Cisco ONS 15454 DWDM インストレーション オペレーション ガイド Release 6.0
カードとノードの追加および削除
カードとノードの追加および削除
発行日;2012/01/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 15MB) | フィードバック

目次

カードとノードの追加および削除

作業の概要

カードとノードの追加および削除

この章では、Dense Wavelength Division Multiplexing(DWDM; 高密度波長分割多重)カードおよびノードを追加したり削除したりする方法を説明します。


) 特に指定のないかぎり、「ONS 15454」は ANSI と ETSI の両方のシェルフ アセンブリを示します。


作業の概要

以降の手順を実行する前に、すべてのアラームを調査して問題となる状況をすべて解決しておいてください。一般的なトラブルシューティング情報とアラームやエラーの説明については、必要に応じて『 Cisco ONS 15454 SONET and DWDM Troubleshooting Guide 』または『 Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide 』を参照してください。

ここでは、主要手順(NTP)について説明します。適用する作業(DLP)については、各手順を参照してください。

1. 「G107 DWDM カードの取り外しおよび交換」:必要に応じて実行します。

2. 「G127 OADM ノードへの AD-xC-xx.x カードの追加」:必要に応じて実行します。

3. 「G129 DWDM ノードの追加」:必要に応じて実行します。

4. 「G130 DWDM ノードの削除」:必要に応じて実行します。

NTP-G107 DWDM カードの取り外しおよび交換

 

目的

この手順では、ONS 15454 シェルフとラックに設置された DWDM カードの取り外しおよび交換を行います。

ツール/機器

なし

事前準備手順

カードの取り付け手順

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイト

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


注意 この手順は、TCC2/TCC2P カードの交換には使用しないでください。TCC2/TCC2P カードの交換については、『Cisco ONS 15454 Troubleshooting Guide 』または『Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide』を参照してください。


ステップ 1 「G46 CTC へのログイン」の作業を行います。


) Cisco Transport Controller(CTC)にログインできない場合にカードを取り外す必要がある場合は、ステップ 6で説明されている手順に従ってカードを取り外します。CTC にログインしたら、『Cisco ONS 15454 Troubleshooting Guide』または『Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide』により、Mismatched Equipment Alarm(MEA; ミスマッチ機器アラーム)のトラブルシューティングを行います。


ステップ 2 Alarms タブをクリックします。

a. アラーム フィルタ機能がオフであることを確認します。必要に応じて、「G128 アラーム フィルタのディセーブル化」を参照してください。

b. 説明のつかないアラームがネットワーク上に表示されていないことを確認します。アラームが表示されている場合は、操作を続ける前にこれらのアラームをよく調査し解除してください。手順については、『Cisco ONS 15454 Troubleshooting Guide』または『Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide』を参照してください。

ステップ 3 必要に応じて、次の作業を行います。

交換するカードが Y 字型ケーブル保護グループのアクティブ カードである場合は、「G179 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの強制保護切り替えの適用」の手順を実行して、取り外すカードをトラフィックが通らないようにします。Y 字型ケーブル保護グループのスタンバイ カードである場合は、「G182 ロック アウトの適用」の手順を実行して、取り外すカードにトラフィックが切り替わらないようにします。

カードに回線が接続されている場合は、削除する必要があります。「G106 光チャネル ネットワーク接続の削除」の作業を行います。

ノードのタイミング基準として使用されているカードが Optical Service Channel Module(OSCM)または Optical Service Channel-Combiner/Splitter Module(OSC-CSM)の場合、「G112 ノードのタイミング基準の変更」の作業を実行します。

カードが、Optical Service Channel(OSC)終端または Generic Communications Channel(GCC)終端のある OSCM カードまたは OSC-CSM カードである場合は、「G85 OSC 終端、GCC 終端、プロビジョニング可能パッチコードの修正または削除」の作業を行います。


) CTC でカードを削除してもシェルフからカードを取り外さない場合は、カードが再度ブートされ、再び CTC に現れます。


ステップ 4 次のいずれかの作業を行って、ポートをアウト オブ サービスにします。

「G252 TXP カードと MXP カードのポートをアウト オブ サービスにする手順」

「G253 OSCM カードと OSC-CSM カードのポートをアウト オブ サービスにする手順」

「G254 OPT-BST カードと OPT-PRE カードのポートをアウト オブ サービスにする手順」

「G255 32MUX-0、32WSS、32DMX-O、および 32DMX の各カードのポートをアウト オブ サービスにする手順」

「G256 4MD-xx.x カードのポートをアウト オブ サービスにする手順」

「G257 帯域 OADM カードのポートをアウト オブ サービスにする手順」

「G258 チャネル OADM カードのポートをアウト オブ サービスにする手順」

ステップ 5 Alarms タブをクリックします。ステップ 3 で行った作業に関係のないアラームが表示されていないことを確認します。説明のつかないアラームが表示されている場合は、操作を続ける前にこれらのアラームを調査して解決します。手順については、『 Cisco ONS 15454 Troubleshooting Guide 』または『Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide』を参照してください。

ステップ 6 物理的にカードを取り外します。

a. カードのラッチ/イジェクタを開きます。

b. ラッチ/イジェクタを使用して、カードをシェルフから前に引き出します。

ステップ 7 適宜、次のいずれかの手順を使用して、新しいカードを挿入します。

「G30 DWDM カードの取り付け」

「G32 トランスポンダ カードおよびマックスポンダ カードの取り付け」

ステップ 8 「G34 DWDM カードへの光ファイバ ケーブルの取り付け」に進んでください。

ステップ 9 「G37 自動ノード設定の実行」の作業を行います。

ステップ 10 必要に応じて、次の作業(または手順)を行います。

ステップ 3 で Y 字型ケーブル保護グループの切り替えを行った場合は、「G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの手動または強制保護切り替えの解除」の作業を行います。

ステップ 3 で回線を削除した場合は、「G105 DWDM 光チャネル ネットワーク接続のプロビジョニング」の作業を行います。

ステップ 3 でタイミング基準を切り替えた場合は、「G112 ノードのタイミング基準の変更」の作業を行います。

ステップ 3 で OSC 終端または GCC 終端を削除した場合は、「G38 OSC 終端のプロビジョニング」の作業を行います。

ステップ 11 Alarms タブをクリックします。

a. アラーム フィルタ機能がオフであることを確認します。必要に応じて、「G128 アラーム フィルタのディセーブル化」を参照してください。

b. 説明のつかないアラームがネットワーク上に表示されていないことを確認します。アラームが表示されている場合は、調査して解決します。手順については、『Cisco ONS 15454 Troubleshooting Guide』または『Cisco ONS 15454 SDH Troubleshooting Guide』を参照してください。

終了:この手順は、これで完了です。


 

DLP-G252 TXP カードと MXP カードのポートをアウト オブ サービスにする手順

 

目的

この作業では、トランスポンダ(TXP)カードとマックスポンダ(MXP)カードのポートをアウト オブ サービスにしてカードを取り外せるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 ノード ビューのシェルフ図で、アウト オブ サービスにするポートがある TXP カードまたは MXP カードをダブルクリックします。

ステップ 2 Provisioning> Line タブをクリックします(MXP_MR_2.5G カードまたは MXPP_MR_2.5G カードの場合は、 Provisioning > Line > Client タブをクリックします)。

ステップ 3 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB(ANSI)または locked-enabled,disabled(ETSI)になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB (ANSI)または locked,disabled (ETSI)を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 6 カードが MXP_MR_2.5G または MXPP_MR_2.5G である場合、次の手順を実行します。それ以外の場合は、ステップ 7 に進んでください。

a. Provisioning > Line > SONET(ANSI)または SDH(ETSI) タブをクリックします。

b. Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB(ANSI)または locked-enabled,disabled(ETSI)になっていない各トランク ポートについて、 OOS,DSLB (ANSI)または locked,disabled (ETSI)を選択します。

c. Apply をクリックします。

d. 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 7 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G253 OSCM カードと OSC-CSM カードのポートをアウト オブ サービスにする手順

 

目的

この作業では、OSCM カードと OSC-CSM カードのポートをアウト オブ サービスにしてカードを取り外せるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 CTC のシェルフ図で、アウト オブ サービスにするポートがある OSCM カードまたは OSC-CSM カードをダブルクリックします。

ステップ 2 Provisioning > OC3 > OC3 タブをクリックします。

ステップ 3 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 6 Provisioning > Optical Line > Parameters タブをクリックします。

ステップ 7 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 8 Apply をクリックします。

ステップ 9 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G254 OPT-BST カードと OPT-PRE カードのポートをアウト オブ サービスにする手順

 

目的

この作業では、Optical Booster Amplifier(OPT-BST)カードと Optical Preamplifier(OPT-PRE)カードのポートをアウト オブ サービスにしてカードを取り外せるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 CTC のシェルフ図で、アウト オブ サービスにするポートがある OPT-BST カードまたは OPT-PRE カードをダブルクリックします。

ステップ 2 Provisioning > Optical Line > Parameters タブをクリックします。

ステップ 3 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 6 Provisioning > Opt Apli Line > Parameters タブをクリックします。

ステップ 7 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 8 Apply をクリックします。

ステップ 9 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G255 32MUX-0、32WSS、32DMX-O、および 32DMX の各カードのポートをアウト オブ サービスにする手順

 

目的

この作業では、32-Channel Multiplexer(32MUX-O)、32-Channel Wavelength Selective Switch(32WSS)、32-Channel Demultiplexer(32DMX-O および 32DMX)の各カードのポートをアウト オブ サービスにして、カードを取り外せるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 CTC のシェルフ図で、アウト オブ サービスにするポートがある 32MUX-O、32WSS、32DMX-O、または 32DMX カードをダブルクリックします。

ステップ 2 Provisioning > Optical Chn > Parameters タブをクリックします(32WSS カードの場合は、Provisioning > Optical Chn Optical Connector 1 > Parameters タブ)。

ステップ 3 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 6 32WSS カードの場合は、Optical Chn Optical Connector [2 ~ 4] タブで、ステップ 3 5 を繰り返します。

ステップ 7 Provisioning > Optical Line > Parameters タブをクリックします。

ステップ 8 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 9 Apply をクリックします。

ステップ 10 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 11 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G256 4MD-xx.x カードのポートをアウト オブ サービスにする手順

 

目的

この作業では、4-Channel Multiplexer/Demultiplexer(4MD-xx.x)カードのポートをアウト オブ サービスにしてカードを取り外せるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 CTC のシェルフ図で、アウト オブ サービスにするポートがある 4MD-xx.x カードをダブルクリックします。

ステップ 2 Provisioning > Optical Chn > Parameters タブをクリックします

ステップ 3 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 6 Provisioning > Optical Band > Parameters タブをクリックします。

ステップ 7 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 8 Apply をクリックします。

ステップ 9 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G257 帯域 OADM カードのポートをアウト オブ サービスにする手順

 

目的

この作業では、1-Band Optical Add/Drop Multiplexing(OADM; 光分岐挿入)(AD-1B-xx.x)カードと 4-Band OADM(AD-4B-xx.x)カードのポートをアウト オブ サービスにしてカードを取り外せるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 CTC のシェルフ図で、アウト オブ サービスにするポートがある AD-1B-xx.x カードまたは AD-4B-xx.x カードをダブルクリックします。

ステップ 2 Provisioning > Optical Line > Parameters タブをクリックします。

ステップ 3 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 6 Provisioning > Optical Band > Parameters タブをクリックします。

ステップ 7 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 8 Apply をクリックします。

ステップ 9 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

DLP-G258 チャネル OADM カードのポートをアウト オブ サービスにする手順

 

目的

この作業では、1-Channel OADM(AD-1C-xx.x)、2-Channel OADM(AD-2C-xx.x)、および 4-Channel OADM(AD-4C-xx.x)の各カードのポートをアウト オブ サービスにしてカードを取り外せるようにします。

ツール/機器

なし

事前準備手順

「G46 CTC へのログイン」

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイトまたはリモート

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


ステップ 1 CTC のシェルフ図で、アウト オブ サービスにするポートがある AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、AD-4C-xx.x のいずれかのカードをダブルクリックします。

ステップ 2 Provisioning > Optical Line > Parameters タブをクリックします。

ステップ 3 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 6 Provisioning > Optical Chn > Parameters タブをクリックします。

ステップ 7 Admin State で、サービスの状態が OOS-MA,DSLB になっていない各ポートについて、 OOS,DSLB を選択します。

ステップ 8 Apply をクリックします。

ステップ 9 確認用ダイアログボックスで、 Yes をクリックします。

ステップ 10 元の手順(NTP)に戻ります。


 

NTP-G127 OADM ノードへの AD-xC-xx.x カードの追加

 

目的

この手順では、OADM ノードに AD-xC-xx.x カードを追加します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

第 3 章「ノードのターンアップ」

新しい OADM カードのために再計算された Cisco MetroPlanner の OADM サイト計画

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイト

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


) この手順を実行する前に、OADM ノードに新しい AD-xCxx.x カードを追加した状態で Cisco MetroPlanner のサイト計画を再計算してください。



) この手順では、Optical Channel Network Connection(OCHNC)クロスコネクトの削除および再作成のために TL1 コマンドを使用します。必要に応じて『Cisco ONS SONET TL1 Reference Guide』または『Cisco ONS 15454 SDH TL1 Reference Guide』を参照してください。



注意 この手順は、OADM ノードを経由する非保護回線のサービスに影響を与えます。


ステップ 1 OADM ネットワーク上のノードで、「G46 CTC へのログイン」の作業を行います。

ステップ 2 ノード ビューで、カードを追加する OADM ノードを表示します。

ステップ 3 Circuits タブをクリックします。

ステップ 4 イーストからウェスト(E > W)とウェストからイースト(W > E)の両方の方向について、エクスプレス パスで伝送されているすべての OCHNC のリストを作成します。

ステップ 5 ステップ 4 で特定された、スプリッタ保護グループまたは Y 字型ケーブル保護グループのアクティブ パスでルーティングされている OCHNC について、「G179 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの強制保護切り替えの適用」の手順を実行して強制的にトラフィックがリングの反対側の保護パスを通るようにします。

ステップ 6 Circuits タブをクリックします。

ステップ 7 ステップ 4で特定されたエクスプレス パスを通過するすべての OCHNC で次のステップを実行してください。

a. OCHNC 回線を選択し、 Edit をクリックします(複数の回線を選択するには、Shift キーを押しながら回線をクリックします)。

b. Edit Circuit ダイアログボックスで、 State タブをクリックします。

c. Target Circuit Admin State ドロップダウン リストで、 OOS,DSBL を選択します。

d. Apply をクリックします。

e. OCHNC 回線ごとに、ステップ a d を繰り返します。

ステップ 8 Tools メニューから、 Open TL1 Session を選択します。

ステップ 9 Select Node ダイアログボックスで、AD-xCxx.x カードを追加する OADM ノードを選択し、 OK をクリックします。

ステップ 10 TL1 ダイアログボックスで、以下の DLT-WLEN コマンドを使用して、ステップ 4 のリストのエクスプレス パス OCHNC の OCHNC クロスコネクトを削除します。

DLT-WLEN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::CMDMDE=<CMDMDE>]

各値は次のとおりです。

<AID> は、波長(WLEN)セクションからのリングの方向ごとの波長 AID です。

<CMDMDE> は、コマンドの実行モードを表します。

コマンドの有効な値などの詳細については、『 Cisco ONS SONET TL1 Reference Guide 』または『 Cisco ONS 15454 SDH TL1 Reference Guide 』を参照してください。

ステップ 11 TL1 セッションを閉じます。

ステップ 12 ノード ビューで、 Provisioning > WDM-ANS > Connections タブをクリックします。

ステップ 13 ノードを経由する回線を伝送する 2 つのエクスプレス接続を選択します(エクスプレス接続は、最後のウェスト側 OADM カード(W > E)の EXP_TX ポートを最初のイースト側 OADM カード(W > E)の EXP_RX ポートに接続する接続だけです)。

ステップ 14 Delete をクリックします。

ステップ 15 ステップ 13 で選択した EXP_TX ポートと EXP_RX ポートの間の物理的なエクスプレス ケーブルを取り外します。

ステップ 16 Cisco MetroPlanner のサイト計画で特定されたスロットに新しい AD-xCxx.x カードを挿入します。

ステップ 17 Cisco MetroPlanner によって生成された新しい内部接続テーブルに従って、OADM ノードに対して「G34 DWDM カードへの光ファイバ ケーブルの取り付け」の作業を行います。

ステップ 18 「G36 ケーブル接続の算出」の作業を行います。

ステップ 19 再計算された OADM サイト パラメータをインポートします。「G74 Cisco MetroPlanner 設定ファイルのインポート」を参照してください。

ステップ 20 ノード ビューで、 Provisioning > WDM-ANS > Port Status タブをクリックします。

ステップ 21 Launch ANS をクリックします。

ステップ 22 Tools メニューから、 Open TL1 Session を選択します。

ステップ 23 Select Node ダイアログボックスで、OADM ノードを選択し、 OK をクリックします。

ステップ 24 TL1 ダイアログボックスで次の ENT-WLEN コマンドを使用して、ステップ 10 で削除した OCHNC クロスコネクトを作成します。

ENT-WLEN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[SIZE=<SIZE>]:[<PST>],[<SST>]

各値は次のとおりです。

<AID> は、波長の AID です。

<SIZE> は、この波長に割り当てられる回線のサイズです。

<PST> は、プライマリ状態です。

<SST> は、セカンダリ状態です。

詳細およびコマンドの有効な値のリストについては、『 Cisco ONS SONET TL1 Reference Guide 』または『 Cisco ONS 15454 SDH TL1 Reference Guide 』を参照してください。

ステップ 25 TL1 ダイアログ ボックスを閉じます。

ステップ 26 ノード ビューで、 Circuits タブをクリックします。

ステップ 27 ステップ 7 で OOS,DSLB に設定したすべての OCHNC に対して、次の手順を実行します。

a. OCHNC 回線を選択し、 Edit をクリックします(複数の回線を選択するには、Shift キーを押しながら回線をクリックします)。

b. Edit Circuit ダイアログボックスで、 State タブをクリックします。

c. Target Circuit Admin State ウィンドウで、 OOS,AINS を選択します。

d. Apply をクリックします。

ステップ 28 スプリッタ保護グループまたは Y 字型ケーブル保護グループの一部としてリングの反対側に切り替えた OCHNC に対して、「G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの手動または強制保護切り替えの解除」の作業を行います。

終了 この手順は、これで完了です。


 

NTP-G129 DWDM ノードの追加

 

目的

この手順では、DWDM ノードを既存の Multi-Service Transport Platform(MSTP)ネットワークに追加します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

第 3 章「ノードのターンアップ」

新しいノードのために再計算された Cisco MetroPlanner のネットワーク計画

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイト

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


) この手順を実行する前に、Cisco MetroPlanner のネットワーク計画を新しい DWDM ノードで更新して、再計算してください。



) この手順では、OCHNC クロスコネクトの削除および再作成のために TL1 コマンドを使用します。必要に応じて『Cisco ONS SONET TL1 Command Guide』または『Cisco ONS 15454 SDH TL1 Command Guide』を参照してください。



注意 この手順を実行するには、新しいノードが追加される場所のスパンを切断します。この方法は、そのスパンを経由する非保護回線のサービスに影響を与えます。


ステップ 1 Cisco MetroPlanner のネットワーク設計が、新しいノードとクライアント サービスで更新および再計算されていない場合、Cisco MetroPlanner のマニュアルに従って今すぐ更新と再計算を行ってください。

ステップ 2 新しいノードを挿入するために切断する必要のあるファイバ スパンを特定します。

ステップ 3 ネットワークでアクティブな DWDM ノードで、「G46 CTC へのログイン」の作業を行います。

ステップ 4 ネットワーク ビューで、 Circuits タブをクリックします。

ステップ 5 イーストからウェスト、ウェストからイースト方向に ステップ 2 で特定したファイバ スパンを通過する OCHNC を特定します。

ステップ 6 OCHNC 回線がアクティブなパスにあり、スプリッタまたは Y 字型ケーブル保護グループで保護されている場合、「G179 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの強制保護切り替えの適用」を実行して、ノードが追加されるスパンからトラフィックを強制的に排除します。その必要がない場合は、ステップ 7 に進みます。

ステップ 7 ステップ 6(非保護回線)で切り替わらなかった ステップ 5 で特定した各回線について、次のステップを実行します。

a. 回線を選択し、 Edit をクリックします。

b. Edit Circuit ダイアログボックスで、 State タブをクリックします。

c. Target Circuit Admin State フィールドで、 OOS-DSBLD を選択します。

ステップ 8 新しいノードに接続する隣接ノードのカードからファイバを取り外します。

ステップ 9 追加されるノードで、次の手順および作業を実行します。

「G22 共通カードの取り付けの確認」

「G26 CTC ネットワーク アクセスの設定」

「G30 DWDM カードの取り付け」

「G36 ケーブル接続の算出」

「G74 Cisco MetroPlanner 設定ファイルのインポート」

「G37 自動ノード設定の実行」

「G38 OSC 終端のプロビジョニング」

ステップ 10 新しいノードに、ステップ 5で特定したすべての回線に使用するクロスコネクトを作成します。

a. Tools メニューから、 Open TL1 Session を選択します。

b. Select Node ダイアログボックスで、新しいノードを選択し、 OK をクリックします。

c. TL1 ダイアログボックスで次の ENT-WLEN コマンドを使用して、各非保護パススルー回線のOCHNC クロスコネクトを作成します。

ENT-WLEN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[SIZE=<SIZE>]:[<PST>],[<SST>]

各値は次のとおりです。

<AID> は、波長の AID です。

<SIZE> は、この波長に割り当てられる回線のサイズです。

<PST> は、プライマリ状態です。

<SST> は、セカンダリ状態です。

詳細およびコマンドの有効な値のリストについては、『 Cisco ONS SONET TL1 Command Guide 』または『 Cisco ONS 15454 SDH TL1 Command Guide 』を参照してください。

d. TL1 ダイアログ ボックスを閉じます。

e. ステップ 7を繰り返し、Target Circuit Admin State フィールドの IS-AINS を選択することで、OOS-DSLBD の回線をインサービスにします。

ステップ 11 ステップ 7で切り替えた回線に対して、「G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの手動または強制保護切り替えの解除」の作業を行います。

ステップ 12 ノード追加後にトラフィック マトリックスの一部にならないステップ 5で特定した回線に対して「G106 光チャネル ネットワーク接続の削除」 を実行します。

ステップ 13 既存の回線を 2 つのグループに分けます(1 つは新しいノードで終端する回線のグループで、もう 1 つは新しいノードを通過する回線のグループ)。

ステップ 14 新しいノードで終端する回線については、「G106 光チャネル ネットワーク接続の削除」を実行したあと、「G105 DWDM 光チャネル ネットワーク接続のプロビジョニング」も実行します。

ステップ 15 「G105 DWDM 光チャネル ネットワーク接続のプロビジョニング」を実行して、新しい回線を作成します。

終了 この手順は、これで完了です。


 

NTP-G130 DWDM ノードの削除

 

目的

この手順では、MSTP ネットワークから DWDM ノードを削除します。

ツール/機器

なし

事前準備手順

第 3 章「ノードのターンアップ」

新しいノードのために再計算された Cisco MetroPlanner のネットワーク計画

必須/適宜

適宜

オンサイト/リモート

オンサイト

セキュリティ レベル

プロビジョニング以上のレベル


) この手順を実行する前に、Cisco MetroPlanner のネットワーク計画を削除する DWDM ノードで更新して、再計算してください。



) この手順では、OCHNC クロスコネクトの削除および再作成のために TL1 コマンドを使用します。必要に応じて『Cisco ONS SONET TL1 Reference Guide』または『Cisco ONS 15454 SDH TL1 Reference Guide』を参照してください。



注意 この手順は、削除するノードのスパンを経由する非保護回線のサービスに影響を与えます。


ステップ 1 Cisco MetroPlanner のネットワーク設計が、削除するノードで更新および再計算されていない場合、Cisco MetroPlanner のマニュアルに従って今すぐ更新と再計算を行ってください。

ステップ 2 削除する DWDM ノードで、「G46 CTC へのログイン」の作業を行います。

ステップ 3 Circuits タブをクリックします。

ステップ 4 イーストからウェスト、ウェストからイースト方向に削除するノードを通過する、または削除するノードで追加/破棄される OCHNC を特定します。

ステップ 5 OCHNC 回線が、アクティブなパスにある削除対象のノードを通過し、スプリッタまたは Y 字型ケーブル保護グループで保護されている場合、削除するノードに接続されているノードに移動して、「G179 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの強制保護切り替えの適用」を実行します。それ以外の場合は、ステップ 6 に進んでください。

ステップ 6 ステップ 5で切り替わらなかったステップ 4で特定した各回線について、次のステップを実行します。

a. 回線を選択し、 Edit をクリックします。

b. Edit Circuit ダイアログボックスで、 State タブをクリックします。

c. Target Circuit Admin State フィールドで、 OOS-DSBLD を選択します。

ステップ 7 ステップ 4の OOS-DSLBD 状態にある各回線で、削除されるノードにあるクロスコネクトを削除します。

a. Tools メニューから、 Open TL1 Session を選択します。

b. Select Node ダイアログボックスで、新しいノードを選択し、 OK をクリックします。

c. TL1 ダイアログボックスで次の DLT-WLEN コマンドを使用して、各非保護パススルー回線のOCHNC クロスコネクトを削除します。

DLT-WLEN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[SIZE=<SIZE>]:[<PST>],[<SST>];

各値は次のとおりです。

<AID> は、波長の AID です。

<SIZE> は、この波長に割り当てられる回線のサイズです。

<PST> は、プライマリ状態です。

<SST> は、セカンダリ状態です。

詳細およびコマンドの有効な値のリストについては、『 Cisco ONS SONET TL1 Reference Guide 』または『 Cisco ONS 15454 SDH TL1 Reference Guide 』を参照してください。

d. TL1 ダイアログ ボックスを閉じます。

e. ステップ 6を繰り返し、Target Circuit Admin State フィールドを IS-AINS に変更することで、OOS-DSLBD の回線をインサービスにします。

ステップ 8 ステップ 5で切り替えた回線に対して、「G180 Y 字型ケーブルまたはスプリッタへの手動または強制保護切り替えの解除」の作業を行います。

ステップ 9 「G106 光チャネル ネットワーク接続の削除」を実行して、新しい DWDM ノードで終端(追加/破棄)するステップ 4で特定した回線を削除します。

ステップ 10 「G105 DWDM 光チャネル ネットワーク接続のプロビジョニング」を実行して、新しい DWDM ノードで終端するステップ 4で特定した回線を再度作成します。新しい DWDM ノードを各回線の始点/終点(追加/破棄)として選択します。

ステップ 11 「G105 DWDM 光チャネル ネットワーク接続のプロビジョニング」を実行して、新しい DWDM ノードが始点または終点になる新しい回線を作成します。

終了 この手順は、これで完了です。