Cisco ONS 15454 SDH TL1 コマンド ガイド Release 7.0.1
CHG コマンド
CHG コマンド
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

CHG コマンド

CHG コマンド

この章では、Cisco ONS 15454 SDH の CHG(変更)コマンドについて説明します。

5.1 CHG-ACCMD-<MOD_TACC>

Change Test Access Mode(テスト アクセス モードの変更)(DS3I、E1、E3、VC3、VC44C、VC38C、VC464C、VC48C、VC36C、VC4、VC416C、VC42C、VC43C、VC11、VC12)

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

テスト対象の回線のテスト アクセス(TACC)モードを変更します。データのモニタリングを VC へのデータ挿入に変更することもあります。TACC の詳細については、『 Cisco ONS SONET TL1 Reference Guide 』を参照してください。

このコマンドを適用するには、最初に ED-<VC_PATH> または ED-VC12 コマンドを使用して TAP を作成する必要があります。侵入型テスト アクセス モードはトラフィックに影響を与えます。ファシリティ/パスが侵入型テスト アクセス モードで TAP に接続されると、強制的に Locked-Maintenance 状態になります。強制的な移行はトラフィックに影響を与える可能性があります。ファシリティ/パスの現在の状態は NE によって保存され、TAP 接続がダウンすると復元されます。TL1 セッションが終了するかまたはタイムアウトになると、テスト アクセス接続は自動的にドロップされます。

エラー メッセージが返されるアクションは以下のとおりです。

TAP 接続がない場合、DENY エラー メッセージが返されます。

要求された条件がすでに存在する場合は、SRCN エラー メッセージが返されます。

要求されたアクセス設定が無効な場合は、SRAC エラー メッセージが返されます。

要求された TAP が存在しない場合は、RTEN エラー メッセージが返されます。

カテゴリ

トラブルシューティングとテスト アクセス

セキュリティ

メンテナンス

入力形式

CHG-ACCMD-<MOD_TACC>:[<TID>]:<TAP>:<CTAG>::<MD>;

入力例

CHG-ACCMD-VC3:CISCO:8:123::MONE;

入力パラメータ

表5-1 CHG-ACCMD-<MOD_TACC> 入力パラメータ

パラメータおよび値
内容

TAP

テスト アクセス パス番号。TAP 番号には、1 ~ 999 の整数を指定する必要があります。タイプは string です。


) このコマンドでは、1 回に 1 つの TAP 番号のモードだけ変更できます。


MD

テスト アクセス モード(SPLTE、SPLTF、LOOPE および LOOPF には、外部 QRS 入力信号が必要です)。単一の FAD テスト アクセスは、MONEF、SPLTEF および SPLTAB モードをサポートしません。

パラメータ タイプは、TACC_MODE(テスト アクセス モード)です。

LOOPE

A パスと B パスの両方を分割することを示します。E 方向から着信する回線を、E 方向に発信する回線に接続し、このループ設定を FAD に接続します。F 方向に発信する回線には、QRS が接続され、F 方向から着信する回線は、回線の公称特性インピーダンスで終端します。侵入型テスト アクセス モードです。

LOOPF

A パスと B パスの両方を分割することを示します。F 方向から着信する回線を、F 方向に発信する回線に接続し、このループ設定を FAD に接続します。E 方向に発信する回線には、QRS が接続され、E 方向から着信する回線は、回線の公称特性インピーダンスで終端します。侵入型テスト アクセス モードです。

MONE

アクセスされる回線の FAD から A 伝送パスにモニタ接続が提供されることを示します。

MONEF

アクセスされる回線の DFAD に対する FAD1(FAP の奇数のペア)から A 伝送パス、および同じ DFAD の FAD2(FAP の偶数ペア)から B 伝送パスにモニタ接続が提供されることを示します。

MONF

アクセスされる回線の FAD から B 伝送パスにモニタ接続が提供されることを示します。

SPLTA

テスト中の回線の A 伝送パスの E と F の両方の側から FAD に接続が提供され、A 伝送パスが分割されます。侵入型テスト アクセス モードです。

SPLTB

テスト中の回線の B 伝送パスの E と F の両方の側から FAD に接続が提供され、B 送信パスが分割されます。侵入型テスト アクセス モードです。

SPLTE

A と B の両方のパスを分割し、アクセスされる回線の E 側を FAD に接続することを示します。F 方向に発信する回線には QRS が接続され、F 方向から着信する回線には QRS が接続され、E 方向から着信する回線は、回線の公称特性インピーダンスで終端します。侵入型テスト アクセス モードです。

SPLTEF

A と B の両方のパスを分割し、アクセスされる回線の E 側を FAD 1 に、F 側を FAD2 に接続することを示します。侵入型テスト アクセス モードです。

SPLTF

A と B の両方のパスを分割し、アクセスされる回線の F 側を FAD に接続することを示します。E 方向に発信する回線には QRS が接続され、E 方向から着信する回線には QRS が接続され、E 方向から着信する回線は、回線の公称特性インピーダンスで終端します。侵入型テスト アクセス モードです。

5.2 CHG-EQPT

Change Equipment(機器の変更)(CHG-EQPT)コマンドは、インサービスの光カードのアップグレードまたはダウングレードを実行します。

 
使用上のガイドライン

光(STM)カードのアップグレードおよびダウングレードは、MRC-12 カードに限りサポートされます。

カードのアップグレードのプロビジョニング ルール

1 つの 1:1 保護グループでプロビジョニングされた 2 つのアップグレード可能なカードは、アップグレードできません。

カテゴリ

機器

セキュリティ

メンテナンス

入力形式

CHG-EQPT:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<EQPTTYPE>;

入力例

CHG-EQPT::SLOT-1:1::MRC-12;

入力パラメータ

<SRC>

送信元アクセス ID( EQPTを参照)。

<EQPTTYPE>

アップグレードされる機器タイプ。パラメータ タイプは EQUIPMENT_TYPE です。

10DME-C

10DME-C カード

10DME-L

10DME-L カード

32DMX

32 チャネル デマルチプレクサ

32DMX-L

L バンド用 32 チャネル デマルチプレクサ ユニット

32DMX-O

32 チャネル単一方向光デマルチプレクサ

32MUX-O

32 チャネル単一方向光マルチプレクサ

32WSS

32 チャネル光波長選択スイッチ

32WSS-L

L バンド用 32 チャネル波長スイッチ選択ユニット

4MD-xx.x

4 チャネルの光マルチプレクサ/デマルチプレクサ

AD-1B-xx.x

光アド/ドロップ多重化(OADM)1 帯域フィルタ

AD-1C-xx.x

光アド/ドロップ多重化(OADM)1 チャネル フィルタ

AD-2C-xx.x

光アド/ドロップ多重化(OADM)2 チャネル フィルタ

AD-4B-xx.x

光アド/ドロップ多重化(OADM)4 帯域フィルタ

AD-4C-xx.x

光アド/ドロップ多重化(OADM)4 チャネル フィルタ

AIC-I

AIC-I カード

CE-1000-4

CE-1000-4 カード

CE-100T-8

8 ポート 100 T カード

DS3i-N-12

DS3i-N-12 カード

E1-42

E1-42 カード

E1-N-14

E1-N-14 カード

E1000-2-G

E1000-2-G カード

E100T-G

E100T-G カード

E3-12

E3-12 カード

FC_MR-4

FC_MR-4 カード

FILLER-CARD

ブランク フィラー カード

G1K-4

4 ポート G1000 カード

MIC-A/P

MIC-A/P カード

MIC-C/T/P

MIC-C/T/P カード

ML1000-2

ML シリーズ 2 ポート ギガビット イーサネット カード

ML100T-12

ML シリーズ 12 ポート FSTE カード

ML100X-8

光インターフェイス付きの 8 ポート 100T カード

MMU

マルチリング/メッシュ アップグレード ユニット

MRC-12

12 ポートのマルチレート光カード

MXP_2.5G_10E

2.5 Gbps-10 Gbps マックスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

MXP_2.5G_10E_L

L バンド用 2.5 Gbps-10 Gbps マックスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

MXP_2.5G_10E_C

C バンド用 2.5 Gbps-10 Gbps マックスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

MXP_2.5G_10G

2.5 Gbps-10 Gbps マックスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

MXP_MR_2.5G

2.5 Gbps マルチレート マックスポンダ 100 GHz 調節可能 15xx.xx-15yy.yy カード

MXPP_2.5G_10G

2.5 Gbps-10 Gbps マックスポンダ保護 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

MXPP_MR_2.5G

2.5 Gbps マルチレート マックスポンダ保護 100 GHz 調節可能 15xx.xx-15yy.yy カード

OPT-AMP-L

L バンド用光プリアンプ ユニット

OPT-BST

光ブースター増幅器

OPT-BST-L

L バンド用光ブースター ユニット

OPT-PRE

光プリアンプ

OSC-CSM

Combiner/Separator Module(SCM; コンバイナ/セパレータ モジュール)を使用する Optical Service Channel(OSC; 光サービス チャネル)

OSCM

OSC モジュール

PPM-1

1 つの SFP ポートを搭載するプラグイン可能なポート モジュール

SHELF

シェルフ エンティティ

STM1

STM1 カード

STM1-8

8 ポート STM1 カード

STM1E-12

STM1E-12

STM4

STM4 カード

STM4-4

4 ポート STM4 カード

STM16

STM16 カード

STM64

STM64 カード

STM64-XFP

1 ポート STM64 XFP

TCC2

TCC2 カード

TCC2P

TCC2P カード

TXP_MR_10E

10 Gbps マルチレート トランスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

TXP_MR_10E_C

C バンド用 10 Gbps マルチレート トランスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

TXP_MR_10E-L

L バンド用 10 Gbps マルチレート トランスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

TXP_MR_10G

10 Gbps マルチレート トランスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

TXP_MR_2.5G

2.5 Gbps マルチレート トランスポンダ 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

TXPP_MR_2.5G

2.5 Gbps マルチレート トランスポンダ保護 100 GHz 調節可能 xx.xx-xx.xx カード

UNKNOWN

不明な機器タイプ

UNPROVISIONED

プロビジョニングされていないタイプ

XC-VXC-10G

XC-VXC-10G カード

XC-VXL-2.5G

XC-VXL-2.5G カード

XC-VXL-10G

XC-VXL-10G カード