Cisco ONS 15454 SDH and Cisco ONS 15600 SDH TL1 リファレンス ガイド Release 8.5
索引
Numerics
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Numerics

1 ウェイ クロスコネクト  2-39

1WAYPCA、PCA を参照

2 ウェイ クロスコネクト  2-37

2WAYPCA、PCA を参照

A

Access Identifier、AID を参照

AID  1-2

ATAG  1-3, 1-12

B

BRTU  2-7

C

COMPLD、コマンド完了の動作を参照

Correlation Tag、CTAG を参照

CTAG  1-2, 1-13

CTC

Test Access タブ  2-7

TL1 セッションの開始  2-2

CTC の Test Access タブ  2-7

Ctrl-F、キーボード ショートカットを参照

Ctrl-R、キーボード ショートカットを参照

D

DENY、コマンド完了の動作を参照

F

FTP ソフトウェア ダウンロード

APPLY  2-45

COPY-RFILE  2-44

REPT EVT FXFR  2-45

新しいソフトウェアのアクティブ化  2-49

新しいソフトウェアのダウンロード  2-46

開始、終了、処理済みのレポート  2-45

説明  2-44

ソフトウェアを元に戻す  2-45

フラッシュ  2-45

リモート  2-50

I

International Telecommunications Union、ITU を参照

ITU  1-1

M

Maintenance、セキュリティ レベルを参照

Man-Machine Language、MML を参照

MML  1-1

MS-SPRing、VC 回線の設定  2-32

O

Operations Support System、OSS を参照

OSS  2-28

P

PCA

1WAYPCA  2-42

2WAYPCA  2-42

クロスコネクトの取得  2-43

クロスコネクトのプロビジョニング  2-42

取得  2-43

余剰トラフィック  2-42

PM

PM スケジュールの管理  2-53

PM スケジュールの作成  2-52

PM レポートのスケジュール設定  2-52

オートマチック自律 PM  2-54

自律 PM レポートの受信  2-52

レポートのイネーブル化またはディセーブル化  2-53

PM レポートのスケジュール設定、PM を参照

Protection Channel Access、PCA を参照

Provisioning、セキュリティ レベルを参照

PRTL、コマンド完了の動作を参照

R

Remote Test Unit、RTU を参照

Retrieve、セキュリティ レベルを参照

RMON マネージド PM

DWDM カードについての注意事項

DWDM カードの OCH ポート  2-69

DWDM カードのクライアント ポート  2-69

PM データ レポートのための NE のスケジュール設定または変更  2-66

PM レジスタの初期化  2-66

RMON アラーム テーブルで定義されたスレッシュホールドの取得  2-65

RMON スレッシュホールドの作成、または削除による変更の NE へのレポート  2-67

RMON 統計のスレッシュホールド タイプの作成  2-63

RMON 統計のスレッシュホールド超過イベントの報告  2-66

RMON 統計レポート スケジュールの取得  2-67

RMON マネージド PM の取得  2-62

イーサネット統計および TCA 条件タイプ用に定義されている MONTYPE  2-67

自律モニタリング統計の報告  2-67

スレッシュホールド タイプの削除  2-64

列挙

SAMPLE_TYPE  2-68

STARTUP_TYPE  2-68

TMPER  2-67

RTU  2-7

S

SNCP

1 ウェイ クロスコネクト  2-32

2 ウェイ クロスコネクト  2-32

PPMN  2-32

VC 回線の設定  2-32

クロスコネクト  2-32

トポロジー  2-32

Superuser、セキュリティ レベルを参照

T

TACC

TACC モード  2-13

TACC モードの定義

LOOPE  2-22

LOOPF  2-23

MONE  2-18

MONEF  2-20

MONF  2-19

SPLTA  2-24

SPLTB  2-24

SPLTE  2-20

SPLTEF  2-22

SPLTF  2-21

TAP 情報の取得

RTRV-rr  2-14

RTRV-TACC  2-14

TAP の削除  2-15

TAP の作成および削除

ED-DS3I  2-10

ED-E1  2-9

ED-E3  2-10

ED-rr  2-9

ED-VC12  2-11

ED-VC3  2-11

ED-VC4n  2-10

TAP の接続  2-12

TAP の接続解除  2-15

Test Access 関連の用語  2-8

Test Access の設定  2-16

回線タイプでサポートされるモード  2-27

対応付けのない AID の TAP 接続

1 ウェイ回線  2-26

2 ウェイ回線  2-26

対応付けのない AID  2-26

モード  2-17

TAP  2-7

Target Identifier、TID を参照

TCA  2-62, 2-67

Telnet  2-3

Test Access Point、TAP を参照

Test Access 関連の用語、TACC を参照

Test Access、TACC を参照

TID  1-2, 1-13

TL1  1-1

TL1 ゲートウェイ

Cisco ONS 15454 SDH  2-29

Cisco ONS 15600 SDH  2-29

DCC  2-29

DCC TCP/IP  2-28

ENE  2-28

GNE  2-28

GNE セッション  2-28

INE  2-28

一意のノード名  2-30

ゲートウェイ ネットワーク エレメント トポロジー  2-28

コマンドの転送  2-31

実装  2-30

同時通信セッション  2-29

リソース プール  2-29

リモート ENE からの自律メッセージの受信  2-31

リモート ENE からのログアウト  2-31

リモート ENE へのログイン  2-31

TL1 セッションの開始

CTC  2-2

Telnet  2-3

クラフト インターフェイスによる(ONS 15454 SDH)  2-4

クラフト インターフェイスによる(ONS 15600 SDH)  2-5

TL1 通信の設定  2-2

Transaction Language 1、TL1 を参照

U

UID  1-2

User Identifier、UID を参照

Y

Y 字ケーブル保護グループのプロビジョニング  2-78

アラーム コード

クリティカル  1-3

非アラーム  1-3

マイナー  1-3

メジャー  1-3

引用符、記号を参照

エコー  3-47

エラー  3-1

エラー コード順の一覧  3-1

エンドポイント ネットワーク エレメント、TL1 ゲートウェイ、ENE を参照

オートマチック自律パフォーマンス モニタリング レポート、PM を参照

回線のテスト  2-7

かぎカッコ、記号を参照

角カッコ、記号を参照

下限スレッシュホールド  2-62

キーボード ショートカット

Ctrl-F  1-7

Ctrl-R  1-7

記号  1-2

クリティカル アラーム、アラーム コードを参照

ゲートウェイ ネットワーク エレメント、TL1 ゲートウェイ、GNE を参照

ゲートウェイ、TL1 ゲートウェイを参照

コマンド完了の動作

COMPLD  1-4

DENY  1-4

PRTL  1-4

一般的なルール

AID の暗黙的リスト ― 1 つの AID とワイルドカード  1-4

AID の明示的リスト ― ワイルドカードなし  1-4

明示的リストと暗黙的リストのグループ化  1-4

クロスコネクトの取得

AID の暗黙的リスト ― 1 つの AID とワイルドカード  1-5

AID の明示的リスト ― ワイルドカードなし  1-5

明示的リストと暗黙的リストのグループ化  1-6

コマンド構文  1-2

混合モード タイミング  1-7

自動プロビジョニング、フレーミング タイプ  2-70

上限スレッシュホールド  2-62

自律メッセージ タグ、ATAG を参照

スレッシュホールド超過アラート、TCA を参照

セキュリティ デフォルト タイムアウト  1-6

セキュリティ レベル

Maintenance  1-6

Provisioning  1-6

Retrieve  1-6

Superuser  1-6

説明  1-6

セキュリティ、ユーザ レベル  1-6

セッション

CTC  2-2

Telnet  2-3

クラフト インターフェイス ONS 15454 SDH  2-4

クラフト インターフェイス ONS 15600 SDH  2-5

説明  2-2

ソフトウェアのダウンロード、FTP ソフトウェアのダウンロードを参照

タイミング、混合モード  1-7

中間ネットワーク エレメント、TL1 ゲートウェイ、INE を参照

デフォルト値

MS-SPRing  1-8

SDH 回線保護  1-10

VC パス  1-11

環境  1-8

機器  1-9

クロスコネクト  1-8

テスト  1-12

同期  1-11

パフォーマンス  1-9

ポート  1-10

トランスポンダおよびマックスポンダ カードのプロビジョニングに関するルール

ALS  2-79

DCC/GCC  2-74

ITU-T G.709 OTN、FEC、および OTN SDBER/SFBER  2-75

PM およびアラーム スレッシュホールド  2-77

PPM  2-70

SDH 関連  2-80

STM ペイロード  2-71

Trail Trace Identification(TTI)  2-77

Y 字ケーブル保護グループ  2-78

オーバーヘッド回線  2-80

終端モード  2-73

スプリッタ保護グループ  2-78

セクション トレース(J0)  2-76

同期  2-75

ハードウェアの制約  2-81

波長  2-73

ペイロード  2-70

ポート ステート モデル  2-79

リジェネレーション グループ  2-74

ループバック  2-79

パラメータの説明

ATAG  1-12

CTAG  1-13

TID  1-13

注意事項  1-13

非アラーム メッセージ、アラーム コードを参照

ファイル転送プロトコル、FTP ソフトウェア ダウンロードを参照

ブリッジ アンド ロール

1 ウェイ回線のシングル ロールおよびデュアル ロール手順  2-58

2 ウェイ回線のシングル ロールおよびデュアル ロール手順  2-57

VCAT に関する制約事項  2-56

回線レベルのロール  2-54

共通ファイバ ルーテッド VCAT に関する制約  2-56

コマンド  2-56

サポートされる保護ロール  2-61

自動モード  2-54

手動モード  2-54

制約事項  2-55

説明  2-54

パス レベルのロール  2-54

バルク ロール  2-54

保護ロールの手順  2-60

ポート番号、3083、2361、3082  2-3

マナー アラーム、アラーム コードを参照

メジャー アラーム、アラーム コードを参照

モニタ回線  2-7

リモートへのソフトウェア ダウンロード  2-50

リングのプロビジョニング

1 ウェイ ドロップ アンド コンティニュー  2-39

2 ファイバ MS-SPRing から 2 ファイバ MS-SPRing への接続  2-37

2 ファイバ MS-SPRing から 4 ファイバ MS-SPRing への接続  2-37

2 ファイバ MS-SPRing から SNCP への接続  2-36

MS-SPRing  2-32

SNCP  2-32

SNCP から 2 ファイバ MS-SPRing への接続  2-35

SNCP から 4 ファイバ MS-SPRing への接続  2-38

SNCP から SNCP への接続  2-34

SNCP クロスコネクト  2-32

SNCP トポロジー  2-32

宛先ノード  2-41

セレクタ  2-34

送信元ノード  2-41

ドロップ アンド コンティニュー ノード  2-41

ブリッジ  2-34

リング間の相互接続  2-33

ログイン  2-2