CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine 管理用のデバイス設定 2.11
ルータとスイッチの設定
ルータとスイッチの設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 609KB) | フィードバック

目次

ルータとスイッチの設定

ルータとスイッチの設定

この章では、WLSE による管理用にルータとスイッチを準備する手順を示します。


) 適切に設定されたアクセス ポイント、またはこうしたアクセス ポイントに接続されているブリッジを持つルータとスイッチだけが検出されます。


手順

次のように、各ルータとスイッチを設定します。


ステップ 1 CDP をイネーブルにして、アクセス ポイントとブリッジをルータまたはスイッチから表示できることを確認します。

CDP は、WLSE でルータまたはスイッチを検出するために必要です。

a. イネーブル モードで、次のいずれかのコマンドを使用して、CDP がデバイス上で動作していることを確認します。

IOS ベースのデバイス: show cdp run

ハイブリッド OS ベースの Catalyst スイッチ: show cdp

b. CDP が動作していない場合は、グローバル コンフィギュレーション モードで cdp run と入力し、CDP をイネーブルにします。

c. アクセス ポイントまたはブリッジをデバイスの CDP テーブルで表示できることを確認するには、 show cdp neighbors と入力します。

ステップ 2 SNMP をイネーブルにし、コミュニティ ストリングをセットアップします。

SNMP は、WLSE でデバイスを検出および管理するために必要です。

IOS ベースのデバイスで、設定モードに入り、 snmp-server community community_string ro コマンドを使用します。

ハイブリッド OS ベースの Catalyst デバイスで、イネーブル モードに入り、 set snmp community read-only community_string コマンドを使用します。

ステップ 3 (オプション)システム名、連絡先、ロケーションの変数を設定します。

これらの変数を使用すると、デバイスを管理しやすくなります。システム名、システム連絡先、およびロケーションは、デバイス詳細表示に表示されます。

IOS ベースのデバイスで、設定モードに入り、次のコマンドを使用してシステム名、システム連絡先、およびシステム ロケーションを設定します。

hostname name

snmp-server contact contact

snmp-server location location

ハイブリッド OS ベースの Catalyst スイッチで、イネーブル モードに入り、次のコマンドを使用してシステム名、システム連絡先、およびシステム ロケーションを設定します。

set system name name

set system contact contact

set system location location