Cisco ONS SONET TL1 コマンド ガイド Release 7.2
RMV コマンド
RMV コマンド
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

RMV コマンド

RMV コマンド

この章では、Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、および ONS 15600 の remove(RMV)コマンドについて説明します。

19.1 RMV-<MOD2>

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)10GFC、10GIGE、1GFC、1GFICON、2GFC、2GFICON、CLNT、D1VIDEO、DS1、DV6000、E1、E3、E4、EC1、ESCON、ETRCLO、FSTE、G1000、GFPOS、GIGE、HDTV、ISC1、OC12、OC192、OC3、OC48、OCH、OMS、OTS、POS、STS1、STS12C、STS18C、STS192C、STS24C、STS36C、STS3C、STS48C、STS6C、STS9C、T1、T3、VC12、VC3、VT1、VT2 の Remove(RMV-<MOD2>)コマンドは、サービスからファシリティを削除します。

 
使用上のガイドライン

プラットフォーム別にサポートされる修飾子については、表27-1を参照してください。

カテゴリ

ポート

セキュリティ

メンテナンス

入力形式

RMV-<MOD2>:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::];

入力例

RMV-EC1:CISCO:FAC-1-1:1;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( ALLを参照)

19.2 RMV-EQPT

(Cisco ONS 15454、ONS 15327、ONS 15310-CL、ONS 15310-MA、ONS 15600)Remove Equipment(RMV-EQPT)コマンドは、機器をイン サービス(IS)ステートから削除して、メンテナンス(MT)ステートに配置します。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、IS ステートから MT ステートへの遷移中の機器にのみ適用されます。

カテゴリ

機器

セキュリティ

メンテナンス

入力形式

RMV-EQPT:[<TID>]:<AID>:<CTAG>[::];

入力例

RMV-EQPT:CISCO:SLOT-1:1;

入力パラメータ

<AID>

アクセス ID( EQPTを参照)