Cisco ONS 15454 SONET/SDH ML シリーズ マルチレイヤ イーサネット カード ソフトウェア フィーチャ コンフィギュレーション ガイド
ブリッジングの設定
ブリッジングの設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ブリッジングの設定

ブリッジングの概要

ブリッジングの設定

ブリッジングの監視と確認

ブリッジングの設定

この章では、ML-Series カードに対してブリッジングを設定する方法について説明します。この章で使用する Cisco IOS コマンドの詳細については、『 Cisco IOS Command Reference 』を参照してください。

この章の主な内容は次のとおりです。

「ブリッジングの概要」

「ブリッジングの監視と確認」


注意 Cisco Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク) と Cisco Dynamic Trunking Protocol(DTP; ダイナミック トランキング プロトコル)は、ML-Series カードではサポートされませんが、ML-Series ブロードキャストではこれらの形式が転送されます。接続されている装置上で ISL や DTP を使用することは、お勧めしません。シスコ社の装置の中には、デフォルトで、ISL や DTP の使用を試行するものもあります。

ブリッジングの概要

ML-Series カードは、IP ルータやブリッジとして機能するように設定できます。Cisco IOS ソフトウェアはファーストイーサネット、ギガビットイーサネット、および POS に対する透過型ブリッジングをサポートします。Cisco IOS ソフトウェアでは、スパニングツリー ブリッジとルータの機能的な利点が組み合わされています。この組み合わせにより、スパニングツリー ブリッジの高速性、プロトコル透過性が、ルータの機能性、信頼性、安全性とともに提供されます。

ブリッジングを設定するには、表示されたモードで次の作業を実行する必要があります。

グローバル設定モード:

IP パケットのブリッジングをイネーブルにします。

スパニング ツリー プロトコル(STP)のタイプを選択します。

インターフェイス設定モード:

同じブリッジ グループに属するインターフェイスを特定します。

これらのインターフェイスは同じスパニング ツリーに組み込まれます。その結果、ML-Series カードは、ブリッジ グループを構成するネットワーク インターフェイス間ですべての非ルーテッド トラフィックを ブリッジできます。ブリッジ グループに属していないインターフェイスは、ブリッジされたトラフィックを転送できません。

パケットの宛先アドレスがブリッジ テーブルに指定されている場合は、パケットはブリッジ グループの単一のインターフェイスに転送されます。パケットの宛先アドレスがブリッジ テーブルで不明の場合は、パケットはブリッジ グループのすべてのフォワーディング インターフェイスにフラッディングされます。ブリッジはブリッジング プロセスでソース アドレスを学習したときに、そのアドレスをブリッジ テーブルに記録します。

設定されたブリッジ グループごとに個別のスパニングツリー プロセスが実行されます。各ブリッジ グループは個別のスパニング ツリーに属します。ブリッジ グループは、所属するメンバー インターフェイス上のみで受信した Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)に基づいてスパニング ツリーを設定します。

ブリッジングの設定

ブリッジングを設定するには、次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# no ip routing

IP パケットのブリッジングをイネーブルにします。このコマンドは、ブリッジ グループごとではなく、カードごとに実行する必要があります。この手順は、Integrated Routing and Bridging(IRB)に対しては実行しません。

ステップ 2

Router(config)# bridge bridge-group-number protocol {rstp | ieee}

ブリッジ グループ番号を割り当て、IEEE 802.1D Spanning Tree Protocol または IEEE 802.1W Rapid Spanning Tree のいずれか適切なスパニングツリー タイプを定義します。

ステップ 3

Router(config)# bridge bridge-group-number priority number

(オプション)スパニングツリーのルート定義で利用するために、特定のプライオリティをブリッジに割り当てます。プライオリティが低いブリッジほど、ルートとして選択される可能性が高くなります。

ステップ 4

Router(config)# interface interface-type interface-number

インターフェイス設定モードに入って、ML-Series カードのインターフェイスを設定します。

ステップ 5

Router(config-if)# bridge-group bridge-group-number

ネットワーク インターフェイスをブリッジ グループに割り当てます。

ステップ 6

Router(config-if)# no shutdown

シャットダウン ステートをアップにし、インターフェイスをイネーブルにします。

ステップ 7

Router(config-if)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

Router# copy running-config startup-config

(オプション)エントリを設定ファイルに保存します。

図 5-1に、ブリッジングの例を示します。例5-1に、ルータ A の設定に使用するコードを示します。例5-2に、ルータ B の設定に使用するコードを示します。

図 5-1 ブリッジングの例

 

例5-1 ルータ A の設定

bridge 1 protocol ieee
!
!
interface FastEthernet0
no ip address
bridge-group 1
!
interface POS0
no ip address
crc 32
bridge-group 1
pos flag c2 1
 

例5-2 ルータ B の設定

bridge 1 protocol ieee
!
!
interface FastEthernet0
no ip address
bridge-group 1
!
interface POS0
no ip address
crc 32
bridge-group 1
pos flag c2 1
 

ブリッジングの監視と確認

ML-Series カードに対してブリッジングを設定したら、特権 EXEC モードで次の手順を実行すると、ML-Series カードの動作を監視および確認できます。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# clear bridge bridge-group-number

学習したエントリを特定のブリッジ グループのフォワーディング データベースから削除し、送信をクリアして、静的に設定されたフォワーディング エントリのカウントを受信します。

ステップ 2

Router# show bridge { bridge-group-number | interface-address }

ブリッジ フォワーディング データベースにエントリのクラスを表示します。

ステップ 3

Router# show bridge verbose

設定したブリッジ グループの詳細を表示します。

ステップ 4

Router# show spanning-tree

ML-Series カードに指定されているスパニングツリー トポロジを表示します。

例5-3に、ブリッジングの監視と確認の例を示します。

例5-3 ブリッジングの監視と確認

Router# show bridge
 
Total of 300 station blocks, 298 free
Codes: P - permanent, S - self
 
Bridge Group 1:
 
Maximum dynamic entries allowed: 1000
Current dynamic entry count: 2
 
Address Action Interface
0000.0001.6000 forward FastEthernet0
0000.0001.6100 forward POS0
 
 
Router# show bridge verbose
 
Total of 300 station blocks, 298 free
Codes: P - permanent, S - self
 
Maximum dynamic entries allowed: 1000
Current dynamic entry count: 2
 
BG Hash Address Action Interface VC Age RX count TX co
unt
1 60/0 0000.0001.6000 forward FastEthernet0 -
1 61/0 0000.0001.6100 forward POS0 -
 
Flood ports
FastEthernet0
POS0
 
Router# show spanning-tree
 
Bridge group 1
Spanning tree enabled protocol ieee
Root ID Priority 32769
Address 0005.9a39.6634
This bridge is the root
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Bridge ID Priority 32769 (priority 32768 sys-id-ext 1)
Address 0005.9a39.6634
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Aging Time 300
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0 Desg FWD 19 128.3 P2p
PO0 Desg FWD 9 128.20 P2p