Cisco ONS SONET TL1 コマンド ガイド Release 7.2
CLR コマンド
CLR コマンド
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

CLR コマンド

CLR コマンド

この章では、Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、および ONS 15600 の clear(CLR)コマンドについて説明します。

6.1 CLR-COND-SECU

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Clear Security Condition(CLR-COND-SECU)コマンドは、指定した持続状態をクリアします。

 
使用上のガイドライン

Software Release 6.0 以降では、INTRUSION-PSWD パラメータ値だけがサポートされています。

カテゴリ

セキュリティ

セキュリティ

スーパーユーザ

入力形式

CLR-COND-SECU:[<TID>]::<CTAG>[::<SECUALMTYPE>];

入力例

CLR-COND-SECU:CISCO::123::INTRUSION-PSWD:

入力パラメータ

<SECUALMTYPE>

保護アラームのタイプ。デフォルトは INTRUSION-PSWD です。パラメータ タイプはセキュリティ アラーム タイプ(SECUALMTYPE)です。

INTRUSION-PSWD

ログイン時に無効なパスワードを使用すると発生する状態。この状態は、無効なパスワードが指定の回数使用された場合にだけ発生します。