Cisco ONS SONET TL1 コマンド ガイド Release 7.2
RTRV コマンド
RTRV コマンド
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

RTRV コマンド

RTRV コマンド

この章では、Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、および ONS 15600 の retrieve(RTRV)コマンドについて説明します。

21.1 RTRV-<MOD1FCPAYLOAD>

(Cisco ONS 15454)Retrieve(1GFC、2GFC)(RTRV-<MOD1FCPAYLOAD>)コマンドは、ファイバ チャネル ポートに関連したアトリビュートを検索します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

カテゴリ

ポート

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-<MOD1FCPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

入力例

RTRV-1GFC:CISCO:FAC-6-1:888;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:LINKRATE=<LINKRATE>,LINKSTATE=<LINKSTATE>,
[LINKRCVRY=<LINKRCVRY>],[DISTEXTN=<DISTEXTN>],
[LINKCREDITS=<LINKCREDITS>],[MFS=<MFS>],[ENCAP=<ENCAP>],[NAME=<NAME>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:
<PST_PSTQ>,[<SST>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"FAC-1-1:,,WORK,ACT:LINKRATE=1GFC,LINKSTATE=UP,LINKRCVRY=Y,
DISTEXTN=NONE,LINKCREDITS=0,MFS=2148,ENCAP=GFP-T,
NAME=\"FC PORT\",SOAK=32,SOAKLEFT=\"12-25\",FREQ=1550,
LOSSB=LR-1:OOS-MA,MT"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)

<ROLE>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートの役割(WORK または PORT)。パラメータ タイプは SIDE で、保護グループにおけるユニットの役割です。

PROT

エンティティは保護グループ内にある保護ユニットです。

WORK

エンティティは保護グループ内にある現用ユニットです。

<STATUS>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートのステータス(ACT または STBY)。パラメータ タイプは STATUS で、保護ペアのユニットのステータスです。

ACT

エンティティはシェルフに搭載されているアクティブなユニットです。

NA

該当するステータスはありません。

STBY

エンティティはシェルフに搭載されているスタンバイ ユニットです。

<LINKRATE>

ファイバ チャネル ポートでの実際のリンク レート。プロビジョニングされたペイロード タイプにより異なります。パラメータ タイプは LINKRATE で、ファイバ チャネル ポートのリンク レートです。

1GFC

レートが 1 G のファイバ チャネルです。

1GFICON

レートが 1 G の FICON です。

2GFC

レートが 2 G のファイバ チャネルです。

2GFICON

レートが 2 G の FICON です。

UNKNOWN

レートが不明です。

UNPLUGGED

Small Form-Factor Pluggable(SFP)は、ファイバ チャネル ポートにプラグインされていないので、リンク レートは検出できません。

<LINKSTATE>

リンクのステートです。パラメータ タイプは DIRN で、要求されたモニタ対象パラメータの識別レベルを指定します。

DN

LEV のレベル以上の値を持つモニタ対象パラメータが報告されます。

UP

LEV の値以下の値を持つモニタ対象パラメータが報告されます。

<LINKRCVRY>

リンクの回復です。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<DISTEXTN>

(任意)距離の延長。パラメータ タイプは DISTANCE_EXTENSION(距離の延長)です。

B2B

バッファ間フロー制御

NONE

距離の延長なし

<LINKCREDITS>

(任意)リンク クレジットの数。LINKCREDITS は整数です。

<MFS>

(任意)最大フレーム サイズ。MFS は整数です。

<ENCAP>

(任意)フレームのカプセル化タイプ。パラメータ タイプは ENCAP(フレームのカプセル化タイプ)です。

GFP_F

Generic Framing Procedure(GFP)フレーム モード

GFP_T

GFP 透過モード

HDLC

High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク制御)フレーム モード

HDLC_LEX

HDLC LAN 拡張フレーム モード

HDLC_X86

HDLC X.86 フレーム モード

<NAME>

(任意)ポート名を識別します。NAME はストリングです。

<SOAK>

(任意)OOS-AINS から IS へのソーク移行時間を 15 分間隔で示します。SOAK は整数です。

<SOAKLEFT>

(任意)OOS-AINS から IS への残りの移行時間を 1 分間隔で示します。形式は HH-MM で、HH の範囲は 00 ~ 48、MM の範囲は 00 ~ 59 です。<SOAKLEFT> のルールは次のとおりです。

ポートが OOS、OOS_MT または IS のステートの場合、パラメータは表示されません。

ポートが OOS_AINS ステートでも、信号障害が原因でカウントダウンが開始されない場合、値は SOAKLEFT=NOT-STARTED になります。

ポートが OOS_AINS ステートで、カウントダウンが開始されている場合、値は HH-MM の形式で表示されます。

<FREQ>

(任意)パラメータ タイプは OPTICAL_WLEN(光波長)です。

1310

波長 1310

1470

波長 1470

1490

波長 1490

1510

波長 1510

1529.55

波長 1529.55

1529.94

波長 1529.94

1530

波長 1530

1530.33

波長 1530.33

1530.73

波長 1530.73

1531.12

波長 1531.12

1531.51

波長 1531.51

1531.90

波長 1531.90

1532.29

波長 1532.29

1532.68

波長 1532.68

1533.07

波長 1533.07

1533.47

波長 1533.47

1533.86

波長 1533.86

1534.25

波長 1534.25

1534.64

波長 1534.64

1535.04

波長 1535.04

1535.43

波長 1535.43

1535.82

波長 1535.82

1536.22

波長 1536.22

1536.61

波長 1536.61

1537

波長 1537

1537.40

波長 1537.40

1537.79

波長 1537.79

1538.19

波長 1538.19

1538.58

波長 1538.58

1538.98

波長 1538.98

1539.37

波長 1539.37

1539.77

波長 1539.77

1540.16

波長 1540.16

1540.56

波長 1540.56

1540.95

波長 1540.95

1541.35

波長 1541.35

1541.75

波長 1541.75

1542.14

波長 1542.14

1542.35

波長 1542.35

1542.54

波長 1542.54

1542.94

波長 1542.94

1543.33

波長 1543.33

1543.73

波長 1543.73

1544.13

波長 1544.13

1544.53

波長 1544.53

1544.92

波長 1544.92

1545.32

波長 1545.32

1545.72

波長 1545.72

1546.12

波長 1546.12

1546.52

波長 1546.52

1546.92

波長 1546.92

1547.32

波長 1547.32

1547.72

波長 1547.72

1548.12

波長 1548.12

1548.51

波長 1548.51

1548.92

波長 1548.92

1549.32

波長 1549.32

1549.71

波長 1549.71

1550

波長 1500

1550.12

波長 1550.12

1550.52

波長 1550.52

1550.92

波長 1550.92

1551.32

波長 1551.32

1551.72

波長 1551.72

1552.12

波長 1552.12

1552.52

波長 1552.52

1552.93

波長 1552.93

1553.33

波長 1553.33

1553.73

波長 1553.73

1554.13

波長 1554.13

1554.13

波長 1554.13

1554.94

波長 1554.94

1555.34

波長 1555.34

1555.75

波長 1555.75

1556.15

波長 1556.15

1556.55

波長 1556.55

1556.96

波長 1556.96

1557.36

波長 1557.36

1557.77

波長 1557.77

1558.17

波長 1558.17

1558.58

波長 1558.58

1558.98

波長 1558.98

1559.39

波長 1559.39

1559.79

波長 1559.79

1560.20

波長 1560.20

1560.61

波長 1560.61

1561.01

波長 1561.01

1561.42

波長 1561.42

1561.83

波長 1561.83

1570

波長 1570

1570.83

波長 1570.83

1571.24

波長 1571.24

1571.65

波長 1571.65

1572.06

波長 1572.06

1572.48

波長 1572.48

1572.89

波長 1572.89

1573.30

波長 1573.30

1573.71

波長 1573.71

1574.13

波長 1574.13

1574.54

波長 1574.54

1574.95

波長 1574.95

1575.37

波長 1575.37

1575.78

波長 1575.78

1576.20

波長 1576.20

1576.61

波長 1576.61

1577.03

波長 1577.03

1577.44

波長 1577.44

1577.86

波長 1577.86

1578.27

波長 1578.27

1578.69

波長 1578.69

1579.10

波長 1579.10

1579.52

波長 1579.52

1579.93

波長 1579.93

1580.35

波長 1580.35

1580.77

波長 1580.77

1581.18

波長 1581.18

1581.60

波長 1581.60

1582.02

波長 1582.02

1582.44

波長 1582.44

1582.85

波長 1582.85

1583.27

波長 1583.27

1583.69

波長 1583.69

1584.11

波長 1584.11

1584.53

波長 1584.53

1584.95

波長 1584.95

1585.36

波長 1585.36

1585.78

波長 1585.78

1586.20

波長 1586.20

1586.62

波長 1586.62

1587.04

波長 1587.04

1587.46

波長 1587.46

1587.88

波長 1587.88

1588.30

波長 1588.30

1588.73

波長 1588.73

1589.15

波長 1589.15

1589.57

波長 1589.57

1589.99

波長 1589.99

1590

波長 1590

1590.41

波長 1590.41

1590.83

波長 1590.83

1591.26

波長 1591.26

1591.68

波長 1591.68

1592.10

波長 1592.10

1592.52

波長 1592.52

1592.95

波長 1592.95

1593.37

波長 1593.37

1593.79

波長 1593.79

1594.22

波長 1594.22

1594.64

波長 1594.64

1595.06

波長 1595.06

1595.49

波長 1595.49

1596.34

波長 1596.34

1596.76

波長 1596.76

1597.19

波長 1597.19

1597.62

波長 1597.62

1598.04

波長 1598.04

1598.47

波長 1598.47

1598.89

波長 1598.89

1599.32

波長 1599.32

1599.75

波長 1599.75

1600.06

波長 1600.06

1601.03

波長 1601.03

1601.46

波長 1601.46

1601.88

波長 1601.88

1602.31

波長 1602.31

1602.74

波長 1602.74

1603.17

波長 1603.17

1603.60

波長 1603.60

1604.03

波長 1604.03

1610

波長 1610

USE-TWL1

調整可能な波長 1 を使用

<LOSSB>

(任意)パラメータ タイプは REACH(到達値)です。

AUTOPROV

自動プロビジョニング

CX

CX 到達

DX

DX 到達

HX

HX 到達

I1

I1 到達

IR-1

IR-1 到達

IR-2

IR-2 到達

L1

L1 到達

L2

L2 到達

L3

L3 到達

LR-1

LR-1 到達

LR-2

LR-2 到達

LR-3

LR-3 到達

LX

LX 到達

S1

S1 到達

S2

S2 到達

SR

SR 到達

SR-1

SR-1 到達

SX

SX 到達

T

T 到達

VX

VX 到達

ZX

ZX 到達

<PST_PSTQ>

エンティティのプライマリ ステート。パラメータ タイプは PST_PSTQ で、プライマリ ステート(PST)およびプライマリ ステート修飾子(PSTQ)によって記述されるエンティティのサービス ステートです。

IS_NR

イン サービス、標準

OOS-AU

アウト オブ サービス、自律

OOS-AUMA

アウト オブ サービス、自律管理

OOS-MA

アウト オブ サービス、管理

<SST>

(任意)エンティティのセカンダリ ステート。パラメータ タイプは SST で、PST および PSTQ に関する詳細情報を提供します。

AINS

自動インサービス

DSBLD

ディセーブル

LPBK

ループバック

MEA

機器のミスマッチ

MT

メンテナンス

OOG

アウト オブ グループ

SWDL

ソフトウェアのダウンロード

UAS

未割り当て

UEQ

未装着

21.2 RTRV-<MOD1FICONPAYLOAD>

(Cisco ONS 15454)Retrieve(1GFICON、2GFICON)(RTRV-<MOD1FICONPAYLOAD>)コマンドは、ENT-FICON コマンドを使って FICON トラフィックを伝送するように設定されたポートの、ファイバ チャネル固有の設定値を返します。

 
使用上のガイドライン

MXPP_MR_2.5G カードは GFP-T フレーム タイプだけをサポートします。

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

カテゴリ

ポート

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-<MOD1FICONPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

入力例

RTRV-1GFICON:CISCO:FAC-1-1:123;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[LINKRATE=<LINKRATE>],[LINKSTATE=<LINKSTATE>],
[LINKRCVRY=<LINKRCVRY>],[DISTEXTN=<DISTEXTN>],
[LINKCREDITS=<LINKCREDITS>],[MFS=<MFS>],[ENCAP=<ENCAP>],[NAME=<NAME>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:
<PST_PSTQ>,<SST>"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"FAC-1-1:,,WORK,ACT:LINKRATE=1GFICON,LINKSTATE=UP,LINKRCVRY=Y,
DISTEXTN=NONE,LINKCREDITS=0,MFS=2148,ENCAP=GFP-T,NAME=\"FC PORT\",
SOAK=32,SOAKLEFT=\"12-25\",FREQ=1550,LOSSB=LR-1:OOS-MA,MT"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)

<ROLE>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートの役割(WORK または PORT)。パラメータ タイプは SIDEで、ユニットが保護グループで果たしている役割です。

PROT

エンティティは保護グループ内にある保護ユニットです。

WORK

エンティティは保護グループ内にある現用ユニットです。

<STATUS>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートのステータス(ACT または STBY)。パラメータ タイプは STATUS で、保護ペアのユニットのステータスです。

ACT

エンティティはシェルフに搭載されているアクティブなユニットです。

NA

該当するステータスはありません。

STBY

エンティティはシェルフに搭載されているスタンバイ ユニットです。

<LINKRATE>

ファイバ チャネル ポートでの実際のリンク レート。プロビジョニングされたペイロード タイプにより異なります。パラメータ タイプは LINKRATE で、ファイバ チャネル ポートのリンク レートです。

1GFC

レートが 1 G のファイバ チャネルです。

1GFICON

レートが 1 G の FICON です。

2GFC

レートが 2 G のファイバ チャネルです。

2GFICON

レートが 2 G の FICON です。

UNKNOWN

レートが不明です。

UNPLUGGED

SFP は、ファイバ チャネル ポートにプラグインされていないので、リンク レートは検出できません。

<LINKSTATE>

リンクのステートです。パラメータ タイプは DIRN で、要求されたモニタ対象パラメータの識別レベルを指定します。

DN

LEV のレベル以上の値を持つモニタ対象パラメータが報告されます。

UP

LEV の値以下の値を持つモニタ対象パラメータが報告されます。

<LINKRCVRY>

リンクの回復です。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<DISTEXTN>

(任意)距離の延長。パラメータ タイプは DISTANCE_EXTENSION(距離の延長)です。

B2B

バッファ間フロー制御

NONE

距離の延長なし

<LINKCREDITS>

(任意)リンク クレジットの数。LINKCREDITS は整数です。

<MFS>

(任意)最大フレーム サイズ。MFS は整数です。

<ENCAP>

(任意)フレームのカプセル化タイプ。パラメータ タイプは ENCAP(フレームのカプセル化タイプ)です。

GFP_F

GFP フレーム モード

GFP_T

GFP 透過モード

HDLC

HDLC フレーム モード

HDLC_LEX

HDLC LAN 拡張フレーム モード

HDLC_X86

HDLC X.86 フレーム モード

<NAME>

(任意)ポート名を識別します。NAME はストリングです。

<SOAK>

(任意)OOS-AINS から IS へのソーク移行時間を 15 分間隔で示します。SOAK は整数です。

<SOAKLEFT>

(任意)OOS-AINS から IS への残りの移行時間を 1 分間隔で示します。形式は HH-MM で、HH の範囲は 00 ~ 48、MM の範囲は 00 ~ 59 です。<SOAKLEFT> のルールは次のとおりです。

ポートが OOS、OOS_MT、または IS のステートの場合、パラメータは表示されません。

ポートが OOS_AINS ステートでも、信号障害が原因でカウントダウンが開始されない場合、値は SOAKLEFT=NOT-STARTED になります。

ポートが OOS_AINS ステートで、カウントダウンが開始されている場合、値は HH-MM の形式で表示されます。

<FREQ>

(任意)パラメータ タイプは OPTICAL_WLEN(光波長)です。

1310

波長 1310

1470

波長 1470

1490

波長 1490

1510

波長 1510

1529.55

波長 1529.55

1529.94

波長 1529.94

1530

波長 1530

1530.33

波長 1530.33

1530.73

波長 1530.73

1531.12

波長 1531.12

1531.51

波長 1531.51

1531.90

波長 1531.90

1532.29

波長 1532.29

1532.68

波長 1532.68

1533.07

波長 1533.07

1533.47

波長 1533.47

1533.86

波長 1533.86

1534.25

波長 1534.25

1534.64

波長 1534.64

1535.04

波長 1535.04

1535.43

波長 1535.43

1535.82

波長 1535.82

1536.22

波長 1536.22

1536.61

波長 1536.61

1537

波長 1537

1537.40

波長 1537.40

1537.79

波長 1537.79

1538.19

波長 1538.19

1538.58

波長 1538.58

1538.98

波長 1538.98

1539.37

波長 1539.37

1539.77

波長 1539.77

1540.16

波長 1540.16

1540.56

波長 1540.56

1540.95

波長 1540.95

1541.35

波長 1541.35

1541.75

波長 1541.75

1542.14

波長 1542.14

1542.35

波長 1542.35

1542.54

波長 1542.54

1542.94

波長 1542.94

1543.33

波長 1543.33

1543.73

波長 1543.73

1544.13

波長 1544.13

1544.53

波長 1544.53

1544.92

波長 1544.92

1545.32

波長 1545.32

1545.72

波長 1545.72

1546.12

波長 1546.12

1546.52

波長 1546.52

1546.92

波長 1546.92

1547.32

波長 1547.32

1547.72

波長 1547.72

1548.12

波長 1548.12

1548.51

波長 1548.51

1548.92

波長 1548.92

1549.32

波長 1549.32

1549.71

波長 1549.71

1550

波長 1500

1550.12

波長 1550.12

1550.52

波長 1550.52

1550.92

波長 1550.92

1551.32

波長 1551.32

1551.72

波長 1551.72

1552.12

波長 1552.12

1552.52

波長 1552.52

1552.93

波長 1552.93

1553.33

波長 1553.33

1553.73

波長 1553.73

1554.13

波長 1554.13

1554.13

波長 1554.13

1554.94

波長 1554.94

1555.34

波長 1555.34

1555.75

波長 1555.75

1556.15

波長 1556.15

1556.55

波長 1556.55

1556.96

波長 1556.96

1557.36

波長 1557.36

1557.77

波長 1557.77

1558.17

波長 1558.17

1558.58

波長 1558.58

1558.98

波長 1558.98

1559.39

波長 1559.39

1559.79

波長 1559.79

1560.20

波長 1560.20

1560.61

波長 1560.61

1561.01

波長 1561.01

1561.42

波長 1561.42

1561.83

波長 1561.83

1570

波長 1570

1570.83

波長 1570.83

1571.24

波長 1571.24

1571.65

波長 1571.65

1572.06

波長 1572.06

1572.48

波長 1572.48

1572.89

波長 1572.89

1573.30

波長 1573.30

1573.71

波長 1573.71

1574.13

波長 1574.13

1574.54

波長 1574.54

1574.95

波長 1574.95

1575.37

波長 1575.37

1575.78

波長 1575.78

1576.20

波長 1576.20

1576.61

波長 1576.61

1577.03

波長 1577.03

1577.44

波長 1577.44

1577.86

波長 1577.86

1578.27

波長 1578.27

1578.69

波長 1578.69

1579.10

波長 1579.10

1579.52

波長 1579.52

1579.93

波長 1579.93

1580.35

波長 1580.35

1580.77

波長 1580.77

1581.18

波長 1581.18

1581.60

波長 1581.60

1582.02

波長 1582.02

1582.44

波長 1582.44

1582.85

波長 1582.85

1583.27

波長 1583.27

1583.69

波長 1583.69

1584.11

波長 1584.11

1584.53

波長 1584.53

1584.95

波長 1584.95

1585.36

波長 1585.36

1585.78

波長 1585.78

1586.20

波長 1586.20

1586.62

波長 1586.62

1587.04

波長 1587.04

1587.46

波長 1587.46

1587.88

波長 1587.88

1588.30

波長 1588.30

1588.73

波長 1588.73

1589.15

波長 1589.15

1589.57

波長 1589.57

1589.99

波長 1589.99

1590

波長 1590

1590.41

波長 1590.41

1590.83

波長 1590.83

1591.26

波長 1591.26

1591.68

波長 1591.68

1592.10

波長 1592.10

1592.52

波長 1592.52

1592.95

波長 1592.95

1593.37

波長 1593.37

1593.79

波長 1593.79

1594.22

波長 1594.22

1594.64

波長 1594.64

1595.06

波長 1595.06

1595.49

波長 1595.49

1596.34

波長 1596.34

1596.76

波長 1596.76

1597.19

波長 1597.19

1597.62

波長 1597.62

1598.04

波長 1598.04

1598.47

波長 1598.47

1598.89

波長 1598.89

1599.32

波長 1599.32

1599.75

波長 1599.75

1600.06

波長 1600.06

1601.03

波長 1601.03

1601.46

波長 1601.46

1601.88

波長 1601.88

1602.31

波長 1602.31

1602.74

波長 1602.74

1603.17

波長 1603.17

1603.60

波長 1603.60

1604.03

波長 1604.03

1610

波長 1610

USE-TWL1

調整可能な波長 1 を使用

<LOSSB>

(任意)パラメータ タイプは REACH(到達値)です。

AUTOPROV

自動プロビジョニング

CX

CX 到達

DX

DX 到達

HX

HX 到達

I1

I1 到達

IR-1

IR-1 到達

IR-2

IR-2 到達

L1

L1 到達

L2

L2 到達

L3

L3 到達

LR-1

LR-1 到達

LR-2

LR-2 到達

LR-3

LR-3 到達

LX

LX 到達

S1

S1 到達

S2

S2 到達

SR

SR 到達

SR-1

SR-1 到達

SX

SX 到達

T

T 到達

VX

VX 到達

ZX

ZX 到達

<PST_PSTQ>

エンティティのプライマリ ステート。パラメータ タイプは PST_PSTQ で、プライマリ ステート(PST)およびプライマリ ステート修飾子(PSTQ)によって記述されるエンティティのサービス ステートです。

IS_NR

イン サービス、標準

OOS-AU

アウト オブ サービス、自律

OOS-AUMA

アウト オブ サービス、自律管理

OOS-MA

アウト オブ サービス、管理

<SST>

(任意)エンティティのセカンダリ ステート。パラメータ タイプは SST で、PST および PSTQ に関する詳細情報を提供します。

AINS

自動インサービス

DSBLD

ディセーブル

LPBK

ループバック

MEA

機器のミスマッチ

MT

メンテナンス

OOG

アウト オブ グループ

SWDL

ソフトウェアのダウンロード

UAS

未割り当て

UEQ

未装着

21.3 RTRV-<MOD2DWDMPAYLOAD>

(Cisco ONS 15454)Retrieve(10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、D1VIDEO、DV6000、ETRCLO、GIGE、HDTV、ISC1、ISC3、または PASSTHRU)(RTRV-<MOD2DWDMPAYLOAD>)コマンドは、Dense Wavelength Division Multiplexing(DWDM; 高密度波長分割多重)クライアントの設定パラメータを検索します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

カテゴリ

DWDM

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-<MOD2DWDMPAYLOAD>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

入力例

RTRV-HDTV:MILAN:FAC-1-1:100;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AIDUNIONID>,<AIDTYPE>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[NAME=<NAME>],[LBCL=<LBCL>],
[OPT=<OPT>],[OPR=<OPR>],[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>]:<PSTPSTQ>,[<SST>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"FAC-1-1-1,HDTV:,,WORK,ACT:NAME=\"NY PORT\",LBCL=10.0,OPT=10.0,OPR=10.0,
FREQ=1550,LOSSB=LR-1:OOS-AU,AINS"
;

出力パラメータ

<AIDUNIONID>

アクセス ID( AidUnionIdを参照)

<AIDTYPE>

アクセス ID のタイプ。パラメータ タイプは MOD2DWDMPAYLOAD で、DWDM ポートに適用するペイロード タイプを含みます。

10GFC

10 ギガビット ファイバ チャネル ペイロード

10GIGE

10 ギガビット イーサネット

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネル ペイロード

1GFICON

1 ギガビット ファイバ接続(FICON)ペイロード

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネル ペイロード

2GFICON

2 ギガビット FICON ペイロード

D1VIDEO

D1 ビデオ ペイロード

DV6000

DV6000 ペイロード

ETRCLO

ETR_CLO ペイロード

GIGE

ギガビット イーサネット ペイロード

HDTV

High Definition Television(HDTV)ペイロード

ISC1

ISC1 ペイロード

ISC3

ISC3 ペイロード

PASSTHRU

任意のパススルー(2R)ペイロード

<ROLE>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートの役割(WORK または PORT)。パラメータ タイプは SIDEで、保護グループにおけるユニットの役割です。

PROT

エンティティは保護グループ内にある保護ユニットです。

WORK

エンティティは保護グループ内にある現用ユニットです。

<STATUS>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートのステータス(ACT または STBY)。パラメータ タイプは STATUS で、保護ペアのユニットのステータスです。

ACT

エンティティはシェルフに搭載されているアクティブなユニットです。

NA

該当するステータスはありません。

STBY

エンティティはシェルフに搭載されているスタンバイ ユニットです。

<NAME>

(任意)ポート名を識別します。NAME はストリングです。

<LBCL>

(任意)レーザー電流の現在の値を表示します。LBCL は浮動小数です。

<OPT>

(任意)送信光パワーの現在の値を表示します。OPT は浮動小数です。

<OPR>

(任意)受信光パワーの現在の値を表示します。OPR は浮動小数です。

<FREQ>

(任意)パラメータ タイプは OPTICAL_WLEN(光波長)です。

1310

波長 1310

1470

波長 1470

1490

波長 1490

1510

波長 1510

1529.55

波長 1529.55

1529.94

波長 1529.94

1530

波長 1530

1530.33

波長 1530.33

1530.73

波長 1530.73

1531.12

波長 1531.12

1531.51

波長 1531.51

1531.90

波長 1531.90

1532.29

波長 1532.29

1532.68

波長 1532.68

1533.07

波長 1533.07

1533.47

波長 1533.47

1533.86

波長 1533.86

1534.25

波長 1534.25

1534.64

波長 1534.64

1535.04

波長 1535.04

1535.43

波長 1535.43

1535.82

波長 1535.82

1536.22

波長 1536.22

1536.61

波長 1536.61

1537

波長 1537

1537.40

波長 1537.40

1537.79

波長 1537.79

1538.19

波長 1538.19

1538.58

波長 1538.58

1538.98

波長 1538.98

1539.37

波長 1539.37

1539.77

波長 1539.77

1540.16

波長 1540.16

1540.56

波長 1540.56

1540.95

波長 1540.95

1541.35

波長 1541.35

1541.75

波長 1541.75

1542.14

波長 1542.14

1542.35

波長 1542.35

1542.54

波長 1542.54

1542.94

波長 1542.94

1543.33

波長 1543.33

1543.73

波長 1543.73

1544.13

波長 1544.13

1544.53

波長 1544.53

1544.92

波長 1544.92

1545.32

波長 1545.32

1545.72

波長 1545.72

1546.12

波長 1546.12

1546.52

波長 1546.52

1546.92

波長 1546.92

1547.32

波長 1547.32

1547.72

波長 1547.72

1548.12

波長 1548.12

1548.51

波長 1548.51

1548.92

波長 1548.92

1549.32

波長 1549.32

1549.71

波長 1549.71

1550

波長 1500

1550.12

波長 1550.12

1550.52

波長 1550.52

1550.92

波長 1550.92

1551.32

波長 1551.32

1551.72

波長 1551.72

1552.12

波長 1552.12

1552.52

波長 1552.52

1552.93

波長 1552.93

1553.33

波長 1553.33

1553.73

波長 1553.73

1554.13

波長 1554.13

1554.13

波長 1554.13

1554.94

波長 1554.94

1555.34

波長 1555.34

1555.75

波長 1555.75

1556.15

波長 1556.15

1556.55

波長 1556.55

1556.96

波長 1556.96

1557.36

波長 1557.36

1557.77

波長 1557.77

1558.17

波長 1558.17

1558.58

波長 1558.58

1558.98

波長 1558.98

1559.39

波長 1559.39

1559.79

波長 1559.79

1560.20

波長 1560.20

1560.61

波長 1560.61

1561.01

波長 1561.01

1561.42

波長 1561.42

1561.83

波長 1561.83

1570

波長 1570

1570.83

波長 1570.83

1571.24

波長 1571.24

1571.65

波長 1571.65

1572.06

波長 1572.06

1572.48

波長 1572.48

1572.89

波長 1572.89

1573.30

波長 1573.30

1573.71

波長 1573.71

1574.13

波長 1574.13

1574.54

波長 1574.54

1574.95

波長 1574.95

1575.37

波長 1575.37

1575.78

波長 1575.78

1576.20

波長 1576.20

1576.61

波長 1576.61

1577.03

波長 1577.03

1577.44

波長 1577.44

1577.86

波長 1577.86

1578.27

波長 1578.27

1578.69

波長 1578.69

1579.10

波長 1579.10

1579.52

波長 1579.52

1579.93

波長 1579.93

1580.35

波長 1580.35

1580.77

波長 1580.77

1581.18

波長 1581.18

1581.60

波長 1581.60

1582.02

波長 1582.02

1582.44

波長 1582.44

1582.85

波長 1582.85

1583.27

波長 1583.27

1583.69

波長 1583.69

1584.11

波長 1584.11

1584.53

波長 1584.53

1584.95

波長 1584.95

1585.36

波長 1585.36

1585.78

波長 1585.78

1586.20

波長 1586.20

1586.62

波長 1586.62

1587.04

波長 1587.04

1587.46

波長 1587.46

1587.88

波長 1587.88

1588.30

波長 1588.30

1588.73

波長 1588.73

1589.15

波長 1589.15

1589.57

波長 1589.57

1589.99

波長 1589.99

1590

波長 1590

1590.41

波長 1590.41

1590.83

波長 1590.83

1591.26

波長 1591.26

1591.68

波長 1591.68

1592.10

波長 1592.10

1592.52

波長 1592.52

1592.95

波長 1592.95

1593.37

波長 1593.37

1593.79

波長 1593.79

1594.22

波長 1594.22

1594.64

波長 1594.64

1595.06

波長 1595.06

1595.49

波長 1595.49

1596.34

波長 1596.34

1596.76

波長 1596.76

1597.19

波長 1597.19

1597.62

波長 1597.62

1598.04

波長 1598.04

1598.47

波長 1598.47

1598.89

波長 1598.89

1599.32

波長 1599.32

1599.75

波長 1599.75

1600.06

波長 1600.06

1601.03

波長 1601.03

1601.46

波長 1601.46

1601.88

波長 1601.88

1602.31

波長 1602.31

1602.74

波長 1602.74

1603.17

波長 1603.17

1603.60

波長 1603.60

1604.03

波長 1604.03

1610

波長 1610

USE-TWL1

調整可能な波長 1 を使用

<LOSSB>

(任意)パラメータ タイプは REACH(到達値)です。

AUTOPROV

自動プロビジョニング

CX

CX 到達

DX

DX 到達

HX

HX 到達

I1

I1 到達

IR-1

IR-1 到達

IR-2

IR-2 到達

L1

L1 到達

L2

L2 到達

L3

L3 到達

LR-1

LR-1 到達

LR-2

LR-2 到達

LR-3

LR-3 到達

LX

LX 到達

S1

S1 到達

S2

S2 到達

SR

SR 到達

SR-1

SR-1 到達

SX

SX 到達

T

T 到達

VX

VX 到達

ZX

ZX 到達

<PST_PSTQ>

エンティティのプライマリ ステート。パラメータ タイプは PST_PSTQ で、プライマリ ステート(PST)およびプライマリ ステート修飾子(PSTQ)によって記述されるエンティティのサービス ステートです。

IS_NR

イン サービス、標準

OOS-AU

アウト オブ サービス、自律

OOS-AUMA

アウト オブ サービス、自律管理

OOS-MA

アウト オブ サービス、管理

<SST>

(任意)エンティティのセカンダリ ステート。パラメータ タイプは SST で、PST および PSTQ に関する詳細情報を提供します。

AINS

自動インサービス

DSBLD

ディセーブル

LPBK

ループバック

MEA

機器のミスマッチ

MT

メンテナンス

OOG

アウト オブ グループ

SWDL

ソフトウェアのダウンロード

UAS

未割り当て

UEQ

未装着

21.4 RTRV-<MOD_RING>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15600)Retrieve Bidirectional Line Switched Ring(BLSR)(RTRV-<MOD_RING>)コマンドは、NE の BLSR 情報を検索します。2 ファイバまたは 4 ファイバ BLSR が検索できます。


) Cisco ONS 15600 および ONS 15327 は 4 ファイバ BLSR をサポートしません。


 
使用上のガイドライン

次に出力例を示します。

4 ファイバ BLSR の場合

"BLSR-N43AB::RINGID=N43AB,NODEID=3,MODE=4F,RVRTV=Y,RVTM=5.0,SRVRTV=Y,
SRVTM=5.0,EASTWORK=FAC-5-1,WESTWORK=FAC-6-1,EASTPROT=FAC-12-1,
WESTPROT=FAC-13-1"

2 ファイバ BLSR の場合

"BLSR-N12EF::RINGID=N12EF,NODEID=2,MODE=2F,RVRTV=Y,RVTM=5.0,
EASTWORK=FAC-5-1,WESTWORK=FAC-6-1"

エラー メッセージが返されるアクションは次のとおりです。

システムが IOR の取得に失敗すると、SROF(IOR の取得に失敗)のエラー メッセージが返されます。

AID が無効の場合、IIAC(Invalid AID)エラー メッセージが返されます。

BLSR が存在しない場合、SRQN(BLSR Does Not Exist)エラー メッセージが返されます。

このコマンドでは、ALL、NULL、BLSR-ALL、または BLSR-RINGID だけが使用できます。

NULL AID のデフォルトは、AID ALL です。

AID のリスト形式がサポートされています。

カテゴリ

BLSR

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-<MOD_RING>:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>[::::];

入力例

RTRV-BLSR:PETALUMA:ALL:123;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( AidUnionId1を参照)。NE の BLSR を識別します。ALL、ヌル、または BLSR-# のリストだけが使用できます。ヌル値は ALL と同等です。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"[<AID>]::[RINGID=<RINGID>],[NODEID=<NODEID>],[MODE=<MODE>],
[RVRTV=<RVRTV>],[RVTM=<RVTM>],[SRVRTV=<SRVRTV>],[SRVTM=<SRVTM>],
[EASTWORK=<EASTWORK>],[WESTWORK=<WESTWORK>],[EASTPROT=<EASTPROT>],
[WESTPROT=<WESTPROT>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"BLSR-43::RINGID=43,NODEID=3,MODE=4F,RVRTV=Y,RVTM=5.0,SRVRTV=Y,SRVTM=5.0,
EASTWORK=FAC-5-1,WESTWORK=FAC-6-1,EASTPROT=FAC-12-1,WESTPROT=FAC-13-1"
;

出力パラメータ

<AID>

(任意)アクセス ID( AidUnionId1を参照)。NE の BLSR を識別します。

<RINGID>

(任意)NE の BLSR ID です。6 文字以内のストリングです。有効な文字は、A ~ Z と 0 ~ 9 です。

<NODEID>

(任意)NE の BLSR ノード ID です。NODEID はストリングタイプで、範囲は 0 ~ 31 です。

<MODE>

(任意)コマンドが実装されるときのモード。BLSR モード(2 ファイバまたは 4 ファイバ)を識別します。パラメータ タイプは BLSR_MODE(BLSR モード)です。

2F

2 ファイバ BLSR

4F

4 ファイバ BLSR

<RVRTV>

リバーティブ モード。値 Y は、復旧後に、保護切り替えシステムがサービスを元の回線に戻すことを示します。値 N は、復旧後に、保護切り替えシステムがサービスを元の回線に戻さないことを示します。RVRTV は 1+1 保護切り替えだけに有効です。ヌル値のデフォルトは N です。パラメータ タイプは ON_OFF(アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定)です。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<RVTM>

復元時間。RVTM は RVRTV が N の間は設定できません。パラメータ タイプは REVERTIVE_TIME です。

0.5 ~ 12.0

復元時間の範囲は 0.5 ~ 12.0 分です。

<SRVRTV>

4 ファイバ BLSR 専用のスパン リバーティブ モードです。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<SRVTM>

4 ファイバ BLSR 専用のスパン復元時間です。SRVTM は SRVRTV が N の間は設定できません。パラメータ タイプは REVERTIVE_TIME です。

0.5 ~ 12.0

復元時間の範囲は 0.5 ~ 12.0 分です。

<EASTWORK>

イーストの現用ファシリティ。AID( FACILITYを参照)

<WESTWORK>

ウェストの現用ファシリティ。AID( FACILITYを参照)

<EASTPROT>

イーストの保護ファシリティ。AID( FACILITYを参照)

<WESTPROT>

ウェストの保護ファシリティ。AID( FACILITYを参照)

21.5 RTRV-<OCN_TYPE>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve(OC3、OC12、OC48、OC192)は、OC-N ファシリティのアトリビュート(サービス パラメータなど)およびステートを検索します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

RINGID および BLSRTYPE はどちらも BLSR に接続する OC-N ポートを識別します。これらのアトリビュートは、OC-12、OC-48、および OC-192 ポートが BLSR に接続する場合だけ表示されます。RTRV-<MOD_RING> コマンドに AID BLSR-RINGID を指定すると、BLSR についての詳細な情報を表示します。


) OC-N ポートの値がゼロの場合、このコマンドの WVLEN アトリビュートは表示されません。


UNI-C DCC プロビジョニングの注:

DCC が UNI-C に使用される場合、アトリビュート DCC(Y/N)およびモード(SONET/SDH)は、ED/RTRV-OCN コマンドでも同じです。その場合、ポートのアトリビュート UNIC は有効です(UNIC=Y)。

UNI-C DCC 終端は、通常の DCC プロビジョニング解除コマンドでは削除できません。

DCC が通常の SONET プロビジョニングで作成され、このポートを UNI-C が使用している場合、ポートは、自動的に UNI-C DCC に変換されます。

UNI-C IF/IB IPCC をプロビジョニング解除すると、DCC 終端は自動的に解放されます。

パラメータ ALSMODE、ALSRCINT、および ALSRCPW は、OC3-8、OC-192、および OC-48ELR カードにだけ適用されます。

SSMRCV は、それぞれのポートの品質を表示します。

SSM 選択肢(ADMSSM)および出力同期メッセージ(SYNCMSGOUT)は ONS 15600 には適用されません。

J0 サポート(EXPTRC、TRC、TRCMODE および TRCFORMAT パラメータ)は、OC-n ペイロードを持つ DWDM カード、MRC-12 カード、および OC192-XFP カードでサポートされます。J0 は、OC3-8、OC-12、OC-48、OC-192、およびほかの SONET 光カードではサポートされません。

カテゴリ

ポート

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-<OCN_TYPE>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

入力例

RTRV-OC48:PENNGROVE:FAC-6-1:236;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[DCC=<DCC>],[AREA=<AREA>],[TMGREF=<TMGREF>],
[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[SENDDUS=<SENDDUS>],[PJMON=<PJMON>],
[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[MODE=<MODE>],[WVLEN=<WVLEN>],
[RINGID=<RINGID>],[BLSRTYPE=<BLSRTYPE>],[MUX=<MUX>],[UNIC=<UNIC>],
[SOAK=<SOAK>],[SOAKLEFT=<SOAKLEFT>],[SSMRCV=<SSMRCV>],[OSPF=<OSPF>],
[LDCC=<LDCC>],[NAME=<NAME>],[LBCL=<LBCL>],[OPT=<OPT>],[OPR=<OPR>],
[EXPTRC=<EXPTRC>],[TRC=<TRC>],[TRCMODE=<TRCMODE>],
[TRCFORMAT=<TRCFORMAT>],[ADMSSM=<ADMSSM>],
[SENDDUSFF=<SENDDUSFF>],[AISONLPBK=<AISONLPBK>],
[FREQ=<FREQ>],[LOSSB=<LOSSB>],[FOREIGNFEND=<FOREIGNFEND>],
[FOREIGNIPADDRESS=<FOREIGNIPADDRESS>],:<PSTPSTQ>,[<SSTQ>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"FAC-6-1:,,WORK,ACT:DCC=Y,AREA=10.92.63.1,TMGREF=N,SYNCMSG=N,SENDDUS=N,
PJMON=48,SFBER=1E-4,SDBER=1E-6,MODE=SINGLESHELF,WVLEN=1310.00,RINGID=43,
BLSRTYPE=WESTWORK,MUX=E2,UNIC=Y,
SOAKLEFT=\"12-25\",SSMRCV=STU,OSPF=Y,LDCC=Y,NAME=\"OCN PORT\",LBCL=10.0,
OPT=10.0,OPR=10.0,EXPTRC=\"AAA\",TRC=\"AAA\",TRCMODE=MAN,
TRCFORMAT=16-BYTE,ADMSSM=PRS,SENDDUSFF=N,AISONLPBK=AIS_ON_LPBK_ALL,
FREQ=1550,LOSSB=LR-1,FOREIGNFEND=Y,
FOREIGNIPADDRESS=10.92.63.44,:OOS-AU,AINS"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)

<ROLE>

(任意)OC-N ポートの役割です。パラメータ タイプは SIDEで、保護グループにおけるユニットの役割です。

PROT

エンティティは保護グループ内にある保護ユニットです。

WORK

エンティティは保護グループ内にある現用ユニットです。

<STATUS>

(任意)OC-N ポートのステータスです。パラメータ タイプは STATUS で、保護ペアのユニットのステータスです。

ACT

エンティティはシェルフに搭載されているアクティブなユニットです。

NA

該当するステータスはありません。

STBY

エンティティはシェルフに搭載されているスタンバイ ユニットです。

<DCC>

(任意)セクションのData Communication Channel(DCC; データ通信チャネル)が使用されるかどうかを識別します。パラメータ タイプは EXT_RING で、リングが拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートするかどうかを識別します。

N

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートしません。

Y

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートします。

<AREA>

(任意)エリア ID。DCC が有効の場合だけ表示されます。AREA はストリングです。

<TMGREF>

(任意)使用する終端。プライマリまたはセカンダリのどちらでもかまいません。OC-N ポートがタイミング基準を持つかどうかを識別します。デフォルトは N です。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<SYNCMSG>

同期ステータス メッセージ。パラメータ タイプは EXT_RING で、リングが拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートするかどうかを識別します。

N

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートしません。

Y

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートします。

<SENDDUS>

(任意)ファシリティは、そのファシリティの同期ステータス メッセージとして、0x0f ビット パターンでDUS(同期には使用しない)値を送信します。デフォルトは N です。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<PJMON>

(任意)OC-N ポート PJMON を識別します。デフォルトは 0(ゼロ)です。PJMON は整数です。

<SFBER>

(任意)OC-N ポートの信号障害スレッシュホールド。デフォルトは 1E-4 です。パラメータ タイプは SF_BER で、ファシリティまたはパスの信号障害を宣言するためのスレッシュホールドです。

1E-3

SFBER は 1E-3 です。

1E-4

SFBER は 1E-4 です。

1E-5

SFBER は 1E-5 です。

<SDBER>

(任意)OC-N ポートの信号劣化スレッシュホールド。デフォルトは 1E-7 です。パラメータ タイプは SD_BER で、ファシリティまたはパスの信号劣化を宣言するスレッシュホールドです。

1E-5

SDBER は 1E-5 です。

1E-6

SDBER は 1E-6 です。

1E-7

SDBER は 1E-7 です。

1E-8

SDBER は 1E-8 です。

1E-9

SDBER は 1E-9 です。

<MODE>

(任意)OC-N ポートのモードです。デフォルトは SONET です。パラメータ タイプは OPTICAL_MODE で、ファシリティの光モードです。

SINGLESHELF

NE に設定されているシェルフが 1 つのみで、AID がコマンド要求/応答および自律レポートのためのシェルフ識別子を示すとみなされません。

MULTISHELF

AID がコマンド要求/応答および自律レポートのためのシェルフ識別子を示すとみなされます。これは、NE に複数のシェルフが設定されているか、ユーザが新しい AID スタイルを使用したいことを意味します。

MULTISHELFETH

AID がコマンド要求/応答および自律レポートのためのシェルフ識別子を示すとみなされます。これは、NE に複数のシェルフが設定されているか、ユーザが新しい AID スタイルを使用したいことを意味します。複数のシェルフは、外部イーサネット スイッチを使用して接続されています。

<WVLEN>

(任意)OC-N ポートの波長でナノメートルです。たとえば、WVLEN=1310.00 は、DWDM アプリケーションで 1310 nm で動作することを意味します。WVLEN は浮動小数です。

<RINGID>

(任意)ポートが接続されている BLSR RINGID。RINGID は、0 ~ 9999 の範囲です。RINGID は整数です。

<BLSRTYPE>

(任意)ポートが接続されている BLSR タイプ。パラメータ タイプは BLSR_TYPE で、OC-N ポートの BLSR タイプです。

EASTPROT

OC-N ポートはイーストの保護ポートです。

EASTWORK

OC-N ポートはイーストの現用ポートです。

WESTPROT

OC-N ポートはウェストの保護ポートです。

WESTWORK

OC-N ポートはウェストの現用ポートです。

<MUX>

(任意)BLSR の拡張バイト。パラメータ タイプは MUX_TYPE で BLSR 拡張タイプです。

E2

E2 バイト(オーダーワイヤ)

F1

F1 バイト(ユーザ)

K3

K3 バイト

Z2

Z2 バイト

<UNIC>

(任意)ポートが UCP に接続しているかどうかを示します。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<SOAK>

(任意)OOS-AINS から IS へのソーク移行時間を 15 分間隔で示します。SOAK は整数です。

<SOAKLEFT>

(任意)OOS-AINS から IS への残りの移行時間を 1 分間隔で示します。形式は HH-MM で、HH の範囲は 00 ~ 48、MM の範囲は 00 ~ 59 です。<SOAKLEFT> のルールは次のとおりです。

ポートが OOS、OOS_MT、または IS のステートの場合、パラメータは表示されません。

ポートが OOS_AINS でも、信号障害が原因でカウントダウンが開始されない場合、値は SOAKLEFT=NOT-STARTED になります。

ポートが OOS_AINS ステートで、カウントダウンが開始されている場合、値は HH-MM の形式で表示されます。

<SSMRCV>

(任意)それぞれのポートの品質を表示します。パラメータ タイプは SYNC_CLOCK_REF_QUALITY_LEVEL で、SONET のクロック ソースの品質レベルです。

DUS

同期には使用しません。

PRS

1 次基準ソース、Stratum 1 の追跡可能

RES

ネットワーク同期用に予約済みです。

SMC

SONET ミニマム クロックの追跡可能

ST2

Stratum 2 の追跡可能

ST3

Stratum 3 の追跡可能

ST3E

Stratum 3E の追跡可能

ST4

Stratum 4 の追跡可能

STU

同期済、追跡不能

TNC

中継ノード クロック(第 2 世代のみ)

<OSPF>

(任意)Open Shortest Path First プロトコル。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<LDCC>

(任意)ポートの回線 DCC 接続。パラメータ タイプは EXT_RING で、リングが拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートするかどうかを識別します。

N

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートしません。

Y

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートします。

<NAME>

(任意)名前。NAME はストリングです。

<LBCL>

(任意)レーザー電流の現在の値を表示します。LBCL は浮動小数です。

<OPT>

(任意)送信光パワーの現在の値を表示します。OPT は、DWDM カードでだけ表示されます。OPT は浮動小数です。

<OPR>

受信光パワー。OPR は浮動小数です。

<EXPTRC>

(任意)予測パス トレースの内容。EXPTRC はストリングです。

<TRC>

(任意)送信されるパス トレース メッセージ。TRC はストリングです。

<TRCMODE>

(任意)パス トレース モード。SONET の STS レベル パスだけに適用できます。デフォルトは OFF モードです。パラメータ タイプは TRCMODE(トレース モード)です。

AUTO

以前に受信したパス トレース文字列を、予測文字列として使用します。MXP/TXP カードには適用できません。

AUTO-NO-AIS

以前に受信したパス トレース文字列を予測文字列として使用しますが、TIM-P が検出されている場合は、Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)および Remote Defect Indication(RDI; リモート障害表示)をオンにしません。

MAN

プロビジョニングした予測文字列を予測文字列として使用します。

MAN-NO-AIS

プロビジョニングした予測文字列を予測文字列として使用しますが、TIM-P が検出されている場合は、AIS および RDI をオンにしません。

OFF

パス トレース機能をオフにします。何もレポートされません。

<TRCFORMAT>

(任意)トレース メッセージ サイズ。パラメータ タイプは TRCFORMAT(トレース形式)です。

1-BYTE

1 バイト トレース メッセージ

16-BYTE

16 バイト トレース メッセージ

64-BYTE

64 バイト トレース メッセージ

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<ADMSSM>

(任意)SSM 選択肢の値。SSM が無効な場合にだけ表示されます。
パラメータ タイプは SYNC_CLOCK_REF_QUALITY_LEVEL で、SONET のクロック ソースの品質レベルです。

DUS

同期には使用しません。

PRS

1 次基準ソース、Stratum 1 の追跡可能

RES

ネットワーク同期用に予約済みです。

SMC

SONET ミニマム クロックの追跡可能

ST2

Stratum 2 の追跡可能

ST3

Stratum 3 の追跡可能

ST3E

Stratum 3E の追跡可能

ST4

Stratum 4 の追跡可能

STU

同期済、追跡不能

TNC

中継ノード クロック(第 2 世代のみ)

<SENDDUSFF>

(任意)ファシリティが、そのファシリティの同期ステータス メッセージとして DUS 値を 0xff ビット パターンで送信することを示します。デフォルトは N です。パラメータ タイプは ON_OFF(アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定)です。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<AISONLPBK>

(任意)ループバックの AIS。パラメータ タイプは AIS_ON_LPBK で、ループバックの AIS が送信されるかどうかを識別します。

AIS_ONLPBK_FACILITY

ファシリティ ループバックの AIS が送信されます。

AIS_ON_LPBK_ALL

すべてのループバックの AIS が送信されます。

AIS_ON_LPBK_OFF

ループバックの AIS は送信されません。

AIS_ON_LPBK_TERMINAL

ターミナル ループバックの AIS が送信されます。

<FREQ>

(任意)パラメータ タイプは OPTICAL_WLEN(光波長)です。

1310

波長 1310

1470

波長 1470

1490

波長 1490

1510

波長 1510

1529.55

波長 1529.55

1529.94

波長 1529.94

1530

波長 1530

1530.33

波長 1530.33

1530.73

波長 1530.73

1531.12

波長 1531.12

1531.51

波長 1531.51

1531.90

波長 1531.90

1532.29

波長 1532.29

1532.68

波長 1532.68

1533.07

波長 1533.07

1533.47

波長 1533.47

1533.86

波長 1533.86

1534.25

波長 1534.25

1534.64

波長 1534.64

1535.04

波長 1535.04

1535.43

波長 1535.43

1535.82

波長 1535.82

1536.22

波長 1536.22

1536.61

波長 1536.61

1537

波長 1537

1537.40

波長 1537.40

1537.79

波長 1537.79

1538.19

波長 1538.19

1538.58

波長 1538.58

1538.98

波長 1538.98

1539.37

波長 1539.37

1539.77

波長 1539.77

1540.16

波長 1540.16

1540.56

波長 1540.56

1540.95

波長 1540.95

1541.35

波長 1541.35

1541.75

波長 1541.75

1542.14

波長 1542.14

1542.35

波長 1542.35

1542.54

波長 1542.54

1542.94

波長 1542.94

1543.33

波長 1543.33

1543.73

波長 1543.73

1544.13

波長 1544.13

1544.53

波長 1544.53

1544.92

波長 1544.92

1545.32

波長 1545.32

1545.72

波長 1545.72

1546.12

波長 1546.12

1546.52

波長 1546.52

1546.92

波長 1546.92

1547.32

波長 1547.32

1547.72

波長 1547.72

1548.12

波長 1548.12

1548.51

波長 1548.51

1548.92

波長 1548.92

1549.32

波長 1549.32

1549.71

波長 1549.71

1550

波長 1500

1550.12

波長 1550.12

1550.52

波長 1550.52

1550.92

波長 1550.92

1551.32

波長 1551.32

1551.72

波長 1551.72

1552.12

波長 1552.12

1552.52

波長 1552.52

1552.93

波長 1552.93

1553.33

波長 1553.33

1553.73

波長 1553.73

1554.13

波長 1554.13

1554.13

波長 1554.13

1554.94

波長 1554.94

1555.34

波長 1555.34

1555.75

波長 1555.75

1556.15

波長 1556.15

1556.55

波長 1556.55

1556.96

波長 1556.96

1557.36

波長 1557.36

1557.77

波長 1557.77

1558.17

波長 1558.17

1558.58

波長 1558.58

1558.98

波長 1558.98

1559.39

波長 1559.39

1559.79

波長 1559.79

1560.20

波長 1560.20

1560.61

波長 1560.61

1561.01

波長 1561.01

1561.42

波長 1561.42

1561.83

波長 1561.83

1570

波長 1570

1570.83

波長 1570.83

1571.24

波長 1571.24

1571.65

波長 1571.65

1572.06

波長 1572.06

1572.48

波長 1572.48

1572.89

波長 1572.89

1573.30

波長 1573.30

1573.71

波長 1573.71

1574.13

波長 1574.13

1574.54

波長 1574.54

1574.95

波長 1574.95

1575.37

波長 1575.37

1575.78

波長 1575.78

1576.20

波長 1576.20

1576.61

波長 1576.61

1577.03

波長 1577.03

1577.44

波長 1577.44

1577.86

波長 1577.86

1578.27

波長 1578.27

1578.69

波長 1578.69

1579.10

波長 1579.10

1579.52

波長 1579.52

1579.93

波長 1579.93

1580.35

波長 1580.35

1580.77

波長 1580.77

1581.18

波長 1581.18

1581.60

波長 1581.60

1582.02

波長 1582.02

1582.44

波長 1582.44

1582.85

波長 1582.85

1583.27

波長 1583.27

1583.69

波長 1583.69

1584.11

波長 1584.11

1584.53

波長 1584.53

1584.95

波長 1584.95

1585.36

波長 1585.36

1585.78

波長 1585.78

1586.20

波長 1586.20

1586.62

波長 1586.62

1587.04

波長 1587.04

1587.46

波長 1587.46

1587.88

波長 1587.88

1588.30

波長 1588.30

1588.73

波長 1588.73

1589.15

波長 1589.15

1589.57

波長 1589.57

1589.99

波長 1589.99

1590

波長 1590

1590.41

波長 1590.41

1590.83

波長 1590.83

1591.26

波長 1591.26

1591.68

波長 1591.68

1592.10

波長 1592.10

1592.52

波長 1592.52

1592.95

波長 1592.95

1593.37

波長 1593.37

1593.79

波長 1593.79

1594.22

波長 1594.22

1594.64

波長 1594.64

1595.06

波長 1595.06

1595.49

波長 1595.49

1596.34

波長 1596.34

1596.76

波長 1596.76

1597.19

波長 1597.19

1597.62

波長 1597.62

1598.04

波長 1598.04

1598.47

波長 1598.47

1598.89

波長 1598.89

1599.32

波長 1599.32

1599.75

波長 1599.75

1600.06

波長 1600.06

1601.03

波長 1601.03

1601.46

波長 1601.46

1601.88

波長 1601.88

1602.31

波長 1602.31

1602.74

波長 1602.74

1603.17

波長 1603.17

1603.60

波長 1603.60

1604.03

波長 1604.03

1610

波長 1610

USE-TWL1

調整可能な波長 1 を使用

<LOSSB>

(任意)パラメータ タイプは REACH(到達値)です。

AUTOPROV

自動プロビジョニング

CX

CX 到達

DX

DX 到達

HX

HX 到達

I1

I1 到達

IR-1

IR-1 到達

IR-2

IR-2 到達

L1

L1 到達

L2

L2 到達

L3

L3 到達

LR-1

LR-1 到達

LR-2

LR-2 到達

LR-3

LR-3 到達

LX

LX 到達

S1

S1 到達

S2

S2 到達

SR

SR 到達

SR-1

SR-1 到達

SX

SX 到達

T

T 到達

VX

VX 到達

ZX

ZX 到達

<FOREIGNFEND>

(任意)DCC 上の遠端 NE が外部 NE かどうかを示します。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<FOREIGNIPADDRESS>

(任意)DCC 上の遠端 NE の IP アドレス。FOREIGNFEND が Y の場合にのみ使用されます。FOREIGNIPADDRESS はストリングです。

<PST_PSTQ>

PST_PSTQ 形式の管理ステート。パラメータ タイプは
PST_PSTQ で、プライマリ ステート(PST)およびプライマリ ステート修飾子(PSTQ)によって記述されるエンティティのサービス ステートです。

IS-NR

イン サービス、標準

OOS-AU

アウト オブ サービス、自律

OOS-AUMA

アウト オブ サービス、自律管理

OOS-MA

アウト オブ サービス、管理

<SSTQ>

(任意)エンティティのセカンダリ ステート。パラメータ タイプは SST で、PST および PSTQ に関する詳細情報を提供します。

AINS

自動インサービス

DSBLD

ディセーブル

LPBK

ループバック

MEA

機器のミスマッチ

MT

メンテナンス

OOG

アウト オブ グループ

SWDL

ソフトウェアのダウンロード

UAS

未割り当て

UEQ

未装着

21.6 RTRV-<PATH>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve(STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、STS9C、VT1、または VT2)(RTRV-<PATH>)コマンドは、STS/VT パスに関連付けられたアトリビュートを検索します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

サポート対象 AID は、ALL、SLOT-N(N=1,2,...,ALL)、および STS/VT 固有の AID です。

SFBER、SDBER、RVRTV、RVTM、SWPDIP、HOLDOFFTIMER、および UPSRPTHSTATE パラメータは、Unidirectional Path Switched Ring(UPSR)だけに適用されます。

パス トレース メッセージは終了の CR(復帰)および LF(改行)を含む 64 文字の文字列で、SONET STS パス オーバーヘッドの J1 バイトで転送されます。

EXPTRC は、ユーザが ED-STS_PATH コマンドでプロビジョニングした予測着信パス トレースの内容を示します。TRC は、発信パス トレース メッセージの内容を示します。INCTRC は、着信パス トレース メッセージの内容を示します。

パス トレース モードには次の 3 つがあります。OFF、MANUAL、および AUTO です。デフォルトのモードは OFF です。MANUAL モードでは、受信文字列と、ユーザが入力した予測文字列との比較が実行されます。AUTO モードでは、現在の受信文字列と、以前に受信文字列に設定した予測文字列との比較が実行されます。ミスマッチがある場合は、TIM-P アラームが発生します。パス トレースモードが OFF モードの場合は、パス トレース処理は実行されず、すべてのアラームおよびステート状態がリセットされます。

予測文字列を OFF パス トレースモードで照会すると、予測文字列は、プロビジョニングされた文字列のコピーまたはヌルです。予測文字列を MANUAL パス トレース モードで照会すると、予測文字列は、ユーザが入力した文字列のコピーです。予測文字列を AUTO パス トレースモードで照会すると、予測文字列は、取得した受信文字列のコピー、または文字列を取得しなかった場合はヌルです。

着信文字列を OFF パス トレースモードで照会すると、着信文字列は、ヌルです。着信文字列を MANUAL または AUTO パス トレースモードで照会すると、着信文字列は、受信文字列のコピー、または文字列を受信しなかった場合はヌルです。

J1(EXPTRC)は、DS1/DS1N、DS3E/DS3NE、DS3XM、EC1、DS3/EC1-48、OC3、OC48AS、OC192、MRC-12、および OC192-XFP カードで実行されます。

TRC および INCTRC は DS1N、DS3NE、DS3/EC1-48、および DS3XM カードでサポートされます。

エラー メッセージが返されるアクションは以下のとおりです。

BLSR スイッチの有無にかかわらず BLSRPTHTYPE=PCA 実行中にこのコマンドを送信すると、Protection Channel Access(PCA)パス J1/C2 データが返されます(AID に PCA 回線がある場合)。

回線がなく BLSR に切り替えられていない STS AID をこのコマンドで送信すると、STS はエラー メッセージを返します。


) • 任意の入力パラメータ BLSRPTHTYPE がこのコマンドに表示され、特定の BLSR パスで J1/C2 を検索するオプションを提供します。このフィールドは、照会された AID ポートが BLSR を持つ場合にだけ有効です。BLSRPTHTYPE のデフォルトは、BLSR が切り替えられた場合には「非 PCA」 パス タイプ、BLSR が切り替えられない場合にはすべての BLSR パス タイプです。

オプションの出力パラメータ BLSRPTHSTATE がこのコマンドの出力に表示されます。このコマンドの各 J1/C2 出力データには、BLSR パスのステート情報が表示されます。

BLSR 切り替えのあと、保護パスを使用して J1/IPPM/C2 データを検索できます。保護パスでの J1 トレース文字列、トレース モード、またはスレッシュホールドは使用できません。

HOLDOFFTIMER はパスに固有ではありません。その代わり、UPSR セレクタに適用できます。

VT1.5 J2 パス トレース プロビジョニングは、DS3XM-12 カードおよび ONS 15454 CE-100T-8 カード VT1.5 パスで ED-VT1、RTRV-VT1、および RTRV-PTHTRC-VT1 コマンドを使うとサポートされます。ONS 15310-CL CE-100T-8 カードは J2 パス トレースをサポートします。

テスト アクセスは ONS 15310-CL ではサポートされません。J2 は ONS 15310-CL の 15310-CL-CTX カードではサポートされません。しかし ONS 15310-CL の CE-100T-8 カードは J2 をサポートします。

BLSR のセレクタ パスの場合、SWPDIP パス アトリビュートは編集できず、常に ON のステートになります。

SFBER および SDBER は ONS 15310-CL に適用されます。また XC-VXC-10G カードがある場合は ONS 15454 に適用されます。

ONS 15310-MA では、DS1 ポート上でのみ J2 パス トレースがサポートされます。J2 パス トレースは ONS 15310-MA OCn ポートおよび EC1 ポートではサポートされません。


 

カテゴリ

パス

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-<PATH>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[:::BLSRPTHTYPE=<BLSRPTHTYPE>][:];

入力例

RTRV-STS3C:FERNDALE:STS-2-1-4:238:::BLSRPTHTYPE=NON-PCA;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( CrossConnectId1を参照)。ヌルにはできません。

<BLSRPTHTYPE>

ポートが BLSR にある場合は BLSR パス タイプのみ。デフォルトで NON-PCA になる値やヌル値はありません。SONET の STS レベルのパスにだけ適用できます。パラメータ タイプは BLSR_PTH_TYPE で、ポートが BLSR にある場合にだけ BLSR パス タイプです。

NON-PCA

AID は、現用パス、またはクロスコネクト カードの保護パスにあります。

PCA

AID は、BLSR の PCA パスにあります。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>::[LEVEL=<LEVEL>],[SFBER=<SFBER>],[SDBER=<SDBER>],[RVRTV=<RVRTV>],
[RVTM=<RVTM>],[SWPDIP=<SWPDIP>],[HOLDOFFTIMER=<HOLDOFFTIMER>],
[EXPTRC=<EXPTRC>],[TRC=<TRC>],[INCTRC=<INCTRC>],[TRCMODE=<TRCMODE>],
[TRCFORMAT =<TRCFORMAT>],[TACC=<TACC>],[TAPTYPE=<TAPTYPE>],
[UPSRPTHSTATE=<UPSRPTHSTATE>],[C2=<C2>],
[BLSRPTHSTATE=<BLSRPTHSTATE>]:<PST_PSTQ>,[<SSTQ>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"STS-2-1-4::LEVEL=STS1,SFBER=1E-3,SDBER=1E-5,RVRTV=Y,RVTM=1.0,SWPDIP=Y,
HOLDOFFTIMER=2000,EXPTRC="EXPTRCSTRING",TRC="TRCSTRING",
INCTRC="INCTRCSTRING",TRCMODE=AUTO,TRCFORMAT=64-BYTE,TACC=8,
TAPTYPE=DUAL,UPSRPTHSTATE=ACT,C2=0X04,
BLSRPTHSTATE=PROTPTHACT:OOS-AU,AINS"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( CrossConnectId1を参照)

<LEVEL>

(任意)クロスコネクトのレート。クロスコネクト チャネルのレートを表します。SONET の STS パスにだけ適用できます。パラメータ タイプは PATH で、パス コマンドの修飾子です。

STS1

同期転送信号/モジュール レベル 1(51.84 Mbps)

STS3C

同期転送信号/モジュール レベル 3 連結(155.52 Mbps)

STS6C

同期転送信号/モジュール レベル 6(311.04 Mbps)

STS9C

同期転送信号/モジュール レベル 9 連結(466.56 Mbps)

STS12C

同期転送信号/モジュール レベル 12 連結(622.08 Mbps)

STS18C

同期転送信号/モジュール レベル 18 連結(933.12 Mbps)

STS24C

同期転送信号/モジュール レベル 24 連結(1244.16 Mbps)

STS36C

同期転送信号/モジュール レベル 36 連結(1866.24 Mbps)

STS48C

同期転送信号/モジュール レベル 48 連結(2488.32 Mbps)

STS192C

同期転送信号/モジュール レベル 192 連結(9953.28 Mbps)

<SFBER>

(任意)UPSR だけに適用可能な STS パスの信号障害スレッシュホールド。SONET の STS レベルのパスにだけ適用できます。デフォルトは 1E-4 です。パラメータ タイプは SF_BER で、ファシリティまたはパスの信号障害を宣言するためのスレッシュホールドです。

1E-3

SFBER は 1E-3 です。

1E-4

SFBER は 1E-4 です。

1E-5

SFBER は 1E-5 です。

<SDBER>

(任意)UPSR にだけ適用可能な STS パスの信号劣化スレッシュホールド。SONET の STS レベルのパスにだけ適用できます。デフォルトは 1E-6 です。パラメータ タイプは SD_BER で、ファシリティまたはパスの信号劣化を宣言するスレッシュホールドです。

1E-5

SDBER は 1E-5 です。

1E-6

SDBER は 1E-6 です。

1E-7

SDBER は 1E-7 です。

1E-8

SDBER は 1E-8 です。

1E-9

SDBER は 1E-9 です。

<RVRTV>

リバーティブ モード。UPSR にだけ適用されます。値 Y は、復旧後に、保護切り替えシステムがサービスを元の回線に戻すことを示します。値 N は、復旧後に、保護切り替えシステムがサービスを元の回線に戻さないことを示します。RVRTV は 1+1 保護切り替えだけに有効です。ヌル値のデフォルトは N です。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<RVTM>

復元時間。UPSR にだけ適用されます。パラメータ タイプは REVERTIVE_TIME です。

0.5 ~ 12.0

復元時間の範囲は 0.5 ~ 12.0 分です。

<SWPDIP>

(任意)PDI-P の切り替え。SONET の STS レベル パスだけに適用されます。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<HOLDOFFTIMER>

(任意)ホールド オフ タイマー。HOLDOFFTIMER は整数です。

<EXPTRC>

(任意)予測パス トレースの内容。予測パス トレース メッセージ(J1)の内容を示します。EXPTRC は、終了の CR(復帰)および LF(改行)を含む任意の 64 文字の ASCII 文字列です。SONET の STS レベルのパスに適用できます。UPSR パスの作成時はデフォルトで NULL になります。CE-100T-8 カード(ONS 15310-CL)でサポートされ、マッパー モードでプロビジョニングされます。EXPTRC はストリングです。

<TRC>

(任意)送信されるパス トレース メッセージ。トレース バイト(J1)は、64 バイトの固定長 ASCII 文字列について、一度に 1 バイトずつ連続して送信します。値がヌルの場合には、NE はデフォルトで 62 文字のヌル文字(16 進の 00)および CR と LF を送信します。値がヌルの場合は、NE はデフォルトでヌル文字(16 進の 00)を送信します。SONET の STS レベルのパスに適用できます。ONS 15454 の DS3XM-12 カードの VT レベル パスに適用します。CE-100T-8 カード(ONS 15310-CL)でサポートされ、マッパー モードでプロビジョニングされます。TRC はストリングです。

<INCTRC>

(任意)着信パス トレース メッセージの内容。INCTRC は、64 文字の任意の組み合わせです。SONET(STSn)の STS レベルのパスにだけ適用できます。UPSR パスの作成時はデフォルトで NULL になります。CE-100T-8 カード(ONS 15310-CL)でサポートされ、マッパー モードでプロビジョニングされます。INCTRC はストリングです。

<TRCMODE>

(任意)パス トレース モード。SONET(STSn)の STS レベルのパスにだけ適用できます。UPSR パスの作成時はデフォルトで OFF になります。CE-100T-8 カード(ONS 15310-CL)でサポートされ、マッパー モードでプロビジョニングされます。パラメータ タイプは TRCMODE(トレース モード)です。

AUTO

以前に受信したパス トレース文字列を予測文字列として使用します(MXP_2.5G_10G および TXP_MR_10G カードには適用できません)。

AUTO-NO-AIS

以前に受信したパス トレース文字列を予測文字列として使用しますが、TIM-P が検出されている場合は、AIS および RDI をオンにしません。

MAN

プロビジョニングした予測文字列を予測文字列として使用します。

MAN-NO-AIS

プロビジョニングした予測文字列を予測文字列として使用しますが、TIM-P が検出されている場合は、AIS および RDI をオンにしません。

OFF

パス トレース機能をオフにします。何もレポートされません。

<TRCFORMAT>

(任意)トレース メッセージ サイズ。パラメータ タイプは TRCFORMAT(トレース形式)です。

1-BYTE

1 バイト トレース メッセージ

16-BYTE

16 バイト トレース メッセージ

64-BYTE

64 バイト トレース メッセージ

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<TACC>

(任意)テスト アクセス。プロビジョニング中のディグループがテスト アクセス ディグループとして使用されるかどうかを示します。デフォルトは N です。ONS 15310-CL には適用しません。

<TAPTYPE>

(任意)TAP タイプ。ONS 15310-CL には適用しません。パラメータ タイプは TAPTYPE で、テスト アクセス ポイント タイプです。

DUAL

デュアル FAD

SINGLE

シングル FAD

<UPSRPTHSTATE>

(任意)指定した AID が UPSR クロスコネクトの現用パスかスタンバイ パスかを示します。パラメータ タイプは STATUS で、保護ペアのユニットのステータスです。

ACT

エンティティはシェルフに搭載されているアクティブなユニットです。

NA

該当するステータスはありません。

STBY

エンティティはシェルフに搭載されているスタンバイ ユニットです。

<C2>

(任意)16 進コードの C2 バイト。SONET(STSn)の STS レベルのパスにだけ適用できます。パラメータ タイプは C2_BYTE で、16 進コードの C2 バイトです。

0X00

未装着

0X01

不特定な実装ペイロード

0X02

VT 構造の STS-1 Synchronous Payload Envelope(SPE; 同期ペイロード エンベロープ)

0X03

ロック VT モード

0X04

DS3 への非同期マッピング

0X12

DS4NA への非同期マッピング

0X13

ATM へのマッピング

0X14

DQDB へのマッピング

0X15

FDDI への非同期マッピング

0X16

HDLC-Over-SONET マッピング

0XE1

1 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE2

2 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE3

3 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE4

4 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE5

5 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE6

6 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE7

7 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE8

8 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XE9

9 個の VTx ペイロード障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XEA

10 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XEB

11 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XEC

12 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XED

13 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XEE

14 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XEF

15 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF0

16 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF1

17 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF2

18 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF3

19 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF4

20 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF5

21 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF6

22 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF7

23 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF8

24 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XF9

25 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XFA

26 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XFB

27 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XFC

28 個の VTx ペイロード 障害を示す VT 構造の STS-1 SPE

0XFE

O.181 テスト信号(TSS1 から TSS3 へ)マッピング

0XFF

予約済み。ただし、AIS-L が光カードまたはクロスコネクト ダウンストリームによって生成されている場合、C2 は 0XFF です。

<BLSRPTHSTATE>

(任意)ポートが BLSR にある場合は BLSR パス ステートのみ。SONET(STSn)の STS レベルのパスにだけ適用できます。パラメータ タイプは BLSR_PTH_TYPE で、ポートが BLSR にある場合にだけ BLSR パス ステートです。

PCAPTHACT

BLSR が切り替えられていないこと、およびその PCA パスがアクティブ ステートにあることを示します。

PCAPTHSTB

BLSR が切り替えられていること、およびその PCA パスがスタンバイ ステートにあることを示します。

PROTPTHACT

BLSR が切り替えられていること、およびその保護パスがアクティブ ステート状態にあることを示します。

WKGPTHACT

BLSR が切り替えられていないこと、およびその現用パスがアクティブ ステートにあることを示します。

WKGPTHSTB

BLSR が切り替えられていること、およびその現用パスがスタンバイ ステートにあることを示します。

<PST_PSTQ>

PST_PSTQ 形式の管理ステート。パラメータ タイプは PST_PSTQ で、プライマリ ステート(PST)およびプライマリ ステート修飾子(PSTQ)によって記述されるエンティティのサービス ステートです。

IS-NR

イン サービス、標準

OOS-AU

アウト オブ サービス、自律

OOS-AUMA

アウト オブ サービス、自律管理

OOS-MA

アウト オブ サービス、管理

<SSTQ>

(任意)エンティティのセカンダリ ステート。パラメータ タイプは SST で、PST および PSTQ に関する詳細情報を提供します。

AINS

自動インサービス

DSBLD

ディセーブル

LPBK

ループバック

MEA

機器のミスマッチ

MT

メンテナンス

OOG

アウト オブ グループ

SWDL

ソフトウェアのダウンロード

UAS

未割り当て

UEQ

未装着

21.7 RTRV-10GIGE

(Cisco ONS 15454)Retrieve 10GIGE(RTRV-10GIGE)コマンドは、ENT-10GIGE コマンドによってギガビット イーサネット ペイロードをサポートするように設定されたポートの、10Gbps 固有のパラメータを検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

ポート

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-10GIGE:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

入力例

RTRV-10GIGE:TID:FAC-1-1:100;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:,,[<ROLE>],[<STATUS>]:[NAME=<NAME>],[MACADDR=<MACADDR>],
[LBCL=<LBCL>],[OPT=<OPT>],[OPR=<OPR>],[FREQ=<FREQ>],
[LOSSB=<LOSSB>]:<PSTPSTQ>,[<SST>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"FAC-6-1:,,WORK,ACT:NAME=\"NY PORT\",MACADDR=00-0E-AA-BB-CC-FF,LBCL=10.0,
OPT=10.0,OPR=10.0,FREQ=1550,LOSSB=SX:OOS-AU,AINS"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( FACILITYを参照)

<ROLE>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートの役割(WORK または PORT)。パラメータ タイプは SIDEで、保護グループにおけるユニットの役割です。

PROT

エンティティは保護グループ内にある保護ユニットです。

WORK

エンティティは保護グループ内にある現用ユニットです。

<STATUS>

(任意)Y 字ケーブル保護のポートのステータス(ACT または STBY)。パラメータ タイプは STATUS で、保護ペアのユニットのステータスです。

ACT

エンティティはシェルフに搭載されているアクティブなユニットです。

NA

該当するステータスはありません。

STBY

エンティティはシェルフに搭載されているスタンバイ ユニットです。

<NAME>

(任意)ポート名。NAME はストリングです。

<MACADDR>

(任意)10 ギガビット イーサネット ペイロードの MAC アドレス。MACADDR はストリングです。

<LBCL>

(任意)レーザー電流の現在の値を表示します。LBCL は浮動小数です。

<OPT>

(任意)送信光パワーの現在の値を表示します。OPT は浮動小数です。

<OPR>

(任意)受信光パワーの現在の値を表示します。OPR は浮動小数です。

<FREQ>

(任意)パラメータ タイプは OPTICAL_WLEN(光波長)です。

1310

波長 1310

1470

波長 1470

1490

波長 1490

1510

波長 1510

1529.55

波長 1529.55

1529.94

波長 1529.94

1530

波長 1530

1530.33

波長 1530.33

1530.73

波長 1530.73

1531.12

波長 1531.12

1531.51

波長 1531.51

1531.90

波長 1531.90

1532.29

波長 1532.29

1532.68

波長 1532.68

1533.07

波長 1533.07

1533.47

波長 1533.47

1533.86

波長 1533.86

1534.25

波長 1534.25

1534.64

波長 1534.64

1535.04

波長 1535.04

1535.43

波長 1535.43

1535.82

波長 1535.82

1536.22

波長 1536.22

1536.61

波長 1536.61

1537

波長 1537

1537.40

波長 1537.40

1537.79

波長 1537.79

1538.19

波長 1538.19

1538.58

波長 1538.58

1538.98

波長 1538.98

1539.37

波長 1539.37

1539.77

波長 1539.77

1540.16

波長 1540.16

1540.56

波長 1540.56

1540.95

波長 1540.95

1541.35

波長 1541.35

1541.75

波長 1541.75

1542.14

波長 1542.14

1542.35

波長 1542.35

1542.54

波長 1542.54

1542.94

波長 1542.94

1543.33

波長 1543.33

1543.73

波長 1543.73

1544.13

波長 1544.13

1544.53

波長 1544.53

1544.92

波長 1544.92

1545.32

波長 1545.32

1545.72

波長 1545.72

1546.12

波長 1546.12

1546.52

波長 1546.52

1546.92

波長 1546.92

1547.32

波長 1547.32

1547.72

波長 1547.72

1548.12

波長 1548.12

1548.51

波長 1548.51

1548.92

波長 1548.92

1549.32

波長 1549.32

1549.71

波長 1549.71

1550

波長 1500

1550.12

波長 1550.12

1550.52

波長 1550.52

1550.92

波長 1550.92

1551.32

波長 1551.32

1551.72

波長 1551.72

1552.12

波長 1552.12

1552.52

波長 1552.52

1552.93

波長 1552.93

1553.33

波長 1553.33

1553.73

波長 1553.73

1554.13

波長 1554.13

1554.13

波長 1554.13

1554.94

波長 1554.94

1555.34

波長 1555.34

1555.75

波長 1555.75

1556.15

波長 1556.15

1556.55

波長 1556.55

1556.96

波長 1556.96

1557.36

波長 1557.36

1557.77

波長 1557.77

1558.17

波長 1558.17

1558.58

波長 1558.58

1558.98

波長 1558.98

1559.39

波長 1559.39

1559.79

波長 1559.79

1560.20

波長 1560.20

1560.61

波長 1560.61

1561.01

波長 1561.01

1561.42

波長 1561.42

1561.83

波長 1561.83

1570

波長 1570

1570.83

波長 1570.83

1571.24

波長 1571.24

1571.65

波長 1571.65

1572.06

波長 1572.06

1572.48

波長 1572.48

1572.89

波長 1572.89

1573.30

波長 1573.30

1573.71

波長 1573.71

1574.13

波長 1574.13

1574.54

波長 1574.54

1574.95

波長 1574.95

1575.37

波長 1575.37

1575.78

波長 1575.78

1576.20

波長 1576.20

1576.61

波長 1576.61

1577.03

波長 1577.03

1577.44

波長 1577.44

1577.86

波長 1577.86

1578.27

波長 1578.27

1578.69

波長 1578.69

1579.10

波長 1579.10

1579.52

波長 1579.52

1579.93

波長 1579.93

1580.35

波長 1580.35

1580.77

波長 1580.77

1581.18

波長 1581.18

1581.60

波長 1581.60

1582.02

波長 1582.02

1582.44

波長 1582.44

1582.85

波長 1582.85

1583.27

波長 1583.27

1583.69

波長 1583.69

1584.11

波長 1584.11

1584.53

波長 1584.53

1584.95

波長 1584.95

1585.36

波長 1585.36

1585.78

波長 1585.78

1586.20

波長 1586.20

1586.62

波長 1586.62

1587.04

波長 1587.04

1587.46

波長 1587.46

1587.88

波長 1587.88

1588.30

波長 1588.30

1588.73

波長 1588.73

1589.15

波長 1589.15

1589.57

波長 1589.57

1589.99

波長 1589.99

1590

波長 1590

1590.41

波長 1590.41

1590.83

波長 1590.83

1591.26

波長 1591.26

1591.68

波長 1591.68

1592.10

波長 1592.10

1592.52

波長 1592.52

1592.95

波長 1592.95

1593.37

波長 1593.37

1593.79

波長 1593.79

1594.22

波長 1594.22

1594.64

波長 1594.64

1595.06

波長 1595.06

1595.49

波長 1595.49

1596.34

波長 1596.34

1596.76

波長 1596.76

1597.19

波長 1597.19

1597.62

波長 1597.62

1598.04

波長 1598.04

1598.47

波長 1598.47

1598.89

波長 1598.89

1599.32

波長 1599.32

1599.75

波長 1599.75

1600.06

波長 1600.06

1601.03

波長 1601.03

1601.46

波長 1601.46

1601.88

波長 1601.88

1602.31

波長 1602.31

1602.74

波長 1602.74

1603.17

波長 1603.17

1603.60

波長 1603.60

1604.03

波長 1604.03

1610

波長 1610

USE-TWL1

調整可能な波長 1 を使用

<LOSSB>

(任意)パラメータ タイプは REACH(到達値)です。

AUTOPROV

自動プロビジョニング

CX

CX 到達

DX

DX 到達

HX

HX 到達

I1

I1 到達

IR-1

IR-1 到達

IR-2

IR-2 到達

L1

L1 到達

L2

L2 到達

L3

L3 到達

LR-1

LR-1 到達

LR-2

LR-2 到達

LR-3

LR-3 到達

LX

LX 到達

S1

S1 到達

S2

S2 到達

SR

SR 到達

SR-1

SR-1 到達

SX

SX 到達

T

T 到達

VX

VX 到達

ZX

ZX 到達

<PST_PSTQ>

PST_PSTQ 形式の管理ステート。パラメータ タイプは PST_PSTQ で、プライマリ ステート(PST)およびプライマリ ステート修飾子(PSTQ)によって記述されるエンティティのサービス ステートです。

IS-NR

イン サービス、標準

OOS-AU

アウト オブ サービス、自律

OOS-AUMA

アウト オブ サービス、自律管理

OOS-MA

アウト オブ サービス、管理

<SSTQ>

(任意)エンティティのセカンダリ ステート。パラメータ タイプは SST で、PST および PSTQ に関する詳細情報を提供します。

AINS

自動インサービス

DSBLD

ディセーブル

LPBK

ループバック

MEA

機器のミスマッチ

MT

メンテナンス

OOG

アウト オブ グループ

SWDL

ソフトウェアのダウンロード

UAS

未割り当て

UEQ

未装着

21.8 RTRV-ALM-<MOD2ALM>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Alarm(10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、4GFC、4GFICON、DS1、DS3I、E1、E100、E1000、E3、E4、EC1、FSTE、G1000、GFPOS、GIGE、ILK、ISCCOMPAT、ISC3PEER2R、ISC3PEER1G、ISC3PEER2G、OC12、OC192、OC3、OC48、OCH、OMS、OTS、OTU2、POS、RPRIF、STM1、STM4、STM16、STM64、STM1E、STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、STS9C、T1、T3、UDCDCC、UDCF、VC3、VC4、VC4-2c、VC4-3c、VC4-4c、VC4-16c、VC4-64c、VC11、VC12、VC3、VCG、VT1、VT2、または WLEN(RTRV-ALM-<MOD2ALM>)コマンドは、アラームの現在の状態を検索し、送信します。検索対象のアラーム状態や重大度を指定するには、入力パラメータをフィルタとして使用します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。


) VT1 アラーム AID では、VT1-n-n-n が、PS_VT1-n-n-n に置き換えられます。



) AIDTYPE は、STS アラームの STS1 を示します。


カテゴリ

障害

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALM-<MOD2ALM>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDTYPE>],
[<SRVEFF>][,,,];

入力例

RTRV-ALM-RPRIF::RPRIF-2-0:225:MJ,FORCE-REQ,SA;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( AidUnionIdを参照)。ヌルにはできません。

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。ヌル値は ALL と同等です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,:[<DESC>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"RPRIF-2-0,ML1000-2:MJ,FORCE-REQ,SA,09-05,12-30-20,,:\"FORCE SWITCH REQUEST\","
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)

<AIDTYPE>

(任意)アクセス ID のタイプ。パラメータ タイプは MOD2ALM(アラーム タイプ)です。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

1GISC3

1 Gbps ISC3 互換

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GFPOS

Packet Over SONET を使用した汎用フレーミング プロトコルの仮想ポート アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

ML1000-2

(ONS 15454)ML シリーズ 2 ポート ギガビット イーサネット カード

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OCHTERM

OCH 終端

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

UDCDCC

UDC-DCC アラーム

UDCF

UCD-F アラーム

VCG

仮想連結グループのアラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

WLEN

波長パスのプロビジョニング

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<LOCN>

AID によって識別されるエンティティに関する特定のコマンドに関連付けられた場所。ヌル値の場合は、デフォルトで NEND になります。パラメータ タイプは LOCATION で、アクションが発生する場所です。

FEND

アクションは、ファシリティの遠端で発生します。

NEND

アクションは、ファシリティの近端で発生します。

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.9 RTRV-ALM-ALL

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Alarm All(RTRV-ALM-ALL)コマンドは、すべてのアクティブなアラームの状態を検索して送信します。検索対象のアラーム状態または重大度は、入力パラメータをフィルタとして使用して指定します。

 
使用上のガイドライン

Telcordia GR-833 により、RTRV-ALM-ALL コマンドは EQPT、COM、および rr(T1、T3、OCN、EC1、STSN、VT1、DS1、E100、E1000、G1000、ML-Series、TXP、および MXP)アラームだけをレポートします。すべての NE アラームを検索するには、次のコマンドをすべて実行します。

RTRV-ALM-ALL
RTRV-ALM-BITS
RTRV-ALM-ENV
RTRV-ALM-SYNCN

カテゴリ

障害

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALM-ALL:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDITION>],
[<SRVEFF>][,,,];

入力例

RTRV-ALM-ALL:COTATI:ALL:229::MN,PWRRESTART,NSA;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)。ヌル値は ALL と同等です。AID はストリングです。

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDITION>

アラーム状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。ヌル値は ALL と同等です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"[<AID>],[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,,,,:[<DESC>],[<AIDDET>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"RPRIF-2-0,ML1000-2:MJ,FORCE-REQ,SA,09-05,12-30-20,,:\"FORCE SWITCH REQUEST\","
;

出力パラメータ

<AID>

(任意)アクセス ID( ALLを参照)。

<AIDTYPE>

(任意)メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプ。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

Building Integrated Timing Supply(BITS)アラーム

CLNT

マックスポンダ(MXP)およびトランスポンダ(TXP)カードのクライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3i-N-12 アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

ML1000-2

(ONS 15454)ML シリーズ 2 ポート ギガビット イーサネット カード

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

Packet over SONET(POS)アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

<AIDDET>

(任意)AIDDET は AID と同じアドレス指定ルールを使用しますが、AID タイプおよび管理対象エンティティの詳細を指定します。追加機器の IDです。

21.10 RTRV-ALM-BITS

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Alarm Building Integrated Timing Supply(RTRV-ALM-BITS)コマンドは、Building Integrated Timing Supply(BITS)ファシリティに関連付けられたアラームの現在の状態を検索して送信します。検索対象のアラーム状態または重大度は、入力パラメータをフィルタとして使用して指定します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

同期

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALM-BITS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDTYPE>],[<SRVEFF>][,,,];

入力例

RTRV-ALM-BITS:ELVERANO:BITS-1:228::CR,LOS,SA;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( BITSを参照)。ヌルにはできません。

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。ヌル値は ALL と同等です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,,,,:[<DESC>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"BITS-1,BITS:CR,LOS,SA,,,,:\"LOSS OF SIGNAL\","
;

出力パラメータ

<AID>

(任意)アクセス ID( BITSを参照)

<AIDTYPE>

(任意)メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプ。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3i-N-12 アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.11 RTRV-ALM-ENV

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Alarm Environment(RTRV-ALM-ENV)コマンドは、環境アラームを検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

環境

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALM-ENV:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>];

入力例

RTRV-ALM-ENV:CISCO:ENV-IN-1:123::MJ,OPENDR;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)。ヌルにはできません。


) RTRV-ALM-ENV では、ONS 15454 に有効な AID は ENV-IN-{1-4} のみであり、ONS 15327 に有効な AID は ENV-IN-{1-6} のみです。ENV-OUT-{1,6} は RTRV-ALM-ENV の有効な AID ではありません。


<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<ALMTYPE>

環境アラームのアラーム タイプです。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは ENV_ALM で、環境アラーム タイプです。

AIRCOMPR

エアー コンプレッサの障害

AIRCOND

空調設備の障害

AIRDRYR

ドライヤーの障害

BATDSCHRG

バッテリの放電

BATTERY

バッテリの障害

CLFAN

冷却ファンの障害

CPMAJOR

中央集中型電源のメジャー障害

CPMINOR

中央集中型電源のマイナー障害

ENGINE

エンジンの障害

ENGOPRG

エンジンの動作

ENGTRANS

スタンバイ エンジン変換

EXPLGS

爆発性のガス

FIRDETR

火災検知器の障害

FIRE

火災

FLOOD

浸水

FUELLEAK

燃料漏れ

FUSE

ヒューズの障害

GASALARM

爆発性ガス、有毒ガス、通気不足、またはガス モニタの障害

HATCH

CEV ハッチ障害

GEN

発電機の障害

HIAIR

高エアフロー

HIHUM

高湿度

HITEMP

高温

HIWTR

高水位

INTRUDER

侵入

LEVELCON

水準器コンバータ

LVDADSL

セカンダリ ADSL 低電圧切断

LVDBYPAS

低電圧切断バイパス

LWBATVG

低バッテリ電圧

LWFUEL

低燃料

LWHUM

低湿度

LWPRES

低ケーブル圧力

LWTEMP

低温

LWWTR

低水位

MISC

その他

OPENDR

ドア開放

POWER

商用電源障害

PUMP

ポンプの障害

PWR-48

48 V 電源装置の障害

PWR-139

-139 V パワー コンバータ

PWR-190

-190 V パワー コンバータ

PWRMJ

電源装置メジャー

PWRMN

電源装置マイナー

RECT

整流器障害

RECTHI

整流器高電圧

RECTLO

整流器低電圧

RINGGENMJ

呼出信号発生器メジャー

RINGGENMN

呼出信号発生器マイナー

RTACADSL

AC または AC/整流器障害 ADSL 機器

RTACCRIT

AC または AC/整流器障害 DCL 機器クリティカル サイト

RTACPWR

AC または AC/整流器障害 DCL 機器

RTACPWRENG

商用 AC 障害、スタンバイ エンジンが設置されたサイト

RTBAYPWR

AC 配電停止 RT ベイ

RTRVENG

スタンバイ エンジン検索、商用 AC 復元

SMOKE

煤煙

TEMP

高 - 低温度

TOXICGAS

有毒ガス

TREPEATER

T リピータ シェルフ

VENTN

通気システム障害

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:<NTFCNCDE>,<ALMTYPE>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],[<DESC>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"ENV-IN-1:MJ,OPENDR,08-01,14-25-59,\"OPEN DOOR\""
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<ALMTYPE>

環境アラームのアラーム タイプです。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは ENV_ALM で、環境アラーム タイプです。

AIRCOMPR

エアー コンプレッサの障害

AIRCOND

空調設備の障害

AIRDRYR

ドライヤーの障害

BATDSCHRG

バッテリの放電

BATTERY

バッテリの障害

CLFAN

冷却ファンの障害

CPMAJOR

中央集中型電源のメジャー障害

CPMINOR

中央集中型電源のマイナー障害

ENGINE

エンジンの障害

ENGOPRG

エンジンの動作

ENGTRANS

スタンバイ エンジン変換

EXPLGS

爆発性のガス

FIRDETR

火災検知器の障害

FIRE

火災

FLOOD

浸水

FUELLEAK

燃料漏れ

FUSE

ヒューズの障害

GASALARM

爆発性ガス、有毒ガス、通気不足、またはガス モニタの障害

HATCH

CEV ハッチ障害

GEN

発電機の障害

HIAIR

高エアフロー

HIHUM

高湿度

HITEMP

高温

HIWTR

高水位

INTRUDER

侵入

LEVELCON

水準器コンバータ

LVDADSL

セカンダリ ADSL 低電圧切断

LVDBYPAS

低電圧切断バイパス

LWBATVG

低バッテリ電圧

LWFUEL

低燃料

LWHUM

低湿度

LWPRES

低ケーブル圧力

LWTEMP

低温

LWWTR

低水位

MISC

その他

OPENDR

ドア開放

POWER

商用電源障害

PUMP

ポンプの障害

PWR-48

48 V 電源装置の障害

PWR-139

-139 V パワー コンバータ

PWR-190

-190 V パワー コンバータ

PWRMJ

電源装置メジャー

PWRMN

電源装置マイナー

RECT

整流器障害

RECTHI

整流器高電圧

RECTLO

整流器低電圧

RINGGENMJ

呼出信号発生器メジャー

RINGGENMN

呼出信号発生器マイナー

RTACADSL

AC または AC/整流器障害 ADSL 機器

RTACCRIT

AC または AC/整流器障害 DCL 機器クリティカル サイト

RTACPWR

AC または AC/整流器障害 DCL 機器

RTACPWRENG

商用 AC 障害、スタンバイ エンジンが設置されたサイト

RTBAYPWR

AC 配電停止 RT ベイ

RTRVENG

スタンバイ エンジン検索、商用 AC 復元

SMOKE

煤煙

TEMP

高 - 低温度

TOXICGAS

有毒ガス

TREPEATER

T リピータ シェルフ

VENTN

通気システム障害

OCRDAT

(任意)日付

OCRTM

(任意)時刻

DESC

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.12 RTRV-ALM-EQPT

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Alarm Equipment(RTRV-ALM-EQPT)コマンドは、機器ユニットに関連付けられたアラームの現在の状態を検索して送信します。検索対象のアラーム状態または重大度は、入力パラメータをフィルタとして使用して指定します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

機器

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALM-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDTYPE>],[<SRVEFF>][,,,];

入力例

RTRV-ALM-EQPT:TWOROCK:SLOT-7:227::MJ,HITEMP,NSA;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( EQPTを参照)。ヌルにはできません。

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。ヌル値は ALL と同等です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"[<AID>],[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,
[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,,:[<DESC>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"SLOT-7,EQPT:MJ,HITEMP,NSA,08-01,14-25-59,,:\"HI TEMPERATURE\","
;

出力パラメータ

<AID>

(任意)アクセス ID( EQPTを参照)

<AIDTYPE>

(任意)メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプ。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)日付

<OCRTM>

(任意)時刻

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.13 RTRV-ALM-SYNCN

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Alarm
Synchronization(RTRV-ALM-SYNCN)コマンドは、同期ファシリティに関連付けられたアラームの現在の状態を検索して送信します。検索対象のアラーム状態や重大度を指定するには、入力パラメータをフィルタとして使用します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

同期

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALM-SYNCN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<CONDTYPE>],
[<SRVEFF>][,,,];

入力例

RTRV-ALM-SYNCN:FULTON:SYNC-NE:226::CR,FAILTOSW,SA;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( SYNC_REFを参照)。ヌルにはできません。

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。ヌル値は ALL と同等です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:<NTFCNCDE>,<CONDTYPE>,<SRVEFF>,
[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,:[<DESC>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"SYNC-NE,SYNCN:CR,FAILTOSW,SA,08-01,
14-25-59,,:\"FAILURE TO SWITCH TO PROTECTION\","
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( SYNを参照)

<AIDTYPE>

(任意)メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプ。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)日付

<OCRTM>

(任意)時刻

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.14 RTRV-ALMTH-<MOD2>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA)Retrieve Alarm Threshold(10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、CLNT、D1VIDEO、DS1、DV6000、E1、E3、E4、EC1、ESCON、ETRCLO、FSTE、G1000、GFPOS、GIGE、HDTV、ISC1、OC12、OC192、OC3、OC48、OCH、OMS、OTS、POS、STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、STS9C、T1、T3、VC12、VC3、VT1、または VT2)(RTRV-ALMTH-<MOD2>)コマンドは、アラーム スレッシュホールドの値を検索します。適用できる MOD2 値は、OC3、OC12、OC48、OC192、OCH、OMS、および OTS だけです。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

障害

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALMTH-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<CONDTYPE>][,,::];

入力例

RTRV-ALMTH-{MOD2}::CHAN-2-2:1::OPT-HIGH;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)。ヌルにはできません。

<CONDTYPE>

アラーム スレッシュホールド。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは ALM_THR で、MXP_2.5G_10G、TXP_MR_10G、OSCM、
OSC-CSM、OPT-PRE、OPT-BST、4MD-xx.x、32MUX-O、32DMX-O、AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、AD-4C-xx.x、AD-1B-xx.x、および AD-4B-xx.x カードのアラーム スレッシュホールド リストです。

BATV-EHIGH

バッテリ電圧 ― 極めて高い

BATV-ELOW

バッテリ電圧 ― 極めて低い

BATV-HIGH

バッテリ電圧 ― 高い

BATV-LOW

バッテリ電圧 ― 低い

GAIN-HDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、高

GAIN-HFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、高

GAIN-LDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、低

GAIN-LFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、低

LBCL-HIGH

レーザー バイアス電流(µA、パーミル値)。警告スレッシュホールド ― 高、警告スレッシュホールド ― 低。測定値(0.0%、100%)

OPR-HIGH

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPR-LOW

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-HIGH

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-40.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-LOW

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPWR-HDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、高

OPWR-HFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、高

OPWR-LDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、低

OPWR-LFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、低

VOA-HDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、高

VOA-HFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、高

VOA-LDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、低

VOA-LFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、低

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,<MOD>:<CONDTYPE>,,,<THLEVEL>"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"CHAN-2-2,OCH:OPT-HIGH,,,20"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)

<MOD>

AID タイプ。パラメータ タイプは MOD2 で、回線/パスの修飾子です。

10GFC

10 ギガビット ファイバ チャネル

10GIGE

10 ギガビット イーサネット

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネル

1GFICON

1 ギガビット FICON

1GISC3

1 Gbps ISC3 互換

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネル

2GFICON

2 ギガビット FICON

2GISC3

2 Gbps ISC3 互換

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

D1VIDEO

D1 ビデオ

DS1

DS3XM カードの DS1 回線

DS3I

DS3I 回線

DV6000

DV6000

EC1

EC1 ファシリティ

ESCON

ESCON

ETRCLO

ETR_CLO

FSTE

FSTE ファシリティ

G1000

G1000 ファシリティ

GFPOS

Packet-over-SONET を使用した GFP。GFP の多重化機能を使用して割り当てられた仮想ポートです。

GIGE

GIG イーサネット

HDTV

HDTV

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

OC3

OC-3 ファシリティ

OC12

OC-12 ファシリティ

OC48

OC-48 ファシリティ

OC192

OC-192 ファシリティ

OCH

光チャネル

OCHCC

OCH クライアント接続

OCHNC

OCH ネットワーク接続

OCHTERM

OCH 終端

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート

STS1

STS1 パス

STS3C

STS3c パス

STS6C

STS6c パス

STS9C

STS9c パス

STS18C

STS18c パス

STS12C

STS12c パス

STS24C

STS24c パス

STS36C

STS36c パス

STS48C

STS48c パス

STS192C

STS192c パス

T1

T1/DS1 ファシリティ/回線

T3

T1/DS1 ファシリティ/回線

VT1

VT1 パス

VT2

VT2 パス

<CONDTYPE>

アラームまたは報告されたイベントの状態のタイプ。パラメータ タイプは ALM_THR で、MXP_2.5G_10G、TXP_MR_10G、OSCM、OSC-CSM、OPT-PRE、OPT-BST、4MD-xx.x、32MUX-O、32DMX-O、AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、AD-4C-xx.x、AD-1B-xx.x、および AD-4B-xx.x カードのアラーム スレッシュホールド リストです。

BATV-EHIGH

バッテリ電圧 ― 極めて高い

BATV-ELOW

バッテリ電圧 ― 極めて低い

BATV-HIGH

バッテリ電圧 ― 高い

BATV-LOW

バッテリ電圧 ― 低い

GAIN-HDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、高

GAIN-HFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、高

GAIN-LDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、低

GAIN-LFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、低

LBCL-HIGH

レーザー バイアス電流(µA、パーミル値)。警告スレッシュホールド ― 高、警告スレッシュホールド ― 低。測定値(0.0%、100.0%)

OPR-HIGH

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPR-LOW

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-HIGH

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-LOW

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPWR-HDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、高

OPWR-HFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、高

OPWR-LDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、低

OPWR-LFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、低

VOA-HDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、高

VOA-HFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、高

VOA-LDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、低

VOA-LFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、低

<THLEVEL>

スレッシュホールド レベル。THLEVEL は浮動小数です。

21.15 RTRV-ALMTH-EQPT

(Cisco ONS 15454)Retrieve Alarm Threshold Equipment(RTRV-ALMTH-EQPT)コマンドは、NE でのパワー レベル モニタリングのアラーム スレッシュホールドを検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

機器

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-COND-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

入力例

RTRV-ALMTH-EQPT:::1::BATV-HIGH;

RTRV-ALMTH-EQPT::SHELF-2:1::BATV-HIGH;

入力パラメータ

<AID>

ノードまたはシェルフのアクセス ID( SHELFを参照)。省略すると、ノードまたはノードの最初のシェルフを指定します。ヌルにはできません。

<CONDTYPE>

ヌルにはできません。パラメータ タイプは ALM_THR で、
MXP_2.5G_10G、TXP_MR_10G、OSCM、OSC-CSM、OPT-PRE、OPT-BST、4MD-xx.x、32MUX-O、32DMX-O、AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、AD-4C-xx.x、AD-1B-xx.x、および AD-4B-xx.x カードのアラーム スレッシュホールド リストです。

BATV-EHIGH

バッテリ電圧 ― 極めて高い

BATV-ELOW

バッテリ電圧 ― 極めて低い

BATV-HIGH

バッテリ電圧 ― 高い

BATV-LOW

バッテリ電圧 ― 低い

GAIN-HDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、高

GAIN-HFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、高

GAIN-LDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、低

GAIN-LFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、低

LBCL-HIGH

レーザー バイアス電流(µA、パーミル値)。高警告スレッシュホールド、低警告スレッシュホールド、測定値(0.0%、100.0%)

OPR-HIGH

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPR-LOW

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-HIGH

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-LOW

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPWR-HDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、高

OPWR-HFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、高

OPWR-LDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、低

OPWR-LFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、低

VOA-HDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、高

VOA-HFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、高

VOA-LDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、低

VOA-LFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、低

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"[<AID>],<MOD2B>:<CONDTYPE>,,,<DNFIELD>"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"SHELF-1,EQPT:BATV-HIGH,,,-52.0,"
;

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
",EQPT:BATV-HIGH,,,-52.0,""
;

出力パラメータ

<AID>

ノードまたはシェルフのアクセス ID( SHELFを参照)。省略した場合、ノードまたはノードの最初のシェルフを指定します。ヌルにはできません。

<MOD2B>

アラーム タイプ。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<CONDTYPE>

パラメータ タイプは ALM_THR で、MXP_2.5G_10G、TXP_MR_10G、OSCM、OSC-CSM、OPT-PRE、OPT-BST、4MD-xx.x、32MUX-O、32DMX-O、AD-1C-xx.x、AD-2C-xx.x、AD-4C-xx.x、AD-1B-xx.x、および AD-4B-xx.x カードのアラーム スレッシュホールド リストです。

BATV-EHIGH

バッテリ電圧 ― 極めて高い

BATV-ELOW

バッテリ電圧 ― 極めて低い

BATV-HIGH

バッテリ電圧 ― 高い

BATV-LOW

バッテリ電圧 ― 低い

GAIN-HDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、高

GAIN-HFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、高

GAIN-LDEG

ゲイン未到達 ― 劣化スレッシュホールド、低

GAIN-LFAIL

ゲイン未到達 ― 障害スレッシュホールド、低

LBCL-HIGH

レーザー バイアス電流(µA、パーミル値)。警告スレッシュホールド ― 高、警告スレッシュホールド ― 低。測定値(0.0%、100%)

OPR-HIGH

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPR-LOW

受信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-HIGH

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPT-LOW

送信パワー(1/10 µW)。測定値(-0.0 dBm、+30.0 dBm)

OPWR-HDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、高

OPWR-HFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、高

OPWR-LDEG

光パワー ― 劣化スレッシュホールド、低

OPWR-LFAIL

光パワー ― 障害スレッシュホールド、低

VOA-HDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、高

VOA-HFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、高

VOA-LDEG

VOA 減衰 ― 劣化スレッシュホールド、低

VOA-LFAIL

VOA 減衰 ― 障害スレッシュホールド、低

<DNFIELD>

DNFIELD は浮動小数です。

21.16 RTRV-ALS

(Cisco ONS 15454、ONS 15310-CL、ONSv15310-MA)Retrieve Automatic Laser Shutoff(RTRV-ALS)コマンドは、OC-N ファシリティおよび Automatic Laser Shutoff(ALS)機能をサポートするすべてのファシリティの ALS アトリビュートを検索します。このコマンドは、MXP_2.5G_10E、TXP_MR_10E、TXP_MR_2.5G、TXPP_MR_2.5G、MXP_2.5G_10G、および TXP_MR_10G カード上の、OC48 および OC192 ポートの ALS パラメータを検索するために使用します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

ポート

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ALS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

入力例

RTRV-ALS:PENNGROVE:FAC-1-1:1

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( AidUnionIdを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,<AIDTYPE>::[ALSMODE=<ALSMODE>],[ALSRCINT=<ALSRCINT>],
[ALSRCPW=<ALSRCPW>],[LSRSTAT=<LSRSTAT>]"

;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"FAC-6-1,OC192::ALSMODE=DISABLED,ALSRCINT=100,ALSRCPW=2.0,LSRSTAT=ON:"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( AidUnionIdを参照)

<AIDTYPE>

AID のタイプ。パラメータ タイプは MOD2 で、回線/パスの修飾子です。

10GFC

10 ギガビット ファイバ チャネル

10GIGE

10 ギガビット イーサネット

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネル

1GFICON

1 ギガビット FICON

1GISC3

1 Gbps ISC3 互換

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネル

2GFICON

2 ギガビット FICON

2GISC3

2 Gbps ISC3 互換

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

D1VIDEO

D1 ビデオ

DS1

DS3XM カードの DS1 回線

DS3I

DS3I 回線

DV6000

DV6000

EC1

EC1 ファシリティ

ESCON

ESCON

ETRCLO

ETR_CLO

FSTE

FSTE ファシリティ

G1000

G1000 ファシリティ

GFPOS

Packet-over-SONET を使用した GFP。GFP の多重化機能を使用して割り当てられた仮想ポートです。

GIGE

GIG イーサネット

HDTV

HDTV

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

OC3

OC-3 ファシリティ

OC12

OC-12 ファシリティ

OC48

OC-48 ファシリティ

OC192

OC-192 ファシリティ

OCH

光チャネル

OCHCC

OCH クライアント接続

OCHNC

OCH ネットワーク接続

OCHTERM

OCH 終端

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート

STS1

STS1 パス

STS3C

STS3c パス

STS6C

STS6c パス

STS9C

STS9c パス

STS18C

STS18c パス

STS12C

STS12c パス

STS24C

STS24c パス

STS36C

STS36c パス

STS48C

STS48c パス

STS192C

STS192c パス

T1

T1/DS1 ファシリティ/回線

T3

T1/DS1 ファシリティ/回線

VT1

VT1 パス

VT2

VT2 パス

<ALSMODE>

ALS がイネーブルかディセーブルかを示します。パラメータ タイプは ALS_MODE で、自動レーザー遮断の現用モードです。

AUTO

自動

DISABLED

ディセーブル

MAN

手動

MAN-RESTART

動作テストのための手動再始動

<ALSRCINT>

(任意)ALS の間隔。範囲は、60 ~ 300 秒です。ALSRCINT は整数です。

<ALSRCPW>

(任意)ALS 復旧パルス幅。範囲は 2.0 ~ 100.00 秒で、100 ミリ秒刻みです。ALSRCPW は浮動小数です。

<LSRSTAT>

(任意)レーザーのステータス。パラメータ タイプは LASER_STATUS(レーザーのステータス)です。

APR

レーザーのスイッチはオンですが、自動パワー低減機能が動作しています。

OFF

レーザーのスイッチはオフです。

ON

レーザーのスイッチはオンです。

21.17 RTRV-APC

(Cisco ONS 15454)Operate Amplification Power Control(RTRV-APC)コマンドは、Amplification Power Control(APC)アプリケーション アトリビュートを検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

DWDM

セキュリティ

メンテナンス

入力形式

RTRV-APC:[<TID>]::<CTAG>;

入力例

RTRV-APC:PENNGROVE::114;

入力パラメータ

説明の必要な入力パラメータはありません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"::[APCENABLE=<APCENABLE>],[APCSTATE=<APCSTATE>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"::APCENABLE=Y,APCSTATE=WORKING"
;

出力パラメータ

<APCENABLE>

(任意)APC アプリケーションをイネーブルまたはディセーブルにします。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

<APCSTATE>

(任意)APC アプリケーションのステータスを示します。パラメータ タイプは APC_STATE(APC ステータス)です。

DISABLE

APC はユーザによってディセーブルにされているため、動作していません。

FORCED-DISABLE

APC はノードによって内部的にディセーブルにされているため、動作していません。

WORKING

APC はユーザによってイネーブルにされて動作しています。

21.18 RTRV-ATTR-CONT

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Attribute Control(RTRV-ATTR-CONT)コマンドは、外部制御に関連付けられたアトリビュートを検索して送信します。これらのアトリビュートは、外部制御が操作または解放されるときに使用されます。これらのアトリビュートを設定するには、SET-ATTR-CONT コマンドを使用します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

環境

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ATTR-CONT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::<CONTTYPE>];

入力例

RTRV-ATTR-CONT:CISCO:ENV-OUT-2:123::AIRCOND;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)。アトリビュートが設定されている外部制御を識別します。ヌルにはできません。

<CONTTYPE>

環境の制御タイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONTTYPE で、環境制御タイプです。

AIRCOND

空調設備

AUDIBLE

可聴(ONS 15310-MAのみ)

ENGINE

エンジン

FAN

ファン

GEN

発電機

HEAT

LIGHT

MISC

その他

SPKLR

スプリンクラ

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:[<CONTTYPE>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"ENV-OUT-2:AIRCOND"
;

出力パラメータ

AID

アクセス ID( ENVを参照)。アトリビュートが設定されている外部制御を識別します。ヌルにはできません。

CONTTYPE

環境の制御タイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONTTYPE で、環境制御タイプです。

AIRCOND

空調設備

AUDIBLE

可聴(ONS 15310-MAのみ)

ENGINE

エンジン

FAN

ファン

GEN

発電機

HEAT

LIGHT

MISC

その他

SPKLR

スプリンクラ

21.19 RTRV-ATTR-ENV

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Attribute Environment(RTRV-ATTR-ENV)コマンドは、外部アラームに関連付けられたアトリビュートを検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

環境

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-ATTR-ENV:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>];

入力例

RTRV-ATTR-ENV:CISCO:ENV-IN-1:123::MJ,OPENDR;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)。ヌルにはできません。

<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<ALMTYPE>

環境アラームのアラーム タイプです。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは ENV_ALM(環境アラーム タイプ)です。

AIRCOMPR

エアー コンプレッサの障害

AIRCOND

空調設備の障害

AIRDRYR

ドライヤーの障害

BATDSCHRG

バッテリの放電

BATTERY

バッテリの障害

CLFAN

冷却ファンの障害

CPMAJOR

中央集中型電源のメジャー障害

CPMINOR

中央集中型電源のマイナー障害

ENGINE

エンジンの障害

ENGOPRG

エンジンの動作

ENGTRANS

スタンバイ エンジン変換

EXPLGS

爆発性のガス

FIRDETR

火災検知器の障害

FIRE

火災

FLOOD

浸水

FUELLEAK

燃料漏れ

FUSE

ヒューズの障害

GASALARM

爆発性ガス、有毒ガス、通気不足、またはガス モニタの障害

HATCH

CEV ハッチ障害

GEN

発電機の障害

HIAIR

高エアフロー

HIHUM

高湿度

HITEMP

高温

HIWTR

高水位

INTRUDER

侵入

LEVELCON

水準器コンバータ

LVDADSL

セカンダリ ADSL 低電圧切断

LVDBYPAS

低電圧切断バイパス

LWBATVG

低バッテリ電圧

LWFUEL

低燃料

LWHUM

低湿度

LWPRES

低ケーブル圧力

LWTEMP

低温

LWWTR

低水位

MISC

その他

OPENDR

ドア開放

POWER

商用電源障害

PUMP

ポンプの障害

PWR-48

48 V 電源装置の障害

PWR-139

-139 V パワー コンバータ

PWR-190

-190 V パワー コンバータ

PWRMJ

電源装置メジャー

PWRMN

電源装置マイナー

RECT

整流器障害

RECTHI

整流器高電圧

RECTLO

整流器低電圧

RINGGENMJ

呼出信号発生器メジャー

RINGGENMN

呼出信号発生器マイナー

RTACADSL

AC または AC/整流器障害 ADSL 機器

RTACCRIT

AC または AC/整流器障害 DCL 機器クリティカル サイト

RTACPWR

AC または AC/整流器障害 DCL 機器

RTACPWRENG

商用 AC 障害、スタンバイ エンジンが設置されたサイト

RTBAYPWR

AC 配電停止 RT ベイ

RTRVENG

スタンバイ エンジン検索、商用 AC 復元

SMOKE

煤煙

TEMP

高 - 低温度

TOXICGAS

有毒ガス

TREPEATER

T リピータ シェルフ

VENTN

通気システム障害

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>],[<DESC>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"ENV-IN-1:MJ,OPENDR,\"OPEN DOOR\""
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)。ヌルにはできません。

<NTFCNCDE>

(任意)2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<ALMTYPE>

(任意)環境アラームのアラーム タイプ。パラメータ タイプは ENV_ALM(環境アラーム タイプ)です。

AIRCOMPR

エアー コンプレッサの障害

AIRCOND

空調設備の障害

AIRDRYR

ドライヤーの障害

BATDSCHRG

バッテリの放電

BATTERY

バッテリの障害

CLFAN

冷却ファンの障害

CPMAJOR

中央集中型電源のメジャー障害

CPMINOR

中央集中型電源のマイナー障害

ENGINE

エンジンの障害

ENGOPRG

エンジンの動作

ENGTRANS

スタンバイ エンジン変換

EXPLGS

爆発性のガス

FIRDETR

火災検知器の障害

FIRE

火災

FLOOD

浸水

FUELLEAK

燃料漏れ

FUSE

ヒューズの障害

GASALARM

爆発性ガス、有毒ガス、通気不足、またはガス モニタの障害

HATCH

CEV ハッチ障害

GEN

発電機の障害

HIAIR

高エアフロー

HIHUM

高湿度

HITEMP

高温

HIWTR

高水位

INTRUDER

侵入

LEVELCON

水準器コンバータ

LVDADSL

セカンダリ ADSL 低電圧切断

LVDBYPAS

低電圧切断バイパス

LWBATVG

低バッテリ電圧

LWFUEL

低燃料

LWHUM

低湿度

LWPRES

低ケーブル圧力

LWTEMP

低温

LWWTR

低水位

MISC

その他

OPENDR

ドア開放

POWER

商用電源障害

PUMP

ポンプの障害

PWR-48

48 V 電源装置の障害

PWR-139

-139 V パワー コンバータ

PWR-190

-190 V パワー コンバータ

PWRMJ

電源装置メジャー

PWRMN

電源装置マイナー

RECT

整流器障害

RECTHI

整流器高電圧

RECTLO

整流器低電圧

RINGGENMJ

呼出信号発生器メジャー

RINGGENMN

呼出信号発生器マイナー

RTACADSL

AC または AC/整流器障害 ADSL 機器

RTACCRIT

AC または AC/整流器障害 DCL 機器クリティカル サイト

RTACPWR

AC または AC/整流器障害 DCL 機器

RTACPWRENG

商用 AC 障害、スタンバイ エンジンが設置されたサイト

RTBAYPWR

AC 配電停止 RT ベイ

RTRVENG

スタンバイ エンジン検索、商用 AC 復元

SMOKE

煤煙

TEMP

高 - 低温度

TOXICGAS

有毒ガス

TREPEATER

T リピータ シェルフ

VENTN

通気システム障害

<DESC>

(任意)アラームの説明。DESC はストリングです。

21.20 RTRV-AUDIT-LOG

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Audit Log(RTRV-AUDIT-LOG)コマンドは、NE に保存されている監査ログの内容を検索します。監査レコードには、ログイン、ログアウト、プロビジョニング パラメータの変更、NE への接続時にユーザが行うその他の変更など、ユーザ操作に関する情報が含まれます。監査レコードには、パラメータ検索に関する操作は保存されません。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

ログ

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-AUDIT-LOG:[<TID>]::<CTAG>;

入力例

RTRV-AUDIT-LOG:::1;

入力パラメータ

説明の必要な入力パラメータはありません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
" <ENTRYNUM>,<OCRDAT>,<OCRTM>,<TASKID>,<TXSTATUS>,<DESCRIPTION>"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
" 17172,2004-10-05,09-52-44, TPROVMGR,COMPLD,
\17172,2004-10-05,09-52-44, TPROVMGR,COMPLD,\"DESCRIPTION\""
;

出力パラメータ

<ENTRYNUM>

入力番号。ENTRYNUM は整数です。

<OCRDAT>

タスクの日付

<OCRTM>

タスクの時刻

<TASKID>

タスク ID。TASKID はストリングです。

<TXSTATUS>

パラメータ タイプは TX_STATUS で、転送済みファイルのステータスを示します。

COMPLD

ファイル転送が終了しました。

IP

ファイル転送が処理中です。

START

ファイル転送が開始されました。

<DESCRIPTION>

イベントの説明。説明形式はイベントによって異なり、イベント中に使用されたパラメータを含めることができます。DESCRIPTION はストリングです。

21.21 RTRV-BFDLPM-<MOD2>

(Cisco ONS 15454)Retrieve BFDL Performance Monitoring(DS1、T1)コマンドは、BFDL(拡張 24 時間 ES、UAS、BES、CSS、および LOFC)パフォーマンス モニタリング パラメータを検索して、BFDL モードで DS3XM-12 カード DS1 に適用します。このコマンドは直前の 15 分および 24 時間 BFDL Performance Monitoring(PM)パラメータを返し、15 分の履歴要求タイプ PM パラメータを 96 個返します。

 
使用上のガイドライン

たとえば、次のように入力すると

RTRV-BFDLPM-DS1::DS1-14-1-1:1:::REQTYPE=ENH-24HR-ES;

検索結果は次のようになります。

DS1-14-1-1:ES,30,CURR-15MIN-INV DS1-14-1-1:UAS,40,CURR-15MIN-INV DS1-14-1-1:BES,50,CURR-15MIN-INV DS1-14-1-1:SES,60,CURR-15MIN-INV DS1-14-1-1:CSS,70,CURR-15MIN-INV DS1-14-1-1:LOFC,80,CURR-15MIN-INV DS1-14-1-1:ES,30,CURR-24HR-INV DS1-14-1-1:UAS,40,CURR-24HR-INV DS1-14-1-1:BES,50,CURR-24HR-INV DS1-14-1-1:SES,60,CURR-24HR-INV DS1-14-1-1:CSS,70,CURR-24HR-INV DS1-14-1-1:LOFC,80,CURR-24HR-INV DS1-14-1-1:ES,30,1-15MIN-INV DS1-14-1-1:ES,40,2-15MIN-INV
DS1-14-1-1:ES,50,3-15MIN-INV
DS1-14-1-1:ES,80,96-15MIN-INV

このコマンドに ENH-24HR-CSS-AND-LOFC の REQTYPE を指定して送信すると、CSS および LOFC 両方の 15 分 PM パラメータを 96 個検索します。このコマンドは BFDL モードの DS3XM-12 DS1、ESF フレーム形式、IS VT 回路の C-BIT IS ポートで適用されます。

カテゴリ

パフォーマンス

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-BFDLPM-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>:::REQTYPE=<REQTYPE>;

入力例

RTRV-BFDLPM-DS1:TID:DS1-14-1-1:123:::REQTYPE=ENH-24HR-ES;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( DS1を参照)。ヌルにはできません。

<REQTYPE>

要求された BFDL PM タイプを示します。ヌルにはできません。パラメータ タイプは REQTYPE で、要求された PM タイプです。

ENH-24HR-BES

拡張 24 時間 BES パフォーマンス データ

ENH-24HR-CSS-AND-LOFC

拡張 24 時間 CSS-AND-LOFC パフォーマンス データ

ENH-24HR-ES

拡張 24 時間 ES パフォーマンス データ

ENH-24HR-SES

拡張 24 時間 SES パフォーマンス データ

ENH-24HR-UAS

拡張 24 時間 UAS パフォーマンス データ

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:<MONTYPE>,<MONVAL>,<BUCKET>"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"DS1-14-1-1:ES,55,CURR-15MIN-INV"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( DS1を参照)

<MONTYPE>

モニタ対象のタイプ。次のタイプがあります。BES、CSS、ES、LOFC、SES、UAS。MONTYPE はストリングです。

<MONVAL>

MONTYPE によって識別されるレジスタが初期化される値、またはモニタ対象パラメータの測定値。値は、数値カウントまたは、比率の形式です。MONVAL はストリングです。

<BUCKET>

各 BFDL PM の BIN。BUCKET はストリングです。

21.22 RTRV-BITS

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Building Integrated Timing Supply(RTRV-BITS)コマンドは、BITS 設定コマンドを検索します。BITS ファシリティの場合、64 K および 6 MHz は ONS 15454 にのみ適用可能です。SSM 選択肢(ADMSSM)は ONS 15600 には適用されません。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

同期

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-BITS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::::];

入力例

RTRV-BITS:SONOMA:BITS-1:782;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( BITSを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>::[LINECDE=<LINECDE>],[FMT=<FMT>],[LBO=<LBO>],
[SYNCMSG=<SYNCMSG>],[AISTHRSHLD=<AISTHRSHLD>],[SABIT=<SABIT>],
[IMPEDANCE=<IMPEDANCE>],[BITSFAC=<BITSFAC>],[ADMSSM=<ADMSSM>]:[<PST>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"BITS-1::LINECDE=AMI,FMT=ESF,LBO=0-133,SYNCMSG=N,AISTHRSHLD=PRS,
SABIT=BYTE-4,IMPEDANCE=120-OHM,BITSFAC=T1,ADMSSM=PRS:IS"
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( BITSを参照)

<LINECDE>

(任意)ライン コード。パラメータ タイプは LINE_CODE です。

AMI

ライン コードの値は AMI です。

B8ZS

ライン コードの値は Bipolar With Eight-Zero Substitution(B8ZS)です。

<FMT>

(任意)デジタル信号のフレーム形式。パラメータ タイプは FRAME_FORMAT で、T1 ポートのフレーム形式です。

D4

フレーム形式は D4 です。

ESF

フレーム形式は ESF です。

UNFRAMED

フレーム形式は非フレームです。

<LBO>

(任意)回線ビルドアウト設定。BITS 回線ビルドアウトです。デフォルト値は 0 ~ 133 です。LBO は整数です。パラメータ タイプは BITS_LineBuildOut で、BITS 回線ビルドアウトです。

0-133

BITS 回線ビルドアウトの範囲は 0 ~ 133 です。

134-266

BITS 回線ビルドアウトの範囲は 134 ~ 266 です。

267-399

BITS 回線ビルドアウトの範囲は 267 ~ 399 です。

400-533

BITS 回線ビルドアウトの範囲は 400 ~ 533 です。

534-655

BITS 回線ビルドアウトの範囲は 534 ~ 655 です。

<SYNCMSG>

BITS ファシリティが同期ステータス メッセージ機能をサポートするかどうかを示します。デフォルトは Y です。パラメータ タイプは EXT_RING で、リングが拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートするかどうかを識別します。

N

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートしません。

Y

リングは拡張 K1/K2/K3 プロトコルをサポートします。

<AISTHRSHLD>

(任意)AIS スレッシュホールド。パラメータ タイプは SYNC_CLOCK_REF_QUALITY_LEVEL で、SONET のクロック ソースの品質レベルです。

DUS

同期には使用しません。

PRS

1 次基準ソース、Stratum 1 の追跡可能

RES

ネットワーク同期用に予約済みです。

SMC

SONET ミニマム クロックの追跡可能

ST2

Stratum 2 の追跡可能

ST3

Stratum 3 の追跡可能

ST3E

Stratum 3E の追跡可能

ST4

Stratum 4 の追跡可能

STU

同期済、追跡不能

TNC

中継ノード クロック(第 2 世代のみ)

<SABIT>

(任意)フレーム形式の選択が E1 のとき、SABIT は SSM の送受信に使用する BIT です。パラメータ タイプは SABITS(SA BITS)です。

BYTE-4

SABIT は BYTE-4 です。

BYTE-5

SABIT は BYTE-5 です。

BYTE-6

SABIT は BYTE-6 です。

BYTE-7

SABIT は BYTE-7 です。

BYTE-8

SABIT は BYTE-8 です。

<IMPEDANCE>

(任意)フレーム形式の選択が E1 のとき、IMPEDANCE は BITS-IN ポートのターミナル インピーダンスを表します。パラメータ タイプは IMPEDANCE で、BITS-IN ポートのターミナル インピーダンスです。

120-OHM

120 Ωのインピーダンス

75-OHM

75 Ωのインピーダンス

<BITSFAC>

(任意)BITS ファシリティ設定。パラメータ タイプは BITS_FAC で、BITS ファシリティ レートです。64KHz および 6 MHz だけが ONS 15454 に適用できます。

2M

2MHz レート

64K

64 KHz レート

6M

6MHz レート

E1

E1 レート

T1

T1 レート

<ADMSSM>

(任意)SSM 選択肢。SSM がディセーブルのとき、BITS-IN にだけ適用できます。


) ONS 15600 には適用できません。


パラメータ タイプは SYNC_CLOCK_REF_QUALITY_LEVEL で、SONET のクロック ソースの品質レベルです。

DUS

同期には使用しません。

PRS

1 次基準ソース、Stratum 1 の追跡可能

RES

ネットワーク同期用に予約済みです。

SMC

SONET ミニマム クロックの追跡可能

ST2

Stratum 2 の追跡可能

ST3

Stratum 3 の追跡可能

ST3E

Stratum 3E の追跡可能

ST4

Stratum 4 の追跡可能

STU

同期済、追跡不能

TNC

中継ノード クロック(第 2 世代のみ)

<PST>

(任意)プライマリ ステート。パラメータ タイプは PST で、エンティティの現在の全体的なサービス状態を示します。

IS

イン サービス

OOS

アウト オブ サービス

21.23 RTRV-BULKROLL-<OCN_TYPE>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Bulkroll(OC12、OC192、OC3、または OC48)(RTRV-BULKROLL-<OCN_TYPE>)コマンドは、回線のロール データ パラメータを検索します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

カテゴリ

ブリッジおよびロール

セキュリティ

プロビジョニング

入力形式

RTRV-BULKROLL-<OCN_TYPE>:[<TID>]:<SRC>:<CTAG>;

入力例

RTRV-BULKROLL-OC12:CISCO:FAC-3-1:1;

入力パラメータ

<SRC>

送信元 AID( FACILITYを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<FROM>:RFROM=<RFROM>,RTO=<RTO>,[RMODE=<RMODE>],VLDSIG=<VLDSIG>"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"STS-3-1-1:RFROM=STS-3-1-1,RTO=STS-5-1-1,RMODE=AUTO,VLDSIG=Y"
;

出力パラメータ

<FROM>

エンド ポイントの一方の側。回線レベル ローリングおよび一括ローリングのアクセス ID です( FACILITYを参照)。

<RFROM>

ロール対象の既存のクロスコネクトの終端地点。AID( CrossConnectId1)を参照(VCM および FACILITY を除く)

<RTO>

新規のクロスコネクトのレグとなる終端地点。AID( CrossConnectId1)を参照(VCM および FACILITY を除く)

<RMODE>

(任意)操作のローリング モード。パラメータ タイプは RMODE で、ロール モードを指定します。

AUTO

自動。有効な信号がある場合、AUTO モードのロールが自動的に前回のエンドポイントを削除します。

MAN

手動。delete roll/bulkroll コマンドを入力して、前回のエンドポイントを削除します。

MAN

手動

MAN-RESTART

動作テストのための手動再始動

<VLDSIG>

(任意)操作のローリング モード。パラメータ タイプは ON_OFF で、アトリビュートをディセーブルまたはイネーブルに設定します。

N

アトリビュートをディセーブルにします。

Y

アトリビュートをイネーブルにします。

21.24 RTRV-CMD-SECU

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Command Security(RTRV-CMD-SECU)コマンドは、AID フィールドに指定されたコマンドの現在のコマンド セキュリティ レベルを検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

セキュリティ

セキュリティ

スーパーユーザ

入力形式

RTRV-CMD-SECU:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

入力例

RTRV-CMD-SECU::INIT-REG:1;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID の文字列。コマンドが関連する NE 内のエンティティを識別します。これは、現在存在することを示す、動詞修飾子を伴うコマンド動詞です。単一のコマンドまたは、すべてのコマンドを含めることのできるコマンド ブロックです。INIT-REG だけがサポートされます。タイプはストリングです。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:<CAP>"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"INIT-REG:MAINT"
;

出力パラメータ

<AID>

(任意)アクセス ID。単一のコマンド、またはすべてのコマンドを含めることのできるコマンド ブロックです。INIT-REG だけがサポートされます。AID はストリングです。

<CAP>

コマンド アクセス権限。パラメータ タイプは PRIVILEGE で、セキュリティ レベルです。

MAINT

メンテナンスのセキュリティ レベル

PROV

プロビジョニングのセキュリティ レベル

RTRV

検索セキュリティ レベル

SUPER

スーパーユーザのセキュリティ レベル

21.25 RTRV-COND-<MOD2ALM>

((Cisco ONS 15454, ONS 15327, ONS 15310-CL, ONS 15310-MA, ONS 15600)Retrieve Condition(状態の検索)10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、4GFC、4GFICON、DS1、DS3I、E1、E100、E1000、E3、E4、EC1、FSTE、G1000、ETH、GFPOS、GIGE、ILK、ISCCOMPAT、ISC3PEER2R、ISC3PEER1G、ISC3PEER2G、OC12、OC192、OC3、OC48、OCH、OMS、OTS、OTU2、POS、RPRIF、STM1、STM4、STM16、STM64、STM1E、STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、STS9C、T1、T3、UDCDCC、UDCF、VC11、VC12、VC3、VC4、VC4-2c、VC4-3c、VC4-4c、VC4-8c、VC4-16c、VC4-64c、VCG、VT1、VT2、WLEN、または RPRIF
(RTRV-COND-<MOD2ALM>)コマンドは、エンティティに関連付けられた現在の持続状態とステートを検索します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

カテゴリ

障害

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-COND-<MOD2ALM>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

入力例

RTRV-COND-RPRIF:DXT:RPRIF-2-0:229::FORCE-REQ;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)。ヌルにはできません。

<TYPEREQ>

検索する状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],<LOCN>,<DIRECTION>,[<DESC>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"RPRIF-2-0,T3:MJ,FORCE-REQ,SA,01-01,16-00-20,NEND,RCV,\"FORCED SWITCH REQUEST\""
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)

<AIDTYPE>

(任意)アクセス ID のタイプ。メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプを指定します。パラメータ タイプは MOD2ALM で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

1GISC3

1 Gbps ISC3 互換

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GFPOS

Packet Over SONET を使用した汎用フレーミング プロトコルの仮想ポート アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OCHTERM

OCH 終端

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

UDCDCC

UDC-DCC アラーム

UDCF

UCD-F アラーム

VCG

仮想連結グループのアラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

WLEN

波長パスのプロビジョニング

<NTFCNCDE>

(任意)2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<TYPEREP>

状態そのものです。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

(任意)持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、アラームがサービスに与える影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<LOCN>

特定のコマンドに関連付けられた場所。PM モードを検索する場所を識別します。パラメータ タイプは LOCATION で、アクションが発生する場所です。

FEND

アクションは、ファシリティの遠端で発生します。

NEND

アクションは、ファシリティの近端で発生します。

<DIRECTION>

PM カウントの検索方向。パラメータ タイプは DIRECTION で、送受信の方向です。

BTH

送信および受信の両方向

RCV

受信方向のみ

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.26 RTRV-COND-ALL

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Condition All(RTRV-CON-ALL)コマンドは、すべてのエンティティの現在の持続状態を検索します。

 
使用上のガイドライン

Telcordia GR-833 により、RTRV-COND-ALL コマンドは EQPT、COM、および rr(T1、T3、OCn、EC1、STSn、VT1、DS1、E100、E1000、G1000、ML-Series、TXP、および MXP)アラームだけをレポートします。

このコマンドは、さらに詳しい他の RTRV-COND コマンドで検索できるすべての状態を返すわけではありません。RTRV-COND-ALL で検索できるのはこれらの状態のサブセットです。Telcordia GR-253-CORE のセクション 6.2.1.8.4 の規定によれば、ノード(RTRV-COND-ALL)から「すべて」の状態を検索して返す場合、「根本原因が同じ」である状態は、他で検索される状態として除外しなければならない、としています。さらに、ノードから状態のサブセットを検索する場合、サブセットの発生の仕方にかかわらず、「根本原因が同じ」である状態は除外しなければならない、とも規定されています。

たとえば、RTRV-COND-STS1 の場合、このコマンドが返すセット内には「同じルートが原因の」状態が含まれます。RTRV-COND-ALL ではこれらの状態は含まれません。

NE のすべての状態を検索するには、次のコマンドをすべて実行します。

RTRV-COND-ALL
RTRV-COND-ENV
RTRV-COND-BITS
RTRV-COND-SYNCN

カテゴリ

障害

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-COND-ALL:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

入力例

RTRV-COND-ALL:DXT:ALL:229::FORCE-REQ;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)。タイプはストリングです。ヌル値は ALL と同等です。

<TYPEREQ>

検索する状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],<LOCN>,<DIRECTION>,[<DESC>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"RPRIF-2-0,T3:MJ,FORCE-REQ,SA,01-01,16-00-20,NEND,RCV,\"FORCED SWITCH REQUEST\""
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID(アラーム状態の説明がある ALLを参照)。

<AIDTYPE>

(任意)アクセス ID のタイプ。メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプを指定します。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

(任意)2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<TYPEREP>

検索する状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

(任意)持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、アラームがサービスに与える影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<LOCN>

特定のコマンドに関連付けられた場所。PM モードを検索する場所を識別します。パラメータ タイプは LOCATION で、アクションが発生する場所です。

FEND

アクションは、ファシリティの遠端で発生します。

NEND

アクションは、ファシリティの近端で発生します。

<DIRECTION>

PM カウントの検索方向。パラメータ タイプは DIRECTION で、送受信の方向です。

BTH

送信および受信の両方向

RCV

受信方向のみ

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.27 RTRV-COND-BITS

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Condition Building Integrated Timing Supply(RTRV-COND-BITS)コマンドは、BITS の持続状態を検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

同期

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-COND-BITS:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

入力例

RTRV-COND-BITS:TID:BITS-1:229::LOS;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( BITSを参照)。ヌルにはできません。

<TYPEREQ>

検索する状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,,[<DESC>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"BITS-1,BITS:CR,LOS,SA,01-01,16-02-15,,,\"LOS OF SIGNAL\""
;

出力パラメータ

AID

アクセス ID(アラーム状態の説明がある BITSを参照)。

AIDTYPE

(任意)アクセス ID のタイプ。メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプを指定します。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS2I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

(任意)2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<TYPEREP>

検索する状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

(任意)持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.28 RTRV-COND-ENV

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Environmental Condition(RTRV-COND-ENV)コマンドは、環境の状態を検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

環境

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-COND-ENV:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<NTFCNCDE>],[<ALMTYPE>][,,,];

入力例

RTRV-COND-ENV:CISCO:ENV-IN-1:123::MJ,OPENDR;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)。ヌルにはできません。


) RTRV-ALM-ENV では、ONS 15454 に有効な AID は ENV-IN-{1-4} のみであり、ONS 15327 に有効な AID は ENV-IN-{1-6} のみです。ENV-OUT-{1,6} は RTRV-ALM-ENV の有効な AID ではありません。


<NTFCNCDE>

2 文字の通知コード。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<ALMTYPE>

環境アラームのアラーム タイプです。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは ENV_ALM(環境アラーム タイプ)です。

AIRCOMPR

エアー コンプレッサの障害

AIRCOND

空調設備の障害

AIRDRYR

ドライヤーの障害

BATDSCHRG

バッテリの放電

BATTERY

バッテリの障害

CLFAN

冷却ファンの障害

CPMAJOR

中央集中型電源のメジャー障害

CPMINOR

中央集中型電源のマイナー障害

ENGINE

エンジンの障害

ENGOPRG

エンジンの動作

ENGTRANS

スタンバイ エンジン変換

EXPLGS

爆発性のガス

FIRDETR

火災検知器の障害

FIRE

火災

FLOOD

浸水

FUELLEAK

燃料漏れ

FUSE

ヒューズの障害

GASALARM

爆発性ガス、有毒ガス、通気不足、またはガス モニタの障害

HATCH

CEV ハッチ障害

GEN

発電機の障害

HIAIR

高エアフロー

HIHUM

高湿度

HITEMP

高温

HIWTR

高水位

INTRUDER

侵入

LEVELCON

水準器コンバータ

LVDADSL

セカンダリ ADSL 低電圧切断

LVDBYPAS

低電圧切断バイパス

LWBATVG

低バッテリ電圧

LWFUEL

低燃料

LWHUM

低湿度

LWPRES

低ケーブル圧力

LWTEMP

低温

LWWTR

低水位

MISC

その他

OPENDR

ドア開放

POWER

商用電源障害

PUMP

ポンプの障害

PWR-48

48 V 電源装置の障害

PWR-139

-139 V パワー コンバータ

PWR-190

-190 V パワー コンバータ

PWRMJ

電源装置メジャー

PWRMN

電源装置マイナー

RECT

整流器障害

RECTHI

整流器高電圧

RECTLO

整流器低電圧

RINGGENMJ

呼出信号発生器メジャー

RINGGENMN

呼出信号発生器マイナー

RTACADSL

AC または AC/整流器障害 ADSL 機器

RTACCRIT

AC または AC/整流器障害 DCL 機器クリティカル サイト

RTACPWR

AC または AC/整流器障害 DCL 機器

RTACPWRENG

商用 AC 障害、スタンバイ エンジンが設置されたサイト

RTBAYPWR

AC 配電停止 RT ベイ

RTRVENG

スタンバイ エンジン検索、商用 AC 復元

SMOKE

煤煙

TEMP

高 - 低温度

TOXICGAS

有毒ガス

TREPEATER

T リピータ シェルフ

VENTN

通気システム障害

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>:<NTFCNCDE>,<ALMTYPE>,[<OCRDAT>],[<OCRTM>],,,,[<DESC>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"ENV-IN-1:MJ,OPENDR,01-01,16-02-15,,,,\"OPEN DOOR\""
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ENVを参照)

<NTFCNCDE>

(任意)2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<ALMTYPE>

環境アラームのアラーム タイプです。パラメータ タイプは ENV_ALM(環境アラーム タイプ)です。

AIRCOMPR

エアー コンプレッサの障害

AIRCOND

空調設備の障害

AIRDRYR

ドライヤーの障害

BATDSCHRG

バッテリの放電

BATTERY

バッテリの障害

CLFAN

冷却ファンの障害

CPMAJOR

中央集中型電源のメジャー障害

CPMINOR

中央集中型電源のマイナー障害

ENGINE

エンジンの障害

ENGOPRG

エンジンの動作

ENGTRANS

スタンバイ エンジン変換

EXPLGS

爆発性のガス

FIRDETR

火災検知器の障害

FIRE

火災

FLOOD

浸水

FUELLEAK

燃料漏れ

FUSE

ヒューズの障害

GASALARM

爆発性ガス、有毒ガス、通気不足、またはガス モニタの障害

HATCH

CEV ハッチ障害

GEN

発電機の障害

HIAIR

高エアフロー

HIHUM

高湿度

HITEMP

高温

HIWTR

高水位

INTRUDER

侵入

LEVELCON

水準器コンバータ

LVDADSL

セカンダリ ADSL 低電圧切断

LVDBYPAS

低電圧切断バイパス

LWBATVG

低バッテリ電圧

LWFUEL

低燃料

LWHUM

低湿度

LWPRES

低ケーブル圧力

LWTEMP

低温

LWWTR

低水位

MISC

その他

OPENDR

ドア開放

POWER

商用電源障害

PUMP

ポンプの障害

PWR-48

48 V 電源装置の障害

PWR-139

-139 V パワー コンバータ

PWR-190

-190 V パワー コンバータ

PWRMJ

電源装置メジャー

PWRMN

電源装置マイナー

RECT

整流器障害

RECTHI

整流器高電圧

RECTLO

整流器低電圧

RINGGENMJ

呼出信号発生器メジャー

RINGGENMN

呼出信号発生器マイナー

RTACADSL

AC または AC/整流器障害 ADSL 機器

RTACCRIT

AC または AC/整流器障害 DCL 機器クリティカル サイト

RTACPWR

AC または AC/整流器障害 DCL 機器

RTACPWRENG

商用 AC 障害、スタンバイ エンジンが設置されたサイト

RTBAYPWR

AC 配電停止 RT ベイ

RTRVENG

スタンバイ エンジン検索、商用 AC 復元

SMOKE

煤煙

TEMP

高 - 低温度

TOXICGAS

有毒ガス

TREPEATER

T リピータ シェルフ

VENTN

通気システム障害

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.29 RTRV-COND-EQPT

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Condition Equipment(RTRV-COND-EQPT)コマンドは、機器の状態を検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

機器

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-COND-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

入力例

RTRV-COND-EQPT:TID:SLOT-1:229::LOS;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID(アラーム状態の説明がある EQPTを参照)。ヌルにはできません。

<TYPEREQ>

検索する状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,,[<DESC>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"SLOT-1,EQPT:CR,LOS,SA,01-01,16-02-15,,,\"LOS OF SIGNAL\""
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID(アラーム状態の説明がある EQPTを参照)。

<AIDTYPE>

(任意)メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプ。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

(任意)2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<TYPEREP>

検索する状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

(任意)持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.30 RTRV-COND-SYNCN

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Condition Synchronization(RTRV-COND-SYNCN)コマンドは、同期の状態を検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

同期

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-COND-SYNCN:[<TID>]:<AID>:<CTAG>::[<TYPEREQ>][,,,];

入力例

RTRV-COND-SYNCN:TID:SYNC-NE:229::LOS;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID(アラーム状態の説明がある SYNC_REFを参照)。ヌルにはできません。

<TYPEREQ>

検索する状態のタイプ。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<AID>,[<AIDTYPE>]:[<NTFCNCDE>],<TYPEREP>,[<SRVEFF>],[<OCRDAT>],
[<OCRTM>],,,[<DESC>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"SYNC-NE,SYNCN:MJ,FRNGSYNC,SA,01-01,16-02-15,,,
\"FREE RUNNING SYNCHRONIZATION MODE\""
;

出力パラメータ

<AID>

アクセス ID(アラーム状態の説明がある SYNを参照)。

<AIDTYPE>

(任意)メッセージのターゲットとなる、ファシリティ、リンクまたはその他のアドレス指定可能なエンティティのタイプ。この値は常に SYNCN です。パラメータ タイプは MOD2B で、アラーム タイプです。

1GFC

1 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

1GFICON

1 ギガビット FICON のアラーム

2GFC

2 ギガビット ファイバ チャネルのアラーム

2GFICON

2 ギガビット FICON のアラーム

4GFC

4 Gbps ファイバ チャネル

4GFICON

4 Gbps ファイバ接続

BITS

BITS アラーム

CLNT

MXP/TXP カード用クライアント ファシリティ

COM

共通アラーム

DS1

DS1 アラーム

DS3I

DS3I アラーム

E100

E100 アラーム

E1000

E1000 アラーム

EC1

EC1 アラーム

ENV

ENV アラーム

EQPT

EQPT アラーム

FSTE

ファスト イーサネット ポートのアラーム

G1000

G1000 アラーム

GIGE

GIG イーサネット ポートのアラーム

ISC3PEER1G

1 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2G

2 Gbps ISC3 ピア

ISC3PEER2R

透過(2R)モードで使用される 1 Gbps または 2 Gbps ISC3 ピア

ISCCOMPAT

1 Gbps ISC1、ISC2、および ISC3 互換性

MIC

MIC アラーム(ONS 15327)

MIC-EXT

MIC-EXT(ONS 15327)

OC3

OC3 アラーム

OC12

OC12 アラーム

OC48

OC48 アラーム

OC192

OC192 アラーム

OCH

光チャネル

OMS

光多重化セクション

OTS

光転送セクション

POS

POS ポート アラーム

STS1

STS1 アラーム

STS3C

STS3c アラーム

STS6C

STS6c アラーム

STS9C

STS9c アラーム

STS18C

STS18c アラーム

STS12C

STS12c アラーム

STS24C

STS24c アラーム

STS36C

STS36c アラーム

STS48C

STS48c アラーム

STS192C

STS192c アラーム

SYNCN

SYNCN アラーム

T1

T1 アラーム

T3

T3 アラーム

TCC

TCC アラーム

VT1

VT1 アラーム

VT2

VT2 アラーム

XTC

XTC アラーム(ONS 15327)

<NTFCNCDE>

(任意)2 文字の通知コード。パラメータ タイプは NOTIF_CODE(自律メッセージに関連付けられた 2 文字の通知コード)です。

CL

アラームを発生させている状態が解除されています。

CR

クリティカル アラーム

MJ

メジャー アラーム

MN

マイナー アラーム

NA

状態にアラームが設定されていません。

NR

アラームは報告されません。

<TYPEREP>

検索する状態のタイプ。パラメータ タイプは CONDITION で、問題が報告されたかどうか(つまりトラブル通知が生成されたかどうか)に関係なく、ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、または ONS 15600 シェルフで検出された問題を示します。報告される状態には、アラーム、Not-Alarmed(NA)状態、および Not-Reported(NR)状態が含まれます。状態のリストについては、 第 26 章「状態」 を参照してください。

<SRVEFF>

(任意)持続アラームまたは持続状態がサービスに与える影響。パラメータ タイプは SERV_EFF で、サービス時のアラームの影響です。

NSA

状態は、Non-service Affecting です。

SA

状態は、Service Affecting です。

<OCRDAT>

(任意)特定のイベントや違反が発生した日付

<OCRTM>

(任意)特定のイベントや違反が発生した時刻

<DESC>

(任意)状態の説明。DESC はストリングです。

21.31 RTRV-CONSOLE-PORT

(Cisco ONS 15454、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA)Retrieve Console Port(RTRV-CONSOLE-PORT)コマンドは、ML シリーズ カードからコンソール ポートのステータスを検索します。

 
使用上のガイドライン

なし

カテゴリ

セキュリティ

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-CONSOLE-PORT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>;

入力例

RTRV-CONSOLE-PORT:CISCONODE:SLOT-2:123;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( EQPTを参照)。ヌルにはできません。

出力形式

SID DATE TIME
M CTAG COMPLD
"<EQPT>:[PORT=<PORT>]"
;

出力例

TID-000 1998-06-20 14:30:00
M 001 COMPLD
"SLOT-2:PORT=ENABLED"
;

出力パラメータ

<EQPT>

データ カードのスロット番号を識別します。EQPT はストリングです。

<PORT>

(任意)データ カードのコンソール ポートのステータス。パラメータ タイプは PORTSTAT で、カードのコンソール ポートのステータスです。

DISABLED

ポートがディセーブルです。

ENABLED

ポートがイネーブルです。

21.32 RTRV-CRS

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Retrieve Cross-Connect(RTRV-CRS)コマンドは、必要な PATH タイプに基づいて、すべてのクロスコネクトを検索します。

 
使用上のガイドライン

AID がヌルの場合は、デフォルトで ALL(NE)に設定されます。

PATH がヌルの場合は、デフォルトですべての既存のクロスコネクトに設定されます。

出力フィールドの LEVEL はオプションであり、PATH のクロスコネクトの帯域幅を示すために使用されます。

DRITYPE および DRINODE フィールドは、BLSR-DRI をサポートするためのオプションとして利用できます。DRITYPE は、クロスコネクトがドロップ/コンティニュー接続(1WAYDC または 2WAYDC)の場合にだけ適用されます。また、Dual-Ring Interconnect(DRI)のデフォルトは UPSR です。DRINODE は、接続の終端の少なくとも一方が BLSR にある場合にだけ指定する必要があります。デフォルトは NA(該当なし)です。

DS3XM-12 カードは、ポートレス ポートでポートレス STS1/VT1.5 クロスコネクトをプロビジョニングできます。

CKTID は ASCII 形式の文字列です。CKTID の最大長は 48 文字です。CKTID を EMPTY または NULL にすると表示されません。

カテゴリ

クロスコネクト

セキュリティ

検索

入力形式

RTRV-CRS:[<TID>]:[<AID>]:<CTAG>:::[CRSTYPE=<CRSTYPE>][:];

入力例

RTRV-CRS:CISCO:ALL:123:::CRSTYPE=STS;

入力パラメータ

<AID>

ファシリティ、STS、VT、または ALL にできるアクセス ID( CrossConnectId1を参照)。ALL AID のデフォルトは NE で、NE 上の既存のクロスコネクトをすべて報告します。ヌル値は ALL と同等です。

<CRSTYPE>

クロスコネクトのタイプ。デフォルトは、既存のクロスコネクトすべてが対象です。ヌル値は ALL と同等です。パラメータ タイプは PATH で、パス コマンドの修飾子です。

STS1

同期転送信号/モジュール レベル 1(51.84 Mbps)

STS3C

同期転送信号/モジュール レベル 3 連結(155.52 Mbps)

STS6C

同期転送信号/モジュール レベル 6(311.04 Mbps)

STS9C

同期転送信号/モジュール レベル 9 連結(466.56 Mbps)