Cisco Broadband Access Center インストレーション ガイド Release 4.0
Broadband Access Center の アンインストール
Broadband Access Center のアンインストール
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 995KB) | フィードバック

目次

Broadband Access Center のアンインストール

BAC のアンインストール

アンインストール後の作業

Broadband Access Center のアンインストール

この章では、Cisco Broadband Access Center(BAC)のアンインストール方法について説明します。

この章で説明している手順を実行すると、RDU、Cisco Network Registrar 拡張、DPE、および KDC は削除されますが、Network Registrar アプリケーションは削除されません。BAC を削除する前に、Network Registrar の BAC 設定を手作業で削除する必要があります。

アンインストール プログラムは、インストール ディレクトリ(デフォルトのインストール ディレクトリは /opt/CSCObac )にあるファイルをすべて削除します。また、RDU、KDC、SNMP エージェント、Tomcat、BAC エージェント、および DPE のプロセスを検出すると、シャットダウンして削除します。

アンインストール プログラムは、インストール ディレクトリ以外に格納されているファイルは削除しません。たとえば、コンポーネントをインストールするとき、データベース ディレクトリとデータベース ログ ディレクトリが /var/CSCObac の下に置かれます。これらのファイルは手作業で削除する必要があります(以降の項で、これらのファイルの削除方法について説明します)。また、Network Registrar ディレクトリにあるファイルも削除されません。

BAC 拡張を Network Registrar にインストールしている場合は、これらの拡張をアンインストールし、BAC プログラムを完全にアンインストールする必要があります。この方法をとらないと、次のようなエラー メッセージが表示されます。

The uninstall program found a copy of the BAC extensions in the NR extension directory(/opt/nwreg2/local/extensions/dhcp/dex/libbprextensions.so), please disable the extensions and remove the library before uninstalling BAC.
 

) Network Registrar 拡張へのパスは、Network Registrar をインストールした場所によって異なりますが、デフォルトの場所は /opt/nwreg2 です。


BAC のアンインストールに失敗した場合は、エラー メッセージが表示されます。

この章で取り上げる事項は次のとおりです。

「BAC のアンインストール」

「アンインストール後の作業」

BAC のアンインストール

この項では、BAC のアンインストール手順について説明します。

BAC をアンインストールしたら、データ ディレクトリとデータベース ログ ディレクトリを手作業で削除します。「アンインストール後の作業」を参照してください。

コマンドラインから BAC をアンインストールするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 root としてログインします。

ステップ 2 Network Registrar サーバ上の BAC 拡張の設定を手作業で削除します。この作業は、 nrcmd がインストールされていて Network Registrar に接続されていれば、どのサーバからも実行できます。

a. Network Registrar 設定から BAC 拡張をアンインストールするには、次のように入力します。

# NR_HOME/local/usrbin/nrcmd -N admin -P changeme -b <
BPR_HOME/cnr_ep/bin/bpr_cnr_disable_extpts.nrcmd

b. DHCP サーバをリロードするには、次のように入力します。

# /etc/init.d/nwreglocal stop
# /etc/init.d/nwreglocal start
 

あるいは、次のように入力します。

# NR_HOME/local/usrbin/nrcmd -N admin -P changeme "dhcp reload"

c. Network Registrar 拡張ディレクトリから BAC 拡張を削除するには、次のように入力します。

# rm -f NR_HOME/local/extensions/dhcp/dex/libbprextensions.so

ステップ 3 CLI プロンプトで、次のように入力します。

# pkgrm CSCObac
 

次の情報が表示されます。

The following package is currently installed:
 
CSCObac Cisco BAC product
(sparc) 4.0.
 
Do you want to remove this package? [y,n,?,q] y
 

ステップ 4 y を入力し、 Enter キーを押してアンインストールを開始します。

アンインストール プログラムはスーパーユーザ(root)権限で実行されるため、再びアンインストールの確認を要求します。

ステップ 5 y を入力し、 Enter キーを押します。

アンインストールが完了すると、次のメッセージが表示されます。

Removal of <CSCObac> was successful.
 


 

アンインストール後の作業

BAC をアンインストールしたら、データ ディレクトリとデータベース ログ ディレクトリを手作業で削除する必要があります。これらのディレクトリを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 root としてログインします。

ステップ 2 データ ディレクトリとデータベース トランザクション ログ ディレクトリを削除します(デフォルトのディレクトリはどちらも /var/CSCObac です)。

次の例を参考にして入力してください。

# rm -rf /var/CSCObac
 

データ ディレクトリとデータベース ログ ディレクトリが削除されます。