CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine 管理用のデバイス設定 2.11
IOS 以外のアクセス ポイント の設定
IOS 以外のアクセス ポイントの設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 609KB) | フィードバック

目次

IOS 以外のアクセス ポイントの設定

設定方法

IOS 以外の AP とブリッジのセットアップ:Web インターフェイスを使用する場合

IOS 以外の AP とブリッジのセットアップ:WLSE のスタートアップ テンプレートを使用する場合

IOS 以外のアクセス ポイントの設定

この章では、WLSE による基本的なネットワーク管理用に IOS 以外のアクセス ポイントを準備する手順を示します。

設定方法

IOS 以外のアクセス ポイントの初期セットアップを行う場合は、次の 2 つの方法のいずれかを使用します。

各アクセス ポイントで Web ブラウザ セッションを開く:「IOS 以外の AP とブリッジのセットアップ:Web インターフェイスを使用する場合」を参照してください。

WLSE スタートアップ コンフィギュレーションを使用して、複数のアクセス ポイントにコンフィギュレーション テンプレートを適用する:「IOS 以外の AP とブリッジのセットアップ:WLSE のスタートアップ テンプレートを使用する場合」を参照してください。

デバイスを検出して管理した後、WLSE のコンフィギュレーション テンプレートを使用して設定を変更できます。オンライン ヘルプまたはユーザ ガイドを参照してください。ユーザ ガイドは、次に示す Cisco.com の URL にあります。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/rtrmgmt/cwparent/cw_1105/wlse/2_11/index.htm

IOS 以外の AP とブリッジのセットアップ:Web インターフェイスを使用する場合

この方法を使用するには、まず、Web をブラウズするための各アクセス ポイントまたはブリッジを設定する必要があります。

手順


ステップ 1 設定する AP の Web インターフェイスにログインし、Summary Status 画面で Setup をクリックします。

Express Setup 画面(図 2-1)が表示されます。

図 2-1 Express Setup

 

ステップ 2 Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)をイネーブルにします。

このステップは、WLSE で CDP を使用してデバイスを検出するために必要です。CDP を使用しない場合は、すべての AP をシード デバイスとして追加するか、またはデバイスをインポートできます。オンライン ヘルプまたは Cisco.com の『 User Guide for the CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine, Release 2.11 』を参照してください。

図 2-2 CDP Setup

 

a. Summary Status ページで、 Setup をクリックします。

b. Services: Cisco Services の下で、 Cisco Discovery Protocol をクリックします。

CDP Setup 画面(図 2-2)が表示されます。

c. Enabled を選択します。

d. Apply または OK をクリックします。


) 無線ポートで CDP を実行しないでください。


ステップ 3 SNMP をイネーブルにします。

SNMP は、バージョン 11.08T 以降の IOS 以外の AP でサポートされています。

WLSE でデバイスの検出、レポートの入力、コンフィギュレーション テンプレートとコンフィギュレーション アーカイブの使用、およびデバイス ファームウェアのアップグレードを行うには、SNMP が必要です。

システム名、システム連絡先、およびシステム ロケーションを設定すると、その情報が確実にデバイス詳細表示に含められます。

図 2-3 SNMP Setup

 

a. Summary Status ページで、 Setup をクリックします。

b. Services の下で、 SNMP をクリックします。

SNMP Setup 画面(図 2-3)が表示されます。

c. Enabled を選択します。

d. (オプション)システム名、システム ロケーション、およびシステム連絡先を入力します。

e. Apply または OK をクリックします。

ステップ 4 新規のユーザを追加するか、または既存のユーザを設定することにより、リード/ライト(read/write)コミュニティ ストリングを設定します。

コミュニティ ストリングは、デバイスの検出、レポート、コンフィギュレーション ジョブ、およびファームウェア ジョブに必要です。

ユーザ名は、AP のリード/ライト(read/write)コミュニティです。たとえば、AP にパスワード「cisco」のユーザ「lab」が存在する場合、その SNMP クレデンシャルは lab::10:1:::lab になります。SNMP クレデンシャルが正しく設定されていない場合、AP 上のジョブは失敗します。

WLSE にもすべてのコミュニティ ストリングを入力する必要があります。オンライン ヘルプまたは『 User Guide for the CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine, Release 2.11 』を参照してください。

図 2-4 User Information

 

a. Summary Status ページで、 Setup をクリックします。

b. Services の下で、 Security をクリックします。

User Information 画面(図 2-4)が表示されます。

c. User Information をクリックし、次に Add New User をクリックするか、既存のユーザを選択します。User Management 画面が表示されます。

d. 新規のユーザを追加する場合は、ユーザ名を入力し、すべての機能の設定をオンにします。

e. 既存のユーザを変更する場合は、すべての機能をオンにします。


) 12.01T より前のバージョンのファームウェアを実行している AP に限り、Ident 特権が必要です。


f. Apply または OK をクリックします。

ステップ 5 HTTP ユーザを追加し、User Manager をイネーブルにします。

このステップにより、WLSE からアクセス ポイントに設定をアップロードできます。

ステップ 4 で使用したユーザに、write、firmware、admin、および ident 機能がある場合は、そのユーザを使用できます。ユーザ名とパスワードは HTTP のユーザ名とパスワードになります。

非標準の HTTP ポートを使用できます。AP で HTTP ブラウジングがイネーブルでない場合は、イネーブルにする必要があります。コンソールに入り、Security > Web Server に移動します。Allow Non-Console Browsing をイネーブルにします。Summary Status ページで、 Setup をクリックします。

WLSE にも HTTP ユーザとパスワードを入力する必要があります。オンライン ヘルプまたは『 User Guide for the CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine, Release 2.11 』を参照してください。

図 2-5 User Manager

 

a. Summary Status ページで、 Setup をクリックします。

b. Security をクリックします。

c. User Information をクリックします。

User Information 画面(図 2-4)が表示されます。

d. Add New User をクリックするか、または既存のユーザを選択します。

e. ユーザ名とパスワードを入力してファームウェアを選択し、 Apply をクリックします。

f. Security Setup ページに戻り、 User Manager をクリックします。

図 2-5 の画面が表示されます。

g. Enabled を選択し、 Apply または OK をクリックします。

ステップ 6 HTTP を使用して設定またはファームウェアのダウンロードを開始する場合は、WLSE と AP の間の転送プロトコルとして TFTP を選択します。

TFTP は、設定およびファームウェアの変更をアクセス ポイントへ転送するために使用します。

設定およびファームウェアのアップデート用プロトコルとして(HTTP ではなく)SNMP を使用する場合は、アクセス ポイントで WLSE を TFTP サーバとして選択する必要はありません。SNMP MIB がこの部分のプロセスを担当します。

図 2-6 FTP Setup

 

a. Summary Status ページで、 Setup をクリックします。

b. Services の下で、 FTP をクリックします。

FTP Setup 画面(図 2-6)が表示されます。

c. ファイル転送プロトコルとして TFTP を選択します。

d. Default File Server テキストボックスで、WLSE の IP アドレスを入力します。

e. Apply または OK をクリックします。


 

IOS 以外の AP とブリッジのセットアップ:WLSE のスタートアップ テンプレートを使用する場合

WLSE のスタートアップ テンプレート機能を使用して、アクセス ポイントの初期設定を行うことができます。

スタートアップ コンフィギュレーションは、DHCP サーバと連携します。アクセス ポイントはその IP アドレスを DHCP サーバから取得します。スタティック IP アドレッシングが必要な場合は、DHCP サーバを BOOTP サーバのように設定するか(MAC アドレス対 IP アドレスのマッピングを使用)、または後でアクセス ポイントごとにスタティック IP アドレスを設定します。

スタートアップ テンプレートの使用については、オンライン ヘルプ、または『 User Guide for the CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine, Release 2.11 』の
「Managing Device Configuration」の章を参照してください。