Cisco ONS 15454 SDH TL1 コマンド ガイド Release 7.0.1
RST コマンド
RST コマンド
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

RST コマンド

RST コマンド

この章では、Cisco ONS 15454 SDH の RST(復元)コマンドについて説明します。

20.1 RST-<MOD2>

Restore(復元)(10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、CLNT、D1VIDEO、DS3I、DV6000、E1、E3、E4、ESCON、ETRCLO、FSTE、G1000、GFPOS、GIGE、HDTV、ISC1、STM4、STM64、STM1、STM16、OCH、OMS、OTS、POS、STM1E、VC3、VC44C、VC38C、VC464C、VC48C、STS36C、VC4、VC416C、VC42C、VC43C、VC11、VC12)

 
使用上のガイドライン

ファシリティをサービスにプロビジョニングします。

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

カテゴリ

ポート

セキュリティ

メンテナンス

入力形式

RST-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::::[<PST>[,<SST>]];

入力例

RST-E1:CISCO:FAC-1-1:1::::UNLOCKED,AUTOMATICINSERVICE;

入力パラメータ

表20-1 RST-<MOD2> 入力パラメータ

パラメータおよび値
内容

AID

アクセス ID( ALLを参照)

PST

プライマリ ステート

パラメータ タイプは PST(エンティティの現在の全体的なサービス状態)です。

Unlocked

イン サービス

Locked

アウト オブ サービス

SST

セカンダリ ステート

パラメータ タイプは SST で、PST および PSTQ に関する補足情報を提供します。

AutomaticInService

自動イン サービス

Disabled

無効化

Loopback

ループバック

MismatchofEquipmentAlarm

機器およびアトリビュートのミスマッチ

Maintenance

メンテナンス モード

OutOfGroup

アウト オブ グループ

SoftwareDownload

ソフトウェアのダウンロード中

Unassigned

未割り当て

NotInstalled

未装着

20.2 RST-EQPT

Restore Equipment(機器の復元)

 
使用上のガイドライン

機器をメンテナンス状態からイン サービス状態にプロビジョニングします。


) メンテナンス状態からイン サービス状態に移行中の機器にのみ適用されます。


カテゴリ

機器

セキュリティ

メンテナンス

入力形式

RST-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::];

入力例

RST-EQPT:CISCO:SLOT-1:1;

入力パラメータ

表20-2 RST-EQPT 入力パラメータ

パラメータおよび値
内容

AID

アクセス ID( EQPTを参照)