを参照

TDM ノード、増幅  17-25

TL1

CTC の AID  23-7

TCC2 EIA/TIA-232 ポート接続  1-59

インターフェイス仕様  B-2

クラフト インターフェイス接続  1-59, 15-50

コマンド  19-4

接続  19-7

ツールバー アイコン  A-7

ピンの割り当て  1-60

trace route  2-13, 2-19

TXP_MR_10E カード

DWDM トランク インターフェイス  16-86

E-FEC  16-87

LED  16-88

NE のデフォルト値  D-19, D-69

OTN設定の変更  5-21

RMON スレッシュホールドの作成  9-34

TCA スレッシュホールドのプロビジョニング  5-19, 5-20

Y 字型ケーブル保護  16-86

Y 字型ケーブル保護の作成  3-53

温度範囲  B-7

カード設定の変更  5-12

回線 スレッシュホールド設定の変更  5-18

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  5-11

回線設定の変更  5-13

機能  16-85

クライアント インターフェイス  16-86

クライアントからトランクへのマッピング  16-87

クライアント ポート アラームのプロビジョニング  5-20

サービス状態の遷移  C-14

仕様  B-40

所要電力  B-6

説明  16-84

前面プレート  16-85

トランク ポート アラームのプロビジョニング  5-19

取り付け  3-46

パフォーマンスの監視  9-20

光パラメータの表示  9-24

ブロック図  16-85

ペイロード パラメータの表示  9-25

ポートのアウト オブ サービス化  12-4

ポートの状態の遷移  C-18

ポート レベルの LED  16-88

リセット  13-18

TXP_MR_10G カード

GCC 終端  7-16

LED  16-84

NE のデフォルト値  D-24, D-74

OTN設定の変更  5-21

PPM の警告  5-6

RMON スレッシュホールドの作成  9-34

TCA スレッシュホールドのプロビジョニング  5-19, 5-20

Y 字型ケーブルの説明  16-115

Y 字型ケーブル保護  16-83

Y 字型ケーブル保護の作成  3-53

温度範囲  B-7

カード設定の変更  5-12

回線 スレッシュホールド設定の変更  5-18

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  5-11

回線設定の変更  5-13

クライアント ポート アラームのプロビジョニング  5-20

サービス状態の遷移  C-14

仕様  B-30

所要電力  B-6

セクション トレース設定の変更  5-16

説明  16-82

前面プレート  16-83

トランク ポート アラームのプロビジョニング  5-19

取り付け  3-46

パフォーマンスの監視  9-20

光パラメータの表示  9-24

ブロック図  16-83

ペイロード パラメータの表示  9-25

ポートのアウト オブ サービス化  12-4

ポートの状態の遷移  C-18

ポート レベルの LED  16-84

リセット  13-18

TXP_MR_2.5G カード

GCC 終端  7-16

ITU-T G.709  16-89

LED  16-95

NE のデフォルト値  D-29, D-36, D-79, D-86

OTN設定の変更  5-49

RMON スレッシュホールド(MIB)の作成  9-34

PPM も参照

SFP も参照

TCA スレッシュホールドのプロビジョニング  5-46, 5-47

Y 字型ケーブルの説明  16-115

Y 字型ケーブル保護  16-93

Y 字型ケーブル保護の作成  3-53

受け入れテストのプロビジョニング  4-5

温度範囲  B-7

回線スレッシュホールド設定の変更  5-44

回線設定および PM スレッシュホールドの変更  5-39

回線設定の変更  5-41

管理状態の変更  5-42

クライアント ポート アラームのプロビジョニング  5-47

警告ラベル  16-93

サービス状態の遷移  C-14

仕様  B-34

所要電力  B-6

スプリッタ保護  16-93

スプリッタ保護も参照

セクション トレース設定の変更  5-43

説明  16-88

前面プレート  16-91

トランク ポート アラームのプロビジョニング  5-46

取り付け  3-46

パフォーマンスの監視  9-20

光パラメータの表示  9-24

ブロック図  16-92

ペイロード パラメータの表示  9-25

ポートのアウト オブ サービス化  12-4

ポートの状態の遷移  C-18

ポート レベルの LED  16-95

リセット  13-18

U

UNIX

CTC インストール ウィザードの実行  2-7

ONS 15454 へのクラフト接続の設定  2-22

ONS 15454 へのケーブルの接続  2-12

工場出荷時のパラメータ(NE のデフォルト値)の復元  13-10

ソフトウェア インストールの概要  19-3

プロキシ サービスの無効化  2-27

ワークステーションから社内 LAN ポートに LAN ケーブルを接続  2-25

ワークステーションの要件  2-7, 19-5

V

VOA

32WSS カードでの変更  11-30

APC修正  18-19

OSCM および OSC-CSM カードでの変更  11-8

OSCM カード  16-27

ゲイン チルト制御  18-29

自動ノード設定の調整  17-28

自動ノード設定も参照

低下または障害アラーム  18-20

マルチプレクサ カードの変更  11-26

W

WAN  22-2

WDM-ANS のプロビジョニング  17-33

WINS 設定  2-13, 2-17, 2-20, 2-25

X

XFP

SFP を参照

Y

Y 字型ケーブル保護

FlexLayer シェルフの取り付け  1-72

FlexLayer モジュールの取り付け  1-73

MXP_2.5G_10E カード  16-103

MXP_2.5G_10G カード  16-98

TXP_MR_10E カード  16-86

TXP_MR_10G カード  16-83

TXP_MR_2.5G カードおよび TXPP_MR_2.5G カード  16-93

Y 字型ケーブル保護 モジュール  1-75

コネクタ マッピングおよびラベリング  15-15

削除  10-41

修正  10-39

説明  15-10, 16-115

ブロック図  15-14

ポート マッピング  15-16

モジュール設定  15-13

アース

ANSI シェルフへの接続  1-36

ETSI シェルフへの接続  1-35

オフィス アースも参照

接地ポスト  15-45

説明  15-45

取り付け  1-33

アース ストラップ

カードの干渉を防止  3-90

図  15-21

取り外し  1-25

アイドル時間  3-5

アイドル ユーザのタイムアウト  20-6

アクティブ ログイン

終了  10-68

表示  10-68

圧着工具  1-42

宛先

ホスト  22-5

ルーティング テーブル  22-25

アラート  2-38, A-8

アラーム

LCD のアラーム カウントの表示  8-17, 23-2

MXP_2.5G_10G および MXP_2.5G_10E カードのクライアント ポートのプロビジョニング  5-35

MXP_2.5G_10G および MXP_2.5G_10E カードのトランク ポートのプロビジョニング  5-34

MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G クライアント ポート スレッシュホールドのプロビジョニング  5-63

MXP_MR_2.5G および MXPP_MR_2.5G トランク ポート スレッシュホールドのプロビジョニング  5-62

TXP_MR_10G および TXP_MR_10E クライアント ポートのプロビジョニング  5-20

TXP_MR_10G および TXP_MR_10E トランク ポートのプロビジョニング  5-19

TXP_MR_2.5G および TXPP_MR_2.5G カード クライアント ポートのプロビジョニング  5-47

TXP_MR_2.5G および TXPP_MR_2.5G カード トランク ポートのプロビジョニング  5-46

アラーム接点接続  15-48

インターフェイス仕様  B-2

概要  23-2

クリアされたアラームの表示からの削除  8-15, 23-3

時間帯の変更  8-12, 23-3

取得、履歴  23-7

セッションのエントリ  23-6

デフォルトの重大度の変更

アラーム プロファイルを参照

同期化  8-12, 23-3

トラブルシューティング

『Cisco ONS 15454 Troubleshooting Guide』を参照

発生(抑制しない)  8-36

非互換性アラーム  13-38

表示  8-7, 23-3

フィルタ

アラーム フィルタを参照

抑制  8-34, 23-14

履歴  8-9, 8-10, 23-6

履歴、カラム説明  23-7

アラーム インターフェイス パネル

AIP を参照

アラーム拡張パネル

AEP を参照

アラームの重大度

アラーム プロファイルのオプション  23-12

説明  23-8

変更

アラーム プロファイルを参照

アラーム表示信号

AIS を参照

アラーム フィルタ

Filter ツール  23-4

修正  8-31

説明  23-4

無効化  8-33

有効  8-30

アラーム プロファイル

カードおよびノードへの適用  8-27

削除  8-28

作成  8-20, 23-9

修正  23-9

説明  23-9

ダウンロード  8-23

適用  23-13

表示の変更  23-12

編集  23-12

ポートへの適用  8-25

ボタンの定義  23-11

安全、情報の検出  xxxvi

緯度  3-7

イベント

アラームを参照

状態を参照

FMEC  19-9

カード  19-9, 19-10

ノード  19-13

インターネット プロトコル

IP を参照

インベントリ  19-15, A-13

受け入れテスト

OSCM カードが取り付けられた対称回線ノード  4-17

32MUX-O および 32DMX-O カードが取り付けられた終端ノードとハブ ノード  4-3

32WSS および 32DMX カード搭載終端ノード  4-7

anti-ASE ハブ ノード  4-14

OSC-CSM および OSCM カード搭載非対称回線ノード  4-21

OSC-CSM カードが取り付けられた対称回線ノード  4-19

OSC-CSM カード搭載対称 OADM ノード  4-26

OSC-CSM カード搭載対称パッシブ OADM ノード  4-29

OSCM カード搭載対称 OADM ノード  4-24

ROADM ノード  4-10

シェルフ接続  1-83

シェルフ取り付けの受け入れテスト  1-82

エアー フィルタ

外部ブラケットの取り付け  1-13

説明  15-44

装着位置  1-44

点検、クリーニング、交換  13-28

フィルタの取り付け  1-13

要件  1-44

エアー ランプ

ANSI 配置概要  15-3

ETSI 配置概要  15-6

一般的なサイト レイアウト  15-18

取り付け  1-21

エクスプレス チャネル接続  4-36, 4-37

エンタープライズ LAN

企業 LAN を参照

遠端レーザー制御

FELC を参照

オーダーワイヤ

OSCM および OSC-CSM カード  16-25

削除  7-25

設定の変更  11-39

説明  16-18

ピンの割り当て  16-19

プロビジョニング  7-21

オーバーヘッド回線

IP カプセル化トンネルも参照

オーダーワイヤも参照

削除  7-24, 7-25

作成  7-15

修正  7-24

ショートカット  A-7

ユーザ データ チャネルも参照

オープン GNE  22-29

オフィス アース

ANSI シェルフへの接続  1-36

ETSI シェルフへの接続  1-35

オフィス電源

ANSI シェルフへの接続  1-40

ETSI シェルフへの接続  1-38

投入と検証  1-42

カード

ANSI NE のデフォルト値  D-3

CTCによるリセット  13-16

ETSI NE のデフォルト値  D-53

インターフェイス クラス  16-6

記号とスロットの対応  15-53

交換  15-53

互換性  16-5

シリアル番号  A-13

スロット

スロットを参照

スロットの要件  15-52

トランスポンダの取り付け  3-46

ノード ビューの色  19-9

部品番号  A-13

ポートのアウト オブ サービス化  7-20

保護

Y 字型ケーブル保護を参照
スプリッタ保護を参照

マックスポンダの取り付け  3-46

リビジョン番号  A-13

カード ビュー

Alarms タブ  19-15

Circuit タブ  19-15

Conditions タブ  19-15

History タブ  19-15

Maintenance タブ  19-15

Performance タブ  19-15

Provisioning タブ  19-15

説明  19-14, A-2

タブのリスト  19-15

ビューの変更  A-2

カード保護

Y 字型ケーブル保護を参照

スプリッタ保護を参照

開梱  1-8

回線

DWDM

OCHNC を参照

オーバーヘッド回線を参照

回線の検出無効  2-32

状態

サービス状態を参照

ノード名の変更による影響  13-6

回線増幅器ノード

ANS パラメータ  17-39

CTC アイコン  A-3

アイコン、ハイブリッド  A-3

説明  17-12

ハイブリッド  17-23

ファイバの取り付け  3-65

外部 LAN インターフェイス  B-2

外部アラーム

AEP によるピン割り当て  15-33

AEP を使用しない場合のピンの割り当て  1-51

AIC-I カードも参照

外部ワイヤ ラップ パネルを使用したピン割り当て  1-62

概要  23-15

説明  16-17

配線  1-51, 1-55

配線の説明  15-48

プロビジョニング  8-38, 23-15

変更  11-37

外部切り替えコマンド

Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの強制保護切り替えの適用  10-43

Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの手動保護切り替えの適用  10-43

Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの保護切り替えの解除  10-44

ロック アウトの適用  10-46

ロック オンの適用  10-45

ロック オンまたはロック アウトのクリア  10-47

外部制御

AEP によるピン割り当て  15-34

AEP を使用しない場合のピンの割り当て  1-51

AIC-I カードも参照

概要  23-15

説明  16-17

配線  1-51, 1-55

配線の説明  15-48

プロビジョニング  8-38, 23-15

変更  11-38

外部タイミング基準

タイミングを参照

外部ネットワーク要素  3-12, 3-17, 10-29

外部ノード設定

GCC 終端のプロビジョニング  7-16

GCC の変更  10-48

IP アドレスの指定  10-49

オープン GNE  22-29

プロキシ トンネルのプロビジョニング  7-17

外部ファイアウォール  22-27

外部ワイヤ ラップ パネル  1-61

拡張FEC

E-FECを参照

仮想リンク

プロビジョニング可能なパッチコードを参照

仮想リンク テーブル(OSPF)  3-21

仮想ワイヤ  23-16

カバー

FMEC カバーを参照

バックプレーンを参照

可変光減衰器

VOAを参照

簡易ネットワーク タイム プロトコル

SNTP を参照

環境仕様  B-4

監査証跡

キャパシティ  20-9

セキュリティ説明  20-8

レコードのオフロード  13-21

レコードの表示  13-19

ログイン エントリ  20-8

管理状態

サービス状態を参照

管理情報ベース

MIB を参照

管理、チルトとゲイン  18-29

機器

DWDM  1-70

インベントリ  A-13

シスコ提供(ANSI)  1-4

シスコ提供(ETSI)  1-6

ユーザが準備(ANSI)  1-4

ユーザが準備(ETSI)  1-6

企業 LAN 接続

説明  19-7

プロビジョニング  2-25

キャビネット コンパートメント

前面扉を参照

強制切り替え

外部切り替えコマンドを参照

共通コントロール カード

AIC-I カードを参照

TCC2P カードを参照

TCC2 カードを参照

クラフト接続

DHCP  2-16

自動ホスト検出  2-19

スタティック IP アドレス  2-13

説明  19-7

タイプの選択  2-11

クロック

時間の設定  3-8

時刻の変更  10-12

リセット  1-40

警告

Java Plug-in セキュリティ  2-31, 2-33

MXP_MR_2.5G カードおよび MXPP_MR_2.5G カードのラベル  16-112

情報の検出  xxxvi

説明  xxxv

レーザー  15-24, 15-25, 16-93

経度  3-7

ゲートウェイ

MAC アドレスの返信  22-5

デフォルト  22-8

ルーティング テーブルでの  22-25

ゲートウェイ設定

プロキシ サーバを参照

ケーブル

DWDM カードへのファイバの取り付け  3-56

XFP ポートの仕様  B-45

ケーブル接続の算出  3-78

タイダウン バー  15-41

配線  3-77

配線路と管理  15-37

ファイバ管理  15-38, 15-40

ファイバ コネクタの清掃  13-32, 13-33

ケプナット  1-25

検索ユーザ

セキュリティを参照

公開鍵セキュリティ証明書  2-31, 2-33

工場出荷時の状態、復元  13-6

高密度波長分割多重

DWDM を参照

互換性

JRE  19-5

SFP  16-119

カード  16-5

コスト  3-18, 3-19, 10-30, 22-10

コンピュータ

PC 設定を参照

サードパーティ製の機器  15-2

サービス状態

カード ステータス リスト  A-13

カードのサービス状態の変更  11-41

カードの状態の遷移  C-4

回線状態のリスト  7-5

管理状態  A-13, C-3

管理状態の変更  5-28, 5-31, 5-42, 5-54, 5-59, 11-5, 11-8, 11-13, 11-16, 11-22, 11-25, 11-30, 11-35

機器  A-13

説明  C-1

ポート  19-10

ポートのサービス状態の変更  7-20

再初期化ツール

UNIX  13-10

Windows  13-7

概要  13-6

サブネット

異なるサブネット上の CTC とノード  22-4

スタティック ルートの使用  22-9

同一サブネット上の CTC とノード  22-3

ネットワーク上の複数サブネット  22-8

プロキシ ARP で  22-5

サブネット マスク

24 ビット  22-25

32 ビット  22-26

OSPF エリア範囲テーブル  3-20

Windows 設定  2-14, 2-15

サブネット マスク長のプロビジョニング  3-12

スタティック ルートでのプロビジョニング  3-18

セキュア モードでの修正  10-28

説明  22-10

プロビジョニング  3-11

変更  10-26

ルーティング テーブル  22-25

シェル アクセス  10-60

シェルフ アセンブリ

ANSI、寸法  15-3, B-4

ANSI、配線の説明  15-3

ANSI、ベイ アセンブリ  15-5

ETSI、寸法  15-7, B-4

ETSI、とりつけ  15-8

ETSI、配線の説明  15-6

開梱と検査  1-8

確認  1-8

検査  1-9

仕様  B-1

取り付け  1-10

取り付けも参照

時間帯

時間帯を使用したアラームと状態の表示  8-12

プロビジョニング  3-8

リスト  D-102

ジッタ  16-106, 16-117

自動電力制御

インターバル  6-9

管理  10-6, 18-20

説明  18-18

増幅器カード レベル  18-18

ノード レベルおよびネットワーク レベル  18-19

無効化  10-6

有効  10-7

リフレッシュ  10-8

自動ノード設定

実行  3-81

説明  17-28

ノードタイプごとのパラメータ  17-35

パラメータ  17-30

パラメータの修正  10-10

パラメータの表示  17-32

パラメータのプロビジョニング  17-32

自動ホスト検出  2-19

自動レーザー遮断

MXP_2.5G_10E カード  16-106

OSC-CSM  16-28

説明  18-24

メンテナンス設定の変更  11-11

遮断、自動レーザー

自動レーザー遮断を参照

終端ノード

1+1 保護フレキシブル  17-14

ANS パラメータ  17-36

CTC アイコン  A-4

アイコン、ハイブリッド  A-3

スケーラブル  17-18

説明  17-4

ハイブリッド  17-20

ファイバの取り付け  3-64

終端モード  16-118

終端ラグ  3-89, 3-90

手動切り替え

外部切り替えコマンドを参照

障害回復  13-6

状態

カラム説明  23-5

サービス状態を参照

時間帯の変更  8-12, 23-3

取得  23-5

説明  23-4

表示  8-13, 23-5

表示の制御  23-5

フィルタ  23-6

履歴  23-7

シングルスパン リンク

説明  18-6

光パフォーマンス  18-16

診断、オフロード  13-22

スイッチ

外部切り替えコマンドを参照

タイミングを参照

スーパーユーザ

セキュリティを参照

スタティック ルート

IP アドレッシング シナリオ  22-9

RIP の事前準備  3-21

削除  10-31

作成  3-18

修正  10-30

ストレート型ケーブル

LAN ケーブルを参照

スパン損失

OTDR の使用  10-4

確認  10-3, 18-23

説明  18-19

光  10-3

スプリッタ保護

TXP_MR_2.5G カードおよび TXPP_MR_2.5G カード  16-93

修正  10-40

説明  3-53, 16-116

スレッシュホールド超過アラート

TCA を参照

スロット

AIC-I カード  3-3

FMEC スロット  15-30

概要  15-51

事前プロビジョニング  3-39

条件  15-52

ファイバ管理  15-38

未使用スロット  15-1

セキュア シェル  20-7

セキュア モード

IP アドレッシング シナリオ  22-21

バックプレーン ポート IP 設定の修正  10-28

無効化  10-29

有効  3-16

ロック  10-27

セキュリティ

アイドル時間  3-5

アイドル ユーザのタイムアウト  20-6

各タブのタスク  20-3, 20-6

監査証跡も参照

シスコ製品  xxxviii

条件  20-3

スーパーユーザ、特権  20-6, 20-7

セキュア モードの有効化  3-16

セキュア モードのロック(デュアル IP アドレス)  10-27

セキュリティ レベルの変更  10-61, 10-62

設定  3-4

設定の修正  10-56

表示  19-8

ポリシー  20-6

ポリシーの変更  10-57, 10-58

問題の報告  xxxviii

ユーザ レベル定義  20-2

ユーザ レベルの割り当て  3-5, 3-6

セクション トレース

J0 作成  7-26

MXP_2.5G_10G および MXP_2.5G_10E カードの設定変更  5-30

MXP_MR_2.5G カードおよび MXPP_MR_2.5G カードの設定変更  5-60

TXP_MR_10G 設定の変更  5-16

TXP_MR_2.5G カードおよび TXPP_MR_2.5G カードの設定変更  5-43

絶縁キット  1-14

接続リング  18-4

LAN 線の取り付け  1-54, 1-58

TL1 クラフト インターフェイス線の取り付け  1-59

アラーム線の取り付け  1-51, 1-55

タイミング線の取り付け  1-53, 1-57

線形構成

説明  18-5

光パフォーマンス  18-8, 18-10, 18-13

前面扉

オープン  1-22

交換  3-89

説明  15-19

取り外し  1-24, 13-29

ラベル  15-22

増幅 TDM ノード

アイコン  A-3

説明  17-25

増幅器カード

OPT-BST-E カードを参照

OPT-BST カードを参照

OPT-PRE カードを参照

その他の資料および情報の入手方法  xli

ソフトウェア

CTC も参照

ソフトウェア バージョンの確認  1-80

ダイアログボックス、非表示にする  10-37

帯域幅  B-1

帯域フィルタ OADM カード

AD-1B-xx.x カードを参照

AD-4B-xx.x カードを参照

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル

DHCP を参照

タイミング

BITS

BITS を参照

MXP_2.5G_10E カードの同期  16-103

MXP_2.5G_10G カードの同期  16-98

NE 基準  6-6

SSM  21-4

外部、設定  6-4

手動または強制切り替えの解除  13-24

仕様  B-3

接続  15-49

設定  6-4

タイミングの例  21-3

タイミング レポートの表示  13-25

内部、設定  6-7

ノード クロックの設定  3-8

ノード タイミング 説明  21-2

ノードのタイミング基準の切り替え  13-23

ノードのタイミング基準の変更  13-23

ノードのタイミング パラメータの変更  10-54

モード  6-6

ライン、設定  6-4

タイム アウト、アイドル時間を参照

タブ

カード ビュー  19-15

概要  19-8

ネットワーク ビュー  19-13, 19-14, 20-6

ノード ビュー  19-11, 19-12, 20-3, 20-4, 20-5

チャネル フィルタ OADM カード

AD-1C-xx.x カードを参照

AD-2C-xx.x カードを参照

AD-4C-xx.x カードを参照

チャネル割り当て計画  16-8

ツール

取り付け用(ANSI)  1-4, 1-5

取り付け用(ETSI)  1-7

ツールバー アイコン

TL1 接続を開く  A-7

印刷  A-5

エクスポート  A-5

親のビューへ移動  A-6

拡大表示  A-6

初期設定  A-5

選択したオブジェクトのビューへ移動  A-6

選択したノードの削除  A-5

選択領域の拡大表示  A-6

他のノードに移動  A-6

次の CTC ビューに進む  A-6

ネットワーク ビューへ移動  A-6

ノードの追加  A-5

ノードのロック  A-5

ホーム ビューへ移動  A-6

前の CTC ビューに戻る  A-6

底部用ブラケット

エアー フィルタを参照

データグラム  22-5

データベース

MAC アドレス  15-28

説明  19-16

ノードおよびカードをデフォルトに回復  13-6

バックアップ  13-3

バックアップされないパラメータ  13-3

復元  13-4, 19-17

復元されないパラメータ  13-6

テクニカル サポート

Web サイト  xxxix

テクニカル サポートの問い合わせ  xl

入手  xxxix

問題の重大度の定義  xl

テスト機器

取り付け用(ANSI)  1-5

取り付け用(ETSI)  1-7

デフォルト ルータ

IP アドレスの入力  3-11

LCD を使用した変更  3-14

初期プロビジョニング  3-11

セキュア モードでの修正  10-28

変更  10-26

電圧計  1-43, 1-84

電圧、測定  1-84

電気規則  15-2

電源モニタリング  16-19

電力

32DMX-O の電力の確認  4-33

32DMX の電力の確認  4-33

32MUX-O の電力の確認  4-31

ANSI シェルフへのオフィス電源の接続  1-40

BAT1 バックプレーン電源端子  1-42

ETSI シェルフへのオフィス電源の接続  1-38

OSCM および OSC-CSM の送信電力  3-87

RET2 バックプレーン電源端子  1-42

オフィス電源も参照

仕様  B-3

電圧の測定  1-84

電源装置  1-33, 15-45

電力モニタ スレッシュホールドの設定  3-9

光受信電力の確認  6-14

ファン トレイ アセンブリの要件  15-43

裸線のコーティング  1-41

同期ステータス メッセージング

SSM を参照

ドメイン

移動  10-37

管理  10-36

作成  10-36

名前の変更  10-37

ノードの追加  10-37

トラップ  3-37

トラフィック ルーティング  22-25

トランスポンダ カード

TXP_MR_10E カードを参照

TXP_MR_10G カードを参照

TXP_MR_2.5G カードを参照

取り付け

CTC のインストールの概要  19-4

DCU

DCU を参照

DWDM ハードウェア  1-70

FlexLayer シェルフ  1-72

FlexLayer モジュール  1-73

Y 字型ケーブル保護モジュールの取り付け  1-75

アラーム拡張パネル

AEP を参照

受け入れテスト  1-82

エアー ランプ

エアー ランプを参照

概要  15-2

シェルフ アセンブリも参照

線を参照

手順のリスト  1-2

電源とアース  1-33, 15-45

必要な工具(ANSI)  1-4

必要な工具(ETSI)  1-6

ファイバ ストレージ シェルフ  1-72

ファイバ パッチ パネル シェルフ  1-71

ファン トレイ アセンブリ

ファン トレイ アセンブリを参照

ラックも参照

取り付けブラケット

説明  15-4

背面カバー  1-68

反転  1-12

夏時間  3-8

ネットワーク

CTC ネットワーク アクセスの設定  3-10

DWDM トポロジー  18-1‐18-17

アップグレード中の接続の変換  10-52

回線の構築  7-1

基本情報の設定  3-11

ゲイン チルト保償(ROADM ノードあり)  18-33

ゲイン チルト保償(ROADM ノードなし)  18-31

自動電力制御  18-19

タイミングの例  21-3

光安全性  18-24

光パフォーマンス  18-7

ネットワーク タイム プロトコル  3-7

ネットワーク ビュー

Alarms タブ  19-13, 20-6

Circuit タブ  19-13, 20-6

Conditions タブ  19-13, 20-6

History タブ  19-13, 20-6

Maintenance タブ  20-6, 19-14

Provisioning タブ  19-13, 20-6

TDM と DWDM ネットワーク ビューの切り替え  10-38

各タブのセキュリティレベル  20-6

カスタマイズしたネットワーク ビューの作成  6-16

カスタム背景イメージ(マップ)の使用  10-35

説明  19-12, A-2

タスク  A-10

デフォルトのネットワーク マップの変更  10-34

ノード アイコン  A-3

ノードのステータス(アイコンの色)  19-13

ノードをマップに追加

ドメインを参照

背景色の変更  10-33

ビューの変更  A-2

ユーザの削除  10-64

ネットワーク要素のデフォルト値

NE のデフォルト値を参照

ノード

1+1 保護フレキシブル終端ノード  17-14

ANSI NE のデフォルト値  D-45

ETSI NE のデフォルト値  D-95

RADIUS 認証の設定  10-66

アイコン  A-3

アクセスの変更  10-59

管理情報の変更  10-11

現在のセッションからの削除  2-36

現在のセッションへの追加  2-35

時刻の変更  10-11

自動電力制御  18-19

スケーラブル終端  17-18

セキュア モードのロック(デュアル IP アドレス)  10-27

セキュリティ モード  3-16

接続の確認  6-3

増幅 TDMぞうふく  17-25

ターンアップの確認  6-2

電源の切断  14-1

名前の変更  10-11

名前、日付、時刻、連絡先情報の設定  3-7

ハイブリッド  17-14

ハイブリッド OADM  17-22

ハイブリッド終端  17-20

ハイブリッド光回線増幅器  17-23

日付の変更  10-11

連絡方法の変更  10-11

ノード サービス プロトコル  18-2

ノード ビュー

Alarms タブ  19-11, 20-3

Circuit タブ  19-11, 20-3

Conditions タブ  19-11, 20-3

History タブ  19-11, 20-3

Inventory タブ  19-12, 20-4

Maintenance タブ  19-12, 20-5

Provisioning タブ  19-11, 20-3

各タブのセキュリティレベル  20-3

ショートカット  A-10

説明  19-8, A-2

ビューの変更  A-2

ハイブリッド ノード、DWDM からの変換  10-69

背面カバー  15-27

パススルー チャネル接続  4-41

パスワード

新しいユーザの作成  3-5, 3-6

セキュリティの変更  10-57, 10-59

変更  10-61, 10-62

ログイン  2-32

バックプレーン

AEP 接続  1-49

IP アドレス

セキュア モードを参照

LAN線接続  1-58

TL1 クラフト インターフェイス接続  1-59

アラーム線接続  1-55

カバー、概要  15-26

下部カバー、交換  13-46

下部カバー、説明  15-27

下部カバー、取り外し  1-29, 13-42

シート メタル製カバー、取り外し  1-30

接続の概要  15-47

タイミング線接続  1-57

背面カバー  1-68

背面カバーの説明  15-27

バッテリ終端処理  1-42

パフォーマンス、光  18-7

パフォーマンス モニタリング

15 分間隔でのリフレッシュ  9-3

1 日間隔でのリフレッシュ  9-4

PM クリア権限  10-59

遠端カウントの表示  9-5

格納されているカウントのクリア  9-7

近端カウントの表示  9-5

現在の(表示)カウントのクリア  9-6

自動リフレッシュ間隔の設定  9-8

スレッシュホールド超過アラート

TCA を参照

光パラメータの表示  9-24

表示の変更  9-2

別のポートのカウントのリフレッシュ  9-9

ハブ ノード

ANS パラメータ  17-35

CTC アイコン  A-3

説明  17-2

パススルー接続の変換  10-52

ファイバの取り付け  3-62

ハブ リング  18-2

パルス符号変調  7-22

汎用通信チャネル

GCC を参照

光アド/ドロップ多重化装置

32WSS カードを参照

AD-1B-xx.x カードを参照

AD-1C-xx.x カードを参照

AD-2C-xx.x カードを参照

AD-4B-xx.x カードを参照

AD-4C-xx.x カードを参照

OADM ノードを参照

光サービス チャネル

OSC を参照

光サービス チャネル カード

OSC-CSM カードを参照

OSCM カードを参照

光受信電力  6-14

光増幅器カード

OPT-BST-E カードを参照

OPT-BST カードを参照

OPT-PRE カードを参照

光チャネル ネットワーク接続

OCHNC を参照

光パフォーマンス  18-7

日付

設定の変更  10-12

デフォルト  1-39

プロビジョニング  3-8

ビュー

カード ビューを参照

ネットワーク ビューを参照

ノード ビューを参照

ヒューズ アラーム パネル

100 アンペア  1-15, 1-17, 1-19, 1-34, 1-43

80 アンペア  1-15, 1-17, 1-19, 1-34, 1-43

ケーブルの測定と切断  1-41

説明  15-2

装着位置  15-5, 15-9

カラムのサイズ変更  A-12

形式の変更  A-12

ソート  A-12

データの印刷  8-3

非表示のカラムの表示  A-12

ピン付き六角(アレン)キー  1-22

ピンの割り当て

AEP  1-49, 15-32

AEP のワイヤ ラップ パネル  1-62, 1-63

LAN、ANSI  1-59

LAN、ETSI  1-55

アラーム、ANSI  1-56

アラーム、ETSI  1-51

概要(ANSI)  15-47

Craft  1-60

タイミング、ANSI  1-57

タイミング、ETSI  1-53

ファイアウォール

IIOP リスナー ポートのプロビジョニング  3-24, 3-25

IIOP リスナー ポートの変更  10-26

SNMP  3-38

アクセスのプロビジョニング  3-11

外部ファイアウォールの説明  22-27

ショートカット  A-5

設定  3-23

ファイアウォール トンネル

トンネルの削除  10-32

トンネルの追加  7-18

ファイバ

アダプタの清掃  13-35

管理  15-38

クリップ  3-77

ケーブルも参照

ストレージ シェルフ  1-72

パッチ パネル  1-71

容量  15-38

ファン トレイ アセンブリ

エアー フィルタの交換のための取り外し  13-30

交換  13-36

説明  15-42

電源ケーブル  13-43

取り付け  1-44

ファンの回転速度  15-43

ファンの故障  15-43

ファン トレイ エアー フィルタ

エアー フィルタを参照

フィラー カード

説明  15-36

前面プレート(図)  15-36

取り付け  3-52

フィルタ、アラーム フィルタを参照

フィルタ ストッパ  1-14

フェライト  1-82, 15-54

復元  19-17

復元切り替え  3-55

復元タイミング  6-5

ブラウザ

Internet Explorer も参照

Java plug-in に登録  2-6, 2-9

Netscape Navigator も参照

インストールの概要  19-4

必須バージョン  2-2

プラグイン ユニット

カードを参照

フランジ  1-14, 15-5

ブレード

カードを参照

フレーム グラウンド ピン  1-60

プロキシ ARP

ONS 15454 ゲートウェイの有効化  22-5

スタティック ルートで使用  22-6

説明  22-2

プロキシ サーバ

IP アドレッシング シナリオ  22-14

ゲートウェイ設定、プロビジョニング  3-12

ゲートウェイ設定、変更  10-26

ゲートウェイの設定、説明  22-14

設定のプロビジョニング  3-11

プロビジョニング  22-14

プロキシ サービス

Internet Explorer による無効化  2-26

Netscape による無効化  2-27

プロキシ トンネル

トンネルの削除  10-32

トンネルの追加  7-17

プロトコル

DHCP  3-12

IP  22-1

NTP  3-7

SNTP  3-7

SSM  21-4

プロキシ ARP

プロキシ ARP を参照

プロビジョニング可能なパッチコード

削除  10-51

作成  6-12

説明  22-23

プロビジョニング ユーザ

セキュリティを参照

フロント マウント電気接続

FMEC を参照

分散補償ユニット

DCU を参照

ベイ アセンブリ  15-5

ポート

SNMP のデフォルトの UDP ポート  10-73

TL1 ポート  19-4

UDP  3-37

名前の割り当て  7-10

光ポートのアウト オブ サービス化⁄  7-20

リスナー ポート

IIOP リスナー ポートを参照

ホップ  3-18, 10-30, 22-10

ポップアップ データ  19-11

マックスポンダ カード

MXP_2.5G_10E カードを参照

MXP_2.5G_10G カードを参照

MXP_MR_2.5G カードを参照

MXPP_MR_2.5Gカードを参照

マップ

ネットワーク ビューを参照

マニュアル

CTC プロビジョニング  8-3

ONS 製品のCD-ROM  xxxvii

印刷時の表記法  xxxv

関連マニュアル  xxxiv

構成  xxxii

シスコ製品の DVD  xxxvi

対象読者  xxxii

入手  xxxvi, xli

発注  xxxvii

目的  xxxii

マルチハブ リング  18-3

マルチプレクサおよびデマルチプレクサ カード

32DMX-O カードを参照

32DMX カードを参照

32MUX-O カードを参照

4MD-xx.x カードを参照

メッシュ リング  18-4

メンテナンス ユーザ

セキュリティを参照

モジュール

カードを参照

モデム インターフェイス  B-2

ユーザ

削除  10-63

セキュリティも参照

セキュリティ レベル定義  20-2

設定  3-4

単一ノードでの新規ユーザの作成  3-4

パスワードまたはセキュリティ設定の変更  10-61, 10-62

複数ノードでの新規ユーザの作成  3-5

ログアウト  10-64, 10-65

ユーザ定義のアラーム

外部アラームを参照

外部制御を参照

ユーザ データ チャネル

削除  7-25

作成  7-23

説明  16-20

ライン タイミング

タイミングを参照

ラック

設置の概要  15-3, 15-6

単一ノードの取り付け  1-15, 1-17, 15-4, 15-8

複数ノードの取り付け  1-18, 15-5, 15-9

ベイ アセンブリ  15-5

両面使用可能な取り付けブラケット  1-12, 15-4

リスト ストラップのプラグ差し込み口  1-22

リスナー ポート

IIOP リスナー ポートを参照

リモート アクセス

ONS 15454 へのクラフト接続の設定  2-28

説明  19-7

リモート モニタリング

RMON を参照

リング

Any-to-Any  18-4

ROADM リングの光パフォーマンス  18-13

ハブ リング  18-2

マルチハブ  18-3

メッシュ DWDM  18-4

ルーティング情報プロトコル

RIPを参照

ルーティング テーブル  22-25

レーザーに関する警告  15-24, 15-25

ログイン  2-29, 2-30

ログイン時の法的免責事項説明  10-12

ログイン ノード グループ

現在のセッションへのノードの追加  2-35

作成  2-34

指定グループからの削除  2-36

ショートカット  A-5

ノードの削除  2-36

表示  2-32, 19-12

ロッキング ワッシャ  3-90

ロック アウト

外部切り替えコマンドを参照

ロック オン

外部切り替えコマンドを参照

ワイヤ ラップ パネル、外部  1-61