Cisco ONS SONET TL1 コマンド ガイド Release 7.2
SET コマンド
SET コマンド
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

SET コマンド

SET コマンド

この章では、Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA および ONS 15600 の set(SET)コマンドについて説明します。

23.1 SET-ALMTH-<MOD2>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA)10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、CLNT、D1VIDEO、DS1、DV6000、E1、E3、E4、EC1、ESCON、ETRCLO、FSTE、G1000、GFPOS、GIGE、HDTV、ISC1、OC12、OC192、OC3、OC48、OCH、OMS、OTS、POS、STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、STS9C、T1、T3、VC12、VC3、VT1 または VT2 の Set Alarm Threshold()(SET-ALMTH-<MOD2>)コマンドは、次のカード/ポート/チャネルにアラーム スレッシュホールドを設定します。MXP_2.5G_10G、TXP_MR_10G、Optical Service Channel(OSC; オプティカル サービス チャネル)、光増幅器、Dispersion Compensation Unit(DCU; 分散補償ユニット)、マルチプレクサ、デマルチプレクサ、および Optical Add/Drop Multiplexing(OADM; 光分岐挿入)です。

 
使用上のガイドライン

適用可能な MOD2 の値は CLNT、OCH、OMS、OTS だけです。

カテゴリ

障害

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-ALMTH-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<CONDTYPE>,<THLEV>[,,,];

入力例

SET-ALMTH-{MOD2}::FAC-1-1:1::OPT-LOW,10;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)。ヌルにはできません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは ALM_THR(MXP_2.5G_10G、TXP_MR_10G、OSCM、OSC-CSM、OPT-PRE、OPT-BST、MD-4、MUX-32、DMX-32、AD-1C、AD-2C、AD-4C、AD-1B、および AD-4B カードのアラーム スレッシュホールド リスト)です。

BATV-EHIGH

バッテリ電圧 ― きわめて高い

BATV-ELOW

バッテリ電圧 ― 極めて低い

BATV-HIGH

バッテリ電圧 ― 高い

BATV-LOW

バッテリ電圧 ― 低い

GAIN-HDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、高

GAIN-HFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、高

GAIN-LDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、低

GAIN-LFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、低

LBCL-HIGH

レーザー バイアス電流(µA、パーミル値)。警告スレッシュホールド ― 高、警告スレッシュホールド ― 低。測定値(0.0%、100%)

OPR-HIGH

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPR-LOW

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-HIGH

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-LOW

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPWR-HDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、高

OPWR-HFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、高

OPWR-LDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、低

OPWR-LFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、低

VOA-HDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、高

VOA-HFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、高

VOA-LDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、低

VOA-LFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、低

<THLEVEL>

スレッシュホールド レベル。THLEVEL は浮動小数です。

23.2 SET-ALMTH-EQPT

(Cisco ONS 15454)Set Alarm Threshold Equipment(SET-ALMTH-EQPT)コマンドは、アラーム スレッシュホールドを設定してNetwork Element(NE; ネットワーク要素)でのパワー レベル モニタリングを管理します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

機器

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-ALMTH-EQPT:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::<ALMTHTYPE>,<THLEV>[,,,];

入力例

SET-ALMTH-EQPT::SHELF-2:1::BATV-HIGH,-53.5;

SET-ALMTH-EQPT:::1::BATV-HIGH,-53.5;

入力パラメータ

<AID>

ノードまたはシェルフのアクセス ID( SHELFを参照)。省略すると、ノードまたはノードの最初のシェルフを指定します。ヌルにはできません。

<CONDTYPE>

アラーム スレッシュホールド タイプ。パラメータ タイプは ALM_THR(MXP_2.5G_10G、TXP_MR_10G、OSCM、OSC-CSM、OPT-PRE、OPT-BST、MD-4、MUX-32、DMX-32、AD-1C、AD-2C、AD-4C、AD-1B、および AD-4B カードのアラーム スレッシュホールド リスト)です。

BATV-EHIGH

バッテリ電圧 ― きわめて高い

BATV-ELOW

バッテリ電圧 ― 極めて低い

BATV-HIGH

バッテリ電圧 ― 高い

BATV-LOW

バッテリ電圧 ― 低い

GAIN-HDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、高

GAIN-HFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、高

GAIN-LDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、低

GAIN-LFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、低

LBCL-HIGH

レーザー バイアス電流(µA、パーミル値)。警告スレッシュホールド ― 高、警告スレッシュホールド ― 低。測定値(0.0%、100%)

OPR-HIGH

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPR-LOW

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-HIGH

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-LOW

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPWR-HDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、高

OPWR-HFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、高

OPWR-LDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、低

OPWR-LFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、低

VOA-HDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、高

VOA-HFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、高

VOA-LDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、低

VOA-LFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、低

<THLEVEL>

スレッシュホールド レベル。THLEV は浮動小数です。

23.3 SET-ATTR-CONT

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Set Attribute Control(SET-ATTR-CONT)コマンドは、外部制御に関連付けられたアトリビュートを設定します。このアトリビュートは、外部制御の開始または停止のときに使用されます。アトリビュートを送信するには、RTRV-ATTR-CONT コマンドを使用します。

 
使用上のガイドライン

CONTTYPE パラメータが指定されていない場合は、AID で指定された制御はプロビジョニング解除されます。

制御はプロビジョニング解除されてから、別のタイプの制御に再プロビジョニングされます。

カテゴリ

環境

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-ATTR-CONT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<CONTTYPE>];

入力例

SET-ATTR-CONT:CISCO:ENV-OUT-1:123::AIRCOND;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)。アトリビュートが検索される外部制御を識別します。

<CONTTYPE>

環境の制御タイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONTTYPE で、環境制御タイプです。

AIRCOND

空調設備

AUDIBLE

可聴(ONS 15310-MA のみ)

ENGINE

エンジン

FAN

ファン

GEN

発電機

HEAT

LIGHT

MISC

その他

SPKLR

スプリンクラ

23.4 SET-ATTR-ENV

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Set Attribute Environment (SET-ATTR-ENV)コマンドは、外部制御に関連付けられたアトリビュートを設定します。

 
使用上のガイドライン

NTFCNCDE、ALMTYPE、および ALMMSG パラメータを省略すると、AID で指定された環境アラームはプロビジョニング解除されます。

アラームを別のタイプのアラームに再プロビジョニングするには、アラームをプロビジョニング解除する必要があるので、発生したアラームが解除されるまで待つ必要があります。

NOTIF_CODE で CL を指定してもコマンドのプロビジョニングには無効です。自律メッセージにのみ有効です。

カテゴリ

環境

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-ATTR-ENV:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>],[<ALMMSG>];

入力例

SET-ATTR-ENV:CISCO:ENV-IN-1:123::MJ,OPENDR,\"OPEN DOOR\";

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)。ヌルにはできません。

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌルにはできません。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<ALMTYPE>

環境アラームのアラーム タイプです。ヌルにはできません。パラメータ タイプは ENV_ALM(環境アラーム タイプ)です。

AIRCOMPR

エアー コンプレッサの障害

AIRCOND

空調設備の障害

AIRDRYR

ドライヤーの障害

BATDSCHRG

バッテリの放電

BATTERY

バッテリの障害

CLFAN

冷却ファンの障害

CPMAJOR

中央集中型電源のメジャー障害

CPMINOR

中央集中型電源のマイナー障害

ENGINE

エンジンの障害

ENGOPRG

エンジンの動作

ENGTRANS

スタンバイ エンジン変換

EXPLGS

爆発性のガス

FIRDETR

火災検知器の障害

FIRE

火災

FLOOD

浸水

FUELLEAK

燃料漏れ

FUSE

ヒューズの障害

GASALARM

爆発性ガス、有毒ガス、通気不足、またはガス モニタの障害

HATCH

CEV ハッチ障害

GEN

発電機の障害

HIAIR

高エアフロー

HIHUM

高湿度

HITEMP

高温

HIWTR

高水位

INTRUDER

侵入

LEVELCON

水準器コンバータ

LVDADSL

セカンダリ ADSL 低電圧切断

LVDBYPAS

低電圧切断バイパス

LWBATVG

低バッテリ電圧

LWFUEL

低燃料

LWHUM

低湿度

LWPRES

低ケーブル圧力

LWTEMP

低温

LWWTR

低水位

MISC

その他

OPENDR

ドア開放

POWER

商用電源障害

PUMP

ポンプの障害

PWR-48

48 V 電源装置の障害

PWR-139

-139 V パワー コンバータ

PWR-190

-190 V パワー コンバータ

PWRMJ

電源装置メジャー

PWRMN

電源装置マイナー

RECT

整流器障害

RECTHI

整流器高電圧

RECTLO

整流器低電圧

RINGGENMJ

呼出信号発生器メジャー

RINGGENMN

呼出信号発生器マイナー

RTACADSL

AC または AC/整流器障害 ADSL 機器

RTACCRIT

AC または AC/整流器障害 DCL 機器クリティカル サイト

RTACPWR

AC または AC/整流器障害 DCL 機器

RTACPWRENG

商用 AC 障害、スタンバイ エンジンが設置されたサイト

RTBAYPWR

AC 配電停止 RT ベイ

RTRVENG

スタンバイ エンジン検索、商用 AC 復元

SMOKE

煤煙

TEMP

高 - 低温度

TOXICGAS

有毒ガス

TREPEATER

T リピータ シェルフ

VENTN

通気システム障害

<ALMMSG>

アラーム メッセージ。ALMMSG はストリングです。ヌルにはできません。

23.5 SET-ATTR-SECUDFLT

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Set Attribute Security Default(SET-ATTR-SECUDFLT)コマンドは、複数のセキュリティ パラメータに関連付けられた、システム全体にわたるデフォルト値を設定します。

 
使用上のガイドライン

次のパラメータは、システム全体ですべてのユーザおよびすべての権限レベルに対して設定されます。MXINV、DURAL、UOUT、PFRCD、POLD、PINT、および LOGIN。PRIVLVL キーワードは、特定の権限レベルに対してこれらのパラメータを設定するために使用することはできません。

次のパラメータは権限レベル ベースで設定されます。PAGE、PCND、および TMOUT。これらの値のいずれかを指定する場合は、キーワード PRIVLVL も指定する必要があります。また、これらのパラメータのいずれも指定しない場合は、キーワード PRIVLVL は使用できません。


) パスワード エージングは、すべての権限レベルに対してだけイネーブルまたはディセーブルにできます。キーワード PRIVLVL は、特定のユーザ権限レベルをディセーブルにするために PAGE=0 を指定して使用することはできません。


システムレベルと権限レベルのキーワードを同じコマンド内で組み合わせて使用すると、PRIVLVL で指定された値に関係なく、システムレベルのパラメータはすべての権限レベルに対して設定されます。権限レベルのパラメータは、PRIVLVL で指定された権限レベルに対してだけ設定されます。


) PAGE と PINT がともに 0 より大きい値の場合は、PINT は PAGE より小さくする必要があります。


キーワードの順序に制限はありません。キーワードを区切るのに必要なのはカンマ(,)だけです。キーワードをまったく指定しない場合、すべてのパラメータはそのままの状態です。

カテゴリ

セキュリティ

セキュリティ

スーパーユーザ

入力形式

SET-ATTR-SECUDFLT:[<TID>]::<CTAG>::[PAGE=<PAGE>],[PCND=<PCND>],
[MXINV=<MXINV>],[DURAL=<DURAL>],[TMOUT=<TMOUT>],[UOUT=<UOUT>],
[PFRCD=<PFRCD>],[POLD=<POLD>],[PINT=<PINT>],[LOGIN=<LOGIN>],
[PRIVLVL=<PRIVLVL>],[PDIF=<PDIF>];

入力例

SET-ATTR-SECUDFLT:CISCO::123::PAGE=45,PCND=5,MXINV=5,DURAL=30,
TMOUT=0,UOUT=20,PFRCD=NO,POLD=5,PINT=20,LOGIN=MULTIPLE,
PRIVLVL=RTRV,PDIF=1;

入力パラメータ

<PAGE>

パスワード エージング間隔。ユーザがパスワードの変更を求められるまでの日数。0 はデフォルトでこのポリシーがオフになっていることを表します。PAGE がすべての権限レベルに対してオンになっていて、各権限レベルごとに値が指定されていない場合、デフォルトは 45 日になります。PAGE の範囲は 20 ~ 90 日です。PAGE は整数です。

<PCND>

新しいパスワードが必須になるまでに、パスワードを使用できる日数(警告期間など)。デフォルトは 5 日です。PCND の範囲は 2 ~ 20 日です。PCND は整数です。

<MXINV>

侵入と疑われるまでに許可される、連続した不正なセッション確立の最大試行回数(Cisco Transport Controller [CTC] から実行される「ロックアウトまでのログイン失敗数」など)。0 は、このポリシーがオフになっていることを示します。デフォルトは 5 です。MXINV の範囲は 0 ~ 10 で、整数です。

<DURAL>

侵入と疑われるときに、ユーザ ID がロック アウトされる時間(秒)(「ロックアウト時間」など)。スーパー ユーザによってロックが解除されるまでユーザをロック アウトする場合は、DURAL=INFINITE にします。デフォルトは 30 秒です。DURAL の範囲は 0 ~ 600 秒です。DURAL はストリングです。

<TMOUT>

ユーザと NE 間でメッセージが交換されない場合に、セッションが終了するまでの時間(分)。0 は、セッションがタイムアウト(終了)しないことを示します。TMOUT の範囲は 0 ~ 999 分です。デフォルト値は、RTRV ユーザの場合は 0(タイムアウトなし)、MAINT ユーザの場合は 60 分、PROV ユーザの場合は 30 分、SUPER ユーザの場合は 15 分です。TMOUT は整数です。

<UOUT>

UID のエージング間隔(日数)。UOUT の日数が経ってもその間にユーザ ID が使用されていない場合、そのユーザは次のログインのときにパスワードの変更を求められるか、または強制的にログアウトさせられます。パスワードが変更されるまでは、どのコマンドも許可されません。0 はデフォルトでこのポリシーがオフになっていることを表します。UOUT の範囲は 0 ~ 99 日です。UOUT は整数です。

<PFRCD>

新規ユーザが NE に初めてセッションを確立するときに、パスワードの変更が必要であることを示します(「初回ログイン時にはパスワードの変更が必要」など)。デフォルトは NO です。パラメータ タイプは YES_NO(ユーザのパスワードが期限切れ間近かどうか、ユーザが NE にログインしたかどうか、またはユーザが NE からロックアウトされているかどうか)です。

NO

不要

YES

<POLD>

再利用できない過去のパスワード数(「過去のパスワードの再利用防止」など)。デフォルトは 1 です。POLD の範囲は 1 ~ 10 で、整数です。

<PINT>

パスワードが変更可能になるまでの日数。PINT が 0 の場合、ポリシーはオフになります。デフォルトはオフです。PINT の範囲は 20 ~ 95 日です。PINT は整数です。

<LOGIN>

ユーザが NE にログインできる回数。LOGIN の値は SINGLE または MULTIPLE のいずれかです。LOGIN が SINGLE の場合、ユーザは ログイン方法(CTC、TL1 など)に関係なく、任意のユーザ ID を使用して NE に一度だけログインできます。デフォルトは MULTIPLE です。パラメータ タイプは USER_LOGINS で、ユーザが同じユーザ ID を使用して同じ NE にログインできる回数です。

MULTIPLE

ユーザは、同じ NE に何度でもログインできます。

SINGLE

ユーザは NE に一度だけログインできます(CTC、TL1 セッションのどちらの場合も同様)。

<PRIVLVL>

ユーザのアクセス権限。パラメータ タイプは PRIVILEGEで、セキュリティ レベルです。

MAINT

メンテナンス セキュリティ レベル。アイドル時間は 60 分です。

PROV

プロビジョニング セキュリティ レベル。アイドル時間は 30 分です。

RTRV

検索セキュリティ レベル。アイドル時間は無制限です。

SUPER

スーパーユーザ セキュリティ レベル。アイドル時間は 15 分です。

<PDIF>

新旧パスワードで相違する必要がある文字数を示します。デフォルトでは少なくとも 1 文字は相違する必要があります。PDIF の範囲は 1 ~ 5 文字です。PDIF は範囲指定可能な整数です。

23.6 SET-PMMODE-<STS_PATH>

(Cisco ONS 15454)STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、または STS9C の Set Performance Mode of PM Data Collection(SET-PMMODE-<STS_PATH>)コマンドはモードを設定して、Performance Monitoring(PM; パフォーマンス モニタリング)データ収集モードをオンまたはオフにします。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。


) • PM モードとエンティティのステートは、RTRV-PMMODE コマンドを使用して検索します。

Intermediate-Path Performance Monitoring(IPPM; 中間パス バフォーマンス モニタリング)の近端モニタリングは、STS パス上の OC3、OC12、OC48、OC192、および EC-1 だけをサポートします。

遠端 IPPM データ収集は MRC-12 カードでのみサポートされます。

このソフトウェア リリースでは、このコマンドでサポートされるのは PM パラメータのパス(P)モード タイプだけです。つまり、このコマンドは回線(L)およびセクション(S)モード タイプには適用されません。回線(L)およびセクション(S)の PM モニタリングは ONS 15454 でサポートされます。また、PM データは必ず保存されます。


 

カテゴリ

パフォーマンス

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-PMMODE-<STS_PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<LOCN>,<MODETYPE>,
[<PMSTATE>];

入力例

SET-PMMODE-STS1:CISCO:STS-4-1-2:123::NEND,P,ON;

入力パラメータ

<SRC>

送信元アクセス ID( CrossConnectIdを参照)

<LOCN>

特定のコマンドに関連付けられた場所。PM モードを検索する場所を識別します。近端 PM データ収集だけがサポートされています。パラメータ タイプは LOCATION で、アクションが発生する場所です。

NEND

アクションは、ファシリティの近端で発生します。

<MODETYPE>

アトリビュート変更の結果としてエンティティまたはサブエンティティを保存する PM パラメータのタイプ。パス(P)PM パラメータだけがサポートされます。パラメータ タイプは PM_MODE(PM パラメータ タイプ)です。

P

伝送パス PM パラメータ

<PMSTATE>

指定の PM モード タイプをオンまたはオフにするよう指示します。ヌル値の場合は、デフォルトで ON になります。パラメータ タイプは PM_STATE(指定の PM モード タイプ [P] ステートにする)です。

OFF

モードをディセーブルにします。

ON

モードをイネーブルにします。

23.7 SET-PMMODE-<VT_PATH>

(Cisco ONS 15310-MA)VT1 および VT2 の Set Performance Mode of PM Data Collection(SET-PMMODE-<VT_PATH>)コマンドはモードを設定して、PM データ収集モードをオンまたはオフにします。

 
使用上のガイドライン


) • PM モードとエンティティのステートは、RTRV-PMMODE コマンドを使用して検索します。

このソフトウェア リリースでは、このコマンドによりサポートするのは PM パラメータのパス(P)モード タイプだけです。つまり、このコマンドは回線(L)およびセクション(S)モード タイプには適用されません。


 

カテゴリ

パフォーマンス

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-PMMODE-<VT_PATH>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>::<LOCN>,<MODETYPE>,[<PMSTATE>];

入力例

SET-PMMODE-VT1:CISCO:VT1-1-1-2-2:123::NEND,P,ON;

入力パラメータ

<SRC>

送信元アクセス ID( CrossConnectId1を参照)。ヌルにはできません。

<LOCN>

特定のコマンドに関連付けられた場所。PM モードを設定する場所を識別します。近端(NEND)PM データ収集だけがサポートされます。パラメータ タイプは LOCATION で、アクションが発生する場所です。ヌルにはできません。

NEND

アクションは、ファシリティの近端で発生します。

<MODETYPE>

アトリビュート変更の結果としてエンティティまたはサブエンティティを保存する PM パラメータのタイプ。パス(P)タイプだけがサポートされます。パラメータ タイプは PM_MODE(PM パラメータ タイプ)です。

P

伝送パス PM パラメータ

<PMSTATE>

指定の PM モード タイプをオンまたはオフにするよう指示します。ヌル値の場合は、デフォルトで ON になります。パラメータ タイプは PM_STATE(指定の PM モード タイプ [P] ステートにする)です。

OFF

モードをディセーブルにします。

ON

モードをイネーブルにします。

23.8 SET-TH-<MOD2>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、CLNT、D1VIDEO、DS1、DS3I、DV6000、E1、E3、E4、EC1、ESCON、ETRCLO、FSTE、G1000、GFPOS、GIGE、HDTV、ISC1、OC12、OC192、OC3、OC48、OCH、OMS、OTS、POS、STM1E、STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、STS9C、T1、T3、VC11、VC12、VC3、VT1、または VT2 の Set Threshold(SET-TH-<MOD2>)コマンドは、PM にスレッシュホールドを設定し、MXP_2.5G_10G および TXP_MR_10G カードにアラーム スレッシュホールドを設定します。このコマンドを使用してアラーム スレッシュホールドを設定した場合、期間は適用できません。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

ルールは次のとおりです

PM スレッシュホールドでは、場所に対してデフォルトの NEND が設定されています。アラーム スレッシュホールドでは、場所を解釈する必要がありません。

TMPER は、アラーム スレッシュホールドには適用されません。TMPER のデフォルトは 15-MIN です。

クライアント ポートは、SONET、レーザー、およびアラーム MONTYPE だけを受け入れます。トランク ポートは、SONET、レーザー、アラーム、FEC、OTN、および 8B10B の MONTYPE を受け入れます。

特定のカードのプロビジョニング ルールについては、『 Cisco ONS SONET TL1 Reference Guide 』を参照してください。

カテゴリ

パフォーマンス

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-TH-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::<MONTYPE>,<THLEV>,[<LOCN>],,[<TMPER>];

入力例

SET-TH-T3:CISCO:FAC-1-1:123::CVL,12,NEND,,15-MIN;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)。すべての STS、VT1、ファシリティ、および DS1 AID がサポートされます。

<MONTYPE>

モニタ対象のタイプ。パラメータ タイプは ALL_MONTYPE でモニタリング タイプ リストです。

AISSP

Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)の秒数 ― パス

ALL

使用可能なすべての値

BBE-PM

OTN ― バックグラウンド ブロック エラー ― パス モニタ ポイント

BBE-SM

OTN ― バックグラウンド ブロック エラー ― セクション モニタ ポイント

BBER-PM

OTN ― バックグラウンド ブロック エラー率 ― パス モニタ ポイント(パーミル値)

BBER-SM

OTN ― バックグラウンド ブロック エラー率 ― セクション モニタ ポイント(パーミル値)

BIEC

FEC ― ビット エラー修正済み

CGV

8B10B ― コード グループ違反

CSSP

制御スリップ秒数 ― パス(DSXM-12 FDL/T1.403 PM カウント)

CVCPP

コーディング違反 ― CP ビット パス

CVL

コーディング違反 ― 回線

CVP

コーディング違反 ― パス

CVS

コーディング違反 ― セクション

CVV

コーディング違反 ― セクション

DCG

8B10B ― データ コード グループ

ESAP

エラー秒タイプ ― A パス(DS3XM-12 DS1 PM カウント)

ESBP

エラー秒タイプ ― B パス(DS3XM-12 DS1 PM カウント)

ESCPP

エラー秒数 ― CP ― ビット パス

ESL

エラー秒数 ― 回線

ESNPFE

エラー秒数 ― ネットワーク パス(DS3XM-12 DS1 PM カウント)

ESP

エラー秒数 ― パス

ES-PM

OTN ― エラー秒数 ― パス モニタ ポイント

ES-SM

OTN ― エラー秒数 ― セクション モニタ ポイント

ESR

エラー秒数 ― 率

ESR-PM

エラー秒数率 ― パス モニタ ポイント(パーミル値)

ESR-SM

エラー秒数率 ― セクション モニタ ポイント(パーミル値)

ESS

エラー秒数 ― セクション

ESV

エラー秒数 ― VT パス

etherStatsBroadcastPkts

受信したマルチキャスト アドレス宛ての良好パケット数合計

etherStatsCollisions

衝突する伝送パケット数

etherStatsCRCAlignErrors

長さが 64 ~ 1518 オクテット(フレーム構成ビットを除く、ただし FCS オクテットは含む)の受信パケット数の合計

etherStatsDropEvents

ポート レベルで廃棄された受信フレーム数

etherStatsFragments

受信した 64 オクテット未満のパケット数の合計

etherStatsJabbers

受信した 1518 オクテット超のパケット数の合計

etherStatsOctets

データのオクテット数の合計

etherStatsOversizePkts

受信した 1518 オクテット超のパケット数の合計

etherStatsPkts

受信したパケット数の合計(不良パケット、ブロードキャスト パケット、マルチキャスト パケットを含む)

etherStatsUndersizePkts

受信した 64 オクテット未満のパケット数の合計

FC-L

障害発生回数 ― 回線

FC-P

障害発生回数 ― パス

FC-PM

OTN ― 障害カウント ― パス モニタ ポイント

FC-SM

OTN ― 障害カウント ― セクション モニタ ポイント

HP-AR

アベイラビリティ率

HP-BBE

高次パスのバックグラウンド ブロック エラー

HP-BBER

高次パスのバックグラウンド ブロック エラー率

HP-EB

高次パスのエラー ブロック

HP-ES

高次パスのエラー秒数

HP-ESA

高次パスのエラー秒数 ― A

HP-ESB

高次パスのエラー秒数 ― B

HP-ESR

高次パスのエラー秒数率

HP-FC

高次パスの障害カウント

HP-NPJC-PDET

高次パスの負のポインタ位置調整カウント

HP-NPJC-PGEN

高次パス、負のポインタ位置調整カウント

HP-OI

停止強度

HP-PJCDIFF

高次パスのポインタ位置調整カウントの差異

HP-PJCS-PDET

高次パスのポインタ位置調整カウント

HP-PJCS-PGEN

高次パス、ポインタ位置調整カウント秒数

HP-PPJC-PDET

高次パスの正のポインタ位置調整カウント

HP-PPJC-PGEN

高次パスの正のポインタ位置調整カウント

HP-SEPI

使用可能時間内の SEP イベント数

HP-SES

高次パスの重大エラー秒数

HP-SESR

高次パスの重大エラー秒数率

HP-UAS

高次パスの使用不可秒数

ifInBroadcastPkts

前回のカウンタ リセット以降、受信したブロードキャスト パケット数

ifInDiscards

着信パケット数

ifInErrorBytePktss

受信エラー バイト

ifInErrors

エラーを含む着信パケット(または伝送ユニット)数

ifInFramingErrorPkts

受信フレーム構成エラー

ifInJunkInterPkts

受信インターパケット ジャンク

ifInMulticastPkts

前回のカウンタ リセット以降、受信したマルチキャスト パケット数

ifInOctets

前回のカウンタ リセット以降、伝送されたバイト数

ifInUcastPkts

前回のカウンタ リセット以降、受信したユニキャスト パケット数

ifOutBroadcastPkts

伝送されたブロードキャスト パケット数

ifOutDiscards

送信パケット数

ifOutErrors

エラーのため伝送できなかった送信パケット(または伝送ユニット)数

ifOutMulticastPkts

伝送されたマルチキャスト パケット数

ifOutPayloadCrcErrors

受信ペイロード Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)エラー

ifOutUcastPkts

伝送されたユニキャスト パケット数

IOS

8B10B ― アイドル順序セット

IPC

無効なパケット カウント

LBCL-AVG

平均レーザー バイアス電流(µA)

LBCL-MAX

最大レーザー バイアス電流(µA)

LBCL-MIN

最小レーザー バイアス電流(µA)

LBCN

正規化された OC3-8 レーザー バイアス電流

LBCN-HWT

レーザー バイアス電流

LBCN-LWT

レーザー バイアス電流

LOSSL

Loss of Signal(LOS; 信号損失)秒数 ― 回線

LP-BBE

低次パスのバックグラウンド ブロック エラー

LP-BBER

低次パスのバックグラウンド ブロック エラー率

LP-EB

低次パスのエラー ブロック

LP-ES

低次パスのエラー秒数

LP-ESA

低次パスのエラー秒数 ― A

LP-ESB

低次パスのエラー秒数 ― B

LP-ESR

低次パスのエラー秒数率

LP-FC

低次パスの障害カウント

LP-NPJC-DET

低次の負のポインタ位置調整カウント、検出

LP-NPJC-GEN

低次の負のポインタ位置調整カウント、生成

LP-PPJC-DET

低次の正のポインタ位置調整カウント、検出

LP-PPJC-GEN

低次の正のポインタ位置調整カウント、生成

LP-SEP

低次パスの重大エラー時間

LP-SEPI

低次パスの重大エラー期間強度

LP-SES

低次パスの重大エラー

LP-UAS

低次パスの使用不可秒数

MS-PSC

保護スイッチ カウント

MS-PSD

保護スイッチ時間

NIOS

8B10B ― 非アイドル順序セット

NPJC-PDET

NPJC-PDET:負のポインタ位置調整

NPJC-PGEN

NPJC-PGEN:負のポインタ位置調整

OPR-AVG

平均受信パワー(1/10 µW)

OPR-MAX

最大受信パワー(1/10 µW)

OPR-MIN

最小受信パワー(1/10 µW)

OPRN

正規化された OC3-8 光受信パワー

OPRN-MAX

OPRN の最大値

OPRN-MIN

OPRN の最小値

OPT-AVG

平均送信パワー(1/10 µW)

OPT-MAX

最大送信パワー(1/10 µW)

OPT-MIN

最小送信パワー(1/10 µW)

OPTN

OC3-8 カードの正規化された光送信パワー値

OPTN-MAX

OPTN の最大値

OPTN-MIN

OPTN の最小値

OPWR-AVG

光パワー ― 平均間隔値(1/10 dBm)

OPWR-MAX

光パワー ― 最大間隔値(1/10 dBm)

OPWR-MIN

光パワー ― 最小間隔値(1/10 dBm)

PPJC-PDET

PPJC-PDET:正のポインタ位置調整

PPJC-PGEN

PPJC-PGEN:正のポインタ位置調整

PSC

保護スイッチング カウント

PSC-R

保護スイッチング カウント ― リング

PSC-S

保護スイッチング カウント ― スパン

PSC-W

保護スイッチング カウント ― 現用

PSD

保護スイッチング時間

PSD-R

保護スイッチング時間 ― リング

PSD-S

保護スイッチング時間 ― スパン

PSD-W

保護スイッチング時間 ― 現用

SASCPP

重大エラー フレーム構成/AIS 秒数 ― CP ビット パス

SASP

重大エラー フレーム構成/AIS 秒数パス

SEFS

重大エラー フレーム構成秒数

SEFSP

重大エラー フレーム構成秒数 ― パス(DS3XM-12 DS1 PM カウント)

SESCPP

重大エラー秒数 ― CP ビット パス

SESL

重大エラー秒数 ― 回線

SESNPFE

重大エラー秒数 ― ネットワーク パス(DS3XM-12 DS1 PM カウント)

SESP

重大エラー秒数 ― パス

SES-PM

OTN ― 重大エラー秒数 ― パス

SESR-PM

OTN ― 重大エラー秒数率 ― パス モニタ ポイント(パーミル値)

SESR-SM

OTN ― 重大エラー秒数率 ― セクション モニタ ポイント(パーミル値)

SESS

重大エラー秒数 ― セクション

SES-SM

OTN ― 重大エラー秒数 ― セクション モニタ ポイント

SESV

重大エラー秒数 ― VT パス

UASCPP

使用不可秒数 ― CP ビット パス

UASL

使用不可秒数 ― 回線

UASNPFE

使用不可秒数 ― ネットワーク パス(DS3XM-12 DS1 PM カウント)

UASP

使用不可秒数 ― パス

UAS-PM

OTN ― 使用不可秒数 ― パス モニタ ポイント

UAS-SM

OTN ― 使用不可秒数 ― セクション モニタ ポイント

UASV

使用不可秒数 ― VT パス

UNC-WORDS

Forward Error Correction(FEC; 前方エラー訂正) ― 訂正不能ワード

VPC

有効パケット カウント

<THELV>

スレッシュホールド レベル。THLEV は浮動小数です。

<LOCN>

特定のコマンドに関連付けられた場所。パラメータ タイプは LOCATION で、アクションが発生する場所です。

FEND

アクションは、ファシリティの遠端で発生します。

NEND

アクションは、ファシリティの近端で発生します。

<TMPER>

(任意)パフォーマンス カウンタの累積時間。パラメータ タイプは TMPER でパフォーマンス マネジメント センタの累積時間です。

1-DAY

パフォーマンス パラメータ累積間隔:24 時間単位。SONET PM データの場合、1 日分の履歴データだけが使用可能です。RMON 管理対象 PM データの場合、7 日間の履歴データが使用可能です。

1-HR

パフォーマンス パラメータ累積間隔:1 時間単位。RMON 管理対象 PM データにだけ適用されます。24 時間の履歴データが使用可能です。

1-MIN

パフォーマンス パラメータ累積間隔:1 分単位。RMON 管理対象 PM データにだけ適用されます。60 分間の履歴データが使用可能です。

15-MIN

パフォーマンス パラメータ累積間隔:15 分単位。この累積間隔では、32 個の 15 分バケットの履歴データが使用可能です。

RAW-DATA

パフォーマンス パラメータ累積間隔。カウンタが最後にクリアされたときから開始されます。RMON 管理対象 PMだけに適用されます。

23.9 SET-TOD

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Set Time of Day(SET-TOD)コマンドは、NE のシステムの日付と時刻を設定します。年は 4 桁で入力し、時間は 24 時間制(軍用時間など)で入力します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

システム

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

SET-TOD:[<TID>]::<CTAG>::<YEAR>,<MONTH>,<DAY>,<HOUR>,<MINUTE>,<SECOND>,
[<DIFFERENCE>][:DST=<DST>];

入力例

SET-TOD:CAZADERO::240::1998,05,08,13,18,55,480:DST=Y;

入力パラメータ

<YEAR>

現在の暦年。YEAR は整数です。

<MONTH>

月。範囲は、01 ~ 12 です。MONTH は整数です。

<DAY>

日付。範囲は、01 ~ 31 です。DAY は整数です。

<HOUR>

時間(24 時間単位)。範囲は、00 ~ 23 です。HOUR は整数です。

<MINUTE>

分。範囲は、00 ~ 59 です。MINUTE は整数です。

<SECOND>

秒。範囲は、00 ~ 59 です。SECOND は整数です。

<DIFFERENCE>

UTC との時差(分)。DIFFERENCE は整数です。

<DST>

夏時間。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。