Cisco Broadband Access Center for Cable インストレーション ガイド Release 2.7.1
索引
B
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 571KB) | フィードバック

B

BAC コンポーネント  1-5, 2-2

BAC の概要  1-2, 2-2

C

Cable Modem Termination System

CMTS を参照

CMTS

DHCP リレー エージェント情報  4-10

Network Registrar  4-9

ケーブル インターフェイスのイネーブル化  4-9

デバイス設定  4-9

D

DDNS  1-5

Device Provisioning Engine

DPE を参照

df コマンド  2-7

DHCP

Network Registrar  1-5

Network Registrar の設定  5-1

セカンダリ サーバ  3-22, 4-7

プライマリ サーバ  3-22, 4-7

DNS

DPE 用  7-6

Network Registrar  1-5

スプーフィング サーバのイネーブル化  5-1

セカンダリ サーバ  3-22, 4-7

プライマリ サーバ  3-22, 4-7

リロード  5-1

DPE

dpe.properties ファイル  7-8

/pktcbl/enable  7-10

/pktcbl/regsvr/configEncrypt=0  7-11

/pktcbl/regsvr/configEncrypt=1  7-11

/pktcbl/regsvr/KDCServiceKey  7-9

/pktcbl/regsvr/policyPrivacy  7-9

/pktcbl/snmp/keyMaterial  7-10

/pktcbl/snmp/timeout=1  7-11

/pktcbl/snmp/timeout=10  7-11

/server/provFQDNs  7-8

音声テクノロジーの設定  7-8

概要  2-2, 7-1

コマンド

show dpe  7-12

support bundle state  7-12

イネーブル  7-4

イネーブル パスワード  7-4

パスワード  7-4

接続  7-2

設定  7-5, 7-11

設定、ハードウェア  7-2

ターミナル エミュレーション プログラム  7-2

デバッグ  7-12

ハードウェア(DPE-2115)  1-5

ログイン  7-4

Dynamic DNS

DDNS を参照

Dynamic Host Configuration Protocol

DHCP を参照

G

gunzip、Unix コマンド  4-2, 4-6

I

IP アドレス

DHCP

セカンダリ サーバ  3-22, 4-7

プライマリ サーバ  3-22, 4-7

DNS

セカンダリ サーバ  3-22, 4-7

プライマリ サーバ  3-22, 4-7

K

KDC

DPE 登録サービス  1-5

FQDN  3-24, 4-7

PacketCable MTA 認証  2-3

インストール

CLI から  3-15

GUI から  3-23

インターフェイス アドレス  3-24

概要  2-3

ライセンス キー  4-8

領域名  3-21, 3-22, 3-24, 4-7

Key Distribution Center

KDC を参照

M

mount、Unix コマンド  2-7, 2-8

N

Network Registrar  1-4

DHCP サーバ  1-5, 5-1, 7-1

nrcmd CLI  4-9, A-1

NR_HOME ディレクトリ パス  3-11, 4-9

アップグレード  3-7, 3-20

インストールの検証  3-7

拡張

アンインストール  8-1

インストール、CLI から  3-7

インストール、GUI から  3-20

概要  2-2, 2-6

デフォルトの場所  3-2

拡張のインストール  2-6, 3-4, 3-7, 3-20

管理者ユーザ インターフェイス

ログイン パスワード  3-11

ログイン ユーザ名  3-11

クラスタ

リージョナル  2-6

ローカル  2-6

コンフィギュレーション ファイル  4-1

サーバのリロード  3-11

バージョン  2-2, 4-1

ライセンス キー  2-6

nrcmd CLI  4-9, A-1

R

RDU

RDU エージェント  8-1

インストール  3-4

概要  2-2

共有シークレット  3-2

リスニング ポート  3-1

Regional Distribution Unit

RDU を参照

S

Solaris へのインストール

DPE  2-2

KDC  2-3

Network Registrar 拡張  2-2

RDU  2-2

Syslog

アラート  5-2

設定  5-2

T

tar、Unix コマンド  4-2, 4-6

TFTP サーバ  4-2

Tomcat プロセス、検出  8-1

U

uninstall.bin  8-4

uninstall.bin -console  8-3

アンインストール  8-1

CLI から  8-2

GUI から  8-3

アンインストール後の作業  8-5

概要  8-1

コマンド

uninstall.bin  8-4

uninstall.bin -console  8-3

アンインストール後の作業  8-5

インストール

CLI から  3-3

コンポーネント  3-4

初期インストール  3-3

GUI から  3-18

コンポーネントのインストール  3-19

初期インストール  3-18

コンポーネント  3-2

チェックリスト

コンポーネント  3-1

準備作業  2-4

ラボ  4-1

ディレクトリ

データ  3-1

データベース トランザクション ログ  3-1

ホーム  3-1, 3-8

要件

Network Registrar  1-4

オペレーティング システム  1-2

ラボ  4-1

インストール タイプ  1-6

Choose Installation Type 画面  3-18, 4-6

個々のコンポーネントのインストール  1-6

コンポーネント  1-6

ラボ  1-6

ラボ インストール  1-6

インストール チェックリスト

コンポーネント  3-1

ラボ  4-1

インストールと準備作業  2-4

オペレーティング システム

パッチ

KDC  1-3

Solaris 8  1-3

Solaris 9  1-2

要件  1-2

概要  1-2

管理者ユーザ インターフェイス

ログイン  2-5

ログイン パスワード  2-5

ログイン ユーザ名  2-5

共有シークレット  3-2

コマンド

BAC

setup.bin  3-18, 4-6

setup.bin -console コマンド  3-3, 4-2

Unix

df  2-7

gunzip  4-2, 4-6

mount  2-7, 2-8

tar  4-2, 4-6

コンポーネント

DPE  1-5, 2-2

KDC  1-5, 2-3

Network Registrar 拡張  1-5, 2-2

RDU  1-5, 2-2

サンプルの Network Registrar 設定  4-9

使用可能なディスク領域  4-1

推奨事項

Network Registrar  4-1

スコープ選択タグ  A-1

設定

Network Registrar  3-12

Network Registrar の拡張  3-11

ターミナル エミュレーション プログラム  7-2

ディスク領域

データ ディレクトリ  3-1

ホーム ディレクトリ  3-1

ディレクトリ

ディスク領域

データ  3-1

ホーム  3-1

デフォルト場所

Network Registrar 拡張  3-2

データ  3-1

データベース トランザクション ログ  3-1

ホーム  3-1

変数

データ  2-7

データベース トランザクション ログ  2-7

ホーム  2-7

データ ディレクトリ  3-1

データベース

大きなファイルのサポート  2-8

パフォーマンスの最適化  2-7

ファイル システムのブロック サイズ  2-7

ファイルの場所  2-7

要件  2-7

データベース トランザクション ログ ディレクトリ  3-1

ドメイン ネーム システム

DNS を参照

パッチ

Solaris 8  1-3

Solaris 9  1-2

フェールオーバー構成  1-4

ホーム ディレクトリ  3-1

要件

Network Registrar  1-4

オペレーティング システム  1-2

データベース  2-7

パッチ  1-2

ライセンス キー  2-4, 3-1, 4-1

リスニング ポート

概要  3-1

デフォルト ポート  3-1