CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine インストレーション コンフィギュレーション ガイド
デバイスのセットアップ:概要
デバイスのセットアップ:概要
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 998KB) | フィードバック

目次

デバイスのセットアップ:概要

デバイスのセットアップおよびサポートされているデバイスに関する詳細を見つける方法

概要:デバイスのセットアップ

IOS 以外のアクセス ポイントとブリッジの設定

IOS アクセス ポイントとブリッジの設定

ルータとスイッチの設定

AAA サーバの設定

Wireless LAN Services Module の設定

デバイスのセットアップ:概要

WLSE でデバイスを検出して管理する前、および検出、監視、レポート、設定、ファームウェア アップグレードの作業に WLSE を使用する前に、デバイスをセットアップする必要があります。 WLSE の無線管理機能を使用する場合は、IOS アクセス ポイントに対する追加の設定作業が必要になります。


) この章では、デバイスのセットアップの概要について説明し、WLSE によってサポートされているデバイスに関する詳細情報を見つける方法を示します。


この章の主要なトピックは、次のとおりです。

「デバイスのセットアップおよびサポートされているデバイスに関する詳細を見つける方法」

「概要:デバイスのセットアップ」

デバイスのセットアップおよびサポートされているデバイスに関する詳細を見つける方法

デバイスのセットアップに関する詳細については、『 Configuring Devices for Management by the Wireless LAN Solution Engine, 2.9 』を参照してください。

WLSE によってサポートされているデバイスのモデルおよびバージョンについては、『 Supported Devices Table for the CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine, 2.9 』を参照してください。

これらのドキュメントを見つけるには、次のいずれかの方法を使用します。

次の URL に移動します。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/rtrmgmt/cwparent/cw_1105/wlse/2_9/index.htm

Cisco.com ホーム ページから、 Technical Documentation を選択します。

Network Management プルダウン リストから、 CiscoWorks > CiscoWorks
WLSE, HSE, and ESSE > Wireless LAN Solution Engine > Wireless LAN Solution Engine 2.9
を選択します。

概要:デバイスのセットアップ

この項では、WLSE によって管理または監視される次のデバイスに必要な設定について簡単に説明します。

「IOS 以外のアクセス ポイントとブリッジの設定」

「IOS アクセス ポイントとブリッジの設定」

「ルータとスイッチの設定」

「AAA サーバの設定」

「Wireless LAN Services Module の設定」

IOS 以外のアクセス ポイントとブリッジの設定

デバイスの Web インターフェイスまたは WLSE のコンフィギュレーション テンプレートを使用して、IOS 以外のデバイスを設定できます。

デバイスの設定は、次の手順で構成されます。

通常は、Cisco Discovery Protocol(CDP)をイネーブルにします。

SNMP を設定します。

HTTP ユーザを追加し、User Manager をイネーブルにします。

通常は、AP と WLSE の間の転送プロトコルとして TFTP を選択します。

IOS アクセス ポイントとブリッジの設定

デバイスの Web インターフェイス、デバイスの CLI、または WLSE のコンフィギュレーション テンプレートを使用して、IOS デバイスを設定できます。

デバイスの設定は、次の手順で構成されます。

基本的なネットワーク設定:

通常は、Cisco Discovery Protocol(CDP)をイネーブルにします。

SNMP を設定します。

設定を AP に送るために Telnet または SSH を設定します。

無線管理設定:

Wireless Domain Services(WDS)デバイス(AP または Wireless LAN Services Module(WLSM))を設定します。

WDS で認証を受けるようにインフラストラクチャ AP を設定します。

ルータとスイッチの設定


) 適切に設定されたアクセス ポイントまたはブリッジが接続されたルータとスイッチだけが検出されます。


ルータとスイッチの設定は、次の手順で構成されます。

Cisco Discovery Protocol(CDP)をイネーブルにします。

SNMP を設定します。

AAA サーバの設定

WLSE では、CiscoSecure ACS、Cisco Access Registrar(CAR)RADIUS、および AAA サーバとして設定されたアクセス ポイントによって提供される AAA(認証、許可、アカウンティング)サービスのパフォーマンスを監視できます。サポートされているサービスは、LEAP、RADIUS、EAP-MD5、PEAP(EAP-GTC のみ)、および EAP-FAST です。

AAA サーバの設定は、次の手順で構成されます。

WLSE を認識するようにサーバを設定します。

監視するサーバに関する情報を追加するように WLSE を設定します。

Wireless LAN Services Module の設定

Wireless LAN Services Module(WLSM)を使用して、アクセス ポイントに Wireless Domain Services(WDS)を提供できます。 詳細については、WLSM のマニュアルを参照してください。