Cisco ONS 15454 SDH and Cisco ONS 15600 SDH TL1 リファレンス ガイド Release 8.5
TL1 エラー
TL1 エラー
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

TL1 エラー

TL1 エラー

この章では、Cisco ONS 15454 SDH および ONS 15600 SDH でサポートされる TL1 エラーに関する情報を示します。アラーム情報については、プラットフォーム固有の手順ガイド、トラブルシューティング ガイド、およびリファレンス マニュアルを参照してください。

3.1 エラー

エラーはコマンドまたはコマンド応答メッセージで生成される場合があります。 表3-1 表3-65 に、エラー コードのアルファベット順にエラーを示します。エラー メッセージの形式は次のとおりです。

SID DATE TIME
M CTAG DENY
<ERRCDE>
/* <ERRMSG> */
;

 

表3-1 ENEQ エラー

ENEQ エラー メッセージ

At Least One Equipment Is Not Plugged(最低 1 つの機器が接続されていません。)

Communication Failed(通信が失敗しました。)

Control Not Provisioned(制御がプロビジョニングされていません。)

Cost Not Found(コストが見つかりません。)

EnvControl IF Is Not Found(EnvControl IF が見つかりません。)

Environmental Control Interface Not Found(環境制御インターフェイスが見つかりません。)

Equipment Is Deleted(機器が削除されました。)

Equipment Must Be Present(機器が存在する必要があります。)

Equipment Not Found(機器が見つかりません。)

Equipment Not Present(機器が存在しません。)

Equipment Not Provisioned(機器がプロビジョニングされていません。)

IP Address Not Found(IP アドレスが見つかりません。)

IP Mask Not Found(IP マスクが見つかりません。)

Internal Communication Error(内部通信エラー)

Next Hop Not Found(ネクスト ホップが見つかりません。)

No standby present(スタンバイが存在しません。)

No standby provisioned(スタンバイがプロビジョニングされていません。)

Not Equipped(装備されていません。)

Sensor IF Is Not Found(センサ IF が見つかりません。)

Sensor Interface Not Found(センサ インターフェイスが見つかりません。)

Standby not in valid state, please wait(スタンバイが有効な状態ではありません。お待ちください。)

TID Not Found(TID が見つかりません。)

 

表3-2 IBEX エラー

IBEX エラー メッセージ

Extra Datablock(データブロックが余剰です。)

Extra parameters(パラメータが余剰です。)

Invalid AID Block.(AID ブロックが無効です。)Extra Datablock(データブロックが余剰です。)

Invalid Payload Block.(ペイロード ブロックが無効です。)Extra Datablock(データブロックが余剰です。)

 

表3-3 ICNV エラー

ICNV エラー メッセージ

AIS on LOF Not Supported(LOF 時の AIS はサポートされません。)

AISV on AIS Not Supported(AIS 時の AISV はサポートされません。)

Admin SSM Not Supported(Admin SSM がサポートされません。)

Cannot Change Threshold Values On Protect Card(保護ポートのスレッシュホールド値を変更できません。)

Cannot Set DCC When G709 Is Enabled(G709 がイネーブルの場合、DCC を設定できません。)

Cannot set Timer value if FTP server is not enabled(FTP サーバがイネーブルになっていない場合、タイマー値を設定できません。)

Cross Connect Not Supported By XC Mode(XC モードではクロスコネクトはサポートされません。)

Equipment Does Not Match Request(機器が要求と一致しません。)

Equipment In Use(機器は使用中です。)

Impedance Not Supported With Current Configuration(現在の設定でインピーダンスはサポートされません。)

Inhfelpbk Not Supported(Inhfelpbk はサポートされません。)

Invalid Command(コマンドが無効です。)

Invalid VLAN Remapping(VLAN リマップが無効です。)

Operation Not Supported By This Card(このカードで動作がサポートされません。)

Operation Not Supported On This Shelf(このシェルフで動作がサポートされません。)

PDIP Generation Not Supported(PDIP の生成はサポートされません。)

PDIP Not Supported(PDIP はサポートされません。)

PM Threshold Type Not Supported(PM スレッシュホールド タイプがサポートされません。)

PM Type Not Supported(PM タイプがサポートされません。)

Payload Does Not Match Request(ペイロードが要求と一致しません。)

Performance Monitoring Type Not Supported(PM タイプがサポートされません。)

SaBit Not Supported With Current Configuration(現在の設定で SaBit がサポートされません。)

Senddus Not Supported(Senddus はサポートされません。)

Syncmap Not Supported(Syncmap はサポートされません。)

Syncmsg Not Supported(Syncmsg はサポートされません。)

Threshold Type Not Supported(スレッシュホールド タイプがサポートされません。)

Trace Not Supported On Protect Trunk Port(保護トランク ポートでトレースがサポートされません。)

Unidirectional Not Supported(単一方向はサポートされません。)

VT Map Not Supported(VT マップはサポートされません。)

XC MODE Not Supported(XC MODE はサポートされません。)

 

表3-4 IDMS エラー

IDMS エラー メッセージ

Data Missing(データがありません。)

Loopback Type Missing(ループバック タイプがありません。)

Missing Internal Data(内部データがありません。)

 

表3-5 IDNC エラー

IDNC エラー メッセージ

Invalid Data(データが無効です。)

Invalid PST Value(PST 値が無効です。)

Invalid SST Value(SST 値が無効です。)

PRI source cannot be INTERNAL when SEC source is not INTERNAL(SEC 送信元が INTERNAL でない場合、PRI 送信元を INTERNAL にできません。)

PRI source cannot be INTERNAL when THIRD is not INTERNAL(THIRD が INTERNAL でない場合、PRI 送信元を INTERNAL にできません。)

Primary Source Cannot Be INTERNAL When Secondary Source Is Not INTERNAL(セカンダリ送信元が INTERNAL でない場合、プライマリ送信元を INTERNAL にできません。)

Primary Source Cannot Be INTERNAL When Third Source Is Not INTERNAL(サード送信元が INTERNAL でない場合、プライマリ送信元を INTERNAL にできません。)

Primary Source Cannot Be NONE When Secondary Source Is Not NONE(セカンダリ送信元が NONE でない場合、プライマリ送信元を NONE にできません。)

Primary Source Cannot Be NONE When Third Source Is Not NONE(サード送信元が NONE でない場合、プライマリ送信元を NONE にできません。)

SEC source cannot be INTERNAL when THIRD is not INTERNAL(THIRD が INTERNAL でない場合、SEC 送信元を INTERNAL にできません。)

SSM not supported on SDH(SDH では SSM はサポートされません。)

Secondary Source Cannot Be INTERNAL When Third Source Is Not INTERNAL(サード送信元が INTERNAL でない場合、セカンダリ送信元を INTERNAL にできません。)

Secondary Source Cannot Be NONE When Third Source Is Not NONE(サード送信元が NONE でない場合、セカンダリ送信元を NONE にできません。)

Third source must be INTERNAL(サード送信元は INTERNAL でなければなりません。)

 

表3-6 IDNV エラー

IDNV エラー メッセージ

2F-MSSPR Architecture Does Not Permit Manual/Forced Span Switching(2F-MSSPR アーキテクチャでは手動/強制スパン スイッチングは認められません。)

ADM Peer Group Name Exceeds Maximum Length(ADM ピア グループ名が最大長を超えています。)

AIS On Terminal Loopback Not Supported(端末ループバックでの AIS は認められません。)

AISONLPBK Not Supported(AISONLPBK はサポートされません。)

AMPLMODE Not Supported(AMPLMODE はサポートされません。)

AUTO ALS Mode Not Allowed With Digital Wrapper Disabled(デジタル ラッパーがディセーブルの場合、AUTO ALS モードは認められません。)

AUTO Trace Mode Not Allowed(AUTO トレースモードは認められません。)

Alarm Message Must Be Enclosed Within a Pair of Quotes(アラーム メッセージは引用符で囲む必要があります。)

Alarm Message Required for MISC(MISC のアラーム メッセージが必要です。)

Alarm Type Exceeds Maximum Length Allowed(アラーム タイプが最大長を超えています。)

At least an XC10G XC card is needed for this equipment type(この機器タイプには最低 1 つの XC10G XC カードが必要です。)

BERT Diagnostics Limited To VT Cross connections(BERT 診断は VT クロスコネクトに限られています。)

CALOPWR Not Supported(CALOPWR はサポートされません。)

CALTILT Not Supported(CALTILT はサポートされません。)

CHPOWER Not Supported(CHPOWER はサポートされません。)

CKTID Exceeds Maximum Length(CKTID が最大長を超えています。)

CMDMDE Only Applicable when Creating/Deleting Protection Group(CMDMDE は保護グループを作成/削除する場合のみ適用可能です。)

Calibration Power Not Allowed(キャリブレーション パワーは認められません。)

Cannot Access DCC(DCC にアクセスできません。)

Cannot Change Protection Type(保護タイプを変更できません。)

Cannot Change XC Mode(XC モードを変更できません。)

Cannot Delete Dynamic TDC Entry(動的な TDC エントリを削除できません。)

Cannot Edit NAME When ADM Peer Group Not Present(ADM ピア グループが存在しない場合、NAME を編集できません。)

Cannot Edit NAME When Regeneration Group Not Present(リジェネレーション グループが存在しない場合、NAME を編集できません。)

Cannot Modify Circuit Size While Active Equipment(機器がアクティブのとき回線サイズを変更できません。)

Cannot turn off proxy server or firewall while in secure mode(セキュア モードの間、プロキシ サーバ、またはファイアウォールをオフにできません。)

Card Does Not Support Synchronization/Timing Parameters(カードは同期/タイミング パラメータをサポートしません。)

Card Mode Incompatible With Configured Payload Type(カード モードが、設定されたペイロード タイプと不適合です。)

Command Not Valid On Protect Card(コマンドが保護カードに対して無効です。)

Configuration Does Not Support AUTO ALS Mode(設定で AUTO ALS モードはサポートされません。)

Current Interval Not Supported For RMON PMs(現在のインターバルが RMON PM でサポートされていません。)

DCC Not Supported In Transparent Term Mode(Transparent 終端モードで DCC はサポートされません。)

DCC is in used(DCC が使用中です。)

DS1 Mode Not Supported(DS1 モードはサポートされません。)

Data Rate Already Provisioned(データ レートがすでにプロビジョニングされています。)

Data Rate Already Provisioned(データ レートがすでにプロビジョニングされています。)

Description Too Long(注釈が長すぎます。)

Description cannot be more than 32 characters(注釈は 32 文字以内にする必要があります。)

Distance Extension Not Enabled(距離延長がイネーブルではありません。)

EXPGAIN Parameter Not Supported By Amplifier Facility(増幅器ファシリティでは EXPGAIN パラメータはサポートされません。)

Edit FMT on an Invalid Card(無効なカードの FMT を編集しています。)

Edit FMT with an Invalid Data(無効なデータを使用して FMT を編集しています。)

Edit Line Code Failed(回線コードの編集が失敗しました。)

Edit Line Code on an Invalid Card(無効なカードの回線コードを編集しています。)

Equipment Does Not Support ADM Peer Group(機器は ADM ピア グループをサポートしません。)

Equipment Does Not Support EXPWLEN(機器は EXPWLEN をサポートしません。)

Equipment Does Not Support FCS(機器は FCS をサポートしません。)

Equipment Does Not Support Fast Ring Protection Role(機器は Fast Ring Protection Role をサポートしません。)

Equipment Does Not Support Fast Ring Protection State(機器は Fast Ring Protection State をサポートしません。)

Equipment Does Not Support PROTID(機器は PROTID をサポートしません。)

Equipment Does Not Support PRTYPE(機器は PRTYPE をサポートしません。)

Equipment Does Not Support Payload Type(機器はペイロード タイプをサポートしません。)

Equipment Does Not Support RDIRN(機器は RDIRN をサポートしません。)

Equipment Does Not Support RVRTV(機器は RVRTV をサポートしません。)

Equipment Does Not Support RVTM(機器は RVTM をサポートしません。)

Equipment Does Not Support Regeneration Group(機器はリジェネレーション グループをサポートしません。)

Equipment Does Not Support SUPERBLKS(機器は SUPERBLKS をサポートしません。)

Equipment Incompatible For Regeneration Group(機器がリジェネレーション グループに不適合です。)

Flow Control Value Not Supported(フロー制御値がサポートされません。)

Frame Format Contains Invalid Data(フレーム フォーマットに無効なデータが含まれています。)

Frame Format Not Supported On Equipment(フレーム フォーマットが機器でサポートされません。)

GCC Not Supported On CLNT Port(CLNT ポートで GCC がサポートされません。)

GFP Buffer Out Of Range(GFP バッファが範囲外です。)

High Threshold Should Be Lower Than Extreme High(High スレッシュホールドは Extreme High より小さくする必要があります。)

Incompatible Equipment Type For Protection(機器タイプが保護に不適合です。)

Incompatible Equipment Type(機器タイプが不適合です。)

Incompatible New Equipment Type(新しい機器タイプが不適合です。)

Incompatible Protect Slot For Protection(保護スロットが保護に不適合です。)

Input, Data Not Valid(入力データが無効です。)

Interval Out Of Range(インターバルが範囲外です。)

Invalid AID For PCA Cross-Connection(PCA クロスコネクトに対して AID が無効です。)

Invalid Alarm Message(アラーム メッセージが無効です。)

Invalid Buffer Type(バッファ タイプが無効です。)

Invalid Card Mode For Equipment Type(機器タイプに対してカード モードが無効です。)

Invalid Committed Rate(認定レートが無効です。)

Invalid Community(コミュニティが無効です。)

Invalid Data For 2F-MSSPR(2F-MSSPR に対してデータが無効です。)

Invalid Data Rate(データ レートが無効です。)

Invalid Data Rate(データ レートが無効です。)

Invalid Drop Path(ドロップ パスが無効です。)

Invalid Enable Value(イネーブル値が無効です。)

Invalid Equipment Type(機器タイプが無効です。)

Invalid Ethernet Frame Size(イーサネット フレーム サイズが無効です。)

Invalid Expected Path Trace Message(要求したパス トレース メッセージが無効です。)

Invalid Fast Ring Protection Role(Fast Ring Protection Role が無効です。)

Invalid Fast Ring Protection State(Fast Ring Protection State が無効です。)

Invalid Holdoff Timer Value(ホールドオフ タイマー値が無効です。)

Invalid Interval(インターバルが無効です。)

Invalid Log Name(ログ名が無効です。)

Invalid MONLEV Value(MONLEV 値が無効です。)

Invalid MONTYPE Value(MONTYPE 値が無効です。)

Invalid MTU Size(MTU サイズが無効です。)

Invalid Mac Address(MAC アドレスが無効です。)

Invalid NI Mode(NI モードが無効です。)

Invalid Next Hop(ネクスト ホップが無効です。)

Invalid Notification Code(通知コードが無効です。)

Invalid PM Interval(PM インターバルが無効です。)

Invalid PPM Port(PPM ポートが無効です。)

Invalid Port Number(ポート番号が無効です。)

Invalid Protect Group Identifier(保護グループ ID が無効です。)

Invalid Protid(Protid が無効です。)

Invalid QNQ Mode(QNQ モードが無効です。)

Invalid Recovery Pulse Width(リカバリ パルス幅が無効です。)

Invalid Reference(参照が無効です。)

Invalid Regeneration Group AID(リジェネレーション グループ AID が無効です。)

Invalid Regeneration Group Configuration(リジェネレーション グループの設定が無効です。)

Invalid Report Interval(レポート インターバルが無効です。)

Invalid Start Time(開始時刻が無効です。)

Invalid Static Route Destination(スタティック ルートの宛先が無効です。)

Invalid Switch Command(スイッチ コマンドが無効です。)

Invalid Switch Type For MSSPR(スイッチ タイプが MSSPR に対して無効です。)

Invalid TAP Number(TAP 番号が無効です。)

Invalid TXCOUNT Or RXCOUNT(TXCOUNT または RXCOUNT が無効です。)

Invalid TXCOUNT Or RXCOUNT(TXCOUNT または RXCOUNT が無効です。)

Invalid TXCOUNT(TXCOUNT が無効です。)

Invalid Threshold Value Ordering(スレッシュホールド値の順序が無効です。)

Invalid Time Offset(タイム オフセットが無効です。)

Invalid Timer Value(タイマー値が無効です。)

Invalid Trace Level(トレース レベルが無効です。)

Invalid User Name(ユーザ名が無効です。)

Invalid VCAT Group Name(VCAT グループ名が無効です。)

Invalid area id, format is nnn.nnn.nnn.nnn(エリア ID が無効です。形式は nnn.nnn.nnn.nnn です。)

J0 Section Trace Not Supported In Transparent Term Mode(Transparent 終端モードでは J0 セクション トレースはサポートされません。)

Keyword All Not Allowed(キーワード ALL は認められません。)

Line Code Not Supported(回線コードがサポートされません。)

Link Credit Out Of Range(リンク クレジットが範囲外です。)

Link Recovery And Distance Extension are Mutually Exclusive(リンク リカバリと距離延長は相互に排他的です。)

Low Threshold Should Be Greater Than Extreme Low(Low スレッシュホールドは Extreme Low より大きくする必要があります。)。

MAN TRCMODE Not Allowed with NULL EXPTRC(NULL EXPTRC では MAN TRCMODE は認められません。)

Maximum Number Of Protected VLAN Reached(保護 VLAN の最大数に達しました。)

Maximum Number Of Routes Reached(ルートの最大数に達しました。)

Maximum Number Of VLAN Reached(VLAN の最大数に達しました。)

Multiple AIDs Not Allowed(複数の AID は認められません。)

Multiple PROTID Not valid(複数の PROTID は無効です。)

Multiple Protection Group Card Slot Identifiers Not Allowed(複数の保護グループ カード スロット ID は認められません。)

Multiple References Not Allowed(複数の参照は認められません。)

Must Provide PROTID for Adding Working Modules(現用モジュールを追加するための PROTID を提供する必要があります。)

NEWSHELFID Required When Changing SHELFROLE To SC(SHELFROLE から SC への変更時には NEWSHELFID が必要です。)

Next Hop Conflicts Default Router(ネクスト ホップがデフォルト ルータと矛盾しています。)

Node Has Default GRE Tunnel(ノードにデフォルトの GRE トンネルがあります。)

Null Userid Or Range In Userid List Not Allowed(ヌルのユーザ ID またはユーザ ID リスト内の範囲は認められません。)

Number Of Reports Is Negative(レポート数が負です。)

OSRI Not Supported(OSRI はサポートされません。)

Only One Trunk Required For Card Mode(カード モードに必要なトランクは 1 つだけです。)

PPM Does Not Exist(PPM が存在しません。)

PPM Type Parameter Not Supported By This Card(このカードでは PPM タイプ パラメータはサポートされません。)

PRIVLVL Not Allowed When PAGE = 0(PAGE = 0 のとき PRIVLVL は認められません。)

PRIVLVL Not Allowed Without PAGE, PCND, or TMOUT(PAGE、PCND、または TMOUT のない PRIVLVL は認められません。)

PRIVLVL Required With PAGE, PCND, Or TMOUT(PRIVLVL には PAGE、PCND、または TMOUT が必要です。)

Parameter Not Supported By Payload Type(ペイロード タイプでパラメータがサポートされません。)

Parameter Not Supported By This Optical Node Type(この光ノード タイプでパラメータがサポートされません。)

Parameter Not Supported On Protect Trunk Port(保護トランク ポートでパラメータがサポートされません。)

Parameter Not Supported On Protect Trunk Port(保護トランク ポートでパラメータがサポートされません。)

Parameter Not Supported On Protect Trunk Port(保護トランク ポートでパラメータがサポートされません。)

Payload Mapping Type Incompatible With G.709 Settings(ペイロードのマッピング タイプが G.709 の設定に不適合です。)

Payload Type Does Not Support AUTO ALS Mode(ペイロード タイプが AUTO ALS モードをサポートしません。)

Payload Type Does Not Support DCC(ペイロード タイプが DCC をサポートしません。)

Payload Type Does Not Support unlocked-automaticInservice State(ペイロード タイプが unlocked-automaticInservice ステートをサポートしません。)

Payload Type Does Not Support OTN/FEC(ペイロード タイプが OTN/FEC をサポートしません。)

Payload Type Not Supported(ペイロード タイプがサポートされません。)

Peer Card Not Present(ピア カードが存在しません。)

Peerid Must Be Different From Aid(ピア ID は AID と異なる必要があります。)

Port Name Exceeds Maximum Length(ポート名が最大長を超えています。)

Port Unsupported in Card Mode(ポートがカード モードでサポートされません。)

Power Setpoint Adjust Failed(パワー セットポイントの調整が失敗しました。)

Protect Card Does Not Support Protection Type(保護カードが保護タイプをサポートしません。)

Protect Slot Not Provisioned(保護スロットがプロビジョニングされていません。)

Protection Group Card Slot Identifier Field Required(保護グループのカード スロット ID フィールドが必要です。)

Protection Group Does Not Exist(保護グループが存在しません。)

Protection Group Name Cannot Be Null(保護グループ名はヌルにできません。)

Protection Group Name Exceeds Maximum Length(保護グループ名が最大長を超えています。)

QNQ Entry Not Provisioned(QNQ エントリはプロビジョニングされません。)

REFTILT Not Supported(REFTILT はサポートされません。)

RMON Threshold Not Supported(RMON スレッシュホールドがサポートされません。)

Rate Capacity Exceeded(レート容量を超過しています。)

Regeneration Group Name Exceeds Maximum Length(リジェネレーション グループ名が最大長を超えています。)

Requested CRSTYPE Not Supported(要求した CRSTYPE がサポートされません。)

Retime Not Supported(時刻変更がサポートされません。)

Ring Lockout MSSPR Switching Is Not Supported(リング ロックアウト MSSPR スイッチングがサポートされません。)

SDCC is in use(SDCC は使用中です。)

(NEWSHELFID で SHELFROLE フィールドは SC でなければなりません。)

Shelf Role Invalid For Equipment Type(シェルフ ロールが機器タイプに対して無効です。)

Span Lockout of Working on MSSPR Switching Is Not Supported(現用 MSSPR スイッチングのスパン ロックアウトがサポートされません。)

Squelch Not Allowed With Current Setting(現在の設定では Squelch は認められません。)

Static Route Cannot Be 255.255.255.255(スタティック ルートを 255.255.255.255 にすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Class A Broadcast Address(スタティック ルートをクラス A ブロードキャスト アドレスと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Class B Broadcast Address(スタティック ルートをクラス B ブロードキャスト アドレスと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Class C Broadcast Address(スタティック ルートをクラス C ブロードキャスト アドレスと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Default Router Mask(スタティック ルートをデフォルトのルータ マスクと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Internal Network(スタティック ルートを内部ネットワークと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Node Broadcast Address(スタティック ルートをノードのブロードキャスト アドレスと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Node IP(スタティック ルートをノード IP と同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Node Subnet(スタティック ルートをノード サブネットと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot Be Same As Old Class E Address(スタティック ルートを旧クラス E アドレスと同じにすることはできません。)

Static Route Cannot be Same As Local Net(スタティック ルートをローカル ネットと同じにすることはできません。)

Switch Type Is Not Allowed On 1+1(スイッチ タイプが 1+1 で認められません。)

TID Name Exceeds Maximum Length(TID 名が最大長を超えています。)

TMPER Type Not Supported(TIMER タイプがサポートされていません。)

Tap Out Of Range(TAP が範囲外です。)

Term Mode Does Not Support Synchronization/Timing Parameters(同期/タイミング パラメータが終端モードでサポートされません。)

Threshold Increment Invalid(スレッシュホールドの増分が無効です。)

Threshold Value Out Of Range(スレッシュホールド値が範囲外です。)

Trace Level Not Supported By Client Port(トレース レベルがクライアント ポートでサポートされません。)

Trace Level Required(トレース レベルが必要です。)

Trace Not Supported In Transparent Term Mode(Transparent 終端モードでトレースはサポートされません。)

Transmitted Path Trace Message not supported(送信されたパス トレース メッセージはサポートされません。)

Transport Mode Invalid For Equipment Type(トランスポート モードが機器タイプに対して無効です。)

Unsupported Or Incompatible Termination Mode(終端モードがサポートされないか不適合です。)

Unsupported Protection Option(保護オプションはサポートされません。)

VLAN Name Exceeds Maximum Length(VLAN 名が最大長を超えています。)

VLAN Out Of Range(VLAN が範囲外です。)

VOA Not Supported(VOA はサポートされません。)

VOA Out Of Range(VOA が範囲外です。)

Value Or Threshold Read Only(値またはスレッシュホールドは読み取り専用です。)

 

表3-7 IDRG エラー

IDRG エラー メッセージ

DST Not Supported For The Time Zone(DST はタイム ゾーンでサポートされません。)

Difference Value Range Error(差分値の範囲エラー)

Invalid DURAL Value(DURAL 値が無効です。)

Invalid GFPBUF Value(GFPBUF 値が無効です。)

Invalid MXINV Value(MXINV 値が無効です。)

Invalid MXINV or DURAL Value(MXINV または DURAL 値が無効です。)

Invalid PAGE Value(PAGE 値が無効です。)

Invalid PAGE or PCND Value(PAGE または PCND 値が無効です。)

Invalid PCND Value(PCND 値が無効です。)

Invalid PDIF Value(PDIF 値が無効です。)

Invalid PINT Value(PINT 値が無効です。)

Invalid PJMON Value(PJMON 値が無効です。)

Invalid POLD Value(POLD 値が無効です。)

Invalid TMOUT Value(TMOUT 値が無効です。)

Invalid Threshold Value(スレッシュホールド値が無効です。)

Invalid Time Zone(タイム ゾーンが無効です。)

Invalid Trap Destination(トラップ宛先が無効です。)

Invalid Trap Port(トラップ ポートが無効です。)

Invalid UOUT Value(UOUT 値が無効です。)

Invalid Watermark Value(ウォーターマーク値が無効です。)

PJMON Out Of Range(PJMON が範囲外です。)

 

表3-8 IIAC エラー

IIAC エラー メッセージ

AID Does Not Match with Requested MSSPR Path Type(AID が要求された MSSPR パス タイプと一致しません。)

AID PARSE ERROR(AID の解析エラー)

ALL AID Not Allowed(ALL AID は認められません。)

ALL, Ranging and Grouping Are Not Supported for Hard Reset(ALL、範囲指定、およびグループ化はハード リセットでサポートされません。)

ALL, Ranging and Grouping Are Not Supported(ALL、範囲指定、およびグループ化はサポートされません。)

Aid validation failed(AID の検証に失敗しました。)

BERT Diagnostic Cross connection Source Must Equal Destination(BERT 診断のクロスコネクトの送信元は宛先と同じでなければなりません。)

MSSPR East and West On Same Slot Not Allowed(同じスロットで MSSPR イーストとウェストの動作は認められません。)

MSSPR Time Slot Mismatch(MSSPR タイム スロットが一致しません。)

Bad Ring Id(リング ID が不正です。)

CCT=1WAY Not Allowed For The Card(CCT=1WAY はカードで認められません。)

Can Not Create Schedule On Protect Card(保護カードにスケジュールを作成できません。)

Cannot Access One Plus One Protect Line(1+1 保護回線にアクセスできません。)

Cannot Make Changes To Protect Card(保護カードに変更を行えません。)

Cross-Connection Cannot Overlap PCA Boundary(クロスコネクトは PCA 境界と重複できません。)

Cross-Connection Cannot Use GIGE Ports When In Transponder Mode(クロスコネクトはトランスポンダ モードでは GIGE ポートを使用できません。)

Cross-connection PathWidth Not Supported by Card(クロスコネクトのパス幅がカードでサポートされません。)

DS1 Out of Range(DS1 が範囲外です。)

EQPT Prot AID parse failed(EQPT 保護 AID の解析が失敗しました。)

Equipment Can Not Be Provisioned On Low Speed Slot(機器は低速スロットでプロビジョニングできません。)

Equipment Does Not Match Request(機器が要求と一致しません。)

Equipment Does Not Support This Type Of Cross-connection(機器がこのタイプのクロスコネクトをサポートしません。)

Expected Trace Not Supported On This Card Type(要求したトレースはこのカード タイプでサポートされません。)

Expected Trace String Exceeds Max Length (62)(要求したトレース文字列が最大長 [62] を超えています。)

Expected Trace String Exceeds Maximum Length(要求したトレース文字列が最大長を超えています。)

FAC parse failed(FAC の解析が失敗しました。)

Incoming Trace Not Supported On This Card Type(着信トレースはこのカード タイプでサポートされません。)

Incorrect Card Type(カード タイプが不正です。)

Input, Invalid Access(入力、アクセスが無効です。)

Invalid AID(AID が無効です。)

Invalid Cross-connection Name(クロスコネクト名が無効です。)

Invalid Cross-connection Path Number(クロスコネクト パス番号が無効です。)

Invalid DRI Node Type(DRI ノード タイプが無効です。)

Invalid DRI Topology(DRI トポロジーが無効です。)

Invalid DS1 AID(DS1 AID が無効です。)

Invalid FROM AID(FROM AID が無効です。)

Invalid G1000 Facility Port(G1000 ファシリティ ポートが無効です。)

Invalid Month Or Day(月または日が無効です。)

Invalid Node Side(ノード側が無効です。)

Invalid NodeId(ノード ID が無効です。)

Invalid Operation On Drop AID(ドロップ AID での動作が無効です。)

Invalid PJMON Value(PJMON 値が無効です。)

Invalid PM Direction parameter(PM 方向パラメータが無効です。)

Invalid Protect AID Or Working AID(保護 AID または現用 AID が無効です。)

Invalid Protect AID(保護 AID が無効です。)

Invalid RFROM AID(RFROM AID が無効です。)

Invalid RFROMEND AID(RFROMEND AID が無効です。)

Invalid RFROMSTART AID(RFROMSTART AID が無効です。)

Invalid RTO AID(RTO AID が無効です。)

Invalid RTOSTART AID(RTOSTART AID が無効です。)

Invalid Reference(参照が無効です。)

Invalid RingId(リング ID が無効です。)

Invalid Roll From And/Or Roll To AID(Roll From および/または Roll To AID が無効です。)

Invalid Source AID(送信元 AID が無効です。)

Invalid Source/Destination AID Count For Cross-Connection Type(送信元/宛先 AID カウントがクロスコネクト タイプに対して無効です。)

Invalid TAP(TAP が無効です。)

Invalid TO AID(TO AID が無効です。)

Invalid TPORT AID(TPORT AID が無効です。)

Invalid Time(時刻が無効です。)

Invalid VCG Member Number(VCG メンバー番号が無効です。)

Invalid Year(年が無効です。)

Invalid fac-n-m input(fac-n-m の入力が無効です。)

J1 Trace Not Supported On This Card(このカードでは J1 トレースがサポートされません。)

List AID Not Allowed For ALL AID(ALL AID の List AID は認められません。)

List Or All AID Not Supported(List または All AID はサポートされません。)

Loopback type mismatch(ループバック タイプが一致しません。)

LpbkType Does Not Match(LpbkType が一致しません。)

Multiple AIDs Not Allowed With All AID(すべての AID で複数の AID は認められません。)

Multiple AIDs Not Allowed(複数の AID は認められません。)

Multiple AIDs Not Supported(複数の AID はサポートされません。)

Multiple Destination AID Exceeds Limit(複数の宛先 AID が制限を超えています。)

Multiple Destinations Not Supported By Cross-Connection(複数の宛先はクロスコネクトでサポートされません。)

Multiple Source AID Exceeds Limit(複数の送信元 AID が制限を超えています。)

Multiple TAP AIDs Not Supported(複数の TAP AID はサポートされません。)

Multiple AIDs Not Allowed(複数の AID は認められません。)

No TPORT With ONE-PORT-BI TRANS Mode(ONE-PORT-BI TRANS モードに TPORT がありません。)

No TPORT With Removing TRANS Mode(Removing TRANS モードに TPORT がありません。)

Not Allowed On 1+1 Protect Line(1+1 保護回線では認められません。)

Not Allowed On MSSPR Protect Line(MSSPR 保護回線では認められません。)

Not Allowed On Protect Line(保護回線では認められません。)

Optional AIDs Are Not Supported(オプションの AID はサポートされません。)

Ranging and Grouping Are Not Supported for Soft Reset(範囲指定およびグループ化はソフト リセットでサポートされません。)

RingId Does Not Match with AID Number(リング ID が AID 番号と一致しません。)

TPORT Must Use The Same Slot As The Aid(TPORT は AID と同じスロットを使用する必要があります。)

TPORT Supports Only A Single AID(TPORT は 1 つの AID のみサポートします。)

Trace Format Not Supported On This Card Type(このカード タイプでトレース形式がサポートされません。)

Trace Mode Not Supported On This Card Type(このカード タイプでトレース モードはサポートされません。)

Trace Not Supported For Current Configuration(現在の設定でトレースはサポートされません。)

Trace String Exceeds Maximum Length(トレース文字列が最大長を超えています。)

Transmit Trace Not Supported On This Card Type(送信トレースはこのカード タイプでサポートされません。)

SNCP Cross-Connections Not Allowed For The Facility Of Data Card(データ カードのファシリティでは SNCP クロスコネクトは認められません。)

Use Of TPORT Argument Requires Use Of TRANS(TPORT 引数を使用するには TRANS の使用が必要です。)

 

表3-9 IICM エラー

IICM エラー メッセージ

Command not implemented yet...(コマンドがまだ実装されていません。)

Command not supported in this release(コマンドがこのリリースでサポートされません。)

Input, Invalid Command(入力、コマンドが無効です。)

Input, Invalid MOD1(入力、MOD1 が無効です。)

Input, Invalid MOD2(入力、MOD2 が無効です。)

Input, Invalid VERB(入力、VERB が無効です。)

Memory Allocation Error(メモリ割り当てエラーです。)

 

表3-10 IICT エラー

IICT エラー メッセージ

Invalid Correlation Tag(相関タグが無効です。)

 

表3-11 IIDT エラー

IIDT エラー メッセージ

'%xx' Encoding Error In URL Parsing(URL 解析中に %xx 符号化エラーが発生しました。)

0 Sec Revertive Time Not Supported(0 秒のリバーティブ時間はサポートされません。)

2F-MSSPR Does Not Support SRVRTV/SRVTM/EASTPROT/WESTPROT Parameters(2F-MSSPR は SRVRTV/SRVTM/EASTPROT/WESTPROT パラメータをサポートしません。)

AUTO trace mode not supported(AUTO トレース モードはサポートされません。)

CMDMDE Must Be FRCD(CMDMDE は FRCD でなければなりません。)

Can Not Delete A Schedule Which Does Not Exist(存在しないスケジュールを削除できません。)

Cannot Activate To Older Software(古いソフトウェアをアクティブにできません。)

Cannot Add And Remove Drops Together(ドロップを一括して追加および削除できません。)

Cannot Create More RMON Threshold(これ以上 RMON スレッシュホールドを作成できません。)

Cannot Edit OSPF When Both RS-DCC and MS-DCC are Enabled(RS-DCC および MS-DCC がイネーブルの場合に OSPF を編集できません。)

Cannot Revert From R2 To R1(R2 から R1 に戻せません。)

Cannot Revert To Newer Software(新しいソフトウェアに戻すことはできません。)

Cannot Revert While In Permanent Secure Mode(パーマネント セキュア モードの間は元に戻ることはできません。)

Cannot Revert While In Secure Mode(セキュア モードの間は元に戻ることはできません。)

Command Already In Progress(コマンドはすでに実行中です。)

DEST Incompatible With RFR Type(DEST が RFR タイプと不適合です。)

DEST Incompatible With SWDL Type(DEST が SWDL タイプと不適合です。)

DEST Required For RFBU Type(RFBU タイプに DEST が必要です。)

Duplicate MSSPR Working/Protect Facilities(MSSPR 現用/保護ファシリティが重複しています。)

Duplicate Performance Monitoring Schedule(パフォーマンス モニタリング スケジュールが重複しています。)

Duplicate RMON Threshold(RMON スレッシュホールドが重複しています。)

Duplicate Schedule(スケジュールが重複しています。)

Error Adding New Schedule(新しいスケジュールの追加中にエラーが発生しました。)

FRCD mode not supported(FRCD モードはサポートされません。)

FTTD Host Cannot Be IP Address(FTTD ホストを IP アドレスにできません。)

FTTD Is Not Supported. (FTTDはサポートされません。)Only Direct File Transfers Are Supported (直接ファイル転送のみサポートされます。)

FTTD URL Missing(FTTD URL がありません。)

Facility Already in OSC Group(ファシリティはすでに OSC グループに属しています。)

File Name Missing In URL(URL にファイル名がありません。)

Flash Manager Not Active(Flash Manager がアクティブではありません。)

Hostname Missing In URL(URL にホスト名がありません。)

IOS Config File Too Big(IOS コンフィギュレーション ファイルが大きすぎます。)

Invalid 2 Fiber MSSPR Parameter(2 ファイバ MSSPR のパラメータが無効です。)

Invalid MSSPR Mode(MSSPR モードが無効です。)

Invalid MSSPR Protect Facility(MSSPR 保護ファシリティが無効です。)

Invalid MSSPR Working Facility(MSSPR 現用ファシリティが無効です。)

Invalid Data Parameter(データ パラメータが無効です。)

Invalid East Protect Port(イースト保護ポートが無効です。)

Invalid East work Port(イースト現用ポートが無効です。)

Invalid FTTD Host(FTTD ホストが無効です。)

Invalid NSAP Character(NSAP の文字が無効です。)

Invalid NSAP Length(NSAP の長さが無効です。)

Invalid NSAP Selector(NSAP セレクタが無効です。)

Invalid NSAP(NSAP が無効です。)

Invalid OSC Group Facility(OSC グループ ファシリティが無効です。)

Invalid Phase Number(フェーズ番号が無効です。)

Invalid Port In URL(URL 内のポートが無効です。)

Invalid Revertive Time(リバーティブ時間が無効です。)

Invalid Shelf Id 1 For SC(SCのシェルフ ID 1 が無効です。)

Invalid Software Switch Type(ソフトウェア スイッチ タイプが無効です。)

Invalid State Transition Request(ステート トランジション要求が無効です。)

Invalid State Value(ステート値が無効です。)

Invalid Type Value In FTP URL.(FTP URL 内のタイプ値が無効です。)Only 'a', 'i', or 'd' Is Allowed(a、i、または d しか認められません。)

Invalid West Protect Port(ウェスト保護ポートが無効です。)

Invalid West Working Port(ウェスト現用ポートが無効です。)

Invalid type= Syntax In FTP URL(無効なタイプ = FTP URL 内の構文)

Loopback type not supported(ループバック タイプがサポートされません。)

Mandatory FTP URL Not Provided(必須の FTP URL が提供されていません。)

Maximum Performance Monitoring Schedule Limit Reached(パフォーマンス モニタリング スケジュールの最大数に達しました。)

Memory Out Of Range(メモリが範囲外です。)

Missing/Invalid Destination(宛先がありません/無効です。)

Missing/Invalid Source(送信元がありません/無効です。)

NSAP FTTD Hosts Unsupported(NSAP FTTD ホストはサポートされません。)

No TID matches FTTD hostname(FTTD ホスト名に一致する TID がありません。)

Non-IP Hostname In FTP URL(FTP URL に非 IP ホスト名があります。)

Non-IP Hostname or Invalid TID In FTP URL(FTP URL に非 IP ホスト名があるか、無効です。)

Null Outputs In URL Parsing(URL 解析でヌル出力が発生しました。)

Only unlocked PST Is Supported(ロック解除された PST のみサポートされます。)

Only MAINT STATE Supported(MAINT STATE のみサポートされます。)

Only NORM CMD_MODE Is Supported(NORM CMD_MODE のみサポートされます。)

Only locked PST Is Supported(ロックされた PST のみサポートされます。)

Only OVWRT of YES is Allowed For Uploads(アップロードでは YES の OVWRT のみ認められます。)

Only Port 21 Is Supported(ポート 21 のみサポートされます。)

Only SWDL Is Supported For The xfertype Argument(xfertype 引数には SWDL のみサポートされます。)

Only Type 'a' Is Supported In The COPY-IOSCFG FTP URL(COPY-IOSCFG FTP URL ではタイプ a のみサポートされます。)

Only Type 'i' Is Supported In The COPY-RFILE FTP URL(COPY-RFILE FTP URL ではタイプ i のみサポートされます。)

Password Missing In URL(URL にパスワードがありません。)

Performance Monitoring Schedule Does Not Exist(パフォーマンス モニタリング スケジュールが存在しません。)

Port Missing In URL(URL にポートがありません。)

RFBU Type Required With RFILE-LOG Aid(RFILE-LOG AID に RFBU タイプが必要です。)

Reach Limits Of MAX Schedules Allowed.(許容される最大スケジュール数に達しました。)Can Not Add More(これ以上追加できません。)

SRC Incompatible With RFBU Type(SRC が RFBU タイプと不適合です。)

SRC Required For RFR Type(RFR タイプには SRC が必要です。)

SRC Required For SWDL Type(SWDL タイプには SRC が必要です。)

SWDL Incompatible With RFILE-PKG Aid(SWDL が RFILE-PKG AID と不適合です。)

Software Activate/Revert Failed(ソフトウェアのアクティブ化/元に戻す処理が失敗しました。)

Software Not Available For Switch(ソフトウェアがスイッチに使用できません。)

Terminal Loopback is not supported(端末ループバックはサポートされません。)

The URL Contains Unsafe Characters.(URL に安全でない文字が含まれています。)Please Encode(符号化してください。)

Unknown Error Processing FTP URL(FTP URL の処理中に不明のエラーが発生しました。)

Unsupported Locn Value(Locn 値がサポートされません。)

Username Missing In URL(URL にユーザ名がありません。)

ftp:// Missing In FTP URL(FTP URL に ftp:// がありません。)

fttd:// Missing In FTTD URL(FTTD URL に fttd:// がありません。)

 

表3-12 IIFM エラー

IIFM エラー メッセージ

Invalid AID Block.(AID ブロックが無効です。)Invalid Data Format(データ形式が無効です。)

Invalid Alarm Type ― Must Conform To TL1 Rules(アラーム タイプが無効 ― TL1 のルールに従う必要があります。)

Invalid Data Format(データ形式が無効です。)

Invalid Password(パスワードが無効です。)

Invalid Payload Block.(ペイロード ブロックが無効です。)Invalid Data Format(データ形式が無効です。)

Invalid User ID(ユーザ ID が無効です。)

 

表3-13 IIPG エラー

IIPG エラー メッセージ

Configuration Requires Transparent Termination Mode(設定にはトランスペアレント終端モードが必要です。)

Equipment Payload Type Incompatible For Regeneration Group(機器ペイロード タイプがリジェネレーション グループに不適合です。)

Payload Type Requires Squelch Card Mode(ペイロード タイプで Squelch カード モードが必要です。)

Payload Type Requires Transparent Termination Mode(ペイロード タイプにはトランスペアレント終端モードが必要です。)

Transparent Termination Mode Required For Regeneration Group(リジェネレーション グループにはトランスペアレント終端モードが必要です。)

 

表3-14 IISP エラー

IISP エラー メッセージ

Input, Garbage(入力、ガーベッジ)

Invalid AID Block.(AID ブロックが無効です。)Extraneous ',' Found(余分な「,」があります。)

 

表3-15 IITA エラー

IITA エラー メッセージ

GNE:Input, Invalid Target Identifier(入力、ターゲット ID が無効です。)

Input, Invalid Target Identifier(入力、ターゲット ID が無効です。)

 

表3-16 INUP エラー

INUP エラー メッセージ

EXTRNG Configuration Is Not Supported(EXTRNG 設定はサポートされません。)

General Block Unsupported(汎用ブロックはサポートされません。)

Missing mandatory field(必須のフィールドがありません。)

NODEID Configuration Is Not Supported(NODEID 設定はサポートされません。)

RNGID Configuration Is Not Supported(RNGID 設定はサポートされません。)

RNGMAPAUTO Configuration Is Not Supported(RNGMAPAUTO 設定はサポートされません。)

RNGWTR Configuration Is Not Supported(RNGWTR 設定はサポートされません。)

 

表3-17 IPEX エラー

IPEX エラー メッセージ

Duplicate N/V field(N/V フィールドが重複しています。)

Invalid Payload Block.(ペイロード ブロックが無効です。)Extra Parameters(パラメータが余剰です。)

 

表3-18 IPMS エラー

IPMS エラー メッセージ

Invalid AID Block.(AID ブロックが無効です。)Missing Mandatory Field(必須のフィールドがありません。)

Invalid Payload Block.(ペイロード ブロックが無効です。)Missing Mandatory Field(必須のフィールドがありません。)

Invalid syntax(構文が無効です。)

Missing mandatory field(必須のフィールドがありません。)

Parameter Missing(パラメータがありません。)

 

表3-19 IPNC エラー

IPNC エラー メッセージ

Cannot Change Existing Protection Type(既存の保護タイプを変更できません。)

Cross-connect Doesn't Have SNCP Path Selector(クロスコネクトに SNCP パス セレクタがありません。)

Description Too Long(注釈が長すぎます。)

Expected Duplex Not Supported(要求したデュプレックスはサポートされません。)

Expected Speed Not Supported(要求した速度はサポートされません。)

Invalid Auto Negotiate Value(自動ネゴシエート値が無効です。)

Invalid Encapsulation Type(カプセル化タイプが無効です。)

Invalid Flow Control Value(フロー制御値が無効です。)

Invalid Maximum Frame Size(最大フレーム サイズが無効です。)

Invalid Oprnominal Value(Oprnominal 値が無効です。)

Invalid Parameter(パラメータが無効です。)

Invalid Trans Value(Trans 値が無効です。)

Parameter Not Valid(パラメータが無効です。)

Parameters Are Not Consistent(パラメータが矛盾しています。)

Parameters Not Compatible(パラメータが不適合です。)

Selective auto Negotiate Cannot be enabled(選択的な自動ネゴシエートはイネーブルにできません。)

 

表3-20 IPNV エラー

IPNV エラー メッセージ

AID or Condition Must Be Specified(AID または条件を指定する必要があります。)

Bad IP Configuration Parameter(IP コンフィギュレーション パラメータが不正です。)

Bad Parameter(パラメータが不正です。)

Bad Reference(参照が不正です。)

Cannot Set Expected Path Trace For Source Path(送信元パスに要求したパス トレースを設定できません。)

Cannot Set Expected Path Trace In Auto Mode(要求したパス トレースを自動モードに設定できません。)

Cannot Set Outgoing Path Trace For Drop Path(ドロップ パスに発信パス トレースを設定できません。)

Cross-Connection Does Not Have SNCP Path Selector(クロスコネクトに SNCP パス セレクタがありません。)

DRITYPE Not Supported For Connection Type(接続タイプで DRITYPE がサポートされません。)

Empty parameter(パラメータが空です。)

Exercise Is Not Allowed On Protected Facility(保護ファシリティには動作試験は認められません。)

Expected Trace String Exceeds Max Length (62)(要求したトレース文字列が最大長 [62] を超えています。)

Facility Does Not Support Montype(ファシリティは Montype をサポートしません。)

Far End Loopback Type Not Supported In Current Framing Format(現在のフレーミング フォーマットでは遠端ループバック タイプはサポートされません。)

Far End Performance Monitoring Values Not Supported(遠端パフォーマンス モニタリング値がサポートされません。)

Holdoff Timer Not Supported For Non-DRI Cross-Connections(非 DRI クロスコネクトではホールドオフ タイマーがサポートされません。)

INT Not Valid For BITS-OUT(BITS-OUT には INT は無効です。)

INVALID SAMPLE TYPE(サンプル タイプが無効です。)

Internal-Ip Lookup Failed(内部 IP ルックアップが失敗しました。)

Internal-Network Nodes Lookup Failed(内部ネットワーク ノードのルックアップが失敗しました。)

Invalid BITS Framing(BITS フレーミングが無効です。)

Invalid BITS Rate(BITS レートが無効です。)

Invalid Clock Source(クロック ソースが無効です。)

Invalid Condition Type(条件タイプが無効です。)

Invalid DRITYPE(DRITYPE が無効です。)

Invalid Default Router Address(デフォルト ルータ アドレスが無効です。)

Invalid IIOP Port number(IIOP ポート番号が無効です。)

Invalid IP Address(IP アドレスが無効です。)

Invalid IP Configuration Parameter(IP コンフィギュレーション パラメータが無効です。)

Invalid IP Mask(IP マスクが無効です。)

Invalid IP Port Number(IP ポート番号が無効です。)

Invalid Link Termination Port(リンク終端ポートが無効です。)

Invalid MONLEV Value(MONLEV 値が無効です。)

Invalid Ospf Cost(Ospf コストが無効です。)

Invalid PM register(PM レジスタが無効です。)

Invalid Parameter(パラメータが無効です。)

Invalid Payload Block.(ペイロード ブロックが無効です。)Empty Parameter(パラメータが空です。)

Invalid Report Interval(レポート インターバルが無効です。)

Invalid SNTP Host Address(SNTP ホスト アドレスが無効です。)

Invalid Start Time(開始時刻が無効です。)

Invalid Switch Command For Synchronization(同期のスイッチ コマンドが無効です。)

Invalid Switch Type(スイッチ タイプが無効です。)

Invalid Threshold Value(スレッシュホールド値が無効です。)

Invalid Why Parameter(Why パラメータが無効です。)

New Source Must Be Specified(新しい送信元を指定する必要があります。)

Node Name Exceeds Maximum Length(ノード名が最大長を超えています。)

Number Of Reports Is Negative(レポート数が負です。)

Optical Performance Monitoring Not Supported For This Card Type(このカード タイプではオプティカル パフォーマンス モニタリングはサポートされません。)

PM Not Supported(PM がサポートされません。)

Parameter Not Valid(パラメータが無効です。)

Path is not associated with SNCP Path Selector(SNCP パス セレクタにパスが対応付けられていません。)

Payload Does Not Support Optics Montypes(ペイロードが光 Montype をサポートしません。)

Primary Reference Incompatible With Timing Mode(プライマリ基準がタイミング モードと不適合です。)

Protection Type Does Not Support Reversion Mode(保護タイプがリバージョン モードをサポートしません。)

Protocol Does Not Support This State(プロトコルがこのステートをサポートしません。)

RMON PM History Not Supported(RMON PM 履歴がサポートされません。)

Reference Type Not Supported(参照タイプがサポートされません。)

SPNWTR Parameter Not Supported(SPNWTR パラメータがサポートされません。)

STARTUP TYPE MUST BE RISING FOR ABSOLUTE SAMPLE TYPE(ABSOLUTE サンプル タイプには、スタートアップ タイプは RISING でなければなりません。)

Secondary Reference Incompatible With Timing Mode(セカンダリ基準がタイミング モードと不適合です。)

Synchronization Source Already Defined For Protection Group(保護グループには同期ソースがすでに定義されています。)

Synchronization Source Already Defined For The Slot(スロットには同期ソースがすでに定義されています。)

TL1 Can Not Set Its Own Access Level(TL1 で自身のアクセス レベルを設定することはできません。)

TMGREF Parameter Not Supported(TMGREF パラメータがサポートされません。)

Third Reference Incompatible With Timing Mode(サード基準がタイミング モードと不適合です。)

Time Period Not Applicable(期間が適用できません。)

Timing Mode Not Compatible(タイミング モードが不適合です。)

 

表3-21 NO エラー

NO エラー メッセージ

No Applicable PM Data(該当する PM データがありません。)

No Error(エラーはありません。)

 

表3-22 PICC エラー

PICC エラー メッセージ

AID Required(AID が必要です。)

AID does not match this session UID(AID がこのセッション UID と一致しません。)

Bad Password Toggling - New Password Same As A Prior Password(パスワードの切り替えが不正 ― 新しいパスワードが前のパスワードと同じです。)

Can't logout if user is not logged in(ユーザがログインしていない場合、ログアウトできません。)

Can't change own security level(自分自身のセキュリティ レベルを変更できません。)

Can't login(ログインできません。)

Can't logout if user not logged in(ユーザがログインしていない場合、ログアウトできません。)

Command Not Available To This User Level(このユーザ レベルでコマンドが使用できません。)

IP Address Display Is Suppressed(IP アドレスの表示が抑止されています。)

Invalid User Access Privilege Value(ユーザ アクセス権限の値が無効です。)

Invalid User Identifier - Must Conform To TL1 Rules(ユーザ ID が無効 ― TL1 のルールに従う必要があります。)

Invalid User Password - Must Conform To Provisioned Password Rules(ユーザ パスワードが無効 ― パスワードのルールに従う必要があります。)

Invalid User Password - Must Conform To TL1 Rules(ユーザ パスワードが無効 ― TL1 のルールに従う必要があります。)

Logout failed(ログアウトが失敗しました。)

New Password Too Similar To Old Password(新しいパスワードが前のパスワードに類似しています。)

Password Cannot Be Changed Before Minimum Wait Time Expires.(最低待ち時間が経過する前にパスワードは変更できません。)

Password Must Be Changed Before Continuing(続行する前にパスワードを変更する必要があります。)

Password Recently Changed(パスワードが最近変更されました。)

Unexpected Default Case(予測外のデフォルト ケースです。)

Unknown CORBA Exception (Internal Error)(不明の CORBA 例外 [内部エラー])

Unknown User(不明のユーザです。)

User Access Privilege Required(ユーザ アクセス権限が必要です。)

User Already Exists(ユーザがすでに存在します。)

User Identifier Exceeds Maximum Length Allowed(ユーザ ID が最大長を超えています。)

User Not Authorized(ユーザが許可されていません。)

User Password Required(ユーザ パスワードが必要です。)

 

表3-23 PIMA エラー

PIMA エラー メッセージ

Memory Out Of Range(メモリが範囲外です。)

 

表3-24 PIUC エラー

PIUC エラー メッセージ

Cannot Delete The Logged In User(ログインしたユーザを削除できません。)

Cannot Remove The Last Superuser(最後のスーパーユーザを削除できません。)

Unauthorized change of PID(PID の変更が許可されません。)

Unauthorized(許可がありません。)

User Currently Logged Into Another Session(ユーザは現在他のセッションにログインしています。)

User Is Not Superuser(ユーザはスーパーユーザではありません。)

User Not Allowed To Change User Access Privilege(ユーザによるユーザ アクセス権限の変更は認められません。)

User Not Allowed To Change User Password(ユーザによるユーザ パスワードの変更は認められません。)

User Not Allowed To Disable/Enable Self(ユーザによる自分自身のディセーブル化/イネーブル化は認められません。)

User Not Allowed To Terminate Self(ユーザによる自分自身の終了は認められません。)

User Not Logged In(ユーザがログインしていません。)

 

表3-25 PLNA エラー

PLNA エラー メッセージ

Login Not Active(ログインがアクティブではありません。)

 

表3-26 RALB エラー

RALB エラー メッセージ

GNE:All ENE Connections in Use(GNE:すべての ENE 接続が使用されています。)

Requested DCC In Use(要求した DCC は使用中です。)

 

表3-27 RANB エラー

RANB エラー メッセージ

GNE:No Response from ENE - IENE(GNE:ENE - IENE から応答がありません。)

 

表3-28 RNBY エラー

RNBY エラー メッセージ

Software upgrade in progress(ソフトウェア アップグレードを実行中です。)

 

表3-29 RRNG エラー

RRNG エラー メッセージ

I/O Slot Out Of Range(I/O スロットが範囲外です。)

Invalid Slot Number For SDH Electrical Cards(SDH 電気回路カードのスロット番号が無効です。)

Invalid Slot Number(スロット番号が無効です。)

 

表3-30 RTBY エラー

RTBY エラー メッセージ

Connection In Service(接続はイン サービスです。)

Side In Service(サイドはイン サービスです。)

TAP Already In Use(TAP はすでに使用中です。)

TAP Number In Use(TAP 番号は使用中です。)

 

表3-31 RTEN エラー

RTEN エラー メッセージ

Cannot Access VT(VT にアクセスできません。)

Cannot Change Access Mode(アクセス モードを変更できません。)

Cannot Set Access Mode(アクセス モードを設定できません。)

Invalid Access Mode(アクセス モードが無効です。)

Invalid High Order Path TAP Number(高次パスの TAP 番号が無効です。)

Invalid TAP AID(TAP AID が無効です。)

Invalid TAP Mode(TAP モードが無効です。)

Invalid TAP Number(TAP 番号が無効です。)

Invalid Low Order Path TAP Number(低次パスの TAP 番号が無効です。)

Requested TAP Does Not Exist(要求した TAP が存在しません。)

Requested Tap Busy(要求した TAP がビジーです。)

TAP Not Found(TAP が見つかりません。)

 

表3-32 SAAL エラー

SAAL エラー メッセージ

Already Allowed(すでに許可されています。)

 

表3-33 SAAS エラー

SAAS エラー メッセージ

Equipment Already Provisioned(機器はすでにプロビジョニングされています。)

 

表3-34 SADC エラー

SADC エラー メッセージ

Already Disconnected(すでに接続解除されています。)

GNE:ENE is down(GNE:ENE がダウンしています。)

TAP Not Connected(TAP が接続されていません。)

 

表3-35 SADS エラー

SADS エラー メッセージ

Loopback Applied On Cross-connection(クロスコネクトにループバックが適用されました。)

 

表3-36 SAIN エラー

SAIN エラー メッセージ

Already Inhibited(すでに禁止されています。)

Already Locked On(すでにロックオンされています。)

Already Locked Out(すでにロックアウトされています。)

 

表3-37 SAIS エラー

SAIS エラー メッセージ

Connection In Service(接続はイン サービスです。)

Port Already In Service(ポートはすでにイン サービスです。)

 

表3-38 SAMS エラー

SAMS エラー メッセージ

Already In Clear Maintenance State(すでに Clear Maintenance ステートです。)

Already In Force Maintenance State(すでに Force Maintenance ステートです。)

Already In Lockout Maintenance State(すでに Lockout Maintenance ステートです。)

Already In Manual Maintenance State(すでに Manual Maintenance ステートです。)

 

表3-39 SAOP エラー

SAOP エラー メッセージ

Control Already Operated(制御はすでに運用されています。)

Control Already Released(制御はすでに解放されています。)

Control Operated In Mntry(制御は Mntry で運用されています。)

 

表3-40 SAOS エラー

SAOS エラー メッセージ

Port Already in unlocked-automaticInservice(ポートはすでに unlocked-automaticInservice です。)

Port Already In locked-maintenance(ポートはすでに locked-maintenance です。)

Port Already Out Of Service(ポートはすでにアウト オブ サービスです。)

 

表3-41 SAPR エラー

SAPR エラー メッセージ

Cannot Provision Regeneration Group When A Protection Group Is Present(保護グループが存在する場合、リジェネレーション グループをプロビジョニングできません。)

Card Already In A Regeneration Group(カードはすでにリジェネレーション グループに属しています。)

Card Has Y Cable Protection(カードには Y 字ケーブル保護があります。)

Peer Card Already In A Regeneration Group(ピア カードはすでにリジェネレーション グループに属しています。)

Peer Card Has Y Cable Protection(ピア カードには Y 字ケーブル保護があります。)

 

表3-42 SARB エラー

SARB エラー メッセージ

GNE:All Gateways in Use(GNE:すべてのゲートウェイが使用中です。)

System Memory Exhausted.(システム メモリが使い尽くされています。)Retry A Few Seconds Later(しばらくしてからやり直してください。)

 

表3-43 SCAT エラー

SCAT エラー メッセージ

Connection Already In Loopback(接続はすでにループバックになっています。)

Connection Already In Test Access(接続はすでに Test Access 中です。)

Connection Is Tapped(接続が TAP されています。)

End Point Is Already Connected(エンドポイントがすでに接続されています。)

High Order Path Is Already Connected(高次パスがすでに接続されています。)

Test Access Busy(Test Access がビジーです。)

Low Order Path Is Already Used(低次パスがすでに使用されています。)

Would exceed max number of drops(ドロップの最大数を超えます。)

 

表3-44 SDBE エラー

SDBE エラー メッセージ

AID Parser Failed(AID 解析が失敗しました。)

Asymmetric VCG Not Supported(非対称 VCG はサポートされません。)

Bad Parameter(パラメータが不正です。)

Cannot Access Alarms(アラームにアクセスできません。)

Cannot Access Conditions(条件にアクセスできません。)

Cannot Access Controls(制御にアクセスできません。)

Cannot Access Date/Time(日時にアクセスできません。)

Cannot Access Defaults Description(デフォルトの注釈にアクセスできません。)

Cannot Access Environmental Settings(環境設定にアクセスできません。)

Cannot Access Equipment(機器にアクセスできません。)

Cannot Access Facility(ファシリティにアクセスできません。)

Cannot Access IP Configuration(IP コンフィギュレーションにアクセスできません。)

Cannot Access IP Display Suppression(IP 表示の抑制にアクセスできません。)

Cannot Access Interface(インターフェイスにアクセスできません。)

Cannot Access Node ID(ノード ID にアクセスできません。)

Cannot Access Node Name(ノード名にアクセスできません。)

Cannot Access Object(オブジェクトにアクセスできません。)

Cannot Access Orderwire(オーダーワイヤにアクセスできません。)

Cannot Access Protection Group(保護グループにアクセスできません。)

Cannot Access Protection State(保護ステートにアクセスできません。)

Cannot Access SNMP Ip Addr(SNMP IP アドレスにアクセスできません。)

Cannot Access SNTP Host(SNTP ホストにアクセスできません。)

Cannot Access High Order Path(高次パスにアクセスできません。)

Cannot Access Security Mode(セキュリティ モードにアクセスできません。)

Cannot Access Software Version(ソフトウェア バージョンにアクセスできません。)

Cannot Access Synchronization Configuration(同期設定にアクセスできません。)

Cannot Access Timezone(タイムゾーンにアクセスできません。)

Cannot Access Trace Information(トレース情報にアクセスできません。)

Cannot Access Low Order Path Performance Monitoring Parameters(低次パスのパフォーマンス モニタリング パラメータにアクセスできません。)

Cannot Access Low Order Path(低次パスにアクセスできません。)

Cannot Configure Extension Byte For Current Configuration(現在のコンフィギュレーションの拡張バイトを設定できません。)

Cannot Configure SYNC(SYNC を設定できません。)

Cannot Create 1+1 Protection Group(1+1 保護グループを作成できません。)

Cannot Edit High Order Path(高次パスを編集できません。)

Cannot Get Line Information(回線情報を取得できません。)

Cannot Get Synchronization Configuration(同期設定を取得できません。)

Cannot Set Date When Using SNTP(SNTP を使用する場合、日付を設定できません。)

Cannot Set Date(日付を設定できません。)

Cannot Set IP Configuration(IP コンフィギュレーションを設定できません。)

Cannot Set Node Name(ノード名を設定できません。)

Cannot Set Pointer Justification Monitoring Parameter (PJMON)(Pointer Justification Monitoring Parameter [PJMON] を設定できません。)

Cannot Set SNTP Host Configuration(SNTP ホスト コンフィギュレーションを設定できません。)

Cannot Set Timezone(タイムゾーンを設定できません。)

Cannot Soft Reset System(システムをソフト リセットできません。)

Card Type Not Supported(カード タイプがサポートされません。)

DLT prg Failed(DLT prg が失敗しました。)

Delete Protection Group Failed(保護グループの削除が失敗しました。)

Equipment Not Found(機器が見つかりません。)

Ethernet Port Not Provisioned(イーサネット ポートがプロビジョニングされていません。)

Facility Does Not Exist(ファシリティが存在しません。)

Facility Does Not Match Request(ファシリティが要求と一致しません。)

Facility Does Not Support Mac Address(ファシリティが MAC アドレスをサポートしません。)

Facility Is Not Provisioned(ファシリティがプロビジョニングされていません。)

Facility Not Provisioned(ファシリティがプロビジョニングされていません。)

File Transfer In Progress(ファイル転送を実行中です。)

Get SDH Line Info Failed(SDH 回線情報の取得が失敗しました。)

Getting SDH sync configurations(SDH 同期コンフィギュレーションを取得しています。)

IOS Config Update In Progress(IOS コンフィギュレーション アップデートを実行中です。)

IP Configuration Failed(IP コンフィギュレーションが失敗しました。)

Incompatible Parameter Values(パラメータ値が不適合です。)

Incorrect Facility Type(ファシリティ タイプが不正です。)

Interface Does Not Exist(インターフェイスが存在しません。)

Interface Does Not Support Loopback Type(インターフェイスがループバック タイプをサポートしません。)

Internal Access Failed(内部アクセスが失敗しました。)

Internal Database Error(内部データベース エラー)

Invalid Command(コマンドが無効です。)

Invalid Cross Connect Type For VCG(クロスコネクト タイプが VCG に対して無効です。)

Invalid DCC(DCC が無効です。)

Invalid Mondat Format(Mondat 形式が無効です。)

Invalid Montm Format(Montm 形式が無効です。)

Invalid Performance Monitoring Mode(パフォーマンス モニタリング モードが無効です。)

Invalid Protection Group(保護グループが無効です。)

Invalid Time Period(期間が無効です。)

Invalid Trace Mode for Card Type(トレース モードがカード タイプに対して無効です。)

LCAS Not Supported By This Card(このカードでは LCAS はサポートされません。)

Location Value Invalid(ロケーション値が無効です。)

Loopback Is Invalid(ループバックは無効です。)

Loopback Port In Service(ループバック ポートがイン サービスです。)

Loopback type not supported(ループバック タイプがサポートされません。)

Mac Address Not Supported By Payload(ペイロードで MAC アドレスがサポートされません。)

No such interface(そのようなインターフェイスはありません。)

Node Name Configuration Failed(ノード名の設定が失敗しました。)

Not a SDH interface(SDH インターフェイスではありません。)

Object Already In Use(オブジェクトはすでに使用されています。)

Object Not Provisioned(オブジェクトがプロビジョニングされていません。)

Object Not Supported(オブジェクトがサポートされません。)

Operation Not Supported On EC1 Interface(EC1 インターフェイスで動作がサポートされません。)

Operation not supported by this card(このカードでは動作がサポートされません。)

Optical Channel Not Provisioned(光チャネルがプロビジョニングされていません。)

Path Width Not Supported(パス幅がサポートされません。)

Path loopback already exists(パス ループバックがすでに存在します。)

Reach Not Supported With Current Configuration(現在の設定でリーチはサポートされません。)

SNTP Configuration Failed(SNTP の設定が失敗しました。)

SSM not supported on SDH(SDH では SSM はサポートされません。)

High Order Path Not Provisioned(高次パスがプロビジョニングされていません。)

Synchronization Configuration Not Available(同期設定が使用できません。)

Synchronization Status Messaging (SSM) Not Supported On EC1 Interface(EC1 インターフェイスでは Synchronization Status Messaging [SSM] がサポートされません。)

Synchronization Status Messaging (SSM) Not Supported On SDH(SDH では Synchronization Status Messaging [SSM] がサポートされません。)

Synchronization::Sync not available(同期::同期が使用できません。)

System Timing Not Applicable For This Platform(このプラットフォームにシステム タイミングが適用されません。)

Trace Not Applicable On This Card(このカードにはトレースを適用できません。)

Used Frame Format Does Not Support Synchronization Status Messaging (SSM)(使用したフレーム形式は Synchronization Status Messaging [SSM] をサポートしません。)

VLAN Not Provisioned(VLAN がプロビジョニングされていません。)

Low Order Path Not Provisioned(低次パスがプロビジョニングされていません。)

Wavelength Not Supported With Current Configuration(現在の設定で波長がサポートされません。)

Wrong Facility Type(ファシリティ タイプが不正です。)

Wrong Interface Type(インターフェイス タイプが不正です。)

bind failed for Sonet gen(SONET の生成時にバインドが失敗しました。)

getActiveRefSource failed(getActiveRefSource が失敗しました。)

getRefSources failed(getRefSources が失敗しました。)

 

表3-45 SDLD エラー

SDLD エラー メッセージ

Duplex Unit Locked(デュプレックス ユニットがロックされています。)

 

表3-46 SDNA エラー

SDNA エラー メッセージ

Active TCC Not Ready(アクティブ TCC が準備完了ではありません。)

Standby TCC Not Ready(スタンバイ TCC が準備完了ではありません。)

 

表3-47 SDNR エラー

SDNR エラー メッセージ

Data Not Ready(データが準備完了ではありません。)

 

表3-48 SNCC エラー

SNCC エラー メッセージ

Cross connection does not exist(クロスコネクトが存在しません。)

Path Roll Does Not Exist(パス ロールが存在しません。)

Replace This Message When A SNCC message is needed(SNCC メッセージが必要な場合はこのメッセージを置き換えてください。)

 

表3-49 SNCN エラー

SNCN エラー メッセージ

Bad Quality(品質不良です。)

Cannot Switch To Bad Reference(不正な参照にスイッチできません。)

Cannot Switch To Inferior Reference Source(低位の参照ソースにスイッチできません。)

Command Not Implemented(コマンドが実装されていません。)

Cross-Connection Type Not Supported In TL1(TL1 でクロスコネクト タイプがサポートされません。)

Invalid Clock Source(クロック ソースが無効です。)

Requested Direction Not Supported(要求した方向がサポートされません。)

High Order Path Rate Change Not Supported(高次パス レートの変更はサポートされません。)

Sync Switch Operation Failed, Reference In OOS(同期スイッチ動作が失敗しました。参照は OOS です。)

 

表3-50 SNNS エラー

SNNS エラー メッセージ

Reference Not From Optical Card(光カードからの参照ではありません。)

 

表3-51 SNOS エラー

SNOS エラー メッセージ

Cannot Change Card Wavelength With Port(s) Not In locked,disabled State(locked、disabled ステートでないポートについてはカード波長を変更できません。)

Cannot Change Payload With Port(s) Not In locked State(locked ステートでないポートについてはペイロードを変更できません。)

Cannot Change Payload With Port(s) Not In locked,disabled State(locked、disabled ステートでないポートについてはペイロードを変更できません。)

Cannot Change Termination Mode With Port(s) Not In locked State(locked ステートでないポートについては終端モードを変更できません。)

 

表3-52 SNPR エラー

SNPR エラー メッセージ

Cannot Get Role Of Port (ポートのロールを取得できません。)

Get Port Role Failed(ポート ロールの取得が失敗しました。)

 

表3-53 SNVS エラー

SNVS エラー メッセージ

Already Switched To Internal Reference Source(内部参照ソースにすでにスイッチされています。)

MSSPR East Operation Already Set(MSSPR イースト動作がすでに設定されています。)

MSSPR West Operation Already Set(MSSPR ウェスト動作がすでに設定されています。)

CCAT Cross Connect Exists(CCAT クロスコネクトが存在します。)

Cannot Change BITS Configuration With Current State/Status(現在のステート/ステータスで BITS 設定を変更できません。)

Cannot Change Configuration When Trunk Ports (or Peer Ports, if any) Are Not In locked,disabled State(トランク ポート、またはピア ポート(該当する場合)がロック状態、またはディセーブル状態になっていないと、設定を変更できません。)

Cannot Change Parameter With Current State/Status(現在のステート/ステータスでパラメータを変更できません。)

Cannot Change Payload For Port Used For Overhead(オーバーヘッドに使用されているポートのペイロードを変更できません。)

Cannot Change Payload When Port(s) Are Used As A Clock Source(ポートがクロック ソースとして使用されている場合、ペイロードを変更できません。)

Cannot Change Revertive Behavior When A Protection Switch Is Active(保護切り替えがアクティブの場合、リバーティブ動作を変更できません。)

Cannot Change Synchronization Configuration With Current State/Status(現在のステート/ステータスで同期設定を変更できません。)

Cannot Change Termination Mode When Port(s) Are DCC Enabled(ポートが DCC イネーブルの場合、終端モードを変更できません。)

Cannot Change Termination Mode When Port(s) Are Used As a Clock Source(ポートがクロック ソースとして使用されている場合、終端モードを変更できません。)

Cannot Change Termination Mode With Trace Enabled(トレースがイネーブルの場合、終端モードを変更できません。)

Cannot Change Timing Reference With Current State/Status(現在のステート/ステータスでタイミング基準を変更できません。)

Cannot Change or Delete Payload When Port(s) Are DCC Enabled(ポートが DCC イネーブルの場合、ペイロードを変更、または削除できません。)

Cannot Configure Port When J0 Section Trace Enabled(J0 セクション トレースがイネーブルの場合、設定ポートを変更できません。)

Cannot Delete Port Involved In Loopback(ループバックに関与しているポートを削除できません。)

Cannot END An AUTO Roll(AUTO ロールを終了できません。)

Cannot Edit Facility When Not In locked State(locked ステートでない場合、ファシリティを編集できません。)

Cannot Operate Loopback In Current Cross-connection State(現在のクロスコネクト ステートでループバックを操作できません。)

Cannot Operate Loopback In Current State(現在のステートでループバックを操作できません。)

Cannot Provision Regeneration Group When A Protection Switch Operation Is Present(保護切り替え動作が存在する場合、リジェネレーション グループをプロビジョニングできません。)

Cannot Provision Regeneration Group When Equipment Has Different FEC Settings(機器の FEC 設定が異なる場合、リジェネレーション グループをプロビジョニングできません。)

Cannot Provision Regeneration Group When Equipment Has Different G.709 Settings(機器の G.709 設定が異なる場合、リジェネレーション グループをプロビジョニングできません。)

Connection Already In Roll(接続はすでにロール中です。)

Cross Connect Exists(クロスコネクトが存在します。)

Facility Not Part Of MSSPR(ファシリティは MSSPR の一部ではありません。)

Invalid AINS Soak Time(AINS ソーク時間が無効です。)

Invalid Admin State(管理ステートが無効です。)

Invalid MSSPR Element(MSSPR 要素が無効です。)

Invalid Clock Source(クロック ソースが無効です。)

Invalid Equipment State(機器のステートが無効です。)

Invalid Transponder Provisioning(トランスポンダのプロビジョニングが無効です。)

Loopback Already In Progress(ループバックはすでに実行中です。)

Loopback Not In Progress(ループバックは実行中ではありません。)

No Switch In Progress(実行中のスイッチはありません。)

No Valid Roll Signal(有効なロール信号がありません。)

No loopback in progress(実行中のループバックはありません。)

Operation Can Not Be Completed.(操作は完了できません。)NE Is In Version UP State(NE がバージョン アップの状態です。)

Protection Group Does Not Exist(保護グループが存在しません。)

Protection Unit Active(保護ユニットがアクティブです。)

Provisioning Not Allowed On Protecting Card(保護カードでプロビジョニングは認められません。)

Roll Condition Does Not Exist(ロール条件が存在しません。)

Roll is not controlled by TL1(ロールが TL1 によって制御されていません。)

Status, Not in Valid State(ステータス、有効なステートではありません。)

Unable To Complete Roll(ロールを完了できません。)

VCG Already Created(VCG はすでに作成されています。)

Working Unit Already Active(現用ユニットはすでにアクティブです。)

Working Unit Already Standby(現用ユニットはすでにスタンバイです。)

 

表3-54 SOSE エラー

SOSE エラー メッセージ

Unrecognized Message Type(認識されないメッセージ タイプ)

 

表3-55 SPFA エラー

SPFA エラー メッセージ

Cannot Get Current Card Status(現在のカード ステータスを取得できません。)

Protection Unit Failed Or Missing(保護ユニットで障害が発生したか、保護ユニットがありません。)

Status, Protection Unit Failed or Missing(ステータス、保護ユニットで障害が発生したか、保護ユニットがありません。)

 

表3-56 SPLD エラー

SPLD エラー メッセージ

Cannot Create 1+1 Protection Group(1+1 保護グループを作成できません。)

Cannot Delete Equipment(機器を削除できません。)

Equipment In Use(機器は使用中です。)

FTP Task Is Busy(FTP タスクはビジーです。)

Facility Is Busy(ファシリティはビジーです。)

Protection Unit Locked(保護ユニットはロックされています。)

 

表3-57 SRAC エラー

SRAC エラー メッセージ

Invalid Connection Type(接続タイプが無効です。)

Requested Access Configuration is Invalid(要求したアクセス設定が無効です。)

 

表3-58 SRCN エラー

SRCN エラー メッセージ

Already In Requested Mode(すでに要求したモードです。)

Area already exists on lan interface(LAN インターフェイスにエリアがすでに存在します。)

Cannot use backbone area, lan active(バックボーン エリアを使用できません。LAN がアクティブです。)

Protection Group Already Exists(保護グループがすでに存在します。)

Requested Condition Already Exists(要求した条件がすでに存在します。)

 

表3-59 SROF エラー

SROF エラー メッセージ

1+1 Protection Group Not Found(1+1 保護グループが見つかりません。)

1WAYMON not supported(1WAYMON はサポートされません。)

2F MSSPR Pool Not Available(2F MSSPR プールが使用できません。)

4F MSSPR EastProtect Pool Is Not Available(4F MSSPR EastProtect プールが使用できません。)

4F MSSPR Pool Not Available(4F MSSPR プールが使用できません。)

4F MSSPR WestProtect Pool Is Not Available(4F MSSPR WestProtect プールが使用できません。)

ADM Peer Group Does Not Exist(ADM ピア グループが存在しません。)

ADM Peer Group Is Provisioned(ADM ピア グループがプロビジョニングされていません。)

AID Does Not Match With Requested Roll Type(AID が要求されたルール タイプと一致しません。)

AID Listing Not Allowed(AID のリストは認められません。)

ALL Rolls Failed(ALL ロールが失敗しました。)

ALS Mode Does Not Allow Laser Restart(ALS モードではレーザーの再起動はできません。)

APC System Is Busy(APC システムはビジーです。)

APC System Is Not Enabled(APC システムがイネーブルではありません。)

Active Flash Not Ready(アクティブ フラッシュが準備完了ではありません。)

Alarm Type Not Found(アラーム タイプが見つかりません。)

Alarm type In Use(アラーム タイプが使用中です。)

All DCCs In Use(すべての DCC が使用中です。)

All Link Terminations On Port Must Terminate On Same Remote Node(ポート上のすべてのリンク終端は同じリモート ノードで終端する必要があります。)

All Rolls Failed to Cancel(すべてのロールのキャンセルが失敗しました。)

All Rolls Failed to Complete(すべてのロールの終了が失敗しました。)

All Rolls Failed to Edit(すべてのロールの編集が失敗しました。)

BFDL Mode Requires ESF Framing(BFDL モードには ESF フレーミングが必要です。)

MSSPR In Use(MSSPR は使用中です。)

MSSPR Pool Not Available(MSSPR プールが使用できません。)

MSSPR Protect High Order Path List Is Empty(MSSPR 保護の高次パス リストが空白です。)

MSSPR Spans Are Not Locked(MSSPR スパンはロックされていません。)

Bridge And Roll Not Supported On Roll From And/Or Roll To(Roll From および/または Roll To でのブリッジ アンド ロールはサポートされません。)

CKTID Does Not Match(CKTID が一致しません。)

CMDMDE Must Be FRCD To Create Protection Group With Pre-provisioned Cards(まだプロビジョニングされていないカードで保護グループを作成する場合、CMDMDE は FRCD でなければなりません。)

Can Not Get IOS Config Source Origin(IOS コンフィギュレーションのソース オリジンを取得できません。)

Cannot Access 1+1 Line(1+1 回線にアクセスできません。)

Cannot Access 1+1 Protected Line(1+1 保護された回線にアクセスできません。)

Cannot Access 2 Fiber MSSPR(2 ファイバ MSSPR にアクセスできません。)

Cannot Access 4 Fiber MSSPR East Protection(4 ファイバ MSSPR イースト保護にアクセスできません。)

Cannot Access 4 Fiber MSSPR West Protection(4 ファイバ MSSPR ウェスト保護にアクセスできません。)

Cannot Access 4F MSSPR(4F MSSPR にアクセスできません。)

Cannot Access Alarm Log(アラーム ログにアクセスできません。)

Cannot Access Audit Log(監査ログにアクセスできません。)

Cannot Access MSSPR 2 Wire Line(MSSPR 2 ワイヤ回線にアクセスできません。)

Cannot Access MSSPR 2-Wire Line(MSSPR 2 ワイヤ回線にアクセスできません。)

Cannot Access MSSPR(MSSPR にアクセスできません。)

Cannot Access Cross-Connection(クロスコネクトにアクセスできません。)

Cannot Access DCC(DCC にアクセスできません。)

Cannot Access Facility(ファシリティにアクセスできません。)

Cannot Access PM Mode(PM モードにアクセスできません。)

Cannot Access Performance Monitoring Statistics(パフォーマンス モニタリング統計にアクセスできません。)

Cannot Access Protected Equipment(保護された機器にアクセスできません。)

Cannot Access Protection Group Information(保護グループ情報にアクセスできません。)

Cannot Access Protection Group Name(保護グループ名にアクセスできません。)

Cannot Access Protection Group Reversion Information(保護グループのリバージョン情報にアクセスできません。)

Cannot Access Reversion Information(リバージョン情報にアクセスできません。)

Cannot Access High Order Path(高次パスにアクセスできません。)

Cannot Access TAP(TAP にアクセスできません。)

Cannot Access Unprotected Line(保護されない回線にアクセスできません。)

Cannot Access Low Order Path(低次パスにアクセスできません。)

Cannot Add Equipment(機器を追加できません。)

Cannot Change Card Mode In SWDL State(SWDL ステートでカード モードを変更できません。)

Cannot Change Configuration With Port Having Connection(ポートを接続した状態で設定を変更できません。)

Cannot Change Entity In A Protection Group(保護グループ中のエンティティを変更できません。)

Cannot Change Equipment Type(機器タイプを変更できません。)

Cannot Change Ethernet IP With DHCP Provisioned(DHCP をプロビジョニングしている場合、イーサネット IP を変更できません。)

Cannot Change Ethernet IP With OSPF Provisioned(OSPF をプロビジョニングしている場合、イーサネット IP を変更できません。)

Cannot Change G.709 Setting On This Card(このカードの G.709 設定は変更できません。)

Cannot Change G.709 Setting With Port Having Connection(ポートを接続した状態で G.709 設定を変更できません。)

Cannot Change Payload When Regeneration Group Exist(リジェネレーション グループが存在する場合、ペイロードを変更できません。)

Cannot Change Threshold Values On Protect Card(保護カードのスレッシュホールド値を変更できません。)

Cannot Change Timing Reference When User Switch Exists(ユーザ スイッチが存在する場合、タイミング基準を変更できません。)

Cannot Change XTC Protection Group(XTC 保護グループを変更できません。)

Cannot Clear Performance Monitoring Statistics On Protect Card(保護カードのパフォーマンス モニタリング統計をクリアできません。)

Cannot Configure SYNC(SYNC を設定できません。)

Cannot Create Cross-Connection Between Incompatible Interfaces(不適合なインターフェイス間にクロスコネクトを作成できません。)

Cannot Create OCHNC With Invalid DWDM Network Type(DWDM ネットワーク タイプが無効な場合、OCHNC は作成できません。)

Cannot Create Protection Group(保護グループを作成できません。)

Cannot Create TAP On Last Low Order Path(最後の低次パスに TAP を作成できません。)

Cannot Create TAP(TAP を作成できません。)

Cannot Create Y cable Protection(Y 字ケーブル保護を作成できません。)

Cannot Delete CCAT Cross-Connection In Forced Mode(Forced モードで CCAT クロスコネクトを削除できません。)

Cannot Delete Cross-Connection(クロスコネクトを削除できません。)

Cannot Delete Last Drop(最終ドロップを削除できません。)

Cannot Delete Link Termination Having Active Circuit(回線がアクティブ状態のリンク終端を削除できません。)

Cannot Delete Protected Equipment(保護された機器を削除できません。)

Cannot Delete Protection Group(保護グループを削除できません。)

Cannot Delete System Defined Alarm Type(システム定義のアラーム タイプは削除できません。)

Cannot Delete VCAT Group When Members Are In Group(グループにメンバーが存在する場合、VCAT グループを削除できません。)

Cannot Delete VCAT Group(VCAT グループを削除できません。)

Cannot Delete VCAT Member When It Is In Group(VCAT メンバーがグループに属しているとき、そのメンバーを削除できません。)

Cannot Delete VCG Member In Current State(現在の状態の VCG メンバーは削除できません。)

Cannot Disable DWRAP With FEC Enabled(FEC がイネーブルの場合、DWRAP をディセーブルにできません。)

Cannot Disable DWRAP With GCC Enabled(GCC がイネーブルの場合、DWRAP をディセーブルにできません。)

Cannot Disable DWRAP.(DWRAP をディセーブルにできません。)Orderwire Circuit Exists(オーダーワイヤ回線が存在します。)

Cannot Disable DWRAP.(DWRAP をディセーブルにできません。)Y-Cable Protection Exists(Y 字ケーブル保護が存在します。)

Cannot Edit Ethernet IP(イーサネット IP を編集できません。)

Cannot Edit High Order path(高次パスを編集できません。)

Cannot Enable DWRAP With DCC Enabled(DCC がイネーブルの場合、DWRAP をイネーブルにできません。)

Cannot Enable FEC When G.709 Is Disabled(G.709 がディセーブルの場合、FEC をイネーブルにできません。)

Cannot Enable FEC With DWRAP Disabled(DWRAP がディセーブルの場合、FEC をイネーブルにできません。)

Cannot Modify Protect Card(保護カードを変更できません。)

Cannot Operate Terminal Loopback With AISONLPBK Enabled(AISONLPBK がイネーブルの場合、端末ループバックを操作できません。)

Cannot Perform ACO(ACO を実行できません。)

Cannot Provision Equipment(機器をプロビジョニングできません。)

Cannot Provision Filler Equipment(フィラー機器をプロビジョニングできません。)

Cannot Provision Protection Equipment(保護機器をプロビジョニングできません。)

Cannot Retrieve Performance Monitoring Statistics From Protect Card(保護カードからパフォーマンス モニタリング統計を取得できません。)

Cannot Retrieve Threshold Values From Protect Card(保護カードからスレッシュホールド値を取得できません。)

Cannot Roll Hairpin Connection(ヘアピン接続のロールは認められません。)

Cannot Set ALS Mode(ALS モードを設定できません。)

Cannot Set Bidirectional Protection Group(双方向保護グループを設定できません。)

Cannot Set DCC When Digital Wrapper Is Enabled(デジタル ラッパーがイネーブルの場合、DCC を設定できません。)

Cannot Set GCC When DWRAP Is Disabled(DWRAP がディセーブルの場合、GCC を設定できません。)

Cannot Set GCCRATE With GCC Disabled(GCC がディセーブルの場合、GCCRATE を設定できません。)

Cannot Set GFP Buffer With AutoThresholdGfpBuf On(AutoThresholdGfpBuf がオンの場合、GFP バッファを設定できません。)

Cannot Set Linkcredits With AutoDetection On(AutoDetection がオンの場合、リンク クレジットを設定できません。)

Cannot Set Loopback In Current Mode(現在のモードでループバックを設定できません。)

Cannot Set NodeId(ノード ID を設定できません。)

Cannot Set Payload Type(ペイロード タイプを設定できません。)

Cannot Set Protection Group Name(保護グループ名を設定できません。)

Cannot Set RETIME, Port In Use(RETIME を設定できません。ポートが使用中です。)

Cannot Set ROLE When WDM Is Disabled(WDM がディセーブルの場合、ROLE を設定できません。)

Cannot Set RingId(リング ID を設定できません。)

Cannot Set Span Revertive Mode Unless 4-Fiber Ring(4 ファイバ リングでない場合、スパンのリバーティブ モードを設定できません。)

Cannot Set Span Revertive Time In Non-revertive Mode(ノンリバーティブ モードでは、スパンのリバーティブ時間を設定できません。)

Cannot Set Span Revertive Time Unless 4-Fiber Ring(4 ファイバ リングでない場合、スパンのリバーティブ時間を設定できません。)

Cannot Set Termination Mode(終端モードを設定できません。)

Cannot Set Wave Length(波長を設定できません。)

Cannot Setup Connection With Port In locked-maintenance(ポートが locked-maintenance の場合、接続を確立できません。)

Cannot Switch For Specified Connection Type(指定した接続タイプにスイッチできません。)

Cannot Switch For Specified Path(指定したパスにスイッチできません。)

Cannot Update AISONLPBK When Loopback In Progress(ループバックを実行中の場合、AISONLPBK を更新できません。)

Cannot Update Synchronization Reference List(同期基準リストを更新できません。)

Cannot force 1way destination roll(1 ウェイの宛先ロールを強制することはできません。)

Cannot modify cross connect right now(現時点ではクロスコネクトを変更できません。)

Card Mode Provisioning Failed(カード モードのプロビジョニングが失敗しました。)

Clear PM Not Supported(クリアな PM はサポートされません。)

Command Not Supported(コマンドがサポートされません。)

Connection In Loopback(接続はループバックです。)

Connection In Roll(接続はロール中です。)

Connection In Test Access(接続は Test Access 中です。)

Connection In Topology Upgrade(接続はトポロジー更新中です。)

Connection Is Already In Roll(接続はすでにロール中です。)

Connection Type Error(接続タイプ エラー)

Control Channel In Use(コントロール チャネルが使用中です。)

Could Not Delete Protection(保護を削除できませんでした。)

Could not provision area(エリアをプロビジョニングできませんでした。)

Cross-Connection Creation Failed(クロスコネクトの作成が失敗しました。)

Cross-Connection Does Not Exist(クロスコネクトが存在しません。)

Cross-connection Was Not Found(クロスコネクトが見つかりませんでした。)

Cross connection deletion failed(クロスコネクトの削除が失敗しました。)

DCC Does Not Exist(DCC が存在しません。)

DCC In Use(DCC が使用中です。)

DCC Not In Use(DCC は使用中ではありません。)

DCC Termination Is Required to Set OSPF(OSPF を設定するには DCC 終端が必要です。)

DWRAP Not Enabled(DWRAP がイネーブルではありません。)

Data Link Using TE Link(データ リンクで TE リンクが使用されています。)

Data Not Available(使用できません。)

Database Is Busy(データベースがビジーです。)

Distance Extension And Directional Mode Are Not Compatible(距離延長、および双方向モードのモードが不適合です。)

Duplicate Alarm Type Create Attempted(重複するアラーム タイプの作成を試みました。)

Duplicate FTP Server Create Attempted(重複する FTP サーバの作成を試みました。)

Duplicate IP Address Route(IPアドレス ルートが重複しています。)

Duplicate Remote Link Termination Information(リモート リンク終端情報が重複しています。)

Duplicate Remote TE Link(リモート TE リンクが重複されています。)

Duplicate Tunnel Create Attempted(重複するトンネル作成を試みました。)

Duplicate VLAN Create Attempted(重複する VLAN の作成を試みました。)

East And West Ports Must Have Dcc Terminations(イースト ポートとウェスト ポートには Dcc 終端が必要です。)

Element Not Found(要素が見つかりません。)

Element not available(要素が使用できません。)

End Facilities Are Using Different Wavelength(エンド ファシリティで使用する波長が異なります。)

End Facilities Do Not Have An Internal Path(エンド ファシリティに内部パスがありません。)

Equipment Does Not Match Request(機器が要求と一致しません。)

Equipment Does Not Support 8B10B Montypes(機器が 8B10B Montype をサポートしません。)

Equipment Does Not Support Cross-connection Loopback(機器がクロスコネクト ループバックをサポートしません。)

Equipment Is Double Slot Sized(機器のスロットがダブル サイズです。)

Equipment Provisioning Failed(機器のプロビジョニングが失敗しました。)

Ethernet IP And Default Router IP Subnets Are Different(イーサネット IP とデフォルト ルータ IP サブネットが異なります。)

Exceed Max Matrix Port Allowed For VC11 Path(VC11 パスに認められる最大マトリクス ポートを超えています。)

Exceed Max Matrix Port Allowed For VC12 Path(VC12 パスに認められる最大マトリクス ポートを超えています。)

Expected Trace Size Exceeds Trace Format Limit(要求したトレース サイズがトレース形式の制限を超えています。)

FTP Server Not Found (FTP サーバが見つかりません。)

Facilities Are Not On Boundary(ファシリティが境界上にありません。)

Facilities Belong To Different Node Sides(ファシリティが属するノード サイドが異なります。)

Facilities Must Be On Different Node Sides(ファシリティは別のノード サイドになければなりません。)

Facility Does Not Support Laser Restart(ファシリティはレーザーの再起動をサポートしません。)

Facility Has Unknown Node Side(ファシリティのノード サイドが不明です。)

Facility Not Part Of Appropriate MSSPR(ファシリティは 適切な MSSPR の一部になっていません。)

Facility Not Protected(ファシリティは保護されていません。)

Fail To Add RTO(RTO の追加が失敗しました。)

Flash Is Busy(フラッシュはビジーです。)

Force To Primary Not Allowed(プライマリへの強制は認められません。)

Generation1 Does Not Support Given Quality Of RES(世代 1 は指定した RES 品質をサポートしません。)

Generic ios config upload failure message(一般的な IOS コンフィギュレーション アップロードの失敗メッセージ)

Get IOR Failed(IOR の取得が失敗しました。)

Has Valid Roll Signal Already(すでに有効なロール信号があります。)

Hello Dead Less Than 3X Hello(Hello Dead の間隔が 3X Hello を下回ります。)

Hello Dead Max Less Than Max(Hello Dead の最大間隔が最大値を下回ります。)

Hello Dead Max Less Than Min(Hello Dead の最大間隔が最小値を下回ります。)

Hello Dead Max Too Large(Hello Dead の最大間隔が大きすぎます。)

Hello Dead Min Less Than Min(Hello Dead の最小間隔が最小値を下回ります。)

Hello Dead Min Too Small(Hello Dead の最小間隔が小さすぎます。)

Hello Dead Out Of Range(Hello Dead の間隔が範囲を超えています。)

Hello Max Less Than Min(Hello の最大値が最小値を下回ります。)

Hello Max Too Large(Hello の最大値が大きすぎます。)

Hello Min Too Small(Hello の最小値が小さすぎます。)

Hello Out Of Range(Hello が範囲を超えています。)

Host Not In IP Address Format(ホストが IP アドレス形式ではありません。)

IPPM Not Supported By Equipment Type(IPPM は機器タイプでサポートされません。)

Impedance Not Applicable With Current Configuration(現在の設定でインピーダンスは適用されません。)

Insufficient Path Width For Cross-Connection(クロスコネクト用にパス幅が不足しています。)

Insufficient Path Width For Test Access(Test Access 用にパス幅が不足しています。)

Insufficient Path Width on Roll Destination(ロール宛先でパス幅が不足しています。)

Interlink Port Does Not Exist(インターリンク ポートが存在しません。)

Internal Database Error(内部データベース エラー)

Internal Exercise Failure(内部動作試験エラー)

Internal Facility Type Failure(内部ファシリティ タイプ エラー)

Invalid AID(AID が無効です。)

Invalid ALS Recovery Interval(ALS リカバリ インターバルが無効です。)

Invalid ALS Recovery Pulse Width(ALS リカバリ パルス幅が無効です。)

Invalid MS-SPRing DRI Drop(MS-SPRing DRI ドロップが無効です。)

Invalid Broadcast Remote IP Address(ブロードキャスト リモート IP アドレスが無効です。)

Invalid Class A Remote IP Address(クラス A リモート IP アドレスが無効です。)

Invalid Class B Remote IP Address(クラス B リモート IP アドレスが無効です。)

Invalid Class C Remote IP Address(クラス C リモート IP アドレスが無効です。)

Invalid Control Type (CONTTYPE) For AID(コントロール タイプ [CONTTYPE] が AID に対して無効です。)

Invalid Cross Connect Type For VCG(クロスコネクト タイプが VCG に対して無効です。)

Invalid Cross-Connection Path(クロスコネクト パスが無効です。)

Invalid Cross-Connection Type (CRSTYPE)(クロスコネクト タイプ [CRSTYPE] が無効です。)

Invalid Cross-Connection Type For Drops(クロスコネクト タイプがドロップに対して無効です。)

Invalid Drop Path(ドロップ パスが無効です。)

Invalid Local Node ID(ローカル ノード ID が無効です。)

Invalid Local Port(ローカル ポートが無効です。)

Invalid Loopback Provision(ループバック プロビジョニングが無効です。)

Invalid Operation For Connection Type(操作が接続タイプに対して無効です。)

Invalid Operation For Specified Path(操作が指定したパスに対して無効です。)

Invalid Path(パスが無効です。)

Invalid Payload For LMP Data Link(LMP データ リンクのペイロードが無効です。)

Invalid Protection Group(保護グループが無効です。)

Invalid Protection Switch Operation(保護切り替え動作が無効です。)

Invalid Provisioning For Current Configuration(プロビジョニングが現在の設定に対して無効です。)

Invalid RMODE(RMODE が無効です。)

Invalid Reference Source for Timing(タイミング基準ソースが無効です。)

Invalid Remote Data Link ID(リモート データ リンク ID が無効です。)

Invalid Remote Network Element(リモート ネットワーク要素が無効です。)

Invalid Remote TE Link ID(リモート TE リンク ID が無効です。)

Invalid SYNC entity(SYNC エンティティが無効です。)

Invalid State When Loopback Present(ループバックが存在する場合、ステートが無効です。)

Invalid Subnet Mask(サブネット マスクが無効です。)

Invalid Synchronization Source(同期ソースが無効です。)

Invalid SNCP Path(SNCP パスが無効です。)

Invalid Username/Password(ユーザ名/パスワードが無効です。)

Invalid WDMANS PPMESH Parameter(WDMANS PPMESH パラメータが無効です。)

Invalid type for this Cross connection(タイプがこのクロスコネクトに対して無効です。)

Is Not 1+1 Element Type(1+1 要素タイプではありません。)

J0 Section Trace Level Not Supported By 10GE Payload Type(10GE ペイロード タイプでは J0 セクション トレース レベルはサポートされません。)

LMP Data Link Using Port(LMP データ リンクがポートを使用しています。)

Laser Was Not Shutdown.Cannot Restart Laser(レーザーはシャットダウンされていません。レーザーを再起動できません。)

Line Code Not Applicable With Current Configuration(現在の設定で回線コードは適用されません。)

Link Does Not Exist(リンクが存在しません。)

Link Termination Does Not Exist(リンク終端が存在しません。)

Link Termination Id Already In Use(リンク終端 ID がすでに使用されています。)

Local And Remote IP Addresses the Same(ローカルとリモートの IP アドレスが同じです。)

Location Incompatible With Loopback Type(ロケーションがループバック タイプと不適合です。)

Loopback Not Allowed On Drop Path(ドロップ パスではループバックは認められません。)

Loopback Type Does Not Match(ループバック タイプが一致しません。)

MIC Cards Cannot Be Reset(MIC カードをリセットできません。)

Maximum Control Controls Provisioned(最大数のコントロールがプロビジョニングされています。)

Maximum DIAG Cross connect Limit Reached(DIAG クロスコネクトの最大数に達しました。)

Maximum Data Links For TE Link Provisioned(TE リンクの最大データ リンクがプロビジョニングされています。)

Maximum Data Links Provisioned(最大データ リンクがプロビジョニングされています。)

Maximum Drop Limit Reached(ドロップの最大数に達しました。)

Maximum FTP server Creation Limit Exceeded(FTP サーバ作成の最大数を超えました。)

Maximum Link Terminations On Port Reached(ポートでのリンク終端の最大数に達しました。)

Maximum TE Links Provisioned(最大 TE リンクがプロビジョニングされています。)

Maximum Tunnel Creation Limit Exceeded(トンネル作成の最大数を超えました。)

Maximum User Limit Reached(ユーザの最大数に達しました。)

Maximum UserDefined Alarm Type Limit(ユーザ定義の最大アラーム タイムの限界)

Maximum Low Order Cross Connection Limit Reached(下位クロスコネクトの最大数に達しました。)

Multi-Shelf Mode Not Supported On This Equipment(この機器ではマルチシェルフ モードはサポートされません。)

Multi-Shelf Mode Not Supported On This Platform(このプラットフォームではマルチシェルフ モードはサポートされません。)

Multi-Shelf disable not allowed(マルチシェルフのディセーブルは認められません。)

No Path To Regulate(規制するパスがありません。)

No Start-Up IOS Config(スタートアップ IOS コンフィギュレーションがありません。)

No clock and data copy information from Line cards and SSXC cards(ライン カードおよび SSXC カードからのクロックおよびデータ コピー情報がありません。)

Node::General not available(Node::General は使用できません。)

Node::NetworkConfig not available(Node::NetworkConfig は使用できません。)

Non Revertive Mode Does Not Allow to Set RVTM(ノンリバーティブ モードでは RVTM を設定できません。)

Not Compatible With Protect(保護に適合しません。)

Not Enough Path Width For TACC(TACC 用にパス幅が不足しています。)

Number of Drops Exceed Allowable(ドロップ数が許容される限界を超えています。)

OCH Client Connection Already Exist(OCH クライアント接続がすでに存在します。)

OCH Client Connection Does Not Exist(OCH クライアント接続が存在しません。)

OCHNC Connection Does Not Exist(OCHNC 接続が存在しません。)

One Plus One Line pool not available(1+1 回線プールが使用できません。)

Operate Alarm Cutoff Failed(動作アラーム カットオフが失敗しました。)

Operation Not Suported By XC Card(XC カードで動作がサポートされません。)

Operation Not Supported On Port(ポート上で動作がサポートされません。)

Operation Not Supported(動作はサポートされません。)

Operation not Valid for Connection Type(動作は接続タイプに対して無効です。)

Operation not Valid for Path Specified(動作は指定したパスに対して無効です。)

OspfTopology::OSPFTopo not available(OspfTopology::OSPFTopo は使用できません。)

PM Not Supported For Specified Path(PM は指定したパスでサポートされません。)

Parameter Not Supported When DWRAP Is Enabled(DWRAP がイネーブルの場合、パラメータがサポートされません。)

Path Already In Use(パスはすでに使用されています。)

Path Specified Is Not Valid(指定したパスが無効です。)

Path Used For Test Access(パスは Test Access に使用されています。)

Payload Provisioning Failed(ペイロード プロビジョニングが失敗しました。)

Payload Type Does Not Support Trace(ペイロード タイプはトレースをサポートしません。)

Peer Equipment Attributes Do Not Match(ピア機器のアトリビュートが一致しません。)

Peer Equipment Type Does Not Match(ピア機器のタイプが一致しません。)

Peer Facility Has Loopback(ピア ファシリティにループバックがあります。)

Peer Facility Is unlocked(ピア ファシリティはロック解除されています。)

Peer Facility Not In locked-maintenance(ピア ファシリティが locked-maintenance になっていません。)

Peer Payload Type Does Not Match(ピアのペイロード タイプが一致しません。)

Peer Termination Mode Does Not Match(ピアの終端モードが一致しません。)

Platform Does Not Support Given AIS Threshold Value(プラットフォームは指定した AIS スレッシュホールド値をサポートしません。)

Platform Does Not Support Given Frame-Format Value(プラットフォームは指定したフレーム フォーマット値をサポートしません。)

Platform Does Not Support Given Line Code Value(プラットフォームは指定したライン コード値をサポートしません。)

Platform Does Not Support Given Quality Of RES(プラットフォーム は指定した RES 品質をサポートしません。)

Pool Does Not Exist(プールが存在しません。)

Pool not available(プールが使用できません。)

Port In Use(ポートは使用中です。)

Port Type Already Provisioned(ポート タイプはすでにプロビジョニングされています。)

Port Type Mismatch(ポート タイプが一致しません。)

Port Type Not Provisioned(ポート タイプがプロビジョニングされていません。)

Protect Port Active(保護ポートはアクティブです。)

Protection Group Busy(保護グループはビジーです。)

Protection Group Does Not Exist(保護グループが存在しません。)

Protection Switch In Progress(保護切り替えが実行中です。)

Protection Switching Failed(保護切り替えが失敗しました。)

Protection Type Mismatch(保護タイプが一致しません。)

Protection Type Not Compatible With Facility(保護タイプがファシリティと不適合です。)

Provisioning Rules Failed(ルールのプロビジョニングが失敗しました。)

RMON Threshold Does Not Exist(RMON スレッシュホールドが存在しません。)

ROLL TO Path Is Already In The Cross connection(ROLL TO パスはクロスコネクトにすでに存在します。)

Regeneration Group Already Exist(リジェネレーション グループはすでに存在します。)

Regeneration Group Does Not Exist(リジェネレーション グループが存在しません。)

Remote IP Address Cannot Be Class D Or E(リモート IP アドレスはクラス D または E にはなれません。)

Remote IP Address Cannot Equal The Node IP Address(リモート IP アドレスはノード IP アドレスと同じであってはなりません。)

Remote IP Address Cannot Equal The Node Mask(リモート IP アドレスはノード マスクと同じであってはなりません。)

Remote IP Address Has Invalid Host Portion(リモート IP アドレスのホスト部分が無効です。)

Remote IP Address Is All Ones(リモート IP アドレスがオール 1 です。)

Remote IP Address On Internal Net(リモート IP アドレスが内部ネットになっています。)

Remote IP Address On Local Net(リモート IP アドレスがローカル ネットになっています。)

Requested Operation Failed(要求した操作が失敗しました。)

Requested Tap Busy(要求した TAP がビジーです。)

Ring Reversion Failed(リングのリバージョンが失敗しました。)

Roll Failed(ロールが失敗しました。)

Roll To Path Not Aligned(Roll To パスがアラインメントされていません。)

SDBER Out Of Range(SDBER が範囲外です。)

RS-DCC creation failed(RS-DCC の作成が失敗しました。)

SFBER Out Of Range(SFBER が範囲外です。)

SSet PRG Reversion Failed(SSet PRG Reversion が失敗しました。)

High Order Path Does Not Exist(高次パスが存在しません。)

High Order Path Does Not Have TAP(高次パスに TAP がありません。)

High Order Path Width Does Not Match(高次パスの幅が一致しません。)

Path Width Does Not Match(パス幅が一致しません。)

Path Rates Do Not Match(パス レートが一致しません。)

SaBit Not Applicable With Current Configuration(現在の設定で SaBit は適用されません。)

Section Termination Mode Not Supported(セクション終端モードがサポートされません。)

Security::General not available(Security::General は使用できません。)

Set PRG Bidirectional Failed(Set PRG Bidirectional が失敗しました。)

Set PRG Name Failed(Set PRG Name が失敗しました。)

Side Not Applicable To WDMANS Application(サイドは WDMANS アプリケーションに適用されません。)

Slot Does Not Support New Equipment Type(スロットが新しい機器タイプをサポートしません。)

Software Activation Failed(ソフトウェアのアクティブ化が失敗しました。)

Software Download Failed(ソフトウェアのダウンロードが失敗しました。)

Software Error(ソフトウェア エラー)

Software Reversion Failed(ソフトウェアを元に戻す処理が失敗しました。)

Span Reversion Failed(スパンを元に戻す処理が失敗しました。)

Specified Operation Is Not Valid(指定した動作は無効です。)

Standby Flash Not Ready(スタンバイ フラッシュが準備完了ではありません。)

Sync Reference List Update Failed(同期基準リストの更新が失敗しました。)

Synchronization Status Messaging (SSM) Not Supported In Current Configuration(現在の設定で Synchronization Status Messaging [SSM] はサポートされません。)

Synchronization/Timing Parameters Not Supported With DWRAP Enabled(DWRAP がイネーブルの場合、同期/タイミング パラメータはサポートされません。)

TAP connected(TAP は接続されています。)

TARP Origination Is Disabled(TARP の起点がディセーブルになっています。)

TCC Type Does Not Support Given Framing Type(TCC タイプは指定したフレーミング タイプをサポートしません。)

TE Link In Use(TE リンクが使用中です。)

TE Link Using Control Channel(TE リンクがコントロール チャネルを使用しています。)

TID exists in TADRMAP.(TADRMAP に TID が存在します。)

TTI Trace Not Allowed With G709 Disabled(G709 がディセーブルの場合、TTI トレースは認められません。)

Tap Not Provisioned(TAP はプロビジョニングされていません。)

Test Access Active(Test Access がアクティブです。)

Test Access Not Supported On Card(カードで Test Access はサポートされません。)

The Maximum number of TID-Address pairs has been reached(TID アドレス ペアの最大数に達しました。)

This Timer Not Applicable to Standard 1+1(このタイマーは標準 1+1 に適用できません。)

Trace Format Not Supported By J0 Section Trace(トレース フォーマットが J0 セクション トレースでサポートされません。)

Trace Format Not Supported By TTI Section Trace(トレース フォーマットが TTI セクション トレースでサポートされません。)

Trace Format Unsupported(トレース形式がサポートされません。)

Trace Message Size Exceeds Trace Format Limit(トレース メッセージのサイズがトレース フォーマットの制限を超えています。)

Trace Mode Incompatible With Termination Mode(トレース モードが終端モードと不適合です。)

Trace Mode Not Supported(トレース モードがサポートされません。)

Trap Destination Already Exists(トラップ宛先がすでに存在します。)

Trap Destination Does Not Exist(トラップ宛先が存在しません。)

Trap Table Full(トラップ テーブルが満杯です。)

Tunnel Not Found(トンネルが見つかりません。)

SNCP Needed To Change Revertive Behavior(リバーティブ動作を変更するには SNCP が必要です。)

SNCP Selector Not Allowed On Non-Optical Ports(光以外のポートでは SNCP セレクタは認められません。)

Unable To Cancel Roll(ロールをキャンセルできません。)

Unknown Internal Error(不明の内部エラー)

Unprotected Line pool not available(非保護回線プールが使用できません。)

Unprovisioning Rules Failed(ルールのプロビジョニング解除が失敗しました。)

Unsupported MSSPR High Order Path Operation(MSSPR 高次パス動作がサポートされません。)

Unsupported Command Type(コマンド タイプがサポートされません。)

Unsupported Element Type(要素タイプがサポートされません。)

VCG Does Not Exist(VCG が存在しません。)

VLAN Already In Use(VLAN はすでに使用中です。)

VLAN Not Applicable(VLAN は適用されません。)

Low Order Cross-Connection Does Not Exist(下位クロスコネクトが存在しません。)

Low Order Path Does Not Exist(低次パスが存在しません。)

Low Order Path Does Not Have Tap(低次パスに TAP がありません。)

Low Order Path Width Does Not Match(低次パスの幅が一致しません。)

WDMANS Not Regulated(WDMANS は規制されません。)

WDMANS System Is Busy(WDMANS システムはビジーです。)

Wavelength Value Not Supported(波長値がサポートされません。)

Working/Peer Card In Use(現用/ピア カードが使用中です。)

Wrong Interface Type(インターフェイス タイプが不正です。)

XC Card Does Not Support Low Order Cross-Connection(XC カードは下位クロスコネクトをサポートしません。)

XC Card Not Present(XC カードが存在しません。)

XCVXL Card Not Present(XCVXL カードが存在しません。)

Y-Cable Protection Does Not Exist(Y 字ケーブル保護が存在しません。)

 

表3-60 SRQN エラー

SRQN エラー メッセージ

Admssm Not Allowed When SSM Enabled(SSM がイネーブルの場合、Admssm は認められません。)

MSSPR Creation Failed(MSSPR の作成が失敗しました。)

MSSPR Deletion Failed(MSSPR の削除が失敗しました。)

MSSPR Does Not Exist(MSSPR が存在しません。)

MSSPR Editing Failed(MSSPR の編集が失敗しました。)

Cannot Create Automatic Links(自動リンクを作成できません。)

Cannot Edit ADMSSM On Protect Port(保護ポートで ADMSSM を編集できません。)

Cannot Edit HIWRMK While Port Is In Transponder Mode(ポートがトランスポンダ モードにある間に HIWRMK は編集できません。)

Cannot Edit LOWRMK While Port Is In Transponder Mode(ポートがトランスポンダ モードにある間に LOWRMK は編集できません。)

Cannot Edit MFS While Port Is In Transponder Mode(ポートがトランスポンダ モードにある間に MFS は編集できません。)

Cannot Edit SENDDUS On Protect Port(保護ポートの SENDDUS を編集できません。)

Cannot Edit SYNCMSG On Protect Port(保護ポートの SYNCMSG を編集できません。)

DCC Not Allowed In SDH Mode(SDH モードでは DCC は認められません。)

DCC Not Allowed On Protect Port(保護ポートでは DCC は認められません。)

DCC not enabled(DCC がイネーブルではありません。)

Data Access Request Failed(データ アクセス要求が失敗しました。)

Invalid Mode For Current Configuration(モードが現在の設定で無効です。)

Invalid Request(要求が無効です。)

OSC Group Already Exists(OSC グループがすでに存在します。)

OSC Group Does Not Exist(OSC グループは存在しません。)

Path loopback already exists(パス ループバックがすでに存在します。)

Protect Card Does Not Support Electrical Protection(保護カードが電気保護をサポートしません。)

Protect Card Does Not Support Protection Type(保護カードが保護タイプをサポートしません。)

SDH Not Allowed On Protect Port(保護ポートでは SDH は認められません。)

SDH Not Allowed With DCC(DCC では SDH は認められません。)

SDH Not Allowed With SENDDUS(SENDDUS では SDH は認められません。)

SDH Not Allowed With SYNCMSG(SYNCMSG では SDH は認められません。)

SDH Not Allowed(SDH は認められません。)

SECURITY CANNOT BE CHANGED(セキュリティは変更できません。)

SENDDUS Not Allowed With SDH Mode(SDH モードでは SENDDUS は認められません。)

High Order Cross-Connection Does Not Exist(上位クロスコネクトが存在しません。)

SYNCMSG Not Allowed With SDH Mode(SDH モードでは SYNCMSG は認められません。)

Sync Status Messaging(SSM) Not Allowed With SDH Mode(SDH モードでは Sync Status Messaging [SSM] は認められません。)

TCC CANNOT SUPPORT FRONT-END PORT(TCC はフロントエンド ポートをサポートできません。)

Low Order Cross-Connection Does Not Exist(下位クロスコネクトが存在しません。)

 

表3-61 SRTN エラー

SRTN エラー メッセージ

TAP Not Found(TAP が見つかりません。)

 

表3-62 SSRD エラー

SSRD エラー メッセージ

Manual Switch Cannot Override Forced Switch(手動切り替えで強制切り替えを上書きできません。)

Switch Request Denied(スイッチ要求が拒否されました。)

 

表3-63 SSRE エラー

SSRE エラー メッセージ

GNE:ENE Connection Closed(GNE:ENE 接続が閉じられました。)

GNE:System Resources Exceeded - FD(GNE:システム リソースを超過しました ― FD)

GNE:System Resources Exceeded - Lock(GNE:システム リソースを超過しました ― ロック)

GNE:System Resources Exceeded - Thread(GNE:システム リソースを超過しました ― スレッド)

Memory Resources Exceeded(メモリ リソースを超過しました。)

Memory resource denial(メモリ リソース拒否)

 

表3-64 SWFA エラー

SWFA エラー メッセージ

Status, Working Unit Failed or Missing(ステータス、現用ユニットで障害が発生したか、現用ユニットがありません。)

Working Unit Failed Or Missing(現用ユニットで障害が発生したか、現用ユニットがありません。)

 

表3-65 SWLD エラー

SWLD エラー メッセージ

Working Unit Locked(現用ユニットがロックされています。)

3.2 エコー

自動システム用に Telnet 機能を改良するため、エコー機能はオフになっています。この変更は、標準の UNIX 準拠 Telnet クライアントを実行するユーザには透過的ですが、PC ユーザはクライアントの設定を変更して「ローカル エコー」をイネーブルにしなければならない場合があります。この変更には通常、ドロップダウン リストまたは基本設定アトリビュートを使用します。

PC クライアント上でローカル エコーをテストするには、RTRV-HDR コマンドを使用します。応答を受信してもデータを受信しない場合、ローカル エコーをオンに設定してください。TL1 セッションの終了後は、機密情報を含むウィンドウをすべて閉じることを推奨します。