Cisco ONS 15454/15454 SDH/Cisco ONS 15327 イーサネット カード ソフトウェア フィーチャ コンフィギュレーション ガイド Release 7.2
ML シリーズ カード の概要
ML シリーズ カードの概要
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

ML シリーズ カードの概要

ML シリーズ カードの説明

ML シリーズ カードの機能一覧

ML シリーズ カードの概要

この章では、ONS 15454(SONET)および ONS 15454 SDH 向けの ML1000-2 カード、ML100T-12 カード、および ML100X-8 カードの概要を説明します。また、イーサネットと SONET/SDH の機能、および Cisco IOS ソフトウェアと Cisco Transport Controller(CTC)ソフトウェアの機能を紹介し、一部の機能を簡単に説明します。

この章の内容は次のとおりです。

「ML シリーズ カードの説明」

「ML シリーズ カードの機能一覧」

ML シリーズ カードの説明

ML シリーズ カードは、最大処理速度が 5.7 Mpps の、独立したギガビット イーサネット(ML1000-2)またはファースト イーサネット(ML100T-12 および MT100X-8)レイヤ 3 スイッチです。ML シリーズ カードは、ONS 15454 SONET または ONS 15454 SDH に統合されています。

ML シリーズ カードは、Cisco IOS を使用し、ML シリーズ カードでの主なユーザ インターフェイスは Cisco IOS CLI(コマンドライン インターフェイス)です。ほとんどの ML シリーズ カードの設定(イーサネット ポート、ブリッジング、VLAN[仮想LAN]など)では、Cisco IOS CLI のみが使用可能です。

ただし、ONS 15454 SONET/SDH の GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)である CTC でも ML シリーズ カードがサポートされます。SONET/SDH 回線は、Cisco IOS からプロビジョニングできませんが、CTC または TL1 から設定する必要があります。CTC では、ML シリーズ カードのステータス情報の表示、SONET/SDH のアラーム管理、Cisco IOS Telnet セッションの初期化、Cisco IOS 設定ファイルの管理、プロビジョニング、インベントリなどの標準機能を使用できます。

ML100T-12 には、12 個の RJ-45 インターフェイスが装備されています。また、ML100X-8 および ML1000-2 には、Short Wavelength(SX; 短波長)光モジュールと Long Wavelength(LX; 長波長)光モジュールをサポートする 2 つの Small Form-Factor Pluggable(SFP)スロットが装備されています。3 つのカードでは、ハードウェアとソフトウェアに同じ基盤を使用しており、同じフィーチャ セットが提供されます。カードの仕様の詳細については、『Cisco ONS 15454 Reference Manual』または『Cisco ONS 15454 SDH Reference Manual』の「Ethernet Cards」の章を参照してください。

ML シリーズ カードには、OC-N/STM-N カード ポートと同様に機能する 2 つの仮想 Packet over SONET/SDH(POS)ポートが装備されています。SONET/SDH 回線は、標準の OC-N/STM-N カード回線と同様に CTC でプロビジョニングできます。ML シリーズ カードの POS ポートでは、SONET/SDH 回線の Virtual Concatenation(VCAT; 仮想連結)と Software Link Capacity Adjustment Scheme(SW-LCAS)がサポートされます。

ML シリーズ カードの機能一覧

ML100T-12、ML100X-8、および ML1000-2 カードには次の機能があります。

レイヤ 1 データ機能

10/100BASE-TX 半二重および全二重データ転送

Auto-MDIX を使用した 100BASE-FX 全二重データ伝送(ML 100X-8)

1000BASE-SX、1000BASE-LX 全二重データ転送

IEEE 802.3z(ギガビット イーサネット)および IEEE 802.3x(ファースト イーサネット)フロー制御

SONET/SDH の機能

POS 向けの High-level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク制御)または Frame-mapped Generic Framing Procedure(GFP-F)フレーム構成メカニズム

2 つの POS 仮想ポート

POS 向けの LEX、Cisco HDLC、または Point-to-Point Protocol/Bridging Control Protocol(PPP; ポイントツーポイント プロトコル/BCP)カプセル化

VCAT と SW-LCAS

G シリーズ カードおよび ONS 15327 E シリーズ カード互換(LEX カプセル化のみ)

レイヤ 2 ブリッジング機能

トランスペアレント ブリッジング

ハードウェアによる MAC(メディア アクセス制御)アドレス学習、エージング、およびスイッチング

プロトコルのトンネリング

Multiple Spanning Tree(MST)プロトコルのトンネリング

最大 255 個のアクティブ ブリッジ グループ

1 カード当たり最大 60,000 個の MAC アドレス、および 1 ブリッジ グループ当たり最大 8,000 個の MAC アドレス

Integrated Routing and Bridging(IRB)

IEEE 802.1P/Q ベースの VLAN トランキング

IEEE 802.1Q VLAN トランキング

IEEE 802.1D Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)と IEEE 802.1W Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP; 高速スパニング ツリー プロトコル)

1 つのブリッジ グループ当たり 1 つの IEEE 802.1D STP インスタンス

Ethernet over Multiprotocol Label Switching(EoMPLS)

RSVP を備えた EoMPLS トラフィック エンジニアリング(EoMPLS-TE)

VLAN 透過サービス、および VLAN 固有のサービス(Ethernet Relay Multipoint Service [ERMS])

RPR-IEEE データ パス機能をサポート

ブリッジングをサポート(IEEE 802.17b spatially aware sublayer 修正事項で規定)

トポロジ ディスカバリを使用した最短パス転送をサポート

アドレッシングをサポート(ユニキャスト、マルチキャスト、シンプル ブロードキャスト データ転送を含む)

イーストおよびウェスト リングレットを使用するリングでの双方向マルチキャスト フレームのフラッディング

マルチキャスト フレームの Time To Live(TTL; 存続可能時間)を、閉じたリングでは等距離スパンに、オープン リングではエラー スパンに設定

RPR-IEEE サービス品質をサポート

サービス品質単位のフロー制御によりクライアントからのトラフィックを規制

クラス A が割り当てられたまたは保証された帯域幅の周辺非依存ジッタが低い

クラス B が割り当てられたまたは保証された帯域幅の周辺依存ジッタは限定的である。クラス B の場合、超過情報レート(EIR)帯域幅が送信できる(クラス C プロパティを使用)

クラス C はベストエフォート型サービスを提供する

RPR-IEEE 設計戦略により、ブロードキャスト リングを超える効果的な帯域幅が増加

時計回りおよび反時計回りの送信が同時に実行できる

非オーバーラップ セグメントで帯域幅を再割り当てできる

帯域幅の再利用。未使用の帯域幅は、便宜的なサービスで再利用できる。

バンド幅空間の再利用。非オーバーラップ セグメントでは帯域幅が便宜的に再利用される。

一時的帯域幅有効利用。未使用の便宜的帯域幅は再利用することができます。

RPR-IEEE 適正化機能により便宜的トラフィックを適切に分割可能

重み付き適正化により、利用可能なリング容量に重み付きで適切にアクセス可能

積極的適正化をサポート

シングル チョーク適正化により、両方のスパンのシングル チョーク適正化フレームの生成、終了、処理をサポート

RPR-IEEE プラグ & プレイ自動トポロジ ディスカバリとステーション機能の通知により、手動操作を行わずにシステムを動作させることができる

RPR-IEEE の複数の機能により、安定したフレーム転送をサポート

ステーション障害やリンク障害後のサービス復元時間は 60 ミリ秒以下

キューおよびシェイパ使用により、通常動作時のフレーム損失を防止

完全な分散制御アーキテクチャによりシングルポイント オブ フェイラーを排除

動作、管理、保守によりサービス プロバイダの環境をサポート

RPR-IEEE がサポートしない機能

EoMPLS

IP フォワーディング

ラッピング(オプションの IEEE 802.17b 保護スキーム)、ステアリング(規格で規定されている保護スキーム)

レイヤ 3 ルーティング

シスコ固有の RPR

お客様のイーサネット Frame Check Sequence(FCS)保護

Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)エラー アラーム生成

FCS 検出およびしきい値設定

最短パス判定

キープアライブ

Fast EtherChannel(FEC)の機能(ML100T-12)

最大 4 つのファースト イーサネット ポートのバンドル

送信元 IP アドレスと宛先 IP アドレスに基づくユニキャスト パケットのロード シェアリング

MAC アドレスに基づくブリッジ トラフィックのロード シェアリング

IRB

IEEE 802.1Q トランキング

最大 6 個のアクティブな FEC ポート チャネル

Gigabit EtherChannel(GEC)の機能(ML1000-2)

2 つのギガビット イーサネット ポートのバンドル

MAC アドレスに基づくブリッジ トラフィックのロード シェアリング

IRB

IEEE 802.1Q トランキング

Remote Fault Indication(RFI)を使用したオートネゴシエーション

POS チャネル

2 つの POS ポートのバンドル

LEX カプセル化のみ

IRB

IEEE 802.1Q トランキング

レイヤ 3 ルーティング、スイッチング、および転送

デフォルト ルート

IP のユニキャスト転送とマルチキャスト転送

簡易 IP Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)(レイヤ 2 とレイヤ 3 の転送パス)

ソフトウェアの拡張 IP ACL(コントロール プレーンのみ)

イーサネット ポート間の IP、および IP マルチキャスト ルーティングとスイッチング

Reverse Path Forwarding(RPF; リバース パス転送)マルチキャスト(RPF ユニキャスト以外)

送信元と宛先の IP アドレスに基づく等コスト パス間のロード バランシング

最大 18,000 個の IP ルート

最大 20,000 個の IP ホスト エントリ

最大 40 個の IP マルチキャスト グループ

IRB ルーティング モードのサポート

サポートされるルーティング プロトコル

Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)Routing and Forwarding Lite(VRF Lite)

Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)プロトコル

Routing Information Protocol(RIP)と RIP II

Enhanced IGRP(EIGRP)

OSPF プロトコル

PIM ― 疎モード、疎/密モード、密モード

セカンダリ アドレッシング

スタティック ルート

ローカル プロキシ ARP

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)

Classless Interdomain Routing(CIDR; クラスレス ドメイン間ルーティング)

QoS(Quality Of Service)の機能

マルチキャスト プライオリティ キューイング クラス

1 Mbps 単位の Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)

入力ポリシング

保証帯域幅(Weighted Round-Robin[WDRR; 重み付きラウンド ロビン]と完全優先スケジューリング)

ユニキャスト Voice-over-IP(VoIP)用の低遅延キューイング サポート

レイヤ 2 プライオリティに基づく Class of Service(CoS; サービス クラス)、VLAN ID、レイヤ 3 Type of Service(ToS; サービス タイプ)/DiffServ Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)、およびポート

CoS ベースのパケット統計情報

セキュリティ機能

Cisco IOS ログイン機能拡張

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)接続(SSH バージョン 2)

コンソール ポートの無効化

Authentication, Authorization, Accounting(AAA; 認証、許可、アカウンティング)/Remote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)(AAA/RADIUS)スタンド アロン モード

AAA/RADIUS リレー モード

その他のプロトコル

イーサネット ポートでの Cisco Discovery Protocol(CDP)サポート

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)リレー

10/100 イーサネット、ギガビット イーサネット、FEC、GEC、および Bridge Group Virtual Interface(BVI; ブリッジ グループ仮想インターフェイス)上での Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)

Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)

管理機能

Cisco IOS

CTC

CTM

Remote Monitoring(RMON; リモート モニタリング)

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)

Transaction Language 1(TL1)

システムの機能

自動 FPGA アップグレード

Network Equipment Building Systems 3(NEBS3)準拠

複数のマイクロコード イメージ

CTC の機能

フレーミング モードのプロビジョニング

POS 仮想ポート向けの標準 STS/STM 回線と VCAT 回線

SONET/SDH アラーム レポート(パス アラームなどの ML シリーズ カードに固有のアラーム、RPR-WRAP を含む)

ポートに関する未加工の統計情報

標準のインベントリおよびカード管理機能

J1 パス トレース

CTC から開始される Cisco IOS CLI Telnet セッション

CTC からの Cisco IOS スタートアップ コンフィギュレーション ファイル管理