オプティカル ネットワーキング : Cisco ONS 15454 Series Multiservice Provisioning Platforms

Cisco ONS 15454 SDH/15600 SDH TL1 コマンド クイック リファレンス ガイド

Cisco ONS 15454 SDH/15600 SDH TL1 コマンド クイック リファレンス ガイド
発行日;2011/12/21 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco ONS 15454 SDH/15600 SDH TL1

MS-SPRing

ブリッジ アンド ロール

クロス コネクト

DWDM

ENE

環境

機器

イーサネット

障害

ファイル転送

ログ

ネットワーク

パス

パフォーマンス

ポート

保護

プロビジョニング可能パッチコード

セキュリティ

同期

システム

トラブルシューティングとテスト アクセス

VCAT

Cisco ONS 15454 SDH/15600 SDH TL1
コマンド クイック リファレンス ガイド

Release 8.5

このマニュアルでは、TL1 コマンドと自律メッセージをカテゴリ別に挙げ、基本的な説明と、Cisco ONS 15454 SDH および Cisco ONS 15600 SDH でサポートされている入出力の形式を示します。TL1 コマンドについての詳細は、『 Cisco ONS 15454 SDH and Cisco ONS 15600 SDH TL1 Command Guide 』を参照してください。

TL1 コマンドのシンタックスを次に示します。
a:b:c:d:e:...z;
ここで、
a:コマンド コード
b:Target Identifier(TID; ターゲット ID)
c:Access Identifier(AID; アクセス ID)または User Identifier(UID; ユーザ ID)
d:Correlation Tag(CTAG; 相関タグ)
e:...z;:さまざまなコマンドに必要なその他の引数
TID、AID、および CTAG は、TL1 コマンドの送信先を決定し、制御します。
その他のパラメータは、コマンドが要求する動作を完了するために必要なその他の情報を提供します。

MS-SPRing

 

表1 MS-SPRing

DLT-<MOD_RING> :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::];

Network Element(NE; ネットワーク要素)の Multiplex Section-Shared Protection Ring(MS-SPRing; 多重化セクション共有保護リング)を削除します。

ED-<MOD_RING>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[RINGID=<RINGID>],[NODEID=<NODEID>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[SRVRTV=<SRVRTV>],[SRVTM=<SRVTM>][:];

MS-SPRing のアトリビュートを編集します。

ENT-<MOD_RING>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[RINGID=<RINGID>],NODEID=<NODEID>,
MODE=<MODE>,[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[SRVRTV=<SRVRTV>],
[SRVTM=<SRVTM>],EASTWORK=<EASTWORK>,WESTWORK=<WESTWORK>,
[EASTPROT=<EASTPROT>],[WESTPROT=<WESTPROT>];

2 ファイバまたは 4 ファイバの MS-SPRing を作成します。

EX-SW-<STM_MSSPR> :[<TID>]:<AID>:<CTAG>::,[<SWITCHTYPE>],[<DIRECTION>];

現用ファシリティから保護ファシリティへの切り替えアルゴリズムを、スイッチでの処理を行わずに実行します。

RTRV-<MOD_RING>:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>[::::];

NE の MS-SPRing の情報をすべて取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[<AID>]::[RINGID=<RINGID>],[NODEID=<NODEID>],[MODE=<MODE>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[SRVRTV=<SRVRTV>],[SRVTM=<SRVTM>],
[EASTWORK=<EASTWORK>],[WESTWORK=<WESTWORK>],[EASTPROT=<EASTPROT>],
[WESTPROT=<WESTPROT>]”
;

RTRV-TRC-<STM_MSSPR> :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

STM ポートに MS-SPRing がプロビジョニングされている場合、そのポートの有効な J1 予測トレース文字列、受信トレース文字列、トレース モード、c2 バイト、Virtual Channel(VC; 仮想チャネル)の帯域を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[LEVEL=<LEVEL>],[EXPTRC=<EXPTRC>],[INCTRC=<INCTRC>],
[TRCMODE=<TRCMODE>],[C2=<C2>]”

;

ブリッジ アンド ロール

 

表2 ブリッジ アンド ロール

DLT-BULKROLL-<STM_TYPE> :[<TID>]:<FROM>:<CTAG>:::[RFROMSTART=
<RFROMSTART>],[RFROMEND=<RFROMEND>],WHY=<WHY>;

試行したファシリティのバルク ロール操作をキャンセルまたは完了します。

DLT-ROLL-<MOD_PATH> :[<TID>]:<FROM>,<TO>:<CTAG>:::WHY=<WHY>;

試行したファシリティのロール操作をキャンセルまたは完了します。

ED-BULKROLL-<STM_TYPE> :[<TID>]:<FROM>:<CTAG>:::[RFROMSTART=
<RFROMSTART>],[RFROMEND=<RFROMEND>],[CMDMDE=<CMDMDE>];

サービスを中断しないでエンド ポイント間のロール トラフィックに関する情報を編集します。

ED-ROLL-<MOD_PATH> :[<TID>]:<FROM>,<TO>:<CTAG>[:::CMDMDE=<CMDMDE>];

有効信号により強制的にロール操作を完了します。

ENT-BULKROLL-<STM_TYPE> :[<TID>]:<FROM>:<CTAG>:::RTOSTART=<RTOSTART>,
[RFROMSTART=<RFROMSTART>],[RFROMEND=<RFROMEND>],RMODE=<RMODE>,
[CMDMDE=<CMDMDE>];

サービスを中断しないでエンドポイント間のロール トラフィックの情報を入力します。回線レベルとバルク ロールのみです。

ENT-ROLL-<MOD_PATH> :[<TID>]:<FROM>,<TO>:<CTAG>:::RFROM=<RFROM>,
RTO=<RTO>,RMODE=<RMODE>,[CMDMDE=<CMDMDE>];

サービスを中断しないでエンドポイント間のロール トラフィックの情報を入力します。単一パスのみです。

RTRV-BULKROLL-<STM_TYPE> :[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

回線のロール データ パラメータを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<FROM>:RFROM=<RFROM>,RTO=<RTO>,[RMODE=<RMODE>],VLDSIG=<VLDSIG>”
;

RTRV-ROLL-<MOD_PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

ロール データ パラメータを取得します。ONS 15600 のみです。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<FROM>,<TO>:RFROM=<RFROM>,RTO=<RTO>,[RMODE=<RMODE>],
VLDSIG=<VLDSIG>”
;

クロス コネクト

 

表3 クロス コネクト

DLT-CRS-<PATH>:[<TID>]:<SRC>,<DST>:<CTAG>[:::CKTID=<CKTID>],
[CMDMDE=<CMDMDE>];

VC パス間のクロスコネクトを削除します。

ED-CRS-<PATH>:[<TID>]:<SRC>,<DST>:<CTAG>::[<CCT>]:[ADD=<ADD>],
[REMOVE=<REMOVE>],[CKTID=<CKTID>],[CMDMDE=<CMDMDE>]:<PST>[,<SST>]];

VC クロス コネクトの状態を編集します。

ENT-CRS-<PATH>:[<TID>]:<SRC>,<DST>:<CTAG>::[<CCT>]:[DRITYPE=<DRITYPE>],
[DRINODE=<DRINODE>],[CKTID=<CKTID>],[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

クロスコネクトの種類を指定して、VC クロスコネクトを作成します。

RTRV-CRS:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>[:::CRSTYPE=<CRSTYPE>][:];

必要な PATH タイプに基づいてクロスコネクトをすべて取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<SRC>,<DST>:<CCT>,<CRSTYPE>:[DRITYPE=<DRITYPE>],[DRINODE=<SYNCSW>],
[CKTID=<CKTID>]:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-CRS-<PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>[::::];

入力した AID または AID 範囲に関係する接続をすべて取得します。返される終端の情報には、接続の種類の情報が含まれます。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<SRC>,<DST>:<CCT>,<CRSTYPE>:[DRITYPE=<DRITYPE>],[DRINODE=<DRINODE>],
[CKTID=<CKTID>]:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>]”
;

DWDM

 

表4 DWDM

DLT-FFP-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<SRC>,<DST>:<CTAG>[:::];

クライアント ファシリティの Y 字ケーブル保護を削除します。

DLT-LMP-CTRL:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

Link Management Protocol(LMP)コントロール チャネルを削除します。

DLT-LMP-TLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

LMP Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)リンクを削除します。

DLT-LMP-DLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

LMP データリンクを削除します。

DLT-LNK :[<TID>]:<FROM>,<TO>:<CTAG>;

2 点の光接続ポイント間の光リンクを削除します。

DLT-OCHCC :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::CKTID=<CKTID>],[CMDMDE=<CMDMDE>];

Optical Channel(OCH; 光チャネル)クライアント接続を削除します。

DLT-OCHNC :[<TID>]:<SRC>,<DST>:<CTAG>:::[CKTID=<CKTID>],
[CMDMDE=<CMDMDE>];

OCH ネットワーク接続を削除します。

DLT-WDMSIDE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

Wavelength Division Multiplexing(WDM; 波長分割多重)サイドを削除します。

DLT-OSC:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

NE の Optical Service Channel(OSC; オプティカル サービス チャネル)グループを削除します。

ED-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:[<PST>[,<SST>]];

Dense Wavelength Division Multiplexing(DWDM; 高密度波長分割多重)クライアント ファシリティの操作パラメータを編集します。

ED-APC:[<TID>]::<CTAG>[:::APCENABLE=<APCENABLE>];

Amplification Power Control(APC; 増幅パワー制御)アプリケーションのアトリビュートを変更します。

ED-FFP-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[PROTID=<PROTID>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[PSDIRN=<PSDIRN>][:];

クライアント ファシリティの Y 字ケーブル保護グループを編集します。

ED-FFP-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[PROTID=<PROTID>],[RVRTV=<RVRTV>].
[RVTM=<RVTM>],[PSDIRN=<PSDIRN>][:];

TXP_MR_2.5G カードまたは TXPP_MR_2.5G カードの DWDM ポートのデフォルト保護グループのプロビジョニングを変更します。

ED-LMP:[<TID>]::<CTAG>:::[ENABLED=<ENABLED>],[WDMEXT=<WDM>], [ROLE=<ROLE>], [LMPNODEID-<NODEID>][:];

グローバル LMP のアトリビュートを編集します。

ED-LMP-CTRL:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[LOCALPORT=<LOCALPORT>], [REMOTENE=<REMOTENE>],[REMOTEIP=<REMOTEIP>],[HELLO=<HELLO>],
[HELLOMIN=<HELLOMIN>],[HELLOMAX=<HELLOMAX>],[DEAD=<DEAD>],
[DEADMIN=<DEADMIN>], [DEADMAX=<DEADMAX>]:[<PST>][,<SST>];

LMP コントロール チャネルを編集します。

ED-LMP-TLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::REMOTEID=<REMOTE_ID>, REMOTETE=<REMOTE_TELINK>, [MUXCAP=<MUX_CAP>]:[<PST>[,<SST>]];

LMP TE リンクを編集します。

ED-LMP-DLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[LINKTYPE=<LINKTYPE>],TELINK=<TELINK>,
REMOTEID=<REMOTEID>;

LMP データリンクを編集します。

ED-LNK :[<TID>]:<FROM>,<TO>:<CTAG>:::[CMDMDE=<CMDMDE>]:
[<PST>[,<SST>]];

光リンクを編集します。

ED-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[RDIRN=<RDIRN>],[EXPWLEN=<EXPWLEN>],
[VOAATTN=<VOAATTN>],[VOAPWR=<VOAPWR>],[CALOPWR=<CALOPWR>],
[CHPOWER=<CHPOWER>],[NAME=<PORTNAME>],[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],
[COMM=<COMM>],[GCCRATE=<GCCRATE>],[OSDBER=<OSDBER>],[DWRAP=<DWRAP>],
[FEC=<FEC>],[PAYLOADMAP=<PAYLOADMAP>],[MACADDR=<MACADDR>],
[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],[SOAK=<SOAK>],[OSPF=<OSPF>],
[MFS=<MFS>],[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

サービス パラメータのアトリビュートおよび OCH ファシリティの状態を変更します。

ED-OCHCC :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::CKTID=<CKTID>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

OCH クライアント接続を編集します。

ED-OCHNC :[<TID>]:<SRC>,<DST>:<CTAG>:::[CKTID=<CKTID>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

OCH ネットワーク接続を編集します。

ED-OMS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[RDIRN=<RDIRN>],[EXPBAND=<EXPBAND>],
[VOAATTN=<VOAATTN>],[VOAPWR=<VOAPWR>],[CALOPWR=<CALOPWR>],
[CHPOWER=<CHPOWER>],[NAME=<NAME>],[SOAK=<SOAK>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

サービス パラメータのアトリビュートおよび Optical Multiplex Section(OMS) ファシリティの状態を変更します。

ED-OSC:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[RINGID=<RINGID>],[NODEID=<NODEID>];

OSC グループのアトリビュートを編集します。

ED-OTS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[RDIRN=<RDIRN>],[VOAATTN=<VOAATTN>],
[VOAPWR=<VOAPWR>],[OFFSET=<OFFSET>],[CALTILT=<CALTILT>],[OSRI=<OSRI>],
[AMPLMODE=<AMPLMODE>],[CHPOWER=<CHPOWER>],[EXPGAIN=<EXPGAIN>],
[NAME=<NAME>],[SOAK=<SOAK>],[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

サービス パラメータのアトリビュートおよび Optical Transport Section(OTS; 光伝送セクション) ファシリティの状態を変更します。

ED-SLV-WDMANS :[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[HIGHSLVEXP=<HIGHSLVEXP>],
[LOWSLVEXP=<LOWSLVEXP>];

予測スパン損失確認をプロビジョニングします。

ED-TRC-OCH:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[EXPTRC=<EXPTRC>],[TRC=<TRC>],
[TRCMODE=<TRCMODE>],[TRCLEVEL=<TRCLEVEL>],[TRCFORMAT=<TRCFORMAT>][:];

トレース関係の OCH ファシリティを編集します。

ED-WDMANS :[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[POWERIN=<POWERIN>],
[POWEROUT=<POWEROUT>],[POWEREXP=<POWEREXP>],[POWEROSC=<POWEROSC>],
[NTWTYPE=<RINGTYPE>],[PPMESH=<PPMESH>],[DITHER=<DITHER>];

Automatic Optical Node Setup(AONS; 自動光ノード設定)アプリケーションのアトリビュートを変更します。

ED-WDMSIDE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[NEWSIDE=<NEWSIDE>][:];

WDM ノード サイドのアトリビュートを変更します。

ENT-FFP-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<SRC>,
<DST>:<CTAG>:::[PROTTYPE=<PROTTYPE>],[PROTID=<PROTID>],[RVRTV=<RVRTV>],
[RVTM=<RVTM>],[PSDIRN=<PSDIRN>][:];

クライアント ファシリティに Y 字ケーブル保護を作成します。

ED-LMP:[<TID>]::<CTAG>:::[ENABLED=<ENABLED>],[WDMEXT=<WDM>], [ROLE=<ROLE>], [LMPNODEID-<NODEID>][:];

グローバル LMP のアトリビュートを編集します。

ENT-LMP-CTRL:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[LOCALPORT=<LOCALPORT>], [REMOTENE=<REMOTENE>],[REMOTEIP=<REMOTEIP>],[HELLO=<HELLO>],
[HELLOMIN=<HELLOMIN>],[HELLOMAX=<HELLOMAX>],[DEAD=<DEAD>],
[DEADMIN=<DEADMIN>], [DEADMAX=<DEADMAX>]:[<PST>][,<SST>];

LMP コントロール チャネルを作成します。

ENT-LMP-TLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::REMOTEID=<REMOTE_ID>, REMOTETE=<REMOTE_TELINK>, [MUXCAP=<MUXCAP>]:[<PST>[,<SST>]];

LMP TE リンクを作成します。

ENT-LMP-DLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[LINKTYPE=<LINKTYPE>],
TELINK=<TELINK>,REMOTEID=<REMOTEID>;

LMP データリンクを作成します。

ENT-LNK :[<TID>]:<FROM>,<TO>:<CTAG>::::[<PST>[,<SST>]];

2 点の光接続ポイント間に光リンクを作成します。

ENT-OCHCC :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::CKTID=<CKTID>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>][,<SST>];

OCH クライアント接続を割り当てます。

ENT-OCHNC :[<TID>]:<SRC>,<DST>:<CTAG>::[<WCT>]:[CKTID=<CKTID>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

OCH ネットワーク接続を割り当てます。

ENT-OSC:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[RINGID=<RINGID>],[NODEID=<NODEID>],
[EAST=<EAST>],[WEST=<WEST>];

NE の OSC グループを作成します。

ENT-WDMSIDE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::LINEIN=<LINEIN>,LINEOUT=<LINEOUT>[:];

新しい WDM ノード サイドを追加し、そのアトリビュートを定義します。

OPR-APC:[<TID>]::<CTAG>[::::];

NE の APC アプリケーションが、光パワーの規制を DWDM リングに強制することを許可します。

OPR-LASER-OTS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

レーザーのスイッチをオンにすることを指示します。

OPR-LNK:[<TID>]::<CTAG>;

NE の光リンク(OLNK)アプリケーションが、NE が識別できるポイント間の自動光リンクすべてを計算することを許可します。

OPR-PROTNSW-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<SW>;

TXPP_MR_2.5G トランスポンダのトランク ポートで保護切り替えを行います(保護バージョンのみ)。

OPR-SLV-WDMANS :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

予測スパン損失確認の計算を起動します。

OPR-WDMANS:[<TID>]::<CTAG>;

NE の AONS アプリケーションが、ノード内の光パスを表す、すべての Variable Optical Attenuators(VOA; 可変光減衰器)に割り当てられた値の再計算を強制することを許可します。

RLS-LASER-OTS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

レーザーのスイッチをオフにすることを指示します。

RLS-PROTNSW-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>[::];

クライアント ファシリティの Y 字ケーブル保護切り替えを解除します。

RLS-PROTNSW-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

TXPP_MR_2.5G トランスポンダのトランク ポートで保護切り替えを解除します(保護バージョンのみ)。

RTRV-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

DWDM クライアントの設定パラメータを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AIDUNIONID>,<AIDTYPE>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[NAME=<NAME>],[LBCL=<LBCL>],
[OPT=<OPT>],[OPR=<OPR>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:<PSTPSTQ>,[<SST>]”
;

RTRV-ALMTH-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<CONDTYPE>][,,::];

アラームしきい値を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,<MOD>:<CONDTYPE>,,,<THLEVEL>”
;

RTRV-APC:[<TID>]::<CTAG>;

NE の APC アプリケーションのアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“::[APCENABLE=<APCENABLE>],[APCSTATE=<APCSTATE>]”
;

RTRV-FFP-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>[::::];

クライアント ファシリティの Y 字ケーブル保護を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AIDUNIONID>,<AIDUNIONID1>::[PROTTYPE=<PROTTYPE>],[PROTID=<PROTID>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[PSDIRN=<PSDIRN>]”
;

RTRV-FFP-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

TXP_MR_2.5G または TXPP_MR_2.5G トランスポンダのトランク ポートの保護グループ情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<WORK>,<PROTECT>::[PROTTYPE=<PROTTYPE>],[PROTID=<PROTID>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[PSDIRN=<PSDIRN>]”
;

RTRV-LMP:[<TID>]::<CTAG>;

グローバル LMP のアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME

M CTAG COMPLD

"::ENABLE=<ENABLE>,[WDM=<LOCALPORT>],[ROLE=<ROLE>],[NODEID=<NODEID>],
[OPSTATE=<OPSTATE>]"

;

RTRV-LMP-CTRL:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

LMP コントロール チャネルを取得します。

出力形式

SID DATE TIME

M CTAG COMPLD

"<AID>::REMOTEID=<REMOTEID>,LOCALPORT=<LOCALPORT>,
REMOTEIP=<REMOTEP>,[HELLO=<HELLO>],[HELLOMIN=<HELLOMIN>],
[HELLOMAX=<HELLOMAX>],[DEAD=<DEAD>],[DEADMIN=<DEADMIN>],
[DEADMAX=<DEADMAX>],[OPSTATE=<OPSTATE>]:[<PST>[,<SST>]]"

;

RTRV-LMP-TLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

LMP TE リンクを取得します。

出力形式

SID DATE TIME

M CTAG COMPLD "<SRC>::[REMOTEID=<REMOTEID>],[DWDM=<DWDM>],[REMOTETE=<REMOTETE>],
[MUXCAP=<MUXCAP>],[OPSTATE=<OPSTATE>]:[<PST>[,<SST>]]"

;

RTRV-LMP-DLINK:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

LMP データリンクを取得します。

出力形式

SID DATE TIME

M CTAG COMPLD
"<AID>::[LINKTYPE=<LINKTYPE>],[REMOTEID=<REMOTEID>],[TELINK=<TELINK>],
[OPSTATE=<OPSTATE>]"

;

RTRV-LNK:[<TID>]::<CTAG>;

NE に作成された光リンクをすべて取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<FROM>,<TO>::[OLNKT=<OLNKT>],[CTYPE=<CTYPE>],[RDIRN=<RDIRN>],
[BAND=<BAND>],[WLEN=<WLEN>]:<PST_PSTQ>,[<SST>]”
;

RTRV-LNK-<MOD2O>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[OLNKT=<OLNKT>],[CTYPE=<CTYPE>],
[RDIRN=<RDIRN>];

入力された AID または AID 範囲に関係する光リンクをすべて取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<FROM>,<TO>::[OLNKT=<OPTICALLINKTYPE>],[CTYPE=<CREATIONTYPE>],
[RDIRN=<RDIRN>],[BAND=<BAND>],[WLEN=<WLEN>]:<PST_PSTQ>,[<SST>]”
;

RTRV-NE-APC:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>;

ノードのセットアップ調整に関係する NE の APC アプリケーション ポートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,<MOD>::[MODIFDAT=<MODIFDAT>],[MODIFTM=<MODIFTM>],
[CHECKDAT=<CHECKDAT>],[CHECKTM=<CHECKTM>]”
;

RTRV-NE-WDMANS:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>;

ノードのセットアップ調整に関係する NE の光ノード セットアップ(WDMANS)アプリケーション ポートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,<AIDTYPE>::[REGULATED=<REGULATED>],[PARAM=<PARAM>]”
;

RTRV-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

サービス パラメータのアトリビュートおよび OCH ファシリティの状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[RDIRN=<RDIRN>],[OPTYPE=<OPTICALPORTTYPE>],
[OPWR=<POWER>],[EXPWLEN=<EXPWLEN>],[ACTWLEN=<ACTWLEN>],
[ILOSS=<ILOSS>],[VOAMODE=<VOAMODE>],[VOAATTN=<VOAATTN>],
[VOAPWR=<VOAPWR>],[VOAREFATTN=<VOAREFATTN>],
[VOAREFPWR=<VOAREFPWR>],[REFOPWR=<REFOPWR>],[CALOPWR=<CALOPWR>],
[CHPOWER=<CHPOWER>],[NAME=<PORTNAME>],[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],
[COMM=<COMM>],[GCCRATE=<GCCRATE>],[DWRAP=<DWRAP>],[FEC=<FEC>],
[PAYLOADMAP=<PAYLOADMAP>],[OSFBER=<OSFBER>],[OSDBER=<OSDBER>],
[MACADDR=<MACADDR>],[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[OSPF=<OSPF>],[LBCL=<LBCL>],
[OPT=<OPT>],[OPR=<OPR>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-OCHCC :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

OCH クライアント接続のプロビジョニング情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[PAYLOAD=<PAYLOAD>],[CTKID=<CTKID>]:<PSTPSTQ>”
;

RTRV-OCHNC :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

OCH 波長接続のプロビジョニング情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<SRC>,<DST>:<WCT>:[CKTID=<CKTID>]::<PSTPSTQ>”
;

RTRV-OMS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

サービス パラメータのアトリビュートおよび OMS ファシリティの状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::RDIRN=<RDIRN>,OPTYPE=<OPTICALPORTTYPE>,[OPWR=<POWER>],
EXPBAND=<EXPBAND>,[ACTBAND=<ACTBAND>],[ILOSS=<ILOSS>],
[VOAMODE=<VOAMODE>],[VOAATTN=<VOAATTN>],[VOAPWR=<VOAPWR>],
[VOAREFATTN=<VOAREFATTN>],[VOAREFPWR=<VOAREFPWR>],
[REFOPWR=<REFOPWR>],[CALOPWR=<CALOPWR>],[CHPOWER=<CHPOWER>],
[NAME=<NAME>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-OPM:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexing(ROADM; 再設定可能光アド/ドロップ多重化)ノードの OCH レイヤにある光パワー モニタリング パラメータを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[POWEROUT=<POWEROUT>],[POWERADD=<POWERADD>],
[POWERPT=<POWERPT>]”
;

RTRV-OSC:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

NE から OSC 情報をすべて取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[RINGID=<RINGID>],[NODEID=<NODEID>],[EAST=<EAST>],[WEST=<WEST>]”
;

RTRV-OTS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

サービス パラメータのアトリビュートおよび OTS ファシリティの状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:RDIRN=<RDIRN>,OPTYPE=<OPTICALPORTTYPE>,[OPWR=<POWER>],
[ILOSS=<ILOSS>],[VOAMODE=<VOAMODE>],[VOAATTN=<VOAATTN>],
[VOAPWR=<VOAPWR>],[VOAREFATTN=<VOAREFATTN>],
[VOAREFPWR=<VOAREFPWR>],[OSRI=<OSRI>],[AMPLMODE=<AMPLMODE>],
[CHPOWER=<CHPOWER>],[GAIN=<GAIN>],[EXPGAIN=<EXPGAIN>],
[REFOPWR=<REFOPWR>],[OFFSET=<OFFSET>],[REFTILT=<REFTILT>],
[CALTILT=<CALTILT>],[ASEOPWR=<ASEOPWR>],[DCULOSS=<DCULOSS>],
[AWGST=<AWGST>],[HEATST=<HEATST>],[NAME=<NAME>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-PATH-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ノード内の OCH パスを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:[WLEN],[PATH]:”
;

RTRV-PROTNSW-OCH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

TXPP_MR_2.5G トランスポンダのトランク ポートでの保護切り替えの状態を取得します(保護バージョンのみ)。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<SW>,<SWTYPE>”
;

RTRV-SLV-WDMANS :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ED-SLV-WDMASN コマンドでプロビジョニング可能なオプションを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[HIGHSLVEXP=<HIGHSLVEXP>],[LOWSLVEXP=<LOWSLVEXP>],
[SLVACT=<SLVACT>],[RESOLUTION=<RESOLUTION>]”
;

RTRV-TRC-OCH:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::[<MSGTYPE>],[<TRCLEVEL>][::];

セキュリティ トレース情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<CHANNEL>,<MOD>::[TRCLEVEL=<TRCLEVEL>],[EXPTRC=<EXPTRC>],
[TRC=<TRC>],[INCTRC=<INCTRC>],[TRCMODE=<TRCMODE>],
[TRCFORMAT=<TRCFORMAT>]”
;

RTRV-WDMANS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

AONS アプリケーションのアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[POWERIN=<POWERIN>],[POWEROUT=<POWEROUT>],
[POWEREXP=<POWEREXP>],[NTWTYPE=<NTWTYPE>],
[OPTICALTYPE=<OPTICALTYPE>],[LASTRUNDAT=<LASTRUNDAT>],
[LASTRUNTM=<LASTRUNTM>]”
;

RTRV-WDMSIDE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

WDM サイドを取得し、そのアトリビュートを定義します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::LINEIN=<LINEIN>,LINEOUT=<LINEOUT>,[OCS=<OSC>][:]”
;

RTRV-WLEN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

波長のプロビジョニング情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<CCT>:[SIZE=<SIZE>],[CKTID=<CKTID>],[TOSIDE=<TOSIDE>],[SRC=<SRC>],

[DST=<DST>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]”
;

SET-ALMTH-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<CONDTYPE>,<THLEV>[,,,];

次のカード、ポート、チャネルにアラームしきい値を設定します。MXP_2.5G_10G/TXP_MR_10G、オプティカル サービス チャネル、光増幅器、分散補償ユニット、多重化/逆多重化、および OADM

ENE

 

表5 ENE

DLT-FTPSERVER :[<TID>]::<CTAG>:::IPADDR=<IPADDR>;

FTP サーバ エントリを削除します。

ED-FTPSERVER :[<TID>]::<CTAG>:::IPADDR=<IPADDR>,[ENABLE=<ENABLE>];

FTP サーバ エントリを編集します。

ENT-FTPSERVER :[<TID>]::<CTAG>:::IPADDR=<IPADDR>,IPMASK=<IPMASK>,
ENABLE=<ENABLE>,[TIMER=<TIMER>];

FTP サーバ エントリを作成します。

RTRV-FTPSERVER :[<TID>]::<CTAG>:::[IPADDR=<IPADDR>],[IPMASK=<IPMASK>],
[ENABLE=<ENABLE>];

FTP サーバ エントリを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
",:IPADDR=<IPADDR>,IPMASK=<IPMASK>, ENABLE=<ENABLE>,TIMER=<TIMER>"
;

環境

 

表6 環境

OPR-ACO-ALL:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>;

ローカルのアラーム通知を変更することなく、オフィスの可聴アラーム通知を遮断します。

OPR-EXT-CONT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<CONTTYPE>],[<DURATION>];

外部制御を行い、外部制御接点を閉じます。

REPT ALM ENV:

環境アラーム入力についてユーザ定義の状態をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM ENV
“<AID>:<NTFCNCDE>,<ALMTYPE>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],[<DESC>]”
;

REPT EVT ENV:

環境アラーム入力に対するアラーム以外のイベントをレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT ENV
“<AID>:<ALMTYPE>,[<CONDEFF>],,,,,,,:[<DESC>]”
;

RLS-EXT-CONT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::,];

強制的な接続状態を解除して、接続の制御を自動制御状態に戻します。

RTRV-ALM-ENV:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>];

環境アラームを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<NTFCNCDE>,<ALMTYPE>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],[<DESC>]”
;

RTRV-ATTR-CONT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<CONTTYPE>];

外部制御に関係するアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:[<CONTTYPE>]”
;

RTRV-ATTR-ENV :[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>];

環境アラームに関係するアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>],[<DESC>]”
;

RTRV-COND-ENV:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>][,,,];

環境状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<NTFCNCDE>,<ALMTYPE>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,,,[<DESC>]”
;

RTRV-EXT-CONT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<CONTTYPE>];

NE に、外部制御の制御状態をレポートするように指示します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:[<CONTTYPE>],<DUR>,[<CONTSTATE>]”
;

SET-ATTR-CONT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<CONTTYPE>];

外部制御に関連するアトリビュートを設定するように、NE に指示します。

SET-ATTR-ENV: [<TID>]:<AID>:<CTAG>::<NTFCNCDE>,<ALMTYPE>,<ALMMSG>;

外部制御に関係するアトリビュートを設定します。

機器

 

表7 機器

ALW-SWTOPROTN-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<DIRN>];

カードやポートが自動切り替えまたは手動切り替えで保護状態に戻ることを許可します。

ALW-SWTOWKG-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<DIRN>];

カードやポートが自動切り替えまたは手動切り替えで現用状態に戻ることを許可します。

DLT-EQPT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::];

NE からカードを削除します。不要なシェルフを削除します。

ED-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[PROTID=<PROTID>],[PRTYPE=<PRTYPE>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[CMDMDE=<CMDMDE>],
[CARDMODE=<CARDMODE>],[PEERID=<PEERID>],[REGENNAME=<REGENNAME>],
[PWL=<PWL>],[RETIME=<RETIME>],[SHELFROLE=<SHELFROLE>],
[NEWSHELFID=<NEWSHELFID>]:[<PST>[,<SST>]];

NE の特定の機器スロットのアトリビュートを編集します。マルチシェルフ モードで設定された NE で、Node Controller(NC)から Shelf Controller(SC)にシェルフのロールを変更します。

ENT-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<EQPTTYPE>]:[PROTID=<PROTID>],
[PRTYPE=<PRTYPE>],[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],
[CARDMODE=<CARDMODE>],[PEERID=<PEERID>],[REGENNAME=<REGENNAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>],[TRANSMODE=<TRANSMODE>],[RETIME=<RETIME>],
[SHELFROLE=<SHELFROLE>][:];

NE の特定の機器スロットのカード タイプとアトリビュートを入力します。マルチシェルフ モードで設定された NE を事前プロビジョニングします。

INH-SWDX-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::];

デュプレックス機器のある NE の自動または手動切り替えを抑制します。

INH-SWTOPROTN-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<DIRN>];

カードやポートが自動切り替えまたは手動切り替えで保護状態になることを抑制します。

INH-SWTOWKG-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<DIRN>];

カードやポートが自動切り替えまたは手動切り替えで現用カードやポートに戻ることを抑制します。

REPT ALM EQPT

機器ユニットまたはスロットに対するアラーム状態をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM EQPT
“<AID>:<NTFCNCDE>,<CONDITION>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,:[<DESC>],[<AIDDET>”
;

REPT EVT EQPT

機器ユニットまたはスロットに対するアラーム以外のイベントの発生をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT EQPT
“<AID>:<CONDTYPE>,[<CONDEFF>],,,,,,,:[<DESC>],[<AIDDET>]”
;

RMV-EQPT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::];

カードを In Service(IS; イン サービス)状態から外し、Maintenance(MS; メンテナンス)状態にします。

RST-EQPT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::];

機器を IS にプロビジョニングします。MS 状態から IS 状態へ遷移する機器に対してのみ適用できます。

RTRV-ALM-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDTYPE>],
[<SRVEFF>][,,,];

機器ユニットに関係するアラーム状態の現在のステータスを取得して送信します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[<AID>],[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,:[<DESC>]”
;

RTRV-ALMTH-EQPT :[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::[<CONDTYPE>][,,::];

パワー レベル モニタリングのアラームしきい値を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[<AID>],<MOD2B>:<CONDTYPE>,,,<DNFIELD>”
;

RTRV-COND-EQPT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

機器状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,,[<DESC>]”
;

RTRV-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

機器ユニットに関連するデータ パラメータおよび状態パラメータを取得します。また、シェルフ パラメータを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<AIDTYPE>,<EQUIP>,[<ROLE>],[<STATUS>]:[PROTID=<PROTID>],
[PRTYPE=<PRTYPE>],[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],
[CARDNAME=<CARDNAME>],[IOSCFG=<IOSCFG>],[CARDMODE=<CARDMODE>],
[PEERID=<PEERID>],[REGENNAME=<REGENNAME>,][TRANSMODE=<TRANSMODE>],
[RETIME=<RETIME>],[SHELFROLE=<SHELFROLE>]:[<PST_PSTQ>],[<SSTQ>]”
;

SET-ALMTH-EQPT:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::<CONDTYPE>,<THLEV>[,,,];

パワー レベル モニタリングを管理するためにアラームしきい値を設定します。

SW-DX-EQPT:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::[<MODE>][,];

クロスコネクト カードを NE 内の冗長カードと切り替えます。

SW-TOPROTN-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<MODE>],[<PROTID>],[<DIRN>];

カードやポートの保護切り替えを実行します。

SW-TOWKG-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<MODE>],[<DIRN>];

保護された現用カードやポートを切り替えて現用カードやポートに戻します。

イーサネット

 

表8 イーサネット

ED-ETH :[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[FLOW=<FLOW>],[EXPDUPLEX=<EXPDUPLEX>],
[SELECTIVEAUTO=<SELECTIVEAUTO>],[EXPSPEED=<EXPSPEED>],
[VLANCOS=<VLANCOS>],[IPTOS=<IPTOS>],[NAME=<NAME>],[CMDMDE=<CMDMDE>],
[SOAK=<SOAK>]:[<PST>[,<SST>]];

10/100/1000 Mbps イーサネット カードのフロントエンド ポート情報を編集します。
ONS 15600 SDH ではサポートされません。

RTRV-ETH :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::];

イーサネット カードのフロントエンド ポート情報を取得します。
ONS 15600 SDH ではサポートされません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>::[LINKSTATE=<LINKSTATE>],[FLOWCTRL=<FLOWCTRL>],[DUPLEX=<DUPLEX>],
[SPEED=<SPEED>],[FLOW=<FLOW>],[EXPDUPLEX=<EXPDUPLEX>],
[EXPSPEED=<EXPSPEED>],[VLANCOS=<VLANCOS>],[IPTOS=<IPTOS>],
[OPTICS=<OPTICS>],[NAME=<NAME>],[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],
[SELECTIVEAUTO=<SELECTIVEAUTO>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]"

;

障害

 

表9 障害

REPT ALM <MOD2ALM>

ファシリティまたはパスに対するアラーム状態をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM <MOD2ALM>
“<AID>:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,:[<DESC>],[<AIDDET>]”
;

REPT ALM COM

AID がわからないときに、アラーム状態をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM COM
“[<AID>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,:[<DESC>]”
;

REPT ALM LMP

環境アラーム入力についてユーザ定義の状態をレポートします。

SID DATE TIME** ATAG REPT ALM LMP "[<AID>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,:[<DESC>]"

;

REPT EVT <MOD2ALM>

アラーム以外のイベントの発生をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT <MOD2ALM>
“<AID>:<CONDTYPE>,[<CONDEFF>],,,[<LOCN>],,[<MONVAL>],[<THLEV>],
[<TMPER>]:[<DESC>],[<AIDDET>]”
;

REPT EVT COM

NE に AID がない場合に、その NE に対するアラーム以外のイベントをレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT COM
“[<AID>]:<CONDTYPE>,[<CONDEFF>],,,,,,,:[<DESC>]”
;

RTRV-ALM-ALL:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDITION>],
[<SRVEFF>][,,,];

すべてのアクティブなアラーム状態について現在のステータスを取得して送信します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[<AID>],[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,
<OCRDAT>,<OCRTM>,,:[<DESC>],[<AIDDET>]”
;

RTRV-COND-<MOD2ALM>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

エンティティに関係する現在の持続状態、ステータス、またはその両方を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,,[<DESC>]”
;

RTRV-COND-ALL:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

すべてのエンティティの現在の持続状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,,[<DESC>]”
;

ファイル転送

 

表10 ファイル転送

APPLY :[<TID>]::<CTAG>[::<MEM_SW_TYPE>];

ソフトウェアのアップグレードまたはダウングレード中に、ソフトウェアのロードを有効にするか、または元に戻します。

COPY-IOSCFG:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::SRC=<SRC>,DEST=<DEST>;

IOS スタートアップ コンフィギュレーション ファイルをネットワークからノードにアップロードします。IOS スタートアップ コンフィギュレーション ファイルをノードからネットワークにダウンロードします。

COPY-RFILE :[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::TYPE=<XFERTYPE>,[SRC=<SRC1>],
[DEST=<DEST>],[OVWRT=<OVWRT>],[FTTD=<FTTD>];

FTP URL で指定された場所から新しいソフトウェア パッケージをダウンロードします。データベースのバックアップまたは復元を実行し、監査ログをアーカイブします。

REPT EVT FXFR

FTP ソフトウェア ダウンロードの状態(開始、完了、進行の度合い)をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT FXFR
“<FILENAME>,<FXFR_STATUS>,[<FXFR_RSLT>],[<PRCNT_XFRD>]”
;

REPT EVT IOSCFG

COPY-IOSCFG コマンドが発行されたときの、IOS コンフィギュレーション ファイルのコピーのステータスをレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT IOSCFG
“<AID>:<SRC>,<DEST>,<STATUS>,[<RESULT>]”
;

ログ

 

表11 ログ

ALW-MSG-DBCHG :[<TID>]::<CTAG>[::,,];

REPT DBCHG を有効にします。

INH-MSG-DBCHG :[<TID>]::<CTAG>[::,,];

REPT DBCHG を無効にします。

REPT DBCHG

TL1 コマンドまたは外部イベントに起因する NE の変更をすべてレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT DBCHG
“TIME=<TIME>,DATE=<DATE>,[SOURCE=<SOURCE>],[USERID=<USERID>],
DBCHGSEQ=<DBCHGSEQ>:<COMMAND>:<AID>:::<PSTPSTQ>,<SST>”
;

RTRV-AUDIT-LOG :[<TID>]::<CTAG>;

NE に格納されている監査ログの内容を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<ENTRYNUM>,<OCRDAT>,<OCRTM>,<TASKID>,<TXSTATUS>,<DESCRIPTION>”

;

RTRV-LOG:[<TID>]::<CTAG>::<LOGNM>;

NE の アラーム ログを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,<ALMNUMBER>:CURRENT=<CURRENT>,[PREVIOUS=<PREVIOUS>],
<CONDITION>,<SRVEFF>,[TIME=<OCRTIME>],[DATE=<OCRDAT>]:<ALMDESCR>”
;

ネットワーク

 

表12 ネットワーク

RTRV-MAP-NETWORK:[<TID>]::<CTAG>;

ゲートウェイ NE(GNE)から到達できる NE のアトリビュートをすべてレポートします。

RTRV-NE-IPMAP :[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>;

この NE と Data Communications Channel(DCC; データ通信チャネル)で接続されている各 NE の IP アドレスとノード名を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<IPADDR>,<NODENAME>”
;

パス

 

表13 パス

ED-<MOD_PATH>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[SWPDIP=<SWPDIP>],
[HOLDOFFTIMER=<HOLDOFFTIMER>],[EXPTRC=<EXPTRC>],[TRC=<TRC>],
[TRCMODE=<TRCMODE>],[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

VC パスまたは Virtual Tributary(VT; 仮想トリビュタリ)パスに関係するアトリビュートを変更します。

RTRV-<PATH>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::MSSPRPTHTYPE=<MSSPRPTHTYPE>][:];

SDH の高次/低次パスに関係するアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[LEVEL=<LEVEL>],[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[RVRTV=<RVRTV>],
[RVTM=<RVTM>],[SWPDIP=<SWPDIP>],[HOLDOFFTIMER=<HOLDOFFTIMER>],
[EXPTRC=<EXPTRC>],[TRC=<TRC>],[INCTRC=<INCTRC>],[TRCMODE=<TRCMODE>],
[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],[SNCPPTHSTATE=<SNCPPTHSTATE>],
[C2=<C>],[MSSPRPTHSTATE=<MSSPRPTHSTATE>]:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>]”
;

パフォーマンス

 

表14 パフォーマンス

ALW-PMREPT-ALL :[<TID>]::<CTAG>;

抑制されたすべての Performance Monitoring(PM; パフォーマンス モニタリング)レポートの処理を再開します。

DLT-RMONTH-<MOD2_RMON>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<MONTYPE>,,,,<INTVL>:
RISE=<RISE>,FALL=<FALL>,[SAMPLE=<SAMPLE>],[STARTUP=<STARTUP>][:];

RMON アラーム テーブル内のしきい値エントリを削除します。

ENT-RMONTH-<MOD2_RMON>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<MONTYPE>,,,,<INTVL>:
RISE=<RISE>,FALL=<FALL>,[SAMPLE=<SAMPLE>],[STARTUP=<STARTUP>][:];

RMON エンジンにより管理されるデータ統計情報のしきい値のエントリを RMON アラーム テーブルに作成します。

INH-PMREPT-ALL :[<TID>]::<CTAG>;

スケジュールされているすべての PM レポートを抑制します。

INIT-REG-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<MONTYPE>,,[<LOCN>],[<DIRN>],
[<TMPER>][,,];

PM レジスタを初期化します。

REPT PM <MOD2>

SCHED-PMREPT コマンドでスケジュールが作成された結果として、PM 統計情報をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT PM <MOD2>
“<AID>:<MONTYPE>,<MONVAL>,<VLDTY>,<LOCN>,<DIRN>,<TMPER>,
<MONDAT>,<MONTM>”
;

RTRV-BFDLPM -<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::REQTYPE=<REQTYPE>;

BFDL PM パラメータを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<MONTYPE>,<MONVAL>,<BUCKET>”
;

RTRV-PM-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<MONTYPE>],[<MONLEV>],[<LOCN>],
[<DIRECTION>],[<TMPER>],[<DATE>],[<TIME>];

指定したカード タイプの PM パラメータ値を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:<MONTYPE>,<MONVAL>,[<VLDTY>],[<LOCN>],[<DIRECTION>],
[<TMPER>],[<MONDAT>],[<MONTM>]”
;

RTRV-PM-ALL:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<MONTYPE>],[<MONLEV>],[<LOCN>],
[<DIRECTION>],[<TMPER>],[<DATE>],[<TIME>];

指定した AID のすべての PM パラメータの値を取得します。

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:<MONTYPE>,<MONVAL>,[<VLDTY>],[<LOCN>],[<DIRECTION>],
[<TMPER>],[<MONDAT>],[<MONTM>]”
;

RTRV-PMMODE-<VC_PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<LSTM>;

NE のデータ収集で設定された PM モードを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<CROSSCONNECTID>:[<LSTM>],<MODETYPE>”
;

RTRV-PMSCHED-<MOD2> :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

SCHED-PMREPT コマンドで NE に設定された PM レポート スケジュールを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:<REPTINVL>,<REPTDAT>,<REPTTM>,[<NUMINVL>],
[<MONLEV>],<LOCN>,,[<TMPER>],[<TMOFST>],[<INHMODE>]”
;

RTRV-PMSCHED-ALL :[<TID>]::<CTAG>;

SCHED-PMREPT コマンドで NE に設定された PM レポート スケジュールをすべて取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:<REPTINVL>,<REPTDAT>,<REPTTM>,[<NUMINVL>],,
[<MONLEV>],<LOCN>,,[<TMPER>],<TMOFST>,[<INHMODE>]”
;

RTRV-RMONTH-<MOD2_RMON> :[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<MONTYPE>],,,,
[<INTVL>]:[RISE=<RISE>],[FALL=<FALL>],[SAMPLE=<SAMPLE>],[STARTUP=<STARTUP>]
[:];

RMON アラーム テーブル内で定義されているしきい値を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AIDUNIONID>,<AIDTYPE>:<MONTYPE>,,,,<INTVL>:INDEX=<INDEX>,RISE=<RISE>,
FALL=<FALL>,SAMPLE=<SAMPLE>,STARTUP=<STARTUP>”
;

RTRV-TH-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<MONTYPE>],[<LOCN>],<TMPER>[::];

1 つ以上のモニタ対象パラメータの現在のしきい値レベルを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:<MONTYPE>,[<LOCN>],,<THLEV>,[<TMPER>]”
;

RTRV-TH-ALL :[<TID>]::<CTAG>::[<MONTYPE>],[<LOCATION>],[<TMPER>][::];

すべてのモニタ対象パラメータの現在のしきい値レベルを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,<AIDTYPE>:<MONTYPE>,<LOCATION>,,<THLEV>,<TMPER>”
;

SCHED-PMREPT-<MOD2> :[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::[<REPTINVL>],
[<REPTSTATM>],[<NUMREPT>],,[<MONLEV>],[<LOCN>],,[<TMPER>],[<TMOFST>];

自動 REPT PM メッセージを使用して、回線ファシリティまたは STM/VC パスの PM データを定期的にレポートするように、NE をスケジューリングまたはリスケジューリングします。

SET-TH-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<MONTYPE>,<THLEV>,[<LOCN>],,[<TMPER>];

PM のしきい値を設定し、MXP_2.5G_10G および TXP_MR_10G カードのアラームしきい値を設定します。

ポート

 

表15 ポート

DLT-<MOD1PAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

指定のポートを削除します。

DLT-NNI-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<SVLANID>[::];

L2 イーサネット ポートの Network-to-Network Interface(NNI; ネットワーク間インターフェイス)の NNI SVLAN ID を削除します。

DLT-QNQ-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<FIRSTCEVLANID>,<LASTCEVLANID>,
<SVLANID>[::];

L2 イーサネット ポートに関連するギガビット イーサネット ユニポート プロビジョニングの CE-VLAN と S-VLAN 間の IEEE 802.1Q トンネリング(QinQ)関係を削除します。

DLT-VLAN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

VLAN データベースから VLAN を削除します。

ED-<GIGE_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[ADMINSTATE=<ADMINSTATE>],
[LINKSTATE=<LINKSTATE>],[MTU=<MTU>],[FLOWCTRL=<FLOWCTRL>],
[AUTONEG=<AUTONEG>],[HIWMRK=<HIWMRK>],[LOWMRK=<LOWMRK>],
[OPTICS=<OPTICS>],[DUPLEX=<DUPLEX>],[SPEED=<SPEED>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>],[MACADDR=<MACADDR>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>],
[SOAK=<SOAK>]:[<PST>[,<SST>]];

ギガビット イーサネット ファシリティのアトリビュートを編集します。

ED-<MOD1FCPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[LINKRCVRY=<LINKRCVRY>],
[DISTEXTN=<DISTEXTN>],[AUTODETECTION=<AUTODETECTION>],
[LINKCREDITS=<LINKCREDITS>],[MFS=<MFS>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>],[SOAK=<SOAK>],[FREQ=<FREQ>],
[LOSSB=<LOSSB>]:[<PST>[,<SST>]];

ファイバ チャネル ファシリティに関係するアトリビュートを編集します。

ED-<MOD1FICONPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[LINKRCVRY=<LINKRCVRY>],
[DISTEXTN=<DISTEXTN>],[AUTODETECTION=<AUTODETECTION>],
[LINKCREDITS=<LINKCREDITS>],[MFS=<MFS>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>],[SOAK=<SOAK>],[FREQ=<FREQ>],
[LOSSB=<LOSSB>]:[<PST>[,<SST>]];

FICON ペイロード ファシリティに関係するアトリビュートを編集します。

ED-<STM_TYPE> :[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[DCC=<DCC>],[AREA=<AREA>],

[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],[PJMON=<PJMON>],
[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[MODE=<MODE>],[MUX=<MUX>],[SOAK=<SOAK>],
[OSPF=<OSPF>],[LDCC=<LDCC>],[NAME=<NAME>],[CMDMDE=<CMDMDE>],
[EXPTRC=<EXPTRC>],[TRC=<TRC>],[TRCMODE=<TRCMODE>],
[TRCFORMAT=<TRCFORMAT>],[ADMSSM=<ADMSSM>],[SENDDUSFF=<SENDDUSFF>],
[AISONLPBK=<AISONLPBK>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>],
[FOREIGNFEND=<FOREIGNFEND>],[FOREIGNIP=<FOREIGNIP>]:[<PST>[,<SST>]];

サービス パラメータのアトリビュートおよび STM ファシリティの状態を変更します。

ED-ALS:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[ALSMODE=<ALSMODE>],[ALSRCINT=<ALSRCINT>],
[ALSRCPW=<ALSRCPW>][:];

STM ファシリティ、および Automatic Laser Shutdown(ALS; 自動レーザー遮断)機能をサポートするすべてのファシリティの ALS アトリビュートを変更します。ONS 15600 ではサポートされません。

ED-COS-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[QOSENABLED=<QOSENABLED>],[BW0=<BWO>],
[WEIGHT0=<WEIGHT0>],[BW1=<BW1>],[WEIGHT1=<WEIGHT1>],[BW2=<BW2>],
[WEIGHT2=<WEIGHT2>],[BW3=<BW3>],[WEIGHT3=<WEIGHT3>],[BW4=<BW4>],
[WEIGHT4=<WEIGHT4>],[BW5=<BW5>],[WEIGHT5=<WEIGHT5>],[BW6=<BW6>],
[WEIGHT6=<WEIGHT6>],[BW7=<BW7>],[WEIGHT7=<WEIGHT7>][:];

L2 イーサネット ポートに関連する CoS テーブルの出力パラメータを編集します。

ED-DS3I:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[FMT=<FMT>],[LINECDE=<LINECDE>],[LBO=<LBO>],
[INHFELPBK=<INHFELPBK>],[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],[SFBER=<SFBER>],
[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

DS3i-N-12 ファシリティのアトリビュートを変更します。ONS 15600 SDH ではサポートされません。

ED-E1:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[LINECDE=<LINECDE>],[FMT=<FMT>],[TACC=<TACC>],
[TAPTYPE=<TAPTYPE>],[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],
[NAME=<NAME>],[CMDMDE=<CMDMDE>],[SYNCMSG=<SYNCMSG>],
[SENDDUS=<SENDDUS>],[RETIME=<RETIME>],[ADMSSM=<ADMSSM>],
[SABIT=<SABIT>]:[<PST>[,<SST>]];

E1 ファシリティのプロビジョニングをサポートします。

ED-E3:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],
[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

E3 ファシリティのプロビジョニングをサポートします。

ED-E4:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],
[NAME=<NAME>],[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];[<DNFIELD>];

E4 ポート ファシリティのアトリビュートと状態を変更します。

ED-FAC:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[PAYLOAD=<PAYLOAD>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

ファシリティのペイロード(または信号)のタイプをプロビジョニングします。

ED-FSTE :[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[FLOW=<FLOW>],[EXPDUPLEX=<EXPDUPLEX>],
[EXPSPEED=<EXPSPEED>],[SELECTIVEAUTO=<SELECTIVEAUTO>],
[VLANCOS=<VLANCOS>],[IPTOS=<IPTOS>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>],[SUPPRESS=<SUPPRESS>],[SOAK=<SOAK>],:
[<PST>[,<SST>]];

ファスト イーサネット(10/100 Mbps)カードのフロントエンド ポート情報を編集します。

ED-G1000 :[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[MFS=<MFS>],[FLOW=<FLOW>],
[LOWMRK=<LOWMRK>],[HIWMRK=<HIWMRK>],[AUTONEG=<AUTONEG>],
[NAME=<NAME>],[CMDMDE=<CMDMDE>],[SOAK=<SOAK>]:[<PST>[,<SST>]];

G1000-4 ポートに関連するアトリビュートを変更します。ONS 15600 SDH ではサポートされません。

ED-GFP:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[FCS=<FCS>],[AUTOTHGFPBUF=<AUTOTHGFPBUF>],
[GFPBUF=<GFPBUF>],[FILTER=<FILTER>];

Generic Framing Procedure(GFP; 汎用フレーム化手順)を編集します(GFP 管理に使用)。

ED-L2-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[NIMODE=<NIMODE>],
[MACLEARNING=<MACLEARNING>],[INGRESSCOS=<INGRESSCOS>],
[ETHERCETYPE=<ETHERCETYPE>],[ETHERSTYPE=<ETHERSTYPE>],
[ALWMACADDR=<ALWMACADDR>],[INHMACADDR=<INHMACADDR>],
[BPDU=<BPDU>],[BRIDGESTATE=<BRIDGESTATE>],[QNQMODE=<QNQMODE>],
[TRNSPSVLAN=<TRNSPSVLAN>],[NAME=<NAME>],[CMDMDE=<CMDMDE>]:
[<PST>[,<SST>]];

GE-XP および 10GE-XP イーサネット カードのレイヤ 2 ポート情報を編集します。ONS 15600 SDH ではサポートされません。

ED-POS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[ENCAP=<ENCAP>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>],[SOAK=<SOAK>]:[<PST>[,<SST>]];

Packet-Over-SDH(POS)を編集します(POS 管理に使用)。

ED-QNQ-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<FIRSTCEVLANID>,<LASTCEVLANID>,
<SVLANID>:[RULE=<RULE>][:];

L2 イーサネット ポートに関連するギガビット イーサネット ユニポート プロビジョニングのカスタマー CE-VLAN と S-VLAN 間の IEEE 802.1Q トンネリング(QinQ)関係を変更します。

ED-STM1E:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],
[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],[NAME=<NAME>],
[CMDMDE=<CMDMDE>]:[<PST>[,<SST>]];

STM1E ポート ファシリティのアトリビュートと状態を変更します。

ED-VLAN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[NAME=<NAME>],[PROTN=<PROTN>][:];

VLAN データベースの VLAN エントリを変更します。

ENT-<MOD1PAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

指定のポートを作成します。

ENT-NNI-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<SVLANID>[::];

L2 イーサネット ポートの NNI インターフェイスに、新しい NNI サービス プロバイダーの VLAN ID を追加します。

ENT-QNQ-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<FIRSTCEVLANID>,<LASTCEVLANID>,
<SVLANID>:[RULE=<RULE>][:];

L2 イーサネット ポートに関連するギガビット イーサネット ユニポート プロビジョニングの CE-VLAN と S-VLAN 間の新しい IEEE 802.1Q トンネリング(QinQ)関係を入力します。

ENT-VLAN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[NAME=<NAME>],[PROTN=<PROTN>];

VLAN データベースに新しい VLAN エントリを追加します。

OPR-ALS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

STM ファシリティのレーザーを再始動します。

RMV-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::];

サービスからファシリティを除外します。

RST-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::::[<PST>[,<SST>]];

ファシリティまたはサービスをプロビジョニングします。

RTRV-<MOD1FCPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

Fibre Channel(FC; ファイバ チャネル)ポートに関係するアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:LINKRATE=<LINKRATE>,LINKSTATE=<LINKSTATE>,
[LINKRCVRY=<LINKRCVRY>],[DISTEXTN=<DISTEXTN>],
[LINKCREDITS=<LINKCREDITS>],[MFS=<MFS>],[ENCAP=<ENCAP>],[NAME=<NAME>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:
<PST_PSTQ>,[<SST>]”
;

RTRV-<MOD1FICONPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ENT-FICON コマンドで FICON トラフィックを搬送するように設定したポートの、FC 固有の設定を返します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[<ROLE>],[<STATUS>]:[LINKRATE=<LINKRATE>],[LINKSTATE=<LINKSTATE>],
[LINKRCVRY=<LINKRCVRY>],[DISTEXTN=<DISTEXTN>],
[LINKCREDITS=<LINKCREDITS>],[MFS=<MFS>],[ENCAP=<ENCAP>],[NAME=<NAME>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:
<PST_PSTQ>,<SST>”
;

RTRV-<STM_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[MSSPRPTHTYPE=<MSSPRPTHTYPE>:::][:;

サービス パラメータのアトリビュートおよび STM ファシリティの状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[DCC=<DCC>],[AREA=<AREA>],[TMGREF=<TMGREF>],
[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],[PJMON=<PJMON>],
[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[MODE=<MODE>],[WVLEN=<WVLEN>],
[RINGID=<RINGID>],[MSSPRTYPE=<MSSPRTYPE>],[MUX=<MUX>],[UNIC=<UNIC>],
[CCID=<CCID>],[NBRIX=<NBRIX>],[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],
[SSMRCV=<SSMRCV>],[OSPF=<OSPF>],[LDCC=<LDCC>],[NAME=<NAME>],
[LBCL=<LBCL>],[OPT=<OPT>],[OPR=<OPR>],[EXPTRC=<EXPTRC>],[TRC=<TRC>],
[TRCMODE=<TRCMODE>],[TRCFORMAT=<TRCFORMAT>],[ADMSSM=<ADMSSM>],
[SENDDUSFF=<SENDDUSFF>],[AISONLPBK=<AISONLPBK>],[FREQ=<FREQ>],
[LOSSB=<LOSSB>],[FOREIGNFEND=<FOREIGNFEND>],
[FOREIGNIPADDRESS=<FOREIGNIPADDRESS>],:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-10GIGE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

ENT-10GIGE コマンドでギガバイト イーサネット ペイロードをサポートするように設定されたポートの 10 Gbps 固有のパラメータを取得するために使用します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[<ROLE>],[<STATUS>]:[NAME=<NAME>],[MACADDR=<MACADDR>],
[LBCL=<LBCL>],[OPT=<OPT>],[OPR=<OPR>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:
<PSTPSTQ>,[<SST>]”
;

RTRV-ALS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

STM ファシリティ、および ALS 機能をサポートするすべてのファシリティの ALS アトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,<AIDTYPE>::[ALSMODE=<ALSMODE>],[ALSRCINT=<ALSRCINT>],
[ALSRCPW=<ALSRCPW>],[LSRSTAT=<LSRSTAT>]”
;

RTRV-COS-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

L2 イーサネット ポートに関連する CoS テーブルの出力パラメータを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[QOSENABLED=<QOSENABLED>],[BW0=<BWO>],
[WEIGHT0=<WEIGHT0>],[BW1=<BW1>],[WEIGHT1=<WEIGHT1>],[BW2=<BW2>],
[WEIGHT2=<WEIGHT2>],[BW3=<BW3>],[WEIGHT3=<WEIGHT3>],[BW4=<BW4>],
[WEIGHT4=<WEIGHT4>],[BW5=<BW5>],[WEIGHT5=<WEIGHT5>],[BW6=<BW6>],
[WEIGHT6=<WEIGHT6>],[BW7=<BW7>],[WEIGHT7=<WEIGHT7>][:]”
;

RTRV-DS3I:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

DS3i-N-12 ファシリティのプロパティを取得します。ONS 15600 SDH ではサポートされません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::FMT=<FMT>,LINECDE=<LINECDE>,LBO=<LBO>,[INHFELPBK=<INHFELPBK>],
[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[NAME=<NAME>]:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>”
;

RTRV-E1:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

E1 ポート ファシリティのアトリビュートと状態情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::LINECDE=<LINECDE>,FMT=<FMT>,[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],
[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],
[NAME=<NAME>],[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],
[RETIME=<RETIME>],[ADMSSM=<ADMSSM>],[PROVIDESYNC=<PROVIDESYNC>],
[SABIT=<SABIT>]:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-E3:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

E3 ポート ファシリティのアトリビュートと状態情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],[SFBER=<SFBER>],
[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],
[NAME=<NAME>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-E4:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

E4 ポート ファシリティのアトリビュートと状態情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[PAYLOAD=<PAYLOAD>],[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],
[SOAK=<SOAK>], [SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[NAME=<NAME>]:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-ESCON:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ENT-ESCON コマンドで ESCON トラフィックを搬送するように設定されたポートの FC 固有の設定を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[ENCAP=<ENCAP>]”
;

RTRV-FAC:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>[::::];

ファシリティのペイロード タイプを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<SRC>::PAYLOAD=<PAYLOAD>:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-FSTE :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ファスト イーサネット(10/100 Mbps)カードのフロントエンド ポート情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>::[ADMINSTATE=<ADMINSTATE>],[LINKSTATE=<LINKSTATE>],[MTU=<MTU>],
[FLOWCTRL=<FLOWCTRL>],[DUPLEX=<DUPLEX>],[SPEED=<SPEED>],[FLOW=<FLOW>],
[EXPDUPLEX=<EXPDUPLEX>],[EXPSPEED=<EXPSPEED>],[VLANCOS=<VLANCOS>],
[IPTOS=<IPTOS>],[OPTICS=<OPTICS>],[NAME=<NAME>],[SUPPRESS=<SUPPRESS>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[SELECTIVEAUTO=<SELECTIVEAUTO>]:
<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]"
;

RTRV-G1000 :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

G1000-4 ファシリティの設定を取得します。ONS 15600 SDH ではサポートされません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[MFS=<MFS>],[FLOW=<FLOW>],[LAN=<LAN>],[OPTICS=<OPTICS>],
[TRANS=<TRANS>],[TPORT=<TPORT>],[LOWMRK=<LOWMRK>],
[HIWMRK=<HIWMRK>],[AUTONEG=<AUTONEG>],[ENCAP=<ENCAP>],
[NAME=<NAME>],[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]”
;

RTRV-GFP:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

GFP を取得します(GFP 管理に使用)。

出力形式

SID DATE TIME

M CTAG COMPLD
“<AID>::[FCS=<FCS>],[AUTOTHGFPBUF=<AUTOTHGFPBUF>],[GFPBUF=<GFPBUF>],
[FILTER=<FILTER>]”
;

RTRV-GIGE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

1 ギガビット イーサネット カードのフロントエンド ポート情報を取得します。
ONS 15600 SDH ではサポートされません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:,,<ROLE>,<STATUS>:[ADMINSTATE=<ADMINSTATE>],
[LINKSTATE=<LINKSTATE>],[MTU=<MTU>],[ENCAP=<ENCAP>],
[FLOWCTRL=<FLOWCTRL>],[AUTONEG=<AUTONEG>],[HIWMRK=<HIWMRK>],
[LOWMRK=<LOWMRK>],[OPTICS=<OPTICS>],[DUPLEX=<DUPLEX>],[SPEED=<SPEED>],
[NAME=<NAME>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>],[SOAK=<SOAK>],
[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>]:<PST>,<SST>”
;

RTRV-L2-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::];

イーサネット カードのレイヤ 2 ポート情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>::[NIMODE=<TYPE>],[MACLEARNING=<MACLEARNING>],[
INGRESSCOS=<INGRESSCOS>],[ETHERCETYPE=<ETHERCETYPE>],
[ETHERSTYPE=<ETHERSTYPE>],[ALWMACADDR=<ALWMACADDR>],
[INHMACADDR=<INHMACADDR>],[BPDU=<BPDU>],[BRIDGESTATE=<BRIDGESTATE>],
[QNQMODE=<QNQMODE>],[TRNSPSVLAN=<TRNSPSVLAN>],
[NAME=<NAME>]:[<PST>[,<SST>]]

;

RTRV-NNI-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<SVLANID>][::];

L2 イーサネット ポートに関連する NNI 選択 S-VLAN-ID テーブルを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<S_VLAN_ID>[::]”
;

RTRV-POS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

イーサネット カードのバックエンド ポートが POS モードで動作している場合に、そのバックエンド ポートの情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[ADMINSTATE=<ADMINSTATE>],[LINKSTATE=<LINKSTATE>],[MTU=<MTU>],
[ENCAP=<ENCAP>],[NAME=<NAME>],[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>]:
<PST_PSTQ>,[<SST>]”
;

RTRV-STM1E:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

STM1E ファシリティのアトリビュートと状態情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[PAYLOAD=<PAYLOAD>],[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],
[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],
[NAME=<NAME>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>”
;

保護

 

表16 保護

DLT-FFP-<STM_TYPE>:[<TID>]:<WORK>,<PROTECT>:<CTAG>[:::];

ファシリティ保護グループを削除します(STM4、STM64、STM1、STM16)。

ED-FFP-<STM_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[PROTID=<PROTID>],[RVRTV=<RVRTV>],
[RVTM=<RVTM>],[PSDIRN=<PSDIRN>],[VRGRDTM=<VRGRDTM>],
[DTGRDTM=<DTGRDTM>],[RCGRDTM=<RCGRDTM>][:];

ファシリティ保護グループを編集します(STM4、STM64、STM1、STM16)。

ENT-FFP-<STM_TYPE>:[<TID>]:<WORK>,<PROTECT>:<CTAG>:::[PROTTYPE=
<PROTTYPE>],[PROTID=<PROTID>],[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],
[PSDIRN=<PSDIRN>],[OPOTYPE=<OPOTYPE>],[VRGRDTM=<VRGRDTM>],
[DTGRDTM=<DTGRDTM>],[RCGRDTM=<RCGRDTM>][:];

ファシリティ保護グループを入力します(STM4、STM64、STM1、STM16)。

OPR-PROTNSW-<STM_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<SC>,[<SWITCHTYPE>][:<DIRN>]
;

保護切り替えを行います(STM4、STM64、STM1、STM16)。

OPR-PROTNSW-<PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<SC>[:];

SDH NE に、Subnetwork Connection Protection(SNCP; サブネットワーク接続保護)切り替え要求を開始するように指示します。

REPT SW

保護ペアのうちの 1 つのポートがスタンバイ状態になり、もう 1 つのポートがアクティブ状態になるオートノマス スイッチングをレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT SW
“<ACTID>,<STDBYID>"
;

RLS-PROTNSW-<STM_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<DIRECTION>];

SDH NE に、SDH 回線保護切り替え要求を解除(クリア)するように指示します。

RLS-PROTNSW-<PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>[::];

SDH NE に、OPR-PROTNSW-(MOD_PATH) コマンドで確立した SDH パス保護切り替え要求を解除(クリア)するように指示します。

RTRV-FFP :[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

すべての光 1+1 保護グループを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<WORK>,<PROTECT>:<LEVEL>:[PROTID=<PROTID>],[RVRTV=<RVRTV>],
[RVTM=<RVTM>],[PSDIRN=<PSDIRN>],[VRGRDTM=<VRGRDTM>],
[DTGRDTM=<DTGRDTM>],[RCGRDTM=<RCGRDTM>],[OPOTYPE=<OPOTYPE>]”
;

RTRV-FFP-<STM_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

光ファシリティの保護情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<WORK>,<PROTECT>::[PROTID=<PROTID>,][RVRTV=<RVRTV>,][RVTM=<RVTM>,]
[PSDIRN=<PSDIRN>,][VRGRDTM=<VRGRDTM>,][DTGRDTM=<DTGRDTM>,]
[RCGRDTM=<RCGRDTM>,][OPOTYPE=<OPOTYPE>]”
;

RTRV-PROTNSW-<STM_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

SDH 回線の切り替え状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<SC>,[<SWITCHTYPE>]”
;

RTRV-QNQ-ETH:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<FIRSTCEVLAN_ID>,<LASTCEVLANID>,
<SVLANID>[:];

L2 イーサネット ポートに関連するギガビット イーサネット ユニポート プロビジョニングの CE-VLAN と S-VLAN 間の IEEE 802.1Q トンネリング(QinQ)関係を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<FIRSTCEVLANID>,<LASTCEVLANID>,<SVLANID>:RULE=<RULE>[:]”
;

RTRV-VLAN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

VLAN データベースから VLAN エントリを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[NAME=<NAME>],[PROTN=<PROTN>]:”
;

プロビジョニング可能パッチコード

 

表17 プロビジョニング可能パッチコード

DLT-LNKTERM:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ノードに存在する Provisionable Patchcord(PP; プロビジョニング可能パッチコード)の終端を削除します。

ED-LNKTERM:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[REMOTENODE=<REMOTENODE>,]
[REMOTELNKTERMID=<REMOTELNKTERMID>];

既存の PP の終端のアトリビュートを編集します。

ENT-LNKTERM:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::PORT=<PORT>,
[REMOTENODE=<REMOTENODE>],REMOTELNKTERMID=<REMOTELNKTERMID>;

物理インターフェイスに PP の終端(仮想リンク)を作成します。

RTRV-LNKTERM:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

1 つ以上の PP の終端に関する情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::PORT=<PORT>,[REMOTENODE=<REMOTENODE>],
[REMOTELNKTERMID=<REMOTELNKTERMID>]”
;

セキュリティ

 

表18 セキュリティ

ACT-USER:[<TID>]:<UID>:<CTAG>::<PID>;

NE とのセッションを始動します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<UID>:<LASTLOGINTIME>,<UNSUCCESSFULLOGINS>”
;

ALW-CONSOLE-PORT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ML シリーズ カードのコンソール ポートを有効にします。ONS 15600 SDH ではサポートされません。

ALW-MSG-SECU :[<TID>]::<CTAG>[::,,];

REPT EVT SECU および REPT ALM SECU 自律メッセージを有効にします。

ALW-USER-SECU :[<TID>]::<CTAG>::<UID>;

INH-USER-SECU コマンドにより無効となっていたユーザ ID を有効にして、ユーザが NE とのセッションを確立できるようにします。

CANC

セッション タイムアウト イベントの発生をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG CANC
“<UID>”
;

CANC-USER:[<TID>]:<USERID>:<CTAG>;

NE とのアクティブなセッションからユーザをログアウトします。

CANC-USER-SECU:[<TID>]:<UID>:<CTAG>;

コマンドで指定した UID と一致するユーザ ID を持つユーザの、NE 上のセッション(TL1、CTC など)をすべてログアウトします。

CLR-COND-SECU:[<TID>]::<CTAG>[::<SECUALMTYPE>];

指定の持続状態をクリアします。

DLT-USER-SECU:[<TID>]:<UID>:<CTAG>;

ユーザを削除します。スーパーユーザだけが実行できます。

ED-CMD-SECU :[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<CAP>;

特定のコマンドのコマンド セキュリティ レベルを編集します。

ED-PID:[<TID>]:<UID>:<CTAG>::<OLDPID>,<NEWPID>;

ユーザ自身によるパスワード変更を可能にします。

ED-PROTOCOL :[<TID>]:<PROTOCOLAID>:<CTAG>::<PROTOCOLSTAT>;

NE でサポートされるプロトコルとサービスを有効または無効にします。

ED-USER-SECU:[<TID>]:<UID>:<CTAG>::[<NEWUID>],[<NEWPID>],,[<UAP>][:];

ユーザの特権、パスワード、または ID を編集します。スーパーユーザだけが実行できます。

ENT-USER-SECU:[<TID>]:<UID>:<CTAG>::<PID>,,<UAP>[:];

ユーザ アカウントを追加します。スーパーユーザだけが実行できます。

INH-CONSOLE-PORT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ML シリーズ カードのコンソール ポートを無効にします。ONS 15600 SDH ではサポートされません。

INH-MSG-SECU:[<TID>]::<CTAG>;

REPT EVT SECU および REPT ALM SECU メッセージを禁止します。

INH-USER-SECU:[<TID>]::<CTAG>::<UID>;

ユーザ ID を無効にします(削除はしません)。無効になったユーザは NE にアクセスできなくなります。

REPT ALM SECU

NE に対するアラーム セキュリティ イベントの発生をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM SECU
“<AID>:<NOTIFCODE>,<SECUALMTYPE>”
;

REPT EVT SECU

NE に対するアラーム以外のセキュリティ イベントの発生をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT SECU
“<AID>:<DNFIELD>,[<CONDEFF>],,,,,,,:<SECURITY>:<DNFIELD1>”
;

REPT EVT SESSION

NE とのセッション確立に関連するアラーム以外のイベントをレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT SESSION
“<AID>:<EXP>,<PCN>”
“<WARN>”
;

RTRV-CMD-SECU :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

AID フィールドで指定したコマンドの現在のセキュリティ レベルを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<CAP>”
;

RTRV-CONSOLE-PORT :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

ML シリーズ カードのコンソール ポートのステータスを取得します。
ONS 15600 SDH ではサポートされません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<EQPT>:PORT=<PORT>”
;

RTRV-DFLT-SECU :[<TID>]:<AID>:<CTAG>;
いくつかのセキュリティ パラメータに関係するシステム全体のデフォルト値を取得します。
出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<NE>:PAGE=<PAGE>,PCND=<PCND>,MXINV=<MXINV>,DURAL=<DURAL>,
TMOUT=<TMOUT>,UOUT=<UOUT>,PFRCD=<PFRCD>,POLD=<POLD>,PINT=<PINT>,
LOGIN=<LOGIN>,[PRIVLVL=<PRIVLVL>],[PDIF=<PDIF>]”
;

RTRV-USER-SECU :[<TID>]:<UID>:<CTAG>;

指定したユーザまたは複数ユーザのセキュリティ情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<UID>:,<PRIVILEGE>:LOGGEDIN=<LOGGEDIN>,[NUMSESSIONS=<NUMSESS>],
[LOCKEDOUT=<LOCKEDOUT>],[DISABLED=<DISABLED>]”
;

SET-ATTR-SECUDFLT :[<TID>]::<CTAG>::[PAGE=<PAGE>],[PCND=<PCND>],
[MXINV=<MXINV>],[DURAL=<DURAL>],[TMOUT=<TMOUT>],[UOUT=<UOUT>],
[PFRCD=<PFRCD>],[POLD=<POLD>],[PINT=<PINT>],[LOGIN=<LOGIN>],
[PRIVLVL=<PRIVLVL>],[PDIF=<PDIF>];

いくつかのセキュリティ パラメータに関係するシステム全体のデフォルト値を設定します。

同期

 

表19 同期

ED-BITS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[LINECDE=<LINECDE>],[FMT=<FMT>],[LBO=<LBO>],
[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[AISTHRSHLD=<AISTHRSHLD>],[SABIT=<SABIT>],
[BITSFAC=<BITSFAC>],[ADMSSM=<ADMSSM>][:<PST>];

BITS 基準アトリビュートを編集します。

ED-NE-SYNCN:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>:::[TMMD=<TMMD>],[SSMGEN=<SSMGEN>],
[QRES=<QRES>],[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[SYSTMN=<SYSTMN>];

NE の同期アトリビュートを編集します。

ED-SYNCN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::[PRI=<PRI>],[SEC=<SEC>],[THIRD=<THIRD>][:];

NE の基準クロックおよび BITS 出力クロックのソースを決定するために使用する同期基準リストを編集します。

OPR-SYNCNSW :[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::<SWITCHTO>,[<SC>];

指定の基準が有効な場合は、同期基準番号で指定した基準への切り替えを開始します。

REPT ALM BITS

BITS ファシリティのアラーム状態をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM BITS
“<AID>:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,:[<DESC>]”
;

REPT ALM SYNCN

同期基準に対するアラーム状態をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM SYNCN
“<AID>:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,:[<DESC>],[<EQPTTYPE>]”
;

REPT EVT BITS

BITS ファシリティに対するアラーム以外のイベントの発生をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
** ATAG REPT ALM BITS
“<AID>:<CONDTYPE>,[<CONDEFF>],,,,,,,:[<DESC>]”
;

REPT EVT SYNCN

同期エンティティに対するアラーム以外のイベントの発生をレポートします。

出力形式

SID DATE TIME
A ATAG REPT EVT SYNCN
“<AID>:<CONDTYPE>,[<CONDEFF>],,,,,,,:[<DESC>],[<AIDDET>]”
;

RLS-SYNCNSW:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>;

OPR-SYNCNSW コマンドで前回設定された同期基準を解除します。

RTRV-ALM-BITS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDTYPE>],[<SRVEFF>][,,,]
;

BITS ファシリティに関係するアラーム状態の現在のステータスを取得して送信します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,:[<DESC>]”
;

RTRV-ALM-SYNCN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDTYPE>],
[<SRVEFF>][,,,];

同期ファシリティに関係するアラーム状態の現在のステータスを取得して送信します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,:[<DESC>]”
;

RTRV-BITS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

BITS 設定コマンドを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>::[LINECDE=<LINECDE>],[FMT=<FMT>],[LBO=<LBO>],[SYNCMSG=<SYNCMSG>],
[AISTHRSHLD=<AISTHRSHLD>],[SABIT=<SABIT>],[IMPEDANCE=<IMPEDANCE>],
[BITSFAC=<BITSFAC>],[ADMSSM=<ADMSSM>]:[<PST>]”
;

RTRV-COND-BITS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

BITS の持続状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,,[<DESC>]”
;

RTRV-COND-SYNCN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

同期状態を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],
[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,,[<DESC>]”
;

RTRV-NE-SYNCN:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>[::::];

NE の同期アトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[<AID>]::[TMMD=<TMMD>],[SSMGEN=<SSMGEN>],[QRES=<QRES>],

[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[SYSTMN=<SYSTMN>]”

;

RTRV-SYNCN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

NE の基準クロックおよび BITS 出力クロックのソースを決定するために使用する同期基準リストを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>:<REF>,<REFVAL>,[<QREF>],[<STATUS>],[<PROTECTSTATUS>]”
;

システム

 

表20 システム

ALW-MSG-ALL:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>[::,,];

REPT ALM および REPT EVT 自律メッセージの送信を可能にします。

DLT-ALMTYPE :[<TID>]::<CTAG>::<ALMTYPE>;

ユーザ定義アラーム タイプのみを削除します。

DLT-ROUTE:[<TID>]::<CTAG>::<DESTIP>;

スタティック ルートを削除します。

DLT-ROUTE-GRE :[<TID>]::<CTAG>:::IPADDR=<IPADDR>,IPMASK=<IPMASK>,
NSAP=<NSAP>;

Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)トンネルを削除します。

DLT-TADRMAP :[<TID>]::<CTAG>:::[TIDNAME=<TIDNAME>],[ADDRTYPE=<ADDRTYPE>];

TADRMAP テーブルのエントリを削除します。

DLT-TRAPTABLE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップ宛先エントリを削除します。ALL と入力するとテーブル全体を削除します。

DLT-TUNNEL-FIREWALL :[<TID>]::<CTAG>:::[SRCADDR=<SRCADDR>],
[SRCMASK=<SRCMASK>],[DESTADDR=<DESTADDR>],[DESTMASK=<DESTMASK>];

ファイアウォール トンネルを削除します。

DLT-TUNNEL-PROXY :[<TID>]::<CTAG>:::[SRCADDR=<SRCADDR>],
[SRCMASK=<SRCMASK>],[DESTADDR=<DESTADDR>],[DESTMASK=<DESTMASK>];

プロキシ トンネルを削除します。

ENT-ALMTYPE: [<TID>]::<CTAG>::<ALMTYPE>;

環境入力用にユーザ定義アラーム タイプをすぐに入力します。

ED-DAT:[<TID>]::<CTAG>::[<DATE>],[<TIME>];

日付と時刻を編集します。

ED-NE-GEN:[<TID>]::<CTAG>:::[NAME=<NAME>],[IPADDR=<IPADDR>],
[IPMASK=<IPMASK>],[DEFRTR=<DEFRTR>],[IIOPPORT=<IIOPPORT>],
[NTP=<NTP>],[ISPROXYSERVER=<ISPROXYSERVER>],[ISFIREWALL=<ISFIREWALL>],
[SUPPRESSIP=<SUPPRESSIP>],[MODE=<MODE>];

NE の汎用ノード アトリビュートを編集します。

ED-NE-PATH:[<TID>]::<CTAG>:::[PDIP=<PDIP>],[XCMODE=<XCMODE>];

NE 全体のパス関連のパラメータを編集します。

ED-TRAPTABLE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::COMMUNITY=<COMMUNITY>,
[TRAPPORT=<TRAPPORT>],[TRAPVER=<TRAPVER>];

指定のトラップ宛先アドレスで特定されるトラップ宛先エントリを変更します。

ENT-ROUTE :[<TID>]::<CTAG>::<DESTIP>,<IPMASK>,<NXTHOP>,<COST>;

スタティック ルートを作成します。

ENT-ROUTE-GRE :[<TID>]::<CTAG>:::IPADDR=<IPADDR>,IPMASK=<IPMASK>,
NSAP=<NSAP>,[COST=<COST>];

GRE トンネルを作成します。

ENT-TADRMAP :[<TID>]::<CTAG>:::[TIDNAME=<TIDNAME>],[IPADDR=<IPADDR>],
[PORT=<PORT>],[ENCODING=<ENCODING>],[NSAP=<NSAP>];

TADRAMP テーブルにエントリを作成して従属 NE の TID をそのアドレスにマップします。

ENT-TRAPTABLE :[<TID>]:<AID>:<CTAG>::COMMUNITY=<COMMUNITY>,
[TRAPPORT=<TRAPPORT>],[TRAPVER=<TRAPVER>];

SNMP トラップ宛先とその関連コミュニティ、UDP ポート、および SNMP バージョンをプロビジョニングします。

ENT-TUNNEL-FIREWALL :[<TID>]::<CTAG>:::[SRCADDR=<SRCADDR>],
[SRCMASK=<SRCMASK>],[DESTADDR=<DESTADDR>],[DESTMASK=<DESTMASK>];

ファイアウォール トンネルを作成します。

ENT-TUNNEL-PROXY :[<TID>]::<CTAG>:::[SRCADDR=<SRCADDR>],
[SRCMASK=<SRCMASK>],[DESTADDR=<DESTADDR>],[DESTMASK=<DESTMASK>];

プロキシ トンネルを作成します。

INH-MSG-ALL:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>[::,,];

REPT ALM および REPT EVT 自律メッセージの送信を禁止します。

INIT-SYS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<PH>,[<CMDMDE=CMDMODE>];

指定のカードとその関連サブシステムを初期化します。

RTRV-ALMTYPE :[<TID>]::<CTAG>;

すべてのシステムおよびユーザ定義アラーム タイプを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<TYPEOFALM>,<ALMTYPE>"
;

RTRV-HDR:[<TID>]::<CTAG>;

TL1 応答メッセージのヘッダーを取得します。

RTRV-INV:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

機器インベントリのリストを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<AID>,<AIDTYPE>::[PN=<PN>],[HWREV=<HWREV>],[FWREV=<FWREV>],[SN=<SN>],
[CLEI=<CLEI>],[TWL1=<TWL>],[PLUGINVENDORID=<PLUGINVENDORID>],
[PLUGINPN=<PLUGINPN>],[PLUGINHWREV=<PLUGINHWREV>],
[PLUGINFWREV=<PLUGINFWREV>],[PLUGINSN=<PLUGINSN>],
[ILOSSREF=<ILOSSREF>],[PID=<PID>],[VID=<VID>],[FPGA=<FPGA>],
[VENDORID=<VENDORID>]”

;

RTRV-NE-GEN:[<TID>]::<CTAG>;

一般的な NE アトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[IPADDR=<IPADDR>],[IPMASK=<IPMASK>],[DEFRTR=<DEFRTR>],
[IIOPPORT=<IIOPPORT>],[NTP=<NTP>],[ETHIPADDR=<ETHIPADDR>],
[ETHIPMASK=<ETHIPMASK>],[NAME=<NAME>],[SWVER=<SWVER>],[LOAD=<LOAD>],
[PROTSWVER=<PROTSWVER>],[PROTLOAD=<PROTLOAD>],[DEFDESC=<DEFDESC>],
[PLATFORM=<PLATFORM>],[SECUMODE=<SECUMODE>],[SUPPRESSIP=<SUPPRESSIP>]”
;

RTRV-NE-PATH:[<TID>]::<CTAG>[::::];

NE のパスレベルのアトリビュートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[PDIP=<PDIP>],[XCMODE=<XCMODE>]”
;

RTRV-NETYPE :[<TID>]::<CTAG>;

NE の機器関連の情報を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<VENDOR>,<MODEL>,<NETYPE>,<SW_ISSUE>”
;

RTRV-ROUTE :[<TID>]::<CTAG>::[<DESTIP>],[<IPMASK>],[<NXTHOP>],[<COST>];

スタティック ルートを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“,:<DESTIP>,<IPMASK>,<NXTHOP>,<COST>”
;

RTRV-ROUTE-GRE :[<TID>]::<CTAG>[::::];

既存の GRE トンネルを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“,:IPADDR=<IPADDR>,IPMASK=<IPMASK>,NSAP=<NSAP>,COST=<COST>”
;

RTRV-TADRMAP :[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>[:::MODE=<MODE>];

TADRMAP テーブルの内容を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[TID=<TID>],[IP ADDRESS =<IPADDRESS>],[NSAP=<NSAP>]”

;

RTRV-TOD:[<TID>]::<CTAG>;

コマンドを実行した時点のシステム日付と時刻を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<YEAR>,<MONTH>,<DAY>,<HOUR>,<MINUTE>,<SECOND>,
<DIFFERENCE>:<TMTYPE>”
;

RTRV-TRAPTABLE:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>;

トラップ宛先アドレスに基づいて、トラップ宛先エントリを取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<DEST>,<TRAPPORT>,<COMMUNITY>,<SNMPVERSION>”
;

RTRV-TUNNEL-FIREWALL :[<TID>]::<CTAG>;

ファイアウォール テーブルの内容を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[SRC ADDR=<SRCADDR>],[SRC MASK=<SRCMASK>],[DEST ADDR=<DESTADDR>],
[DEST MASK=<DESTMASK>]”
;

RTRV-TUNNEL-PROXY :[<TID>]::<CTAG>;

プロキシ テーブルの内容を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“[SRC ADDR=<SRCADDR>],[SRC MASK=<SRCMASK>],[DEST ADDR=<DESTADDR>],
[DEST MASK=<DESTMASK>]”
;

SET-TOD:[<TID>]::<CTAG>::<YEAR>,<MONTH>,<DAY>,<HOUR>,<MINUTE>,
<SECOND>,[<DIFFERENCE>][:DST=<DST>];

NE のシステム日付と時刻を設定します。

表21

F’AKFAKD;FKA;KFD

FADFJLADJFAJD

トラブルシューティングとテスト アクセス

 

表22 トラブルシューティングとテスト アクセス

CHG-ACCMD-<MOD_TACC>:[<TID>]:<TAP>:<CTAG>::<MD>;

テスト対象の回線のテスト アクセス モードを変更します。

CONN-TACC-<MOD_TACC>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<TAP>:MD=<MD>;

Test Access Point(TAP; テスト アクセス ポイント)番号で指定された VC に、AID で定義された VC または VTを接続します。
出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<TAP>”
;

DISC-TACC:[<TID>]:<TAP>:<CTAG>;

TAP を接続解除して、接続を元の状態に戻します。

OPR-LPBK-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<LOCATION>],,,[<LPBKTYPE>];

入出力(I/O)カードまたはクロス コネクト上の信号ループバックを実行します。

RLS-LPBK-<MOD2>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::[<LOCATION>],,,[<LPBKTYPE>];

I/O カードまたはクロス コネクト上の信号ループバックを解除します。

RTRV-PTHTRC-<PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::[<MSGTYPE>][:<LSTM>];

SDH NE に、SDH パス トレース メッセージの内容を取得するように指示します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<TRACMSG>”
;

RTRV-TACC:[<TID>]:<TAP>:<CTAG>;

TAP に関係する詳細を取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<TAP>:<TACC_AIDA>,<TACC_AIDB>,[<MD>],[<CROSSCONNECTID1>],
<AIDUNIONID>,<PATHWIDTH>”
;

VCAT

 

表23 VCAT

DLT-VCG:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[CMDMDE=<CMDMDE>][:];

Virtual Concatenated Group(VCG; 仮想連結グループ)オブジェクトを削除します。

ED-VCG:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::[TXCOUNT=<TXCOUNT>],[NAME=<NAME>];

VCG のアトリビュートを編集します。

ENT-VCG:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>:::TYPE=<TYPE>,TXCOUNT=<TXCOUNT>,
[CCT=<CCT>],[LCAS=<LCAS>],[BUFFERS=<BUFFERS>],[NAME=<NAME>];

VCG オブジェクトを作成します。

RTRV-VCG:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>[::::];

VCG にプロビジョニングしたアトリビュートをすべて取得します。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
“<SRC>::TYPE=<TYPE>,TXCOUNT=<TXCOUNT>,CCT=<CCT>,[LCAS=<LCAS>],
[BUFFERS=<BUFFERS>],[NAME=<NAME>]:<PST>”
;